信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

保柳康一  ホヤナギ コウイチ

教員組織学術研究院(理学系)電話番号
教育組織理学部 理学科 地球学コースFAX番号
職名教授メールアドレスhoya101@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://science.shinshu-u.ac.jp/~geol/hoyaHome/hoya.html

更新日:2017/09/13

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院理工学系研究科
大学院総合工学系研究科
研究分野
堆積地質学(堆積相解析、シーケンス層序学、古環境解析)
現在の研究課題
地層の堆積環境と海水準変動,地球環境変動との関連の研究

地層中の堆積有機物保存と地球環境変動との関連の研究

地層の堆積環境と炭化水素(石油・天然ガス)資源形成との関連の研究

津波と洪水堆積物の堆積学

所属学会
所属学会
Geological Society of America
日本地質学会
日本堆積学会
石油技術協会
地形学連合
地学団体研究会
International Association of Sedimentologists
SEPM,Society for Sedimentary Geology
American Geophysical Union

所属学会役職担当
2014- , SEPM,Society for Sedimentary Geology , 日本代表
2014- , International Association of Sedimentologists , 評議員
2007- , 日本堆積学会 , 堆積学研究編集委員長
日本地質学会 , 執行理事
学歴
出身大学院
1987 , 北海道大学 , 理学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1981 , 北海道大学 , 理学部

取得学位
理学博士
受賞学術賞
1991 , 日本地質学会研究奨励賞
研究職歴等
研究職歴
1995- , 信州大学 理学部 助教授
1988- , 日本学術振興会 新潟大学 特別研究員
1988- , 信州大学 理学部 助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
Canterbury Basin Sea Level
Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc. , Proc. IODP , 317 2011
Author:Fulthorpe, C.S., Hoyanagi, K., Blum, P., and the Expedition 317 Scientists


日本地方地質誌1北海道地方
朝倉書店 2010
Author:日本地質学会編


Canterbury Basin Sea Level: Global and local controls on continental margin stratigraphy.
Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc , IODP Prel. Rept. , 317 2010
Author:Expedition 317 Scientists


Global and local controls on continental margin stratigraphy: Canterbury Basin, eastern South Island, New Zealand.
Integrated Ocean Drilling Program Management International, Inc , IODP Sci. Prosp , 317 2008
Author:Fulthorpe, C.S., Hoyanagi, K., and Geldmacher, J


シーケンス層序と水中火山岩 日本地質学会編フィールドジオロジー第4巻
共立出版 2006
Author:保柳康一,松田博貴,山岸宏光


「堆積物と堆積岩」 フィールドジオロジー第3巻
共立出版 2004(Apr.)
Author:保柳康一,公文富士夫,松田博貴


国際層序ガイド(翻訳)
日本地質学会編(pp.49-55とpp.115-150の一部を担当) , 共立出版 2001
Author:日本地質学会訳編


Continuing the New Jersey Mid-Atlantic sea-level transect. Covering Leg 174A of the cruises of the Drilling Vessel JOIDES Resolution, Halifax, Nova Scotia, to New York, New York, Site1071-1073.
Proceedings of the Ocean Drilling Program, Initial Reports, 174A, 1998
Author:Austin,J.A., Christie-Blick,N.,Malone,M.J., Hoyanagi,K. et al.


第10章「信州にも海岸線があった」
郷土出版社 , 大地が語る信州の4億年 , :201-220 1996(Sep.)
Author:信州の4億年編集委員会編


信州の地質めぐり
郷土出版 , :120-131 1995
Author:地学団体研究会松本支部


論文
北海道厚真川を遡上した2011年東北沖地震津波による堆積物の形成過程および津波波形との対比
地質学雑誌,123(7):551-566 2017
Author:太田勝一,嵯峨山 積,乾 哲也,保柳康一


エスチュアリー埋積堆積物中の津波堆積物:福島県南相馬市小高区井田川地区における完新統ボーリングコア
堆積学研究75,(2):73-82 2017
Author:角張友律,太田勝一,保柳康一


北部フォッサマグナ新第三系の斜面前進過程と堆積シーケンス
地質学雑誌,121(8):271-292 2015
Author:関めぐみ,保柳康一


Data report: temporal change in fossil ostracode assemblages in the Pliocene–Holocene strata of the shelf IODP Site U1354, off the eastern coast of New Zealand
Proc. IODP,317 2015
Author:Nakamura, M., Kusunoki, S., Yamada, K. and Hoyanagi, K.


化石木の安定炭素同位体比と汎世界的気候変動との対比
堆積学研究,73(1):45-51 2014
Author:小林由季,保柳康一


Data report: Oxygen and stable carbon isotope ratios of foraminifera Nonionella flemingi and their application for age model in the upper 550 m of Hole U1352B, offshore New Zealand
Proc. IODP,317 2014
Author:Hoyanagi, K., Kawagata, S., Koto, S., Kamihashi, T. and Ikehara, M.


Deep-sea turbidite evidence on there ocurrence of large earthquakes off Shakotan Peninsula, northeastern Japan Sea
Advances in Natural and Technological Hazards Research,37:639-647 2014
Author:Ikehara, K.,Itaki, T., TuZuino, T. and Hoyanagi, K.


柳沢遺跡と埋納坑の土壌分析に基づく遺跡周辺環境と埋納坑の特徴
,100:217-227 2012
Author:保柳康一


High-resolution sequence stratigraphy in incised-valley system: Tatsunokuchi Formation, Northeast Japan
Jour. Sediment. Soc. Japan,70(2):63-79 2011
Author:Mamiko Yoshida, Hirobumi Inoue, Koichi Hoyanagi (corresponding author), Yukio Yanagisawa, Masayuki Oishi and Hiroo Yoshida


IODP Expedition 317: Exploring the Record of Sea-Level Change Off New Zealand
Science Drilling,(12):4-14 2011
Author:Craig S. Fulthorpe, Koichi Hoyanagi, Peter Blum, and IODP Expedition 317 Scientists


Occurrence conditions of hyperpycnal flows, and their significance for organic-matter sedimentation in a Holocene estuary, Niigata Plain, Central Japan
Island Arc,18 2009
Author:Yoshida, M., Yoshiuchi, Y. and Hoyanagi


陸棚に形成された海底谷を埋積したスランプ堆積物ー東北日本南部福島県太平洋沿岸に分布する鮮新統大年寺層の例ー堆積学研究
堆積学研究,(64):101-105 2007
Author:小佐野由布子,保柳康一,近藤はるか,柳沢幸夫


福島県上部鮮新統大年寺層における陸棚の堆積作用と気候変動との関係
堆積学研究,(64):77-81 2007
Author:近藤はるか,小佐野由布子,吉田真見子,保柳康一,柳沢幸夫


Sequence stratigraphy and organic matter preservation of the Miocene to Pliocene Tatsunokuchi Formation, Iwate, Northeast Japan
Jour. Sediment. Soc. Japan,(64):21-26 2007
Author:Yoshida M., Hoyanagi K., Kondo H., Inoue H.,Oishi M., Yoshida H. and Yanagisawa Y.


Sedimentation and preservation of organic matter in a Holocene estuary, Examples from the Niigata Plain, central Japan.
Sepcial Publ.,(85):99-115 2006
Author:Akiko Omura, Koichi Hoyanagi, Mamiko Yoshida, Azusa Yamazaki, Miyuki Yamagisi and Atsushi Urabe


Effect of environmental changes on origin and composition of organic matter, examples from the Pleistocene sediments in the Choshi Core, Boso Peninsula
Island Arc,15:355-365 2006
Author:Akiko Omura, Koichi Hoyanagi and Satoko Ishikawa


Relationships between organic matter composition, depositional environments and sea-level changes in backarc basins, central Japan
Jour. Sedimentary Research,74(40):620-630 2004(Sep.)
Author:Akiko Omura and Koichi Hoyanagi


Stratigraphy of the late Cenozoic strata in the Akan area: with special emphasis on significance of the lower Miocene in the eastern Hokkaido, northern Japan.
Jour, Geol. Soc. Japa,(40) 2004(Jan.)
Author:Akiko Urabe and Koichi Hoyanagi


深海底タービダイトを用いた地震発生間隔推定における堆積作用理解の重要性? 北海道沖日本海東縁海洋海山の例
地質学論集,(58):111-122 2004
Author:池原 研,片山 肇,辻野 匠,荒井晃作,板木 拓也,保柳康一


北海道東部阿寒地域の分布する新第三系の珪藻生層序
地質学雑誌,110:399-413 2003(Jul.)
Author:卜部暁子・秋葉文雄・保柳康一


Data Report: Grain-size analysis of Pleistocene cores from ODP Sites 1071, 1072 and 1073, New Jersey Margin
Proc. Ocean Drilling Program, Scientific Results, 174A,:1-18(on line) 2001
Author:Koichi Hoyanagi and Akiko Omura


北部日本海盆深海底より採取された柱状試料
地球科学,53(2):135-146 1999(Mar.)
Author:故石井次郎/保柳康一/関島善子/前田寿嗣/池原 研


Modeling shore-normal large-scale coastal evolution
Marine Geology,126(1-4):181-199 1995
Author:Niedoroda, N.W., Reed, C.W., Swift, D.J.P., Arato, H., and Hoyanagi, K.


Slope-shelf-nearshore depositional sequences with transgressive conglomerate in a Miocene backarc and arc-junction setting, central Japan
Sedimentary Geology,93(3-4):247-260 1994(Nov.)
Author:Hoyanagi, K. and Nishimura, M


陸棚斜面-陸棚-沿岸の堆積システムの変遷と相対的海水準変動-北部フォッサマグナ地域中新統青木層・小川層のシークェンス層序学-
地質学雑誌,98(2):337-354 1992(Apr.)
Author:西村瑞恵・保柳康一


埋積と前進に伴うタービダイトの岩相変化―中央北海道・中部中新統古丹別層―
地質学雑誌,95(12):509-525 1989(Jul.)
Author:保柳康一


Coarse-grained turbidite caused from the Miocene collision event in the central Hokkaido, Japan
Sedimentary Facies in the Active Plate Margin,(31):689-709 1989
Author:Koichi Hoyanagi


Channel-fill conglomerates in the Middle Miocene Kotambets Formation, orthern Hokkaido, Japan
Jour. Facul. Scie. Hokkaido Univ. IV.,22(31):277-296 1987(Aug.)
Author:Koichi Hoyanagi


海底チャネルによるタービダイトと関連粗粒岩の形成ー中央北海道・中部中新統古丹別層ー
地質学雑誌,92(6):855-870 1986(Dec.)
Author:保柳康一・大上拓男


“衝突帯”のタービダイト相形成とテクトニクス ―中新世・中央北海道の例―
地学団体研究会専報,(1):265-284 1986(Jul.)
Author:保柳康一・宮坂省吾・渡辺 寧・木村 学・松井 愈


石狩―天塩帯南部の中部中新統層序と堆積環境―受乞層海底扇状地の復元―
地球科学,39:93-405 1985(Nov.)
Author:保柳康一・三戸 望・吉岡正俊・宮坂省吾・渡辺 寧・松井 愈


その他
Tide-influenced Pliocene and Pleistocene strata exposed along the Tahan-Chi River, in the Taoyuan Prefecture, northeastern Taiwan Island
Jour. Sediment. Soc. Japan , 71(1):2 2012
Author:Kobayashi, Y., Nakamura, M., Seki, M. and Hoyanagi, K.


長野県下水内郡栄村における地盤災害と地質・地形の関連
:31-36 2012
Author:保柳康一・村越直美・卜部厚志・永田秀尚・太田勝一

研究費
受託研究
2008 - , 島弧陸棚の堆積シーケンス-IODP掘削プロポーザル作成支援業務
2011 - 2013 , Exp.317堀削試料を用いた陸棚地層構造に対する海水準変動の役割の解析
2008 - 2008 , 平成21年度千曲川柳沢築堤工事に伴う埋蔵文化財発掘調査青銅器埋納坑土壌分析
2007 - 2007 , 青銅器埋納坑内堆積土壌の分析

科学研究費補助金(研究代表者)
1994 - , 背弧堆積盆地の堆積相・堆積サイクルのシーケンス層序解析 , 一般研究C
1993 - , 東北日本弧背弧堆積盆の形成・埋積過程における構造運動と海水準変動の分析 , 奨励研究A
1992 - , 東北日本旗両端会合部の堆積モデルと日本海拡大の関係 , 奨励研究A
1989 - , 島弧における粗粒堆積物の堆積機構・堆積環境の解析とそのテクトニクスの関連 , 奨励研究A
1988 - , 島弧における粗粒堆積物の堆積機構・堆積環境の解析とそのテクトニクスの関連(新生代の北日本を例として) , 奨励研究A
2014 - 2016 , プレート境界堆積盆地における津波・構造堆積物の認定とその地層形成上の役割 , 基盤研究C
2011 - 2013 , ニュージーランド沖陸棚堆積物試料を用いた後期新生代汎世界的海水準変動の解析 , 基盤研究B
2006 - 2007 , 前弧堆積盆地の巨大海底谷形成における鮮新世後期のテクトニクスと気候変動の役割 , 基盤研究C
2001 - 2002 , 汽水・沿岸堆積物中の堆積性有機物を用いた海水準変動と気候変動指標の確立 , 基盤研究B
1999 - 2000 , 地球表層の砕屑粒子循環と堆積システム変遷の関連 , 基盤研究C

教育活動実績

授業等
地層学
堆積学
資源地質学II(炭化水素資源)
地質学序説
地質学序説実習
堆積・古生物学実験
コロキウムⅠ
科学英語Ⅱ
地学概論Ⅱ
グリーンサイエンスⅡ
シーケンス層序学
環境変動解析論