信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

大井 美知男  オオイ ミチオ

教員組織電話番号
教育組織工学部FAX番号
職名特任教授メールアドレス
住所〒399-4598 長野県南箕輪村8304ホームページURL

更新日:2021/07/19

プロフィール

研究分野
蔬菜園芸学
現在の研究課題
天然物を利用したアブラナ科野菜根こぶ病防除体系の開発

地方品種の発掘と保護及び品種改良

高冷地における持続型農業の確立

所属学会
所属学会
園芸学会
日本育種学会
生物環境調節学会
長野県園芸研究会
学歴
出身大学院
1976 , 京都大学 , 農学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1974 , 京都大学 , 農学部

取得学位
農学博士
研究職歴等
研究職歴
1992- , 信州大学 農学部 助教授
1987- , 信州大学 農学部 助手
1983- , 京都大学  助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
地域を照らす伝統作物
川辺書林 2011(Oct. 05)
Author:大井美知男・市川健夫
Abstract:長野県在来野菜品種61品種の来歴,特性,栽培,利用,品種維持と改良などについて解説した.
Keywords:伝統野菜,食文化,地域振興


山と里を活かす
信濃毎日新聞社 2003(Mar.)
Author:木村和弘ほか


新版食材図典
小学館 2003(Mar.)
Author:成瀬宇平ほか


図説野菜新書
朝倉書店 2003(Feb.)
Author:矢澤進ほか


からい大根とあまい蕪のものがたり
長野日報社 2002(Aug.)
Author:大井ほか


21世紀の食・健康・環境を考える
郷土出版社 1999(Oct.)
Author:唐澤豊ほか


論文
Evaluation of the effects of the blinking cycle nad duty ratio of red and blue light emitting diodes on the photosynthetic rate of Euglena
Eco-Engineering,24(2):43-49 2012(Mar. 00)
Author:Mituo Ohashi,Souya Miyajima,Michio Ohi


赤色LED点滅光がEuglenaの光合成速度に及ぼす影響
生態工学会誌,23(4):123-129 2011(Nov. 00)
Author:大橋光男・田中賢明・大井美知男


長野県在来アブラナ科野菜品種の遺伝資源としての評価
園芸学研究,2(3):149-152 2003
Author:大井美知男


Stimulation by Caffeic Acid, Coumalic Acid, and Corilagin of the Germination of Resting Spores of the Clubroot Pathogen Plasmodiophora brassicae.
Biosci. Biotechnol. Biochem.,67(1):170-173 2002
Author:Ohi M.;Kitamura T.;Hata


長野県在来カブ・ツケナ品種の類縁関係
園芸学研究,1(4):237-240 2002
Author:大井美知男,佐藤靖子


野菜在来種の多様性と評価
システム農学,18(2):107-113 2002
Author:大井美知男


信州在来野菜・雑穀の保護と利用
環境科学年報,24:71-78 2002
Author:大井美知男,根本和洋


Dry powder and extract of Posidonia australis Hook. F., a species of seagrass, stimulate the germination of the pathogen Plasmodiophora brassicae and control clubroot of Chinese cabbage
J.Japan. Soc. Hort. Sci,71(2):197-202 2002
Author:Hata S.;Ohi M.;Sumi Y.


長野県在来ダイコン品種の表現型の変異と類縁関係の推察
信州大学農学部紀要,37(1):49-55 2000(Oct.)
Author:大井美知男;磯村由紀
Keywords:Raphanus sativus,ダイコン,形態形質,クラスター分析,長野県


長野県のダイコン品種
信州大学農学部紀要,37(1):1-8 2000(Oct.)
Author:大井美知男/磯村由紀
Keywords:Raphanus Sativus,ダイコン,漬け物,おろし大根,長野県


長野県在来カブ・ツケナ品種の表現型の変異と類縁関係の推察
信州大学農学部紀要,36(1):23-30 2000(Feb.)
Author:大井美知男;岡田愛子
Keywords:Brassica rapa,カブ,ツケナ,形態形質,クラスター分析,長野県


長野県のカブ・ツケナ品種
信州大学農学部紀要,35(2):83-92 1999(Mar.)
Author:大井美知男/神野幸洋
Keywords:カブ,ツケナ,漬け物,長野県


Linkage analysis of RFLP markers for clubroot resistance and pigmentation in Chinese cabbege (Brassica rapa ssp. pekinensis)
Euphytica,104:79-86 1998(Oct.)
Author:Etsuo Matumoto,Michio Ohi


Localization of and changes in pectic substances in the strawberry crown during flower-bud development
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE,67(2):176-179 1998
Author:Ohi, M; Tsuyuki, I; Yoshida, Y


イチゴの花芽発育に伴うクラウンおよび根でのペクチン質多糖類の消長とその品種間差異
信州大学農学部紀要,32(1-2):11-14 1995(Dec.)
Keywords:イチゴ,花芽発育,ペクチン質多糖類


ワサビ種子の登熟度と発芽の関係
信州大学農学部紀要,31(2):67-71 1994(Dec.)
Keywords:ワサビ種子,登熟度,発芽率,休眠


休眠打破処理したワサビ種子の異なる温度条件下での発芽
信州大学農学部紀要,31(2):63-66 1994(Dec.)
Keywords:ワサビ種子,ジベレリン,チオ尿素,発芽温度


伊那地方の露地条件下でのイチゴ主要品種の開花および着果特性
信州大学農学部紀要,30(2):55-63 1993(Dec.)
Keywords:イチゴ,開花,着果,冷涼気候


高冷地での短日処理によるイチゴの二年生株のえき花房誘導
信州大学農学部紀要,30(1):13-16 1993(Jul.)
Keywords:イチゴ,夏秋どり栽培,二年生株,短日育苗処理


高冷地での短日育苗処理によるイチゴの花成誘導
信州大学農学部紀要,30(1):7-11 1993(Jul.)
Keywords:イチゴ,高冷地,短日処理


染色体構成の収れんからみたラッキョウの成立要因に関する研究
信州大学農学部紀要,27(2):49-90 1990(Dec.)

教育活動実績

授業等
2002 , 作物機能調整学
2002 , 蔬菜生産学