信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

橋本昌巳  ハシモト マサミ

教員組織学術研究院(工学系)電話番号
教育組織工学部 電子情報システム工学科FAX番号
職名准教授メールアドレス
住所長野県長野市若里4-17-1ホームページURL

更新日:2017/08/18

プロフィール

研究分野
生体情報計測
ヒューマンコンピュータインタラクション
現在の研究課題
視線を用いたコンピュータ入力インタフェースに関する研究

脳波を用いたインタフェースに関する研究

所属学会
所属学会
電子情報通信学会
日本生体医工学会
日本人間工学会
ヒューマンインタフェース学会
情報処理学会
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1985 , 信州大学 , 工学部

取得学位
博士(工学) , 信州大学
研究職歴等
研究職歴
2007- , 信州大学工学部 准教授

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
Development of dynamic crosstalk cancellation system for multiple-listener binaural reproduction.
Acoustical Science and Technology,36(6):537-539 2015
Author:Hiroaki Kurabayashi, Makoto Otani, Masami Hashimoto, and Mizue Kayama


Sound image localization using dynamic transaural reproduction with non-contact head tracking
IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences,E97-A(9):1849-1858 2014
Author:Hiroaki Kurabayashi, Makoto Otani, Kazunori Itoh, Masami Hashimoto, Mizue Kayama


超音波リニアアクチュエータを用いたDAISY図書見出し検索用入出力兼用スライダの構築と評価
電子情報通信学会論文誌D,J97-D(3):646-655 2014
Author:西澤達夫, 宮岡聖次, 橋本昌巳, 伊東一典


情報通信ネットワークに対する高校生の認識実態‐簡易マインドマップに基づく分析より‐
日本情報科教育学会論文誌,5:19-28 2013
Author:香山瑞恵, 村松 竜, 伊東一典, 橋本昌巳, 大谷 真


筋委縮性側索硬化症(ALS)者における意思伝達支援の現況と脳波応用の可能性
生体医工学,47(2):190-198 2009
Author:千島亮,奈良篤史,橋本昌巳,伊東一典


学会発表
Quantitative Conceptual Model Analysis for Evaluating Simple Class Diagrams made by Novices.
Proc. of ACM/IEEE 19th International Conference on Model Driven Engineering Languages and Systems, Educators Symposium. , :6-13 2016
Author:Mizue Kayama, Shinpei Ogata, David K. Asano, Masami Hashimoto


Effect of distant-variant/invariant head-related transfer functions on perception of a proximal sound source in virtual auditory space
International Congress on Acoustics 2013 (ICA) 2013
Author:Makoto Otani,Fuminari Hirata,Kazunori Itoh,Masami Hashimoto,Mizue Kayama


Development of dynamic transaural reproduction system using non-contact head tracking
2nd IEEE Global Conference on Consumer Electronics (IEEE-GCCE) , :12-16 2013
Author:Hiroaki Kurabayashi,Makoto Otani,Kazunori Itoh,Masami Hashimoto,Mizue Kayama


Basic research for development of a commumication support device using air-conducted sound localization.
12th International Multisensory Research Forum , :41 2011
Author:M.Chishima,M.Otani,M.Kayama,M.Hashimoto,K.Itoh,Y.Arai


A basic study on P300 event-related potentials evoked by simultaneous presentation of visual and auditory stimuli for the communication interface.
12th International Multisensory Research Forum , :36 2011
Author:M.Hashimoto,M.Chishima,K.Itoh,M.Kayama,M.Otani,Y.Arai


Realization of direct manipulation for visually impaired on touch panel interface.
12th International Conference on Computers Helping People with Special Needs , :377-384 2010
Author:T.Nishizawa,D.Nagasaka,H.Kodama,M.Hashimoto,K.Itoh,S.Miyaoka


A Chorus Learning Support System based on the Tutoring Knowledge of the ChorusLeader.
ICALT 2010 , 332F 2010
Author:M.Kayama,K.Itoh,M.Hashimoto,M.Otani,K.Asanuma


Communication-assisted technology using P300 event-related potentials selective attention task by bone-conduction auditory stimulation.
Berlin BCI Workshop 2009 , W08 2009
Author:M.Chishima,A.Nara,M.Hashimoto,K.Itoh

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2010 - 2012 , 重度障害者のための視線検出と事象関連脳電位を用いたインタフェースに関する基礎検討 , 基盤研究(C)

教育活動実績

授業等
2016 , 前期 , コンピュータ電子回路
2016 , 後期 , デザインプロジェクト
2016 , 後期 , コンピュータアーキテクチャ
2015 , 前期 , コンピュータ電子回路
2015 , 後期 , デザインプロジェクト
2015 , 後期 , コンピュータアーキテクチャ
2015 , 後期 , 応用情報工学I
2014 , 前期 , コンピュータ電子回路
2014 , 後期 , デザインプロジェクト
2014 , 後期 , コンピュータアーキテクチャ

社会活動実績

社会活動等
学外審議会・委員会
千曲市環境審議会 , 委員