信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

根本和洋  ネモト カズヒロ

教員組織学術研究院(農学系)電話番号
教育組織農学部 農学生命科学科 植物資源科学コースFAX番号
職名助教メールアドレス
住所〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304ホームページURL

更新日:2020/07/07

プロフィール

研究分野
植物遺伝育種学
民族植物学
現在の研究課題
アマランサスの種内分化の解明およびモチ・ウルチ性に関する研究

アマランサスの民族植物学的研究

開発途上国における住民参加型育種に関する研究

所属学会
所属学会
日本育種学会
日本熱帯農業学会
育種学会中部談話会
雑穀研究会
日本アマランス・キノア研究会
学歴
出身大学院
1996 , 岐阜大学 , 連合農学研究科
1995 , 信州大学 , 農学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1991 , 信州大学 , 農学部

取得学位
農学博士 , 信州大学
農学修士 , 信州大学
研究職歴等
研究職歴
2009- , 信州大学大学院農学研究科助教
1997- , 信州大学農学部応用生命科学科 助手

研究職歴以外の職歴
1992-1994 , ネパール農業省農業研究評議会(青年海外協力隊)

留学歴
2002-2003 , オランダ・ワーゲニンゲン大学客員研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
雑穀
培風館 , 熱帯農学概論 , :113-120 2019(Jan. 31)
Author:根本和洋


奪われる種子・守られる種子 −食料・農業を支える生物多様性の未来−
創成社 , 創成社 , :pp.223 2011
Author:西川芳昭・根本和洋


Edibl Wild Plant of Bhutan -and their associated traditional Knowledge-
Graduate School of Agriculture, Shiunshu University and CoRRB, Ministry of Agriculture, Royal Government of Bhutan 2008


ネパールにおけるセンニンコク類の栽培と変異
北海道大学図書刊行会 , 雑穀の自然史-その起源と文化を求めて- , 12:163-175 2003
Author:南 峰夫;根本和洋


4項目を担当
養賢堂 , 熱帯農業事典 , :- 2003
Author:根本和洋


種子を届ける「街のタネ屋さん」の役割
コモンズ , 生物多様性を育む食と農 (住民主体の種子管理を支える知恵と仕組み) 第1章
Author:根本和洋


周縁を見る眼
創成社 ,  『青年海外協力隊が作る日本』第10章
Author:根本和洋


グアテマラにおけるアマランサス復活の意義
明石書店 , みんぱく実践人類学シリーズ5『人間の安全保障への挑戦 -ポストコンフリクト期のグアテマラ-』
Author:根本和洋


論文
長野県駒ヶ根市の在来作物 : 駒ヶ根市農林産物資源調査結果
信州大学農学部紀要,52:41-48 2016(Mar. 28)
Author:松島 憲一; 竹村 真奈美; 畠山 佳奈実; 須田 元輝; 山谷 美紀生; 馬場 真優子; 根本 和洋; 南 峰夫


ネパールにおける花卉生産者からみた花卉産業の現状
信州大学農学部紀要,52:33-40 2016(Mar. 28)
Author:安井 俊樹; 根本 和洋; 南 峰夫; 北村 嘉邦


Variation and Geographical Distribution of Perisperm Starch in Grain Amaranths (Amaranthus spp.), and the Origin of Waxy Perisperm Type
Tropical Agriculture and Development,60:172-178 2016
Author:K. Nemoto, M. Minami, T. Nagamine


Comparison of seasonal growth and yield performances of Japanese cabbage varieties in Nagano, Japan
信州大学農学部AFC報告,13:131-136 2015(Mar. 31)
Author:OWAH, James Daiwarkollie; NEMOTO, Kazuhiro; MATSUSHIMA, Ken-ich; MINAMI, Mineo


ネパールにおける花卉産業の現状と文化的背景
信州大学農学部紀要,51:9-15 2015(Mar. 27)
Author:安井, 俊樹; 根本, 和洋; 南, 峰夫; 北村, 嘉邦


平成25年度ネパール環境教育海外研修報告およびネパール環境意識調査結果
信州大学農学部紀要,51:25-37 2015(Mar. 27)
Author:松島, 憲一; 坂本, 奈々; 澤田, 純平; 藤原, 亜沙美; 牧内, 和隆; 根本, 和洋; 南, 峰夫


A low-pungency S3212 genotype of Capsicum frutescens caused by a mutation in the putative aminotransferase (p-AMT) gene
Molecular Genetics and Genomics,290(6):2217-2214 2015
Author:Young-Jun Park, Tomotaro Nishikawa, Mineo Minami, Kazuhiro Nemoto, Tomohiro Iwasaki, Kenichi Matsushima


Molecular Cloning, Expression and Characterization of a Squalene Synthase Gene from Grain Amaranth (Amaranthus cruentus L.)
Japan Agricultural Research Quarterly,50(4):307-317 2015
Author:Young-Jun PARK, Kazuhiro NEMOTO, Mineo MINAMI, Kenichi MATSUSHIMA, Tomohide NOMURA, Jun-ichi KINOSHITA, Tomotaro NISHIKAWA


Molecular characterization of an isoamylase 1-type starch debranching enzyme (DBEI) in grain amaranth (Amaranthus cruentus L.)
MOLECULAR BREEDING,33(4):793-802 2014
Author:Young-Jun Park, , Tomotaro Nishikawa, Norihiko Tomooka, Kazuhiro Nemoto


Molecular characterization and genetic diversity of the starch branching enzyme (SBE) gene from Amaranthus: the evolutionary origin of grain amaranths
MOLECULAR BREEDING,34(4):1975-1985 2014
Author:Young-Jun Park, Tomotaro Nishikawa, Kenichi Matsushima, Mineo Minami, Norihiko Tomooka, Kazuhiro Nemoto


Molecular characterization and expression analysis of a gene encoding an isoamylase-type starch debranching enzyme 3 (ISA3) in grain amaranths
Molecular Biology Reports,41(12):7857-7864 2014
Author:Young-Jun Park, Kazuhiro Nemoto, Norihiko Tomooka, Tomotaro Nishikawa


A rapid and reliable PCR-restriction fragment length polymorphism (RFLP) marker for the identification of Amaranthus cruentus species
BREEDING SCIENCE,64(4):442-446 2014
Author:Young-Jun Park, Tomotaro Nishikawa, Kenichi Matsushima, Mineo Minami, Kazuhiro Nemoto(C/A)


Molecular characterization and expression analysisof a gene encoding an isoamylase-type starch debranching enzyme 3 (ISA3) in grain amaranths.
Molecular Breeding,33:793-802 2013


Origin and evolution of the waxy phenotype in Amaranthus hypochondriacus: evidence from the genetic diversity in the Waxy locus
Molecular Breeding,29(1):147-157 2012
Author:Young-Jun Park, Kazuhiro Nemoto, Tomotaro Nishikawa, Kenichi Matsushima, Mineo Minami, Makoto Kawase


Molecular cloning and expression analysis of a gene encoding soluble starch synthase I from grain amaranth (Amaranthus cruentus L.).
,30(2):1065-1076 2012
Author:Young-Jun Park, Tomotaro Nishikawa, Norihiko Tomooka, Kazuhiro Nemoto


Genetic diversity and expression analysis of granule bound starch synthase I gene in the New World grain amaranth (Amaranthus cruentus L.)
Journal of Cereal Science,30(1):511-520 2012
Author:Young-JunPark, Kazuhiro Nemoto, Tomotaro Nishikawa, Kenichi Matsushim, Mineo Minami, Makoto Kawase


長野県在来トウガラシ品種‘ぼたんこしょう’(Capsicum annuum L.)果実の抗酸化成分および呈味成分の貯蔵中変化
園芸学研究,11(3):379-385 2012
Author:野中 大樹, 松島 憲一, 南 峰夫, 根本 和洋, 濵渦 康範


Origin and evolution of the waxy phenotype in Amaranthus hypochondriacus: evidence from the genetic diversity in the Waxy locus.
Molecular Breeding,29(1):147-157 2012


Molecular cloning and expression analysis of a gene encoding soluble starch synthase I from grain amaranth (Amaranthus cruentus L.).
Molecular Breeding,30(2):1065-1076 2012


The molecular basis of mutations at the Waxy locus from Amaranthus caudatus L.: evolution of the waxy phenotype in three species of grain amaranth
Molecular Breeding,30(1):511-520 2012


The molecular basis of mutations at the Waxy locus from Amaranthus caudatus L.: evolution of the waxy phenotype in three species of grain amaranth
Molecular Breeding,30(1):511-520 2012


冷涼な地域での栽培に適したトウガラシ‘ロコト’(Capsicum pubescensRuiz.&Pav. )および‘ぼたんこしょう’(C. annuumL.)の機能性成分
園芸学研究,9(2):243-248 2011


Effects of storage temperature on the postharvest quality of three asparagus cultivars harvested in spring
Japanese Society for Horticultural Science,80(1):76-81 2011


Genetic diversity and expression analysis of granule bound starch synthase I gene in the New World grain amaranth (Amaranthus cruentusL.)
Journal of Cereal Science,53:298-305 2010


Waxy strains of three amaranth grains raised by different mutations in the coding region
Molecular Breeding,25(4):623-635 2010


ブータン王国における野生植物の食用利用
信州大学農学部紀要,45(1-2):49-54 2009(Mar.)
Keywords:健康効果,食用植物,伝統知識,ブータン王国,野生植物


キダチトウガラシ(Capsicum frutescens L) ‘S3212’系統の未熟果実色の遺伝
農業生産技術管理学会,農業生産技術管理学会誌,16(2・3):77-79 2009


Molecular cloning and characterization of granule bound starch synthase I cDNA from a grain amaranth (Amaranthus cruentus L.)
Japanese Society of Plant Breeding, Breeding Science351-360 ,59(4):351-360 2009


Characterization of Interspecific Hybrid Between F.tataricum and F.esculentum
Asian Netwoek for Scientific Information, Journal of Biological Science ,9(2):137-144 2009


An in vitro Ovule Calture Technique for Producing Interspecific Hybrid Between Tatary Buckwheat and Common Buckwheat
Asian Netwoek for Scientific Information, Journal of Biological Science ,9(1):1-11 2009


ブータン王国西部地域における食用野生植物利用とその伝統知識に関する調査報告(第三次調査)
信州大学農学部紀要,44(1-2):9-20 2008(Mar.)
Keywords:健康効果,食用植物,伝統知識,野生植物,ブータン王国


オルタナティブな農業のための種子供給システム : ドイツにおけるバイオダイナミック農業の事例調査から
信州大学農学部紀要,43(1-2):73-81 2007(Mar.)
Keywords:OP品種,種子供給システム,ドイツ,バイオダイナミック農業


タイ北部Chiang Mai県およびLamphun県における食用野生植物の利用とその伝統知識に関する調査報告
信州大学農学部紀要,43(1-2):61-72 2007(Mar.)
Keywords:健康効果,食用野生植物,タイ王国,Chiang Mai,伝統知識


東ブータンにおける食用野生植物利用とその伝統知識に関する調査報告(第二次調査)
信州大学農学部紀要,43(1-2):43-59 2007(Mar.)
Keywords:健康効果,食用植物,伝統知識,野生植物,ブータン王国


小規模種苗会社による地方品種遺伝資源の管理と地域適応品種育成における農民参加の可能性 : オランダにおける事例調査から
信州大学農学部紀要,42(1-2):27-35 2006(Mar.)
Keywords:遺伝資源管理,OP品種,オランダ,地方品種,農民参加型品種選抜


ブータン王国における食用野生植物の利用とその伝統知識に関する調査報告(第一次)
信州大学農学部紀要,42(1-2):37-47 2006(Mar.)
Author:松島憲一;根本和洋;中島紀昌;Dawa Dema;Laximi Thapa;渡邊篤史;前川郁;馬場敏郎;松下岳


播種期がアマランサス2系統(関東2号・GA5252)の収量および諸形質に及ぼす影響
信州大学農学部AFC報告,3:33-36 2005(Mar.)
Author:山戸 潤;根本和洋;南 峰夫;松島憲一
Keywords:Amaranthus cruentus,アマランサス,収量,播種期


モンゴル国立農業大学訪問記-学術交流協定の更なる展開をめざして-
信州大学農学部紀要,40(1-2):35-41 2004(Feb.)
Author:只左弘治;根本和洋;竹田謙一


信州在来野菜・雑穀の保護と利用
環境科学年報,24:71-78 2002
Author:大井美知男;根本和洋


トウガラシ(Capsicum spp.)果実の辛味成分含量の経時的変化
信州大学農学部紀要,35(1):45-49 1998(Sep.)
Keywords:Capsicum,トウガラシ,カプサイシン,カプサイシノイド,登熟期,含有量


ネパールにおける新大陸作物の収集とその評価
信州大学農学部紀要,35(1):37-43 1998(Sep.)
Keywords:新大陸作物,ネパール,遺伝資源,在来系統,変異,作付体系


Grain Amaranths Research in Nepal
信州大学農学部紀要,34(2):49-58 1998(Mar.)
Keywords:grain amarantns,Amaranthus,genetic resources,Nepal


学会発表
長野県在来カブ品種「清内路赤根」集団内における S ハプロタイプの優劣関係
日本育種学会 第133回講演会 2018(Mar. 25)
Author:須田 元輝, 大岡 彩夏, 朴 永俊, 南 峰夫, 松 島 憲一, 根本 和洋


滋賀県長浜市余呉町の在来トウガラシ品種‘よのみ’の果実特性と利用法
園芸学会平成30年度春期大会 2018(Mar. 24)
Author:畠山佳奈実・大石高典・黒田未寿・野間直彦・車田翔平・須田元輝・根本和洋・松島憲一


ネパール西部におけるマメ科作物と近縁野生種の探索、2016年
日本熱帯農業学会123回講演会 2018(Mar. 10)
Author:友岡憲彦・高橋有・D.M.S.Dongol・根本和洋・松島憲一・S.Sharma・D.S.Shrestha・G.D.Joshi・K.H.Ghimire・ B.K.Joshi・ M.N.Paudel


Collaborative Exploration ofLegume and Amaranth Germplasmin Eastern Nepal from February 14 to 24, 2018
Annual Report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources in FY2018 , 34:193-214 2018
Author:Norihiko TOMOOKA , Kazuhiro NEMOTO, Narue Namba, Ajay KARKEE, Sanjay KARKI, Deep Singh SHRESTHA, Krishna Hari GHIMIRE, Bal Krishna JOSHI,Mina Nath PAUDEL


トウガラシ属植物(Capsicum spp.)の種間接ぎ木親和性の評価
第25回日本育種学会中部地区談話会 2017(Dec. 02)
Author:松島憲一、篠原花菜、車田翔平、根本和洋、南峰夫


キダチトウガラシ(Capsicum frutescens)におけるへた離れ性について
第25回日本育種学会中部地区談話会 2017(Dec. 02)
Author:松島憲一、一井映里奈、畠山佳奈実、根本和洋、南峰夫


Collaborative Exploration for Amaranthus and Capsicum genetic resources in Nepal 2016
日本熱帯農業学会122回講演会 2017(Oct. 21)
Author:K.Nemoto, K.Matsushima, K.Shimomura, K.Yashiro, D.S.Shresyha, D.M.S.Dongol, K.D.Josh, B.K.Joshi, H.K.Ghimire, M.N.Paudel


Collection and Conservation of Leguminous Crops and Their Wild Relatives in Western Nepalfrom October 29 to November 10, 2016
Annual Report on Exploration and Introduction of Plant Genetic Resources in FY2017 , 33:295-392 2017
Author:Yu TAKAHASHI, Kazuhiro NEMOTO, Santosh SHARMA, Durga Man Singh DONGOL, Deepa Singh SHRESTHA, Ganesh Datt JOSHI, Krishna Hari GHIMIRE, Bal Krishna JOSHI, Mina Nath PAUDEL, Norihiko TOMOOKA


MISC
下伊那郡大鹿村において食用とされる野生植物について.
信州大学農学部,信州大学農学部紀要,49(1・2):43-59 2013


Use and Conservation of Edible Wild Plants in Bhutan/ Proceedings Shinshu University International Seminar 2011
信州大学農学部紀要,48(1・2):75-83 2012


Conservation and Management of Plant Genetic Resources in Nagano Prefecture, Japan/ Proceedings Shinshu University International Seminar 2011
信州大学農学部紀要,48(1・2):85-92 2012


ブータン王国南部および西部地域における食用野生植物利用とその伝統知識に関する調査報告(第六次調査)
信州大学農学部紀要,47(1・2):41-68 2011


ブータン王国におけるRNR(Renewable Natural Resources) 研究に関わる行政・研究組織とその活動
信州大学農学部紀要,46(1・3):161-167 2010


ブータン王国西部および北西部地域における食用野生植物利用とその伝統知識に関する秋季調査報告(第四次調査)
信州大学農学部紀要,46(1・3):31-53 2010
Author:松島憲一・南峰夫・Kinlay Tshering・Laximi Thapa・浅井浩太郎・河村篤紀・村井克好・根本和洋


ブータン王国における野生植物の食用利用
信州大学農学部紀要,45:49-54 2009


地球規模で考え、地域で活動する環境保全と食糧安全保障を想像する市民運動-種子と色の主権確立を目指して活動するカナダ諸団体-
環境科学年報,31:137-147. 2009