信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

羽藤広輔  ハトウ コウスケ

教員組織学術研究院(工学系)電話番号
教育組織工学部 建築学科FAX番号
職名准教授メールアドレスkhato@shinshu-u.ac.jp
住所〒380-8553 長野県長野市若里4-17-1ホームページURLhttps://khatolab.com

プロフィール

研究分野
建築歴史・意匠
現在の研究課題
建築家の言説と作品に関する研究
キーワード:白井晟一 , 伝統論 , 和室
所属学会
所属学会
日本建築学会
意匠学会
日本デザイン学会
日本インテリア学会
学歴
出身大学院
2014 , 京都大学大学院 , 人間・環境学研究科
2004 , 京都大学大学院 , 人間・環境学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2001 , 東京藝術大学 , 美術学部 , 建築科

取得学位
博士(人間・環境学) , 京都大学

免許・資格等
2010 , 一級建築士
受賞学術賞
2017 , 日本建築学会奨励賞
研究職歴等
研究職歴
2017- , 現職
2015- , 信州大学工学部建築学科 助教
2011- , 東京藝術大学美術学部建築科 助教
2007- , 東京藝術大学美術学部建築科 教育研究助手
2004- , 安藤忠雄建築研究所 所員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
1950年代の吉村順三の著作にみる伝統観について
デザイン理論,(73):82-83 2019(Jan. 21)
Author:羽藤 広輔
Abstract:大会研究発表要旨第60回大会 2018年8月8日~9日 同志社大学


1950年代伝統論争における和風建築批判と反論 : 吉田五十八の事例に着目して
デザイン理論,70:35-48 2017(Jul. 31)
Author:羽藤 広輔; Hato Kosuke; ハトウ コウスケ;
Abstract:学術論文
Keywords:設計要旨; 吉田五十八; 和風建築; 伝統論争;


白井晟一の木造住宅にみる付柱の意匠について : 「雲伴居」書斎の構想過程に着目して
日本インテリア学会論文報告集,(27):43-46 2017(Mar.)
Author:羽藤 広輔;
Keywords:白井晟一; 木造住宅; 雲伴居; 付柱; スケッチ; Seiichi Shirai; Wooden house; Un-Pan-Kyo; Pilaster; Sketch;


白井晟一の活動における建築作品をめぐる言説と伝統論の関連について : 作品説明文に着目して
日本建築学会計画系論文集,81(730):2841-2847 2016(Dec.)
Author:羽藤 広輔;
Keywords:Seiichi Shirai; Theory of tradition; Description of works; 白井晟一; 伝統論; 作品説明文;


白井晟一住宅作品における床の間の意匠について : 真行草の観点による同時代建築家作品との比較から
日本インテリア学会論文報告集,(26):57-62 2016(Mar.)
Author:羽藤 広輔;
Keywords:白井晟一; 床の間; 真行草; Seiiti Shirai; Tokonoma; Shin-Gyo-So;


建築家・白井晟一の著作にみる習書の意味:伝統論との関連に着目して
日本建築学会計画系論文集,81(719):179-186 2016
Author:羽藤 広輔;
Abstract: While Seiiti Sirai was an architect, he spent a lot of time practicing calligraphy in his last years. Comparing the features of this activity with his theory of tradition, it can be said that both of his intentions are similar. In addition to the commonality of attaching importance to "utility," according to the theory of tradition, the concept of grasping the inner potential of an object without being misled by its external form and source, can be realized by the "ascetic practices," which can make something exceed consciousness and form by practicing calligraphy.
Keywords:白井晟一; 習書; 伝統論;


白井晟一建築作品の和室における空間構成について : 天井の形状に着目して
デザイン理論 = Journal of the Japan Society of Design,(66):45-58 2015
Author:羽藤 広輔;
Keywords:白井晟一; 和室; 和風; 天井; 空間構成; Seiiti Sirai; Tatami room; Japanese style; Ceiling; Spatial composition;


建築家・白井晟一の著作にみる伝統論
日本建築学会計画系論文集,80(712):1411-1418 2015
Author:羽藤 広輔;
Abstract: The aim of Sirai's essay, "The Jomon style", was not to admire the Jomon culture, but to consider how to grab the inner potential of the object without being misled by its external form. His theory of tradition subsequently developed into the "theory of expansive tradition". He objected to confining the argument over tradition to Japan and set out to consider the concept from a universal point of view. He gave shape to it and proposed a new concept, the "Eurasian style".
Keywords:白井晟一; 伝統論; 縄文的なるもの;


「雲伴居」にみる白井晟一の伝統的様式への姿勢 : 桂離宮の影響に着目して
デザイン理論 = Journal of the Japan Society of Design,(64):51-64 2014
Author:羽藤 広輔;
Keywords:白井晟一; 雲伴居; 桂離宮; 付書院; Seiiti Sirai; Un-Pan-Kyo; Katsura-Rikyu; Tsuke-Shoin;


建築家・白井晟一の著作にみる伝統論
東京藝術大学美術学部紀要,(51):31-45 2013(Dec.)
Author:羽藤 広輔;


白井晟一住宅作品における床の間の意匠について : 同時代の建築家による事例との比較から
人間・環境学,22:93-107 2013
Author:羽藤 広輔;

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2012 - 2014 , 書と建築:建築家白井晟一の事例を中心に , 挑戦的萌芽

社会活動実績

社会活動等
学外審議会・委員会
2018 - , 日本建築学会北陸支部常議員
2017 - , 意匠学会『デザイン理論』編集委員
2017 - 2019 , 日本建築学会北陸支部建築活動審査部会委員
2017 - , 長野市景観審議会委員
2017 - 2017 , 安曇野市新総合体育館建設基本設計者審査検討委員会委員
2016 - , 日本建築学会論文集査読委員