信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

牛木淳人  ウシキ アツヒト

教員組織学術研究院(医学系(附属病院))電話番号0263-37-2631
教育組織医学部附属病院 呼吸器・感染症・アレルギー内科FAX番号0263-36-3722
職名講師メールアドレスatsuhito@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

更新日:2019/07/30

プロフィール

研究分野
呼吸器感染症
非結核性抗酸菌症
薬剤性肺障害
日和見感染症
現在の研究課題
薬剤性間質性肺炎の臨床背景の検討
キーワード:薬剤性間質性肺炎 , 臨床背景
NTM患者への呼吸リハビリテーション
キーワード:肺非結核性抗酸菌症
日和見感染症の臨床研究
キーワード:日和見感染症
所属学会
所属学会
日本内科学会
日本呼吸器学会
日本感染症学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本肺癌学会
日本結核病学会
日本エイズ学会
日本化学療法学会
日本環境感染学会
学歴
取得学位
博士 , 信州大学(日本)
研究職歴等
研究職歴
2015- , 信州大学医学部附属病院 呼吸器・感染症・アレルギー内科 講師
2014-2015 , 信州大学医学部附属病院 呼吸器・感染症内科 講師
2012-2014 , 信州大学医学部付属病院 呼吸器・感染症内科 助教
2011-2011 , 信州大学医学部付属病院 呼吸器・感染症内科 助教(特定雇用)
2010-2011 , 信州大学医学部附属病院呼吸器感染症内科 助教(診療)

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
「一目瞭然!目で診る症例」解答
日本内科学会 , 日本内科学会雑誌 , 98(11):2924-2925 2009(Nov. 10)
Author:牛木 淳人,久保 惠嗣


論文
抗酸菌感染症(結核,非結核性抗酸菌症)について
信州医学雑誌,67(1):37-47 2019(Feb. 10)
Author:牛木 淳人


抗酸菌感染症(結核,非結核性抗酸菌症)について
信州医学雑誌,67(1):37-47 2019
Author:牛木 淳人
Keywords:結核;非結核性抗酸菌症;潜在性結核感染症;インターフェロンγ遊離試験


抗酸菌感染症(結核,非結核性抗酸菌症)について
信州医学雑誌,67(1):37-47 2019
Author:牛木 淳人
Keywords:結核;非結核性抗酸菌症;潜在性結核感染症;インターフェロンγ遊離試験


Virtual bronchoscopic navigation as an aid to CT-guided transbronchial biopsy improves the diagnostic yield for small peripheral pulmonary lesions
RESPIROLOGY,23(11):1049-1054 2018(Nov.)
Author:Kato, Akane; Yasuo, Masanori; Tokoro, Yayoi; Kobayashi, Takashi; Ichiyama, Takashi; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Urushihata, Kazuhisa; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki;


CLINICAL PROGNOSIS OF ACUTE EXACERBATION OF COMBINED PULMONARY FIBROSIS AND EMPHYSEMA
RESPIROLOGY,23:272-272 2018(Nov.)
Author:Ikuyama, Yuichi; Ushiki, Atsuhito; Kosaka, Makoto; Jumpei, Akahane; Kitaguchi, Yoshiaki; Tateishi, Kazunari; Urushihata, Kazuhisa; Yasuo, Masanori; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki;


RISK FACTORS OF DISCONTINUATION OF MULTIPLE DRUGS TREATMENT OF MAC LUNG DISEASE
RESPIROLOGY,23:187-187 2018(Nov.)
Author:Ushiki, Atsuhito; Akahane, Junpei; Ikuyama, Yuichi; Kosaka, Makoto; Kitaguchi, Yoshiaki; Tateishi, Kazunari; Urushihata, Kazuhisa; Yasuo, Masanori; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki;


Bevacizumab-induced tracheoesophageal fistula in a patient suffering from lung cancer with bulky subcarinal lymph node: a case report
NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE,80(1):129-134 2018(Feb.)
Author:Nishie, Kenichi; Yasuo, Masanori; Kitaguchi, Yoshiaki; Kobayashi, Nobumitsu; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Urushihata, Kazuhisa; Yamamoto, Hiroshi; Ideura, Gen; Hanaoka, Masayuki;


Bevacizumab-induced tracheoesophageal fistula in a patient suffering from lung cancer with bulky subcarinal lymph node: a case report
NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE,80(1):129-134 2018(Feb.)
Author:Nishie, Kenichi; Yasuo, Masanori; Kitaguchi, Yoshiaki; Kobayashi, Nobumitsu; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Urushihata, Kazuhisa; Yamamoto, Hiroshi; Ideura, Gen; Hanaoka, Masayuki;


高周波スネアにより切除した気管支内神経鞘腫の1例
気管支学,40(3):206-210 2018
Author:曽根原 圭;安尾 将法;堀内 俊道;加藤 あかね;小林 信光;牛木 淳人;山本 洋;花岡 正幸
Abstract:

背景.気管支原発の神経鞘腫は稀な良性腫瘍である.近年,本邦では気管支鏡下に高周波スネアを用いて切除する報告例が増えてきている.症例.47歳,女性.咳嗽,発熱を主訴に前医を受診し,閉塞性肺炎と診断された.胸部CTで右主気管支に腫瘤を認め,気管支鏡検査で右主気管支から気管分岐部にかけて表面平滑な有茎性の腫瘤を認めた.組織診で悪性細胞を認めず,気管支鏡下切除の適応と判断された.高周波スネアを用いて切離し,残存腫瘤に対してはAPC(argon plasma coagulation)焼灼を追加した.生検検体で神経鞘腫と診断した.切除10カ月後の気管支鏡検査で再発は認めていない.結論.気管支原発良性腫瘍に対する高周波スネアを用いた切除術は,安全性や侵襲性の観点からも有用である.今後さらに適応が拡大していくと考えられる.


Keywords:気管支腫瘍;神経鞘腫;高周波スネア


高周波スネアにより切除した気管支内神経鞘腫の1例
気管支学,40(3):206-210 2018
Author:曽根原 圭;安尾 将法;堀内 俊道;加藤 あかね;小林 信光;牛木 淳人;山本 洋;花岡 正幸
Abstract:

背景.気管支原発の神経鞘腫は稀な良性腫瘍である.近年,本邦では気管支鏡下に高周波スネアを用いて切除する報告例が増えてきている.症例.47歳,女性.咳嗽,発熱を主訴に前医を受診し,閉塞性肺炎と診断された.胸部CTで右主気管支に腫瘤を認め,気管支鏡検査で右主気管支から気管分岐部にかけて表面平滑な有茎性の腫瘤を認めた.組織診で悪性細胞を認めず,気管支鏡下切除の適応と判断された.高周波スネアを用いて切離し,残存腫瘤に対してはAPC(argon plasma coagulation)焼灼を追加した.生検検体で神経鞘腫と診断した.切除10カ月後の気管支鏡検査で再発は認めていない.結論.気管支原発良性腫瘍に対する高周波スネアを用いた切除術は,安全性や侵襲性の観点からも有用である.今後さらに適応が拡大していくと考えられる.


Keywords:気管支腫瘍;神経鞘腫;高周波スネア


A Four-Center Retrospective Study of the Efficacy and Toxicity of Low-Dose Trimethoprim-Sulfamethoxazole for the Treatment of Pneumocystis Pneumonia in Patients without HIV Infection
ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY,61(12):- 2017(Dec.)
Author:Kosaka, Makoto; Ushiki, Atsuhito; Ikuyama, Yuichi; Hirai, Kazuya; Matsuo, Akemi; Hachiya, Tsutomu; Hanaoka, Masayuki;


A Four-Center Retrospective Study of the Efficacy and Toxicity of Low-Dose Trimethoprim-Sulfamethoxazole for the Treatment of Pneumocystis Pneumonia in Patients without HIV Infection
ANTIMICROBIAL AGENTS AND CHEMOTHERAPY,61(12):- 2017(Dec.)
Author:Kosaka, Makoto; Ushiki, Atsuhito; Ikuyama, Yuichi; Hirai, Kazuya; Matsuo, Akemi; Hachiya, Tsutomu; Hanaoka, Masayuki;


Intractable Cutaneous Nontuberculous Mycobacteriosis (Mycobacterium abscessus) during Treatment for Systemic Lupus Erythematosus
INTERNAL MEDICINE,56(10):1253-1257 2017
Author:Kishida, Dai; Sato, Mitsuto; Kobayashi, Chinatsu; Ueno, Ken-ichi; Kinoshita, Tomomi; Kodaira, Minori; Shimojima, Yasuhiro; Ishii, Wataru; Ushiki, Atsuhito; Ikeda, Shu-ichi;


The Complete Remission of Acquired Immunodeficiency Syndrome-associated Isolated Central Nervous System Lymphomatoid Granulomatosis: A Case Report and Review of the Literature
INTERNAL MEDICINE,56(18):2497-2501 2017
Author:Kano, Yasuhiro; Kodaira, Minori; Ushiki, Atsuhito; Kosaka, Makoto; Yamada, Mitsunori; Shingu, Kunihiko; Nishihara, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki; Sekijima, Yoshiki;


The Complete Remission of Acquired Immunodeficiency Syndrome-associated Isolated Central Nervous System Lymphomatoid Granulomatosis: A Case Report and Review of the Literature
INTERNAL MEDICINE,56(18):2497-2501 2017
Author:Kano, Yasuhiro; Kodaira, Minori; Ushiki, Atsuhito; Kosaka, Makoto; Yamada, Mitsunori; Shingu, Kunihiko; Nishihara, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki; Sekijima, Yoshiki;


Intractable Cutaneous Nontuberculous Mycobacteriosis (Mycobacterium abscessus) during Treatment for Systemic Lupus Erythematosus
INTERNAL MEDICINE,56(10):1253-1257 2017
Author:Kishida, Dai; Sato, Mitsuto; Kobayashi, Chinatsu; Ueno, Ken-ichi; Kinoshita, Tomomi; Kodaira, Minori; Shimojima, Yasuhiro; Ishii, Wataru; Ushiki, Atsuhito; Ikeda, Shu-ichi;


薬剤性肺障害の臨床像
呼吸器内科 = Respiratory medicine,30(4):330-335 2016(Oct.)
Author:牛木 淳人; 花岡 正幸;
Keywords:drug induced lung disease; drug induced interstitial lung disease; antitumor agents; molecular target drugs;


A case of pulmonary Mycobacterium avium infection in an immunocompetent patient who showed a huge consolidation with a high FDG uptake on PET/CT
Respiratory Medicine Case Reports,19:49-52 2016(Jul. 07)
Author:Kato, Akane; Yamamoto, Hiroshi; Ikeda, Mariko; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Yasuo, Masanori; Kawakami, Satoshi; Asaka, Shiho; Oguchi, Kazuhiro; Hanaoka, Masayuki


5.びまん性に中枢気道の狭窄を認めた多発血管炎性肉芽腫症の1例(第154回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,37(6):693-694 2015(Nov. 25)
Author:濱 峰幸; 町田 良亮; 立石 一成; 牛木 淳人; 安尾 将法; 山本 洋; 花岡 正幸;


9. ラリンジアルマスク下に摘出した小児声門下気道異物の1例(第153回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,37(5):- 2015(Sep. 25)
Author:小坂 充; 安尾 将法; 市山 崇史; 小林 信光; 立石 一成; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸;


14. 経皮的心肺補助(PCPS)を併用し硬性気管支鏡下に腫瘍切除・シリコンステント挿入を行った腎細胞癌気管転移の1例(第152回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,37(3):- 2015(May 25)
Author:小松 雅宙; 安尾 将法; 市山 崇史; 小林 信光; 立石 一成; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸;


O14-3 ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)で陰影が同定不能であった場合の診断法の工夫(末梢小型腫瘤の診断率向上のための戦略,Oralセッション14,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,37:- 2015(May 01)
Author:安尾 将法; 小松 雅宙; 濱 峰幸; 市山 崇史; 小林 孝至; 小林 信光; 立石 一成; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸;


日本における薬剤性肺障害の臨床像 (特集 薬剤性肺障害のとらえ方)
月刊薬事 = The pharmaceuticals monthly,57(2):191-195 2015(Feb.)
Author:牛木 淳人;
Keywords:薬剤性肺障害; 薬剤性間質性肺炎; 抗悪性腫瘍薬; 分子標的薬; 副腎皮質ステロイド;


気管支結核加療後,長期経過を経て気管支狭窄をきたした1例
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,37(1):28-32 2015(Jan. 25)
Author:小松 雅宙; 安尾 将法; 濱 峰幸; 立石 一成; 伊東 理子; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸;
Abstract:背景.気管支結核加療後の長期経過は不明である.症例. 71歳,女性. 25歳時に気管支結核と診断され抗結核薬による治療を受けた. 57歳時に喘鳴を主訴に前医を受診し,胸部CTで左主気管支狭窄を指摘された. 59歳時に他院で気道拡張術を受け,その後経過観察されていたが,再狭窄をきたし紹介となった.精査中に左閉塞性肺炎となり入院した.気管支鏡検査にて,左主気管支はほぼ完全閉塞しており,気管支結核後の瘢痕型狭窄と考えた.閉塞部位は同定可能で薄い膜状の閉塞であり,高周波ナイフ,バルーン,アルゴンプラズマ凝固法による拡張術を施行して改善した.術後,半年の経過で再狭窄は認めていない.結論.気管支結核治療後,長期経過を経て気道狭窄をきたすことがある.喘鳴の鑑別診断として気管支結核の既往を考慮すべきである.
Keywords:気管支結核; 気管支狭窄; 気管支鏡;


Hypertrophic Pulmonary Osteoarthropathy in Anaplastic Lymphoma Kinase (ALK)-positive Lung Cancer
INTERNAL MEDICINE,54(16):2045-2049 2015
Author:Komatsu, Masamichi; Yasuo, Masanori; Kobayashi, Nobumitsu; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Urushihata, Kazuhisa; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki; Matoba, Hisanori; Honda, Takayuki; Ichikawa, Kosuke;


気管支結核加療後,長期経過を経て気管支狭窄をきたした1例
気管支学,37(1):28-32 2015
Author:小松 雅宙;安尾 将法;濱 峰幸;立石 一成;伊東 理子;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸
Abstract:背景.気管支結核加療後の長期経過は不明である.症例. 71歳,女性. 25歳時に気管支結核と診断され抗結核薬による治療を受けた. 57歳時に喘鳴を主訴に前医を受診し,胸部CTで左主気管支狭窄を指摘された. 59歳時に他院で気道拡張術を受け,その後経過観察されていたが,再狭窄をきたし紹介となった.精査中に左閉塞性肺炎となり入院した.気管支鏡検査にて,左主気管支はほぼ完全閉塞しており,気管支結核後の瘢痕型狭窄と考えた.閉塞部位は同定可能で薄い膜状の閉塞であり,高周波ナイフ,バルーン,アルゴンプラズマ凝固法による拡張術を施行して改善した.術後,半年の経過で再狭窄は認めていない.結論.気管支結核治療後,長期経過を経て気道狭窄をきたすことがある.喘鳴の鑑別診断として気管支結核の既往を考慮すべきである.
Keywords:気管支結核;気管支狭窄;気管支鏡


14. 経皮的心肺補助(PCPS)を併用し硬性気管支鏡下に腫瘍切除・シリコンステント挿入を行った腎細胞癌気管転移の1例(第152回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(3):- 2015
Author:小松 雅宙;安尾 将法;市山 崇史;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


O14-3 ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)で陰影が同定不能であった場合の診断法の工夫(末梢小型腫瘤の診断率向上のための戦略,Oralセッション14,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,37:- 2015
Author:安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小松 雅宙;濱 峰幸;市山 崇史;小林 孝至;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿


9. ラリンジアルマスク下に摘出した小児声門下気道異物の1例(第153回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(5):- 2015
Author:小坂 充;安尾 将法;市山 崇史;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


5.びまん性に中枢気道の狭窄を認めた多発血管炎性肉芽腫症の1例(第154回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(6):693-694 2015
Author:濱 峰幸;町田 良亮;立石 一成;牛木 淳人;安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸


IgG4 関連疾患とサルコイドーシスにおける FDG-PET 所見の比較検討
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,35(1):64-2-64-2 2015
Author:山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;久保 惠嗣;川上 聡;浅香 志穂;浜野 英明;川 茂幸;矢崎 善一;小口 和浩;松井 祥子;小松 雅宙;小澤 陽子;安尾 将法;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人
Abstract:これまで我々は、Sarcoidosis(Sa)と類似した CT 所見を呈する IgG4 関連疾患(IgG4-RD)について報告してきた。本研究では、 IgG4-RD と Sa の PET/CT 所見について後方視的に比較検討を行 った。 対象は 2004 年から 2015 年の期間に当科を受診し、臨床診断が確 定した症例。PET/CT を施行して両側肺門〜縦隔リンパ節腫脹 (BHL)が認められた、連続した IgG4-RD:23 例(中央値 69(43 〜82)歳、男:女=19:4)と Sa:22 例(60(24〜80)歳、4:18)。 IgG4-RD の主病変は膵:15 例、呼吸器:4 例、唾液腺:3 例、尿 道周囲:1 例であった。IgG4-RD の方が高齢で、男性が多かった。 FDG 集積の有無についてχ2検定を行い、p<0.05 を有意とした。 IgG4-RD では涙腺、顎下線、膵、後腹膜、動脈周囲に、Sa では 鎖骨上リンパ節、鼠径リンパ節、軟部組織に、有意に高率の FDG 集積が認められた。なお、本研究では心臓に異常集積がみられた 症例はなかった。PET/CT の FDG 集積分布パターンは、BHL を 呈する IgG4-RD と Sa の鑑別に有用であると考えられた。


気管支結核加療後,長期経過を経て気管支狭窄をきたした1例
気管支学,37(1):28-32 2015
Author:小松 雅宙;安尾 将法;濱 峰幸;立石 一成;伊東 理子;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸
Abstract:背景.気管支結核加療後の長期経過は不明である.症例. 71歳,女性. 25歳時に気管支結核と診断され抗結核薬による治療を受けた. 57歳時に喘鳴を主訴に前医を受診し,胸部CTで左主気管支狭窄を指摘された. 59歳時に他院で気道拡張術を受け,その後経過観察されていたが,再狭窄をきたし紹介となった.精査中に左閉塞性肺炎となり入院した.気管支鏡検査にて,左主気管支はほぼ完全閉塞しており,気管支結核後の瘢痕型狭窄と考えた.閉塞部位は同定可能で薄い膜状の閉塞であり,高周波ナイフ,バルーン,アルゴンプラズマ凝固法による拡張術を施行して改善した.術後,半年の経過で再狭窄は認めていない.結論.気管支結核治療後,長期経過を経て気道狭窄をきたすことがある.喘鳴の鑑別診断として気管支結核の既往を考慮すべきである.
Keywords:気管支結核;気管支狭窄;気管支鏡


14. 経皮的心肺補助(PCPS)を併用し硬性気管支鏡下に腫瘍切除・シリコンステント挿入を行った腎細胞癌気管転移の1例(第152回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(3):- 2015
Author:小松 雅宙;安尾 将法;市山 崇史;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


O14-3 ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)で陰影が同定不能であった場合の診断法の工夫(末梢小型腫瘤の診断率向上のための戦略,Oralセッション14,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,37:- 2015
Author:安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小松 雅宙;濱 峰幸;市山 崇史;小林 孝至;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿


9. ラリンジアルマスク下に摘出した小児声門下気道異物の1例(第153回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(5):- 2015
Author:小坂 充;安尾 将法;市山 崇史;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


5.びまん性に中枢気道の狭窄を認めた多発血管炎性肉芽腫症の1例(第154回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(6):693-694 2015
Author:濱 峰幸;町田 良亮;立石 一成;牛木 淳人;安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸


IgG4 関連疾患とサルコイドーシスにおける FDG-PET 所見の比較検討
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,35(1):64-2-64-2 2015
Author:山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;久保 惠嗣;川上 聡;浅香 志穂;浜野 英明;川 茂幸;矢崎 善一;小口 和浩;松井 祥子;小松 雅宙;小澤 陽子;安尾 将法;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人
Abstract:これまで我々は、Sarcoidosis(Sa)と類似した CT 所見を呈する IgG4 関連疾患(IgG4-RD)について報告してきた。本研究では、 IgG4-RD と Sa の PET/CT 所見について後方視的に比較検討を行 った。 対象は 2004 年から 2015 年の期間に当科を受診し、臨床診断が確 定した症例。PET/CT を施行して両側肺門〜縦隔リンパ節腫脹 (BHL)が認められた、連続した IgG4-RD:23 例(中央値 69(43 〜82)歳、男:女=19:4)と Sa:22 例(60(24〜80)歳、4:18)。 IgG4-RD の主病変は膵:15 例、呼吸器:4 例、唾液腺:3 例、尿 道周囲:1 例であった。IgG4-RD の方が高齢で、男性が多かった。 FDG 集積の有無についてχ2検定を行い、p<0.05 を有意とした。 IgG4-RD では涙腺、顎下線、膵、後腹膜、動脈周囲に、Sa では 鎖骨上リンパ節、鼠径リンパ節、軟部組織に、有意に高率の FDG 集積が認められた。なお、本研究では心臓に異常集積がみられた 症例はなかった。PET/CT の FDG 集積分布パターンは、BHL を 呈する IgG4-RD と Sa の鑑別に有用であると考えられた。


IgG4 関連疾患とサルコイドーシスにおける FDG-PET 所見の比較検討
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,35(1):64-2-64-2 2015
Author:山本 洋; 小松 雅宙; 小澤 陽子; 安尾 将法; 濱 峰幸; 市山 崇史; 立石 一成; 小林 信光; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 花岡 正幸; 久保 惠嗣; 川上 聡; 浅香 志穂; 浜野 英明; 川 茂幸; 矢崎 善一; 小口 和浩; 松井 祥子;
Abstract:これまで我々は、Sarcoidosis(Sa)と類似した CT 所見を呈する IgG4 関連疾患(IgG4-RD)について報告してきた。本研究では、 IgG4-RD と Sa の PET/CT 所見について後方視的に比較検討を行 った。 対象は 2004 年から 2015 年の期間に当科を受診し、臨床診断が確 定した症例。PET/CT を施行して両側肺門〜縦隔リンパ節腫脹 (BHL)が認められた、連続した IgG4-RD:23 例(中央値 69(43 〜82)歳、男:女=19:4)と Sa:22 例(60(24〜80)歳、4:18)。 IgG4-RD の主病変は膵:15 例、呼吸器:4 例、唾液腺:3 例、尿 道周囲:1 例であった。IgG4-RD の方が高齢で、男性が多かった。 FDG 集積の有無についてχ2検定を行い、p<0.05 を有意とした。 IgG4-RD では涙腺、顎下線、膵、後腹膜、動脈周囲に、Sa では 鎖骨上リンパ節、鼠径リンパ節、軟部組織に、有意に高率の FDG 集積が認められた。なお、本研究では心臓に異常集積がみられた 症例はなかった。PET/CT の FDG 集積分布パターンは、BHL を 呈する IgG4-RD と Sa の鑑別に有用であると考えられた。


Hypertrophic Pulmonary Osteoarthropathy in Anaplastic Lymphoma Kinase (ALK)-positive Lung Cancer
INTERNAL MEDICINE,54(16):2045-2049 2015
Author:Komatsu, Masamichi; Yasuo, Masanori; Kobayashi, Nobumitsu; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Urushihata, Kazuhisa; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki; Matoba, Hisanori; Honda, Takayuki; Ichikawa, Kosuke;


33.硬性鏡下気道拡張術による気道確保後に放射線化学療法を行った気管支原発腺様嚢胞癌の1例(第150回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,36(6):- 2014(Nov. 25)
Author:鈴木 祐介; 濱 峰幸; 安尾 将法; 立石 一成; 小林 信光; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸;


P2-9-6 気管支結核の治療から長期経過を経て発症した気道狭窄の2例(気道狭窄,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,36:- 2014(Mar. 20)
Author:小松 雅宙; 安尾 将法; 濱 峰幸; 立石 一成; 伊東 理子; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸;


Pediatric Pulmonary Tuberculoma with a Solid Pulmonary Nodule Detected on Chest Computed Tomography
INTERNAL MEDICINE,53(8):913-916 2014
Author:Ushiki, Atsuhito; Yamazaki, Yoshitaka; Ideura, Gen; Shinbo, Takashi; Sugawara, Mariko; Hama, Mineyuki; Hanaoka, Masayuki;


Late-onset Rejection of a Unilateral Donor Lung with Vascular C4d Deposition in Bilateral Living-donor Lobar Lung Transplantation: An Autopsy Case Report
INTERNAL MEDICINE,53(15):1645-1650 2014
Author:Yamamoto, Hiroshi; Yoshida, Kazuo; Koizumi, Tomonobu; Tokoro, Yayoi; Fukushima, Toshiro; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Yokoyama, Toshiki; Yasuo, Masanori; Urushihata, Kazuhisa; Hanaoka, Masayuki; Shingu, Kunihiko; Shimojo, Hisashi; Kanno, Hiroyuki; Yoshizawa, Akihiko; Kawakami, Satoshi; Miyagawa-Hayashino, Aya; Date, Hiroshi; Kubo, Keishi;


Generalized pustulosis associated with disseminated Mycobacterium avium infection in a non-AIDS patient
EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY,24(3):402-403 2014
Author:Asai, Yuko; Kiniwa, Yukiko; Okada, Nagisa; Futatsugi, Toshimasa; Ushiki, Atsuhito; Uhara, Hisashi; Okuyama, Ryuhei;


P2-9-6 気管支結核の治療から長期経過を経て発症した気道狭窄の2例(気道狭窄,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,36:- 2014
Author:小松 雅宙;安尾 将法;濱 峰幸;立石 一成;伊東 理子;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


33.硬性鏡下気道拡張術による気道確保後に放射線化学療法を行った気管支原発腺様嚢胞癌の1例(第150回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,36(6):- 2014
Author:鈴木 祐介;濱 峰幸;安尾 将法;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


IgG4関連疾患の呼吸器病変とBAL液中サイトカイン濃度:sarcoidosisとの比較
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,34(1):51-1-51-1 2014
Author:山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣;川上 聡;吉澤 明彦;浜野 英明;川 茂幸;松井 祥子;安尾 将法;堀内 俊道;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人;漆畑 一寿


P2-9-6 気管支結核の治療から長期経過を経て発症した気道狭窄の2例(気道狭窄,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,36:- 2014
Author:小松 雅宙;安尾 将法;濱 峰幸;立石 一成;伊東 理子;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


33.硬性鏡下気道拡張術による気道確保後に放射線化学療法を行った気管支原発腺様嚢胞癌の1例(第150回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,36(6):- 2014
Author:鈴木 祐介;濱 峰幸;安尾 将法;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


IgG4関連疾患の呼吸器病変とBAL液中サイトカイン濃度:sarcoidosisとの比較
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,34(1):51-1-51-1 2014
Author:山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣;川上 聡;吉澤 明彦;浜野 英明;川 茂幸;松井 祥子;安尾 将法;堀内 俊道;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人;漆畑 一寿


IgG4関連疾患の呼吸器病変とBAL液中サイトカイン濃度:sarcoidosisとの比較
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,34(1):51-1-51-1 2014
Author:山本 洋; 安尾 将法; 堀内 俊道; 濱 峰幸; 市山 崇史; 立石 一成; 小林 信光; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 花岡 正幸; 久保 惠嗣; 川上 聡; 吉澤 明彦; 浜野 英明; 川 茂幸; 松井 祥子;


Late-onset Rejection of a Unilateral Donor Lung with Vascular C4d Deposition in Bilateral Living-donor Lobar Lung Transplantation: An Autopsy Case Report
INTERNAL MEDICINE,53(15):1645-1650 2014
Author:Yamamoto, Hiroshi; Yoshida, Kazuo; Koizumi, Tomonobu; Tokoro, Yayoi; Fukushima, Toshiro; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Yokoyama, Toshiki; Yasuo, Masanori; Urushihata, Kazuhisa; Hanaoka, Masayuki; Shingu, Kunihiko; Shimojo, Hisashi; Kanno, Hiroyuki; Yoshizawa, Akihiko; Kawakami, Satoshi; Miyagawa-Hayashino, Aya; Date, Hiroshi; Kubo, Keishi;


Pediatric Pulmonary Tuberculoma with a Solid Pulmonary Nodule Detected on Chest Computed Tomography
INTERNAL MEDICINE,53(8):913-916 2014
Author:Ushiki, A; Yamazaki, Y; Ideura, G; Shinbo, T; Sugawara, M; Hama, M; Hanaoka, M


Generalized pustulosis associated with disseminated Mycobacterium avium infection in a non-AIDS patient
EUROPEAN JOURNAL OF DERMATOLOGY,24(3):402-403 2014
Author:Asai, Yuko; Kiniwa, Yukiko; Okada, Nagisa; Futatsugi, Toshimasa; Ushiki, Atsuhito; Uhara, Hisashi; Okuyama, Ryuhei;


MS12-5 ブデソニド/ホルモテロール配合薬の呼吸機能とQOLにおける効果(MS12 ICS/LABA,ミニシンポジウム,第63回日本アレルギー学会秋季学術大会)
アレルギー,62(9):- 2013(Oct. 25)
Author:濱 峰幸; 池川 香代子; 小林 信光; 牛木 淳人; 安尾 将法; 小松 佳道; 倉石 博; 平山 二郎; 花岡 正幸; 久保 惠嗣;


O14-4 肺野中間領域の病変に対するバーチャル気管支鏡ナビゲーションを併用した穿刺吸引細胞診の試み(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,35:- 2013(May 20)
Author:安尾 将法; 小林 孝至; 所 弥生; 濱 峰幸; 市山 崇史; 立石 一成; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸; 久保 惠嗣;


O14-2 バーチャル気管支鏡ナビゲーション併用/非併用CTガイド下気管支鏡の前向き研究(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,35:- 2013(May 20)
Author:安尾 将法; 小林 孝至; 所 弥生; 濱 峰幸; 市山 崇史; 立石 一成; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸; 久保 惠嗣;


SY2-4 当院で施行したCTガイド下気管支鏡254件の検討(呼吸器内視鏡が目指すもの(気管支鏡,胸腔鏡,縦隔鏡,バーチャルナビゲーション),シンポジウム2,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,35:- 2013(May 20)
Author:小林 孝至; 安尾 将法; 市山 崇史; 濱 峰幸; 所 弥生; 堀内 俊道; 西澤 理子; 立石 一成; 牛木 淳人; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸; 久保 惠嗣;


Comparison of Distance of 6-min Walk Test and the Incremental Shuttle Walk Test with Lung Function or Quality of Life in Patients with Chronic Obstructive Pulmonary Disease
信州医学雑誌,61(2):57-64 2013(Apr. 10)
Author:Ushiki Atsuhito,Fujimoto Keisaku,Ito Michiko,Yasuo Masanori,Urushihata Kazuhisa,Hanaoka Masayuki,Kubo Keishi


SY2-4 当院で施行したCTガイド下気管支鏡254件の検討(呼吸器内視鏡が目指すもの(気管支鏡,胸腔鏡,縦隔鏡,バーチャルナビゲーション),シンポジウム2,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:小林 孝至;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣;安尾 将法;市山 崇史;濱 峰幸;所 弥生;堀内 俊道;西澤 理子;立石 一成;牛木 淳人


O14-2 バーチャル気管支鏡ナビゲーション併用/非併用CTガイド下気管支鏡の前向き研究(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣;小林 孝至;所 弥生;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋


O14-4 肺野中間領域の病変に対するバーチャル気管支鏡ナビゲーションを併用した穿刺吸引細胞診の試み(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣;小林 孝至;所 弥生;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋


MS12-5 ブデソニド/ホルモテロール配合薬の呼吸機能とQOLにおける効果(MS12 ICS/LABA,ミニシンポジウム,第63回日本アレルギー学会秋季学術大会)
アレルギー,62(9):- 2013
Author:濱 峰幸;久保 惠嗣;池川 香代子;小林 信光;牛木 淳人;安尾 将法;小松 佳道;倉石 博;平山 二郎;花岡 正幸


SY2-4 当院で施行したCTガイド下気管支鏡254件の検討(呼吸器内視鏡が目指すもの(気管支鏡,胸腔鏡,縦隔鏡,バーチャルナビゲーション),シンポジウム2,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:小林 孝至;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣;安尾 将法;市山 崇史;濱 峰幸;所 弥生;堀内 俊道;西澤 理子;立石 一成;牛木 淳人


O14-2 バーチャル気管支鏡ナビゲーション併用/非併用CTガイド下気管支鏡の前向き研究(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣;小林 孝至;所 弥生;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋


O14-4 肺野中間領域の病変に対するバーチャル気管支鏡ナビゲーションを併用した穿刺吸引細胞診の試み(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣;小林 孝至;所 弥生;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋


MS12-5 ブデソニド/ホルモテロール配合薬の呼吸機能とQOLにおける効果(MS12 ICS/LABA,ミニシンポジウム,第63回日本アレルギー学会秋季学術大会)
アレルギー,62(9):- 2013
Author:濱 峰幸;久保 惠嗣;池川 香代子;小林 信光;牛木 淳人;安尾 将法;小松 佳道;倉石 博;平山 二郎;花岡 正幸


「呼吸器・感染症内科」
信州医学雑誌,61(1):37-37 2013
Author:牛木 淳人; 立石 一成;


Antimicrobial and anti-inflammatory effects of clarithromycin on Mycobacterium avium complex replication in cultured human bronchial epithelial cells
JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY,18(5):683-688 2012(Oct.)
Author:Yamazaki, Yoshitaka; Ushiki, Atsuhito; Tanabe, Yoshinari; Koyama, Sekiya; Kubo, Keishi;


Antimicrobial and anti-inflammatory effects of clarithromycin on Mycobacterium avium complex replication in cultured human bronchial epithelial cells
JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY,18(5):683-688 2012(Oct.)
Author:Yamazaki, Yoshitaka; Ushiki, Atsuhito; Tanabe, Yoshinari; Koyama, Sekiya; Kubo, Keishi;


W2-5 診断確定目的に施行したEBUS-TBNAの検討(EBUS-TBNA,ワークショップ2,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,34:- 2012(May 20)
Author:安尾 将法; 野村 弥生; 池川 香代子; 小林 信光; 堀内 俊道; 牛木 淳人; 伊東 理子; 小林 孝至; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸; 小泉 知展; 久保 惠嗣;


P014 ブデソニド/ホルモテロール配合薬の呼吸機能とQOLにおける効果(成人気管支喘息,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会)
アレルギー,61(3):- 2012(Apr. 10)
Author:池川 香代子; 濱 峰幸; 小林 信光; 牛木 淳人; 安尾 将法; 小松 佳道; 倉石 博; 平山 二郎; 山本 洋; 花岡 正幸; 久保 惠嗣;


重症呼吸器感染症に対するステロイド療法の位置づけ (特集 重症呼吸器感染症に対する集学的治療の方向性)
呼吸器内科,21(4):337-342 2012(Apr.)
Author:牛木 淳人; 山本 洋; 久保 惠嗣;
Keywords:corticosteroid; severe pneumonia; acute respiratory distress syndrome (ARDS); sepsis; Pneumocystis pneumonia (PcP);


Association of cardiovascular diseases, metabolic syndrome and obstructive sleep apnea: Data from 1,000 Japanease PSG cases
EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL,40:- 2012
Author:Matsuo, Akemi; Kosaka, Makoto; Kobayashi, Nobumitsu; Horiuchi, Toshimichi; Agatsuma, Toshihiko; Ushiki, Atsuhito; Kanda, Shintaro; Keishi, Keishi;


P014 ブデソニド/ホルモテロール配合薬の呼吸機能とQOLにおける効果(成人気管支喘息,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会)
アレルギー,61(3):- 2012
Author:池川 香代子;花岡 正幸;久保 惠嗣;濱 峰幸;小林 信光;牛木 淳人;安尾 将法;小松 佳道;倉石 博;平山 二郎;山本 洋


W2-5 診断確定目的に施行したEBUS-TBNAの検討(EBUS-TBNA,ワークショップ2,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,34:- 2012
Author:安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣;野村 弥生;池川 香代子;小林 信光;堀内 俊道;牛木 淳人;伊東 理子;小林 孝至;漆畑 一寿


P014 ブデソニド/ホルモテロール配合薬の呼吸機能とQOLにおける効果(成人気管支喘息,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会)
アレルギー,61(3):- 2012
Author:池川 香代子;花岡 正幸;久保 惠嗣;濱 峰幸;小林 信光;牛木 淳人;安尾 将法;小松 佳道;倉石 博;平山 二郎;山本 洋


W2-5 診断確定目的に施行したEBUS-TBNAの検討(EBUS-TBNA,ワークショップ2,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,34:- 2012
Author:安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣;野村 弥生;池川 香代子;小林 信光;堀内 俊道;牛木 淳人;伊東 理子;小林 孝至;漆畑 一寿


24.内視鏡的に腫瘤を切除した気管支再発非定型肺カルチノイドの1例(第137回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,33(5):- 2011(Sep. 25)
Author:池川 香代子; 横山 俊樹; 牛木 淳人; 吾妻 俊彦; 安尾 将法; 花岡 正幸; 久保 惠嗣;


10.内視鏡的に腫瘤を切除した気管支再発非定型肺カルチノイドの1例(第136回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,33(3):211-212 2011(May 25)
Author:池川 香代子; 横山 俊樹; 牛木 淳人; 吾妻 俊彦; 安尾 将法; 花岡 正幸; 久保 惠嗣;


Bronchoscopic Microsampling for Bacterial Colony Counting in Relevant Lesions in Patients with Pulmonary Mycobacterium avium Complex Infection
INTERNAL MEDICINE,50(12):1287-1292 2011
Author:Ushiki, Atsuhito; Yamazaki, Yoshitaka; Koyama, Sekiya; Tsushima, Kenji; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki; Kubo, Keishi;


A Case of Organizing Pneumonia Induced by Tocilizumab
INTERNAL MEDICINE,50(19):2191-2193 2011
Author:Ikegawa, Kayoko; Hanaoka, Masayuki; Ushiki, Atsuhito; Yamamoto, Hiroshi; Kubo, Keishi;


IgG4-Related Airway Involvement Which Developed in a Patient Receiving Corticosteroid Therapy for Autoimmune Pancreatitis
INTERNAL MEDICINE,50(24):3023-3026 2011
Author:Yamamoto, Hiroshi; Yasuo, Masanori; Nomura, Yayoi; Agatsuma, Toshihiko; Ushiki, Atsuhito; Yokoyama, Toshiki; Urushihata, Kazuhisa; Hanaoka, Masayuki; Koizumi, Tomonobu; Iwaya, Mai; Yoshizawa, Akihiko; Kawakami, Satoshi; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki; Kubo, Keishi;


10.内視鏡的に腫瘤を切除した気管支再発非定型肺カルチノイドの1例(第136回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(3):211-212 2011
Author:池川 香代子;横山 俊樹;牛木 淳人;吾妻 俊彦;安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣


24.内視鏡的に腫瘤を切除した気管支再発非定型肺カルチノイドの1例(第137回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(5):- 2011
Author:池川 香代子;横山 俊樹;牛木 淳人;吾妻 俊彦;安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣


10.内視鏡的に腫瘤を切除した気管支再発非定型肺カルチノイドの1例(第136回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(3):211-212 2011
Author:池川 香代子;横山 俊樹;牛木 淳人;吾妻 俊彦;安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣


24.内視鏡的に腫瘤を切除した気管支再発非定型肺カルチノイドの1例(第137回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(5):- 2011
Author:池川 香代子;横山 俊樹;牛木 淳人;吾妻 俊彦;安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣


IgG4-Related Airway Involvement Which Developed in a Patient Receiving Corticosteroid Therapy for Autoimmune Pancreatitis
INTERNAL MEDICINE,50(24):3023-3026 2011
Author:Yamamoto, H; Yasuo, M; Nomura, Y; Agatsuma, T; Ushiki, A; Yokoyama, T; Urushihata, K; Hanaoka, M; Koizumi, T; Iwaya, M; Yoshizawa, A; Kawakami, S; Hamano, H; Kawa, S; Kubo, K


A Case of Organizing Pneumonia Induced by Tocilizumab
INTERNAL MEDICINE,50(19):2191-2193 2011
Author:Ikegawa, K; Hanaoka, M; Ushiki, A; Yamamoto, H; Kubo, K


Bronchoscopic Microsampling for Bacterial Colony Counting in Relevant Lesions in Patients with Pulmonary Mycobacterium avium Complex Infection
Internal Medicine,50(12):1287-1292 2011
Author:Ushiki Atsuhito,Yamazaki Yoshitaka,Koyama Sekiya,Tsushima Kenji,Yamamoto Hiroshi,Hanaoka Masayuki,Kubo Keishi
Abstract:Objective The incidence of pulmonary Mycobacterium avium complex (MAC) infections with nodular/bronchiectasis lesions is increasing. However, factors determining deterioration are unknown. In the present study, we investigated quantitative MAC cultures obtained through bronchoscopic microsampling (BMS) from patients with pulmonary MAC infection and analyzed the relationship between MAC culture and the short-term natural history. We also assessed chest computed tomography (CT) findings for the deteriorating factors. Design For this prospective study, MAC was collected from peripheral lung lesions by BMS through endobronchial ultrasonography. MAC colonies were counted on Middlebrook 7H11 agar. We compared the number of MAC colonies with laboratory data and chest CT findings. Patients We studied 26 patients with pulmonary MAC infection. Results The patients were divided into 2 groups: 11 patients in the non-deteriorated group and 15 patients in the deteriorated group. The number of MAC colonies was significantly correlated with deterioration of MAC infection (p<0.001). In the non-deteriorated group, chest CT scans showed nodular/bronchiectasis lesions in 8 patients (73%) and consolidated lesions in 3 patients (27%). In the deteriorated group, chest CT scans showed nodular/bronchiectasis lesions in 1 patient (7%), consolidated lesions in 6 patients (40%), and cavitary lesions in 8 patients (53%). Conclusion The number of MAC colonies in relevant lesions investigated by BMS was significantly larger in the deteriorated group than in the non-deteriorated group. Cavitary and consolidated lesions observed from chest CT scans are thought to indicate a high risk of progression of pulmonary MAC infection.


31.気管支鏡検査で診断し得た気管支粘表皮癌の1例(第133回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,32(5):- 2010(Sep. 25)
Author:海口 陽子; 吾妻 俊彦; 牛木 淳人; 伊東 理子; 神田 慎太郎; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸; 久保 惠嗣; 安尾 将法; 小林 孝至; 小泉 知展;


Salvage chemotherapy with amrubicin and platinum for relapsed thymic carcinoma: experience in six cases
MEDICAL ONCOLOGY,27(2):392-396 2010(Jun.)
Author:Koizumi, Tomonobu; Agatsuma, Toshihiko; Ichiyama, Takashi; Yokoyama, Toshiki; Ushiki, Atsuhito; Komatsu, Yoshimichi; Tanabe, Tsuyoshi; Kobayashi, Takashi; Yoshikawa, Sumiko; Yasuo, Masanori; Yamamoto, Hiroshi; Kubo, Keishi; Hachiya, Tsutomu;


Salvage chemotherapy with amrubicin and platinum for relapsed thymic carcinoma: experience in six cases
MEDICAL ONCOLOGY,27(2):392-396 2010(Jun.)
Author:Koizumi, Tomonobu; Agatsuma, Toshihiko; Ichiyama, Takashi; Yokoyama, Toshiki; Ushiki, Atsuhito; Komatsu, Yoshimichi; Tanabe, Tsuyoshi; Kobayashi, Takashi; Yoshikawa, Sumiko; Yasuo, Masanori; Yamamoto, Hiroshi; Kubo, Keishi; Hachiya, Tsutomu;


Acute Lung Injury with Alveolar Hemorrhage Due to a Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus
INTERNAL MEDICINE,49(5):427-430 2010
Author:Yokoyama, Toshiki; Tsushima, Kenji; Ushiki, Atsuhito; Kobayashi, Nobumitsu; Urushihata, Kazuhisa; Koizumi, Tomonobu; Kubo, Keishi;


31.気管支鏡検査で診断し得た気管支粘表皮癌の1例(第133回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,32(5):- 2010
Author:海口 陽子;安尾 将法;小林 孝至;小泉 知展;吾妻 俊彦;牛木 淳人;伊東 理子;神田 慎太郎;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣


31.気管支鏡検査で診断し得た気管支粘表皮癌の1例(第133回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,32(5):- 2010
Author:海口 陽子;安尾 将法;小林 孝至;小泉 知展;吾妻 俊彦;牛木 淳人;伊東 理子;神田 慎太郎;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣


拠点病院におけるHIV抗体無料迅速検査受検者数の推移
J AIDS Res,12:- 2010
Author:牛木淳人;


Acute Lung Injury with Alveolar Hemorrhage Due to a Novel Swine-Origin Influenza A (H1N1) Virus
INTERNAL MEDICINE,49(5):427-430 2010
Author:Yokoyama, Toshiki; Tsushima, Kenji; Ushiki, Atsuhito; Kobayashi, Nobumitsu; Urushihata, Kazuhisa; Koizumi, Tomonobu; Kubo, Keishi;


「一目瞭然!目で診る症例」解答
日本内科学会雑誌,98(11):2924-2925 2009(Nov. 10)
Author:牛木 淳人;久保 惠嗣
Keywords:Lyme 病;Borrelia 属;4類感染症


「一目瞭然!目で診る症例」解答
日本内科学会雑誌,98(11):2924-2925 2009(Nov. 10)
Author:牛木 淳人;久保 惠嗣
Keywords:Lyme 病;Borrelia 属;4類感染症


エタネルセプト使用中に発症した間質性肺炎の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,47(10):870-874 2009(Oct. 10)
Author:横山 俊樹;山本 洋;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;牛木 淳人;松原 美佳子;小林 孝至;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣
Keywords:薬剤性肺障害;エタネルセプト;非侵襲的陽圧換気法;関節リウマチ


エタネルセプト使用中に発症した間質性肺炎の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,47(10):870-874 2009(Oct. 10)
Author:横山 俊樹;山本 洋;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;牛木 淳人;松原 美佳子;小林 孝至;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣
Keywords:薬剤性肺障害;エタネルセプト;非侵襲的陽圧換気法;関節リウマチ


エタネルセプト使用中に発症した間質性肺炎の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,47(10):870-874 2009(Oct. 10)
Author:横山 俊樹; 山本 洋; 福嶋 敏郎; 吾妻 俊彦; 牛木 淳人; 松原 美佳子; 小林 孝至; 田名部 毅; 安尾 将法; 漆畑 一寿; 花岡 正幸; 小泉 知展; 藤本 圭作; 久保 恵嗣;
Keywords:薬剤性肺障害; エタネルセプト; 非侵襲的陽圧換気法; 関節リウマチ;


An AIDS patient with immune reconstitution inflammatory syndrome due to pulmonary Mycobacterium kansasii infection during antiretroviral therapy
JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY,15(5):331-334 2009(Oct.)
Author:Ito, Michiko; Komatsu, Yoshimichi; Ushiki, Atsuhito; Yamazaki, Yoshitaka; Kubo, Keishi;


An AIDS patient with immune reconstitution inflammatory syndrome due to pulmonary Mycobacterium kansasii infection during antiretroviral therapy
JOURNAL OF INFECTION AND CHEMOTHERAPY,15(5):331-334 2009(Oct.)
Author:Ito, Michiko; Komatsu, Yoshimichi; Ushiki, Atsuhito; Yamazaki, Yoshitaka; Kubo, Keishi;


Salvage chemotherapy with amrubicin and platinum for relapsed thymic carcinoma - experience in six cases
JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY,4(9):S750-S750 2009(Sep.)
Author:Agatsuma, Toshihiko; Koizumi, Tomonobu; Ichiyama, Takashi; Yokoyama, Toshiki; Ushiki, Atsuhito; Komatsu, Yoshimichi; Yoshikawa, Sumiko; Kobayashi, Takashi; Tanabe, Tsuyoshi; Yamamoto, Hiroshi; Kubo, Keishi; Hachiya, Tsutomu;


Salvage chemotherapy with amrubicin and platinum for relapsed thymic carcinoma - experience in six cases
JOURNAL OF THORACIC ONCOLOGY,4(9):S750-S750 2009(Sep.)
Author:Agatsuma, Toshihiko; Koizumi, Tomonobu; Ichiyama, Takashi; Yokoyama, Toshiki; Ushiki, Atsuhito; Komatsu, Yoshimichi; Yoshikawa, Sumiko; Kobayashi, Takashi; Tanabe, Tsuyoshi; Yamamoto, Hiroshi; Kubo, Keishi; Hachiya, Tsutomu;


長時間作用型気管支拡張薬にて加療中のCOPDに対する短時間作用型β2刺激薬のadd-on効果
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,19(1):64-70 2009(Jun.)
Author:藤本 圭作; 牛木 淳人; 小松 佳道;
Keywords:慢性閉塞性肺疾患; 短時間作用型β2刺激薬; 動的肺過膨張; 運動耐容能; Impulse Oscillation System; IOS;


OR23-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法によるニューモシスティス肺炎の診断(炎症2,一般口演23,第32回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,31:- 2009(May 20)
Author:牛木 淳人; 山崎 善隆; 田名部 毅; 漆畑 一寿; 津島 健司; 山本 洋; 花岡 正幸; 小泉 知展; 久保 惠嗣;


Genetic Heterogeneity of EGFR Mutation in Pleomorphic Carcinoma of the Lung: Response to Gefitinib and Clinical Outcome
JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,39(4):267-270 2009(Apr.)
Author:Ushiki, Atsuhito; Koizumi, Tomonobu; Kobayashi, Nobumitsu; Kanda, Shintarou; Yasuo, Masanori; Yamamoto, Hiroshi; Kubo, Keishi; Aoyagi, Daiju; Nakayama, Jun;


Genetic Heterogeneity of EGFR Mutation in Pleomorphic Carcinoma of the Lung: Response to Gefitinib and Clinical Outcome
JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL ONCOLOGY,39(4):267-270 2009(Apr.)
Author:Ushiki, Atsuhito; Koizumi, Tomonobu; Kobayashi, Nobumitsu; Kanda, Shintarou; Yasuo, Masanori; Yamamoto, Hiroshi; Kubo, Keishi; Aoyagi, Daiju; Nakayama, Jun;


7.集学的治療により気道の開存が得られた腎細胞癌肺転移気管支浸潤の1例(第127回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,31(2):- 2009(Mar. 25)
Author:塩井 蘭; 牛木 淳人; 田名部 毅; 安尾 将法; 漆畑 一寿; 津島 健司; 山本 洋; 花岡 正幸; 小泉 知展; 藤本 圭作; 久保 惠嗣;


Colonic Sarcoidosis Presenting Multiple Submucosal Tumor-Like Lesions
INTERNAL MEDICINE,48(20):1813-1816 2009
Author:Ushiki, Atsuhito; Koizumi, Tomonobu; Kubo, Keishi; Suzawa, Kenichi; Arakura, Norikazu; Suzawa, Hirokazu;


L-Carbocisteine reduces neutrophil elastase-induced mucin production
RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY,167(2):214-216 2009
Author:Yasuo, Masanori; Fujimoto, Keisaku; Imamura, Hitomi; Ushiki, Atsuhito; Kanda, Shintaro; Tsushima, Kenji; Kubo, Hiroshi; Yamaya, Mutsuo; Kubo, Keishi;


7.集学的治療により気道の開存が得られた腎細胞癌肺転移気管支浸潤の1例(第127回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,31(2):- 2009
Author:塩井 蘭;藤本 圭作;久保 惠嗣;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;津島 健司;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展


OR23-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法によるニューモシスティス肺炎の診断(炎症2,一般口演23,第32回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,31:- 2009
Author:牛木 淳人;山崎 善隆;田名部 毅;漆畑 一寿;津島 健司;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣


「一目瞭然!目で診る症例」
日本内科学会雑誌,98(11):2923-2925 2009
Author:牛木 淳人;久保 惠嗣
Keywords:Lyme病;Borrelia属;4類感染症


長時間作用型気管支拡張薬にて加療中のCOPDに対する短時間作用型β2刺激薬のadd-on効果
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,19(1):64-70 2009
Author:藤本 圭作;牛木 淳人;小松 佳道;吾妻 俊彦;吉川 純子;久保 惠嗣
Abstract:

長時間作用型気管支拡張薬にて加療中のCOPDに対する塩酸プロカテロール20μgの吸入は,1秒量の増加,低周波数依存性の呼吸抵抗の上昇および末梢容量性リアクタンスの低下を軽減させるとともに,過呼吸に伴う動的肺過膨張を有意に軽減させ,運動耐容能を改善させた.運動耐容能の改善は動的肺過膨張の改善と有意に相関し,短時間作用型β2刺激薬のassist useとしての有用性が確認された.


Keywords:慢性閉塞性肺疾患;短時間作用型β2刺激薬;動的肺過膨張;運動耐容能;Impulse Oscillation System(IOS)


7.集学的治療により気道の開存が得られた腎細胞癌肺転移気管支浸潤の1例(第127回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,31(2):- 2009
Author:塩井 蘭;藤本 圭作;久保 惠嗣;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;津島 健司;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展


OR23-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法によるニューモシスティス肺炎の診断(炎症2,一般口演23,第32回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,31:- 2009
Author:牛木 淳人;山崎 善隆;田名部 毅;漆畑 一寿;津島 健司;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣


「一目瞭然!目で診る症例」
日本内科学会雑誌,98(11):2923-2925 2009
Author:牛木 淳人;久保 惠嗣
Keywords:Lyme病;Borrelia属;4類感染症


長時間作用型気管支拡張薬にて加療中のCOPDに対する短時間作用型β2刺激薬のadd-on効果
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,19(1):64-70 2009
Author:藤本 圭作;牛木 淳人;小松 佳道;吾妻 俊彦;吉川 純子;久保 惠嗣
Abstract:

長時間作用型気管支拡張薬にて加療中のCOPDに対する塩酸プロカテロール20μgの吸入は,1秒量の増加,低周波数依存性の呼吸抵抗の上昇および末梢容量性リアクタンスの低下を軽減させるとともに,過呼吸に伴う動的肺過膨張を有意に軽減させ,運動耐容能を改善させた.運動耐容能の改善は動的肺過膨張の改善と有意に相関し,短時間作用型β2刺激薬のassist useとしての有用性が確認された.


Keywords:慢性閉塞性肺疾患;短時間作用型β2刺激薬;動的肺過膨張;運動耐容能;Impulse Oscillation System(IOS)


「一目瞭然!目で診る症例」
日本内科学会雑誌,98(11):2923-2925 2009
Author:牛木 淳人; 久保 惠嗣;
Keywords:Lyme病; Borrelia属; 4類感染症;


L-Carbocisteine reduces neutrophil elastase-induced mucin production
RESPIRATORY PHYSIOLOGY & NEUROBIOLOGY,167(2):214-216 2009
Author:Yasuo, Masanori; Fujimoto, Keisaku; Imamura, Hitomi; Ushiki, Atsuhito; Kanda, Shintaro; Tsushima, Kenji; Kubo, Hiroshi; Yamaya, Mutsuo; Kubo, Keishi;


Colonic Sarcoidosis Presenting Multiple Submucosal Tumor-Like Lesions
Internal Medicine,48(20):1813-1816 2009
Author:Ushiki Atsuhito,Koizumi Tomonobu,Kubo Keishi,Suzawa Kenichi,Arakura Norikazu,Suzawa Hirokazu
Abstract:Here, we describe a case of colonic sarcoidosis that developed over a 7-year period of observation of intrathoracic sarcoidosis. The patient was asymptomatic, but colonoscopy showed multiple elevated lesions mimicking submucosal tumors in several areas of the colon. The specimens obtained by biopsy showed noncaseating granuloma, suggesting sarcoidosis. The observations in the present case indicate that colonic involvement should be considered in patients with sarcoidosis. Furthermore, the macroscopic appearance of multiple submucosal tumor-like lesions in colonic sarcoidosis is extremely rare.


P-453 gefitinib投与前後のEGFR遺伝子変異を検索しえた肺多形癌の1剖検例(分子標的治療4,第49回日本肺癌学会総会号)
肺癌,48(5):- 2008(Oct. 05)
Author:牛木 淳人;小泉 知展;小林 信光;吾妻 俊彦;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 惠嗣;山崎 善隆


P-453 gefitinib投与前後のEGFR遺伝子変異を検索しえた肺多形癌の1剖検例(分子標的治療4,第49回日本肺癌学会総会号)
肺癌,48(5):- 2008(Oct. 05)
Author:牛木 淳人;小泉 知展;小林 信光;吾妻 俊彦;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 惠嗣;山崎 善隆


W6-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法を用いた肺Mycobacterium avium complex (MAC)症の病態解析(気道病変における内視鏡下での分子生物学的アプローチ,ワークショップ6,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,30:- 2008(May 20)
Author:山崎 善隆; 牛木 淳人; 田名部 毅; 安尾 将法; 漆畑 一寿; 山本 洋; 久保 惠嗣;


17. COPD経過観察中に無症状で発見されたfibroepithelial polypの1例(第123回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学 : 日本気管支研究会雑誌,30(2):107-108 2008(Mar. 25)
Author:牛木 淳人; 池川 香代子; 福嶋 敏郎; 吾妻 俊彦; 松原 美佳子; 横山 俊樹; 伊東 理子; 小松 佳道; 吉川 純子; 小林 孝至; 田名部 毅; 安尾 将法; 漆畑 一寿; 山本 洋; 花岡 正幸; 小泉 知展; 藤本 圭作; 久保 恵嗣;


A Rare Case of a Tracheal Fibroepithelial Polyp Treated by an Endobronchial Resection
INTERNAL MEDICINE,47(19):1723-1726 2008
Author:Ushiki, Atsuhito; Yasuo, Masanori; Tanabe, Tsuyoshi; Urushihata, Kazuhisa; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki; Koizumi, Tomonobu; Fujimoto, Keisaku; Kubo, Keishi; Yamazaki, Yoshitaka; Asano, Koji;


17. COPD経過観察中に無症状で発見されたfibroepithelial polypの1例(第123回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,30(2):107-108 2008
Author:牛木 淳人;小林 孝至;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣;池川 香代子;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;松原 美佳子;横山 俊樹;伊東 理子;小松 佳道;吉川 純子


W6-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法を用いた肺Mycobacterium avium complex (MAC)症の病態解析(気道病変における内視鏡下での分子生物学的アプローチ,ワークショップ6,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,30:- 2008
Author:山崎 善隆;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;久保 惠嗣


孤立性肺腫瘤陰影を呈しCA19-9が高値を示した非結核性抗酸菌症の1例
信州医学雑誌,56(6):365-370 2008
Author:中川 佐和子;藤本 圭作;久保 惠嗣;椎名 隆之;近藤 竜一;吉田 和夫;浅野 功治;山崎 善隆;吾妻 俊彦;横山 俊樹;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展
Abstract:A 56-year-old woman was found to have a solitary mass shadow on chest radiograph in a health examination.Transbronchial examination on two occasions did not yield any diagnostic findings.Both the high level of CA19-9 and the increasingly large shadow were suspected to be indicative of lung cancer, so we performed left lower lobectomy.The pathological examination of the resected lung revealed a granulomatous lesion without malignant findings.A few colonies grew on a liquid medium,and were identified as Mycobacterium avium by PCR. After operation,the increased CA19-9 leval normalized gradually.There are few reports presenting a solitary pulmonary mass shadow and high CA19-9 level due to nontuberculous mycobacterial disease.
Keywords:孤立性肺腫瘤影;非結核性抗酸菌症


17. COPD経過観察中に無症状で発見されたfibroepithelial polypの1例(第123回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,30(2):107-108 2008
Author:牛木 淳人;小林 孝至;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣;池川 香代子;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;松原 美佳子;横山 俊樹;伊東 理子;小松 佳道;吉川 純子


W6-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法を用いた肺Mycobacterium avium complex (MAC)症の病態解析(気道病変における内視鏡下での分子生物学的アプローチ,ワークショップ6,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,30:- 2008
Author:山崎 善隆;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;久保 惠嗣


孤立性肺腫瘤陰影を呈しCA19-9が高値を示した非結核性抗酸菌症の1例
信州医学雑誌,56(6):365-370 2008
Author:中川 佐和子;藤本 圭作;久保 惠嗣;椎名 隆之;近藤 竜一;吉田 和夫;浅野 功治;山崎 善隆;吾妻 俊彦;横山 俊樹;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展
Abstract:A 56-year-old woman was found to have a solitary mass shadow on chest radiograph in a health examination.Transbronchial examination on two occasions did not yield any diagnostic findings.Both the high level of CA19-9 and the increasingly large shadow were suspected to be indicative of lung cancer, so we performed left lower lobectomy.The pathological examination of the resected lung revealed a granulomatous lesion without malignant findings.A few colonies grew on a liquid medium,and were identified as Mycobacterium avium by PCR. After operation,the increased CA19-9 leval normalized gradually.There are few reports presenting a solitary pulmonary mass shadow and high CA19-9 level due to nontuberculous mycobacterial disease.
Keywords:孤立性肺腫瘤影;非結核性抗酸菌症


孤立性肺腫瘤陰影を呈しCA19‐9が高値を示した非結核性抗酸菌症の1例
信州医学雑誌,56(6):365-370 2008
Author:中川 佐和子; 吾妻 俊彦; 横山 俊樹; 牛木 淳人; 田名部 毅; 安尾 将法; 山本 洋; 花岡 正幸; 小泉 知展; 藤本 圭作; 久保 惠嗣; 椎名 隆之; 近藤 竜一; 吉田 和夫; 浅野 功治; 山崎 善隆;
Abstract:A 56-year-old woman was found to have a solitary mass shadow on chest radiograph in a health examination.Transbronchial examination on two occasions did not yield any diagnostic findings.Both the high level of CA19-9 and the increasingly large shadow were suspected to be indicative of lung cancer, so we performed left lower lobectomy.The pathological examination of the resected lung revealed a granulomatous lesion without malignant findings.A few colonies grew on a liquid medium,and were identified as Mycobacterium avium by PCR. After operation,the increased CA19-9 leval normalized gradually.There are few reports presenting a solitary pulmonary mass shadow and high CA19-9 level due to nontuberculous mycobacterial disease.
Keywords:孤立性肺腫瘤影; 非結核性抗酸菌症;


A Rare Case of a Tracheal Fibroepithelial Polyp Treated by an Endobronchial Resection
Internal Medicine,47(19):1723-1726 2008
Author:Ushiki Atsuhito,Yasuo Masanori,Tanabe Tsuyoshi,Urushihata Kazuhisa,Yamamoto Hiroshi,Hanaoka Masayuki,Koizumi Tomonobu,Fujimoto Keisaku,Kubo Keishi,Yamazaki Yoshitaka,Asano Koji
Abstract:This report describes a very rare case of a tracheal fibroepithelial polyp. A 69-year-old male had been treated in this department because of chronic obstructive pulmonary disease since 2006. In July 2007, chest computed tomography revealed a bronchial tumor located at the distal end of the trachea. A bronchoscopic examination revealed a multilocular polyp. An endobronchial resection was performed to remove the lesion. A tracheobronchial fibroepithelial polyp is very rare. We herein describe and discuss the appropriate therapeutic policy and also review the pertinent literature.


P-532 アスベスト非暴露者で,肺腺癌と悪性胸膜中皮腫を同時合併した一例(一般演題(ポスター) 胸膜中皮腫2,第48回日本肺癌学会総会号)
肺癌,47(5):- 2007(Oct. 10)
Author:小林 孝至;池川 香代子;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;牛木 淳人;松原 美佳子;横山 俊樹;小松 佳道;伊東 理子;吉川 純子;田名部 毅;安尾 将法;山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 惠嗣


P-532 アスベスト非暴露者で,肺腺癌と悪性胸膜中皮腫を同時合併した一例(一般演題(ポスター) 胸膜中皮腫2,第48回日本肺癌学会総会号)
肺癌,47(5):- 2007(Oct. 10)
Author:小林 孝至;池川 香代子;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;牛木 淳人;松原 美佳子;横山 俊樹;小松 佳道;伊東 理子;吉川 純子;田名部 毅;安尾 将法;山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 惠嗣


P-532 アスベスト非暴露者で,肺腺癌と悪性胸膜中皮腫を同時合併した一例(一般演題(ポスター) 胸膜中皮腫2,第48回日本肺癌学会総会号)
肺癌,47(5):- 2007(Oct. 10)
Author:小林 孝至; 池川 香代子; 福嶋 敏郎; 吾妻 俊彦; 牛木 淳人; 松原 美佳子; 横山 俊樹; 小松 佳道; 伊東 理子; 吉川 純子; 田名部 毅; 安尾 将法; 山本 洋; 漆畑 一寿; 花岡 正幸; 小泉 知展; 藤本 圭作; 久保 惠嗣;


肺コクシジオイデス症の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,45(2):180-184 2007(Feb. 10)
Author:南澤 綾子; 降旗 兼行; 牛木 淳人; 若松 俊秀; 小山 茂;
Keywords:輸入真菌症; Coccidioidomycosis; 孤立空洞影;


92) 重症心不全を呈する心サルコイドーシスに, 両室ペーシングを施行した一例(第189回日本循環器学会関東甲信越地方会)
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society,68:- 2004(Apr. 20)
Author:牛木 淳人;横関 整;矢崎 善一;花岡 健;甲斐 龍一;古樫 薫;内川 慎一郎;筒井 浩;木下 修;久保 恵嗣;小山 潤;今村 浩


92) 重症心不全を呈する心サルコイドーシスに, 両室ペーシングを施行した一例(第189回日本循環器学会関東甲信越地方会)
Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society,68:- 2004(Apr. 20)
Author:牛木 淳人;横関 整;矢崎 善一;花岡 健;甲斐 龍一;古樫 薫;内川 慎一郎;筒井 浩;木下 修;久保 恵嗣;小山 潤;今村 浩


7. 肺癌の副腎転移巣が下大静脈に浸潤し反復性の肺塞栓を発症した1例(第82回日本肺癌学会中部支部会)(支部活動)
肺癌,43(2):153-154 2003(Apr. 20)
Author:安尾 将法;牛木 淳人;小林 正稔;北口 良晃;出浦 弦;中村 勝;畑山 織絵;笹林 万里;堀田 順一;吉池 文明;若松 俊秀;漆畑 一壽;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 惠嗣


7. 肺癌の副腎転移巣が下大静脈に浸潤し反復性の肺塞栓を発症した1例(第82回日本肺癌学会中部支部会)(支部活動)
肺癌,43(2):153-154 2003(Apr. 20)
Author:安尾 将法;牛木 淳人;小林 正稔;北口 良晃;出浦 弦;中村 勝;畑山 織絵;笹林 万里;堀田 順一;吉池 文明;若松 俊秀;漆畑 一壽;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 惠嗣


7. 肺癌の副腎転移巣が下大静脈に浸潤し反復性の肺塞栓を発症した1例(第82回日本肺癌学会中部支部会)(支部活動)
肺癌,43(2):153-154 2003(Apr. 20)
Author:安尾 将法; 牛木 淳人; 小林 正稔; 北口 良晃; 出浦 弦; 中村 勝; 畑山 織絵; 笹林 万里; 堀田 順一; 吉池 文明; 若松 俊秀; 漆畑 一壽; 花岡 正幸; 小泉 知展; 藤本 圭作; 久保 惠嗣;


学会発表
P-453 gefitinib投与前後のEGFR遺伝子変異を検索しえた肺多形癌の1剖検例(分子標的治療4,第49回日本肺癌学会総会号)
日本肺癌学会 , 肺癌 , 48(5):603 2008(Oct. 05)
Author:牛木 淳人,小泉 知展,小林 信光,吾妻 俊彦,安尾 将法,漆畑 一寿,山本 洋,花岡 正幸,藤本 圭作,久保 惠嗣,山崎 善隆


1. 人工透析中にカルボプラチンとエトポシドの併用療法を施行した肺小細胞癌の1例(第85回肺癌学会中部支部会)
日本肺癌学会 , 肺癌 , 44(7):800 2004(Dec. 20)
Author:牛木 淳人,降旗 兼行,南澤 綾子,若松 俊秀,小山 茂


92) 重症心不全を呈する心サルコイドーシスに, 両室ペーシングを施行した一例(第189回日本循環器学会関東甲信越地方会)
社団法人日本循環器学会 , Circulation journal : official journal of theJapanese Circulation Society , 68:769 2004(Apr. 20)
Author:牛木 淳人,横関 整,矢崎 善一,花岡 健,甲斐 龍一,古樫 薫,内川 慎一郎,筒井 浩,木下 修,久保 恵嗣,小山 潤,今村 浩

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2015 - 2016 , 質量分析によるM.avium complexの同定および肺MAC症増悪因子の検討 , 若手研究(B)
研究諸活動
学術論文査読件数
日本内科学会

教育活動実績

授業等
前期 , ユニット講義(呼吸器)
前期 , ユニット講義(感染症)
通年 , 臨床実習