信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

塩沢丹里  シオザワ タンリ

教員組織学術研究院(医学系)電話番号
教育組織医学部 医学科 産科婦人科学FAX番号
職名教授メールアドレス
住所ホームページURL

更新日:2017/09/25

プロフィール

研究分野
産婦人科学
現在の研究課題
子宮内膜および内膜癌に発現する糖鎖抗原、血液型物質に関する研究

細胞接着に関与する糖鎖抗原の研究

子宮内膜および子宮内膜癌の性ステロイド受容体の発現機序に関する研究

正常子宮内膜および内膜癌の増殖制御における細胞周期調節因子の関与の解析と臨床的意義に関する研究

子宮頚癌の増殖制御における細胞周期調節因子の関与の研究

所属学会
所属学会
日本産科婦人科学会
日本婦人科腫瘍学会
日本癌学会
日本癌治療学会
学歴
出身大学院
1990 , 信州大学 , 産婦人科学

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1986 , 信州大学 , 医学部

取得学位
医学博士
研究職歴等
研究職歴
2001- , 信州大学(医学部) 講師
1990-2001 , 信州大学(医学部) 助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
骨盤内腫瘍(婦人科良性腫瘍,悪性腫瘍〉
診断と治療社,東京 , 吉村泰典編:臨床研修医指導の手引き 産婦人科 , :pp 305-324 2004
Author:塩沢丹里


子宮体癌
医薬ジャーナル社,大阪 , 杉本充弘編:リスクマネージメントの実際 産婦人科領域 , :pp 233-242 2003
Author:塩沢丹里,小西郁生


Involvement of cell cycle regulators insteroid hormone-induced growth of endometrial carcinoma. Kuramoto H, Nishida M ed.: Cell and Molecular Biology of Endometrial Carcinoma
"Springer-Verlag, Tokyo" , :pp 87-92 2003
Author:Shiozawa T, Nikaido T, Konishi I


「子宮頚部の解剖・組織学」(産婦人科の実際 50)
金原出版 , :901-8頁 2001
Author:塩沢丹里/小西郁生


「PCOSと子宮体癌の発生」 (産婦人科の世界 53)
医学の世界社 , :433-9頁 2001
Author:塩沢丹里/小西郁生


「卵巣悪性腫瘍の化学療法」、(産婦人科研修医ノート)
診断と治療社 , :208-211頁 2000
Author:小西郁生/塩沢丹里


「進行癌に対する手術の適応と限界・子宮頚癌における診断、治療のUp to date」(産婦人科の実際49)
金原出版 , :473-9頁 2000
Author:塩沢丹里/小西郁生


「婦人科の救急疾患」(外科 61)
南光堂 , :1602-07頁 1999
Author:小西郁生/塩沢丹里


論文
SIRT1 Regulates the Chemoresistance and Invasiveness of Ovarian Carcinoma Cells.
Transl Oncol,10(4):621-631 2017(Aug.)
Author:Mvunta DH, Miyamoto T, Asaka R, Yamada Y, Ando H, Higuchi S, Ida K, Kashima H, Shiozawa T.


Panobinostat Enhances Growth Suppressive Effects of Progestin on Endometrial Carcinoma by Increasing Progesterone Receptor and Mitogen-Inducible Gene-6.
Horm Cancer,8(4):257-267 2017(Aug.)
Author:Ando H, Miyamoto T, Kashima H, Higuchi S, Ida K, Mvunta DH, Shiozawa T.


Overexpression of SIRT1 is Associated With Poor Outcomes in Patients With Ovarian Carcinoma.
Appl Immunohistochem Mol Morphol,25(6):415-421 2017(Jul.)
Author:Mvunta DH, Miyamoto T, Asaka R, Yamada Y, Ando H, Higuchi S, Ida K, Kashima H, Shiozawa T.


【黄体ホルモンup to date】 内膜増殖症・子宮体癌と黄体ホルモン
産婦人科の実際,66(5):601-606 2017(May)
Author:鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里


松本広域医療圏における新たな周産期医療提供体制の評価
日本周産期・新生児医学会雑誌,53(1):116-121 2017(May)
Author:金井 誠, 大平 哲史, 浅香 亮介, 菊地 範彦, 安藤 大史, 塩沢 丹里


A novel diagnostic biomarker for human uterine leiomyosarcoma: PSMB9/ホイ1i.
Chin Clin Oncol,6(2):22 2017(Apr.)
Author:Hayashi T, Kawano M, Sano K, Ichimura T, Gur G, Yaish P, Zharhary D, Kanai Y, Tonegawa S, Shiozawa T, Yaegashi N, Konishi I.


Characterization of Leiomyomatoid Angiomatous Neuroendocrine Tumour (LANT)-like Tumour in the Myometrium with Histopathological Examination.
Anticancer Res,37(4):1765-1772 2017(Apr.)
Author:Hayashi T, Ichimura T, Kasai M, Sano K, Zharhary D, Shiozawa T, Yaegashi N, Konishi I.


子宮間葉系腫瘍に対する診断バイオマーカーの探索
長野県医学会雑誌,47:73-76 2017(Mar.)
Author:林 琢磨, 塩沢 丹里, 河野 弥季, 金井 弥栄, 八重樫 伸生, 利根川 進, 小西 郁生


Usefulness of a management protocol for patients with cervical multicystic lesions: A retrospective analysis of 94 cases and the significance of GNAS mutation.
J Obstet Gynaecol Res,42(11):1588-1598 2016(Nov.)
Author:Ando H, Miyamoto T, Kashima H, Takatsu A, Ishii K, Fujinaga Y, Shiozawa T.


Prenatal sonographic diagnosis of fetal valproate syndrome: a case report.
J Med Case Rep,10(1):312 2016(Nov.)
Author:Kikuchi N, Ohira S, Asaka R, Tanaka K, Takatsu A, Shiozawa T.


妊娠28週に縦隔原発大細胞型B細胞リンパ腫による心タンポナーデを合併した1例
関東連合産科婦人科学会誌,53(4):489-494 2016(Nov.)
Author:関根 愛子, 浅香 亮一, 倉石 美紗子, 大久保 奈緒, 田中 恭子, 高津 亜希子, 菊地 範彦, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


Molecular Pathology and Novel Clinical Therapy for Uterine Leiomyosarcoma.
Anticancer Res,36(10):4997-5007 2016(Oct.)
Author:Hayashi T, Kawano M, Ichimura T, Ida K, Ando H, Zharhary D, Kanai Y, Aburatani H, Tonegawa S, Shiozawa T, Yaegashi N, Konishi I.


Ectopic Molar Pregnancy: Diagnostic Efficacy of Magnetic Resonance Imaging and Review of the Literature.
Case Rep Obstet Gynecol,2016:7618631 2016(Aug.)
Author:Yamada Y, Ohira S, Yamazaki T, Shiozawa T.


【婦人科悪性腫瘍規約改訂のポイントと対応-「何が」「なぜ」「どのように」変わったのか】 子宮頸部病変 子宮頸部嚢胞性病変の治療と管理
臨床婦人科産科,70(8):700-704 2016(Aug.)
Author:鹿島 大靖, 塩沢 丹里


抗凝固療法で管理したバッド・キアリ症候群合併妊娠の一例
日本産婦人科・新生児血液学会誌,26(1):12-13 2016(Jun.)
Author:中島 雅子, 浅香 亮一, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


Lipocalin 2 Enhances Migration and Resistance against Cisplatin in Endometrial Carcinoma Cells.
PLoS One,11(5):e0155220 2016(May)
Author:Miyamoto T, Kashima H, Yamada Y, Kobara H, Asaka R, Ando H, Higuchi S, Ida K, Mvunta DH, Shiozawa T.


【多胎妊娠を極める-膜性診断から胎児治療、妊婦のサポートまで-】 多胎の妊娠管理 双胎一児死亡の管理
産婦人科の実際,65(5):515-520 2016(May)
Author:大平 哲史, 塩沢 丹里


卵巣癌と鑑別を要した胃原発GISTの1例
関東連合産科婦人科学会誌,53(1):69-75 2016(Mar.)
Author:曽根原 健太, 小原 久典, 橘 涼太, 鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里


切迫早産治療薬としてニフェジピンが奏功した一例
医療薬学,42(3):202-208 2016(Mar.)
Author:小澤 秀介, 小林 愛子, 高津 亜希子, 神田 博仁, 山折 大, 塩沢 丹里, 大森 栄


【産婦人科処方実践マニュアル】 (第2章)婦人科腫瘍分野 子宮頸部腫瘍 子宮頸癌の術前化学療法
産科と婦人科,83(Suppl.):122-124 2016(Mar.)
Author:鹿島 大靖, 塩沢 丹里


Lipocalin 2 attenuates iron-related oxidative stress and prolongs the survival of ovarian clear cell carcinoma cells by up-regulating the CD44 variant.
Free Radic Res,50(4):414-25 2016(Feb.)
Author:Yamada Y, Miyamoto T, Kashima H, Kobara H, Asaka R, Ando H, Higuchi S, Ida K, Shiozawa T.


【婦人科領域のRare Tumorの取り扱い】 MDA 子宮頸部嚢胞性病変の取り扱いについて
産婦人科の実際,65(1):33-38 2016(Jan.)
Author:鹿島 大靖, 塩沢 丹里


MW3-5 レーザーマイクロダイセクションによって採取した単一患者の正常子宮内膜・異型増殖症,類内膜腺癌部分の全エクソンシーケンス(ミニワークショップ3 子宮体部腫瘍,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第68回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,68(2):- 2016
Author:樋口 正太郎; 宮本 強; 安藤 大史; 浅香 亮一; 山田 靖; 鹿島 大靖; 小原 久典; 井田 耕一; Mvunta David; 塩沢 丹里;


産科婦人科学教室
信州医学雑誌,64(3):164-164 2016
Author:塩沢 丹里;


Sirtuin 1 promotes the growth and cisplatin resistance of endometrial carcinoma cells: a novel therapeutic target
LABORATORY INVESTIGATION,95(12):1363-1373 2015(Dec.)
Author:Asaka, Ryoichi; Miyamoto, Tsutomu; Yamada, Yasushi; Ando, Hirofumi; Mvunta, David Hamisi; Kobara, Hisanori; Shiozawa, Tanri;


Laminin Cl expression by uterine carcinoma cells is associated with tumor progression
GYNECOLOGIC ONCOLOGY,139(2):338-344 2015(Nov.)
Author:Kashima, Hiroyasu; Wu, Ren-Chin; Wang, Yihong; Sinno, Abdulrahman K.; Miyamoto, Tsutomu; Shiozawa, Tanri; Wang, Tian-Li; Fader, Amanda N.; Shih, Ie-Ming;


播種性血管内凝固を発症した子宮腺筋症の2例
信州医学雑誌,63(4):215-223 2015(Aug. 10)
Author:中村, 祐介; 小原, 久典; 宮本, 強; 橘, 涼太; 岡, 賢二; 塩沢, 丹里; 鹿島, 大靖


Clinical tumor diameter and prognosis of patients with FIGO stage IB1 cervical cancer (JCOG0806-A)
GYNECOLOGIC ONCOLOGY,137(1):34-39 2015(Apr.)
Author:Kato, Tomoyasu; Takashima, Atsuo; Kasamatsu, Takahiro; Nakamura, Kenichi; Mizusawa, Junki; Nakanishi, Toru; Takeshima, Nobuhiro; Kamiura, Shoji; Onda, Takashi; Sumi, Toshiyuki; Takano, Masashi; Nakai, Hidekatsu; Saito, Toshiaki; Fujiwara, Kiyoshi; Yokoyama, Masatoshi; Itamochi, Hiroaki; Takehara, Kazuhiro; Yokota, Harushige; Mizunoe, Tomoya; Takeda, Satoru; Sonoda, Kenzo; Shiozawa, Tanri; Kawabata, Takayo; Honma, Shigeru; Fukuda, Haruhiko; Yaegashi, Nobuo; Yoshikawa, Hiroyuki; Konishi, Ikuo; Kamura, Toshiharu; Japan Clinical Oncology Grp;


P1-6-5 プロゲスチンによる子宮内膜癌抑制におけるMig-6の関与(Group6 子宮体部腫瘍 基礎3,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:安藤 大史; 宮本 強; 小原 久典; 淺香 亮一; 山田 靖; Mvunta David; 樋口 正太郎; 鹿島 大靖; 塩沢 丹里;


P1-10-1 Lipocalin2はCD44 variant発現を介して卵巣明細胞腺癌細胞の酸化ストレス耐性を増強する(Group10 卵巣腫瘍 基礎4 明細胞癌,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:山田 靖; 宮本 強; 小原 久典; 浅香 亮一; 安藤 大史; 樋口 正太郎; 鹿島 大靖; 塩沢 丹里;


P1-34-10 膀胱外反症合併妊娠の一例(Group34 合併症妊娠5,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:高津 亜希子; 浅香 亮一; 田中 恭子; 大平 哲史; 金井 誠; 塩沢 丹里;


P2-12-6 G-CSF産生を伴った純粋型の卵巣扁平上皮癌の1例(Group53 卵巣腫瘍 症例1 上皮性腫瘍,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:小原 久典; 小野 元紀; 田中 泰裕; 小林 愛子; 樋口 正太郎; 橘 涼太; 宮本 強; 塩沢 丹里;


P3-2-1 再発形式による子宮頸部胃型腺癌の検討 : 子宮頸部胃型腺癌多施設共同研究サブセット解析(Group 104 子宮頸部腫瘍 組織型1 胃型腺癌,一般演題,第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:西尾 真; 牛嶋 公生; 嘉村 敏治; 小島 淳美; 大槻 健郎; 八重樫 伸生; 佐藤 豊実; 吉川 裕之; 笠松 高弘; 斎藤 元章; 岡本 愛光; 宮本 強; 塩沢 丹里; 吉岡 弓子; 小西 郁生; 竹原 和宏; 兼城 英輔; 加来 恒壽; 小林 裕明;


P3-28-8 月経随伴性気胸として長期フォローアップ後に診断された家族性地中海熱の2例(Group130 子宮内膜症2 手術,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:岡 賢二; 内川 順子; 山田 香織; 橘 理絵; 宇津野 宏樹; 鹿島 大靖; 宮本 強; 塩沢 丹里;


P3-48-1 特発性間質性肺炎合併妊娠の1例(Group 150 合併症妊娠13,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:大平 哲史; 浅香 亮一; 田中 泰裕; 春日 裕美; 田中 恭子; 高津 亜希子; 菊地 範彦; 金井 誠; 塩沢 丹里;


P3-55-7 陣痛発来後緊急帝王切開の経過と次回妊娠時の切迫流早産の関連性(Group 157 早産7,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:浅香 亮一; 小野 元紀; 中島 雅子; 田中 恭子; 高津 亜希子; 大平 哲史; 金井 誠; 塩沢 丹里;


P1-4-7 鉄輸送蛋白Lipocalin2は子宮内膜癌細胞において癌幹細胞マーカーCD44vおよびCD133の発現を増強する(Group4 子宮体部腫瘍 基礎1,一般演題,公益社団法人日本産科婦人科学会第67回学術講演会)
日本産科婦人科學會雜誌,67(2):- 2015(Feb. 01)
Author:宮本 強; 山田 靖; 小原 久典; 浅香 亮一; 安藤 大史; 樋口 正太郎; 鹿島 大靖; 塩沢 丹里;


播種性血管内凝固を発症した子宮腺筋症の2例
信州医学雑誌,63(4):215-223 2015
Author:中村 祐介; 小原 久典; 宮本 強; 橘 涼太; 岡 賢二; 塩沢 丹里; 鹿島 大靖;
Abstract:Although adenomyosis is known to increase the risk of deep vein thrombosis (DVT) and pulmonary thromboembolism (PTE), association of disseminated intravascular coagulation (DIC) is rare. We report two patients with adenomyosis presenting with PTE, in whom DIC was noted by massive vaginal bleeding. Case 1 : a 42-year-old woman with adenomyosis complained of excessive vaginal bleeding and lower abdominal pain on the second day of menstruation. A blood sample showed a low platelet count (Plt, 68,000/μl),elevated FDP-D dimer (FDP-DD, 125.5μg/ml) and low fibrinogen (Fib, 83.2mg/dl), indicating DIC. Case 2 : a 49-year-old woman with adenomyosis was suffering from massive vaginal bleeding after estrogen-progestin therapy for hypermenorrhea. DIC was noted by low Plt (117,000/μl), elevated FDP-DD (314.6μg/ml) and low Fib (69.2mg/dl). Their DIC and massive bleeding improved with coagulation factor replacement for DIC. Case 1 underwent hysterectomy 22 days after the diagnosis of DIC. Case 2 underwent hysterectomy when the disappearance of PTE was confirmed after 5 months of gonadotropin-releasing hormone agonist and anti-coagulation therapy. These two cases suggest that an adenomyosis-induced hyper-coagulation status as indicated by PTE, and vaginal bleeding may trigger DIC due to the consumption of coagulation factors. Great care should therefore be paid to thrombosis as well as DIC in patients with adenomyosis.
Keywords:子宮腺筋症; 播種性血管内凝固; 肺血栓塞栓症; 月経; 消退出血;


生児を得た胎児共存奇胎の1例
関東連合産科婦人科学会誌,52:609-615 2015
Author:藤原静絵、大平哲史、大岡尚実、宮本 翼、鈴木昭久、松原直樹、山崎輝行、塩沢丹里


治療に難渋したHER2陽性妊娠関連乳癌の1例
長野県母子衛生学会誌,17:31-36 2015
Author:山田 諭、大平哲史、浅香亮一、高津亜希子、菊地範彦、金井 誠、塩沢丹里


分葉状頸管腺過形成(LEGH)の機能
日本婦人科腫瘍学会雑誌,33(2):133-139 2015
Author:塩沢丹里


4-hydroxy estrogen induces DNA damage on codon 130/131 of PTEN in endometrial carcinoma cells
MOLECULAR AND CELLULAR ENDOCRINOLOGY,400(C):71-77 2015
Author:Ke, He; Suzuki, Akihisa; Miyamoto, Tsutomu; Kashima, Hiroyasu; Shiozawa, Tanri;


Expression of CAVEOLIN 1 in uterine mesenchymal tumors: No relationship between malignancy and CAVEOLIN 1 expression
BIOCHEMICAL AND BIOPHYSICAL RESEARCH COMMUNICATIONS,463(4):982-987 2015
Author:Hayashi, Takuma; Ichimura, Tomoyuki; Yaegashi, Nobuo; Shiozawa, Tanri; Konishi, Ikuo;


NEUREGULIN-1BETA1 IS STRONGLY EXPRESSED IN THE UMBILICAL AND VILLOUS ENDOTHELIAL CELLS IN PREGNANCY INDUCED HYPERTENSION
PLACENTA,35(10):A8-A9 2014(Oct.)
Author:Ohira, Satoshi; Asaka, Ryoichi; Kobara, Hisanori; Takatsu, Akiko; Kikuchi, Norihiko; Kanai, Makoto; Shiozawa, Tanri;


WORKSHOP ON INTERMEDIATE TROPHOBIASTIC TUMORS (DAY2). EPITHELIOID TROPHOBLASTIC TUMOR
PLACENTA,35(10):A5-A5 2014(Oct.)
Author:Ohira, Satoshi; Shiozawa, Tanri;


THE EXPRESSIONS OF CELL SENESCENCE-RELATED PROTEINS IN PLACENTAL TROPHOBLASTS
PLACENTA,35(10):A11-A11 2014(Oct.)
Author:Higuchi, Shotaro; Kikuchi, Norihiko; Ishikawa, Maori; Ando, Hirofumi; Asaka, Ryoichi; Yamada, Yasushi; Kobara, Hisanori; Ohira, Satoshi; Miyamoto, Tsutomu; Shiozawa, Tanri;


Polypoid endometriosis of the ovary mimicking ovarian carcinoma dissemination: A case report and literature review
JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY RESEARCH,40(5):1426-1430 2014(May)
Author:Yamada, Yasushi; Miyamoto, Tsutomu; Horiuchi, Akiko; Ohya, Ayumi; Shiozawa, Tanri;


子宮頸部「胃型腺癌」の後方視的研究
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):429 2014(Feb. 01)
Author:西尾 真,牛嶋 公生,嘉村 敏治,三上 芳喜,大槻 健郎,八重樫 伸生,佐藤 豊実,吉川 裕之,笠松 高弘,斎藤 元章,岡本 愛光,宮本 強,塩沢 丹里,吉岡 弓子,小西 郁生,小島 淳美,野河 孝充,兼城 英輔,小林 裕明


intrauterine insemination(IUI)後の妊娠成績予測に有用な因子に関する検討
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):478 2014(Feb. 01)
Author:岡 賢二,宇津野 宏樹,村中 愛,橘 理絵,山田 香織,内川 順子,塩沢 丹里


分葉状頸管腺過形成(LEGH)合併妊娠の2例
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):555 2014(Feb. 01)
Author:高津 亜希子,石川 香織,古川 哲平,田中 恭子,菊地 範彦,大平 哲史,金井 誠,塩沢 丹里


1型および2型糖尿病合併妊娠の妊娠予後に関する比較検討
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):558 2014(Feb. 01)
Author:佐藤 孝洋,杉山 隆,目時 弘仁,西郡 秀和,齋藤 昌利,菅原 準一,八重樫 伸生,西川 鑑,水沼 英樹,小林 康祐,吉田 純,久保田 俊郎,吉村 泰典,松田 義雄,左合 治彦,荒田 尚子,野平 知良,田中 守,高橋 恒男,齋藤 滋,塩沢 丹里,吉田 好雄,土田 達,池田 智明,西村 公宏,小西 郁生,北脇 城,村上 節,木村 正,光田 信明,小林 浩,山田 秀人,船越 徹,赤松 信雄,平松 祐司,多田 克彦,工藤 美樹,原田 省,那波 明宏,阿部 恵美子,堀 大蔵,楢原 久司,増崎 英明,安日 一郎,鮫島 浩,石松 順嗣,橋口 幹夫,佐川 典正


妊娠前BMI別の妊娠糖尿病の妊娠予後に関する後方視的多施設共同研究
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):559 2014(Feb. 01)
Author:杉山 隆,目時 弘仁,西郡 秀和,齋藤 昌利,菅原 準一,八重樫 伸生,西川 鑑,水沼 英樹,小林 康祐,吉田 純,久保田 俊郎,吉村 泰典,松田 義雄,左合 治彦,荒田 尚子,野平 知良,田中 守,高橋 恒男,齋藤 滋,塩沢 丹里,吉田 好雄,土田 達,池田 智明,西村 公宏,小西 郁生,北脇 城,村上 節,木村 正,光田 信明,小林 浩,山田 秀人,船越 徹,赤松 信雄,平松 祐司,多田 克彦,工藤 美樹,原田 省,那波 明宏,阿部 恵美子,堀 大蔵,楢原 久司,増崎 英明,安日 一郎,鮫島 浩,石松 順嗣,橋口 幹夫,佐川 典正


当科で対応した子宮頸部多嚢胞性病変44例の経過報告
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):619 2014(Feb. 01)
Author:安藤 大史,宮本 強,高津 亜希子,橘 涼太,鹿島 大靖,小原 久典,山田 靖,塩沢 丹里


Lipocalin2は卵巣明細胞腺癌細胞の遊走・浸潤を刺激し,酸化ストレス耐性を高める
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):745 2014(Feb. 01)
Author:山田 靖,宮本 強,小原 久典,安藤 大史,石川 香織,鈴木 昭久,塩沢 丹里


妊娠高血圧症候群では臍帯静脈血管内皮にNeuregulin-1β1が強発現する
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):765 2014(Feb. 01)
Author:大平 哲史,浅香 亮一,石川 香織,古川 哲平,小原 久典,高津 亜希子,菊地 範彦,金井 誠,塩沢 丹里


胎盤絨毛におけるcell senescence関連蛋白発現の検討
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):826 2014(Feb. 01)
Author:石川 香織,菊地 範彦,安藤 大史,浅香 亮一,山田 靖,小原 久典,大平 哲史,宮本 強,塩沢 丹里


腎障害を有する子宮頸癌患者に対するNedaplatinを用いた同時化学放射線療法の検討
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):877 2014(Feb. 01)
Author:橘 涼太,安藤 大史,小原 久典,山田 靖,浦崎 美紗子,小林 愛子,鹿島 大靖,宮本 強,岡 賢二,塩沢 丹里


Sirtuin1阻害剤EX527は,マウス異種移植モデルにおいて子宮内膜癌の増大を抑制する
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):895 2014(Feb. 01)
Author:浅香 亮一,宮本 強,安藤 大史,石川 香織,山田 靖,小原 久典,塩沢 丹里


Lipocalin2はPI3K経路非依存性にシスプラチン投与後の細胞生存を上昇させる
日本産科婦人科學會雜誌,66(2):896 2014(Feb. 01)
Author:宮本 強,山田 靖,小原 久典,浅香 亮一,安藤 大史,石川 香織,鈴木 昭久,鹿島 大靖,塩沢 丹里


A cohort study of gastric-type adenocarcinoma (GAS) of the uterine cervix: Multi-institutional study by Gynecologic Cancer Study Group of the Japan Clinical Oncology Group (JCOG).
JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,32(15):- 2014
Author:Nishio, Shin; Mikami, Yoshiki; Otsuki, Takeo; Yegashi, Nobuo; Satoh, Toyomi; Yoshikawa, Hiroyuki; Saitou, Motoaki; Okamoto, Aikou; Kasamatsu, Takahiro; Miyamoto, Tsutomu; Shiozawa, Tanri; Yoshioka, Yumiko; Konishi, Ikuo; Kojima, Atsumi; Takehara, Kazuhiro; Kaneki, Eisuke; Kobayashi, Hiroaki; Ushijima, Kimio; Kamura, Toshiharu;


既往帝王切開後の経腟分娩試行(TOLAC)成功に関する因子の検討
信州医学雑誌,62(4):239-244 2014
Author:牧内 玲子,高津 亜希子,石川 香織,菊地 範彦,大平 哲史,金井 誠,塩沢 丹里
Abstract:Objective : The purpose of this study was to clarify the obstetric factors of success in trial of labor after cesarean delivery (TOLAC).Methods : A retrospective review was made of the records of 82 consecutive women who had previously undergone a cesarean section and attempted vaginal delivery at Shinshu University Hospital from 2005 through 2012. The relationship between the obstetric factors and the'successful'and'unsuccessful'groups in TOLAC was investigated.Results : The successful rate in TOLAC was 78.0% (64/82), but 22.0% (18/82) of women were unsuccessful and required a cesarean section again. The significant predictive factors in successful vaginal delivery were history of vaginal birth before cesarean section and admission for onset of labor. The significant predictive factor in unsuccessful vaginal delivery was abnormal fetal cardiotocogram. Interestingly, cases with an interval of ≥ 36 months from previous cesarean section in the successful group were significantly more than those in the unsuccessful group.Conclusion : The factors of history of vaginal birth before cesarean section, admission for onset of labor, abnormal fetal cardiotocogram and the interval from previous cesarean section might help clinicians and patients in their decision-making for the method of delivery when it comes to pregnancy with a previous cesarean section.


HPVワクチンに関する最近のトピックス
信州医学雑誌,62(4):249-252 2014
Author:塩沢 丹里


最新のトピックス HPVワクチンに関する最近のトピックス
信州医学雑誌 = The Shinshu medical journal,62(4):249-252 2014
Author:塩沢 丹里


進行子宮頸がんの根治手術 : 術前化学療法後の広汎子宮全摘 (今月の臨床 進行婦人科がんの集学的治療) -- (子宮頸がん)
臨床婦人科産科,67(11):1099-1104 2013(Nov.)
Author:宮本 強,塩沢 丹里


月経異常患者の子宮体がん予防 (今月の臨床 婦人科がんの予防戦略と早期診断) -- (子宮体がん)
臨床婦人科産科,67(8):805-812 2013(Aug.)
Author:宮本 強,塩沢 丹里


Clonality analysis suggests that STK11 gene mutations are involved in progression of lobular endocervical glandular hyperplasia (LEGH) to minimal deviation adenocarcinoma (MDA)
VIRCHOWS ARCHIV,462(6):645-651 2013(Jun.)
Author:Takatsu, Akiko; Miyamoto, Tsutomu; Fuseya, Chiho; Suzuki, Akihisa; Kashima, Hiroyasu; Horiuchi, Akiko; Ishii, Keiko; Shiozawa, Tanri


Immunohistochemical expression of core 2 beta 1,6-N-acetylglucosaminyl transferase 1 (C2GnT1) in endometrioid-type endometrial carcinoma: a novel potential prognostic factor
HISTOPATHOLOGY,62(7):986-993 2013(Jun.)
Author:Miyamoto, Tsutomu; Suzuki, Akihisa; Asaka, Ryoichi; Ishikawa, Kaori; Yamada, Yasushi; Kobara, Hisanori; Nakayama, Jun; Shiozawa, Tanri


子宮頸部嚢胞性病変の取り扱い(<特集>子宮頸癌)
日本産科婦人科學會雜誌,65(4):1245-1252 2013(Apr. 01)
Author:塩沢 丹里
Abstract:子宮頸部の嚢胞性病変として,ナボット嚢胞,LEGH(lobular endocervical glandular hyperplasia),最少偏奇型粘液性腺癌(minimal deviation adenocarcinoma, MDA,または悪性腺腫)などが重要である.悪性度の異なるこれら嚢胞性疾患に対し,できるだけ正確な術前診断に基づく適切な治療法を選択する必要がある.近年細胞診,胃型粘液,MRI画像所見などによりある程度術前診断が可能となってきており,その対応法も検討されつつある.


子宮頸部嚢胞性病変の取り扱い(<特集>子宮頸癌)
日本産科婦人科學會雜誌,65(4):1245-1252 2013(Apr. 01)
Author:塩沢 丹里
Abstract:子宮頸部の嚢胞性病変として,ナボット嚢胞,LEGH(lobular endocervical glandular hyperplasia),最少偏奇型粘液性腺癌(minimal deviation adenocarcinoma, MDA,または悪性腺腫)などが重要である.悪性度の異なるこれら嚢胞性疾患に対し,できるだけ正確な術前診断に基づく適切な治療法を選択する必要がある.近年細胞診,胃型粘液,MRI画像所見などによりある程度術前診断が可能となってきており,その対応法も検討されつつある.


Clinical management of atypical polypoid adenomyoma of the uterus. A clinicopathological review of 29 cases
GYNECOLOGIC ONCOLOGY,129(1):54-57 2013(Apr.)
Author:Matsumoto, Takashi; Hiura, Masamichi; Baba, Tsukasa; Ishiko, Osamu; Shiozawa, Tanri; Yaegashi, Nobuo; Kobayashi, Hiroaki; Yoshikawa, Hiroyuki; Kawamura, Naoki; Kaku, Tsunehisa


Placental Mesenchymal Dysplasia: Chronological Observation of Placental Images during Gestation and Review of the Literature
GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION,75(4):217-223 2013
Author:Ohira, Satoshi; Ookubo, Nao; Tanaka, Kyoko; Takatsu, Akiko; Kobara, Hisanori; Kikuchi, Norihiko; Ohya, Ayumi; Kanai, Makoto; Shiozawa, Tanri


Placental Mesenchymal Dysplasia: Chronological Observation of Placental Images during Gestation and Review of the Literature
GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION,75(4):217-223 2013
Author:Ohira, S; Ookubo, N; Tanaka, K; Takatsu, A; Kobara, H; Kikuchi, N; Ohya, A; Kanai, M; Shiozawa, T


Potential role of LMP2 as an anti-oncogenic factor in human uterine leiomyosarcoma: Morphological significance of calponin h1
FEBS LETTERS,586(13):1824-1831 2012(Jun.)
Author:Hayashi,T; Horiuchi, A; Sano, K; Hiraoka, N; Kasai, M; Ichimura, T; Sudo, T; Nishimura, R; Ishiko, O; Shiozawa, T; Kanai, Y; Yaegashi, N; Aburatani, H; Konishi, I


ISP-4-6 Potential role of LMP2 as anti-oncogenic factor defines new targets for uterine leiomyosarcoma therapy(Group 4 Oncology 4,IS Poster,International Session)
Acta Obstetrica et Gynaecologica Japonica,64(2):898 2012(Feb. 01)
Author:Hayashi Takuma,Horiuchi Akiko,Shiozawa Tanri,Konishi Ikuo


Predicting the Route of Delivery in Women with Low-Lying Placenta Using Transvaginal Ultrasonography: Significance of Placental Migration and Marginal Sinus
GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION,73(3):217-222 2012( 00)
Author:Ohira Satoshi,Kikuchi Norihiko,Kobara Hisanori,Osada Ryosuke,Ashida Takashi,Kanai Makoto,Shiozawa Tanri
Abstract:Background/Aims: To examine the significance of placental migration and the presence of a placental marginal sinus to predict the eventual route of delivery in low-lying placenta. Methods: 49 women with a low-lying placenta after 30 weeks'gestation were studied. The distance between the internal os and leading edge of the placenta was measured weekly using transvaginal ultrasonography until 37 weeks'gestation. The relationship between the rate of placental migration, the presence of a placental marginal sinus and the eventual mode of delivery was investigated. Results: Although the cesarean section rate was 56.3% (9/16) in the'slow'migration (0-2.0 mm/week) group, no patient (0/33) in the'fast'(>2.0 mm/week) migration group underwent a cesarean section (p<0.01). The cesarean section rate was 71.4% (5/7) in patients with a placental marginal sinus, significantly greater than the rate of 9.5% (4/42) in patients without a marginal sinus(p<0.01). Conclusion:A decreased rate of placental migration until 37 weeks'gestation and the presence of a placental marginal sinus were associated with subsequent cesarean delivery because of antepartum vaginal bleeding. These parameters may be useful for predicting the route of delivery in women with a low-lying placenta.


Potential role of LMP2 as tumor-suppressor defines new targets for uterine leiomyosarcoma therapy
SCIENTIFIC REPORTS,1:180 2011(Dec.)
Author:Hayashi, T; Horiuchi, A; Sano, K; Hiraoka, N; Kasai, M; Ichimura, T; Sudo, T; Tagawa, Y; Nishimura, R; Ishiko, O; Kanai, Y; Yaegashi, N; Aburatani, H; Shiozawa, T; Konishi, I


川崎病冠動脈後遺症合併妊娠の1例
日本産婦人科・新生児血液学会誌,20:49-54 2011
Author:小原久典、飯ヶ濵悠美、山﨑悠紀、小野恭子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


妊娠中に急性リンパ性白血病が再発し、化学療法施行後に健児を得た1例
日本産婦人科・新生児血液学会誌,20:55-60 2011
Author:小原久典、菊地範彦、長田亮介、大平哲史、岡 賢二、芦田 敬、金井 誠、塩沢丹里


Preoperative differential diagnosis of minimal deviation adenocarcinoma and lobular endocervical glandular hyperplasia of the uterine cervix:amulticenter study of clinicopathology and magnetic resonance imaging findings
Int J Gynecol Cancer,21(7):1287-96 2011
Author:Takatsu A,Shiozawa T,Miyamoto T,Kurosawa K,KashimaH,Yamada T,Kaku T,Mikami Y,Kiyokawa T,Tsuda H,Ishii K,Togashi k,Koyama T,Fujinaga Y,Kadoya M,Hashi A,Susumu N,Konishi I


Immunohistochemical detection of a specific receptor for lipocalin2(solute carrier family 22 member 17,SLC22A17)and its prognosticsignificance in endometrial carcinoma
Exp Mol Pathol,91(2):563-8 2011
Author:Miyamoto T,Asaka R,Suzuki A,Takatsu A,Kashima H,Shiozawa T


Laser-captured microdissection-microarray analysis of the genes involved in endometrial carcinogenesis:step wise up-regulation of lipocalin2 expression in normal and neoplastic endometrial and its functional relevance
Hum Pathol,42(9):1265-74 2011
Author:Miyamoto T,Kashima H,Suzuki A,Kikuchi N,Konishi I,Seki N,Shiozawa T


Immunohistochemical expression of keratin sulfare:a possible diagnostic marker for carcinomasof the female genital tract.
J Clin Pathol,64(12):1058-63 2011
Author:Miyamoto T,Ishii K,Asaka R,Suzuki A,Takatsu A,Kashima H,Shiozawa T.


Immunohistochemical detection of histone deacetylases in endometrial carcinoma: involvement of histone deacetylase 2 in the proliferation of endometrial carcinoma cells
HUMAN PATHOLOGY,41(6):848-858 2010(Jun.)
Author:Fakhry, Hussein; Miyamoto, Tsutomu; Kashima, Hiroyasu; Suzuki, Akihisa; Ke, He; Konishi, Ikuo; Shiozawa, Tanri


Immunohistochemical detection of steroid receptor cofactors in ovarian endometriosis: involvement of down-regulated SRC-1 expression in the limited growth activity of the endometriotic epithelium
VIRCHOWS ARCHIV,456(4):433-441 2010(Apr.)
Author:Suzuki, Akihisa; Horiuchi, Akiko; Oka, Kenji; Miyamoto, Tsutomu; Kashima, Hiroyasu; Shiozawa, Tanri


Inverse correlation between Skp2 and p27(Kip1) in normal endometriumand endometrial carcinoma
GYNECOLOGICAL ENDOCRINOLOGY,26(3):220-229 2010(Mar.)
Author:Miyamoto, Tsutomu; Horiuchi, Akiko; Kashima, Hiroyasu; Suzuki, Akihisa;Yamada, Tomoko; Kurai, Miyuki; Konishi, Ikuo; Shiozawa, Tanri


Fetal Goitrous Hypothyroidism due to Maternal Thyroid Stimulation-Blocking Antibody: A Case Report
FETAL DIAGNOSIS AND THERAPY,28(4):220-224 2010
Author:Ohira,Satoshi; Miyake, Masako; Kobara, Hisanori; Kikuchi, Norihiko; Osada, Ryosuke; Ashida, Takashi; Hirabayashi, Kanae; Nishio, Shin-ichi; Kanai, Makoto; Shiozawa, Tanri


Identification of a high incidence region for retroviral vector integration near exon 1 of the LMO2 locus
RETROVIROLOGY,6:79 2009(Sep.)
Author:Yamada, Koichiro; Tsukahara, Tomonori; Yoshino, Kazuhisa; Kojima, Katsuhiko; Agawa, Hideyuki; Yamashita, Yuki; Amano, Yuji; Hatta, Mariko; Matsuzaki, Yasunori; Kurotori, Naoki; Wakui, Keiko; Fukushima, Yoshimitsu; Osada, Ryosuke; Shiozawa, Tanri; Sakashita, Kazuo; Koike, Kenichi; Kumaki, Satoru; Tanaka, Nobuyuki; Takeshita, Toshikazu


子宮内膜および子宮内膜癌の増殖制御と性ステロイドホルモン
信州医学雑誌,54(2):59-68 2006(Apr.)
Author:塩沢丹里,小西郁生
Keywords:endometrium, endometrial carcinoma, sex steroid hormone, cell cycle, mismatch repair, 子宮内膜, 子宮内膜癌, 性ステロイドホルモン, 細胞周期, ミスマッチ修復


Correlation between MRI and histopathologic findings in stage I cervical carcinomas: influence of stromal desmoplastic reaction
INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER,16(2):610-614 2006
Author:Itoh, K; Shiozawa, T; Ohira, S; Shiohara, S; Konishi, I


Cystic clear cell tumor of borderline malignancy of the ovary lacking fibromatous components: Report of two cases and a possible new histological subtype
GYNECOLOGIC ONCOLOGY,101(3):540-544 2006
Author:Suzuki, A; Shiozawa, T; Mori, A; Kimura, K; Konishi, I


Estrogen up-regulates mismatch repair activity in normal and malignant endometrial glandular cells
ENDOCRINOLOGY,147(10):4863-4870 2006
Author:Miyamoto, T; Shiozawa, T; Kashima, H; Feng, YZ; Suzuki, A; Kurai, M; Nikaido, T; Konishi, I


"子宮内膜癌 ホルモン療法による温存療法.(""女性の病気とヘルスケアのクリニカルパス"")"
ホルモンと臨床,53:983-989 2005
Author:塩沢丹里,小西郁生


"卵巣出血(""Dos&Don'ts 婦人科当直の救急診療ガイド"")"
臨床婦人科産科,59:105-109 2005
Author:塩沢丹里,小西郁生


卵巣腫瘍の術式決定に術中迅速診断は有用か?-術前診断,術中迅速診断,術後病理診断の比較-
日本婦人科腫瘍学会雑誌,23:556-563 2005
Author:伊東和子,大平哲史,加藤 清,堀内晶子,塩沢丹里,小西郁生


高カルシウム血症を伴う婦人科悪性腫瘍の3例
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,42:89-98 2005
Author:小野恭子,大平哲史,原 きく江,伊東和子,鹿島大靖,宮本 強,岡 賢二,加藤 清,塩沢丹里,小西郁生,鈴木 悟


術前に卵巣粘液性腫瘍と診断した顆粒膜細胞腫の3例
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,42:47-54 2005
Author:井吹ゆき,大平哲史,伊東和子,加藤 清,岡 賢二,堀内晶子,塩沢丹里,小西郁生


Expression of Aurora kinases A and B in normal, hyperplastic, and malignant human endometrium: Aurora B as a predictor forpoor prognosis in endometrial carcinoma
Hum Pathol,36(12):1281-1288 2005
Author:Kurai M, Shiozawa T, Shih HC, Miyamoto T, Feng YZ, Kashima H, Suzuki A, Konishi I


BRAF mutation in endometrial carcinoma and hyperplasia: correlation with KRAS and p53 mutations and mismatch repair protein expression
Clin Cancer Res,11(17):6133-6138 2005
Author:Feng YZ, Shiozawa T, Miyamoto T, Kashima H, Kurai M, Suzuki A, Konishi I


Prenatal diagnosis of amniotic sheets by magnetic resonance imaging
Am J Obstet Gynecol,193(3):881-884 2005
Author:Kato K, Shiozawa T, Ashida T, Unno N, Konishi I


Expression of cyclins, p53, and Ki-67 in cervical squamous cell carcinomas: overexpression of cyclin A is a poor prognostic factor in stage Ib and II disease
Virchows Arch,446(6):626-633 2005
Author:Shiohara S, Shiozawa T, Miyamoto T, Feng YZ, Kashima H, Kurai M, Suzuki A, Konishi I


Primary retroperitoneal mucinous cystadenoma of borderline malignancy: a case report and review of the literature
Int J Gynecol Pathol,24(3):218-223 2005
Author:Matsubara M, Shiozawa T, Tachibana R, Hondo T, Osada K, Kawaguchi K, Kimura K, Konishi I


Leiomyoma of the ovary presenting with Meigs’syndrome
J Obstet Gynaecol Res,31(3):257-262 2005
Author:Kurai M, Shiozawa T, Noguchi H, Konishi I


不妊治療中に発症した高カルシウム血症性卵巣小細胞癌(大細胞亜型)の1例
飯田市立病院医誌,10:71-75 2004
Author:山崎輝行,波多野久昭,小野恭子,実原正明,西尾昌晃,伊藤信夫,金井信一郎,正木千穂,大平哲史,塩沢丹里,小西郁生


正常子宮内膜および内膜癌の増殖制御における細胞周期調節因子の関与
日本婦人科腫瘍学会雑誌,22:75-79 2004
Author:塩沢丹里,小西郁生


"子宮体癌の発癌機構 注目の遺伝子(""子宮頸癌・子宮体癌・卵巣癌の診断と治療"")"
日本臨床,62:259-263 2004
Author:塩沢丹里,小西郁生


"不妊症における子宮内膜症のリスク(#不妊症で問題となる婦人科腫瘍"")"
産婦人科の実際,53:827-835 2004
Author:塩沢丹里,小西郁生


"PCOSと子宮内膜癌発生(""多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)を考える"")"
産科と婦人科,71:773-779 2004
Author:塩沢丹里,小西郁生


肺動脈まで伸展したintravenous leiomyommatosisの一期的完全摘出術の1例
日心外会誌,33:98-101 2004
Author:古澤武彦,和田有子,瀬戸達一郎,中島恒夫,高野 環,北原博人,塩沢丹里,天野 純


Immunohistochemical expression of E-cadherin and β-catenin in the normal and malignant human endometrium: an inverse correlation between E-cadherin and nuclear β-catenin expression
Anticancer Res,24(6):3843-3850 2004
Author:Shih HC, Shiozawa T, Miyamoto T,Kashima H, Feng YZ, Kurai M, Konishi I


Elevated expression of E-cadherin and α-, β-, and γ-catenins in metastatic lesions compared with primary epithelial ovarian carcinomas
Hum Pathol,35(12):1469-1476 2004
Author:Imai T, Horiuchi A, Shiozawa T, Osada R, Kikuchi N, Ohira S, Oka K, Konishi I


Estrogen-induced proliferation of normal endometrial glandular cells is initiated by transcriptional activation of cyclin D1 via binding of c-Jun to an AP-1 sequence
Oncogene,23(53):8603-8610 2004
Author:Shiozawa T, Miyamoto T, Kashima H, Nakayama K, Nikaido T, Konishi I


Ovarian non-small cell neuroendocrine carcinoma with paraneoplastic parathyroid hormone-related hypercalcemia
Int J Gynecol Pathol,23(4):393-397 2004
Author:Ohira S, ltoh K, Shiozawa T, Horiuchi A, Ono K, Takeuchi H, Hosoda W, Konishi I


Endometrial carcinoma in septate uterus detected 6 months after full-term delivery: case report and review of the literature
Gynecol Oncol,93(1):242-247 2004
Author:Itoh K, Shiozawa T, Shiohara S, Ashida T, Konishi I


Expression of the mitogen-inducible gene-2 (mig-2) is elevated in human uterine leiomyomas but not in leiomyosarcomas
Hum Pathol,35(1):55-60 2004
Author:Kato K, Shiozawa T, Mitsushita J, Toda A, Horiuchi A, Nikaido T, Fujii S, Konishi I


Sarcoma botryoides of the uterine cervix in a 46-year-old woman: case reportand literature review
Int J GynecolPathol,23(1):78-82 2004
Author:Miyamoto T, Shiozawa T, Nakamura T, Konishi I


HRTの副作用 発癌のリスク-婦人科癌・乳癌-
産婦人科の実際,52:2217-2226 2003
Author:塩沢丹里,小西郁生


PaclitaxelとCarboplatin のTJ化学療法が奏功した子宮癌肉腫の骨盤内再発の1例
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,40:449-456 2003
Author:塩原茂樹,林 晶子,今井 努,伊東和子,塩沢丹里,小西郁生


顆粒膜細胞腫と鑑別困難で,術後早期に再発した悪性卵巣腫瘍の臨床病理像
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,40:17-23 2003
Author:大平哲史,伊東和子,正木千穂,小原みほ子,岡 賢二,塩原茂樹,塩沢丹里,白川貴士,小西郁生


"子宮内膜増殖症の分類と取り扱い.(""子宮内膜病変の評価と対策"")"
産婦人科の世界,55:1019-1025 2003
Author:塩沢丹里,小西郁生


"子宮内膜癌細胞に対するエストロゲンの増殖刺激機序―細胞外シグナルを核内に誘導する経路.(""子宮内膜癌のライフサイエンス 03"")"
産婦人科の世界,55:905-912 2003
Author:塩沢丹里,小西郁生


"HRTと子宮内膜癌.(""女性ホルモン補充療法(HRT)の再評価"")"
産科と婦人科,70:1065-1070 2003
Author:塩沢丹里,小西郁生


Nuclear localization of beta-catenin is correlated with the expression of cyclin D1 in endometrial carcinomas
Anticancer Res,23(5A):3749-3754 2003
Author:Shih HC, Shiozawa T, Miyamoto T, Uchikawa J, Feng YZ, Kashima H, Nikaido T, Konishi I


Expression of steroid receptor coactivators and corepressors in human endometrial hyperplasia and carcinoma with relevance to steroid receptors and Ki-67 expression
Cancer,98(10):2207-2213 2003
Author:Uchikawa J, Shiozawa T, Shih HC, Miyamoto T,Feng YZ, Kashima H, Oka K, Konishi I


Expression of replication-licensing factors MCM2 and MCM3 in normal, hyperplastic, and carcinomatous endometrium: correlation with expression of Ki-67 and estrogen and progesterone receptors
Int J Gynecol Pathol,22(4):334-340 2003
Author:Kato K, Toki T, Shimizu M, Shiozawa T, Fujii S, Nikaido T, Konishi I


Immunohistochemical expression of cyclins, cyclin-dependent kinases, tumor-suppressor gene products, Ki-67, and sex steroid receptors in endometrial carcinoma: positive staininig for cyclin A as a poor prognostic indicator
Hum Pathol,34(5):471-478 2003
Author:Shih HC, Shiozawa T, Kato K, Imai T, Miyamoto T, Uchikawa J, Nikaido T, Konishi I


Successful treatment with stereotactic radiosurgery for brain metastases of endometrial carcinoma: a case report and review of the literature
Int J Gynecol Cancer,13(1):71-76 2003
Author:Shiohara S, Ohara M, Itoh K, Shiozawa T, Konishi I


Cyclic changes in the expression of steroid receptor coactivators and corepressors in the normal human endometrium
J Clin Endocrinol Metab,88(2):871-878 2003
Author:Shiozawa T, Shih HC, Miyamoto T, Feng YZ, Uchikawa J, Itoh K, Konishi I


子宮頸部悪性腺腫とその周辺
病理と臨床,20:1145-1149 2002
Author:石井恵子,百瀬正信,羽山正義,堀川美栄子,塩沢丹里


癌性心嚢水貯留による心タンポナーデをきたした卵巣癌の2例
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,39:3-9 2002
Author:正木千穂,塩原茂樹,長谷川晶子,山田智子,菊地範彦,斉藤慶弘,伊東和子,塩沢丹里,小西郁生


肺転移・腟転移を伴った進行子宮体癌に対する集学的治療
日本産科婦人科学会関東連合地方部会会報,39:407-414 2002
Author:施 顕璋,塩原茂樹,長谷川晶子,高津亜希子,三橋優子,宮本 強,大平哲史,伊東和子,塩沢丹里,小西郁生,金子和彦


Down-regulation of estrogen receptor by the methylation of the estrogen receptor gene in endometrial carcinoma
Anticancer Res,22(1A):139-143 2002
Author:Shiozawa T, Itoh K, Horiuchi A, Konishi I, Fujii S, Nikaido T


Nonimmune "fulminant" type 1 diabetes presenting with diabetic ketoacidosis during pregnancy
OBSTETRICS AND GYNECOLOGY,99(5):877-879 2002
Author:Shiozawa T


Up-regulation of p27Kip1 by progestins is involved in the growth suppression of the normal and malignant human endometrial glandular cells
Endocrinology,142(10):4182-4188 2001
Author:Shiozawa T


Expression of the cell cycle regulator p27(Kip1) in normal squamous epithelium, cervical intraepithelial neoplasia, and invasive squamouscell carcinoma of the uterine cervix - Immunohistochemistry and functional aspects of p27(Kip1)
Cancer,92(12):3005-3011 2001
Author:Shiozawa T


細胞周期調節因子から見た正常子宮内膜および内膜癌の増殖制御機序
日本産婦人科学会雑誌,52:1179-1189 2000
Author:塩沢丹里


Abnormal expression of sex steroid receptors and cell cycle-related molecules in adenocarcinoma in situ of the uterine cervix
INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL PATHOLOGY,18(2):109-114 1999
Author:Lu, X; Shiozawa, T; Nakayama, K; Toki, T; Nikaido, T; Fujii, S


Expression of cyclins and cyclin-dependent kinases in smooth muscle tumors of the uterus
INTERNATIONAL JOURNAL OF CANCER,84(3):244-250 1999
Author:Zhai, YL; Nikaido, T; Shiozawa, T; Orii, A; Fujii, S


Cytologic and cytochemical features of adenoma malignum of the uterine cervix
CANCER CYTOPATHOLOGY,87(5):245-253 1999
Author:Ishii, K; Katsuyama, T; Ota, H; Watanabe, I; Matsuyama, I; Tsuchiya, S; Shiozawa, T; Toki, T


Ultrastructural features of adenoma malignum of the uterine cervix: Demonstration of gastric phenotypes
ULTRASTRUCTURAL PATHOLOGY,23(6):375-381 1999
Author:Ishii, K; Hidaka, E; Katsuyama, T; Ota, H; Shiozawa, T; Tsuchiya, S


Clear cell carcinoma has an expression pattern of cell cycle regulatory molecules that is unique among ovarian adenocarcinomas
Cancer,85(3):669-677 1999
Author:Shiozawa T


Immunohistochemical detection of sex steroid receptors, cyclins, and cyclin-dependent kinases in the normal and neoplastic squamous epithelia of the uterine cervix
CANCER,82(9):1709-1719 1998
Author:Kanai, M; Shiozawa, T; Xin, L; Nikaido, T; Fujii, S


Immunohistochemical analysis of cell cycle regulatory gene products in normal trophoblast and placental site trophoblastic tumor
INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL PATHOLOGY,17(3):235-240 1998
Author:Ichikawa, N; Zhai, YL; Shiozawa, T; Toki, T; Noguchi, H; Nikaido, T; Fujii, S


Involvement of cyclin-dependent kinase inhibitor p27(Kip1) in growth inhibition of endometrium in the secretory phase and of hyperplastic endometrium treated with progesterone
MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION,4(9):899-905 1998
Author:Shiozawa, T; Nikaido, T; Nakayama, K; Lu, X; Fujii, S


Minimal deviation adenocarcinoma of the uterine cervix has abnormal expression of sex steroid receptors, CA125, and gastric mucin
INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL PATHOLOGY,16(2):111-116 1997
Author:Toki, T; Shiozawa, T; Hosaka, N; Ishii, K; Nikaido, T; Fujii, S


Histochemical analysis of estrogen and progesterone receptors and gastric-type mucin in mucinous ovarian tumors with reference to their pathogenesis
CANCER,80(5):908-916 1997
Author:Shiohara, S; Shiozawa, T; Shimizu, M; Toki, T; Ishii, K; Nikaido, T; Fujii, S


Immunohistochemical analysis of the expression of cdk4 and p16(INK4) in human endometrioid-type endometrial carcinoma
CANCER,80(12):2250-2256 1997
Author:Shiozawa, T; Nikaido, T; Shimizu, M; Zhai, YL; Fujii, S


Thioredoxin expression in the human endometrium during the menstrual cycle
MOLECULAR HUMAN REPRODUCTION,3(11):989-993 1997
Author:Maruyama, T; Kitaoka, Y; Sachi, Y; Nakanoin, K; Hirota, K; Shiozawa, T; Yoshimura, Y; Fujii, S; Yodoi, J


Immunohistochemical detection of cyclin A with reference to p53 expression in endometrial endometrioid carcinomas
INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL PATHOLOGY,16(4):348-353 1997
Author:Shiozawa, T; Xin, L; Nikaido, T; Fujii, S


Stepwise abnormality of sex steroid hormone receptors, tumor suppressor gene products (p53 and Rb), and cyclin E in uterine endometrioid carcinoma
CANCER,77(2):321-329 1996
Author:Li, SF; Shiozawa, T; Nakayama, K; Nikaido, T; Fujii, S


Coabnormal expression of cyclin D1 and p53 protein in human uterine endometrial carcinomas
CANCER,78(6):1248-1253 1996
Author:Nikaido, T; Li, SF; Shiozawa, T; Fujii, S


In-vitro model of uterine leiomyomas: Formation of ball-like aggregates
HUMAN REPRODUCTION,11(8):1724-1730 1996
Author:Kobayashi, Y; Nikaido, T; Zhai, YL; Iinuma, M; Shiozawa, T; Shirota, M; Fujii, S


HISTOCHEMICAL-DEMONSTRATION OF GASTROINTESTINAL MUCINS IN OVARIAN MUCINOUS CYSTADENOMA
ACTA PATHOLOGICA JAPONICA,42(2):104-110 1992
Author:SHIOZAWA, T; TSUKAHARA, Y; ISHII, K; OTA, H; NAKAYAMA, J; KATSUYAMA, T


A DUAL STAINING METHOD FOR IDENTIFYING MUCINS OF DIFFERENT GASTRIC EPITHELIAL MUCOUS CELLS
HISTOCHEMICAL JOURNAL,23(1):22-28 1991
Author:OTA, H; KATSUYAMA, T; ISHII, K; NAKAYAMA, J; SHIOZAWA, T; TSUKAHARA, Y


LECTIN HISTOCHEMISTRY OF THE NORMAL HUMAN ENDOMETRIUM AND ENDOMETRIAL ADENOCARCINOMA
ACTA HISTOCHEMICA ET CYTOCHEMICA,24(2):233-240 1991
Author:SHIOZAWA, T; TSUKAHARA, Y; NAKAYAMA, J; KATSUYAMA, T


IMMUNOHISTOCHEMICAL LOCALIZATION OF BLOOD-GROUP SUBSTANCES IN NORMAL AND NEOPLASTIC ENDOMETRIAL TISSUES - WITH SPECIAL REFERENCE TO TYPE-1 CORE CHAIN EXPRESSION
GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION,32(3):185-188 1991
Author:SHIOZAWA, T; TSUKAHARA, Y; NAKAYAMA, J; ISHII, K; KATSUYAMA, T


IMMUNOHISTOCHEMICAL REACTIVITY OF ANTIKERATAN SULFATEMONOCLONAL-ANTIBODY 5D4 TO VARIOUS CONDITIONS OFHUMAN ENDOMETRIAL TISSUES AND ITS APPLICATION AS A USEFUL MARKER FOR IDENTIFYING ENDOMETRIAL EPITHELIA
GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION,32(4):239-242 1991
Author:SHIOZAWA, T; TSUKAHARA, Y; NAKAYAMA, J; ISHII, K; KATSUYAMA, T


ENDOMETRIAL CARCINOMA ARISING FROM A DOUBLE UTERUS
GYNECOLOGIC AND OBSTETRIC INVESTIGATION,29(4):311-312 1990
Author:TSUKAHARA, Y; FUKAMATSU, Y; TOMITA, K; SHIOZAWA, T; IINUMA, H; FUKUTA, T


学会発表
胎児共存奇胎後に続発した治療抵抗性存続絨毛症の1例
第126回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2103(Oct.)
Author:辻さやか、高津亜希子、曽根原健太、大岡尚実、中村祐介、石川香織、古川哲平、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


Nesidioblastosisが疑われ妊娠中に低血糖発作が増加した1例
信州医学雑誌 , 65(3):198 2017(Jun.)
Author:横川 裕亮, 安藤 大史, 山中 桜, 浅香 亮一, 布施谷 千穂, 菊池 範彦, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


非浸潤性乳管癌手術後に漿液性癌を発症した2例
信州医学雑誌 , 65(3):198 2017(Jun.)
Author:大野 晃一, 大場 崇旦, 家里 明日美, 福島 優子, 伊藤 勅子, 金井 敏晴, 前野 一真, 伊藤 研一, 山田 靖, 小原 久典, 鹿島 大靖, 塩沢 丹里


信州大学医学部附属病院におけるHBOC診療体制の構築 拾い上げ問診票導入後の院内連携の変化
日本遺伝カウンセリング学会誌 , 38(2):106 2017(May)
Author:黄瀬 恵美子, 石川 真澄, 山下 浩美, 家里 明日美, 伊藤 研一, 鹿島 大靖, 菊地 範彦, 宮本 強, 塩沢 丹里, 浅香 志穂, 上原 剛, 高野 亨子, 古庄 知己, 福嶋 義光


Intrauterine insemination(IUI)後の妊娠成績と相関する因子の統計的検討
日本生殖医学会雑誌 , 62(1-2):98 2017(Apr.)
Author:樋口 正太郎, 室賀 圭悟, 田切 美穂, 山本 綾子, 内川 順子, 岡 賢二, 塩沢 丹里


先天性サイトメガロウイルス感染児の聴力・神経学的予後に関する前方視的臨床研究(第2報)
日本小児科学会雑誌 , 121(3):642 2017(Mar.)
Author:高附 充帆, 本林 光雄, 山本 哲也, 西尾 信哉, 茂木 英明, 大平 哲史, 塩沢 丹里, 岩崎 聡, 宇佐美 真一, 稲葉 雄二


羊水除去術により妊娠期間を延長し得た双胎間輸血症候群の1例
長野県母子衛生学会誌 , 19:30 2017(Mar.)
Author:安藤 大史, 品川 真奈花, 内山 夏紀, 浅香 亮一, 布施谷 千穂, 菊地 範彦, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


マウスモデルにおいて高濃度の血中エストロゲンは子宮内膜癌の発生を抑制する
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):677 2017(Feb.)
Author:浅香 亮一, 井田 耕一, 樋口 正太郎, 安藤 大史, 鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里


摘出卵巣から未熟卵を採取し生児を得た再発性卵巣境界悪性腫瘍の一例
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):715 2017(Feb.)
Author:樋口 正太郎, 岡 賢二, 品川 真奈花, 山田 靖, 小原 久典, 内川 順子, 鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里


Placental mesenchymal dysplasiaが疑われ、胎盤の嚢胞様構造が妊娠経過とともに縮小した1例
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):758 2017(Feb.)
Author:大平 哲史, 浅香 亮一, 品川 真奈花, 安藤 大史, 布施谷 千穂, 菊地 範彦, 金井 誠, 塩沢 丹里


当院における高度会陰裂傷の発生リスクおよび次回経腟分娩時の再発に関しての検討
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):776 2017(Feb.)
Author:菊地 範彦, 大平 哲史, 品川 真奈花, 安藤 大史, 浅香 亮一, 布施谷 千穂, 金井 誠, 塩沢 丹里


MRIで術前診断が困難であった子宮腺筋症から発生したと考えられる子宮体癌の一例
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):798 2017(Feb.)
Author:小原 久典, 山中 桜, 井田 耕一, 樋口 正太郎, 山田 靖, 布施谷 千穂, 鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里


当科で経験した子宮、卵巣に病巣を形成した悪性リンパ腫の臨床的検討
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):830 2017(Feb.)
Author:井田 耕一, 鹿島 大靖, 藤森 美音, 横川 裕亮, 竹内 穂高, 樋口 正太郎, 山田 靖, 小原 久典, 宮本 強, 塩沢 丹里


パゾパニブにより長期間腹水をコントロールできた子宮平滑筋肉腫の一例
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):838 2017(Feb.)
Author:山田 靖, 品川 真奈花, 井田 耕一, 樋口 正太郎, 小原 久典, 鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里


Nesidioblastosisが疑われ妊娠中に低血糖発作を繰り返した1例
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):889 2017(Feb.)
Author:安藤 大史, 浅香 亮一, 内山 夏紀, 横川 裕亮, 布施谷 千穂, 菊地 範彦, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


早発卵巣不全患者における排卵予測因子に関する検討
日本産科婦人科学会雑誌 , 69(2):979 2017(Feb.)
Author:岡 賢二, 樋口 正太郎, 内川 順子, 塩沢 丹里


ホルモン補充療法中の自然排卵により妊娠に至った早発卵巣不全の一例
第18回長野県生殖不妊症研究会 2016(Nov.)
Author:岡 賢二、樋口正太郎、内川順子、室賀圭悟、田切美穂、山本綾子、塩沢丹里


羊水除去術により妊娠期間を延長し得た双胎間輸血症候群の1例
第19回長野県母子衛生学会 2016(Nov.)
Author:安藤大史、品川真奈花、内山夏紀、浅香亮一、布施谷千穂、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


摘出卵巣から採卵を行い妊娠に至った再発性卵巣境界悪性腫瘍の一例
第61回日本生殖医学会学術講演会 2016(Nov.)
Author:樋口正太郎、岡賢二、室賀圭悟、田切美穂、山本綾子、山田靖、内川順子、宮本強、塩沢丹里


子宮平滑筋肉腫の発症機序:がん抑制因子IRF-1関与
第75回日本癌学会学術総会 2016(Oct.)
Author:林琢磨、塩沢丹里、八重樫伸生、小西郁生


タヒボ茶はマウス異種移植モデルにおいてヒト子宮内膜癌の増大を抑制する
第75回日本癌学会学術総会 2016(Oct.)
Author:安藤大史、宮本強、鹿島大靖、小原久典、山田靖、樋口正太郎、宇田耕一、David H.Mvunta、林琢磨、塩沢丹里


SIRT1 plays a role in the acquisition of aggresiveness and chemo-resistance of ovarian carcinoma cells
第75回日本癌学会学術総会 2016(Oct.)
Author:David H.Mvunta,Tsutomu Miyamoto,Ryoichi Asaka,Hirofumi Ando,Yasushi Yamada,Shotaro Higuchi,Koichi Ida,Hisanori Kobara,Hiroyasu Kashima,Tanri Shiozawa


産婦人科腹腔鏡下手術における術中膀胱鏡の有用性
第3回長野県産婦人科内視鏡懇話会 2016(Oct.)
Author:鹿島大靖、岡 賢二、藤森美音、横川裕亮、山中 桜、井田耕一、樋口正太郎、山田 靖、小原久典、布施谷千穂、宮本 強、塩沢丹里


摘出卵巣から採卵を行い妊娠に至った再発性卵巣境界悪性腫瘍の一例
日本生殖医学会雑誌 , 61(4):366 2016(Oct.)
Author:樋口 正太郎, 岡 賢二, 室賀 圭悟, 田切 美穂, 山本 綾子, 山田 靖, 内川 順子, 宮本 強, 塩沢 丹里


子宮平滑筋肉腫の発症機序 がん抑制因子IRF-1関与
日本癌学会総会記事 , 75:E-3023 2016(Oct.)
Author:林 琢磨, 塩沢 丹里, 八重樫 伸生, 小西 郁生


タヒボ茶はマウス異種移植モデルにおいてヒト子宮内膜癌の増大を抑制する
日本癌学会総会記事 , 75:P-1381 2016(Oct.)
Author:安藤 大史, 宮本 強, 鹿島 大靖, 小原 久典, 山田 靖, 樋口 正太郎, 井田 耕一, Mvunta David H., 林 琢磨, 塩沢 丹里


術前化学療法を施行した子宮頸癌IB2期合併妊娠の一例
日本癌治療学会学術集会抄録集 , 54:P41-11 2016(Oct.)
Author:井田 耕一, 樋口 正太郎, 安藤 大史, 浅香 亮一, 山田 靖, 小原 久典, 鹿島 大靖, 大平 哲史, 宮本 強, 塩沢 丹里


当科で経験した先天性心疾患合併妊娠
第29回長野県周産期研究会 2016(Sep.)
Author:浅香亮一、内山夏紀、品川真奈花、安藤大史、布施谷千穂、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


MRIで診断が困難であった子宮腺筋症から発生したと考えられる子宮体癌の一例
第135回信州産婦人科連合会学術講演会 2016(Sep.)
Author:山中桜、小原久典、藤森美音、横川裕亮、井田耕一、樋口正太郎、山田靖、布施谷千穂、鹿島大靖、宮本強、塩沢丹里


膵島細胞症が疑われ妊娠中に低血糖発作を繰り返した1例
第135回信州産婦人科連合会学術講演会 2016(Sep.)
Author:横川裕亮、内山夏紀、品川真奈花、安藤大史、浅香亮一、布施谷千穂、菊地範彦、大平哲史、金井誠、塩沢丹里


術前の画像診断が困難であった妊娠31週の卵巣内仮性動脈瘤の1例
JSAWI2016 2016(Sep.)
Author:山中桜、井田耕一、内山夏紀、 品川真奈花、安藤大史、浅香亮一 菊地範彦、大平哲史、金井誠、 塩沢丹里


FDG-PET が診断の契機になった子宮内膜症由来の類内膜腺癌の一例
JSAWI2016 2016(Sep.)
Author:中村真菜、野中智文、藤田顕、 大彌歩、藤永康成、宮本強、塩沢 丹里、浅香志穂、岩谷舞、角谷 眞澄


2つの精子幹細胞自己複製因子の精巣内発現動態・機能比較
The Journal of Reproduction and Development , 62(Suppl.):j71 2016(Sep.)
Author:高島 誠司, 正木 魁人, 黒木 俊介, 藤森 祐紀, 保科 和夫, 岡 賢二, 天野 俊康, 塩沢 丹里, 石塚 修, 保地 眞一, 立花 誠, 八木 瑞貴


パゾパニブにより長期間腹水をコントロールできた子宮平滑筋肉腫の一例
関東連合産科婦人科学会誌 , 53(3):392 2016(Aug.)
Author:品川 真奈花, 小原 久典, 藤森 美音, 横川 裕亮, 山中 桜, 井田 耕一, 樋口 正太郎, 山田 靖, 鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里, 春日 裕美


妊娠中抗凝固療法を行ったバッド・キアリ症候群合併妊娠の1例2妊娠
関東連合産科婦人科学会誌 , 53(3):402 2016(Aug.)
Author:内山 夏紀, 浅香 亮一, 安藤 大史, 菊地 範彦, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


子宮頸部多嚢胞性病変に対する当科の対応と転帰 - 94例の後方視的検討とGNAS遺伝子変異の意義
中日本産婦人科セミナー 2016(Jul.)
Author:安藤大史、宮本強、高津亜希子、山田靖、David Mvunta Hamisi、樋口正太郎、井田耕一、鹿島大靖、塩沢丹里


GnRHアゴニストを長期投与している摘出困難な静脈内平滑筋腫症の1例
信州医学雑誌 , 64(3):166 2016(Jun.)
Author:田中 泰裕, 小原 久典, 品川 真菜花, 山中 桜, 中島 雅子, 樋口 正太郎, 山田 靖, 鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里


子宮平滑筋肉腫腫瘍形成 腫瘍抑制因子IRF1機能障害の関与
日本婦人科腫瘍学会雑誌 , 34(3):450 2016(Jun.)
Author:林 琢磨, 堀内 晶子, 塩沢 丹里, 八重樫 伸生, 小西 郁生


子宮頸部腺扁平上皮癌合併妊娠の一例
日本婦人科腫瘍学会雑誌 , 34(3):500 2016(Jun.)
Author:小原 久典, 浅香 亮一, 田中 泰裕, 中島 雅子, 山田 靖, 鹿島 大靖, 大平 哲史, 宮本 強, 塩沢 丹里


妊娠31週に自然破裂した右子宮動脈の分枝の卵巣内仮性動脈瘤の1例
日本周産期・新生児医学会雑誌 , 52(2):757 2016(Jun.)
Author:井田 耕一, 浅香 亮一, 安藤 大史, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


術前化学療法を施行した子宮頸部腺癌合併妊娠の一例
日本周産期・新生児医学会雑誌 , 52(2):797 2016(Jun.)
Author:浅香 亮一, 安藤 大史, 井田 耕一, 小原 久典, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


腹腔鏡下子宮体癌根治手術の保険治療への導入
第134回信州産婦人科連合会総会・学術講演会 2016(May)
Author:宮本強、鹿島大靖、岡賢二、小原久典、品川真奈花、山中桜、中島雅子、樋口正太郎、山田靖、舟本寛、塩沢丹里


Dysgerminomaを合併した46,XY/45,Xの染色体構成をもつTurner症候群の1例
第134回信州産婦人科連合会総会・学術講演会 2016(May)
Author:春日裕美、横川裕亮、内山夏紀、品川真奈花、山中桜、樋口正太郎、井田耕一、山田靖、小原久典、鹿島大靖、宮本強、塩沢丹里


妊娠31週に破裂した子宮動脈由来仮性動脈瘤の1例
第134回信州産婦人科連合会総会・学術講演会 2016(May)
Author:藤森美音、井田耕一、田中友之、安藤大史、浅香亮一、菊地範彦、大平哲史、金井誠、塩沢丹里


妊娠を契機に診断された大動脈弁狭窄症合併妊娠の1例
関東連合産科婦人科学会誌 , 53(2):224 2016(May)
Author:品川 真奈花, 井田 耕一, 安藤 大史, 浅香 亮一, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


ディスジャーミノーマを合併した46、XY/45、Xの染色体構成をもつターナー症候群の一例
関東連合産科婦人科学会誌 , 53(2):246 2016(May)
Author:春日 裕美, 小原 久典, 品川 真奈花, 山中 桜, 中島 雅子, 井田 耕一, 樋口 正太郎, 山田 靖, 鹿島 大靖, 宮本 強, 塩沢 丹里


妊娠高血圧症候群における病型と病理組織学的所見の比較検討
日本病理学会会誌 , 105(1):334 2016(Apr.)
Author:立石 文子, 大平 哲史, 山本 陽一朗, 塩沢 丹里, 菅野 祐幸


ストレスマーカーと微弱陣痛の関連の検討
長野県母子衛生学会誌 , 18:28 2016(Mar.)
Author:田中 泰裕, 大平 哲史, 山中 桜, 安藤 大史, 井田 耕一, 浅香 亮一, 金井 誠, 塩沢 丹里


子宮間葉系腫瘍に対する診断用バイオマーカーの探索
長野県医学会雑誌 , 46:70-72 2016(Mar.)
Author:林 琢磨, 堀内 晶子, 塩沢 丹里, 石河 修, 八重樫 伸生, 利根川 進, 小西 郁生


子宮間葉系腫瘍に対する標的分子の探索 カベオリンの生物学的性質
長野県医学会雑誌 , 46:130-132 2016(Mar.)
Author:林 琢磨, 堀内 晶子, 塩沢 丹里, 石河 修, 八重樫 伸生, 利根川 進, 小西 郁生


子宮体部腫瘍 レーザーマイクロダイセクションによって採取した単一患者の正常子宮内膜・異型増殖症、類内膜腺癌部分の全エクソンシーケンス
日本産科婦人科学会雑誌 , 68(2):597 2016(Feb.)
Author:樋口 正太郎, 宮本 強, 安藤 大史, 浅香 亮一, 山田 靖, 鹿島 大靖, 小原 久典, 井田 耕一, Mvunta David, 塩沢 丹里


Nuclear protein 1はlipocalin2の下流で作用する新規候補因子である
日本産科婦人科学会雑誌 , 68(2):653 2016(Feb.)
Author:山田 靖, 宮本 強, 安藤 大史, 樋口 正太郎, 井田 耕一, Mvunta David, 鹿島 大靖, 塩沢 丹里


重症大動脈弁狭窄症合併妊娠の1例
日本産科婦人科学会雑誌 , 68(2):752 2016(Feb.)
Author:井田 耕一, 山中 桜, 品川 真奈花, 田中 泰裕, 浅香 亮一, 大平 哲史, 金井 誠, 塩沢 丹里


子宮頸部腺癌合併妊娠の一例
日本産科婦人科学会雑誌 , 68(2):756 2016(Feb.)
Author:浅香 亮一, 田中 泰裕, 中島 雅子, 井田 耕一, 小原 久典, 高津 亜希子, 鹿島 大靖, 大平 哲史, 宮本 強, 金井 誠, 塩沢 丹里


妊娠高血圧症候群では母体血および臍帯血中Neuregulin-1β1濃度が高値となる
日本産科婦人科学会雑誌 , 68(2):790 2016(Feb.)
Author:大平 哲史, 浅香 亮一, 小原 久典, 井田 耕一, 菊地 範彦, 金井 誠, 塩沢 丹里


タヒボ茶はマウスモデルにおける子宮内膜癌異種移植片に対して抗腫瘍効果を示す
日本産科婦人科学会雑誌 , 68(2):885 2016(Feb.)
Author:安藤 大史, 宮本 強, 鹿島 大靖, 小原 久典, 山田 靖, Mvunta David, 樋口 正太郎, 井田 耕一, 林 琢磨, 塩沢 丹里


悪性疾患の治療に伴う精子凍結保存 運動精子凍結に影響する因子
日本産科婦人科学会雑誌 , 68(2):999 2016(Feb.)
Author:岡 賢二, 樋口 正太郎, 山田 靖, 内川 順子, 塩沢 丹里


高度な鬱血にもかかわらず捻転解除により卵巣機能が温存された正常卵巣茎捻転の2例
第28回日本内視鏡外科学会総会 2015(Dec. 10)
Author:岡 賢二, 宮本 強, 鹿島 大靖, 塩沢 丹里


ストレスマーカーと微弱陣痛の関連の検討
第18回長野県母子衛生学会総会・学術講演会 2015(Nov. 14)
Author:田中泰裕、大平哲史、山中桜、井田耕一、浅香亮一、金井誠、塩沢丹里


Lipocalin2 enhances the tolerance against oxidative stress in clear cell carcinoma cells through the upregulation of CD44 variant.
The 4th Biennial Meeting Asian Society Gynecologic Oncology 2015(Nov. 12)
Author:Yasushi Yamada, Tsutomu Miyamoto, Hiroyasu Kashima, Hisanori Kobara, Ryoichi Asaka, Hirofumi Ando, Shotaro Higuchi, Kosuke Ida and Tanri Shiozawa.


摘出した再発性卵巣境界悪性腫瘍組織から採卵を行った一例
第17回長野県生殖不妊症研究会 2015(Nov. 07)
Author:品川真奈花、樋口正太郎、室賀圭悟、田切美穂、山本綾子、山田靖、内川順子、宮本強、岡賢二、塩沢丹里


GnRHアゴニスト長期投与で管理している摘出困難な静脈内平滑筋腫症の1例
第130回関東連合産婦人科学会学術集会 2015(Oct. 24)
Author:髙野宏太、田中泰裕、春日裕美、中島雅子、樋口正太郎、山田靖、高津亜希子、鹿島大靖、宮本強、塩沢丹里


息切れを呈した甲状腺機能亢進症合併妊娠の一例
第130回関東連合産婦人科学会学術集会 2015(Oct. 24)
Author:品川真奈花、浅香亮一、山中桜、田中泰裕、井田耕一、大平哲史、金井誠、塩沢丹里


HDAC阻害剤はMig-6発現増強を介して子宮内膜癌細胞のプロゲスチン感受性を増強する
2015(Oct. 08)
Author:安藤大史、宮本強、高津亜希子、山田靖、樋口正太郎、井田耕一、 鹿島大靖、塩沢丹里


転写補助因子nuclear protein1はlipocalin2の新規標的候補遺伝子である
第74回日本癌学会学術総会 2015(Oct. 08)
Author:山田靖、宮本強、安藤大史、樋口正太郎、井田耕一、鹿島大靖、塩沢丹里


子宮内膜癌細胞のシスプラチン耐性に関与する Lipocalin2 の下流 因子の探索
第74回日本癌学会学術総会 2015(Oct. 08)
Author:宮本 強、山田 靖、小原 久典、安藤 大史、樋口 正太郎、井田 耕一、 鹿島 大靖、塩沢 丹里


重症大動脈弁狭窄症合併妊娠の1例
第133回信州産婦人科連合会学術講演会 2015(Oct. 03)
Author:山中 桜、品川真奈花、田中泰裕、井田耕一、浅香亮一、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


悪性黒色腫との鑑別を要した子宮頸部に黒色病変を有した2例
第133回信州産婦人科連合会学術講演会 2015(Oct. 03)
Author:中島雅子、小原久典、田中泰裕、髙野宏太、春日裕美、樋口正太郎、山田靖、高津亜希子、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


既往帝王切開と切迫流早産の関連~子宮口開大後の帝王切開は切迫流早産のリスクとなりうるか~
長野県周産期研究会 2015(Sep. 26)
Author:浅香亮一,品川真奈花,山中桜,田中泰裕,井田耕一,大平哲史,金井誠,塩沢丹里


G-CSF産生を伴った純粋型の卵巣扁平上皮癌の1例
2015(Aug. 07)
Author:小原久典、小野元紀、田中泰裕、小林愛子、樋口正太郎、    橘 涼太、宮本 強、塩沢丹里


子宮内膜癌に対するMPA療法におけるMig-6の関与とHDAC阻害剤の応用
2015(Jul. 17)
Author:安藤大史、宮本 強、高津亜希子、井田耕一、樋口正太郎、David Mvunta Hamisi、山田靖、鹿島大靖、塩沢丹里


管理に苦慮した特発性間質性肺炎合併妊娠の一例
2015(Jul. 10)
Author:小野元紀、大平哲史、浅香亮一、金井 誠、塩沢丹里


HDAC阻害剤は子宮内膜癌細胞のプロゲステロン受容体およびMig-6発現を増強しMPA療法と相乗効果を示す
中日本産婦人科セミナー 2015(Jul. 04)
Author:安藤大史、宮本強、高津亜希子、山田靖、樋口正太郎、井田耕一、鹿島大靖、塩沢丹里


悪性黒色腫を疑った 子宮頸部に黒色病変を有した2例
2015(Jun. 20)
Author:田中泰裕、小原久典、春日裕美 清澤恵未、樋口正太郎、橘 涼太 髙津亜希子、鹿島大靖、宮本 強 塩沢丹里


微弱陣痛と交感神経の関連における検討
2015(Jun. 20)
Author:中島雅子、大平哲史、小野元紀、浅香亮一、田中恭子、高津亜希子、金井誠、塩沢丹里


子宮内膜癌に対するMPA療法におけるMig-6の関与とHDAC阻害剤併用効果の検討
第20回生殖医学フォーラム 2015(Jun. 12)
Author:安藤大史、宮本強、高津亜希子、山田靖、樋口正太郎、井田耕一、鹿島大靖、塩沢丹里


心タンポナーゼを呈した縦隔原発大細胞型B細胞リンパ腫合併妊娠の一例
第25回日本産婦人科新生児血液学会 2015(Jun. 05)
Author:小野元紀、浅香亮一、高津亜希子、大平哲史、金井誠、塩沢丹里


心不全を契機に診断されたバセドウ病合併妊娠の一例
第132回信州産婦人科連合会学術講演会 2015(May 16)
Author:品川真奈花、高野宏太、浅香亮一、小野元紀、中島雅子、井田耕一、大平哲史、金井誠、塩沢丹里


GnRHアナログを長期投与している摘出困難な静脈内平滑筋腫症の1例
第132回信州産婦人科連合会学術講演会 2015(May 16)
Author:田中泰裕、小原久典、春日裕美、山中桜、樋口正太郎、山田靖、髙津亜希子、鹿島大靖、宮本強、岡賢二、塩沢丹里


Comparison of sperm morphology between those obtained in high and low magnification images.
IFFS 2015(Apr. 26)
Author:Utsuno H, Oka K, Yamamoto A, Uchikawa J, Yamada K, Tachibana R, Higuchi S, Shiozawa T


単一卵胞発育をめざしたFSH低用量漸増法の治療成績に関する検討
第32回信州内分泌談話会 2015(Mar. 14)
Author:中島雅子、岡 賢二、樋口正太郎、橘 理絵、山田香織、内川順子、宇津野宏樹、山本綾子、塩沢丹里


当科で経験した家族性地中海熱の 5 例~子宮内膜症類縁疾患の可能性
第36回日本エンドメトリオーシス学会学術講演会 2015(Jan. 24)
Author:岡 賢二、宇津野宏樹、樋口正太郎、橘 理絵、山田香織、内川順子、塩沢丹里


プロタミン欠乏による精子頭部形態の変化
第59回日本生殖医学会学術講演会 2014(Dec. 04)
Author:宇津野宏樹、岡 賢二、山本綾子、内川順子、山田香織、橘 理絵、塩沢丹里


自然周期もしくは単一卵胞発育をめざした卵巣刺激により施行したIntrauterine insemination(IUI)後の妊娠成績予測因子に関する検討
第59回日本生殖医学会学術講演会 2014(Dec. 04)
Author:岡 賢二、宇津野宏樹、山本綾子、樋口正太郎、橘 理絵、山田香織、内川順子、塩沢丹里


A case of spontaneous regression of recurrent ovarian serous adenocarcinoma.
15th International Gynecologic Cancer Society(IGCS) 2014(Nov. 08)
Author:Higuchi S、Miyamoto T、 Kobayashi A、Tanaka Y、Kasuga H、Nakajima M、Kobara H、Tachibana R、 Shiozawa T.


Preoperative diagnosis and the treatment of 84 cases presenting with multi-cystic lesions of the uterine cervix.
15th International Gynecologic Cancer Society(IGCS) 2014(Nov. 08)
Author:Ando H、Miyamoto T、 Takatsu A、Yamada Y、Higuchi S、Tachibana R、Kashima H、Kobara H、Shiozawa T.


Lipocalin2 enhances invasion and survival against oxidateive steress of ovarian crear cell carcinoma.
15th International Gynecologic Cancer Society(IGCS) 2014(Nov. 08)
Author:Yamada Y、Miyamoto T、Ando H、Takatsu A、 Higuchi S、Kobara H、Shozawa T.


The cases with pregnancy in women with LEGH-LIKE lesion.
15th International Gynecologic Cancer Society(IGCS) 2014(Nov. 08)
Author:Takatsu A、Miyamoto T、Ando H、Yamada Y、Higuchi S、Asaka R、Ohira S、Shiozawa T.


Lipocalin2 increases cisplatin resistance via elevated expression of CD44V8-10 and CD133
15th International Gynecologic Cancer Society(IGCS) 2014(Nov. 08)
Author:Miyamoto T、Yamada Y、Ando H、kobara H、Takatsu A、Higuchi S、Kashima H、Shiozawa T.


妊娠中に発症した虫垂炎5例の検討
第17回長野県母子衛生学会総会・学術講演会 2014(Nov. 08)
Author:清澤恵未、浅香亮一、田中恭子、高津亜希子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


卵巣癌の傍大動脈リンパ節転移と鑑別を要した卵巣およびリンパ節子宮内膜症の1例
第128回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2014(Oct. 25)
Author:大久保奈緒、小原久典、小野元紀、中島雅子、曽根原健太、安藤大史、樋口正太郎、山田 靖、橘 涼太、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


陣痛発来後緊急帝王切開の経過が次回妊娠時の切迫流早産におよぼす影響
第128回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2014(Oct. 25)
Author:春日裕美、浅香亮一、田中泰裕、小林愛子、曽根原健太、清澤恵未、田中恭子、高津亜希子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


胎盤絨毛におけるcell senescence関連蛋白発現の検討
第22回日本胎盤学会学術集会 2014(Oct. 03)
Author:樋口正太郎、菊地範彦、石川香織、安藤大史、浅香亮一、山田 靖、小原久典、大平哲史、宮本 強、塩沢丹里


妊娠高血圧症候群では臍帯および絨毛内の血管内皮にNeuregulin-1β1が強発現する
第22回日本胎盤学会学術集会 2014(Oct. 03)
Author:大平哲史、浅香亮一、小原久典、高津亜希子、菊地範彦、金井 誠、塩沢丹里


Mycoplasma hominisが原因と考えられた帝王切開後子宮感染の2例
第32回日本クラミジア研究会 2014(Sep. 27)
Author:田中泰裕、浅香亮一、田中恭子、高津亜希子、菊地範彦、大平哲史、塩沢丹里


フォンダパリヌクスで抗凝固療法を行った静脈血栓症既往妊娠の一例
第27回長野県周産期研究会 2014(Sep. 27)
Author:春日裕美、浅香亮一、田中泰裕、田中恭子、高津亜希子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


子宮頸部多嚢胞性病変を示した84例の術前診断と臨床経過の検討
第73回日本癌学会学術総会 2014(Sep. 25)
Author:安藤大史、宮本 強、高津亜希子、山田 靖、樋口正太郎、小原久典、鹿島大靖、塩沢丹里


Lipocalin2はCD44vとCD133の発現上昇を介して抗癌剤抵抗性を増強する
第73回日本癌学会学術総会 2014(Sep. 25)
Author:宮本 強、山田 靖、小原久典、安藤大史、浅香亮一、樋口正太郎、鹿島大靖、塩沢丹里


子宮間葉系腫瘍に対する新規標的因子の探索:抗腫瘍因子LMP2の生物学的役割について
第73回日本癌学会学術総会 2014(Sep. 25)
Author:林 琢磨、堀内晶子、塩沢丹里、石河 修、八重樫伸生、利根川進、小西郁生


Lipocalin2は卵巣明細胞腺癌細胞の酸化ストレス耐性を増強する
第73回日本癌学会学術総会 2014(Sep. 25)
Author:山田 靖、宮本 強、小原久典、浅香亮一、安藤大史、樋口正太郎、鹿島大靖、塩沢丹里


多嚢胞性卵巣症候群に対して腹腔鏡下卵巣多孔術を施行した16例の検討
第54回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2014(Sep. 11)
Author:橘 涼太、岡 賢二、安藤大史、橘 理絵、山田香織、小原久典、内川順子、宮本 強、塩沢丹里


卵巣癌と鑑別を要した胃原発GISTの1例
第15回JSAWI 2014(Sep. 05)
Author:田中泰裕、樋口正太郎、小野元紀、曽根原健太、橘 涼太、小原久典、宮本 強、塩沢丹里


Lipocalin2は低酸素環境でMMP-9活性と絨毛外トロフォブラストの浸潤を亢進させる
第19回日本病態プロテアーゼ学会学術集会 2014(Aug. 08)
Author:小原久典、宮本 強、浅香亮一、山田 靖、塩沢丹里


腎機能障害合併子宮頸癌に対するNedaplatinを用いた同時化学放射線療法の検討
第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2014(Jul. 17)
Author:小原久典、橘 涼太、安藤大史、山田 靖、鹿島大靖、宮本 強、塩沢丹里


婦人科がんの形態と機能の架け橋―分葉状頸管腺過形成(LEGH)の機能
第56回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2014(Jul. 17)
Author:塩沢丹里


著明な胸水・心嚢水貯留を伴った縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫合併妊娠の一例
第50回日本周産期・新生児医学会学術集会 2014(Jul. 13)
Author:小林愛子、高津亜希子、浅香亮一、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


IgA腎症合併妊娠の臨床経過に関する検討
第50回日本周産期・新生児医学会学術集会 2014(Jul. 13)
Author:菊地範彦、田中恭子、高津亜希子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


当院で管理中に妊娠し、生児を得たLEGHの2例
第1回北信越産婦人科研究会 2014(Jul. 05)
Author:曽根原健太、高津亜希子、春日裕美、田中泰裕、浅香亮一、安藤大史、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、宮本 強、金井 誠、塩沢丹里


鉄輸送蛋白lipocalin2は、子宮内膜症および卵巣癌で酸化ストレス軽減に作用する
第1回北信越産婦人科研究会 2014(Jul. 05)
Author:山田 靖、宮本 強、小原久典、安藤大史、浅香亮一、鹿島大靖、塩沢丹里


卵巣癌と鑑別を要した胃原発GISTの1例
第127回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2014(Jun. 21)
Author:曽根原健太、小原久典、辻さやか、安藤大史、山田 靖、橘 涼太、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


静脈血栓症既往妊娠に対してフォンダパリヌクスの自己注射で管理した1例
第127回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2014(Jun. 21)
Author:小野元紀、高津亜希子、小林愛子、大久保奈緒、古川哲平、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


ヘパリンアレルギーのためのフォンダパリヌクスで妊娠管理した静脈血栓症既往妊娠の一例
第24回日本産婦人科・新生児血液学会 学術集会 2014(Jun. 13)
Author:大岡尚実、古川哲平、高津亜希子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


卵巣癌と鑑別を要した胃原発GISTの1例
第131回信州産婦人科連合会学術講演会 2014(May 17)
Author:曽根原健太、小原久典、春日裕美、田中泰裕、浦崎美紗子、大久保奈緒、安藤大史、橘 涼太、宮本 強、塩沢丹里


治療に苦慮した縦隔原発大細胞型B細胞性リンパ腫合併妊娠の一例
第131回信州産婦人科連合会学術講演会 2014(May 17)
Author:小林愛子、高津亜希子、小野元紀、中島雅子、浅香亮一、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


高血圧を契機に診断されたクッシング症候群合併妊娠の一例
第31回信州内分泌談話会 2014(Mar. 01)
Author:小林愛子、浦崎美紗子、大久保奈緒、高津亜希子、古川哲平、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、塩沢丹里


Potential role of LMP2/1bi as negative regulator defines new targets for uterine leiomyosarcoma therapy
第13回日本婦人科がん分子標的研究会 2014(Mar.)
Author:林 琢磨、堀内晶子、塩沢丹里、石河 修、八重樫伸生、利根川進、小西郁生


Lipocalin2は卵巣明細胞腺癌細胞の浸潤能を促進し、酸化ストレス耐性を高める
第13回日本婦人科がん分子標的研究会 2014(Mar.)
Author:山田 靖、宮本 強、小原久典、浅香亮一、安藤大史、石川香織、David Hamisi Mvunta、塩沢丹里


Lipocalin2 enhances migration, invasion and tolerance against oxidative stress of ovarian clear cell carcinoma cells.
第3回アジア婦人科腫瘍学会・第55回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2013(Dec.)
Author:Yamada Y,Miyamoto T,Kobara H,Asaka R,Ando H,Ishikawa K,David Hamisi Mvunta,Shiozawa T.


Lipocalin2 accelerates tumor growth and functions as a novel onvogene in endometrial carcinoma cell.
第3回アジア婦人科腫瘍学会・第55回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2013(Dec.)
Author:Miyamoto T,Yamada Y,Kobara H,Asaka R,Ando H,Ishikawa K,David Hamisi Mvunta,Suzuki A,Shiozawa T.


Sirtuin1(SIRT1) inhibitor suppressrs tumor growth of endometrial carcinoma cell in nude mice.
第3回アジア婦人科腫瘍学会・第55回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2013(Dec.)
Author:Asaka R,Miyamoto T,Ando H,Yamada Y,David Hamisi Mvunta,Ishikawa K,Kobara H,Shiozawa T.


精子頭部の形態と精子核プロタミン欠乏の関連
第58回日本生殖医学会学術講演会 2013(Nov.)
Author:宇津野宏樹、岡 賢二、山本綾子、内川順子、橘 理絵、山田香織、塩沢丹里


月経期に反復する発熱、腹痛を呈し、婦人科受診を契機に診断された家族性地中海熱の5例
第58回日本生殖医学会学術講演会 2013(Nov.)
Author:岡 賢二、内川順子、宇津野宏樹、山田香織、村中 愛、橘 理絵、塩沢丹里


虫垂炎合併妊娠5例の検討
第130回信州産婦人科連合会学術講演会 2013(Oct. 12)
Author:曽根原健太、古川哲平、辻さやか、大岡尚実、中村祐介、田中恭子、菊地範彦、高津亜希子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


卵巣癌と鑑別を要した子宮内膜症の2例
第130回信州産婦人科連合会学術講演会 2013(Oct. 12)
Author:浦崎美紗子、橘 涼太、小林愛子、宮下昭太、山田 諭、安藤大史、山田 靖、小原久典、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


画像の詳細な検討により術前診断し得た骨盤腹膜由来の性腺外卵黄嚢腫瘍の一例
第126回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2013(Oct.)
Author:小林愛子、橘 涼太、浦崎美紗子、曽根原健太、辻さやか、大岡尚実、中村祐介、安藤大史、小原久典、宮本 強、塩沢丹里


卵巣明細胞癌発生に関与する新規候補遺伝子の機能的スクリーニング
第72回日本癌学会学術総会 2013(Oct.)
Author:安藤大史、宮本 強、山田 靖、鈴木昭久、浅香亮一、石川香織、小原久典、塩沢丹里


SIRT1は子宮内膜癌細胞においてPI3KおよびMAPK経路を介して、増殖能亢進とシスプラチン耐性獲得に関与する
第72回日本癌学会学術総会 2013(Oct.)
Author:浅香亮一、宮本 強、安藤大史、石川香織、山田 靖、小原久典、塩沢丹里


卵巣明細胞腺癌におけるLipocalin2発現は遊走・浸潤能を亢進する
第72回日本癌学会学術総会 2013(Oct.)
Author:山田 靖、宮本 強、小原久典、浅香亮一、安藤大史、石川香織、塩沢丹里


Lipocalin2は子宮内膜癌において新規癌遺伝子として作用する
第72回日本癌学会学術総会 2013(Oct.)
Author:宮本 強、山田 靖、浅香亮一、安藤大史、石川香織、小原久典、鈴木昭久、塩沢丹里


1.子宮頸部嚢胞性病変の取り扱い2.子宮内膜癌の発生とエストロゲン
第23回熊本女性医学講座 2013(Sep. 26)
Author:塩沢丹里


HPV感染と子宮頸がん
子宮頸がん予防ワクチン接種後副反応分科会 2013(Sep. 24)
Author:塩沢丹里


当院で経験した帝王切開瘢痕部妊娠5例の検討
第26回長野県周産期研究会 2013(Sep. 14)
Author:辻さやか、古川哲平、曽根原健太、大岡尚実、中村祐介、田中恭子、高津亜希子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


子宮動脈以外に腸管膜動脈からの血流を伴った巨大骨盤内進入奇胎の一例
第14回JSAWI 2013(Sep.)
Author:宮下昭太、安藤大史、橘 涼太、浦崎美紗子、小林愛子、曽根原健太、辻さやか、山田 諭、大岡尚実、中村祐介、山田 靖、小原久典、宮本 強、塩沢丹里


KCL局注およびMTX全身投与により手術療法が回避された胎児心拍陽性ダグラス窩腹膜妊娠の1例
第53回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2013(Sep.)
Author:橘 涼太、岡 賢二、安藤大史、小原久典、鹿島大靖、宮本 強、塩沢丹里


妊娠中の治療抵抗性の高血圧を契機に診断したCushing症候群合併妊娠の2例
第36回日本母体胎児医学会学術集会 2013(Aug.)
Author:山田 諭、菊地範彦、曽根原健太、辻さやか、石川香織、田中恭子、高津亜希子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


精子頭部の形態は精子核クロマチン異常を反映する
第31回日本受精着床学会総会・学術講演会 2013(Aug.)
Author:宇津野宏樹、岡 賢二、山本綾子、内川順子、橘 理絵、山田香織、塩沢丹里


レトロウイルスを用いたcDNA発現ライブラリーによる卵巣明細胞腺癌原因遺伝子の機能的スクリーニングの試み
第65回日本産科婦人科学会学術講演会 2013(May)
Author:鈴木昭久、宮本 強、内川順子、小原久典、山田 靖、石川香織、塩沢丹里


子宮内膜癌の発生・増殖とステロイドホルモン
第5回ホルモン依存性腫瘍懇話会 2013(Jan. 25)
Author:塩沢丹里


信州NIPT(無侵襲的出生前遺伝学的検査)ワーキンググループの活動について
第18回信州遺伝子診療研究会 2013(Jan. 11)
Author:高津亜希子、金井 誠、大平哲史、菊地範彦、石川香織、古庄知己、水内麻子、玉井真理子、福嶋義光、髙木紀美代、塩沢丹里


当院における無侵襲的出生前遺伝学的検査への対応
第14回遺伝性疾患に関する甲信越・北陸出生前診断研究会 2012(Nov. 23)
Author:高津亜希子、金井 誠、大平哲史、菊地範彦、石川香織、古庄知己、水内麻子、玉井真理子、福嶋義光、塩沢丹里


1.子宮頸部と嚢胞性病変の取り扱い 2.子宮内膜癌の発生とエストロゲン
平成24年度山口県産婦人科医会研修会 2012(Nov. 11)
Author:塩沢丹里


既往帝王切開後分娩の検討
第15回長野県母子衛生学会総会・学術講演会 2012(Nov. 10)
Author:高津亜希子、石川香織、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


IMSIシステムで定量的に測定した運動精子の頭部形態異常率とDNA断片化の相関
第57回日本生殖医学会学術講演会 2012(Nov.)
Author:宇津野宏樹、岡 賢二、山本綾子、内川順子、鈴木昭久、塚原みほ子、山﨑悠紀、塩沢丹里


胎児心臓超音波所見を契機に疑われたLoeys-Dietz症候群の一例
第124回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2012(Oct. 28)
Author:高津亜希子、石川香織、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、古庄知己、瀧聞浄宏、金井 誠、塩沢丹里


経腟分娩後の子宮仮性動脈瘤の一例
第124回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2012(Oct. 28)
Author:中村祐介、高津亜希子、大岡尚実、今西俊明、竹内穂高、石川香織、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


巨大頸管ポリープの像を呈したポリープ状異型腺筋腫(APAM)の一例
第124回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2012(Oct. 28)
Author:宮下昭太、橘 涼太、志村隆行、山田 諭、清澤恵未、菊川忠之、山田 靖、近藤沙織、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


TC療法が奏功し手術にて摘出しえた卵巣大細胞神経内分泌癌の一例
第124回関東連合産科婦人科学会総会・学術集会 2012(Oct. 28)
Author:菊川忠之、橘 涼太、志村隆行、宮下昭太、山田 諭、清澤恵未、山田 靖、近藤沙織、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


帝王切開瘢痕部妊娠の4例
第128回信州産婦人科連合会学術講演会 2012(Oct. 20)
Author:大岡尚実、高津亜希子、中村祐介、菊川忠之、石川香織、近藤沙織、菊地範彦、大平哲史、塩沢丹里


多彩な像を呈したLEGH病変の3例
第128回信州産婦人科連合会学術講演会 2012(Oct. 20)
Author:山田 諭、山田 靖、近藤沙織、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


Sirtuin1(SIRT1),a longevity gene,is over-expressed in endometrial carcinoma.
14th International Gynecologic Cancer Society(IGCS) 2012(Oct.)
Author:Asaka R,Miymamoto T,Suzuki A,Ishikawa K,Yamada Y,Kobara H,Shiozawa T.


The expression of lipocalin2 in ovarian carcinoma and endometriosis.
14th International Gynecologic Cancer Society(IGCS) 2012(Oct.)
Author:Yamada Y,Miyamoto T,Asaka R,Ishikawa k,Kobara H,Suzuki A,Shiozawa T.


Lipocalin2 enhances the proliferation of endometrial carcinoma cells in nude mice.
14th International Gynecologic Cancer Society(IGCS) 2012(Oct.)
Author:Miyamoto T,Asaka R,Yamada Y,Ishikawa K,Kobara H,Suzuki A,Kashima H,Shiozawa T.


Preoperative Differential Diagnosis of Minimal Deviation Adenocarcinoma (MDA) and Lobular Endocervical Glandular Hyperplasia (LEGH) of the Uterine Cervix by Clininopathology and Magnetic Resonance Imaging (MRI) Findings
Asian Society of Gynecologic Oncology 2nd International Workshop in Gynecologic Oncology(ASGO) 2012(Sep. 28)
Author:Shiozawa T.


妊娠中に診断・治療し、生児を得た進行乳癌の1例
第25回長野県周産期研究会 2012(Sep. 15)
Author:中村祐介、高津亜希子、大岡尚実、菊川忠之、石川香織、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


当院産婦人科における女性医師支援対策の現況
平成24年度関東ブロック産婦人科医会協議会シンポジウム 2012(Sep. 09)
Author:内川順子、布施谷千穂、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


子宮頚部嚢胞性病変の診断と治療
高水三郡産婦人科医会学術講演会 2012(Sep. 06)
Author:塩沢丹里


術後腸管機能の速やかな回復を目指した傍大動脈リンパ節郭清術の工夫:腹膜腹壁固定法
第35回日本産婦人科手術学会 2012(Sep.)
Author:宮本 強、鹿島大靖、橘 涼太、近藤沙織、山田 靖、塩沢丹里


膣内に突出する巨大頸管ポリープの像を呈したポリープ状異型腺筋腫(APAM)の一例
第13回JSAWI 2012(Sep.)
Author:宮下昭太、橘 涼太、志村隆行、山田 諭、清澤恵未、菊川忠之、山田 靖、近藤沙織、鹿島大靖、岡 賢二、宮本 強、塩沢丹里


子宮頸部嚢胞性病変の取扱
第13回JSAWI 2012(Sep.)
Author:塩沢丹里


子宮平滑筋肉腫の腫瘍細胞浸潤と血行性転移における、LMP2の生物学的重要性の関与
第71回日本癌学会学術総会 2012(Sep.)
Author:林 琢磨、堀内晶子、塩沢丹里、利根川進、小西郁生


正常内膜および子宮内膜癌におけるSirtuin1(SIRT1)の発現と機能の検討
第71回日本癌学会学術総会 2012(Sep.)
Author:浅香亮一、宮本 強、石川香織、山田 靖、小原久典、鈴木昭久、塩沢丹里


子宮内膜癌におけるポリコーム遺伝子mRNA発現と臨床病理学的意義の検討
第71回日本癌学会学術総会 2012(Sep.)
Author:石川香織、宮本 強、鈴木昭久、山田 靖、浅香亮一、塩沢丹里


Lipocalin2は子宮内膜症から発生する卵巣癌で高発現している
第71回日本癌学会学術総会 2012(Sep.)
Author:山田 靖、宮本 強、浅香亮一、石川香織、小原久典、鈴木昭久、鹿島大靖、塩沢丹里


絨毛癌細胞におけるadrenomedullin(AM)とその受容体の発現と細胞浸潤能への関与の検討
第71回日本癌学会学術総会 2012(Sep.)
Author:小原久典、宮本 強、鈴木昭久、山田 靖、石川香織、浅香亮一、塩沢丹里


卵巣明細胞腺癌におけるレトロウイルスcDNAライブラリーを用いた機能的スクリーニングの試み
第71回日本癌学会学術総会 2012(Sep.)
Author:鈴木昭久、宮本 強、小原久典、山田 靖、石川香織、浅香亮一、塩沢丹里


Lipocalin2はヌードマウスでの子宮内膜癌細胞の腫瘍増大を促進する
第71回日本癌学会学術総会 2012(Sep.)
Author:宮本 強、浅香亮一、山田 靖、石川香織、小原久典、鈴木昭久、鹿島大靖、塩沢丹里


7歳女児の卵巣腫瘍茎捻転に対する下腹部単孔式腹腔鏡下手術の経験
第52回日本産科婦人科内視鏡学会学術講演会 2012(Sep.)
Author:岡 賢二、近藤沙織、藤井由起子、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、塩沢丹里


特徴的な身体所見を呈した胎児性バルプロ酸症候群の1例
第35回日本母体胎児医学会学術集会 2012(Aug.)
Author:菊地範彦、小原久典、石川香織、高津亜希子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


多嚢胞性卵巣症候群に対する腹腔鏡下卵巣多孔術の治療成績に関する検討
平成24年度中部生殖医学会学術集会 2012(Jul. 14)
Author:塚原みほ子、岡 賢二、宇津野宏樹、山本綾子、橘 理絵、山田香織、内川順子、塩沢丹里


Sertoli-Leydig cell tumorの2例
第52回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2012(Jul.)
Author:近藤沙織、角田玲子、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


腟悪性腫瘍に類似の所見を呈した全身播腫性mycobaceterium avium感染症の1例
第123回関東連合産科婦人科学会学術集会 2012(Jun. 17)
Author:今西俊明、近藤沙織、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


妊娠24週に診断し治療を行った進行乳癌の1例
第123回関東連合産科婦人科学会学術集会 2012(Jun. 17)
Author:山田 諭、菊地範彦、角田玲子、清澤恵未、浅香亮一、田中恭子、小原久典、高津亜希子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


早期卵巣癌におけるリンパ節郭清不要症例の抽出にMultidetector CTおよびMRIは有用か
第123回関東連合産科婦人科学会学術集会 2012(Jun. 17)
Author:宮本 強、橘 涼太、近藤沙織、鹿島大靖、浅香志保、藤永康成、塩沢丹里


Sertoli-Leydig細胞腫の3例
第127回信州産婦人科連合会学術講演会 2012(May 19)
Author:竹内穂高、近藤沙織、今西俊明、角田玲子、清澤恵未、山田 靖、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


超高倍率視野で測定した運動精子の頭部形態とDNA断片化の関連
第17回生殖医学フォーラム 2012(May)
Author:宇津野宏樹、岡 賢二、山本綾子、内川順子、鈴木昭久、塚原みほ子、山﨑悠紀、塩沢丹里


当院における既往帝王切開後妊娠の検討
第17回生殖医学フォーラム 2012(May)
Author:小原久典、鈴木昭久、宇津野宏樹、浅香亮一、菊地範彦、大平哲史、岡 賢二、宮本 強、塩沢丹里


正常子宮内膜および子宮内膜癌におけるsirtuin1発現の検討
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012(Apr.)
Author:浅香亮一、宮本 強、鈴木昭久、鹿島大靖、塩沢丹里


TC療法が奏功した卵巣大細胞神経内分泌癌の一例
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012(Apr.)
Author:橘 涼太、谷野静絵、角田英範、藤井由起子、近藤沙織、高津亜希子、鹿島大靖、宮本 強、塩沢丹里


絨毛細胞におけるadrenomedullin(AM)とその受容体の発現と細胞浸潤能への関与の検討
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012(Apr.)
Author:小原久典、菊地範彦、鈴木昭久、大平哲史、塩沢丹里


妊娠24週未満発症の早発型HELLP症候群の2例
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012(Apr.)
Author:菊地範彦、高津亜希子、小原久典、田中恭子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


胎盤の嚢胞様構造が妊娠中著明な変化を呈し胞状奇胎との鑑別が困難であったPlacental mesenchymal dysplasiaの1例
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012(Apr.)
Author:大平哲史、大久保奈緒、田中恭子、小原久典、高津亜希子、菊地範彦、金井 誠、塩沢丹里


月経期に発熱と腹痛を反復した家族性地中海熱の一例
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012(Apr.)
Author:岡 賢二、橘 涼太、布施谷千穂、山﨑悠紀、塚原みほ子、鈴木昭久、鹿島大靖、内川順子、塩沢丹里


Lipocalin2は紫外線照射後およびシスプラチン処理後の子宮内膜癌細胞の生存を促進する
第64回日本産科婦人科学会学術講演会 2012(Apr.)
Author:宮本 強、浅香亮一、鈴木昭久、鹿島大靖、塩沢丹里


子宮体癌と卵巣癌の診断と治療
第5回市民公開講座 産婦人科に行こう!2012 2012(Mar. 08)
Author:塩沢丹里


多嚢胞性卵巣症候群に対する腹腔鏡下卵巣多孔術の治療成績
第29回信州内分泌談話会 2012(Feb. 18)
Author:山﨑悠紀、岡 賢二、塚原みほ子、内川順子、塩沢丹里


当院における顕微鏡下精巣内精子採取術(MD-TESE)の初期経験
第13回長野県生殖不妊症研究会 2012(Feb. 04)
Author:鈴木尚徳、山岸 梓、石川雅邦、田辺智明、加藤晴朗、石塚 修、西沢 理、岡 賢二、内川順子、塚原みほ子、山﨑悠紀、山本綾子、宇津野宏樹、塩沢丹里


当科での多嚢胞性卵巣症候群に対する腹腔鏡下卵巣多孔術の治療成績
第13回長野県生殖不妊症研究会 2012(Feb. 04)
Author:山﨑悠紀、岡 賢二、宇津野宏樹、山本綾子、塚原みほ子、内川順子、塩沢丹里


子宮内膜癌の発生とエストロゲン
岩手産科婦人科学会集談会 2012(Jan. 21)
Author:塩沢丹里


抗TNF-α薬投与中に発生した異所性内膜由来明細胞腺癌の一例
第33回日本エンドメトリオーシス学会 2012(Jan.)
Author:浅香亮一、鈴木昭久、宮本 強、堀内晶子、塩沢丹里


卵巣子宮内膜症の癌化におけるmismatch repair(MMR)異常に関連する遺伝子変異の検討
第33回日本エンドメトリオーシス学会 2012(Jan.)
Author:鈴木昭久、堀内晶子、浅香亮一、布施谷千穂、宮本 強、塩沢丹里


胎児心臓超音波所見で出生前にLoeys-Dietz症候群が疑われた一例
第44回長野小児循環器談話会 2011(Dec. 10)
Author:菊地範彦、田中恭子、高津亜希子、大平哲史、塩沢丹里、金井 誠、馬場 淳、古庄知己、涌井敬子、福嶋義光、赤澤陽平、瀧聞浄宏、森崎裕子


新鮮および固定後の運動精子における頭部輪郭とDNA断片化の関連
第56回日本生殖医学会学術講演会・総会 2011(Dec. 08)
Author:宇津野宏樹、岡 賢二、山本綾子、内川順子、鈴木昭久、塚原みほ子、山﨑悠紀、塩沢丹里


帝王切開後の腹腔内異物を疑われたリピオドール遺残の1例
第56回日本生殖医学会学術講演会・総会 2011(Dec. 08)
Author:山﨑悠紀、岡 賢二、塚原みほ子、鈴木昭久、内川順子、塩沢丹里


Predicting the route of delivery in women with low-lying placenta using transvaginal ultrasonography:significance of placental migration and marginal sinus
10th World Congress of Perinatal Medicine 2011(Nov. 08)
Author:Ohira S,Kikuchi N,Kobara H,Kanai M,Shiozawa T.


Immunohistochemical expression of Core2 β1-6 N-acetylglucosaminyl transferase 1 in the endometrial carcinoma;a novel potential prognostic factor.
Asian Society of Gynecologic Oncology 2011(Nov. 03)
Author:Asaka R,Miyamoto T, Suzuki A,Takatsu A, Kashima H,Nakayama J, Shiozawa T.


Pre-operative diagnosis and the management of minimal deviation adenocarcinoma and lobular endocervical glandular hyperplasia of the uterine cervix:a multi-center,retrospective study.
Asian Society of Gynecologic Oncology 2011(Nov. 03)
Author:Takatsu A,Imanishi T, Tunoda H,Tanino S, Asaka R,Kashima H, Miyamoto T,Shiozawa T.


Lasr captured microdissection-microarray analysis of the genes innolved in endometrial carcinogenesis:stepwise up-regulation of lipocalin2 expression in normal and neoplastic endometria,and its functional relevance.
Asian Society of Gynecologic Oncology 2011(Nov. 03)
Author:Miyamoto T,Asaka R,Imanishi T,Kashima H,Shiozawa T.


妊娠24週未満に発症したHELLP症候群の2例
第122回関東連合産科婦人科学会学術集会 2011(Oct. 30)
Author:竹内穂高、菊地範彦、今西俊明、谷野静絵、小野恭子、高津亜希子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


当科で経験した卵管癌21例の臨床病理的解析および術前診断の可能性の検討
第122回関東連合産科婦人科学会学術集会 2011(Oct. 30)
Author:角田玲子、今井 宗、清澤恵未、山岸由起子、角田英範、安藤大史、近藤沙織、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、堀内晶子、塩沢丹里


妊娠24週に腹腔鏡下脾臓摘出術を施行した特発性血小板減少性紫斑病合併妊娠の1例
第126回信州産婦人科連合会学術講演会 2011(Oct. 15)
Author:今西俊明、竹内穂高、角田英範、田中恭子、高津亜希子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


経膣的な胎囊内KCL注入と、MTXを全身投与の併用が奏功したダグラス窩腹膜妊娠の1例
第126回信州産婦人科連合会学術講演会 2011(Oct. 15)
Author:角田玲子、今西俊明、近藤沙織、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、塩沢丹里


Potentioal role of LMP2 as tumor-suppressor defines new targets for uterine leiomyosarcoma therapy.
第70回日本癌学会学術総会 2011(Oct. 03)
Author:Hayashi T,Horiuchi A, Shiozawa T,Tonegawa s, Konishi I.


子宮内膜癌の新規予後因子としての糖転移酵素C2GnT1発現
第70回日本癌学会学術総会 2011(Oct. 03)
Author:浅香亮一、宮本 強、鈴木昭久、高津亜希子、鹿島大靖、中山 淳、塩沢丹里


Lipocalin2は、紫外線照射に対する子宮内膜癌細胞の生存能力を上昇させる
第70回日本癌学会学術総会 2011(Oct. 03)
Author:宮本 強、浅香亮一、鈴木昭久、高津亜希子、鹿島大靖、塩沢丹里


信州大学医学部附属病院における出生前遺伝カウンセリングの現状
第13回甲信越・北陸出生前診断研究会 2011(Oct. 01)
Author:水内麻子、古庄知己、鳴海洋子、玉井眞理子、山下浩美、涌井敬子、高津亜希子、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、岡 賢二、塩沢丹里、金井 誠、福嶋義光


出生前遺伝カウンセリングを起点とする遺伝性疾患のフォローアップ
第13回甲信越・北陸出生前診断研究会 2011(Oct. 01)
Author:古庄知己、水内麻子、鳴海洋子、玉井眞理子、山下浩美、涌井敬子、高津亜希子、田中恭子、菊地範彦、大平哲史、岡 賢二、塩沢丹里、金井 誠、福嶋義光


分娩後に大量出血をきたした膣壁静脈瘤合併妊娠の1例
第63回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2011(Aug. 29)
Author:菊地範彦、小原久典、山﨑悠紀、小野恭子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


集学的癌治療により腫瘍随伴ネフローゼ症候群が寛解した婦人科癌の2例
第63回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2011(Aug. 29)
Author:鹿島大靖、角田英範、山岸由起子、樋口正太郎、堀澤 信、近藤沙織、橘 涼太、高津亜希子、鈴木昭久、宮本 強、堀内晶子、塩沢丹里


卵巣癌の初期発生の自然史解析と早期診断の可能性
第63回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2011(Aug. 29)
Author:堀内晶子、布施谷千穂、近藤沙織、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、塩沢丹里


卵巣癌細胞におけるHistone deacetylase(HDAC)阻害剤と抗癌剤の併用効果
第63回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2011(Aug. 29)
Author:林 晶子、堀内晶子、布施谷千穂、菊地範彦、林 琢磨、塩沢丹里


子宮内膜症性疼痛の薬物療法~低用量ピル無効例に対するジエノゲストの疼痛改善効果~
第63回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2011(Aug. 29)
Author:岡 賢二、西澤千津恵、高木 靖、中山邦章、増澤秀幸、黒澤和子、宇津野宏樹、布施谷千穂、鈴木昭久、堀内晶子、塩沢丹里


子宮内膜癌におけるlipocalin2受容体SLC22A17発現の検討
第63回日本産科婦人科学会総会・学術講演会 2011(Aug. 29)
Author:宮本 強、浅香亮一、鈴木昭久、高津亜希子、鹿島大靖、塩沢丹里


胎児心臓超音波所見を契機に疑われたLoeys-Dietz症候群の一例
第51回日本先天異常学会学術集会 2011(Jul. 22)
Author:小野恭子、山﨑悠紀、大平哲史、菊地範彦、塩沢丹里、金井 誠、赤澤陽平、馬場 淳、古庄知己、桶井敬子、福嶋義光、瀧聞浄宏、森崎裕子


同時化学放射線療法が奏功した子宮頸部大細胞神経内分泌癌の一例
第50回日本婦人科腫瘍学会学術講演会 2011(Jul. 22)
Author:橘 涼太、近藤沙織、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、堀内晶子、塩沢丹里


子宮体癌の発生とエストロゲン
第7回子宮体癌治療に関するシンポジウム 2011(Jun. 25)
Author:塩沢丹里


塩化カリウム局所注入およびメソトレキセート全身投与が奏功したダグラス窩腹膜妊娠の1例
第121回関東連合産科婦人科学会総会・学術講演会 2011(Jun. 12)
Author:今西俊明、近藤沙織、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、岡 賢二、堀内晶子、塩沢丹里


妊娠24週に腹腔鏡下脾臓摘出術を施行した特発性血小板減少性紫斑病合併妊娠の1例
第121回関東連合産科婦人科学会総会・学術講演会 2011(Jun. 12)
Author:山岸由起子、菊地範彦、角田英範、安藤大史、山﨑悠紀、小野恭子、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


ステロイド無効の特発性血小板減少性紫斑病に対し、腹腔鏡下脾臓摘出を行った1例
第21回日本産婦人科・新生児血液学会 2011(Jun. 10)
Author:山岸由起子、谷野静絵、山﨑悠紀、小野恭子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


子宮頚部悪性腺腫とその類縁疾患の診断と治療
第10回諏訪産婦人科研修会 2011(May 26)
Author:塩沢丹里


当院で経験したCAOS(Chronic Abruption-Oligohydramnios Sequence)の2例
第125回信州産婦人科連合会総会・学術講演会 2011(May 21)
Author:谷野静絵、今井 宗、角田玲子、清澤恵未、山岸由起子、山﨑悠紀、小野恭子、菊地範彦、大平哲史、金井 誠、塩沢丹里


当科における広汎子宮全摘術後の排尿障害についての検討
第125回信州産婦人科連合会総会・学術講演会 2011(May 21)
Author:安藤大史、鹿島大靖、今西俊明、日向雅水、竹内穂高、角田英範、浅香亮一、近藤沙織、橘 涼太、宮本 強、堀内晶子、塩沢丹里


子宮頚部悪性腺腫と関連疾患の診断と治療
飯田下伊那産婦人科学術講演会 2011(Apr. 15)
Author:塩沢丹里


シスプラチン投与中に生じた低ナトリウム血症の2例
第28回信州内分泌談話会 2011(Feb. 26)
Author:浅香亮一、近藤沙織、山岸由起子、谷野静絵、安藤大史、樋口正太郎、橘 涼太、鹿島大靖、宮本 強、堀内晶子、塩沢丹里


子宮内膜癌の発生とエストロゲン
福井県産婦人科医会第71回冬期臨床研究会 2011(Feb. 20)
Author:塩沢丹里


IMSIシステムを用いたスイムアップ処理後の精子頭部の幾何学的形態解析
第12回長野県生殖不妊症研究会 2011(Feb. 12)
Author:宇津野宏樹、岡 賢二、山本綾子、内川順子、鈴木昭久、塚原みほ子、塩沢丹里


Dienogestは炎症性サイトカインによるミスマッチ修復機構異常を抑制する
第32回日本エンドメトリオーシス学会 2011(Jan. 22)
Author:布施谷千穂、堀内晶子、林 晶子、岡 賢二、塩沢丹里


Involvement of cyclin D1 in estrogen-induced cell growth of normal endometrium and endometrial carcinoma cells.
Mok JE, Quinn MA, Namkoong SE, Kim YT, eds: 9th Biennial Meeting of the International Gy , :pp 113-116 2002
Author:Shiozawa T, Shih HC, Miyamoto T, Nikaido T, Konishi I


その他
子宮頸癌に対する化学療法の現状と展望
第130回関東連合産婦人科学会学術集会 2015(Oct. 24)
Author:塩沢丹里


「産婦人科領域におけるプロテアーゼ研究の最新トピックス」Lipocalin2はMMP-9を介して絨毛外トロフォブラストの浸潤調節に関与する
第20回日本病態プロテアーゼ学会学術集会 2015(Aug. 21)
Author:小原久典、宮本強、山田靖、塩沢丹里


中間型とトロホブラスト腫瘍の病理と臨床―Epithelioid trophoblastic tumor
第32回日本絨毛性疾患研究会 2014(Oct. 03)
Author:大平哲史、塩沢丹里


子宮間葉系腫瘍に対する標的分子の探索
第65回長野県医学会 2014(Jul. 13)
Author:林 琢磨、堀内晶子、塩沢丹里、石河 修、谷口俊一郎、八重樫伸生、利根川進、小西郁生


Peutz-Jeghers症候群と子宮頸部腫瘍(特集 婦人科における遺伝性腫瘍の取り扱いの実際)
産科と婦人科 , 78(9) 2011
Author:高津亜希子、塩沢丹里


婦人科悪性腫瘍に対するホルモン療法
内分泌外科=Endocrine surgery , 28(3):152-156 2011
Author:宮本 強、塩沢丹里


ホルモン エストロゲンと子宮内膜癌
産婦人科治療 , 103(4):422‐429 2011
Author:宮本 強、塩沢丹里

教育活動実績

授業等
2002 , 婦人科学