信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

喜井勲  キイ イサオ

教員組織学術研究院(農学系)電話番号
教育組織農学部 農学生命科学科 生命機能科学コースFAX番号
職名教授メールアドレス
住所〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304ホームページURL

プロフィール

研究分野
生体分子科学 / ケミカルバイオロジー /
生物科学 / 分子生物学 /
基礎医学 / 薬理学一般 /
薬学 / 生物系薬学 /
神経科学 / 神経化学・神経薬理学 /
人間医工学 / 生体医工学・生体材料学 /
歯学 / 機能系基礎歯科学 /
腫瘍学 / 腫瘍診断学 /
現在の研究課題
リン酸化酵素フォールディング中間体を標的とした創薬研究
キーワード:リン酸化酵素 , フォールディング , 阻害剤 , 神経疾患 , 糖尿病
所属学会
所属学会
メカノセンシング研究会
日本メカノバイオロジー学会
日本薬理学会
日本分子生物学会
国際ケミカルバイオロジー学会
日本ケミカルバイオロジー学会
学歴
出身大学院
2005 , 東京工業大学大学院生命理工学研究科
2002 , 東京工業大学大学院生命理工学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2000 , 東京工業大学 生命理工学部
1996 , 愛媛県立今治西高等学校

取得学位
博士(理学) , 東京工業大学
受賞学術賞
2018 , Beyond Next Ventures株式会社 BRAVE賞 コスモ・バイオ賞 Kobe×BRAVE Acceleration programピッチ大会 , 受賞者: 本村 信治、喜井 勲、羽場 宏光
2009 , The 3rd Mechanobiology Workshop. National University of Singapore Travel Fellowship
2004 , 第22回日本骨代謝学会 優秀演題賞
2004 , 26th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research. Seattle, Washington, USA Young Investigator Award
研究職歴等
研究職歴
2019- , 信州大学 農学部 准教授(独立)
2018-2019 , 理化学研究所 科技ハブ産連本部 ユニットリーダー
2017-2018 , 理化学研究所 科学技術ハブ推進本部 ユニットリーダー
2016-2016 , 理化学研究所  ライフサイエンス技術基盤研究センター  イメージング応用研究グループ 健康・病態科学研究チーム 上級研究員
2015-2016 , 理化学研究所  ライフサイエンス技術基盤研究センター  イメージング応用研究グループ 健康・病態科学研究チーム 研究員
2010-2015 , 京都大学大学院 医学研究科 形態形成機構学 特定助教
2010-2010 , 東京医科歯科大学大学院 疾患生命科学研究部  形質発現制御学 特任助教
2005-2010 , 東京工業大学大学院 生命理工学研究科  生命情報専攻 助教

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
CSJカレントレビュー 生物活性分子のケミカルバイオロジー : 標的同定と作用機構 = Chemical biology of bioactive molecules
化学同人 2015
Author:喜井 勲、萩原 正敏


再生医学の基礎
名古屋大学出版会 2003
Author:工藤 明、喜井 勲


論文
Alzheimer Aβ Assemblies Accumulate in Excitatory Neurons upon Proteasome Inhibition and Kill Nearby NAKα3 Neurons by Secretion.
iScience,13:452-477 2019(Mar.)
Author:Komura H, Kakio S, Sasahara T, Arai Y, Takino N, Sato M, Satomura K, Ohnishi T, Nabeshima YI, Muramatsu SI, Kii I, Hoshi M


A facile preparation of functional cycloalkynes via an azide-to-cycloalkyne switching approach.
Chemical communications (Cambridge, England),55(24):3556-3559 2019(Mar.)
Author:Yoshida S, Kuribara T, Ito H, Meguro T, Nishiyama Y, Karaki F, Hatakeyama Y, Koike Y, Kii I, Hosoya T


Staudinger reaction using 2,6-dichlorophenyl azide derivatives for robust aza-ylide formation applicable to bioconjugation in living cells.
Chemical communications (Cambridge, England),54(57):7904-7907 2018(May)
Author:Meguro T, Terashima N, Ito H, Koike Y, Kii I, Yoshida S, Hosoya T


Quantification of receptor activation by oxytocin and vasopressin in endocytosis-coupled bioluminescence reduction assay using nanoKAZ.
Analytical biochemistry,549(15):174-183 2018(May)
Author:Kii I, Hirahara-Owada S, Yamaguchi M, Niwa T, Koike Y, Sonamoto R, Ito H, Takahashi K, Yokoyama C, Hayashi T, Hosoya T, Watanabe Y


Convergent synthesis of trifunctional molecules by three sequential azido-type-selective cycloadditions.
Chemical communications (Cambridge, England),54(30):3705-3708 2018(Apr.)
Author:Yoshida S, Kanno K, Kii I, Misawa Y, Hagiwara M, Hosoya T


Periostin function in communication with extracellular matrices.
Journal of cell communication and signaling,12(1):301-308 2018(Mar.)
Author:Kudo A, Kii I


Periostin and its interacting proteins in the construction of extracellular architectures
Cellular and molecular life sciences : CMLS,74(23):4269-4277 2017(Dec.)
Author:Kii I, Ito H


Prenatal neurogenesis induction therapy normalizes brain structure and function in Down syndrome mice.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,114(38):10268-10273 2017(Sep.)
Author:Nakano-Kobayashi A, Awaya T, Kii I, Sumida Y, Okuno Y, Yoshida S, Sumida T, Inoue H, Hosoya T, Hagiwara M


Downregulation of neuropilin-1 on macrophages modulates antibody-mediated tumoricidal activity.
Cancer immunology, immunotherapy : CII,66(9):1131-1142 2017(Sep.)
Author:Kawaguchi K, Suzuki E, Nishie M, Kii I, Kataoka TR, Hirata M, Inoue M, Pu F, Iwaisako K, Tsuda M, Yamaguchi A, Haga H, Hagiwara M, Toi M


Direct reprogramming of fibroblasts into skeletal muscle progenitor cells by transcription factors enriched in undifferentiated subpopulation of satellite cells.
Scientific reports,7(1):8097 2017(Aug.)
Author:Ito N, Kii I, Shimizu N, Tanaka H, Shin'ichi T


DYRK1B mutations associated with metabolic syndrome impair the chaperone-dependent maturation of the kinase domain.
Scientific reports,7(1):6420 2017(Jul.)
Author:Abu Jhaisha S, Widowati EW, Kii I, Sonamoto R, Knapp S, Papadopoulos C, Becker W


Three-Dimensional Localization of an Individual Fluorescent Molecule with Angstrom Precision.
Journal of the American Chemical Society,139(26):8990-8994 2017(Jul.)
Author:Furubayashi T, Motohashi K, Wakao K, Matsuda T, Kii I, Hosoya T, Hayashi N, Sadaie M, Ishikawa F, Matsushita M, Fujiyoshi S


Development of an orally available inhibitor of CLK1 for skipping a mutated dystrophin exon in Duchenne muscular dystrophy.
Scientific reports,7:46126 2017(May)
Author:Sako Y, Ninomiya K, Okuno Y, Toyomoto M, Nishida A, Koike Y, Ohe K, Kii I, Yoshida S, Hashimoto N, Hosoya T, Matsuo M, Hagiwara M


Periostin is required for matricellular localization of CCN3 in periodontal ligament of mice.
Journal of cell communication and signaling,11(1):5-13 2017(Mar.)
Author:Takayama I, Tanabe H, Nishiyama T, Ito H, Amizuka N, Li M, Katsube KI, Kii I, Kudo A


Periostin Deficiency Causes Severe and Lethal Lung Injury in Mice With Bleomycin Administration.
The journal of histochemistry and cytochemistry : official journal of the Histochemistry Society,64(7):441-453 2016(Jul.)
Author:Kondoh H, Nishiyama T, Kikuchi Y, Fukayama M, Saito M, Kii I, Kudo A


2種のアジド分子を効率的に連結する手法の開発
有機合成化学協会誌,74(5):453-561 2016(May)
Author:吉田優, 喜井勲, 細谷孝充, 細谷孝充


Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process.
Nature communications,7:11391 2016(Apr.)
Author:Kii I, Sumida Y, Goto T, Sonamoto R, Okuno Y, Yoshida S, Kato-Sumida T, Koike Y, Abe M, Nonaka Y, Ikura T, Ito N, Shibuya H, Hosoya T, Hagiwara M


Periostin promotes secretion of fibronectin from the endoplasmic reticulum.
Biochemical and biophysical research communications,470(4):888-893 2016(Feb.)
Author:Kii I, Nishiyama T, Kudo A


Identification of a DYRK1A Inhibitor that Induces Degradation of the Target Kinase using Co-chaperone CDC37 fused with Luciferase nanoKAZ.
Scientific reports,5:12728 2015(Aug.)
Author:Sonamoto R, Kii I, Koike Y, Sumida Y, Kato-Sumida T, Okuno Y, Hosoya T, Hagiwara M


Na, K-ATPase α3 is a death target of Alzheimer patient amyloid-β assembly.
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America,112(32):E4465-74 2015(Aug.)
Author:Ohnishi T, Yanazawa M, Sasahara T, Kitamura Y, Hiroaki H, Fukazawa Y, Kii I, Nishiyama T, Kakita A, Takeda H, Takeuchi A, Arai Y, Ito A, Komura H, Hirao H, Satomura K, Inoue M, Muramatsu S, Matsui K, Tada M, Sato M, Saijo E, Shigemitsu Y, Sakai S, Umetsu Y, Goda N, Takino N, Takahashi H, Hagiwara M, Sawasaki T, Iwasaki G, Nakamura Y, Nabeshima Y, Teplow DB, Hoshi M


Design and synthesis of a potent inhibitor of class 1 DYRK kinases as a suppressor of adipogenesis.
Bioorganic & medicinal chemistry,23(15):4434-4441 2015(Aug.)
Author:Masaki S, Kii I, Sumida Y, Kato-Sumida T, Ogawa Y, Ito N, Nakamura M, Sonamoto R, Kataoka N, Hosoya T, Hagiwara M


Identification of a Dual Inhibitor of SRPK1 and CK2 That Attenuates Pathological Angiogenesis of Macular Degeneration in Mice.
Molecular pharmacology ,88(2):316-325 2015(Aug.)
Author:Morooka S, Hoshina M, Kii I, Okabe T, Kojima H, Inoue N, Okuno Y, Denawa M, Yoshida S, Fukuhara J, Ninomiya K, Ikura T, Furuya T, Nagano T, Noda K, Ishida S, Hosoya T, Ito N, Yoshimura N, Hagiwara M


リガンド構造展開と活性制御の実際 リン酸化酵素に対する選択的阻害剤の開発
CSJ Current Review,19:134-139,1(4) 2015(Apr.)
Author:喜井勲, 萩原正敏


京都大学臨床研究ハイウェイを活用した難治疾患・がん等の新規治療法の開発 新規Clk阻害剤の開発,新規DYRK1A阻害薬の開発
京都大学臨床研究ハイウェイを活用した難治疾患・がん等の新規治療法の開発 平成26年度 総括・分担研究報告書,:4-9 2015
Author:萩原正敏, 喜井勲, 高橋良輔


CDK9 inhibitor FIT-039 prevents replication of multiple DNA viruses.
,124(8):3479-3488 2014(Aug.)
Author:Yamamoto M, Onogi H, Kii I, Yoshida S, Iida K, Sakai H, Abe M, Tsubota T, Ito N, Hosoya T, Hagiwara M


Alleviation of behavioral hypersensitivity in mouse models of inflammatory pain with two structurally different casein kinase 1 (CK1) inhibitors.
Molecular pain,10:17 2014(Mar.)
Author:Kurihara T, Sakurai E, Toyomoto M, Kii I, Kawamoto D, Asada T, Tanabe T, Yoshimura M, Hagiwara M, Miyata A


The niche component periostin is produced by cancer-associated fibroblasts, supporting growth of gastric cancer through ERK activation.
The American journal of pathology,184(3):859-870 2014(Mar.)
Author:Kikuchi Y, Kunita A, Iwata C, Komura D, Nishiyama T, Shimazu K, Takeshita K, Shibahara J, Kii I, Morishita Y, Yashiro M, Hirakawa K, Miyazono K, Kudo A, Fukayama M, Kashima TG


アカデミア創薬研究の今を知る《注目の標的からの創薬展開》2.キナーゼの多彩な立体構造を標的とした創薬
実験医学,32(2):279-285 2014(Feb.)
Author:喜井勲, 萩原正敏


京都大学臨床研究ハイウェイを活用した難治疾患・がん等の新規治療法の開発 新規Clk阻害剤の開発,新規DYRK1A阻害薬の開発
京都大学臨床研究ハイウェイを活用した難治疾患・がん等の新規治療法の開発 平成25年度 総括・分担研究報告書,:3-7 2014
Author:萩原正敏, 喜井勲, 高橋良輔


京都大学臨床研究ハイウェイを活用した難治疾患・がん等の新規治療法の開発 新規DYRK1A阻害薬の開発,新規Clk阻害剤の開発
京都大学臨床研究ハイウェイを活用した難治疾患・がん等の新規治療法の開発 平成24年度 総括研究報告書,:3-8 2013
Author:萩原正敏, 喜井勲, 高橋良輔


ダブルクリック反応:生体分子の新しい化学修飾法
生化学,84(4):304-311 2012(Apr.)
Author:喜井勲, 吉田優, 細谷孝充


Stable knockdown of S100A4 suppresses cell migration and metastasis of osteosarcoma.
Tumour Biol.,32(3):611-22 2011(Jun.)
Author:Fujiwara M, Kashima TG, Kunita A, Kii I, Komura D, Grigoriadis AE, Kudo A, Aburatani H, Fukayama M.


Delayed re-epithelialization in periostin-deficient mice during cutaneous wound healing.
PLoS One.,6(4):e18410 2011(Apr.)
Author:Nishiyama T, Kii I, Kashima TG, Kikuchi Y, Ohazama A, Shimazaki M, Fukayama M, Kudo A.


Remodeling of actin cytoskeleton in mouse periosteal cells under mechanical loading induces periosteal cell proliferation during bone formation.
PLoS One.,6(9):e24847 2011
Author:Sakai D, Kii I, Nakagawa K, Matsumoto HN, Takahashi M, Yoshida S, Hosoya T, Takakuda K, Kudo A.


Development of a novel selective inhibitor of the Down syndrome-related kinase Dyrk1A.
Nat Commun.,1:86 2010(Oct.)
Author:Ogawa Y, Nonaka Y, Goto T, Ohnishi E, Hiramatsu T, Kii I, Yoshida M, Ikura T, Onogi H, Shibuya H, Hosoya T, Ito N, Hagiwara M.


Strain-promoted double-click reaction for chemical modification of azido-biomolecules.
Org Biomol Chem.,8(18):4051-4055 2010(Sep.)
Author:Kii I, Shiraishi A, Hiramatsu T, Matsushita T, Uekusa H, Yoshida S, Yamamoto M, Kudo A, Hagiwara M, Hosoya T.


Periostin Associates with Notch1 Precursor to Maintain Notch1 Expression under a Stress Condition in Mouse Cells.
PLoS ONE.,5(8):e12234 2010(Aug.)
Author:Tanabe H, Takayama I, Nishiyama T, Shimazaki M, Kii I, Li M, Amizuka N, Katsube K, KudoA.


Interaction between periostin and BMP-1 promotes proteolytic activation of lysyl oxidase.
J Biol Chem.,285(17):13294-13303 2010(Apr.)
Author:Maruhashi T, Kii I, Saito M, Kudo A.


Incorporation of tenascin-C into the extracellular matrix by periostin underlies an extracellular meshwork architecture.
J Biol Chem.,285(3):2028-2039 2010(Jan.)
Author:Kii I, Nishiyama T, Li M, Matsumoto KI, Saito M, Amizuka N, Kudo A.


Expression, Purification, and Characterization of Soluble Recombinant Periostin Protein Produced by Escherichia coli.
J Biochem.,146(5):713-723 2009(Nov.)
Author:Takayama I, Kii I, Kudo A.


a novel marker of intramembranous ossification, is expressed in fibrous dysplasia and in c-Fos-overexpressing bone lesions.
Hum Pathol.,40(2):226-237 2009(Feb.)
Author:Kashima TG, Nishiyama T, Shimazu K, Shimazaki M, Kii I, Grigoriadis AE, Fukayama M, Kudo A. Periostin,


Periostin is expressed in pericryptal fibroblasts and cancer-associated fibroblasts in the colon.
J Histochem Cytochem.,56(8):753-764 2008(Aug.)
Author:Kikuchi Y, Kashima TG, Nishiyama T, Shimazu K, Morishita Y, Shimazaki M, Kii I, Horie H, Nagai H, Kudo A, Fukayama M.


Periostin is essential for cardiac healing after acute myocardial infarction.
J Exp Med.,205(2):295-303 2008(Feb.)
Author:Shimazaki M, Nakamura K, Kii I, Kashima T, Amizuka N, Li M, Saito M, Fukuda K, Nishiyama T, Kitajima S, Saga Y, Fukayama M, Sata M, Kudo A


GFP transgenic mice reveal active canonical Wnt signal in neonatal brain and in adult liver and spleen.
Genesis (New York, N.Y. : 2000),45(2):90-100 2007(Feb.)
Author:Moriyama A, Kii I, Sunabori T, Kurihara S, Takayama I, Shimazaki M, Tanabe H, Oginuma M, Fukayama M, Matsuzaki Y, Saga Y, Kudo A


歯科と骨粗鬆症~骨生物学と歯科医学の融合点~ペリオスチンと歯根膜・骨外膜
Clin Calcium,17(2):202-208 2007(Jan.)
Author:喜井勲, 工藤明


Periostin is an extracellular matrix protein required for eruption of incisors in mice.
Biochemical and biophysical research communications,342(3):766-772 2006(Apr.)
Author:Kii I, Amizuka N, Minqi L, Kitajima S, Saga Y, Kudo A


肝細胞癌におけるペリオスチン発現の検討‐肝細胞癌のマーカーになりうるか?‐
日本病理学会会誌,95(1):362 2006(Mar.)
Author:菊地良直, 柴原純二, 鹿島健司, 西山尚志, 島津和弘, 喜井勲, 工藤明, 深山正久


ファシクリンIファミリータンパク質の働き―脊椎動物に存在するペリオスチンの機能解析―
生化学,78(1):16-26 2006(Jan.)
Author:喜井勲, 工藤明


Identification of cysteine residues critically involved in homodimer formation and protein expression of human ATP-binding cassette transporter ABCG2: a new approach using the flp recombinase system.
Journal of experimental therapeutics & oncology,5(3):205-222 2006
Author:Wakabayashi K, Nakagawa H, Adachi T, Kii I, Kobatake E, Kudo A, Ishikawa T


Immunohistochemical localization of periostin in tooth and its surrounding tissues in mouse mandibles during development.
The anatomical record. Part A, Discoveries in molecular, cellular, and evolutionary biology,281(2):1264-1275 2004(Dec.)
Author:Suzuki H, Amizuka N, Kii I, Kawano Y, Nozawa-Inoue K, Suzuki A, Yoshie H, Kudo A, Maeda T


Cell-cell interaction mediated by cadherin-11 directly regulates the differentiation of mesenchymal cells into the cells of the osteo-lineage and the chondro-lineage.
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research,19(11):1840-1849 2004(Nov.)
Author:Kii I, Amizuka N, Shimomura J, Saga Y, Kudo A


Inactivation of Rho/ROCK signaling is crucial for the nuclear accumulation of FKHR and myoblast fusion.
The Journal of biological chemistry,279(45):47311-47319 2004(Nov.)
Author:Nishiyama T, Kii I, Kudo A


II.骨代謝調節系 骨芽細胞の機能・骨形成メカニズム 骨形成促進因子 細胞間接着分子カドヘリン
日本臨床,62:85-89 2004(Feb.)
Author:喜井勲, 工藤明


A functional study on polymorphism of the ATP-binding cassette transporter ABCG2: critical role of arginine-482 in methotrexate transport.
The Biochemical journal,373(Pt 3):767-774 2003(Aug.)
Author:Mitomo H, Kato R, Ito A, Kasamatsu S, Ikegami Y, Kii I, Kudo A, Kobatake E, Sumino Y, Ishikawa T


Targeted disruption of cadherin-11 leads to a reduction in bone density in calvaria and long bone metaphyses.
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research,16(7):1265-1271 2001(Jul.)
Author:Kawaguchi J, Azuma Y, Hoshi K, Kii I, Takeshita S, Ohta T, Ozawa H, Takeichi M, Chisaka O, Kudo A


The transition of cadherin expression in osteoblast differentiation from mesenchymal cells: consistent expression of cadherin-11 in osteoblast lineage.
Journal of bone and mineral research : the official journal of the American Society for Bone and Mineral Research,16(2):260-269 2001(Feb.)
Author:Kawaguchi J, Kii I, Sugiyama Y, Takeshita S, Kudo A


学会発表
リン酸化酵素の活性・阻害に影響を与える細胞内分子夾雑環境の理解と創薬応用
新学術領域研究「分子夾雑の生命化学」領域会議 2018(May 22)
Author:喜井 勲


タンデムHaloTagによる高感度蛍光イメージング技術の開発
新学術領域「新生鎖の生物学」第5回若手ワークショップ 2018(May 16)
Author:喜井 勲


Cotranslational ubiquitinationとmRNA安定性の関連性についての仮説
近畿大学大学院薬学研究科 生化学研究室(藤原俊伸教授) , 第6回CCR4-NOT研究会 2018(May 13)
Author:喜井 勲


細胞外マトリックス形成の蛍光追跡イメージング技術の開発
平成29年度生体医歯工学共同研究拠点成果報告会 2018(Mar. 09)
Author:喜井 勲


ナトリウム代謝イメージングによる腎臓機能画像診断
Kobe×BRAVE Acceleration programピッチ大会 2018(Mar. 04)
Author:本村 信治、喜井 勲、羽場 宏光、薬師寺 秀樹


MetalloDiagnosis GREIによる生体微量元素動態診断
Beyond Next Ventures株式会社 , BRAVE Acceleration program最終ピッチ大会 2017(Dec. 18)
Author:本村 信治、喜井 勲、羽場 宏光、薬師寺 秀樹


Staudinger反応を利用した安定なアザイリドの形成に基づく分子連結法の開発
第44回有機典型元素化学討論会 2017(Dec. 07)
Author:寺嶌紀和, 目黒友啓, 小池悠華, 伊藤晴海, 伊藤晴海, 喜井勲, 吉田優, 細谷孝充, 細谷孝充


マルチカラーパルスチェイスによる細胞外マトリックスの継時的変化の可視化
2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017(Dec. 06)
Author:伊藤 晴海、小池 悠華、三好 洋美、吉田 優、渡辺 恭良、細谷 孝充、喜井 勲


神経新生促進によるダウン症モデルにおける脳発達障害の是正
2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017(Dec. 06)
Author:小林亜希子, 粟屋智就, 喜井勲, 隅田有人, 奥野友紀子, 和根崎圭子, 吉田優, 隅田ともえ, 井上治久, 細谷孝充, 萩原正敏


がん細胞の代謝がもたらす組織微小環境を標的にしたがん治療
2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017(Dec. 06)
Author:豊本雅靖, 井上飛鳥, 飯田慶, 出縄政嗣, 喜井勲, 林佳子, 岸貴之, 小野木博, 吉田優, 細谷孝充, 青木淳賢, 萩原正敏


Duchenne型筋ジストロフィーに対して変異ジストロフィンエキソンのスキッピング誘導活性を有する経口投与可能な新規CLK1阻害剤の開発
2017年度生命科学系学会合同年次大会 2017(Dec. 06)
Author:佐古有季哉, 二宮賢介, 奥野友紀子, 豊本雅靖, 西田篤史, 小池悠華, 大江賢治, 喜井勲, 吉田優, 橋本有弘, 細谷孝充, 松尾雅文, 萩原正敏


Sequential Multicolor Pulse-Chase Imaging of Protein Dynamics in Extracellular Matrix in Living Fibroblasts
The 4th RIKEN/Karolinska Institute/SciLifeLab Joint Symposium 2017(Nov. 16)
Author:Harumi Ito, Yuka Koike, Hiromi Miyoshi, Suguru Yoshida, Yasuyoshi Watanabe, Takamitsu Hosoya, Isao Ki


リン酸化酵素の新生鎖における品質管理機構の解明
新学術領域「新生鎖の生物学」領域会議 2017(Nov. 08)
Author:喜井 勲


Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process
新学術領域「新生鎖の生物学」第4回若手ワークショップ 2017(Aug. 29)
Author:喜井 勲


環状アルキンの銅錯体形成を利用した生体分子の化学修飾法の開発
日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会 2017(Jun. 07)
Author:吉田 優、栗原ともこ、伊藤晴海、喜井 勲、畠山泰朋、唐木文霞、渡辺恭良、細谷孝充


リン酸化酵素DYRK1Aのフォールディング中間体阻害メカニズムの解析
日本ケミカルバイオロジー学会第12回年会 2017(Jun. 07)
Author:喜井 勲、小池 悠華


Quality control mechanism of DYRK1A folding intermediate
International Symposium on Protein Quality Control 2017(Jun. 04)
Author:喜井 勲


Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process
RIKEN SAKURA Symposium 2017 2017(Mar. 29)
Author:喜井 勲


環状アルキン‐銅錯体を利用する生体分子の化学修飾法の開発
日本化学会第97春季年会 2017(Mar. 16)
Author:吉田優, 栗原とも子, 伊藤晴海, 喜井勲, 畠山泰朋, 唐木文霞, 渡辺恭良, 細谷孝充


Selective inhibition of the kinase DYRK1A by targeting its folding process
第2回AMED次世代がん若手研究者ワークショップ 2016(Nov. 29)
Author:喜井 勲、祖納元 りえ、隅田 有人、小池 悠華、細谷 孝充、萩原 正敏


タウ蛋白質分解誘導による認知症治療を目指した新規化合物の発見
第89回日本生化学会大会 2016(Sep. 25)
Author:豊本 雅靖, 笹ヶ迫 智紀, 喜井 勲, 小池 悠華, 林 佳子, 石田 憲太郎, 隅田 有人, 吉田 優, 細谷 孝充, 萩原 正敏


クライオ1分子蛍光イメージングによる高精度三次元位置決定
分子科学討論会 2016(Sep. 13)
Author:本橋和也, 古林琢, 若尾佳祐, 松下道雄, 石川冬木, 喜井勲, 藤芳暁


タウ蛋白質分解誘導によるタウオパチー治療を目指した新規化合物の発見
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016(Jun. 15)
Author:豊本 雅靖、笹ヶ迫 智紀、喜井 勲、小池 悠華、林 佳子、石田 憲太郎、隅田 有人、吉田 優、細谷 孝充、萩原 正敏


Duchenne型筋ジストロフィーに対するエキソンスキッピング治療薬候補化合物である新規CLK1特異的阻害剤
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016(Jun. 15)
Author:佐古 有季哉、二宮 賢介、奥野 友紀子、豊本 雅靖、西田 篤史、小池 悠華、大江 賢治、喜井 勲、吉田 優、細谷 孝充、松尾 雅文、萩原 正敏


多機能性分子プローブ開発を指向したマルチアジド化合物を用いる機能性分子集積法の開発
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016(Jun. 15)
Author:吉田 優、三澤 善大、栗原 ともこ、森田 隆太、喜井 勲、渡辺 恭良、細谷 孝充


ダウン症モデルでの神経新生の低下を改善するDYRK1A阻害剤の創製
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016(Jun. 15)
Author:小林 亜希子、喜井 勲、隅田 有人、吉田 優、細谷 孝充、萩原 正敏


低分子化合物FINDYによるリン酸化酵素DYRK1Aのフォールディング阻害メカニズムの解析
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会 2016(Jun. 15)
Author:喜井 勲、祖納元 りえ、隅田 有人、小池 悠華、隅田 ともえ、細谷 孝充、萩原 正敏


新しいマルチアジド化合物をプラットフォーム分子として用いる機能性分子集積法の開発
日本化学会第96春季年会 2016(Mar. 24)
Author:吉田優, 三澤善大, 栗原ともこ, 森田隆太, 喜井勲, 渡辺恭良, 細谷孝充


DYRK1Aはダウン症モデルにおける神経新生低下を制御する
第38回日本神経科学大会 2015(Jul. 18)
Author:小林 亜希子、喜井 勲、隅田 有人、隅田 ともえ、細谷 孝充、萩原 正敏


変異ジストロフィン遺伝子に対するエクソンスキップ誘導活性を有する化合物の探索
第17回日本RNA学会年会 2015(Jul. 17)
Author:二宮賢介, 佐古有季哉, 喜井勲, 細谷孝充, 萩原正敏


Neuropollin-1陽性免疫細胞はトラスツズマブによる免疫応答を惹起し抗腫瘍活性を誘導する
第23回日本乳癌学会総会 2015(Jul. 02)
Author:河口 浩介, 鈴木 栄治, 喜井 勲, 片岡 竜貴, 平田 勝啓, 羽賀 博典, 萩原 正敏, 戸井 雅和


SRPK1およびCK2阻害活性を有する新規血管新生阻害薬の開発
日本眼科学会雑誌 2015(Mar. 18)
Author:諸岡諭, 喜井勲, 奥野友紀子, 吉田優, 福原淳一, 野田航介, 伊藤暢聡, 石田晋, 細谷孝充, 萩原正敏, 吉村長久


SRPK1をターゲットとした化合物スクリーニングによる新規血管新生阻害薬の開発
2015(Jan. 31)
Author:諸岡諭, 保科光輝, 喜井勲, 奥野友紀子, 吉田優, 伊藤暢聡, 細谷孝允, 吉村長久, 萩原正敏


極低温共焦点蛍光顕微鏡の開発による細胞の多色イメージング
分子科学討論会 2015
Author:本橋和也, 若尾圭祐, 稲川博敬, 古林琢, 喜井勲, 定家真人, 石川冬木, 松下道雄, 藤芳暁


リン酸化酵素DYRK1Aのフォールディング中間体を標的とした新規阻害剤の開発
日本薬理学会近畿部会 2014(May)
Author:喜井勲, 奥野友紀子, 隅田有人, 後藤利保, 吉田優, 澁谷浩司, 安倍美奈子, 伊藤暢聡, 細谷孝充, 萩原正敏


リン酸化酵素とシャペロンの結合を指標とした阻害剤評価系の構築
日本分子生物学会年会 2014
Author:祖納元りえ, 喜井勲, 小池悠華, 萩原正敏


A Novel type of kinase inhibitor that targets the folding intermediate of DYRK1A
The 2nd Annual Conference of the International Chemical Biology Society 2013(Oct. 07)
Author:Isao Kii, Yuto Sumida, Toshiyasu Goto, Yukiko Okuno, Yosuke Nonaka, Minako Abe, Suguru Yoshida, Tomoe Kato, Teikichi Ikura, Nobutoshi Ito, Hiroshi Shibuya,Takamitsu Hosoya, Masatoshi Hagiwara


異種アジド基の特性にもとづく逐次マルチクリック反応の開発
複素環化学討論会 2013(Oct. 01)
Author:細谷孝充, 吉田優, 菅野貴美幸, 喜井勲, 森田隆太, 田中淳子, 松下武司, 萩原正敏


多機能性分子プローブ創製に有用な異種アジド選択的逐次クリック反応の開発
有機合成シンポジウム 2013(May 27)
Author:吉田優, 菅野貴美幸, 喜井勲, 松下武司, 萩原正敏, 細谷孝充


異種アジド選択的逐次クリック反応:機能性分子集積への展開
日本化学会 2013(Mar. 08)
Author:菅野貴美幸, 吉田優, 喜井勲, 松下武司, 萩原正敏, 細谷孝充


炎症性疼痛モデルマウスに対する新規カゼインキナーゼ阻害薬の抗侵害効果
日本薬理学雑誌 2013(Mar.)
Author:川元 大輔, 喜井 勲, 豊本 雅靖, 朝田 俊秀, 吉村 惠, 萩原 正敏, 宮田 篤郎, 栗原 崇


温度数Kの色素分子の3次元イメージング技術の設計と実現
分子科学討論会 2013
Author:虎谷泰靖, 丸尾美奈子, 稲川博敬, 喜井勲, 林宣広, 細谷孝充, 松下道雄, 藤芳暁


PUF60は筋分化特異的な選択的スプライシングの調節因子であり,筋発生に必要である
日本RNA学会年会 2012(Jul. 18)
Author:片岡直行, 野島孝之, 大城(井手上)杜子, 武内章英, 喜井勲, 萩原正敏


セルベース・スクリーニングを活用した神経変性疾患治療薬の探索
解剖学雑誌 2012(Jun. 01)
Author:笹ケ迫知紀, 喜井勲, 石田憲太郎, 細谷孝充, 萩原正敏


炎症性疼痛モデルマウスに対する新規カゼインキナーゼ阻害薬の抗侵害効果
日本薬理学会西南部会 2012
Author:川元大輔, 喜井勲, 豊本雅靖, 朝田俊秀, 吉村惠, 萩原正敏, 宮田篤郎, 栗原崇


ダブルクリック反応の開発と生体分子の化学修飾法への応用
有機合成化学セミナー 2011(Aug. 31)
Author:吉田優, 白石旭, 喜井勲, 平松俊行, 松下武司, 植草秀裕, 山本誠, 工藤明, 萩原正敏, 細谷孝充


Targeted inhibition of autophosphorylation of Down syndrome associated kinase DYRK1A leads to its proteasome-mediated degradation
US-JAPAN CONFERENCE ON INFLAMMATION, DIABETES AND CANCER 2011(Aug. 04)
Author:Isao Kii, Yukiko Okuno, Yuto Sumida, Takamitsu Hosoya, Masatoshi Hagiwara


細胞メカノセンシングの新展開 網目状の細胞外マトリックス形成を介した結合組織の力学環境適応(Recent Advances in Cell Mechanosensing Incorporation of tenascin-C into the extracellular matrix by periostin underlies an extracellular meshwork architecture)
日本細胞生物学会大会 2011(May)
Author:喜井 勲


ダブルクリック反応:生体分子の新しい化学修飾法
日本化学会 2011(Mar. 11)
Author:細谷孝充, 喜井勲, 白石旭, 平松俊行, 松下武司, 植草秀裕, 吉田優, 山本誠, 工藤明, 萩原正敏


ミリストイル基を介したHIV Nefの免疫細胞のシグナル伝達系への介入
日本分子生物学会年会 2011
Author:細谷悟史, 戸田収, 遠藤毅, 根岸瑠美, 福島慶子, 伊藤由馬, 十川久美子, PAXTON Thanai, 喜井勲, 朴明宣, 大野敏, 竹内真粧美, 横川隆志, 西川一八, 山下克子, 徳永万喜洋, 細谷孝充, 林宣宏


神経細胞における生体膜ラフトの動作メカニズムの解明
日本分子生物学会年会 2011
Author:戸田収, 細谷悟史, 遠藤毅, 根岸瑠美, 福島慶子, 伊藤由馬, 十川久美子, PAXTON Thanai, 喜井勲, 朴明宣, 大野敏, 竹内真粧美, 横川隆志, 西川一八, 山下克子, 徳永万喜洋, 細谷孝充, 林宣宏


骨膜における骨芽細胞のアクチン細胞骨格は、メカニカルストレス依存的に再形成され骨膜肥厚・骨形成に関与する
日本骨代謝学会学術集会 2010(Jul.)
Author:酒井 大輔, 喜井 勲, 中川 一樹, 松本 裕子, 細谷 孝充, 高久田 和夫, 工藤 明


periostinは歯根膜においてNotch1の安定性を調節することで細胞生存を制御している
日本骨代謝学会学術集会 2010(Jul.)
Author:田辺 英幸, 高山 一成, 西山 尚志, 島崎 雅司, 喜井 勲, 李 敏啓, 網塚 憲生, 勝部 憲一, 工藤 明


non‐RI光親和性標識法による新規Wntシグナル調節因子の探索
日本薬理学会関東部会 2009(Jul. 11)
Author:細谷孝充, 井上敦, 平松俊行, 喜井勲, 工藤明


ペリオスチンはBMP1と結合することでリジン酸化酵素(LOX)を活性化し、コラーゲン架橋を促進する
日本骨代謝学会学術集会 2009(Jul.)
Author:丸橋 拓海, 喜井 勲, 工藤 明


ペリオスチンは網目状細胞外マトリックス構築のスキャフォールドとして機能することで、脛骨過労性骨膜炎の発症を予防する
日本骨代謝学会学術集会 2009(Jul.)
Author:喜井 勲, 工藤 明


Bone Whole Imagingによるメカニカルストレス依存的アクチン細胞骨格の分子動態解析
日本骨代謝学会学術集会 2008(Oct.)
Author:酒井 大輔, 喜井 勲, 中川 一樹, 松本 裕子, 高久田 和夫, 工藤 明


ペリオスチンは、ゴルジ体においてフィブロネクチンとテネイシン-Cの結合の足場として機能し、脛骨過労性骨膜炎の発症を抑制する
日本骨代謝学会学術集会 2008(Oct.)
Author:喜井 勲, 西山 尚志, 原田 伊知郎, 李 敏啓, 松本 健一, 斉藤 充, 松本 裕子, 市川 知宏, 高山 一成, 田辺 英幸, 高久田 和夫, 網塚 憲生, 工藤 明


胃癌におけるペリオスチン 癌微小環境において間質線維芽細胞がペリオスチンを介して癌細胞の増殖を促進する(Periostin in gastric cancer: Stromal fibroblasts support growth of cancer cell via periostin in cancer microenvironment)
日本癌学会総会 2008(Sep.)
Author:菊地 良直, 岩田 要, 西山 尚志, 鹿島 健司, 狩野 光伸, 森下 保幸, 喜井 勲, 八代 正和, 新谷 裕加子, 平川 弘聖, 宮園 浩平, 工藤 明, 深山 正久


歯周組織の恒常性維持に必須な細胞外マトリックスタンパク質,ペリオスチンの分子機能解析
生化学 2008
Author:高山一成, 喜井勲, 工藤明


靭帯様コラーゲンゲル培養法を用いた細胞外マトリクスの繊維化形成モデルの解析
日本バイオマテリアル学会大会 2007(Nov. 26)
Author:市川知広, 原田伊知郎, 喜井勲, 赤池敏宏


ヒトペリオスチンは線維性骨異形成症に発現し、そのコラーゲン線維形成に関与する
日本骨代謝学会学術集会 2007(Jun.)
Author:西山 尚志, 鹿島 健司, 島津 和弘, 大狭 淳, 島崎 雅司, 喜井 勲, Grigoriadis Agamemnon E., 深山 正久, 工藤 明


ペリオスチンによって安定化されるフィブロネクチンマトリックスは、メカニカルストレス感知機構を担う
日本骨代謝学会学術集会 2007(Jun.)
Author:喜井 勲, 網塚 憲生, 李 敏啓, 中川 一樹, 高山 一成, 島崎 雅司, 田辺 英幸, 西山 尚志, 松本 裕子, 高久田 和夫, 市川 知広, 原田 伊知郎, 赤池 敏宏, 工藤 明


マウスの頭蓋顔面骨格形成時におけるFGF受容体1のカドヘリン-11による安定化(Cadherin-11 stabilizes FGF Receptor 1 during craniofacial skeletal development in mice)
日本発生生物学会・日本細胞生物学会合同大会 2007(May)
Author:マウスの頭蓋顔面骨格形成時におけるFGF受容体1のカドヘリン-11による安定化(Cadherin-11 stabilizes FGF Receptor 1 during craniofacial skeletal development in mice)


創傷治癒時に誘導される筋繊維芽細胞に発現するペリオスチン機能解析
再生医療 2007(Feb. 19)
Author:西山尚志, 島崎雅司, 喜井勲, 深山正久, 鹿島健司, 工藤明


ペリオスチンは力学的負荷依存的骨形成に必須である
生化学 2007
Author:中川一樹, 喜井勲, 松本裕子, 西山尚志, LI Minqi, 網塚憲生, 高久田和夫, 工藤明


periostinとCCN3によるNotchシグナルの制御
日本骨代謝学会学術集会 2006(Jul.)
Author:田辺 英幸, 喜井 勲, 森山 明美, 李 敏啓, 網塚 憲生, 勝部 憲一, 工藤 明


ペリオスチンは力学的負荷依存的骨形成に必須である
日本骨代謝学会学術集会 2006(Jul.)
Author:喜井 勲, 松本 裕子, Li Minqi, 田辺 英幸, 中川 一樹, 高山 一成, 東 由明, 高久田 和夫, 網塚 憲生, 工藤 明


ヒトABCG2タンパク質の翻訳後修飾‐Cys603を介した二量体形成‐
日本分子生物学会年会 2005(Nov. 25)
Author:若林香菜子, 中川大, 足立達彦, 喜井勲, 工藤明, 小畠英理, 石川智久


骨肉腫におけるペリオスチンの発現および機能解析
日本癌学会学術総会 2005(Aug. 15)
Author:鹿島健司, 島津和弘, 西山尚志, 島崎雅司, 喜井勲, 深山正久, 工藤明


ヒト癌組織におけるペリオスチン発現の検討
日本癌学会学術総会 2005(Aug. 15)
Author:菊地良直, 島津和弘, 鹿島健司, 島崎雅司, 喜井勲, 柴原純二, 仁木利郎, 深山正久, 工藤明


歯の移動実験におけるペリオスチン遺伝子欠損マウスの歯根膜の組織学的変化
日本骨代謝学会学術集会 2005(Jun. 20)
Author:李敏啓, 網塚憲生, 喜井勲, 工藤明, 前田健康


Mechanical Stress Dependent Remodeling of the Periodontal Ligament Is Defective In Periostin Deficient Mice; Mechanotransduction through Periostin Protein
The 26 th Annual Meeting of the American Society for Bone and Mineral Research 2004(Oct. 01)
Author:Isao Kii, Norio Amizuka, Li Minqi, Satoshi Kitajima, Yumiko Saga, Akira Kudo


骨芽細胞におけるperiostinとCCN3の会合とNotch signalの制御
日本骨代謝学会学術集会 2004(Aug.)
Author:田辺 英幸, 喜井 勲, 網塚 憲生, 勝部 憲一, 工藤 明


ペリオスチンノックアウトマウスではメカニカルストレスによる歯根膜リモデリングが破綻している
日本骨代謝学会学術集会 2004(Aug.)
Author:喜井 勲, 網塚 憲生, 李 敏啓, 竹内 亀一, 前田 健康, 北嶋 聡, 菅野 純, 井上 達, 相賀 裕美子, 工藤 明


低分子量GTPase Rhoとそのエフェクター分子による骨格筋分化制御
日本分子生物学会年会 2003(Nov. 25)
Author:西山朋子, 喜井勲, 工藤明


細胞間接着分子カドヘリンによる骨芽細胞分化誘導
日本骨代謝学会 2001(Jul. 19)
Author:喜井勲, 工藤明


カドヘリンによる骨芽細胞分化制御
日本分子生物学会年会 2000(Nov. 25)
Author:喜井勲, 川口実太郎, 工藤明


カドヘリンによる骨芽細胞分化制御
日本細胞生物学会大会 2000(Aug.)
Author:喜井 勲, 川口 実太郎, 工藤 明

特許等知的財産
登録済特許
環状化合物、環状化合物の製造方法および生体分子の修飾法
環状化合物、環状化合物の製造方法および生体分子の修飾法
精神神経疾患又は悪性腫瘍に関する化合物及び医薬組成物
精神神経疾患又は悪性腫瘍に関する化合物及び医薬組成物