信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

會田信子  アイダ ノブコ

教員組織学術研究院(保健学系)電話番号0263-37-2383
教育組織医学部 保健学科 成人・老年看護学FAX番号0263-37-2370
職名教授メールアドレスaida@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
地域・老年看護学
臨床看護学
所属学会
所属学会
日本看護科学学会
日本老年看護学会
日本老年医学会
日本医学教育学会
日本老年社会科学会
日本生命倫理学会
日本認知症ケア学会
日本看護医療学会
聖路加看護学会

所属学会役職担当
2018- , 日本老年看護学会 , 編集委員会副委員長
2017- , 日本老年医学会 , 代議員
2017- , 日本看護科学学会 , 広報委員会委員
2016- , 日本老年看護学会 , 代議員
2016- , 聖路加看護学会 , 評議員
2015- , 日本看護科学学会 , 代議員
2015- , 日本看護科学学会 , 看護倫理検討委員会委員
2013- , 日本老年看護学会 , 研究論文表彰選考委員会委員
2008- , 日本老年医学会 , 倫理委員会委員
学歴
出身大学院
2003 , 東京医科歯科大学 , 大学院保健衛生学研究科 , 看護学専攻
1995 , 聖路加看護大学大学院 , 看護学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1993 , 明治学院大学 , 社会学部 , 社会福祉学科

取得学位
博士(看護学) , 東京医科歯科大学
受賞学術賞
2013 , 第5回学術集会日本ヘルスコミュニケーション学会 ポスターセッション奨励賞
2004 , 第41回日本臨床生理学会総会 優秀演題賞
2004 , 第14回日本呼吸管理学会学術集会 優秀演題賞
研究職歴等
研究職歴
2015- , 信州大学大学院医学系研究科保健学専攻・教授
2015- , 信州大学医学部保健学科看護学専攻・教授
2008-2015 , 名古屋大学大学院医学系研究科看護学専攻・准教授
2008-2015 , 名古屋大学大学医学部保健学科看護学専攻・准教授
2007-2008 , 東京女子医科大学大学院看護学研究科・准教授
2007-2008 , 東京女子医科大学看護学部・准教授
2006-2008 , 東京女子医科大学附属遺伝子医療センター兼任看護師
1998-2007 , 東京女子医科大学大学院看護学研究科・講師
1998-2007 , 東京女子医科看護学部・講師
1997-1998 , 東京女子医科大学看護短期大学・講師
1995-1997 , 東京女子医科大学看護短期大学・助手
1987-1993 , 東京女子医科大学病院附属心臓血圧研究所看護師

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
パーフェクト臨床実習ガイド成人看護学ガイドⅠ 急性期・周手術期[2版]
照林社 2016(Dec. 05)
Author:會田信子


最新老年看護学2017年度版・編著
日本看護協会出版会 2016(Nov. 20)
Author:監修: 水谷信子 編者: 水野敏子, 高山成子, 三重野英子, 會田信子


病期・病態・重症度からみた疾患別看護過程+病態関連図(第2版)
医学書院 2012(Sep. 01)
Author:會田信子


緊急度・重症度からみた症状別看護過程+病態関連図
医学書院 2011(Nov. 01)
Author:會田信子


看護学事典(第2版)
日本看護協会出版会 2011(Jul. 25)
Author:會田信子(分担)


老年看護学概論-「老いを生きる」を支えることとは
南江堂 2011(Jun. 25)
Author:會田信子


ナーシング・グラフィカ27 老年看護学 高齢者看護の実践(第2版)
メディカ出版 2011(Feb. 00)
Author:會田信子


人体の構造と機能からみた病態生理ビジュアルマップ
医学書院 2010(Sep. 00)
Author:會田信子


遺伝カウンセリングの実際 -Duchenne型筋ジストロフィーの保因者を例として(解説書付きDVD)
医学映像教育センター 2009(Jul. 00)
Author:會田信子, 齋藤加代子, 浦野真理, 千代豪昭, 佐伯晴子, ささえあい医療人権センターCOML


クリティカルケア看護 理論と臨床への応用 ・ Ⅷ ソーシャルサポートに関する理論
日本看護協会出版会 2007(Jun. 00)
Author:會田信子


成人看護学 G成人看護技術Ⅰ フィジカルアセスメント(第2版) / Ⅳ 循環器系
廣川書店 2003(Feb. 15)
Author:會田信子, 鈴木美津子


論文
愛知県内における看護実習指導者の職務エンパワメントとその関連要因
日本看護医療学会雑誌,19(2):30-39 2019(Dec. 31)
Author:田中希代子, 渕田英津子, 會田信子


愛知県内における実習指導者の学習ニードとその関連要因
日本看護医療学会雑誌,19(2):20-29 2017(Dec. 31)
Author:田中希代子, 渕田英津子, 會田信子


介護老人福祉施設の管理責任者による材定着ため取り組み
教育医学,63(2):195-203 2017(Oct. 00)
Author:緒形明美, 小木曽加奈子, 會田信子


模擬患者参加型の多職種連携教育(つるまい・名城IPE)の有用性
薬学雑誌,137(6):733-744 2017(Jun. 01)
Author:後藤綾, 半谷眞七子, 吉見陽, 内田美月, 竹内佐織, 會田信子, 末松三奈, 阿部恵子, 安井浩樹, 亀井浩行, 野田幸裕


A大学看護学生の協同学習に対する認識と影響要因
医学教育,48(2):59-69 2017(Apr. 25)
Author:會田信子, 三好沙知, 河地美紀, 山下麻衣, 山﨑古都, 半谷眞七子, 阿部恵子, 野田幸裕, 亀井浩行, 末松三奈, 安井浩樹, 植村和正


医・薬・看護・栄養学生による糖尿病教室が学生の患者への関与およびチーム医療に対する認識に及ぼす影響
保健医療福祉連携:連携教育と連携実践,9(2):2-12 2016(Oct. 01)
Author:後藤綾, 半谷眞七子, 吉見陽, 内田美月, 竹内佐織, 會田信子, 末松三奈, 阿部恵子, 安井浩樹, 亀井浩行, 野田幸裕


介護老人福祉施設における介護職と看護職の離職予防についての検討
日本看護科学会誌,35:90-100 2015(Aug. 04)
Author:緒形明美, 會田信子, 長屋央子


糖尿病教室IPE (Interprofessional education)」〜患者参加型IPEの試み〜
医学教育,46(1):79-82 2015(Feb. 25)
Author:末松三奈, 阿部恵子, 安井浩樹, 會田信子,半谷眞七子, 亀井浩行, 山内恵子, 小森拓, 脇田久, 植村和正


Position statement from the Japan Geriatrics Society 2012: End-of-life care for the elderly
Geriatr Gerontol Int ,14(4):735-739 2014(Oct. 18)
Author:The Japanese Geriatric Society Ethics Committee, IIJIMA Setsu, AIDA Nobuko, ITO Hideki, ENDO Hidetoshi, OHRUI Takashi, SODEI Takako, TOBA Kenji, HARA Kenji, MOMOSE Yumiko, UEMURA Kazumasa, NAKANO Hiroshi, MIURA Hisayuki, KUZUYA Masafumi


高齢者に対する傾聴ボランティア活動の実際と継続要因に関する基礎的研究
日本看護医療学会雑誌,16(1):18-30 2014(Jun. 30)
Author:岸奈生子, 會田信子, 緒形明美, 小林尚子, 長屋央子, 髙木真心美, 大八木美絵, 三浦千佳


介護老人福祉施設を利用する高齢者の足趾の爪ケアに対する看護職の認識
日本看護医療学会雑誌,16(1):31-43 2014(Jun. 30)
Author:大八木美絵, 會田信子, 髙木真心美, 緒形明美, 小林尚子, 長屋央子, 三浦千佳, 岸奈生子


模擬患者用ストレス調査票(SPSSQ)2013年度版の開発と信頼性・妥当性の検証 -模擬患者の健康と継続参加を志向したストレス状態の包括的測定
看護科学研究,12(1):1-23 2014(Mar. 01)
Author:會田信子, 半谷眞七子, 阿部恵子, 村岡千種, 久田満, 鈴木伸一, 青松棟吉, 安井浩樹, 藤崎和彦, 植村和正


認知症サポーターとキャラバンメイトに対するA大学看護学生の認知度と関心度およびその関連要因
日本看護医療学会雑誌,15(2):48-62 2014(Jan. 31)
Author:三浦千佳, 會田信子, 緒形明美, 小林尚子,長屋央子, 郷間宏史, 杉浦伸一, 岸奈生子, 大八木美絵, 髙木真心美


介護老人福祉施設の介護職と看護職の組織コミットメントとコンフリクト対処方略および職務継続意思の関連と影響要因
日本看護医療学会雑誌,15(2):23-29 2014(Jan. 31)
Author:緒形明美, 會田信子, 長屋央子, 小林尚子,郷間宏史, 杉浦伸一


向老期の人々のサプリメント摂取の保健行動と老いに対する自己認識の関連及び影響要因
日本看護医療学会雑誌,15(1):1-15 2013(Jun. 30)
Author:長屋央子, 會田信子, 杉浦伸一, 郷間宏史


認知症高齢者の足趾の爪切り実施時における介護老人福祉施設スタッフの困難と工夫に関する基礎的研究
日本看護医療学会雑誌,14(2):35-45 2012(Dec. 30)
Author:髙木真心美, 會田信子, 杉浦伸一, 郷間宏史, 長屋央子, 小林尚子, 元重悠子


介護老人保健施設における認知症高齢者の脱水症予防-アセスメントと援助の実際-
老人ケア研究,37:37-44 2012(Mar. 00)
Author:卓めぐみ, 坂口里美, 會田信子, 宮崎眞知子, 永井敏也


第1学年と第4学年の比較による看護学生の高齢者に対するイメージと知識・理解、コミュニケーションの特徴
日本看護医療学会雑誌,13(2):45-55 2011(Dec. 30)
Author:林綾乃, 會田信子, 杉浦伸一


履物の相違が歩行動作に与える影響
日本看護医療学会雑誌,13(2):56-65 2011(Dec. 30)
Author:尾崎英美, 會田信子, 杉浦伸一


履物の種類による静的・動的重心動揺の相違に関する基礎的研究
日本看護医療学会雑誌,13(1):42-49 2011(Jun. 00)
Author:元重悠子, 會田信子


大学院教育改革支援プログラム「専攻横断型の包括的保健医療職の育成」の取組み
日本看護医療学会雑誌,1(1):1-5 2009(Jun. 00)
Author:奈良間美保, 榊原久孝, 鈴木重行, 鈴木國文, 浅野みどり, 玉腰浩司, 山田純生, 河村守雄, 堀容子, 會田信子, 石田和人, 清水英樹, 林久恵, 大西丈二


高齢者高度医療専門病院における死亡前1ヶ月における高齢者の苦痛
東京女子医科大学看護学会誌,4(1):37-44 2009(Mar. 00)
Author:水野敏子, 坂井志麻, 小長谷百絵, 會田信子


模擬患者を導入した遺伝カウンセリング演習の試み
日本遺伝カウンセリング学会誌,29(2):39-48 2009(Jan. 00)
Author:會田信子, 浦野真理, 齋藤加代子, 千代豪昭, 柳修平, 久米美代子, 伊藤景一, 金井Pak雅子, 尾岸恵三子, 西原亜矢子, 佐伯晴子


女性高齢者に対する低負荷集団的運動プログラムの呼吸・歩行機能の評価
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,17(1):28-34 2007(Apr. 00)
Author:會田信子, 吉野克樹, 水野敏子, 浅川典子, 小長谷百絵, 大久保洋子


Influence of age and spinal curvature on muscle strength and quality of life in elderly women
Journal of nursing research colloquium of Tokyo Women's Medical University,2(1):19-26 2007(Mar. 00)
Author:AIDA Nobuko, MIZUNO Toshiko, KONAGAYA Momoe


養護老人ホームにおけるADL対応型高齢者体操の実践と評価 -介護予防を高めるために-
老人ケア研究,27:50-57 2007(Jan. 00)
Author:會田信子, 大久保洋子, 浅川典子, 小長谷百絵, 水野敏子


A-Cバイパス術を受ける患者のうつ状態と日常生活の身体機能状態の関連
日本循環器看護学会誌,2(1):34-40 2006(Sep. 00)
Author:海老澤睦, 眞嶋朋子, 寺町優子, 會田信子


看護大学院教育における先端生命看護学のカリキュラム構築に向けて
臨床看護,32(8):1173-1181 2006(Jul. 00)
Author:會田信子, 久米美代子, 伊藤景一, 柳修平, 金井Pak雅子, 尾岸恵三子


包括的心臓リハビリテーションにおける看護の役割と課題:テーラーメイド医療時代に求められるもの
看護技術,52(5):108-112 2006(Apr. 00)
Author:會田信子, 浦野真理, 齋藤加代子


女性高齢者の骨密度・下肢筋力レベル別による呼吸機能、脊柱彎曲角度およびQOLの特徴
日本臨床生理学会雑誌,35(5):289-296 2005(Oct. 00)
Author:會田信子, 吉野克樹, 浅川典子, 小長谷百絵, 水野敏子


CABG手術を受ける患者の日常生活の機能状態の変化と年齢および重症度との関連
日本循環器看護学会誌,1(1):18-23 2005(Sep. 00)
Author:眞嶋朋子, 寺町優子, 會田信子, 若狭紅子, 佐藤紀子, 尾岸恵三子, 水野敏子, 原三紀子, 海老澤睦, 西田文子, 小沼華子, 佐藤あゆみ


高齢者の年齢および脊柱彎曲レベルによる呼吸機能の相違
日本呼吸管理学会誌,14(3):458-462 2005(May 00)
Author:會田信子, 廣澤正則, 吉野克樹


Outcome evaluation of a critical pathway for coronary angiography: Satisfaction survey of patients entering the critical pathway
Bulletin of school of nursing Tokyo Women's Medical University,6:21-34 2004(Feb. 00)
Author:AIDA Nobuko, MIYAKE Tomoyo, SHINTANI Ayako, EZAKI Yukiko, WATANABE Etsuyo, FUJIMORI Harue, OKUMA Atoyo, NARITA Iki, OHASHI Nobuko, SUZUKI Shinichi, TSURUMI Yukio, KASANUKI Hiroshi


Respiratory muscle stretch gymnastics in patients with post coronary artery bypass grafting pain: Impact on respiratory muscle function, activity, mood and exercise capacity
Journal of Medical and Dental Sciences,49(4):157-170 2002(Dec. 00)
Author:AIDA Nobuko, SHIBUYA Masako, YOSHINO Katsuki, KOMODA Masaji, INOUE Tomoko


冠状動脈バイパス術患者の重症度分類指標-都内2施設におけるTu JVとTuman KJのリスク指標の妥当性の検討-
お茶の水医学雑誌,49(2,3,4号(合併号)):73-86 2001(Dec. 00)
Author:會田信子, 渋谷優子


高齢者の“かゆみのケア”の実態-看護職と介護職者への質問調査-
臨床看護,26(1):137-144 2000(Jan. 00)
Author:會田信子, 清川宮子, 渡辺弘美, 尾岸恵三子


CABG術後患者における呼吸筋伸展体操併用運度運療法プログラムの使用経験-運動耐容能、換気機能および呼吸筋力に及ぼす影響-
東京女子医科大学看護学部紀要,2:1-6 1999(Dec. 00)
Author:會田信子, 樋熊夏子, 杉崎香苗, 佐藤智江, 高橋静子, 成田伊紀, 石田哲治, 諏訪さゆり, 木村暢孝, 寺町優子


高齢者の社会参加システムとサービス活動 -食事サービス活動をとおして-
老人ケア研究,10:48-58 1999(Jan. 00)
Author:會田信子, 諏訪さゆり, 尾岸恵三子, 新谷弘子, 山口カネ子, 山埼美貴子


急性錯乱状態患者に対する看護婦の診断に至る過程-情報の活用に焦点を当てて
看護研究,31(5):395-406 1998(Oct. 00)
Author:會田信子


急性錯乱状態:研究動向と今後の課題
看護学雑誌,60(4):360-363 1996(Apr. 00)
Author:會田信子


学会発表
健常学生を対象としたもち麦摂取効果のランダム化比較パイロット試験:排便状況と随伴症状の比較
日本老年医学会 , 第60回日本老年医学会学術集会 , 55(臨時増刊号):152-153 2018(Jun. 14)
Author:會田信子, 日高宏哉, 五十嵐久人, 深澤佳代子, 松井瞳, 伊澤淳, 鈴木治郎, 池上俊彦, 金井誠


ルーブリックTEAM-P2016vの信頼性・妥当性の検討:大学生用チーミング・プロセス・パフォーマンス評価
日本医学教育学会 , 第49回日本医学教育学会大会 , 48(suppl.):121 2017(Aug. 19)
Author:會田信子, 松井瞳, 加藤善子


Items for Measuring Personnel Retention in Intensive Care Home for the Elderly
The International Association of Gerontology and Geriatrics (IAGG) , The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatics , :90 2017(Jul. 23)
Author:OGATA Akemi, OGISO Knako, TOIDA Sayuri, YAMASHITA Shinako, WATANABE Miyuki, AIDA Nobuko


病院との終末期医療の意思決定プロセスにおいて特養看護責任者が認識する連携上の困難と課題
日本在宅医学会 , 第19回日本在宅医学会大会 , :168 2017(Jun. 18)
Author:柿田尚子, 會田信子


Literature review of current long-distance nursing care in Japan
Alzheimer's Disease International , 32nd International Conference of Alzheimer's Disease International , :454 2017(Apr. 28)
Author:AIDA Nobuko, SAKATA Ayako, MATSUI Hitomi


Essential workplace elements for employee retention at facilities covered by public aid providing long-term care to the elderly as identified by nurses and care workers
Alzheimer's Disease International , 32nd International Conference of Alzheimer's Disease International , :194 2017(Apr. 27)
Author:Akemi OGATA, Kanako OGISO, Nobuko AIDA


公的介護保険制度制定以降の血液透析受療中の高齢者の事例研究における文献レビュー
日本看護科学学会 , 第36回日本看護科学学会学術集会 , :PC-12-08 2016(Dec. 10)
Author:松井瞳, 會田信子


愛知県内の病院に勤務する実習指導者の職務エンパワメントと影響要因
日本看護医療学会 , 第18回日本看護医療学会学術集会抄録集 , :30 2016(Sep. 17)
Author:田中希代子, 渕田英津子, 會田信子


介護老人福祉施設における施設管理責任者の職場定着に対する取り組み
一般社団法人日本看護研究学会 , 日本看護研究学会第42回学術集会 , :306 2016(Aug. 21)
Author:緒形明美, 小木曽加奈子, 會田信子


急性期医療のせん妄患者に対する看護実践に関する文献研究
一般社団法人日本看護研究学会 , 日本看護研究学会第42回学術集会 , :274 2016(Aug. 20)
Author:赤羽裕子, 松井 瞳, 會田信子


実習指導者の学習ニードに影響する要因:愛知県の100床以上の病院を対象として
一般社団法人日本看護研究学会 , 日本看護研究学会第42回学術集会 , :210 2016(Aug. 20)
Author:田中希代子, 渕田英津子, 會田信子


「糖尿病教室IPE」が学生のチームワーク能力および自他職種への理解に及ぼす影響
一般社団法人日本医学教育学会 , 第48回日本医学教育学会大会 , 47(増刊号):209 2016(Jul. 29)
Author:末松三奈, 阿部恵子, 肥田武, 安井浩樹, 半谷眞七子, 亀井浩行, 會田信子, 植村和正


特養入所者の終末期治療・ケアに対する病院スタッフの認識について特養の看護責任者が感じる困難と課題
日本老年医学会 , 第58回日本老年医学会学術集会 , 53(臨時増刊号):114 2016(Jun. 09)
Author:柿田尚子, 會田信子


病院・施設間連携において特養の看護責任者が認識する終末期医療決定プロセスの困難と課題
第35回日本看護科学学会学術集会 2015(Dec. 06)
Author:柿田尚子, 會田信子, 長屋央子,緒形明美


東海4県の高齢者施設における施設長の情動知能の実態と関連要因―特養と有料に焦点を当てて―
第35回日本看護科学学会学術集会 2015(Dec. 06)
Author:堀田誠司, 會田信子


A大学看護学生の協同学習に対する認識と影響要因(第1報)個人特性との関係
日本ヘルスコミュニケーション学会第7回学術集会 2015(Sep. 05)
Author:三好沙知, 河地美紀, 山下麻衣, 山﨑古都, 半谷眞七子, 阿部恵子, 毛利彰宏, 野田幸裕, 亀井浩行, 末松三奈, 安井浩樹, 植村和正, 會田信子


A大学看護学生の協同学習に対する認識と影響要因(第2報)仮想的有能感との関係
日本ヘルスコミュニケーション学会第7回学術集会 2015(Sep. 05)
Author:河地美紀, 山下麻衣, 山﨑古都, 三好沙知, 半谷眞七子, 阿部恵子, 毛利彰宏, 野田幸裕, 亀井浩行, 末松三奈, 安井浩樹, 植村和正, 會田信子


A大学看護学生の協同学習に対する認識と影響要因(第3報)対人葛藤方略スタイルとの関係
日本ヘルスコミュニケーション学会第7回学術集会 2015(Sep. 05)
Author:山下麻衣, 山﨑古都, 三好沙知, 河地美紀, 半谷眞七子, 阿部恵子, 毛利彰宏, 野田幸裕, 亀井浩行, 末松三奈, 安井浩樹, 植村和正, 會田信子


A大学看護学生の協同学習に対する認識と影響要因(第4報)ソーシャルサポートとの関係
日本ヘルスコミュニケーション学会第7回学術集会 2015(Sep. 05)
Author:山﨑古都, 三好沙知, 河地美紀, 山下麻衣, 半谷眞七子, 阿部恵子, 毛利彰宏, 野田幸裕, 亀井浩行, 末松三奈, 安井浩樹, 植村和正, 會田信子


終末期医療決定プロセスにおける特養と病院との連携上の困難と課題-特養の施設方針と施設内体制との関連に焦点を当てて-
日本老年看護学会第20回学術集会 2015(Jun. 12)
Author:柿田尚子, 堀田清司, 緒形明美, 長屋央子, 會田信子


高齢者福祉施設の施設長の自己研鑽と学習ニーズの実態-東海4県の特養と有料を対象として-
日本老年看護学会第20回学術集会 2015(Jun. 12)
Author:堀田清司, 柿田尚子, 會田信子


Interprofessional students’ empathic talking can change behavior of patients and their families
EACH Conference 2014 2014(Sep. 29)
Author:KANDA Mai, ABE Keiko, YASUI Hiroki, SUEMATSU Mina, HANYA Manako, AIDA Nobuko, AOMATSU Muneyoshi, UEMURA Kazumasa


How does inter-professional education impact on healthcare students’ Emotional Intelligence?
ATBH VII 2014(Jun. 05)
Author:YASUI Hiroki, ABE Keiko, HANYA Manako, AIDA Nobuko


Factors affecting the work continuation intention among care and nursing personnel of welfare facilities for the elderly requiring long-term care in JAPAN
The 17th East Asian Forum of Nursing Scholars 2014(Feb. 20)
Author:OGATA Akemi, AIDA Nobuko, NAGAYA Yoko, KOBAYASHI Naoko, GOHMA Hiroshi, SUGIURA Shin-ichi


Reliability and validity of the simulated/standardized patient stress and stress reaction questionnaire (SPSSQ2013): Aimed at promoting continued participation of simulated/standardized patients and collaboration with faculties
The 17th East Asian Forum of Nursing Scholars 2014(Feb. 20)
Author:AIDA Nobuko, ABE Keiko, HANYA Manako, MURAOKA Chigusa, HISATA Mitsuru, SUZUKI Shin-ichi, AOMATSU Muneyoshi, YASUI Hiroki, FUJISAKI Kazuhiko, UEMURA Kazumasa


Relations and associated factors among supplement-taking health behavior and self-perception of aging in middle-aged people
The 20the IAGG World Congress of Gerontology and Geriatics 2013(Jun. 24)
Author:NAGAYA Yoko, AIDA Nobuko, SUGIURA Shin-ichi, KOBAYASHI Naoko, GOHMA Hiroshi, OGATA Akemi


Difficulties experienced by staff at welfare facilities for the elderly requiring long-term care when cutting the toenails of resident s with dementia and related strategies
The 20the IAGG World Congress of Gerontology and Geriatics 2013(Jun. 24)
Author:AIDA Nobuko, TAKAKI Makomi, SUGIURA Shin-ichi, GOHMA Hiroshi, NAGAYA Yoko, KOBAYASHI Naoko, OGATA Akemi


Factors influencing nursing students’ image of and communication with demented elderly persons
The 20the IAGG World Congress of Gerontology and Geriatics 2013(Jun. 24)
Author:AIDA Nobuko, MIURA Mika, GOHMA Hiroshi, SUGIURA Shin-ichi, NAGAYA Yoko, KOBAYASHI Naoko, OGATA Akemi


Basic research on prevention of dehydration among elderly people with dementia: The state of information and support used by staff in a Japanese care facilities for the elderly
GERO2011 [The Nineth Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics] 2011(Oct. 23)
Author:AIDA Nobuko, TAKU Megumi, NAGAYA Yoko, KOBAYASHI Naoko


Multidisciplinary care for a short-term user of a special nursing home for the elderly who had a sacral pressure ulcer accompanied by osteomyelitis
GERO2011 [The Nineth Asia/Oceania Regional Congress of Gerontology and Geriatrics] 2011(Oct. 23)
Author:KOBAYASHI Naoko, NAGAYA Yoko, AIDA Nobuko


Factor analysis of complications following vitreous surgery and consideration of predictive nursing
The 19the IAGG World Congress of Gerontology and Geriatics 2009(Jul. 00)
Author:AIDA Nobuko, MIYAHARA Yumiko


Characteristics in respiratory function and QOL of elderly women respecting age and spinal curvature
The 18theCongress of the International Association ofGerontology 2005(Jun. 00)
Author:AIDA Nobuko, MIZUNO Toshiko, OKUBO Yoko, ASAKAWA Noriko, KONAGAYA Momoe,YOSHINO Katsuki


Randomized controlled trial of respiratory muscle stretch gymnastics: Effects on exercise capacity in post-CABG-pain patients
Fourth International Nursing Research Conference 2004(Aug. 00)
Author:AIDA Nobuko, SHIBUYA Masako, INOUE Tomoko


Effects of Respiratory MuscleStretch Gymnastics on the Patients with Coronary Artery Bypass Grafting
Fourth International Nursing Research Conference 2001(Aug. 00)
Author:AIDA Nobuko, SHIBUYA Masako, INOUE Tomoko


その他
クエスチョン・バンク看護師国家試験問題解説(最新版)
メディックメディア 2017(Apr. 14)
Author:會田信子, 他


こんなときどうする倫理の問題 遺伝カウンセリング
臨床看護 , 33(7):1013-1020 2007(Jun. 00)
Author:會田信子, 浦野真理, 齋藤加代子

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2017 - 2021 , チーム・パフォーマンス向上を志向した学生感情調節尺度とグループ風土評価尺度の開発 , 基盤研究(C)
2013 - 2017 , 縮減財政時代における多職種連携教育メソッドとパフォーマンス評価指標の開発・評価 , 基盤研究(C)
2009 - 2014 , 市民のウエルネスと継続参加を目的とした模擬患者バーデン尺度と教育実践ガイドの開発 , 基盤研究(C)
2006 - 2009 , 遺伝カウンセリング大学院教育における市民共同作業型模擬患者教育法の実践・評価 , 基盤研究(C)
2003 - 2005 , ADL対応型高齢者体操の実証的研究:呼吸筋・平衡機能、栄養状態およびQOLの評価 , 基盤研究B(2)
1999 - 2001 , 胸部ストレッチ体操を取り入れた冠動脈大動脈バイパス術後の運動療法プログラムの評価 , 奨励研究A

科学研究費補助金(研究分担者)
2004 - 2008 , 要介護高齢者家族に対する支援のアウトカム評価に関する研究:在宅介護を継続しながらの「家族生活安定尺度」の開発 , 基盤研究(C)
2003 - 2007 , 高齢者高度医療専門病院における終末期ケアプログラムの開発 , 基盤研究(C)

その他公的資金
2005 - 2006 , 看護大学院教育における先端生命看護学のカリキュラム構築に向けて
2005 - 2006 , 看護大学大学院生の先端生命看護学の教育ニーズに関する研究
2002 - 2004 , 医療的ケアを必要とする要介護高齢者を在宅介護する家族に対する支援のための基礎的研究:介護家族の外部資源活用プロセス
2001 - 2003 , 高齢者の運動習慣、日常生活動作および呼吸筋機能に関する研究
1999 - 2001 , CABG術後患者における呼吸筋伸展体操併用運動療法の効果
1999 - 2000 , 地域における老年者のQuality of life(QOL) とライフスタイル
1995 - 1996 , オーストラリア研修報告:CABGを受ける高齢患者の入院の短期化に必要な要件について

教育活動実績

授業等
2015 , 前期 , 老年看護学概論
2015 , 前期 , 老年看護学実習Ⅰ
2015 , 前期 , 統合実習
2015 , 前期 , 看護研究概論
2015 , 前期 , 老年看護学特論(修士)
2015 , 前期 , 老人看護学方法特論(修士)
2015 , 前期 , 老年保健学特講(博士)
2015 , 後期 , 老年看護方法論Ⅰ
2015 , 後期 , チーム医療演習
2015 , 後期 , 健康科学概論
2015 , 後期 , 老年看護学演習Ⅰ(修士)
2015 , 後期 , 老年看護学演習Ⅱ(修士)
2015 , 後期 , 老年保健学演習D(博士)
2015 , 通年 , 老年看護方法論Ⅱ
2015 , 通年 , 老年看護学実習Ⅱ
2015 , 通年 , 看護研究Ⅰ
2015 , 通年 , 看護研究Ⅱ
2015 , 通年 , 老年看護学特別研究(修士)
2015 , 通年 , 老年保健学特別研究(博士)

社会活動実績

社会活動等
公開講座
20170702 - , 第1回健康生活の達人教室:健康改善に関するお話:②お通じ日記は健康管理にどうして大切なのか?
20160705 - , 信州大学医学部地域保健推進センター健康講座シリーズ「みんなで知ろう!認知症」第4回『認知症の人の思いを理解するための関わり方』

学外審議会・委員会
2017 - 2018 , 独立行政法人日本学術振興会の科学研究費委員会専門 , 委員
2012 - 2015 , 社会福祉法人名古屋市社会福祉協議会高齢者虐待防止ネットワーク会議 , スーパーバイザー,職員研修会講師
2012 - 2015 , 名古屋市障害者虐待相談支援事業 , スーパーバイザー
2008 - 2010 , 厚生労働省医道審議会専門委員会 , 委員
2004-06 - 2009-10 , 厚生労働省保健師助産師看護師試験委員会 , 委員

その他社会活動
201709 - , 平成30年度実習指導者養成講習会 , 講師(看護実践の質とEBN)
201605 - 201703 , 平成28年度長野県看護教員養成講習会 , 講師(研究方法)