信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

新井 慎平  アライ シンペイ

教員組織学術研究院(保健学系)電話番号0263-37-2387
教育組織医学部 保健学科 生体情報検査学FAX番号
職名助教メールアドレスarais@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
臨床検査学、検査血液学
キーワード:フィブリノゲン , フィブリノゲン蓄積病 , 凝固波形解析
所属学会
所属学会
日本臨床衛生検査技師会
日本臨床検査医学会
日本検査血液学会
日本血液学会
日本医療検査科学会
日本輸血・細胞治療学会

所属学会役職担当
2019- , 日本検査血液学会 , 評議員
2017-2019 , 長野県臨床検査技師会 , 血液検査研究班副班長
2015-2020 , 長野県臨床検査技師会 , 一般検査研究班副班長
2014-2019 , 長野県臨床検査技師会 , 精度管理研究班(血液・一般)
学歴
出身大学院
2017 , 信州大学大学院 , 医学系研究科 , 医学系専攻
2012 , 信州大学大学院 , 医学系研究科 , 保健学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2010 , 信州大学 , 医学部 , 保健学科検査技術科学専攻

取得学位
博士(医学) , 信州大学
修士(保健学) , 信州大学
学士(保健学) , 信州大学

免許・資格等
2017 , 認定血液検査技師
2012 , 二級臨床検査士(血液学)
2012 , 緊急臨床検査士
2010 , 臨床検査技師
受賞学術賞
2018 , 信州大学医学部病態解析診断学教室・同附属病院臨床検査部 同門会賞
2016 , 日本臨床検査医学会国際学会奨励賞
2012 , 日臨技学術奨励賞優秀演題賞

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
読める!使える!検査値 項目3「細菌感染症の有無・重症度、敗血症の有無」を読む検査:白血球数(WBC)
照林社 , Expert Nurse増刊号 , 11:19-23 2018
Author:新井慎平


ズバッと読み取る!検査値アセスメント 検査値の”ここ見て!”9項目 「細菌感染症の有無・重症度、敗血症の有無」を読む検査 白血球数(white blood cell counts、WBC)
照林社 , Expert Nurse , 31:31-35 2015
Author:新井慎平


ワンランク上の 検査値の読み方・考え方―ルーチン検査から病態変化を見抜く―第2版 IV.身体所見をとるように血液生化学検査を読んでみよう Q11. 〔細菌感染症-2〕細菌感染症の重症度は?
医学書院 , :59-64 2014
Author:新井慎平、菅野光俊、本田孝行


特集 はじめよう、検査説明 化学 10深夜に採取した血糖検査用検体の保存方法を教えてください
医学書院 , 臨床検査 , 57(11):1274-1275 2013
Author:菅野光俊、新井慎平


ワンランク上の 検査値の読み方・考え方 ―ルーチン検査から病態変化を見抜く― IV.身体所見をとるように血液生化学検査を読んでみよう Q11. 〔細菌感染症-2〕細菌感染症の重症度は?
総合医学社 , 救急集中治療 , 23(11・12):1642-1647 2012
Author:新井慎平、菅野光俊、本田孝行


最新 染色法のすべて Ⅰ病理検査(多糖類の染色;59.PAS染色,60.アルシアン青染色)
医歯薬出版株式会社 , 「Medical Technology」別冊 , :136-150 2011
Author:羽山正義、百瀬正信、新井慎平


論文
Acquired dysfibrinogenemia: monoclonal lambda-type IgA binding to fibrinogen caused lower functional plasma fibrinogen level and abnormal clot formation
INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY,112(1):96-104 2020(Jul.)
Author:Arai, Shinpei; Kamijo, Tomu; Takezawa, Yuka; Sugano, Mitsutoshi; Nakazawa, Hideyuki; Yanagisawa, Ryu; Uehara, Takeshi; Honda, Takayuki; Okumura, Nobuo;


フィブリノゲン低下の著しい重症線溶亢進型DICに認められた2つのフィブリノゲン遺伝子変異
臨床病理,68(685):390-397 2020
Author:依田将宏;海藤貴大;上條途夢;新井慎平;平千明;樋口由美子;長田眞;塚田唯子;奥村伸生


FGA 1238 bp欠失を有する無フィブリノゲン血症3例のハプロタイプ解析
医学検査,68(3):589-595 2019
Author:平 千明;竹澤 由夏;新井 慎平;松田 和之;上條 途夢;樋口 由美子;奥村 伸生


フィブリノゲン活性の偽低値と異常凝固波形を示したIgA M蛋白血症の解析
臨床病理,67(5):449-456 2019
Author:新井慎平;上條途夢;竹澤由夏;菅野光俊;本田孝行;奥村伸生


Fibrin monomers derived from thrombogenic dysfibrinogenemia, Naples-type variant (B beta Ala68Thr), showed almost entirely normal polymerization
THROMBOSIS RESEARCH,172:1-3 2018(Dec.)
Author:Kamijo, Tomu; Nagata, Kazuhiro; Taira, Chiaki; Higuchi, Yumiko; Arai, Shinpei; Okumura, Nobuo;


ファクターオートフィブリノーゲンの基礎性能評価とフィブリノーゲン異常症例における測定値の検討
医学検査,67(1):7-12 2018
Author:永田 和寛;新井 慎平;向井 早紀;竹澤 由夏;菅野 光俊;本田 孝行;奥村 伸生


DVTを発症した先天性フィブリノゲン異常症患者Fibrinogen Matsumoto IのFDP-E分画異常高値の精査
日本検査血液学会雑誌,19(3):306-313 2018
Author:新井慎平;中越りつこ;倉田淳一;川崎健治;菅野光俊;上原剛;本田孝行;奥村伸生


フィブリノゲン蓄積病を呈する異常フィブリノゲン産生細胞の繊維状封入体形成と小胞体ストレス応答
臨床病理,66(10):1058-1064 2018
Author:上條途夢;大久保奈緒;平千明;樋口由美子;新井慎平;奥村伸生


A novel frameshift mutation in the fibrinogen gamma C terminal region, FGG c. 1169_1170 del AT, leading to hypofibrinogenemia
THROMBOSIS RESEARCH,159:82-85 2017(Nov.)
Author:Nagata, Kazuhiro; Arai, Shinpei; Sugano, Mitsutoshi; Taira, Chiaki; Okumura, Nobuo; Honda, Takayuki;


A Novel Mutation in the Fibrinogen B Chain (c.490G > A; End of Exon 3) Causes a Splicing Abnormality and Ultimately Leads to Congenital Hypofibrinogenemia
INTERNATIONAL JOURNAL OF MOLECULAR SCIENCES,18(11):- 2017(Nov.)
Author:Taira, Chiaki; Matsuda, Kazuyuki; Arai, Shinpei; Sugano, Mitsutoshi; Uehara, Takeshi; Okumura, Nobuo;


The fibrous form of intracellular inclusion bodies in recombinant variant fibrinogen-producing cells is specific to the hepatic fibrinogen storage disease-inducible variant fibrinogen
INTERNATIONAL JOURNAL OF HEMATOLOGY,105(6):758-768 2017(Jun.)
Author:Arai, Shinpei; Ogiwara, Naoko; Mukai, Saki; Takezawa, Yuka; Sugano, Mitsutoshi; Honda, Takayuki; Okumura, Nobuo;


多項目自動血球分析装置XE2100(シスメックス)のDIFFスキャタグラムにおける側方蛍光低値から発見された異常ヘモグロビン症の4例
医学検査,66(2):96-102 2017
Author:中越 りつこ;向井 早紀;松田 和之;竹澤 由夏;新井 慎平;菅野 光俊;本田 孝行;奥村 伸生


Genetic analyses of novel compound heterozygous hypodysfibrinogenemia, Tsukuba I: FGG c.1129+62_65 del AATA and FGG c.1299+4 del A
THROMBOSIS RESEARCH,148:111-117 2016(Dec.)
Author:Mukai, Saki; Nagata, Kazuhiro; Ikeda, Minami; Arai, Shinpei; Sugano, Mitsutoshi; Honda, Takayuki; Okumura, Nobuo;


Neutrophil left shift and white blood cell count as markers of bacterial infection
CLINICA CHIMICA ACTA,457:46-53 2016
Author:Honda, Takayuki; Uehara, Takeshi; Matsumoto, Go; Arai, Shinpei; Sugano, Mitsutoshi;


関節リウマチ患者における血清中シトルリン化フィブリノゲンおよびその抗体の定量
生物試料分析,39(4):263-270 2016
Author:寺澤文子;石井亘;樋口由美子;新井慎平;奥村伸生


Novel heterozygous dysfibrinogenemia, Sumida (A alpha C472S), showed markedly impaired lateral aggregation of protofibrils and mildly lower functional fibrinogen levels
THROMBOSIS RESEARCH,135(4):710-717 2015(Apr.)
Author:Ikeda, Minami; Arai, Shinpei; Mukai, Saki; Takezawa, Yuka; Terasawa, Fumiko; Okumura, Nobuo;


胆管癌および深部静脈血栓症を伴う続発性クリオフィブリノゲン血症の解析
臨床病理,63(4):421-426 2015
Author:新井慎平;菅野光俊;本田孝行;亀子文子;寺澤文子;奥村伸生


Recombinant gamma T305A fibrinogen indicates severely impaired fibrin polymerization due to the aberrant function of hole 'a' and calcium binding sites
THROMBOSIS RESEARCH,134(2):518-525 2014(Aug.)
Author:Ikeda, Minami; Kobayashi, Tamaki; Arai, Shinpei; Mukai, Saki; Takezawa, Yuka; Terasawa, Fumiko; Okumura, Nobuo;


gamma 375W fibrinogen-synthesizing CHO cells indicate the accumulation of variant fibrinogen within endoplasmic reticulum
THROMBOSIS RESEARCH,133(1):101-107 2014(Jan.)
Author:Kobayashi, Tamaki; Arai, Shinpei; Ogiwara, Naoko; Takezawa, Yuka; Nanya, Mai; Terasawa, Fumiko; Okumura, Nobuo;


慢性骨髄性白血病の発症で偶発的に発見された先天性フィブリノゲン異常症
臨床血液,55(5):541-545 2014
Author:桐原 健彦;市川 直明;新井 慎平;征矢 佳輔;奥村 伸生;小林 光;藤川 祐子;武田 航;栗原 太郎;佐藤 慶二郎;植木 俊充;廣島 由紀;住 昌彦;上野 真由美


異常フィブリノゲンヘテロ接合体γ鎖Asn308Lys3家系のフィブリノゲン機能比較とハプロタイプ解析
医学検査,63(2):133-139 2014
Author:征矢 佳輔;新井 慎平;竹澤 由夏;菅野 光俊;寺澤 文子;奥村 伸生


ヘテロ異常血漿フィブリノゲンKyoto V(γF322S)とリコンビナントフィブリノゲンγ322Sのフィブリン重合障害の比較検討
日本検査血液学会雑誌,15(2):163-170 2014
Author:池田み奈美;新井慎平;向井早紀;稲葉亨;奥村伸生


フィブリノゲンBβ鎖448残基の遺伝子多型(Arg/Lys)の頻度と血中濃度・凝固機能の相違
臨床病理,62(12):1185-1190 2014
Author:寺澤文子;池田み奈美;新井慎平;奥村伸生


長期間保存されていた切片におけるKi-67, estrogen receptor, progesterone receptor の免疫組織学的抗原性の変化
医学検査 : 日本臨床衛生検査技師会誌 = The Japanese journal of medical technology,61(3):555-561 2012(May 25)
Author:新井 慎平;高橋 正臣;菅野 光俊;本田 孝行;羽山 正義


再考-抗原賦活化法がムコ物質の組織化学的染色法に及ぼす影響について
日本病理組織技術学会誌,74:6-11 2011
Author:新井慎平;百瀬正信;冨木大基;太田浩良;本田孝行;羽山正義


学会発表
PT-derived法と凝固反応曲線変化量dHによる異常フィブリノゲン血症検出法の検討
第20回日本検査血液学会学術集会 2019(Jul.)
Author:新井慎平;上條途夢;篠原翔;新井信夫;菅野光俊;上原剛;本田孝行;奥村伸生


外科的手術後に測定された可溶性フィブリンが偽高値を示した1症例の精査
第44回長野県臨床検査学会 2018(Dec.)
Author:渡部里紗;新井慎平;宮﨑あかり;柴彩夏;石嶺南生;川崎健治;菅野光俊


自動分析装置による測定でフィブリノゲン活性値の偽低値と異常凝固波形を示したIgA Mタンパク症例の解析
第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018(Nov.)
Author:新井慎平;上條途夢;竹澤由夏;川崎健治;菅野光俊;本田孝行;奥村伸生


血栓形成性異常フィブリノゲン(Shizuoka)のトロンビンによる凝固関連機能の解析
第65回日本臨床検査医学会学術集会 2018(Nov.)
Author:上條途夢;平千明;樋口由美子;新井慎平;奥村伸生


胸水検査を契機に発見され形態学的にFlower cellに類似したDLBCLの1症例
第19回日本検査血液学会学術集会 2018(Jun.)
Author:竹澤由夏;向井早紀;新井慎平;中越りつこ;宮崎あかり;堀敦詞;川崎健治;菅野光俊;本田 孝行


Analysis of acquired dysfibrinogenemia caused by IgA monoclonal gammopathy with anaphylactoid purpura
WASPaLM2017 2017(Nov.)
Author:Arai, Shinpei; Takezawa, Yuka; Mukai, Saki; Nakagoshi, Ritsuko; Miyazaki, Akari; Ishimine, Nau; Kawasaki, Kenji; Taira, Ciaki; Sugano, Mitsutoshi; Honda, Takayuki; Okumura, Nobuo


先天性フィブリノゲン異常症患者のFDP-E分画異常高値の精査
第18回日本検査血液学会学術集会 2017(Jul.)
Author:新井慎平;中越りつこ;倉田淳一;川崎健治;菅野光俊;上原剛;本田孝行;奥村伸生


血漿中フィブリノーゲン測定用キット「ファクターオートフィブリノーゲン」によるフィブリノーゲン抗原量測定法の検討
第63回日本臨床検査医学会学術集会 2016(Nov.)
Author:新井慎平;向井早紀;竹澤由夏;川崎健治;菅野光俊;本田孝行;奥村伸生


Screening Method for Hepatic Fibrinogen Storage Disease Associated with Congenital Hypofibrinogenemia
Blood 2015(Dec.)
Author:Arai, Shinpei; Mukai, Saki; Takezawa, Yuka; Sugano, Mitsutoshi; Honda, Takayuki; Ishida, Fumihiro; Okumura, Nobuo


γR375Wフィブリノゲン産生CHO細胞における封入体形成性と低フィブリノゲン血症におけるHERSDの探索
第62回日本臨床検査医学会学術集会 2015(Nov.)
Author:新井慎平;向井早紀;菅野光俊;本田孝行;奥村伸生


尿中有形成分分析装置USCANNER(E)の撮像モードの性能評価
第52回日臨技関甲信支部医学検査学会 2015(Oct.)
Author:荻野結加;新井慎平;川崎健治;菅野光俊;本田孝行


ヘテロ型フィブリノゲン異常症Okayama II(γD320G)とOtu III(γ⊿N319D320)の比較検討
第16回日本検査血液学会学術集会 2015(Jul.)
Author:向井早紀;新井慎平;竹澤由夏;奥村伸生


ヘテロ異常血漿フィブリノゲンKyoto V(γF322S)とリコンビナントフィブリノゲンγ322Sのフィブリン重合障害の比較検討
第16回日本検査血液学会学術集会 2015(Jul.)
Author:池田み奈美;新井慎平;向井早紀;稲葉亨;奥村伸生


血漿FDP測定試薬ヘキサメイトP-FDPの新旧試薬における乖離例の解析
第65回日本医学検査学会 2015(May)
Author:新井慎平;荻野結加;竹澤由夏;宮崎あかり;中越りつこ;井出裕一郎;川崎健治;菅野光俊


多項目自動血球分析装置XN-9000における体腔液モードの性能評価と運用方法の検討
第40回長野県臨床検査学会 2014(Nov.)
Author:荻野結加;新井慎平;井出規文;望月麻紀子;竹澤由夏;中越りつこ;菅野光俊;本田孝行


フィブリノゲンBβ鎖448残基の遺伝子多型の頻度と血中濃度・機能の相違
第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014(Nov.)
Author:池田み奈美;新井慎平;寺澤文子;奥村伸生


HERSD型遺伝子変異を有する変異フィブリノゲン/γ鎖産生細胞の作製と封入体形成の検討
第61回日本臨床検査医学会学術集会 2014(Nov.)
Author:新井慎平;池田み奈美;小林玉宜;菅野光俊;本田孝行;寺澤文子;奥村伸生


フィブリノゲン低下症が疑われたFbg Sumida(ヘテロ型Aα472Cys→Ser)の分泌能と機能解析
第15回日本検査血液学会学術集会 2014(Jul.)
Author:池田み奈美;新井慎平;向井早紀;竹澤由夏;奥村伸生


γ322Phe→Ser変異(Kyoto V)を有する異常フィブリノゲンの機能解析
第60回日本臨床検査医学会学術集会 2013(Nov.)
Author:池田み奈美;新井慎平;竹澤由夏;寺澤文子;奥村伸生


XE2100のDIFFチャンネルにおいて側方蛍光が低値となる原因
第60回日本臨床検査医学会学術集会 2013(Nov.)
Author:中越りつこ;向井早紀;松田和之;廣田雅子;竹澤由夏;新井慎平;菅野光俊;本田孝行


多項目自動血球分析装置XN-9000の血小板数測定の性能評価
第60回日本臨床検査医学会学術集会 2013(Nov.)
Author:新井慎平;廣田雅子;向井早紀;竹澤由夏;中越りつこ;奥村伸生;菅野光俊;本田孝行


血液像自動分類装置HEG-LとCella Vision DM96における細胞分類能力の比較
第50回日臨技関甲信支部医学検査学会 2013(Oct.)
Author:川戸洞雅子;向井早紀;新井慎平;中越りつこ;竹澤由夏;菅野光俊


全自動尿中有形成分分析装置USCANNER(E)の検討及び運用について
第63回日本医学検査学会 2013(Apr.)
Author:向井早紀;川戸洞雅子;新井慎平;中越りつこ;遠山美里;菅野光俊


胆管癌および深部静脈血栓症の治療経過中に続発性クリオフィブリノゲン血症を呈した一症例
第59回日本臨床検査医学会学術集会 2012(Nov.)
Author:新井慎平;川戸洞雅子;向井早紀;竹澤由夏;奥村伸生;菅野光俊;本田孝行


可溶性フィブリン測定試薬「ナノピアSF」の基礎的検討と院内導入の試み
第46回関東甲信地区医学検査学会 2011(Oct.)
Author:新井慎平;石嶺南生;川戸洞雅子;向井早紀;竹澤由夏;中越りつこ;菅野光俊;本田孝行


尿中有形成分分析装置UF-1000iとU-SCANNER IIの検討
日本臨床検査自動化学会第43回大会 2011(Sep.)
Author:廣田雅子;沖村幸枝;新井慎平;菅野光俊


10年間切り置いた切片の核内抗原の染色性および染色標本の退色について
第83(84)回日本病理組織技術学会 2011(Aug.)
Author:新井慎平;百瀬正信;羽山正義


アクリフラビン・シッフ試薬を用いた蛍光PAS反応による腎糸球体基底膜観察の有用性
第60回日本医学検査学会 2011(Jun.)
Author:新井慎平;下条 久志;菅野 光俊;本田孝行;羽山正義


細胞増殖マーカーを用いた免疫組織化学的細胞動態の解析法とイメージ解析法の検討
第37回長野県臨床検査学会 2010(Oct.)
Author:新井慎平;犬飼ともみ;川久保雅友;熊谷俊子;本田孝行;羽山正義


再考-抗原賦活化法が各種染色法に及ぼす影響について
第82回日本病理組織技術学会 2010(Aug.)
Author:新井慎平;百瀬正信;冨木大基;太田浩良;羽山正義