信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

今村 浩  イマムラ ヒロシ

教員組織学術研究院(医学系)電話番号0263(37)3018
教育組織医学部 医学科 救急集中治療医学FAX番号0263(37)3028
職名教授メールアドレスimamura@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://www.shinshu-u-eccm.jp

更新日:2020/07/14

プロフィール

研究分野
救急医学
集中治療医学
循環器病学
現在の研究課題
重症患者管理法

救急蘇生法

体外式心肺補助法

重症心不全の病態解析と治療法の開発

所属学会
所属学会
日本救急医学会
日本集中治療医学会
日本臨床救急医学会
日本航空医療学会
日本内科学会
日本循環器学会
日本心臓病学会
日本心血管インターベンション治療学会

所属学会役職担当
2016-2019 , 日本航空医療学会 , 評議員
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1987 , 横浜市立大学 , 医学部 , 医学科

取得学位
医学博士 , 信州大学

免許・資格等
2015年 , 日本救急医学会指導医
2013年 , 集中治療専門医
2006年 , 日本救急医学会専門医
2001年 , 日本心血管インターベンション治療学会専門医
1996年 , 日本循環器学会専門医
1992年 , 日本内科学会総合内科専門医
研究職歴等
研究職歴
2014- , 信州大学医学部 救急集中治療医学 教授
2003- , 信州大学医学部 救急集中治療医学 助教授
2001- , 信州大学医学部 救急集中治療医学 講師
1999- , 信州大学医学部 第一内科 講師
1996- , 信州大学医学部 第一内科 助手
1993- , 信州大学附属病院 医員
1992- , 虎の門病院循環器センター 内科医員
1990- , 虎の門病院内科病棟医
1989- , 日本医科大学救命救急センター医員
1987- , 虎の門病院内科 病棟医

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
徐脈の緊急処置指針
救急・集中治療最新ガイドライン2018-‘19 , :268-269 2018
Author:今村 浩


感染性心内膜炎の予防と治療指針
救急・集中治療最新ガイドライン2018-‘19 , :325-326 2018
Author:今村 浩


循環器系疾患
へるす出版 , 救急診療指針、第5版 , :pp363-378 2018
Author:今村 浩


感染性心内膜炎の予防と治療指針
総合医学社 , 救急・集中治療最新ガイドライン , :309-310 2016
Author:今村浩


徐脈の緊急処置指針
救急・集中治療最新ガイドライン2016-‘17 , :254-255 2016
Author:今村浩


心肺蘇生法
総合医学社 , 救急・集中治療 , 27 臨時増刊号:e1-e8 2015
Author:今村浩


腹痛、腰痛
医学書院 , 今日の循環器疾患治療指針 第3版 , :pp 42-44 2013
Author:今村 浩、池田宇一


急性心筋梗塞患者の輸液管理ー急性心不全を含むー
総合医学社 2012
Author:今村浩,岡元和文


急性冠症候群の治療.初期薬物療法
救急医学 , 33:164-168 2009
Author:今村 浩、池田宇一


急性肺血栓塞栓症の呼吸管理
中外医学社 , エキスパートの呼吸管理 , :322-332 2008
Author:今村 浩


高山病
医学書院 , 今日の治療指針 , :720-721 2007
Author:今村 浩


他疾患にともなう循環器障害−糖尿病
医学書院 , 内科学 , :924-925 2006
Author:今村 浩、磯部光章


他疾患にともなう循環器障害−ビタミンB1欠乏症(脚気心)
医学書院 , 内科学 , :923-924 2006
Author:今村 浩、磯部光章


心臓腫瘍
医学書院 , 内科学 , :766-767 2000
Author:今村 浩


論文
Do the Efficacy and Safety of Treatment with Landiolol, an Ultra-short-acting β1-Selective Blocker, Differ in the Urgent Management of Rapid Atrial Fibrillation between Patients Complicated with Cardiac Versus Non-cardiac Disease ?
信州医学雑誌,68(1):31-39 2020(Feb. 10)
Author:Kamijo, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Takeshige, Kanako; Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi


Cardiac Arrest Due to Tension Pneumoperitoneum Caused by Esophagogastric Perforation and Pyloric Stenosis : A Case Report
信州医学雑誌,67(2):113-119 2019(Apr. 10)
Author:Miyama Hiroshi; Okada Mayumi; Takayama Hiroshi; Imamura Hiroshi; Muranaka Futoshi


Early Changes in the Sequential Organ Failure Assessment Score Among Patients With Sepsis-Induced Disseminated Intravascular Coagulation
CLINICAL AND APPLIED THROMBOSIS-HEMOSTASIS,24:332S-339S 2018(Dec.)
Author:Mochizuki, Katsunori; Mori, Kotaro; Nakamura, Yuta; Uchimido, Ryo; Kamijo, Hiroshi; Takeshige, Kanako; Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi;


信州大学医学部附属病院集中治療部ICU の現状と課題
信州医学雑誌,66(5):325-332 2018(Oct. 10)
Author:三田 篤義、清水 彩里、大津 義徳、山本 克己、山本 高照、石田 高志、中澤 真奈、今村 浩


脳梗塞治療中に意識障害で判明した門脈大循環短絡症の一例
日本集中治療医学会雑誌,25(3):209-210 2018
Author:大石 奏;濵野 雄二朗;市川 通太郎;髙山 浩史;新田 憲市;今村 浩
Keywords:portosystemic shunt;hepatic encephalopathy;hyperammonemia


メディカルコントロール協議会による包括的な地域医療への貢献
日本臨床救急医学会雑誌,21(4):605-611 2018
Author:今村 浩;高山 浩史;新田 憲市;三山 浩;望月 勝徳;嘉嶋 勇一郎;岡田 まゆみ;竹重 加奈子;清水 幹夫
Abstract:

メディカルコントロール(MC)協議会は病院前救護の質を担保するだけでなく,救急救命士をはじめとした救急の最前線で活動する医療者と他の医療関係者の貴重な接点であり,地域の医療に関する多くの問題が提起される場となり得る。松本広域医療圏MC協議会ではドクターカーやドクターヘリ担当者に加えて在宅医療にかかわる医師会関係者などの参画に取り組んでおり,一部のメンバーは近隣救急医不在地域のMCに参加している。今回これらの活動を調査し,効果を検証した。その結果,事後検証会はドクターカー,ドクターヘリの効率的な活用を客観的に議論できる場となっていた。また,徐々にではあるが在宅医療患者の急変時対応が患者家族の意向に即したものになるなどの効果が認められた。さらに近隣救急医不在地域の病院前救護の質が向上した。MC協議会の充実により,急性期医療のみならず在宅医療を含めた地域の医療全体の質向上に貢献することができる。


Keywords:メディカルコントロール;病院前救護;ドクターカー;ドクターヘリ;在宅医療


信州大学医学部附属病院集中治療部ICUの現状と課題
信州医学雑誌,66(5):325-332 2018
Author:三田 篤義;清水 彩里;大津 義徳;山本 克己;山本 高照;石田 高志;中澤 真奈;今村 浩
Abstract:Patients who require intensive care have recently increased because of an increase in elderly patients and developments in the treatment of severe illnesses. It is important for saving more of those patients to effectively utilize the limited number of beds in an intensive care unit (ICU). The aim of this study is to clarify the current status and issues about intensive care for patients with severe illness in our ICU.
We investigated 819 patients who were admitted to the ICU between 1st April 2016 and 31st March 2017.
Median age was 68 years. Over 90% of the patients were treated surgically and 49.2% of them had cardiovascular disease.
The operation rate of beds was 80% and the share of beds per day was 100%. Patient outcomes revealed that 96.8% of patients recovered sufficiently to be moved to a general ward and the ICU mortality rate was 2.4%. Forty-four patients (5.4%) stayed in the ICU longer than 14 days. Those long-stay patients had more emergency admissions, higher APACHE II scores and a higher ICU mortality rate than the other 775 patients who were discharged within 14 days. Eighty-two patients who required intensive care could not be admitted to the ICU because beds were fully occupied.
Overall patient outcomes were relatively good but many patients could not be admitted to the ICU due to a shortage of beds. Establishing a step-down unit for long-stay patients with severe illness might solve this problem.
Keywords:集中治療;重症患者;クローズド型ICU;長期滞在


Impact of a negative D-dimer result on the initial assessment of acute aortic dissection
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY,258:232-236 2018
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Kamijo, Hiroshi; Ichikawa, Michitaro; Okada, Mayumi; Mochizuki, Katsunori; Takayama, Hiroshi;


Response to letter from Jiang: The diagnostic value of combined D-dimer with other indicators in suspected acute aortic dissection patients
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY,267:196-196 2018
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Kamijo, Hiroshi; Ichikawa, Michitaro; Okada, Mayumi; Mochizuki, Katsunori; Takeshige, Kanako;


Impact of a negative D-dimer result on the initial assessment of acute aortic dissection
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY,258:232-236 2018
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Kamijo, Hiroshi; Ichikawa, Michitaro; Okada, Mayumi; Mochizuki, Katsunori; Takayama, Hiroshi;


ICUにおける心血管集中治療はどうあるべきか (特集 CCUの現状を識る : 循環器医がするべきこと)
Heart view,21(10):1037-1045 2017(Oct.)
Author:今村 浩;
Keywords:心血管集中治療; ICU; CCU; CICU;


典型的な心原性ショックの症状なく多臓器障害に至った急性心筋梗塞の1例
日救急医会誌,25(4):171-178 2014
Author:今村浩、小澤正敬、新田憲市、岩下具美、佐藤俊夫、南澤匡俊、岡元和文


Painless Acute Aortic Dissection –Diagnostic, Prognostic and Clinical Implications
Circulation Journal,75:59-66 2011
Author:Imamura H, Sekiguchi Y, Iwashita T, Dohgomori H, Mochizuki K, Aizawa K, Aso S, Kamiyoshi Y, Ikeda U, Amano J, Okamoto K


Incomplete ventricular septal rupture following blunt chest trauma - A case report
ANGIOLOGY,57(3):373-377 2006
Author:Kashima, Y; Kinoshita,O; Ikeda, U; Yajima, N; Imamura, H; Urayama, H; Iwashita, T; Sekiguchi, Y; Akita, S; Wada, N; Okamoto, K


Temporary inferior vena cava filter for deep vein thrombosis and acute pulmonary thromboembolism: effectiveness and indication
HEART AND VESSELS,21(4):221-225 2006
Author:Kai, R; Imamura, H; Kumazaki, S; Kamiyoshi, Y; Koshikawa, M; Hanaoka, T; Kogashi, K; Koyama, J; Tsutsui, H; Yazaki, Y; Kinoshita, O; Ikeda,U


本邦における冠動脈疾患の長期予後
信州医学雑誌,53(1):7-14 2005
Author:今村 浩
Keywords:coronary artery disease, prognosis, percutaneous coronary intervention (PCI), coronary artery bypass grafting (CABG), 冠動脈疾患, 予後, 経皮的冠動脈インターベンション, 冠動脈バイパス術


Trends over the last 20 years in the clinical background of young Japanese patients with coronary artery disease
CIRCULATION JOURNAL,68(3):186-191 2004
Author:Imamura H, Izawa A, Kai R, Yokoseki O, Uchikawa S, Yazaki Y, Kinoshita O, Hongo M, Kubo K


Successful prevention of recurrent ventricular fibrillation by intravenous isoproterenol in a patient with Brugada syndrome
PACE-PACING AND CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY,24(8):1293-1294 2001
Author:Tanaka, H; Kinoshita, O; Uchikawa, S; Kasai, H; Nakamura, M; Izawa, A; Yokoseki, O; Kitabayashi, H; Takahashi, W; Yazaki, Y; Watanabe, N; Imamura, H; Kubo, K


Two cases of bronchial asthma after treatment with amiodarone
PACE-PACING AND CLINICAL ELECTROPHYSIOLOGY,24(10):1563-1565 2001
Author:Imamura, H; Kinoshita, O; Maruyama, K; Izawa, A; Uchikawa, SI; Kumazaki, S; Takahashi, W; Yokoseki, O; Yazaki, Y; Koizumi, T; Kubo, K


Pulmonary hypertension as a result of asymptomatic portosystemic shunt
JAPANESE CIRCULATION JOURNAL-ENGLISH EDITION,64(6):471-473 2000
Author:H Imamura


Influence of residual antegrade coronary blood flow on the long-term prognosis of medically treated patients with myocardial infarction and single-vessel disease
JAPANESE HEART JOURNAL,38(1):27-38 1997
Author:H Imamura/ S Nishiyama


Long-term outcome in single-vessel coronary artery disease in Japanese patients
Jpn Heart J,37:165-175 1996
Author:S Nishiyama/ H Imamura


Selective inhibition by a class III antiarrhythmic agent, E-4031, of the negative chronotropic response to parasympathetic stimulation in anesthetized dogs
JOURNAL OF PHARMACOLOGY AND EXPERIMENTAL THERAPEUTICS,276(2):467-472 1996
Author:H Imamura/ Y Furukawa


学会発表
メディカルコントロール協議会の近未来像 メディカルコントロール協議会による包括的な地域医療への貢献
第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会 シンポジウム 2017(May 26)
Author:今村 浩, 小林 尊志, 高山 浩史, 新田 憲市, 望月 勝徳, 清水 幹夫


Regional Emergency Cardiovascular Care and Medical Control System
第81回日本循環器学会学術集会 ラウンドテーブルディスカッション 2017(Mar. 17)
Author:今村 浩


御嶽山噴火災害時の医療対応
第34回日本蘇生学会 2015(Nov. 06)
Author:今村 浩;


院外心停止例の社会復帰へ向けた広域病院前救護体制の構築
第43回日本救急医学会総会・学術集会 シンポジウム 2015(Oct. 21)
Author:今村 浩,望月勝徳,嘉嶋勇一郎,三山 浩,小林尊志,高山浩史,新田憲市


Cardiac Care Unit in Emergency and Critical Care Center-Role of Cardiologist on Medical Control and Multi-specialty Cardiovascular Critical Care-
第79回日本循環器学会 シンポジウム 2015(Apr. 23)
Author:Imamura H, Mochizuki K, Nitta K, Takayama H, Miyama H, Kobayashi K, Nishimura H, Ikeda U


救急患者におけるたこつぼ型心筋障害の検討
第41回日本集中治療医学会総会 2014
Author:今村浩、小澤正敬、小林尊志、高山浩史、新田憲市、岩下具美、岡元和文


Painless Acute Aortic Dissection is Associated with Poor Functional Outcome: Relationship with diagnostic delay
Asian Conference on Emergency Medicine 2013(Oct. 25)
Author:Imamura H, Mochizuki K, Nitta K, Takayama H, Iwashita T, Dohgomori H, Okamoto K


メディカルコントロール体制への循環器医の関与
第61回日本心臓病学会 シンポジウム 2013
Author:今村浩,望月勝徳,新田憲市,高山浩史,岩下具美,堂籠博,池田宇一,岡元和文


Painless Acute Aortic Dissection is Associated with Poor Functional Outcome: Relationship to Clinical Characteristics and Diagnostic Procedure
American Heart Association Scientific Sessions 2012
Author:Imamura H, Mochizuki K, Nitta K, Takayama H, Iwashita T, Dohgomori H, Okamoto K


疼痛を訴えない急性大動脈解離の診断と予後
第108回日本内科学会総会 プレナリーセッション 2011(Apr. 17)
Author:今村 浩、関口幸男、岩下具美、池田宇一、岡元和文


ERにおける植込み型除細動器頻回作動への対応
第33回日本救急医学会総会 2005
Author:今村 浩、関口幸男、岩下具美、岡元和文ら


Incidence and Mortality of Acute Myocardial Infarction -A Population-Based Study Including Patients with Out-of-hospital Cardiac Arrest-
日本循環器学会総会 2004
Author:今村 浩、関口幸男、岡元和文、矢崎善一ら


肺塞栓症の再発予防における一時的下大静脈フィルターの有用性および問題点
第30回日本救急医学会 シンポジウム 2002(Oct. 09)
Author:今村 浩、関口幸男、奥寺 敬、岡元和文、甲斐龍一、久保恵嗣

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2016 - 2018 , 心電図伝送による心臓救急患者の救命救急法の開発 , 医学

その他公的資金
2019 - 2022 , ビジュアル・オンラインメディカルコントロールシステムの開発

教育活動実績

授業等
2016 , 前期 , 救急医学、集中治療医学
2015 , 救急医学、 集中治療医学
2014 , 救急医学、 集中治療医学
2013 , 救急医学
2012 , 救急医学
2011 , 救急医学
2010 , 救急医学