信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

高木優二  タカギ ユウジ

教員組織学術研究院(農学系)電話番号0265-77-1617
教育組織農学部 農学生命科学科 動物資源生命科学コースFAX番号0265-77-1629
職名准教授メールアドレスytakagi @ shinshu-u.ac.jp
住所〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304番地ホームページURL

更新日:2018/05/30

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院総合工学系研究科
研究分野
動物生殖学
家畜繁殖学
現在の研究課題
精原幹細胞に関する研究

哺乳動物卵子の体外成熟・体外受精・体外発生に関する研究

胚性幹細胞に関する研究

精子の低温保存に関する研究

胚の凍結・低温保存に関する研究

所属学会
所属学会
日本畜産学会
日本繁殖生物学会
日本哺乳動物卵子学会
International Embryo Transfer Society
Society for the Study of Reproduction
学歴
出身大学院
1990 , 東北大学 , 農学研究科
1988 , 東北大学 , 農学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1986 , 鹿児島大学 , 農学部

取得学位
農学博士 , 東北大学
研究職歴等
研究職歴
1999- , 信州大学 農学部  助教授
1998-2001 , 山梨県酪農試験場客員研究員
1995-1996 , 米国農務省ベルツビル農業研究所(文部省在外研究員)
1990-1999 , 信州大学 農学部  助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
胚の初期発生
講談社(東京) , 新編畜産ハンドブック , :p82-p88 2006(Sep. 01)
Author:高木優二


実験動物の種類と特徴
川島書店(東京) , 応用動植物学-生物の進化と分類- , :p54-p66 2000(Nov. 10)
Author:高木優二


配偶子操作法とその応用-体外受精法
川島書店(東京) , 動物生殖機能実験の手引き , :p144-p150 1996(Apr. 01)
Author:高木優二;後藤和文


受精卵の培養法-無タンパク質培地の利用,卵胞卵子の無血清完全合成培地での体外成熟・体外授精・体外発生法
学会出版センター(東京) , 生殖機能細胞の培養法 , :p35-41-p84-89 1993(Jun. 01)
Author:高木優二 菅原七郎


論文
Possible ability of bovine follicular fluid to attract migrating bull spermatozoa
Reproductive Medicine and Biology,16(2):133-138 2017(Apr. 04)
Author:MD Anisuzzaman Mondal, Yuji Takagi, Shoji A. Baba, Koh-ichi Hamano


Involvement of calcium channels and intracellular calcium in bull sperm thermotaxis
JOURNAL OF REPRODUCTION AND DEVELOPMENT,63(2):143-148 2017(Apr.)
Author:Mondal, Md Anisuzzaman; Takagi, Yuji; Baba, Shoji A.; Hamano, Koh-ichi;


Involvement of Transient Receptor Potential Vanilloid (TRPV) 4 in mouse sperm thermotaxis
Journal of Reproduction and Development 2016(May 16)
Author:Koh-ichi HAMANO, Tae KAWANISHI, Atsuko MIZUNO, Makoto SUZUKI, Yuji TAKAGI


異なる培地に添加したプロジェステロンがウシ精子の先体反応に及ぼす影響
北信越畜産学会報,106:57-63 2013(Apr. 30)
Author:木下満・内山京子・菊池浩生・馬場昭次・高木優二・濱野光市


牛精子の運動性に及ぼす精液採取時期の影響
北信越畜産学会報,106:65-72 2013(Apr. 30)
Author:赤沼亮輔・濱野晴三・高木優二・濱野光市


水溶性プルランフィルムを用いて超急速ガラス化保存したウシ体外生産胚のストロー内一段階希釈法の検討
日本胚移植学雑誌,33(3):111-119 2011(Sep. 22)
Author:坂上信忠,梅木英伸,阿部宏之,高木優二,秋山清


体外における未成熟マウス精原幹細胞の分化
北信越畜産学会報,102:19-25 2011(May 01)
Author:船井咲知・高橋大・杉本亮・盧尚建・高木優二・鏡味裕・小野珠乙・佐々木晋一 ・辻井弘忠・濱野光市


マウス精子形成におけるエストロジェンレセプターβを介したエストロジェンの関与
北信越畜産学会報,100:27-31 2010(Jun. 01)
Author:甲木潤・平松浩二・高木優二・佐々木晋一・辻井弘忠・濱野光市


Effect of selenium and vitamin E on acrosome reaction in porcine spermatozoa
Reproductive Medicine and Biology,9(2):73-81 2010(Jun. 01)
Author:K. M. A. Tareq , Quzi SharminAkter, Yuji Takagi, Koh-ichi Hamano, Tomio Sawada, Hirotada Tsujii


Viability of Porcine Embryos after Vitrification Using Water-solublePullulan Films
Journal of Reproduction and Development,56(2):279-84 2010(Apr. 01)
Author:Sakagami N, Yamamoto T, Akiyama K, Nakazawa Y, Kojima N, Nishida K, Yokomizo S, Takagi Y, Abe H, Suzuki C, Yoshioka K.


Fatty acid composition of lipids in day 7–13 blastocysts, serum and uterine fluid of rabbits.
Reproductive Medicine and Biology,8:107-112 2009(Aug. 01)
Author:Hirotada Tsujii, Y. Matsuoka, R. Obata, M. S. Hossain, Y. Takagi


Multipotential ability of primitive germ cells from neonatal pig testis cultured in vitro.
Reproduction, fertility, and development,21(5):696-708 2009(May 22)
Author:Goel S, Fujihara M, Tsuchiya K, Takagi Y, Minami N, Yamada M, Imai H.


へパリン結合性EGF 様成長因子の培養液への添加がマウス初期胚発生とタンパク質合成に及ぼす影響
北信越畜産学会報,98:17-22 2009(Mar. 01)
Author:南 綾子・高木優二・濱野光市・辻井弘忠


Effect of glutathione on the development of rat embryos following microinsemination.
Reproductive Medicine and Biology,8:11-17 2009(Mar. 01)
Author:K. Yuzawa, T. Sawada, M. S. Hossain, Y. Takagi, K. Hamano, H. Tsujii


Effects of relaxin and IGF-I on capacitation, acrosome reaction, cholesterol efflux and utilization of labeled and unlabeledglucose in porcine spermatozoa.
Reproductive Medicine and Biology,7:29-36 2008(Mar. 01)
Author:Abdul Gaffar Miah, Ummay Salma, Yuji Takagi, Tetsuya Kohsaka, Ko-ichi Hamano and Hirotada Tsujii


Up-regulation of adipogenin, an adipocyte plasma transmembrane protein, during adipogenesis
MOLECULAR AND CELLULAR BIOCHEMISTRY,276(1-2):133-141 2005(Aug. 01)
Author:Hong, YH; Hishikawa, D; Miyahara, H; Tsuzuki, H; Nishimura, Y; Gotoh, C; Choi, KC; Hokari, Y; Takagi, Y; Lee, HG; Cho,KK; Roh, SG; Sasaki,S


ブタ胚性幹細胞樹立の研究動向
日本畜産学会北陸支部会報,75(1-2):6-15 1997(Nov. 01)
Author:高木優二


Identification of pig primordial germ cells by immunocytochemistry and lectinbinding
MOLECULAR REPRODUCTION AND DEVELOPMENT,46(4):567-580 1997(Apr. 01)
Author:Takagi, Y; Talbot, NC; Rexroad, CE; Pursel, VG


The effect of EDTA on incorporation of [3H]methionine into two-cell mouse embryos.
信州大学農学部紀要,33(1-2):9-17 1996(Dec. 01)
Author:H. Tsujii;H. Sakai;Y. Takagi
Keywords:two-cell block,incorporation of methionine,EDTA,mouse


Effect of eCG administration on the reproductive function in hypogonadal (hpg) male mice.
Journal of Reproduction and Development,42(1-2):47-53 1996(Feb. 01)
Author:K. Hashizume;H. Tsujii;Y. Takagi;M. Rokutanda


ラット精子における糖類の凍結保護効果
日本受精着床学会雑誌,12:173-175 1995(May 01)
Author:辻井弘忠;八田大介;高木優二


Effect of insulin and basic fibroblast growth factor (bFGF) on bovine embryo development in vitro in a defined medium after in vitro fertilization.
J. Mamm. Ova Res.,12:15-21 1995(Apr. 01)
Author:Y.Takagi;K.Kobayashi;H.Hoshi;H.Tsujii;S.Sugawara;T.Oikawa


マウス8細胞期胚へのTT2胚性幹(ES)細胞の注入
日本畜産学会北陸支部会報,69:36-40 1994(Oct. 01)
Author:高木優二;品川雄太;辻井弘忠


牛初期胚の共培養と無血清培養
家畜繁殖技術研究会誌,15(1):37-43 1993(Jan. 01)
Author:高木優二


牛受精卵子の無血清培養系と胚発生促進因子について-
宮城県獣医師会会報,45(4):151-161 1992(Oct. 01)
Author:高木優二


Development of early bovine embryos to the blastocyst stage in serum-free conditioned medium from bovine granulosa cells
IN VITRO CELLULAR&DEVELOPMENTAL BIOLOGY-ANIMAL,28A(4):255-259 1992(Apr. 01)
Author:KOBAYASHI, K; TAKAGI, Y; SATOH, T; HOSHI, H; OIKAWA, T


Differences in development of bovine oocytesrecovered by aspiration or by mincing.
J. Anim. Sci.,70:1923-1927 1992(Apr. 01)
Author:Y.Takagi;K.Mori;T.Takahashi;S.Sugawara;J.Masaki


牛体外受精卵子の体外発生に関する研究-特に共培養系における胚発生促進因子について-
博士論文 (東北大学,農博446号),.:. 1992(Mar. 01)
Author:高木優二


Growth requirements and long-term subcultivation of bovine granulosa cells cultured in a serum-free medium.
In Vitro Cell. Dev. Biol.,27:578-584 1991(Jul. 01)
Author:H.Hoshi;Y.Takagi;K.Kobayashi;M.Onodera;T.Oikawa


Development of bovine oocytes matured, fertilized and cultured in a serum-free chemically defined medium
Theriogenology,35:1197-1207 1991(May 01)
Author:Y.Takagi, K.Mori, M.Tomizawa, T.Takahashi, S.Sugawara, J.Masaki


In vitro fertilization and development of mouse ova in protein-free medium.
Jap. J. Anim. Reprod.,32(1):48-53 1986(Jul. 01)
Author:K.Goto;Y.Takagi;Y.Nakanishi;K.Ogawa


学会発表
幼若ブタ前精原細胞と成熟ブタ精原細胞の分化マーカー遺伝子を用いた比較
日本畜産学会第124回大会 , :VII29-07 2018(Mar. 29)
Author:広瀬海里, 富岡郁夫, 保科和夫, 高島誠司, 濱野光市, 高木優二


Isolation of neonatal porcine gonocytes using the long-term trypsin shaking incubation methods.
The 4th World Congress of Reproductive Biology (WCRB 2017), P6-63, Okinawa, Japan, September 27-29th 2017 2017(Sep. 28)
Author:Yuji Takagi, Kairi Hirose, Ikuo Tomioka, Kenji Sawamura, Kazuo Hoshina, Seiji Takashima, Koh-ichi Hamano


Efficient purification of neonatal porcine gonocytes by using the magnetic FG-Beads and its gene expression of spermatogonial markers.
The 4th World Congress of Reproductive Biology (WCRB 2017), P6-61, Okinawa, Japan, September 27-29th 2017 2017(Sep. 28)
Author:Kairi Hirose, Ikuo Tomioka, Takashi Sekiguchi, Kazuo Hoshina, Seiji Takashima, Koh-ichi Hamano, Yuji Takagi


FG-beadsによる成熟精巣からの精原細胞の単離
日本畜産学会第123回大会 , :lll07-01 2017(Sep. 06)
Author:広瀬海里, 関口健司, 富岡郁夫, 高島誠司, 濱野光市, 高木優二


FG-beadsにより単離したブタ前精原細胞のFACS解析
第109回日本繁殖生物学会大会 , OR1-9 2016(Sep. 16)
Author:広瀬海里, 竹元将晶, 田中沙智, 下里剛士, 濱野光市, 関口健司, 保科和夫, 高木 優二


Generation of porcine spermatogonia specific (PSS-1) monoclonal antibody and efficient purification of neonatal gonocytes by using the magnetic nanoparticle FG-Beads.
The 18th International Conference on Animal Reproduction (ICAR), Tours, France, June 26- 30th 2016 , PW949 2016(Jun. 29)
Author:Yuji TAKAGI, Kazuo TSUCHIYA, Kairi HIROSE, Masaaki TAKEMOTO, Koichi HAMANO, Kenji SEKIGUCHI, Kazuo HOSHINA


ブタ精原細胞特異抗体PSS1と磁性ビーズを用いたブタ前精原細胞の単離
第121回日本畜産学会大会 , P29-20 2016(Mar. 29)
Author:高木優二・広瀬海里・竹元将晶・千北喬之・佐藤優太・濱野光市・関口健司・保科和夫


水素化マグネシウムによる ブタ精子の酸化的ストレスの軽減
第64回北信越畜産学会大会 2015(Nov. 15)
Author:内藤詞子,千北喬之,佐藤優太,宮沢広視,濱野光市,保科和夫,高木優二


幼若ブタ精巣からのナイコデンツ濃度勾配遠心分離法による前精原細胞の濃縮
第108回日本繁殖生物学会大会 , P-39 2015(Sep. 15)
Author:高木優二,宮沢広視,佐藤優太,千北喬之,濱野光市,保科和夫


ブタ精子の水素による酸化的ストレスの軽減
第33回信州実験動物研究会研究発表会 2015(Mar. 06)
Author:内藤詞子,千北喬之,佐藤優太,宮沢広視,横山凜々子,濱野光市,保科和夫,高木優二


ブタ精子の水素による酸化的ストレスの軽減
第33回信州実験動物研究会 研究発表会,03 2015(Mar. 06)
Author:内藤詞子,千北喬之,佐藤優太,宮沢広視,横山凜々子,濱野光市,保科和夫,高木優二


幼若ブタ精細管の器官培養に関する研究
第63回北信越畜産学会大会,P-4 2014(Nov. 21)
Author:大木美奈・横山凜々子・内藤詞子・小林吉倫・濱野光市・保科和夫・高木優二


幼若ブタ精細管の器官培養
第32回信州実験動物研究会 研究発表会,04 2014(Mar. 07)
Author:大木美奈,横山凜々子,内藤詞子,金允貞,小林吉倫,濱野光市,保科和夫,高木優二


Lipidure-BL添加によるブタ精子のスライドガラスへの付着低減
第32回信州実験動物研究会 研究発表会,03 2014(Mar. 07)
Author:小林吉倫,内藤詞子,横山凜々子,大木美奈,金允貞,濱野光市,保科和夫,高木優二


マウスおよびブタ精子への365nm UV-A紫外線照射の影響
第62回北信越畜産学会大会,P-4 2013(Nov. 15)
Author:渡邉美晴,金允貞,大木美奈,小林吉倫,保科和夫,濱野光市,高木優二


ブタ精原細胞特異抗体PSS1を用いた幼若ブタ精細管のホールマウント免疫蛍光染色
第106回日本繁殖生物学会大会,P-65 2013(Sep. 13)
Author:大木美奈, 金允貞, 定兼和哉, 小林吉倫, 濱野光市, 保科和夫, 高木優二


Lipidure®‐BL添加によるブタ精子の付着低減
第106回日本繁殖生物学会大会,P-70 2013(Sep. 13)
Author:小林吉倫 , 大木美奈 , 金允貞 , 定兼和哉 , 濱野光市 , 保科和夫 , 高木優二


ブタ精原細胞特異抗体PSS1とフローサイトメトリーを用いたブタ前精原細胞の単離
第116回日本畜産学会大会, VII30-08 2013(Mar. 28)
Author:高木優二・大木美奈・金允貞・定兼和哉・小林吉倫・土屋一穂・保科和夫・徳永智之・古澤軌


MPCポリマー処理および高分子添加による豚精子の付着低減
第116回日本畜産学会大会,VIII30-07 2013(Mar. 28)
Author:小林吉倫・大木美奈・金允貞・定兼和哉・保科和夫・濱野光市・高木優二


高周波音を利用した 動物行動のモニタリングの試み
第31回信州実験動物研究会 研究発表会,05 2013(Mar. 08)
Author:高木優二


MPCポリマー処理および高分子添加によるブタ精子の付着低減
第31回信州実験動物研究会 研究発表会,04 2013(Mar. 08)
Author:小林吉倫・大木美奈・金允貞・定兼和哉・保科和夫・濱野光市・高木優二


ブタ精原細胞の細胞膜を特異的に認識するPSS1抗体に関する研究
第61回北信越畜産学会大会,新潟市 2012(Nov. 09)
Author:高木優二、定兼和哉、小林吉倫、土屋一穂、保科和夫


ブタ精原細胞特異的PSS1抗体の細胞膜への反応性
第39回豚の繁殖衛生セミナー,つくば市, 7 2012(Nov. 02)
Author:高木優二、定兼和哉、小林吉倫、土屋一穂、保科和夫


水溶性プルランフィルムを用いて超急速ガラス化保存したウシ体外生産胚のストロー内一段階希釈法の検討坂上信忠1、阿部浩之2、高木優二3、秋山清1
2010年 第65回関東畜産学会  会期:平成22年11月5日(金)会場:海老名市文化会館   〒243-0434   神奈川県海老名市上郷476番地の2   TEL:046-232-3231(代表) 2011(Sep. 22)


水溶性プルランフィルムを用いてガラス化保存したブタ体内生産胚のストロー内一段階希釈について坂上 信忠(神奈川農業技術センター畜産技術所)ほか
第37回豚の繁殖衛生セミナープログラム 2010(Nov. 25)


Relationship between oxygen consumption rate and viable cells of vitrified-warmed porcine embryos.
The 4th Congress of the Asian Pig Veterinary Society (APVS), WS1-P-013, Tsukuba, Japan , October 26‐28, 2009 2009(Oct. 26)
Author:N.Sakagami, T.Yamamoto, K.Nishida, Y.Takagi, H.Abe and K.Yoshioka


Modulation of allergenicity of buckwheat Fag e 1 by Maillard-type glycosylation with polysaccharides.
The 237th ACSNational Meeting, Salt Lake City, UT, March 22-26, 2009 2009(Feb. 22)
Author:Soichiro Nakamura, Yasuhiro Suzuki, Masahiro Kassai, Yuji Takagi


水溶性プルランフィルムを用いたブタ胚のガラス化保存後の生存性
第90回日本養豚学会大会 2008(Oct. 23)
Author:坂上信忠・山本 禎・仲澤慶紀・横溝翔子1・高木優二1・鈴木千恵2・吉岡耕治2・秋山 清


ブタ精子のインキュベーション時間と運動性の変化に関する研究
第101回日本繁殖生物学会大会講演要旨j118 P-53 2008(Sep. 18)
Author:横溝 翔子, 石黒 志一, 保科 和夫, 馬場 昭次, 濱野 光市, 高木 優二


ブタ精原細胞特異抗体PSS1を用いたブタ精原細胞の形態的特性評価
第101回日本繁殖生物学会大会講演要旨j114 P-44 2008(Sep. 18)
Author:吉貝 徹, 金森 晶子, 服部 裕史, 保科 和夫, 見並 拓次, 高木 優二


ブタ精細管の精原細胞数に関する研究
第101回日本繁殖生物学会大会講演要旨j115 P-47 2008(Sep. 18)
Author:稲立恵子, 金森 晶子, 吉貝 徹, 保科 和夫, 見並拓次, 高木 優二


ウシ体外生産胚の超低温保存後の呼吸量と生存細胞との関係
第15回日本胚移植研究会大会 2008(Sep. 04)
Author:坂上信忠1、梅木英伸2、横溝翔子3、高木優二3、秋山清1


Germ cells from neonatal pig testis acquires multipotent characteristics in vitro
the 6th Annual Meeting of the International Society for Stem Cell Research 2008-P-1313-ISSCR Philadelphia, PA 19107 USA June 11-14, 2008 2008(Jun. 12)
Author:Goel Sandeep, Fujihara Mayako, Tsuchiya Kazuho, Takagi Yuji, Minami Naojiro, Yamada Masayasu and Imai, Hiroshi


鞭毛運動解析ソフトを用いた豚精子の評価 ― スライドへの付着精子の低減
第34回豚の繁殖衛生セミナー, 3 2007(Nov. 21)
Author:横溝翔子,保科和夫,馬場昭次,濱野光市,高木優二


水溶性プルランフィルムを用いたウシ体外生産胚の超急速ガラス化保存
第100回日本繁殖生物学会大会講演要旨j199 P-117 2007(Sep. 20)
Author:坂上信忠,秋山清,横溝翔子,高木優二


ブタ精原細胞特異的マーカーPSS1抗体の作出
第100回日本繁殖生物学会大会講演要旨j168 P-54 2007(Sep. 20)
Author:土屋一穂,小松由加子,金森晶子,保科和夫,代田修治,平松浩二,濱野光市,盧尚建,太田克明,高木優二


マウス2細胞期胚の非凍結低温保存
第100回日本繁殖生物学会大会講演要旨j199 P-116 2007(Sep. 20)
Author:森村典代, 横溝翔子, 原匡平, 原瀬麻衣, 高木 優二


Short period cryopreservation of the vitrified mouse morulae at -79 degree C
Proceeding of the Annual Conference of the International Embryo Transfer Society (Kyoto, Japan), Reproduction, Fertility and Development , 19(1)(2):185- 2007(Jan. 06)
Author:Takagi Y.;Shimizu M.;Morimura M.;Yokomizo S.;Hara K.;Sakamoto M.


未成熟マウスにおける精原幹細胞の分化
第99回日本繁殖生物学会大会講演要旨j104 2006(Sep. 08)
Author:船井咲知,高橋大,杉本亮,河西多恵,土屋一穂,帆刈優,虫鹿友規,盧尚建,高木 優二,鏡味裕,小野珠乙,佐々木晋一,辻井弘忠,濱野光市


プルランフィルム上でガラス化したマウス胚のストロー内での保存および融解
第99回日本繁殖生物学会大会講演要旨j129 , :- 2006(Sep. 08)
Author:高木優二;清水真由美;横溝翔子;森村典代


軟X線照射したマウスへの精原細胞の移植
第106回日本畜産学会大会 , VI31-13:- 2006(Mar. 01)
Author:帆刈優;小松由加子;太田克明;小野珠乙;高木優二


幼若ブタ精巣からの精原細胞の濃縮
第106回日本畜産学会大会 , VI31-12:- 2006(Mar. 01)
Author:土屋一穂;嶋田祥子;帆刈優;小松由加子;太田克明;代田修治;保科和夫;高木優二


ヤギ雄性生殖細胞の分化とFSHレセプター遺伝子の発現
第98回日本繁殖生物学会大会 , 講演要旨135:121- 2005(Sep. 15)
Author:高橋 大;杉本 亮;多胡善幸;後藤千寿;有澤謙二郎;盧 尚建;高木優二;小野珠乙;佐々木晋一;大島浩二;辻井弘忠;名倉義夫;藤田 優;濱野光市


ブタ精原細胞に特異的なモノクローナル抗体の作出
第98回日本繁殖生物学会大会 , 講演要旨134:- 2005(Sep. 15)
Author:土屋一穂;團栗亜輝人;帆刈 優;嶋田祥子;杉本 亮;濱野光市;保科和夫;高木優二


マウス2細胞期胚のガラス化保存におけるガラス化液の浸漬温度の影響
第98回日本繁殖生物学会大会 , 講演要旨110:- 2005(Sep. 15)
Author:高木優二;清水真由美;横溝翔子;森村典代


脂肪細胞特異的膜タンパク質adipogeninの脂肪細胞分化調節機構の解析
第104回日本畜産学会大会要旨 , X27-23:- 2005(Mar. 29)
Author:洪娟喜;菱川大介;宮原久恵;都築啓晃;西村幸彦;後藤千寿;帆刈優;高木優二;盧尚建;佐々木晋一


軟X線による幼若マウス内因性精原細胞の除去
日本畜産学会第104回大会講演要旨 , 51 Suppl.:- 2005(Mar. 29)
Author:帆刈優;小松由加子;小野珠乙;高木優二


マウス-ニワトリ間キメラ創出
第104回日本畜産学会大会要旨 , V29-4:- 2005(Mar. 29)
Author:鏡味裕;野口貴正;虫鹿友規;臼井文武;山本耕裕;高木優二;田上貴寛;松原悠子;鈴木豊;小野珠乙


マウス14.5日齢生殖隆起細胞の幼若マウス精巣への移植
第97回日本繁殖生物学会大会 , 講演要旨126:- 2004(Sep. 17)
Author:木村正紀;帆刈優;鳥居隆三;高田達之;高木優二


ブタ精細胞およびセルトリ細胞特異的モノクローナル抗体の作出
第97回日本繁殖生物学会大会 , 講演要旨125(7):- 2004(Sep. 17)
Author:團栗亜輝人;大谷光嗣;土屋一穂;保科和夫;伊東正吾;高木優二


マウス初期胚の細胞周期のステージがガラス化保存後の胚発生に及ぼす影響
第45回日本哺乳動物卵子学会 , 講演要旨18:- 2004(May 15)
Author:坂本昌博;清水真由美;高木優二


水溶性プルランフィルムを用いたマウス2細胞期胚のガラス化保存
第103回日本畜産学会大会要旨 , VI-30-16(12):- 2004(Mar. 30)
Author:清水真由美;坂本昌博;帆刈優;木村正紀;高木優二


Nycodenz密度勾配によるマウス精原細胞の濃縮
第103回日本畜産学会大会要旨 , VI-29-11(2):- 2004(Mar. 29)
Author:團栗亜輝人;加藤智子;帆刈優;木村正紀;土屋一穂;高木優二


Vitrification of Mouse Morulae by A New Method: Pullulan Film-Straw Vitrification (PFSV)
Proceeding of the 30th Annual Conference of the International Embryo Transfer Society (Portland, Oregon), Reproduction, Fertility and Development , 16(1,2):183- 2004(Jan. 10)
Author:Takagi Y.;Shimizu M.;Kato T.;Danguri A.;Sakamoto M.


水溶性プルランフィルムを用いたマウス受精卵のガラス化保存
第96回日本繁殖生物学会大会,The Journal of Reproduction and Development , 49, Supplement(2):j93- 2003(Sep. 01)
Author:高木優二;清水真由美;坂本昌博


Enrichment of spermatogonia of the egfp-transgenic mouse using fluorescence-activated cell sorting analysis.
Proceedings of the 35th Annual Meeting of Society for the Study of Reproduction (Baltimore), Biology of Reproduction , 66 (Supplement 1):481-481 2002(Jul. 30)
Author:Y. Takagi;A. Yamaguchi;M. Kawakubo;J. Nakayama;S. Sugano;T. Takada;H. Kimura


マウス桑実胚の短期低温保存
第100回日本畜産学会大会要旨 , V28-22:- 2002(Mar. 30)
Author:山口昇一郎;坂本昌博;高木優二


Vitrification of mouse blastocysts by the cryoloop-straw method.
Proceedings of the 28th Annual Conference of the International Embryo Transfer Society (Iguassu), Theriogenology , 57(1):484-484 2002(Jan. 13)
Author:Y. Takagi;M. Sakamoto;S. Yamaguchi;K. Ota;M. Jindo


クライオループを用いたウシ胚の超急速ガラス化保存
第99回日本畜産学会大会要旨, IV16-19 , :- 2001(Sep. 16)
Author:神藤 学;菊島一人;小尾一夫;高木優二


ループ・ストロー法によるマウス受精卵の超急速ガラス化保存
第99回日本畜産学会大会要旨, IV16-14 , :- 2001(Sep. 16)
Author:高木優二;坂本昌博;小林ゆかり;山口昇一郎


GFP遺伝子導入マウスの精原細胞移植による精子形成
第99回日本畜産学会大会要旨, IV16-06 , V28-22:- 2001(Sep. 16)
Author:山口暁子;後藤つかさ;菅野純夫;木村 博;高田達之;高木優二


ブタ始原生殖細胞の培養におけるフィーダー細胞および成長因子の影響
第74回日本養豚学会大会要旨, 6 , :- 2000(Oct. 12)
Author:高木優二;山口昇一郎;大谷光嗣;保科和夫;伊東正吾


高能力乳用牛皮膚由来細胞を用いたクローン産子の作出
第97回日本畜産学会大会要旨, P52817-14 , :- 2000(Mar. 27)
Author:大町雅則;神藤学;清水景子;小柴哲也;高木優二


ホルスタイン種新生子牛の臍帯由来細胞を用いたクローン産子生産例について
第15回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会講演要旨, 24-25 , :- 2000(Jan. 27)
Author:神藤学;大町雅則;高木優二


マウス精原細胞に及ぼすブスルファン投与の影響
第91回日本繁殖生物学会講演要旨, P-50 , :- 1998(Aug. 01)
Author:高木優二;後藤つかさ;大島伸太郎;平松浩二


Identification of pig primordial germ cells by immunocytochemistry and lectin binding.
Theriogenology , 47:247 (Abstract) 1997(Apr. 01)
Author:Y.Takagi, N.C. Talbot, C.E. Rexroad, V.G. Pursel


The hypogonadal (hpg) male as an endocrine research model for gametogenesis.
1st East Asian Symposium on Animal Biotechnology (Sendai, Japan), 1:181-190 , 1:181-190 1995(Sep. 01)
Author:K. Hashizume, Y. Takagi, M. Hirako, T. Takahashi, H. Tsujii


マウス始原生殖細胞の細胞増殖における雌雄の影響
第36回日本哺乳動物卵子学会講演要旨集, 12,1,S12 , :- 1995(May 01)
Author:高木優二;八田大介;陳維勤;辻井弘忠


マウス始原生殖細胞の体外増殖に及ぼすフィーダー細胞数および細胞種の影響
第90回日本畜産学会大会要旨, 101 , :- 1995(Mar. 01)
Author:八田大介;高木優二;陳維勤;辻井弘忠


Development of rat 1-cell embryo in chemically defined medium
12thInternational Congress on Animal Reproduction,(Hague) , 45(4):1354-1356 1992(Aug. 01)
Author:H.Tsujii and Y.Takagi


A study of in vitro development of bovine embryos in serum-free conditioned media.
24th Annual Meeting, Society for theStudy of Reproduction, University of British Columbia, Vancouver, Biology of Reproduction , 44 (Supplement No. 1):56- 1991(Aug. 01)
Author:K.Kobayashi;Y.Takagi;H.Hoshi;T.Oikawa


Growth and function of bovine granulosa cells cultured in a serum-free medium.
Animal Cell Culture and Production of Biologicals: proceedings of the Third Annual Meeting of the Japanese Association for Animal Cell Technology (Kyoto, Japan), edited by R. Sasaki&K.Ikura., Dordrecht ; Boston : Kluwer Academic Publishers , 44 (Supplement No. 1):213-219 1990(Dec. 01)
Author:H.Hoshi;Y.Takagi;K.Kobayashi;M.Onodera;T.Oikawa


Reproductive ability in Wistar rats substrain established on the basis of the variants in 6-phosphogluconate dehydrogenase isozyme.
Proc. 11th Int. Cong. Anim. Reprod.&AI, Dublin , 3:352-353 1988(Apr. 01)
Author:S.Sugawara;S.Hashimoto;Y.Takagi;J.Masaki


水溶性プルランフィルムを用いたブタ体内生産胚のガラス化保存後の生存性坂上 信忠 , 山本 禎 , 仲澤 慶紀 , 横溝 翔子 , 高木 優二 , 秋山 清 , 鈴木 千恵 , 吉岡 耕治日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science 45(4), 257, 2008-12-25
0
Author:0


その他
水溶性プルランフィルムを用いたブタ体内発育胚のガラス化保存後の生存性
神奈川県畜産技術センター , 神奈川県畜産技術センター研究報告 , (3) 2010(Mar. 31)
Author:坂上信忠,山本 禎,秋山 清,仲澤慶紀,小嶋信雄,西田浩司,横溝翔子,高木優二,阿部宏之,鈴木千恵,吉岡耕治


水溶性プルランフィルムを用いたブタ体内生産胚のガラス化保存後の生存性
豚の繁殖衛生セミナー通信 , 35 2009(Oct. 01)
Author:坂上信忠,山本禎,西田浩司,仲澤慶紀,高木優二,阿部宏之,鈴木千恵,吉岡耕治


鞭毛運動解析ソフトを用いた豚精子の評価 ― スライドへの付着精子の低減 ―
豚の繁殖衛生セミナー通信 , 34:14-21 2008(Mar. 21)
Author:横溝翔子,保科和夫,馬場昭次,濱野光市,高木優二


平成11年度科学技術振興調整費調査研究報告書
ヒト胚性幹細胞及びクローン技術などの研究開発動向及び取扱いに関する調査 2000(Mar. 01)
Author:高木優二


平成10年度めん羊・山羊の特定疾病対策事業 山羊市場実態調査報告書
財団法人日本緬羊協会 , :1-11 1999(Mar.)
Author:高木優二


優良種山羊選抜調査報告書(平成4~5年)
財団法人日本緬羊協会 , :1-20 1994(Mar. 01)
Author:高木優二


牛体外受精卵子の体外発生と細胞成長因子に関する研究
信州大学農学部平成3年度特定研究報告書 , :48-55 1992(Mar.)
Author:高木優二


Ru2267, トレボノロン, レジェメ-トによる豚受精卵移植における発情同期化-合成黄体ホルモン剤を用いた豚の発情同期化法 第3報-
畜産の研究 , 42(3):402-404 1988(Mar. 01)
Author:菅原七郎;高木優二;亀山賢次;正木淳二;塩原広之;柏崎直巳


Ru2267, トレボノロン, レジェメ-トよる豚の性周期の同期化試験-合成黄体ホルモン剤を用いた豚の発情同期化法 第2報-
畜産の研究 , 42(2):261-264 1988(Feb. 01)
Author:菅原七郎;高木優二;正木淳二;佐藤正勝;川村利明;津志田農 他6名

研究費
奨学寄附金
2016 , 伊藤記念財団助成金

教育活動実績

授業等
2013 , 前期 , 動物発生工学
2013 , 前期 , 情報科学演習
2013 , 後期 , 動物生殖制御学
2012 , 前期 , 遺伝学
2012 , 後期 , 動物生殖制御学
2002 , 動物遺伝制御学
2002 , 遺伝学
2002 , 生物統計学
留学生受入
2013 , 前期人数:1 , 後期人数:1
2012 , 後期人数:1

社会活動実績

社会活動等
公開講座
20140806 - , 信州大学教員免許状更新講習

出前講座
20081203 - , 信州大学出前講座「精巣の不思議」・木曽町立三岳中学校

学会・研究会の主催
20160304 - 20160304 , 信州実験動物研究会第34回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20150306 - , 信州実験動物研究会第33回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20140307 - , 信州実験動物研究会第32回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20130308 - , 信州実験動物研究会第31回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20120309 - , 信州実験動物研究会第30回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20110311 - , 信州実験動物研究会第29回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20100305 - , 信州実験動物研究会第28回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20090306 - , 信州実験動物研究会第27回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20080307 - , 信州実験動物研究会第26回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20070302 - , 信州実験動物研究会第25回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20060303 - , 信州実験動物研究会第24回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20050304 - , 信州実験動物研究会第23回研究発表会 , 信州実験動物研究会
20040305 - , 信州実験動物研究会第22回研究発表会 , 信州実験動物研究会

学外審議会・委員会
20140617 - 20141127 , 伊那市地域自治区制度審議会 , 委員

その他社会活動
20150622 - , 家畜人工授精師(ET)養成講習会 , 講師
20140821 - , 家畜人工授精師養成講習会 , 講師
20130829 - , 家畜人工授精師養成講習会 , 講師
20130624 - , 家畜人工授精師(ET)養成講習会 , 講師
20120904 - , 家畜人工授精師養成講習会 , 講師
20120613 - , 家畜人工授精師(ET)養成講習会 , 講師
20110902 - , 家畜人工授精師養成講習会 , 講師
20110613 - , 家畜人工授精師(ET)養成講習会 , 講師
2010年9月 - , 家畜人工授精師養成講習会 , 講師
20101027 - , 家畜人工授精師(ET)養成講習会 , 講師
2009年9月 - , 家畜人工授精師養成講習会 , 講師
20080904 - 20080905 , 家畜人工授精師養成講習会 , 講師
山梨県客員研究員 , 1998-2001

管理運営実績

管理運営実績
学部内委員会等
2015 - , 学生支援・就職委員会
2013 - 2015 , 入試委員会 , 委員
2012 - 2013 , 農学部環境委員会 環境管理責任者 , 委員長
2010 - 2012 , 農学部環境委員会 副環境管理責任者(実行統括責任者) , 副委員長 , H22年度~H23年度(2年)
2007 - 2008 , 環境管理委員会(ISO) , 副委員長
2005 - 2007 , 環境管理委員会(ISO) , 化学物質部会部会長