信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

原山智  ハラヤマ サトル

教員組織学術研究院(理学系)電話番号
教育組織理学部 理学科 地球学コースFAX番号
職名教授メールアドレス
住所松本市旭3-1-1 信州大学理学部地質科学科ホームページURL

更新日:2017/10/05

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院工学系研究科
大学院総合工学系研究科
研究分野
火成岩岩石学(珪長質マグマ岩石学、火成活動史、造山論)
現在の研究課題
珪長質マグマの発生・上昇・固結過程の岩石学及び熱年代学的研究

陥没カルデラの形成に関する火山学及び構造地質学的研究

大規模火砕流の給源・火道に関する火山学及び岩石学的研究

火成活動史とテクトニクスに関する基礎的研究

山岳形成に関与する火成活動の基礎的研究

所属学会
所属学会
日本地質学会
日本岩石鉱物鉱床学会
地学団体研究会
日本火山学会
東京地学協会
学歴
出身大学院
1981 , 京都大学 , 理学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1975 , 東京教育大学 , 理学部

取得学位
理学博士
研究職歴等
研究職歴
1999- , 信州大学 理学部 教授
1997-1999 , 信州大学 理学部 助教授
1985-1997 , 工業技術院地質調査研究所 主任研究官
1981-1985 , 工業技術院地質調査研究所 研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
「槍・穂高」名峰誕生のミステリー -地質探偵出動
山と渓谷社 2014(Feb. 01)
Author:原山 智


剱岳,槍ヶ岳,穂高岳.小泉武栄編『図説 日本の山』
朝倉書店 , 図説「日本の山」 , :96-103 2012(May 25)
Author:原山 智


「松本」地域の地質(5万分の1地質図幅)
産業技術総合研究所地質調査総合センター 2009(Sep.)
Author:原山智・大塚勉・酒井潤一・小坂共栄・駒澤正夫


実務に役立つ地質図の知識
オーム社 , :205-212 2006(Apr.)
Author:原山 智


日本地方地質誌 中部地方
朝倉書店 , :278-291, 316-317, 320-321, 324-331, 484-485. 2006(Jan.)
Author:原山 智


日本の地質増補版
共立出版 , :191-194 2005(Aug.)
Author:原山 智


山の誕生
岩波書店 , 山の世界-自然・文化・暮らし , :95-104 2004(Jun.)
Author:原山 智


「高砂」地域の地質(5万分の1地質図幅)
地質調査所 , 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅) , :10-12, 14-22, 67-71 2003(Dec.)
Author:尾崎正紀・原山 智


「水口」地域の地質(5万分の1地質図幅)
地質調査所 , 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅) , :4, 12-40, 81 2003(Dec.)
Author:中野聡志・川辺孝幸・原山智・水野清秀・高木哲一・小村良二・木村克己


超火山「槍・穂高」
山と渓谷社 , :1-237 2003(Jun.)
Author:原山 智,山本 明


北アルプスと松本平の生い立ちの謎.
信濃毎日新聞社 , 山岳科学聚書1,信州大学山岳科学総合研究所編 , :104-114 2003(May)
Author:梅棹忠夫ほか19名


基礎理学教科書,地球の科学
信州大学理学部 , :38-44,138-143 2003(May)
Author:秋山雅彦ほか23名


北アルプスと松本平の生い立ちの謎.山岳科学聚書1
信濃毎日新聞社 , :104-114 2003(May)
Author:森本尚武ほか20名


20万分の1地質図幅「富山」.
地質調査所 2000(Aug.)
Author:原山智・滝沢文教・加藤碵一・駒澤正夫・広島俊男・須藤定久


「立山」地域の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)
地質調査所 , 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅) , :8-9,10-16,29-30,51-98,171-176,205-210 2000(Mar.)
Author:原山 智・高橋 浩・中野 俊・苅谷愛彦・駒澤正夫


「乗鞍岳」地域の地質地域.地質研究報告(5万分の1地質図幅).
地質調査所 , 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅) , :36-47 1999(Mar.)
Author:中野 俊・大塚 勉・足立 守・原山 智・吉岡敏和


20万分の1地質図幅「金沢」
地質調査所 , :- 1999
Author:鹿野和彦 [ほか] 地質編集


日本地質学会第105年学術大会 : 見学旅行案内書
日本地質学会第105年学術大会準備委員会 (信州大学理学部地質科学科内) , :- 1998
Author:日本地質学会第105年学術大会準備委員会編
Keywords:地質学;


「木曽福島地域の地質」(5万分の1地質図幅)
地質調査所 , 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅) , :29-32,93 1998
Author:竹内 誠・中野 俊・原山 智/大塚 勉


理科年表読本 コンピューターグラフィックス日本列島の地質 (CD-ROM付)
丸善株式会社 , :2 1996
Author:日本列島の地質編集委員会編


自然史ハイキング信州の地質めぐり
郷土出版社 , :24-41 1995(Jul.)
Author:黒田吉益ほか35名


The youngest exposed granitoid pluton on earth : cooling and rapid uplift of the Plio-quaternary Takidani Granodiorite in the Japan Alps, central Japan
[s.n.] , :- 1992
Author:Satoru Harayama


20万分の1地質図幅「岐阜」
地質調査所 , :- 1992
Author:脇田浩二 [ほか] 地質編集


「槍ヶ岳」地域の地質. 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)
地質調査所 , 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅) , :1-41,64-113,124-128,133-135,138-140,146-155,163-190 1991(Mar.)
Author:原山智・竹内誠・中野俊・佐藤岱生・滝澤文教


「上高地」地域の地質.地域地質研究報告(5万分の1地質図幅)
地質調査所 , 地域地質研究報告(5万分の1地質図幅) , :1-175 1990(Mar.)
Author:原山 智


20万分の1地質図「高山」
地質調査所 , :- 1989
Author:山田直利 [ほか] 地質編集


日本の地質「中部地方Ⅱ」編集委員会編, 日本の地質5「中部地方Ⅱ」
共立出版 1988(Dec. 20)
Author:藤井昭二・原山 智・糸魚川淳二・絈野義夫・小井土由光・小島智


日本の地質「中部地方Ⅰ」編集委員会編, 日本の地質4「中部地方Ⅰ」
共立出版 1988(Jun. 15)
Author:植村武士・茅原一也・原山智・長谷川美行


「御在所山」地域の地質(5万分の1地質図幅)
1987(Mar. 27)
Author:原山 智・宮村 学・吉田史郎・三村弘二・栗本史雄


「高山」地域の地質 (5万分の1地質図幅)
地質調査所 1985(Feb. 05)
Author:山田直利・足立 守・梶田澄雄・原山 智・山崎晴雄・豊 遙秋


論文
Evidence for residual melt extraction in the Takidani Pluton, Central Japan
Journal of Petrology,58:1-26 2017(May 19)
Author:Eva Hartung, Luca Caricchi, David Floess, Simin Wallis, Satoru Harayama, Kalin Kouzmanov and Massimo Chiaradia
Abstract:The Takidani pluton represents one of a few locations where melt extraction from a crystal mush is preserved in the natural rock record, making it an extremely good case study for investigating the generation of evolved melt reservoirs in the upper crust. Located in the Japan Alps, the Takidani pluton shows a clear vertical zonation consisting of granite and granodiorite in the lower and mid- dle section, a fine-grained porphyritic granitic unit in the upper section and a marginal granodiorite at the roof contact with the host-rock. We present a detailed petrographic and geochemical study using samples collected along a section that traverses the entire vertical section of the pluton. No sharp contacts are found between units. Instead, gradual changes in rock fabric and mineralogy are observed between the lower granodiorite and overlying porphyritic unit. Major and trace elem- ent bulk-rock compositions show sigmoidal variations from the bottom to top of the pluton. Incompatible elements and silica contents increase roofwards within the porphyritic unit. Plagioclase chemistry reveals three main crystal populations (P1, P2 and P3) with Fe contents increasing towards the base of the pluton. Comparison with existing crystallization experiments, thermobarometry and hygrometry indicate that the magmas were emplaced at around 200 MPa, 850–900 C and bulk water contents of 3–4wt %. Whole-rock major and trace element analyses to- gether with mineral chemistry and textural observations suggest that the fine-grained porphyritic unit was extracted from the underlying granodiorite at temperatures between 800 and 740 C and crystallinities of 45–65 wt %. Radiogenic isotopes indicate only minor assimilation (2–6 wt %) and support melt evolution through crystal fractionation. The fine-grained matrix of the porphyritic unit may have been the result of pressure quenching associated with a volcanic eruption.
Keywords:melt segregation, melt evolution, crystal mush, granodiorite, granite


上高地盆地の地形形成史と第四紀槍穂高カルデラ-滝谷花崗閃緑岩コンプレックス.
地質学雑誌,120(10):373-389 2015(Oct. 15)
Author:原山 智


北アルプス鹿島槍ヶ岳−爺ヶ岳に露出する,垂直回転した第四紀陥没カルデラ−黒部川花崗岩コンプレックス:短縮テクトニクスによる山脈の傾動隆起.
地質学雑誌,120(8):293-308 2015(Aug. 15)
Author:原山 智
Keywords:傾動隆起、水平軸回転、短縮テクトニクス、陥没カルデラ、北アルプス


特集号「内陸盆地の構造と形成プロセス」を刊行するにあたって.
地球科学,69(1):1-2 2015(Jan. 25)
Author:原山 智・内陸盆地の構造と形成プロセス特集号編集委員会


北アルプスを作った大噴火−槍穂高カルデラとは
科学,84(1):69-73 2014(Jan. 01)
Author:原山 智
Abstract:北アルプスは,マグマとプレートの連動で隆起した山脈である.270〜160万年前の時期は地殻下部から上昇したマグマの浮力で徐々に標高を増していく.180〜160万年前には地下数kmに巨大なマグマ溜まりが形成され,地表ではカルデラ火山が噴火していた.140〜80万年前の期間は,プレート運動の圧縮力が剛性の低下したマグマ溜まり上部の地殻に逆断層を生み,山脈東半部で水平軸回転を伴う隆起を引き起こした.少なくとも60万年前までには現在の標高に達していた.
Keywords:カルデラ,槍穂高,隆起


北アルプス,笠ヶ岳流紋岩類のRb-Sr年代とK-Ar年代.
地質技術,(2):17-27 2012(Sep.)
Author:原山 智・白波瀬輝夫


北アルプス,仁科山地における白亜紀後期の高温で水に乏しい珪長質火成活動.
地質学雑誌,118(4):207-219 2012(Apr. 15)
Author:植木忠正・原山 智
Keywords:crystal-rich rhyolite, fayalite-granite, Late Cretaceous, Nohi Rhyolite


黒部川沿いの高温泉と第四紀黒部川花崗岩.
地質学雑誌,116 補遺,:63-81. 2010(Sep.)
Author:原山智・高橋正明・宿輪隆太・板谷徹丸・八木公史


Petrogenesis of the Nohi Rhyolite and related granitoids: Large Late Cretaceous silicic magma system in the Southwest Japan Arc.
Jour. Volcanology and Geothermal Research,167(1-4):57-80 2007(May)
Author:曽根原崇文・原山 智


Petrology of the Nohi Rhyolite and its related granitoids: A Late Cretaceous large silicic igneous field in central Japan
JOURNAL OF VOLCANOLOGY AND GEOTHERMAL RESEARCH,167(1-4):57-80 2007
Author:Sonehara, Takafumi; Harayama, Satoru;


イグニンブライトに対する全岩化学分析の意義:後期白亜紀の濃飛流紋岩瀬戸川火山灰流シートの本質岩片とマトリックスの化学組成の比較.
地球科学,60(2):96-111 2006(Mar.)
Author:曽根原崇文・原山 智


濃飛流紋岩周辺地域の後期白亜紀〜古第三紀火山岩類.
地団研専報,(51):159-171 2005(Feb.)
Author:棚瀬充史・笠原芳雄・原山 智


庄川火山−深成複合岩体.
地団研専報,(51):143-157 2005(Feb.)
Author:棚瀬充史・亀井玄人・原山 智


濃飛流紋岩および関連火成岩類の化学組成.
地団研専報,(51):99-117 2005(Feb.)
Author:曽根原崇文・原山 智・白波瀬輝夫


濃飛流紋岩の火山層序.
地団研専報,(51):29-69 2005(Feb.)
Author:山田直利・小井土由光・原山 智・棚瀬充史・鹿野勘次・田辺元祥・曽根原崇文


Mafic enclaves floating through a vertically fractionating felsic magma chamber: The Kurobegawa Granitic Pluton, Hida Mountain Range, central Japan.
Bull. Geol. Soc. Amer.,,116(7/8):788-801 2004(Aug. 07)
Author:Wada ,Hajime., Harayama, Satoru and Yamaguchi, Yoshiaki .


Amphibole zoning, a record of progressiveoxidation during crystallization of mafic microgranular enclaves in the Kurobegawa GraniticPluton.
Jour. Mineralogical and Petrological Sciences,98:151-155 2003(Aug.)
Author:Yamaguchi, Yoshiaki , Wada ,Hajime., Ohta, Yasushi. and Harayama, Satoru.


Quaternary and Pliocene granites in the NorthernJapan Alps.
Hutton Symposium V, field Guidebook, TripA1, Geological Survey of Japan, Interim-Report,(28):3-21 2003(Aug.)
Author:Harayama, Satoru. , Wada, Hajime. and Yamaguchi, Yoshiaki


飛騨山脈中央部,上廊下~雲ノ平周辺の第四紀火山岩類のK-Ar年代.
火山,48(4):337-344 2003(Aug.)
Author:及川輝樹・原山 智・梅田浩司


Quaternary and Pliocene granites in the Northern Japan Alps.
Hutton Symposium V, field Guidebook, TripA1,Geological Survey of Japan, Interim-Report,28:3-21 2003(Jul. 20)
Author:Harayama, S., Wada, H. and Yamaguchi, Y


飛騨山脈東半部における前期更新世後半からの傾動・隆起運動.
第四紀研究,42(3):1-14 2003(Jun.)
Author:原山 智・大藪圭一郎・深山裕永・足立英彦・宿輪隆太


北部フォッサマグナ大峰帯火山岩のK−Ar年代と大峰帯の堆積・変形.
地質調査研究報告,53(4):439-444 2002(Apr.)
Author:三村弘二・原山 智


白馬大池火山のK-Ar年代
火山,46:21-25 2001(Mar.)
Author:及川輝樹・原山 智・梅田浩司


硫黄沢,地獄谷及び餓鬼谷の温泉水のBr/Cl比について ミ花崗岩地帯から放出される水-.
地質調査所報告,(284):127-132 2000(Dec.)
Author:高橋正明・佐藤 努・前川竜男・佐々木宗建・藤本光一郎・伊藤順一・原山 智・及川輝樹・高橋 康・吉澤杉洋


プルトンの熱年代学と定置モデル
月刊地球号外,30:35-38 2000(Aug.)
Author:原山 智


20万分の1地質図幅「富山」地域, 年代未詳岩石のK-Ar年代.
地質調査所月報,46:275-281 1999(Sep.)
Author:内海 茂・原山 智・宇都浩三


飛騨山脈の多段階隆起とテクトニクスの変遷
月刊地球,21:603-607 1999(Sep.)
Author:原山 智


Fission track and K-Ar dating on some granitic rocks in the Hida Mountain Range, Central Japan.
Geochemical Journal,33(3):59-66 1999(Mar.)
Author:山田隆二・原山 智


世界一若い露出プルトンの冷却史 -北アルプス, 滝谷花崗閃緑岩の年代と冷却モデル-.
地質学論集,(43):87-97 1994(Mar.)
Author:原山 智


Youngest exposed granitoid pluton on Earth:Cooling and rapid uplift of the Pliocene-Quaternary Takidani Granodiorite in the Japan Alps, central Japan. 20, pp.657-660(1992).
Geology,20(8):657-660 1992(Jul.)
Author:原山 智


北アルプス, 笠ヶ岳・穂高岳地域における白亜紀-古第三紀火成活動 特に同一地域における陥没様式の時代的変遷について?
地団研専報,36:15-20 1989(Jul.)
Author:原山 智


西南日本における白亜紀〜古第三紀火成活動の変遷
地球科学,39:343-344 1985(Sep. 25)
Author:沓掛俊夫・仲井 豊・原山 智・小井土由光・沢田順弘・八尾 昭・飯泉 滋・ 今岡照喜


中部地方における白亜紀〜古第三紀火成活動の変遷
地球科学,39:345-357 1985(Sep. 25)
Author:原山 智・小井土由光・石澤一吉・仲井 豊・沓掛俊夫


岐阜県大野郡荘川村, 牧戸苦鉄質複合岩体の地質と岩石
地質学雑誌,88(4):249-269 1982(Apr. 15)
Author:神谷久美子・原山 智


琵琶湖周辺の花崗岩質岩体 −甲賀地方の花崗岩体−
地質学雑誌,88(4):289-298 1982(Apr. 15)
Author:北村 晃・沓掛俊夫・沢田順弘・滝田良基・竹本健一・天白駿馬・中野聰志・中本好一・  西橋秀海・原山 智・久田義之・吉田源市


濃飛流紋岩体北部地域における玄武岩質安山岩類の活動
地質学雑誌,88:231-248 1982(Apr. 15)
Author:荒井 正・羽賀幸治・原山 智・石澤一吉・加地富士夫・神谷久美子・笠原芳雄・小井  土由光・鹿野勘次・棚瀬充史・打江 進


泉南層群−領家帯南部における後期中生代酸性火山作用
地質学論集,17:195-208 1979(Sep. 20)
Author:山田直利・小井土由光・市川浩一郎・原山 智・田辺元祥・村上允英・吉田久昭・赤羽  久忠


飛騨古川−御母衣湖地域の濃飛流紋岩(概報)
地質学論集,17:165-176 1979(Sep. 20)
Author:原山 智・加地富士夫・神谷久美子・笠原芳雄・小井土由光・牧本洋子・正木建樹・鹿  野勘次・白波瀬輝夫・須藤定久・田辺元祥・棚瀬充史・上田 薫・打江 進・山田直利


濃飛流紋岩研究の最近の成果
地団研専報,20:138-139 1977(Aug. 06)
Author:原山 智・小井土由光・須藤定久 ・山田直利


濃飛岩体西部地域の流紋岩類 -特に陥没運動と火山活動ステージについて-
地球科学,30(4):193-205 1976(Jul. 20)
Author:赤羽久忠・原山 智・笠原芳雄・加藤芳郎・河井政治・小井土由光・正木建樹・森本末  男・野口雅治・小栗敬彦・鹿野勘次・白波瀬輝夫・志津匡三・須藤定久・田辺元祥・打  江 進・山田直利


飛流紋岩体東縁部における流紋岩類の層序と形成史
地球科学,27(5):161-179 1973(Sep. 20)
Author:赤羽久忠・安藤敏幸・福地寛夫・浜田和男・原山 智・広江晃久・加ヶ美寛夫・金沢重 敏・  加納明彦・加藤良治・加藤芳郎・河井政治・河田清雄・小井土由光・黒木善博・正木建  樹・三村弘二・森本末男・諸橋 毅・永淵義久・荷川取高・西川達男・西村 昭・西尾  公平・野口雅治・小栗敬彦・鹿野勘次・白波瀬輝夫・瀬戸延男・須藤定久・田辺元祥・  打江 進・内海啓自・山田直利


学会発表
The plutonic-volcanic connection: Insights from central Japan.
Swiss Geoscience Society , 14th Swiss Geoscience Meeting, Geneva 2016(Aug.)
Author:Eva Hartung, Luca Caricchi, Davide Roggero, David Floess, Simon Wallis and Satoru Harayama


Takidani Granodiorite: Insights into a young magma chamber.
Swiss Geoscience Society , Swiss Geoscience 2015(Aug. 28)
Author:Eva Hartung, Luca Caricchi, David Floess, Simon Wallis, Satoru Harayama


Dating deep-seated catastrophic landslides in Japanese Alps by terrestrial cosmogenic10Be: an implication to the influence of climate change in shaping mountainous landscapes. cosmogenic10Be: an implication to the influence of climate change in shaping mountainous landscapes.
INQUA , 2015 INQUA Congress 2015(Aug. 28)
Author:Yuki Matsushi, Yoshihiko Kariya, Satoru Harayama, Hiroyuki Matsuzaki


An AMS study of the Takidani pluton (Japan).
EGU , EGU General Assembly 2016
, Vienne 2015(Apr.)
Author:Eva Hartung , Luca Caricchi , David Floess , Simon Wallis , Satoru Harayama


北アルプスの地質と隆起運動
信州大学山岳科学総合研究所 , シンポジウム「日本アルプスの大規模地すべり」 2013(Dec. 07)
Author:原山智


松本盆地南部の大規模潜在活断層
日本地質学会 , 日本地質学会第120年学術大会 2013(Sep. 16)
Author:原山智


境峠断層の北方延長(倉洞沢~中ノ湯間).
2010年度山岳科学研究報告会:122-125 2011(Feb.)
Author:常木大樹・原山 智


コマクサの生息環境を支配する地形・地質的要因.
2010年度山岳科学研究報告会:117-121 2011(Feb.)
Author:馬場千香子・原山 智


12000年前から5000年間存在した巨大せき止め湖-古上高地湖の生成から消滅まで-.
2010年度山岳科学研究報告会:109-116 2011(Feb.)
Author:原山 智・河合小百合・山田睦美


上高地地域における晩氷期以降の環境変遷.
2010年度山岳科学研究報告会:101-108 2011(Feb.)
Author:河合小百合・原山 智・清水美里


微動アレー探査による埋積された古梓川の縦断面解析.
2010年度山岳科学研究報告会:98-100 2011(Feb.)
Author:原山 智・松岡達郎・ 林 久夫・水落幸広・ 棚瀨充史


新たな地下構造調査法としての微動アレー探査 -基本原理とその展開-.
2010年度山岳科学研究報告会:90-97 2011(Feb.)
Author:松岡達郎・林 久夫・水落幸広・小野雅弘・ 棚瀨充史・原山 智


大正池300mボーリングにもとづく上高地の過去12000年間の古環境変遷.
中部山岳地域環境変動研究機構,2010年度年次研究報告会 2010(Dec.)
Author:原山智・河合小百合


上高地学術ボーリングから判明した地形発達史と山岳の環境変遷
亜高山・高山域の環境変遷シンポジウム 2010(Dec.)
Author:原山智・河合小百合


北アルプス・仁科山地に見られるA-type火成岩.
日本地質学会第117年学術大会講演要旨 2010(Sep.)
Author:植木忠正・原山 智


北アルプス、上高地における滝谷花崗閃緑岩体中のMME形成プロセス.
日本地質学会第117年学術大会講演要旨 2010(Sep.)
Author:加茂圭祐・原山 智


北アルプスの上昇テクトニクス.
日本地質学会第117年学術大会講演要旨 2010(Sep.)
Author:原山 智


陥没カルデラの断面と内部構造:北アルプスにおける第四紀傾動コールドロンの例
2009(Sep.)
Author:原山智・笹岡 崇・大藪圭一郎


Ar-Ar年代に基づく中部地方白亜紀〜古第三紀火成岩体の定置年代の再検討
日本地質学会116年学術大会 2009(Sep.)
Author:加茂圭祐・原山 智


北アルプス・仁科山地に見られるAタイプ花崗岩
日本地質学会116年学術大会 2009(Sep.)
Author:植木忠正・原山智


上高地における学術ボーリング
日本地質学会116年学術大会 2009(Sep.)
Author:原山智・河合小百合


斑晶に富む流紋岩として特徴づけられる濃飛流紋岩の  火山灰流堆積物.
日本地質学会113年年会 2009(Sep.)
Author:曽根原崇文・原山 智


上高地における過去2万6千年間の山岳環境変遷
地球惑星関連学会 2009(May)
Author:山智・河合小百合


新版長野県地質図の編集状況と今後の計画
2009(Mar.)
Author:原山智・河合小百合


上高地学術ボーリングの成果
平成20年度連携融合事業成果報告会 2009(Mar.)
Author:原山智


過去2万6千年の山岳環境変遷解析
筑波大学・信州大学第2回合同ワークショップ集会 2009(Jan.)
Author:原山智


大規模珪長質マグマシステムとしての濃飛流紋岩および関連花崗岩:レビューと今後の課題
日本鉱物科学会2008年年会 2008(Sep.)
Author:曽根原崇文・原山智


High-resolution tectonic analysis for the mountain building process in the Northern Japan Alps
Proceedings of Shinshu University International Symposium 2006 2006(Nov.)
Author:原山智


Petrological features of the Nohi Rhyolite and related granitoids: genesis of a large, Late Cretaceous, silicic magma system.
Japan Geoscience Union Meeting (CD-ROM), 2006, V102-P016. 2006(May)
Author:曽根原崇文・原山 智


Emplacement, cooling and rapid denudation process for the Quaternary volcano-pluton in the Northern Japan Alps, central Japan.
Open Research Center of Okayama Unversity of Science, International Symposium on Material Science and History of Earth and Sister Planets. 2006(Mar.)
Author:原山 智・宿輪隆太・板谷徹丸


濃飛流紋岩中央部におけるカルデラ陥没角礫岩(岩屑  なだれ堆積物)の産状.
日本地質学会112年年会 2005(Sep.)
Author:曽根原崇文・原山 智


濃飛流紋岩および関連火成岩類の化学組成の特徴.
地団研第59回総会 2005(Aug.)
Author:曽根原崇文・原山 智


北部フォッサ〜飛騨山脈の変形テクトニクス史.
日本地質学会中部支部年会 2005(Jun.)
Author:原山 智


黒部川花崗岩の希土類元素分布と副成分鉱物 −珪長質マグマ溜まりにおける結晶分別作用.
日本岩石鉱物鉱床学会 2004(Nov.)
Author:和田肇・山口佳昭・原山智・木村純一


濃飛流紋岩,瀬戸川溶結凝灰岩層(火砕流堆積物)の  本質岩片とマトリックスの組成の比較.
日本地質学会111年年会 2004(Sep.)
Author:曽根原崇文・原山 智


飛騨山脈高瀬川横谷部に産出する花崗岩質マイロナイト.
日本地質学会111年年会 2004(Sep.)
Author:東郷 清・原山 智


爺ヶ岳コールドロンの地質と古地磁気
日本地質学会110年年会 2003(Sep.)
Author:大藪修一郎・原山 智


Occurrrence and chemistry of sulfide, oxide, and amphibole during oxidized mafic micrigranular enclave crystallization in the Kurobegawa Granitic Pluton.
Fifth Hutton Symposium, September 1-6, 2003 2003(Sep.)
Author:山口佳昭・和田肇・原山智・太田靖


Mafic enclaves floating through a vertically fractionating felsic magma chamber: The Kurobegawa Granitic Pluton, Hida Mountain Range, central Japan.
Fifth Hutton Symposium, September 1-6, 2003 2003(Sep.)
Author:和田肇・原山智・山口佳昭


Emplacement, cooling and rapid denudation process for the Quaternary volcano-pluton: The Hotaka Cauldron and the Takidani Granodiorite,Northern Japan Alps, central Japan.
Fifth Hutton Symposium, September 1-6, 2003 2003(Sep.)
Author:原山 智


北アルプスと松本平の生い立ちの謎
信州大学山岳フォーラム 2002(Oct.)
Author:原山 智


富山平野東部における“呉羽山礫層”の堆積時期
日本地質学会109年年会 2002(Sep.)
Author:青砥俊博・原山 智


溶結凝灰岩と本質物の全岩化学組成の比較−濃飛流紋岩,瀬戸川溶結凝灰岩層の例−
日本地質学会109年年会 2002(Sep.)
Author:曽根原崇文・原山 智


アイソクロンの成立条件
日本地質学会109年年会 2002(Sep.)
Author:原山 智


その他
長野県デジタル地質図2015
長野県地質図活用普及事業研究会 2015(Nov.)
Author:原山 智・大塚 勉・富樫 均・山浦直人・古本吉倫・松下英次


自然の歴史をどう伝えるか –上高地における新しいエコツアーの紹介-.
長野県環境保全研究所研究報告 , 8:55-68 2012(Mar.)
Author:富樫 均・原山 智・北野 聡


表紙の写真(槍ヶ岳) 解説
信州大学山岳科学総合研究所ニュースレター , (1):8 2006(Dec.)
Author:原山 智


あの岩稜はどうしてできたの? 誕生のナゾを解く.
山と渓谷 , (854):72-73 2006(Jul.)
Author:原山 智


火山おもしろコラム.第2特集=日本の活火山
山と渓谷 , (833):140-145 2004(Nov.)
Author:原山 智


天竜川と中央構造線
マゼラン出版 , リバーサイエンス , (27):18-19 2004(Nov.)
Author:原山 智


槍ヶ岳
週刊朝日大百科 , (13):8 2004(Jun.)
Author:原山 智


西穂高岳
週刊朝日大百科 , (13):16 2004(Jun.)
Author:原山 智


双六岳
週刊朝日大百科 , (13):24 2004(Jun.)
Author:原山 智


黒部五郎岳
週刊朝日大百科 , (13):32 2004(Jun.)
Author:原山 智


五色ヶ原
週刊朝日大百科 , (12):28 2004(Jun.)
Author:原山 智


立山
週刊朝日大百科 , (12):18 2004(Jun.)
Author:原山 智


マグマのエネルギー.
地域文化 , (59):23 2001(Dec.)
Author:原山 智


北アルプス(飛騨山脈)生い立ちの謎を探る 」世界で一番若い花崗岩の発見?.
平成13年度信州大学公開講座,「信州の自然:大地の成り立ちと環境保全・防災を考える」 , :p.1-7 2001(Oct.)
Author:原山 智

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2010 - 2012 , 上高地の地形発達史と300mボーリングコアによる山岳環境変動解析 , 基盤研究(C)(一般)
2000 - 2002 , 世界一若い露出プルトンの古地磁気及び熱年代学的研究

科学研究費補助金(研究分担者)
2012 - 2014 , 日本アルプスにおける第四紀地形・地質学の再構築:大規模地すべ りを中心として , 基盤研究(B)

受託事業
2002 - , 教育研究助成
2001 - , 教育研究助成
1998 - , 教育研究助成

教育活動実績

授業等
2002 , 地質学序説Ⅱ
2002 , 岩石学Ⅰ
2002 , 地殻火成活動史
2002 , 島弧火山特論

社会活動実績

社会活動等
公開講座
2001 - 2001 , 信州の大地と自然

管理運営実績

管理運営実績
学内兼務職
H26. - H30. , 山岳科学研究所 副所長 , 副所長、地形地質・防災部門長

全学委員会・ワーキンググループ等
H25. - H30. , 防災委員会 , 理学部代表委員

学部内委員会等
H28. - H29. , コース長会議 , 地球学コース長
H26. - H28. , 入試委員会 , 地球学コース委員
H16. - H30. , 就職委員会 , 委員、委員長