信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

竹田 哲  タケダ テツ

教員組織学術研究院(医学系(附属病院))電話番号
教育組織医学部附属病院 呼吸器外科FAX番号
職名助教(診療)メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
2008 , 信州大学医学部

取得学位
学士(医学) , 信州大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
Three-dimensional computed tomography and indocyanine green-guided technique for pulmonary sequestration surgery
GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY,69(3):621-624 2021(Mar.)
Author:Matsuoka, Shunichiro; Eguchi, Takashi; Takeda, Tetsu; Miura, Kentaro; Hamanaka, Kazutoshi; Shimizu, Kimihiro;
Keywords:Pulmonary sequestration; Indocyanine green; Three-dimensional computed tomography;


Synchronous triple primary lung cancer with three different histological subtypes in the same lobe: A case report
THORACIC CANCER,12(5):711-714 2021(Mar.)
Author:Koyama, Tsutomu; Shimizu, Kimihiro; Uehara, Takeshi; Matsuoka, Shunichiro; Takeda, Tetsu; Yamada, Kyoko; Eguchi, Takashi; Hamanaka, Kazutoshi; Sano, Kenji;
Keywords:Lung cancer; molecular biology; multiple primary neoplasms; mutation; synchronous neoplasms;


Primary mediastinal germ cell tumors - A retrospective analysis of >30 years of experience in a single institution
THORACIC CANCER,12(6):807-813 2021(Mar.)
Author:Koizumi, Tomonobu; Kanda, Shintaro; Nihonmatu, Ryo; Gomi, Daisuke; Sekiguchi, Nodoka; Noguchi, Takuro; Fukushima, Toshirou; Kobayashi, Takashi; Yamamoto, Hiroshi; Takeda, Tetsu;
Keywords:chemotherapy; germ cell; growing teratoma syndrome; mediastinal tumor; second malignancy;


Bone morphogenetic protein-7 expression reflects the high proliferative ability and aggressiveness of thymic epithelial tumors
JOURNAL OF THORACIC DISEASE,12(3):448-456 2020(Mar.)
Author:Miura, Kentaro; Hamanaka, Kazutoshi; Uehara, Tsuyoshi; Momose, Masanobu; Kanai, Yukiko; Matsuoka, Shunichiro; Takeda, Tetsu; Agatsuma, Hiroyuki; Hyogotani, Akira; Ito, Ken-ichi;
Keywords:Bone morphogenetic protein-7 (BMP-7); thymic epithelial tumors; thymoma; thymic cancer;


Posterior mediastinal ganglioneuroblastoma in an adolescent: A case report and review
THORACIC CANCER,11(2):451-455 2020(Feb.)
Author:Sekiguchi, Nodoka; Noguchi, Takuro; Fukushima, Toshirou; Kobayashi, Takashi; Ozawa, Takesumi; Sato, Yoshinori; Takeda, Tetsu; Yoshida, Kazuo; Koizumi, Tomonobu;
Keywords:Bone metastasis; mediastinal tumor; neuroblastoma; posterior mediastinum;


降下性壊死性縦隔炎13例の検討―進展経路認識の重要性―
日本呼吸器外科学会雑誌,34(6):566-571 2020
Author:山田 響子;清水 公裕;小山 力;松岡 峻一郎;竹田 哲;江口 隆;濱中 一敏
Abstract:

降下性壊死性縦隔炎は,咽頭感染や歯科領域感染が縦隔に波及し,重篤化しやすく,致死的経過をたどることもある疾患である.今回,当科で縦隔ドレナージ手術を施行した13例の臨床経過について検討した.13例中12例で胸腔鏡下縦隔ドレナージ術を行い,12例は右側胸腔からアプローチした.また,2例は耳鼻咽喉科で頚部ドレナージを施行されたが,その後に縦隔への進展を認め,二期的な縦隔ドレナージ術を要した.術後在院期間は平均46日と長期間を要した.術後に死亡した1例は,診断までに約2週間を要した症例だった.降下性壊死性縦隔炎に対するドレナージ方法やアプローチについては見解が統一されていない部分があるが,早期診断,及び胸腔鏡アプローチによる低侵襲な外科的縦隔ドレナージが生存率向上に寄与すると考える.また,CTによる進展経路の同定により,その後の進行はある程度予測可能であり,術式検討に有効であるといえる.


Keywords:降下性壊死性縦隔炎;縦隔ドレナージ


Thoracoscopic resection of a cystic seminoma of the mediastinum.
Asian J Endoscopic Surg,12:354-356 2019(Dec.)
Author:Hamanaka K, Takeda T, Ohashi M, Kumeda H, Agatsuma H, Shimada K, Maruyama K, Yoshida K, Nakamura T


Interobserver size measurement variability in part-solid lung adenocarcinoma using pre-operative computed tomography
JOURNAL OF THORACIC DISEASE,11(7):2924-2931 2019(Jul.)
Author:Hamanaka, Kazutoshi; Takayama, Hiroki; Koyama, Tsutomu; Matsuoka, Shunichiro; Takeda, Tetsu; Agatsuma, Hiroyuki; Yamada, Kyoko; Hyogota, Akira; Kawakami, Satoshi; Ito, Ken-ichi;
Keywords:Inter-observer variability; computed tomography (CT); lung adenocarcinoma; adenocarcinoma in situ (AIS);


The pretreatment circulating albumin-to-fibrinogen ratio in patients with non-small cell lung cancer: a simple, economical, and effective biomarker.
J Thorac Dis. ,11(Suppl3 ):S241-44 2019(Mar.)
Author:Hamanaka K, Miura K, Koyama T, Matsuoka S, Takeda T, Yamada K, Hyogotani A.


The pretreatment circulating albumin-to-fibrinogen ratio in patients with non-small cell lung cancer: a simple, economical, and effective biomarker
JOURNAL OF THORACIC DISEASE,11:S241-S244 2019(Mar.)
Author:Hamanaka, Kazutoshi; Miura, Kentaro; Koyama, Tsutomu; Matsuoka, Shunichiro; Takeda, Tetsu; Yamada, Kyoko; Hyogotani, Akira;


Development of angiosarcoma in a mediastinal non-seminomatous germ cell tumor that exhibited growing teratoma syndrome during chemotherapy
THORACIC CANCER,10(1):111-115 2019(Jan.)
Author:Matsuoka, Shunichiro; Koyama, Tsutomu; Takeda, Tetsu; Yamada, Kyoko; Hyogotani, Akira; Hamanaka, Kazutoshi; Sekiguchi, Nodoka; Koizumi, Tomonobu;
Keywords:BEP chemotherapy; germ cell tumor; sarcoma; somatic type;


Analysis of surgical treatment of Masaoka stage III-IV thymic epithelial tumors
GENERAL THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY,66(12):731-735 2018(Dec.)
Author:Hamanaka, Kazutoshi; Koyama, Tsutomu; Matsuoka, Shunichiro; Takeda, Tetsu; Miura, Kentaro; Yamada, Kyoko; Hyogotani, Akira; Seto, Tatsuichiro; Okada, Kenji; Ito, Ken-ichi;
Keywords:Thymoma; Thymic carcinoma; Brachiocephalic vein; Superior vena cava;


Primary mediastinal dedifferentiated liposarcoma: Five case reports and a review
THORACIC CANCER,9(12):1733-1740 2018(Dec.)
Author:Miura, Kentaro; Hamanaka, Kazutoshi; Matsuoka, Shunichiro; Takeda, Tetsu; Agatsuma, Hiroyuki; Hyogotani, Akira; Ito, Ken-ichi; Nishimaki, Fumihiro; Koizumi, Tomonobu; Uehara, Takeshi;
Keywords:Dedifferentiated liposarcoma; local recurrence; mediastinum;


肺癌術後肺炎に対する周術期口腔機能管理の有効性に関する後ろ向き観察研究
信州医学雑誌,66(4):249-256 2018
Author:梶原 稜;山田 響子;濱中 一敏;伊藤 研一;栗田 浩;山田 慎一;西牧 史洋;近藤 英司;鎌田 孝広;小山 力;松岡 峻一郎;竹田 哲;三浦 健太郎
Abstract:信州医学雑誌 66(4): 249-256(2018)
Keywords:肺癌;周術期口腔機能管理;術後肺炎;リスク因子


講演・口頭発表等
ステロイド吸入症例における肺切除の周術期合併症の検討
日本肺癌学会 2019(Dec.)
Presenter:竹田哲、小山力、松岡峻一郎、山田響子、江口隆、濱中一敏、清水公裕


CEA・CA19-9の上昇を伴った、横隔膜発生の気管支原性嚢胞の1例
日本臨床外科学会 2019(Nov.)
Presenter:竹田哲、井手祥吾、小山力、山田響子、江口隆、濱中一敏、清水公裕


当科における、pN1非小細胞肺癌症例の検討
日本呼吸器外科学会 2019(May)
Presenter:竹田哲、井手祥吾、小山力、松岡峻一郎、山田響子、兵庫谷章、濱中一敏、伊藤研一


他臓器浸潤を伴う胸腺上皮性腫瘍に対する鏡視下手術の有用性
日本内視鏡外科学会 2018(Dec.)
Presenter:竹田哲


TNM分類第8版が治療戦略に与えたインパクト TNM分類第8版によるリンパ節郭清範囲への影響
日本外科学会定期学術集会抄録集 118 630 2018(Apr.)
Presenter:吾妻 寛之, 濱中 一敏, 兵庫谷 章, 三浦 健太郎, 竹田 哲, 松岡 峻一郎, 伊藤 研一


当院における呼吸器外科・心臓血管外科合同手術の検討
日本外科学会定期学術集会抄録集 118 1802 2018(Apr.)
Presenter:高山 寛己, 松岡 峻一郎, 竹田 哲, 三浦 健太郎, 吾妻 寛之, 兵庫谷 章, 濱中 一敏, 岡田 健次, 伊藤 研一


UICC第8版における臨床病期0期からIA3期の非小細胞肺癌に対する縮小手術の検討
日本外科学会定期学術集会抄録集 118 1808 2018(Apr.)
Presenter:竹田 哲, 松岡 峻一郎, 三浦 健太郎, 吾妻 寛之, 兵庫谷 章, 濱中 一敏, 伊藤 研一


肺癌細胞株におけるペメトレキセド耐性へのFGF2の関与の解析
日本外科学会定期学術集会抄録集 118 2164 2018(Apr.)
Presenter:三浦 健太郎, 松岡 峻一郎, 竹田 哲, 吾妻 寛之, 兵庫谷 章, 濱中 一敏, 伊藤 研一


肺腺癌CT画像における腫瘍径測定の問題点 測定誤差と画像パターンによる傾向
日本外科学会定期学術集会抄録集 118 2169 2018(Apr.)
Presenter:濱中 一敏, 松岡 峻一郎, 竹田 哲, 三浦 健太郎, 吾妻 寛之, 兵庫谷 章, 川上 聡, 伊藤 研一


TNM分類第8版における肺腺癌腫瘍径の検討
日本外科学会定期学術集会抄録集 118 2520 2018(Apr.)
Presenter:松岡 峻一郎, 竹田 哲, 三浦 健太郎, 吾妻 寛之, 兵庫谷 章, 濱中 一敏, 伊藤 研一


肺腺癌CT充実成分径測定の傾向と問題点 病理学的浸潤径との比較
日本呼吸器外科学会雑誌 32 3 RO16-4 2018(Apr.)
Presenter:濱中 一敏, 松岡 峻一郎, 竹田 哲, 三浦 健太郎, 吾妻 寛之, 兵庫谷 章, 伊藤 研一


肺腺癌における術前N診断の補助因子についての検討 第8版T因子の影響について
日本呼吸器外科学会雑誌 32 3 RO17-2 2018(Apr.)
Presenter:吾妻 寛之, 濱中 一敏, 小山 力, 松岡 峻一郎, 竹田 哲, 三浦 健太郎, 兵庫谷 章, 伊藤 研一


当院で手術を施行した腎癌原発転移性肺腫瘍の検討
日本呼吸器外科学会雑誌 32 3 O8-4 2018(Apr.)
Presenter:松岡 峻一郎, 竹田 哲, 三浦 健太郎, 吾妻 寛之, 兵庫谷 章, 濱中 一敏, 伊藤 研一


肺癌細胞株におけるペメトレキセド耐性化へのFGF2の関与の解析
日本呼吸器外科学会雑誌 32 3 P34-2 2018(Apr.)
Presenter:三浦 健太郎, 松岡 峻一郎, 竹田 哲, 吾妻 寛之, 兵庫谷 章, 濱中 一敏


重症筋無力症手術症例24例の検討
日本呼吸器外科学会雑誌 32 3 P74-6 2018(Apr.)
Presenter:兵庫谷 章, 松岡 峻一郎, 竹田 哲, 三浦 健太郎, 吾妻 寛之, 濱中 一敏, 伊藤 研一


浸潤性粘液腺癌(胃型・腸型)・腺房腺癌の3成分を含む肺腺癌の1手術例
日本呼吸器外科学会雑誌 32 3 P85-4 2018(Apr.)
Presenter:竹田 哲, 小山 力, 松岡 峻一郎, 三浦 健太郎, 吾妻 寛之, 山田 響子, 兵庫谷 章, 濱中 一敏, 伊藤 研一


胸腺セミノーマの2手術例
胸腺研究会 2017(Feb.)
Presenter:竹田哲 吉田和夫


大腿腱膜と腹直筋皮弁を用いた胸壁再建
第73回胸部外科学会定期学術集会
Presenter:竹田哲


胸腔内に広背筋を充填する際の経路についての検討:どの肋間を経由させるべきか?
第61回日本肺癌学会定期学術集会
Presenter:竹田哲