信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

戸田任重  トダ ヒデシゲ

教員組織電話番号0263-37-2460
教育組織理学部FAX番号0263-37-2460
職名特任教授メールアドレスh-toda@shinshu-u.ac.jp
住所松本市旭3-1-1信州大学理学部物質循環学科ホームページURLhttp://science.shinshu-u.ac.jp/~toda/

更新日:2020/07/07

プロフィール

研究分野
陸水学(集水域物質循環)
現在の研究課題
湖沼・河川を含む集水域における物質(特に窒素)循環に関する研究
キーワード:窒素 湖沼 河川 , 1996-
高山湖沼における生態系構造の解析
キーワード:生態系 高山湖沼 腐植栄養湖 , 1996-
所属学会
所属学会
システム農学会
日本陸水学会
日本生態学会
日本プランクトン学会
環境科学会
学歴
出身大学院
1984 , 筑波大学 , 生物科学研究科 , 生態学
1979 , 筑波大学 , 環境科学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1977 , 東京教育大学 , 理学部

取得学位
理学博士 , 筑波大学
研究職歴等
研究職歴
2002- , 信州大学 理学部 教授
1996-2002 , 信州大学 理学部 助教授
1989-1996 , 農林水産省農業環境技術研究所 主任研究官
1987-1989 , 日本学術振興会 特別研究員
1984-1986 , 日本学術振興会 奨励研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
14 中山間地でみられる硝酸塩汚染-汚染源 が広く分布
オフィスエム発行 , 山岳科学ブックレット「山と自然に魅せられて」(信州大学山岳科学総合研究所・総合地球環境学研究所 編) , :45-47 2009(Nov.)
Author:戸田任重


4章 付着藻類の窒素安定同位体比から河川の汚染源を探る
技法堂 , 河川の水質と生態系-新しい河川環境創出に向けて(大垣眞一郎監修) , :113-119 2007(May)
Author:戸田任重


II-15 下流の方がきれいな不思議な川・天竜川
信濃毎日新聞社(長野) , 天竜川サイエンス-天竜川上流域の変化は、何を語る(天竜川サイエンス編集委員会) , :80-81 2006(Dec.)
Author:戸田任重


3章 流入、流出河川とその影響
信濃毎日新聞社(長野) , 山岳科学叢書3 アオコが消えた諏訪湖-人と生き物のドラマ(信州大学山岳科学総合研究所 沖野外輝夫・花里孝幸編) , :44-70 2005(Oct.)
Author:戸田任重・沖野外輝夫


3章 流入、流出河川とその影響
信濃毎日新聞社 , 山岳科学叢書3「アオコが消えた諏訪湖- 人と生き物のドラマ」 , :44-70 2005(Oct.)
Author:戸田任重・沖野外輝夫


14章 山と人と川とをつなぐ-窒素循環-
信濃毎日新聞社 , 山岳科学叢書2「山と里を活かす-自然と人の共存戦略- 」 , :191-200 2003(Mar.)
Author:戸田任重


千曲川水系における窒素負荷発生量の変遷
藤原印刷 , 信州からの生態複雑系?21世紀への生物多様性の創出と保全? , :5-9 2000(Mar.)
Author:戸田任重


休耕田を利用した生態系の回復・環境保全
丸善 , 「講座 地球・人間・環境シリーズ 環境保全・創出のための生態工学」 , :116~123 1999(Sep.)
Author:川島博之・小泉博・戸田任重・林良茂・川西琢也


水田の窒素浄化機能
農文協 , 農業技術大系,土壌肥料編、追録10号 , :35-39 1999
Author:宮地直道・戸田任重


土壌の事典
朝倉書店 1993
Author:戸田任重


論文
Aluminum and acidity suppress microbial activity and biomass in acidic forest soils.
Soil Biol. Biochem.,(97):23-30 2016
Author:Kunito, T., Isomura, I., Sumi, H., Park, H.-D., Toda, H., Otsuka, S., Nagaoka, K., Saeki, K., and Senoo, K.


霧ヶ峰踊場湿原における火入れ延焼が湿原の水質に及ぼす影響
信州大学環境科学年報,36:50-53 2014(Mar.)
Author:中島 裕・戸田任重


霞ヶ浦底泥における脱窒活性の分布特性及び水温と硝酸イオン濃度の影響
水環境学会誌,37(6):265-271 2014
Author:北村立実・渡邊圭司・須能紀之・吉尾卓宏・位田俊臣・花町優次・中村剛也・戸田任重・林誠二・黒田久雄


Effects of adding alkaline material on the heavy metal chemical fractions in soil under flooded and non-flooded conditions.
Soil and Sediment Contamination,23:899–916 2014
Author:Sumi, H., Kunito, T., Ishikawa, Y., Nagaoka, K., Toda, H., and Aikawa, Y


Lake restoration by biomanipulation using piscivore and Daphnia stocking; results of the biomanipulation in Japan
Limnology,14:19-30 2013
Author:Jin-Yong Ha • Mineo Saneyoshi • Ho-Dong Park • Hideshige Toda •Satoshi Kitano • Takamitsu Homma • Takehito Shiina • Yutaka Moriyama •Kwang-Hyeon Chang • Takayuki Hanazato
Keywords:バイオマニピュレーション、白樺湖、水質


Phosphorus limitation in microorganisms leads to high phosphomonoesterase activity in acid forest soils
Pedobiologia,55(5):263– 270 2012
Author:Kunito, T., T. Tobitani, H. Moro, and H. Toda


Soil properties affecting phosphorus forms and phosphatase activities in Japanese forest soils: soil microorganisms may be limited by phosphorus
Soil Science,177:39-46 2012
Author:Kunito, T., M. Tsunekawa, S. Yoshida, H.-D. Park, H. Toda, K. Nagaoka, and K. Saeki


安曇野わさび田湧水群・まつもと城下町湧水群でみられる硝酸態窒素の起源
信州大学環境科学年報,33:64-67 2011(Mar.)
Author:北林美帆・戸田任重


Flow regime alters body size but not the use of aquatic subsidies in a riparian predatory arthropod
Ecol Res,26:801–808 2011
Author:Akamatsu, F. and Toda, H.


Aquatic subsidies transport anthropogenic nitrogen to riparian spiders
Environmental Pollution,159:1390-1397 2011
Author:Akamatsu, F. and Toda, H.


Nitrogen stocks in a riparian area invaded by N-fixing black locust (Robinia pseudoacacia L.)
Landscape and Ecological Engineering,7:109-115 2011
Author:Akamatsu, F., K. Ide, K. Shimano, H. Toda


Evaluation of algal contribution to aquatic insects based on 13C/12C and C/N ratios
Res. Org. Geochem.,26:105–112 2010
Author:Akamatsu, F., Yamamoto, M., Chikaraishi, Y., and Toda, H.


中国森林地域における窒素沈着量と窒素溶脱量の実測
環境科学会誌,23(4):268-276 2010
Author:戸田任重・鈴木啓助・Wang Dexuan・Mo Jiangming・Fang Yuntingほか


Influences of nitrogen and phosphorus addition on polyphenol oxidaseactivity in a forested Andisol
European Journal of Forest Research,128(4):361-366 2009
Author:Kunito, T., Akagi, Y., Park, H.-D., and Toda, H.


Effects of sediment removal on nitrogen uptake by riparian plants in the higher floodplain of the Chikima River, Japan
Landscape Ecol Eng,4:91-96 2008
Author:AKAMATSU Fumikazu, Shimano Koji, Masatoshi Denda, Ide Koichi, Masatsugu Ishihara, TODA Hideshige


Nitrate dynamics in a reed belt of a shallow sand dune lake in Japan: Analysis of nitrate retention using stable nitrogen isotope ratios.
Hydrobiologia,584(1):49-58 2007
Author:Fukuhara, H., F. Nemoto, Y. Takeuchi and H. Toda


Relating body size to the role of aquatic subsidies for the riparian spider Nephila clavata
Ecol Res,22:831-836 2007
Author:AKAMATSU Fumikazu, TODA Hideshige, OKINO Tokio


千曲川河畔域植物の窒素利用と地形要因
応用生態工学,10(2):191-198 2007
Author:赤松史一・島野光司・戸田任重・沖野外輝夫


わが国の渓流水質の広域調査
日本水文科学会誌,36(3):145-149 2006
Author:木平英一・新藤純子・吉岡崇仁・戸田任重


長野県における渓流水・河川水の窒素濃度に及ぼす人間活動の影響
日本水文科学会誌,36(3):117-122 2006
Author:戸田任重・椎名未季枝・山崎未月・菅野万理子・今井響子


貧栄養多雪地域における森林の窒素循環
環境科学会誌,19(3):217-231 2006
Author:大浦典子・鈴木啓助・奈良麻衣子・村本美智子・麓多門・新藤純子・戸田任重


ベトナム北部Red River Deltaにおける河川水・井戸水の窒素・リン濃度
水環境学会誌,28(8):523-527 2005
Author:Vu Thanh Lan Anh・戸田任重


Food source of riparian spiders analyzed by using stable isotope ratios (vol 19, pg 655, 2004)
ECOLOGICAL RESEARCH,20(2):239-239 2005
Author:Akamatsu, F; Toda, H; Okino, T


Estimation of nitrogen load in Vietnam using native administrative data
J. JASS(システム農学),21(2):125-131 2005
Author:Vu Thanh L. A. and H. Toda


木崎湖の定期観測(1981-2001)の結果(1)
信州大学山地水環境教育研究センター研究報告,3:85-121 2004(Apr.)


流域窒素循環モデルを用いた東アジアの窒素負荷の現状と環境影響の評価
地球環境,9(1):93-99 2004
Author:新藤純子・岡本勝男・郭一令・戸田任重・川西琢也・田中恒夫・川島博之


Food source of riparian spiders analysed by using stable isotope ratios
Ecological Research,19(6):655-662 2004
Author:Akamatsu, F., H. Toda, and T. Okino


人為的な窒素負荷が冷温帯林の土壌呼吸に及ぼす影響
システム農学,20(2):176-184 2004
Author:稲冨素子・戸田任重・小泉博


千曲川における窒素化合物の由来
地球環境,9(1):41-48 2004
Author:戸田任重・平林明・椎名未季枝・新藤純子・川島博之・沖野外輝夫


ベトナムにおける食料生産と窒素フロー
環境科学会誌,17(1):15-24 2004
Author:小島千穂,川島博之,新藤純子,岡本勝男.戸田任重,茅原一之


諏訪湖、天竜川上流における漂着ゴミ
環境科学会誌,16(3):167-178 2003
Author:井上芳樹,戸田任重


流域のつなぎ手としての物質循環
システム農学,18(2):90-99 2002
Author:戸田任重,中佐錦,平野弘蔵,上村由加里,沖野外輝夫,川島博之


Use of nitrogen stable isotope ratio of periphyton for monitoring nitrogen sources in a river system.
Water Science and Technology,46(11,12):431-435 2002
Author:Toda, H., Y. Uemura, T. Okino, T. Kawanishi, and H. Kawashima


Denitrification in shallow groundwater in a coastal agricultural area in Japan
Nutrient Cycling in Agroecosytems,63:167-173 2002
Author:Toda, H., Y. Mochizuki, T. Kawanishi, and H. Kawashima


Effects of nitrogen deposition on nitrous oxide emission from the forest floor.
Water, Air and Soil Pollution,130:673-678 2001
Author:N. Oura, J. Shindo, T. Fumoto, H. Toda and H. Kawashima


Effect of free-air CO2 enrichment (FACE) on CO2 exchange at the flood-water surface in a rice paddy field
NEW PHYTOLOGIST,150(2):231-239 2001
Author:Koizumi, H., Kibe, T., Mariko, S., Ohtsuka, T., Nakadai, T., Mo, W., Toda, H., Nishimura, S., and Kobayashi, K.


休耕田土壌・植生ポットによる硝酸態窒素除去-浸透方式と表面流方式の違い、植生の有無の影響-
システム農学,16:79-82 2000
Author:川西琢也・林良茂・戸田任重・川島博之


Effects of CO2 enrichment on the nitrogen utilization by rice under field conditions-a result from Free-Air CO2 Enrichment with Rice-
Agri. Sys. Soc.,16:74-78 2000
Author:Toda, H., S. Tanaka, H. Koizumi, K. Kobayashi, M. Okada, H.-Y. Kim, and H. Kawashima, J. J.


千曲川流域における窒素負荷発生量の変遷
システム農学,16:183-187 2000
Author:戸田任重,中佐錦,沖野外輝夫,川島博之


海岸砂地畑の暗きょ排水ほ場における窒素溶脱量の推定
日本土壌肥料学雑誌,71:512-519 2000
Author:望月康秀,戸田任重,川島博之


Simultaneous measurement of N2, O2, Ar, CO2, CH4, H2 and CO in aqueous and gaseous samples: a detection of N2/Ar shifts in environments.
Jpn. J. Limnol.,59:147-157 1998
Author:Yoh, M., M. Takeuchi, and H. Toda,


湛水休耕田における炭素および窒素収支
環境科学会誌,11:123-130 1998
Author:川西琢也・戸田任重・野村信博・田中高志・林良茂・小泉 博・川島 博之


Diffusion analysis of N2O cycling in a fertilized soil.
Nutrient Cycling in Agroecosystems,49:29-33 1997
Author:Yoh, M., H. Toda, K. Kanda, and H. Tsuruta.


Nitrate removal by using paddy fields.
Acta Hydrobiologica Sinica,21:146-149 1997
Author:Toda, H., Mochizuki, Y., Kawanishi, T., Koizumi, H., and Kawashima, H.


静岡県牧ノ原における茶園-水田連鎖系による窒素流出負荷低減効果の推定
日本土壌肥料学雑誌,68:369-375 1997
Author:戸田任重・望月康秀・川西琢也・川島博之


森林流域谷底部土壌の脱窒作用- NO3--N窒素安定同位体比による解析-
日林誌,79:83-88 1997
Author:木平英一・楊宗興・戸田任重・八木一行・窪田順平・塚本良則


高濃度硝酸態窒素含有地下水の流入する水田下層土における脱窒活性
水環境学会誌,19:170-175 1996
Author:戸田任重・日高伸


畑地周辺浅層地下水中硝酸態窒素濃度の予測
システム農学,11:175-181 1995
Author:川島博之・戸田任重


高濃度硝酸態窒素含有地下水の流入するアシ湿地における脱窒速度の実測
水環境学会誌,18:419-423 1995
Author:戸田任重・楊宗興・日高伸


潅漑用溜池における硝酸態窒素の消失
日本土壌肥料学雑誌,65:266-273 1994
Author:戸田任重・松本英一・宮崎龍雄・芝野和夫・川島博之


Measurement of methane and nitrous oxideemissions from the peatlands in northern Quebec,
Polar Biology,7:237-242 1994
Author:Toda, H., Yagi, K., Yoh, M. and Takeuchi, M.


Use of 15N/14N ratios to evaluate the food source of the mysid, Neomysis intermedia Czerniawsky, in a eutrophic lake in Japan..
Hydrobiologia,194:85-90 1990
Author:Toda, H. and Wada, E.


MISC
付着藻類の窒素安定同位体比から河川の汚染源を探る
水2月号,45(3):24-29 2003(Feb.)
Author:戸田任重


Detecting land-cover change using standardized multitemporal Landsat TM data.
Proceedings of RSPSoc 2003ISBN: 0946226326, CD-ROM.,:1-8 2003
Author:Okamoto, K., Sakamoto, T., Shindo, J., Toda, H., and Kawashima, H.


付着藻類の窒素安定同位体比からみた天竜川水系の窒素の起源
信州大学環境科学年報,24:127-130 2002(Mar.)
Author:戸田任重・山崎未月・沖野外輝夫


死語にしたい"水に流す"発想-河川の汚染はまさにその意識-
進取創造,(131):10-13 2002(Mar.)
Author:戸田任重


窒素濃度の高い農業用ため池における窒素収支
琵琶湖研究所所報,(19):105-108 2002
Author:戸田任重


千曲川中流域における窒素とリンの流下特性
千曲川の総合研究-鼠橋地区を中心として-、(財)リバーフロント整備センター,:71-79 2001(Dec.)
Author:戸田任重・平野弘蔵・沖野外輝夫


Seasonal changes in size composition and biotic degradation of dissolved organic carbon in a mountain humic lake in Japan.
Proceeding of 10th International Symposium on River and Lake Environments.,:95-97 2000
Author:Saitou, Y. and H. Toda


地形連鎖系を利用した水質保全手法策定上の課題と展望
平成10年度環境基本計画推進調査「健全な水循環確保のための調査検討報告書-地形連鎖系を利用した水質保全手法の検討-」、(財)日本土壌協会,:51-63 1999(Mar.)
Author:戸田任重


農耕地からの窒素流出防止のための湛水域の利用
圃場と土壌,29:72-78 1997(Nov.)
Author:戸田任重


地形連鎖系を利用した農耕地からの窒素流出負荷削減
農業技術,52(2):71-75 1997
Author:戸田任重

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2003 - , 異種環境負荷間のトレードオフを考慮した水環境改善対策の評価手法の確立分担課題:宮川における栄養塩流下量の推定 , 基盤研究(B)
2003 - , 生態系温暖化ポテンシャルによる生態系の温暖化影響力の総合評価分担課題:森林生態系におけるガスフラックスの測定 , 基盤研究(B)
2002 - , 異種環境負荷間のトレードオフを考慮した水環境改善対策の評価手法の確立分担課題:宮川における栄養塩流下量の推定 , 基盤研究(B)
2001 - , 異種環境負荷間のトレードオフを考慮した水環境改善対策の評価手法の確立分担課題:宮川における栄養塩流下量の推定 , 基盤研究(B)
2001 - , 河畔湿地地下水でみられる低硝酸性窒素濃度形成機構 , 萌芽(的)研究
2000 - , 河畔湿地地下水でみられる低硝酸性窒素濃度形成機構 , 萌芽(的)研究
2011 - 2013 , 地下水年代解析に基づく地下水の硝酸塩汚染の解明 , 基盤研究(C)
2002 - 2005 , 諏訪湖・天竜川水系の物質循環、水循環とマネーフローからの研究 , 基盤研究(A)

科学研究費補助金(研究分担者)
2014 - 2016 , 食物網を考慮した化学物質の生態影響評価 , 基盤研究C

受託事業
2003 - , 千曲川河川生態学術研究
2003 - , 「C-6 流域の物質循環調査に基づいた酸性雨による生態系の酸性化および富栄養化の評価手法に関する研究」環境省地球環境研究総合推進費(1)貧栄養流域における酸性物質の動態と収支の推定
2002 - , 「C-6 流域の物質循環調査に基づいた酸性雨による生態系の酸性化および富栄養化の評価手法に関する研究」環境省地球環境研究総合推進費(1)貧栄養流域における酸性物質の動態と収支の推定

教育活動実績

授業等
2011 , 前期 , 生物地球化学Ⅰ
2011 , 前期 , システム解析学実習Ⅰ
2011 , 前期 , 環境問題のしくみ
2011 , 前期 , 情報科学演習
2011 , 後期 , 生態システム論Ⅱ
2011 , 後期 , 集水域システム論
2011 , 後期 , 集水域物質循環特論
2011 , 後期 , 野外調査実習II
2011 , 後期 , 野外調査実習III
2011 , 後期 , システム解析学実習II
論文指導
2011
卒業論文指導 指導学生数 計:4(内留学生:0)
修士論文指導 指導学生数 計:6(内留学生:0)
博士論文指導 指導学生数 計:0(内留学生:0)
研究生指導 指導学生数 計:0(内留学生:0)
特別研究生指導 指導学生数 計:0(内留学生:0)

社会活動実績

社会活動等
公開講座
2003 - 2003 , 信州大学公開講座「山と海は友達」人間活動を映す川の水
2003 - 2003 , 日中関係を考える連続市民講座(第7期)「中国の歴史・文化と日本」環境汚染-日本の事例と中国・東南アジアの概況