信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

中屋眞司  ナカヤ シンジ

教員組織学術研究院(工学系)電話番号
教育組織工学部 水環境・土木工学科FAX番号
職名教授メールアドレスnakayas@shinshu-u.ac.jp
住所4-17-7, Wakasato, Nagano CityホームページURL

更新日:2020/02/27

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院工学系研究科
大学院総合工学系研究科
研究分野
地下水水文学
水理地質学
現在の研究課題
平野・盆地規模の地下水の涵養・流動の可視化と地下水資源管理・保全に関する研究

水質・水環境のサステナビリティに関する研究

循環地下水の年代決定

断層・節理・クラックといった亀裂という地質量を考慮した形で岩盤の透水性を評価する研究

所属学会
所属学会
IAH (International Association of Hydrogeologists)
JpGU (日本地球惑星科学連合)
日本地下水学会
AGU (American Geophysical Union)
学歴
出身大学院
1992 , 岡山大学 , 自然科学研究科 , 生産開発科学専攻
1982 , 大阪市立大学 , 理学研究科 , 地質学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1978 , 大阪市立大学 , 理学部 , 地学科

取得学位
工学博士 , 岡山大学
受賞学術賞
2011 , 日本地下水学会論文賞
2009 , 日本地下水学会功労賞
1993 , 日本地下水学会奨励賞
研究職歴等
研究職歴
2010- , 信州大学工学部 教授
1999- , 信州大学工学部 助教授

留学歴
2004-2004 , ハワイ大学・地質・地球物理学教室

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
Numerical Simulation of Groundwater Flow Using Stable Isotopes of Oxygen and Hydrogen as Natural Tracers
Springer 2014 , M. Taniguchi and T. Hiyama (eds.) Groundwater as a Key for Adaptation to Changing Climate and Society, Global Environmental Studies , :83-110 2014
Author:Shinji Nakaya
Keywords:Groundwater, Stable Isotope


地下水流動 モンスーンアジアの資源と循環
共立出版 , 谷口真人編著 2011
Keywords:地下水


アジアの都市と水環境
古今書院 , 谷口・吉越・金子編著 2011
Keywords:地下水


名水を科学する
技報堂出版 , 日本地下水学会編 1994
Keywords:地下水


論文
Hydrochemical Behavior of an Underground Dammed Limestone Aquifer in the Subtropics
Hydrological Processes,(32):3529-3546 2018(Sep. 04)
Author:Shinji Nakaya, Jun Yasumoto, Phan Min Ha, Hideto Aoki, Fumiya Kohara, Harue Masuda, Kentaroh Masuoka
Keywords:Limestone aquifer; Dissolution; CO2 storage; Underground dam; Okinawa Island


Forms of trace arsenic, cesium, cadmium, and lead transported into river water for the irrigation of Japanese paddy rice fields
Journal of Hydrology,(561):335-347 2018(Apr. 07)
Author:Shinji Nakaya , Hai Chi, Kengo Muroda, Harue Masuda
Keywords:toxic trace elements, arsenic, cesium, river, paddy rice


Spatial variations of tritium concentrations in groundwater collected in the southern coastal region of Fukushima, Japan, after the nuclear accident
SCIENTIFIC REPORTS, 7: 12578 | DOI:10.1038/s41598-017-12840-3 2017(Oct. 03)
Author:Koki Kashiwaya, Yuta Muto, Taiki Kubo, Reo Ikawa, Shinji Nakaya, Katsuaki Koike & Atsunao Marui
Keywords:nuclear accident, tritium, groundwater, Fukushima


Longtime behavior of cesium (Cs) in natural spring drinking water
Sustainability of Water Quality and Ecology,6:20-30 2015(Sep.)
Author:Shinji Nakaya, Hoang Minh Ha Phan, Yoshiki Iwai, Akihiro Itoh, Hideto Aoki, Takanori Nakano


気候変動に伴う年降水量の非定常頻度分析~広域関東圏への適用~
自然災害科学,33(4):391-401 2015
Author:寒川典昭,草刈智一,中屋眞司,浜口俊雄,高木耕平,山崎基弘
Keywords:渇水, 降水量


Effect of Groundwater Flow on Forming Arsenic Contaminated Groundwater in Sonargaon, Bangladesh
Journal of Hydrology,409(3-4):724-736 2011
Author:Shinji Nakaya, Haruyasu Natsume, Harue Masuda, Muneki Mitamura, Dipak Kumar Biswas, Ashraf A. Seddique
Keywords:Arsenic, Bangladesh, flow path, Groundwater


Mineralogy and geochemistry of shallow sediments of Sonargaon Bangladesh and implications for arsenic dynamics: Focusing on the role of organic matter
Applied Geochemistry,26(4):587-599 2011
Author:Seddique, A. A., Masuda, H., Mitamura, M., Shinoda, K., Yamanaka, T., Nakaya, S., Ahmed, K. M.


水質から見た大阪市内とその周辺の地下水の涵養源
日本地下水学会,52(2):153-167 2010
Author:牧野和哉・益田晴恵・三田村宗樹・貫上佳則・陀安一郎・中屋眞司


環境同位体と水質より推定される大阪盆地の地下水の涵養源と流動特性
地下水学会誌,51(1):15-41 2009
Author:中屋眞司・三田村宗樹・益田晴恵・上杉健司・本舘佑介・日下部実・飯田智之・村岡浩爾


Hydrological and geochemical constraints on the mechanism of formation of arsenic contaminated groundwater in Sonargaon, Bangladesh
Applied Geochemistry,23(11):3155-3176 2008
Author:Itai, T., Masuda, H., Seddique, A.A., Mitamura, M., Maruoka, T., Li, X., Kusakabe, M., Dipak, B.K., Farooqi, A., Yamanaka, T., Nakaya, S., Matsuda, J-i., Ahmed, K.M.


Geological structure of an arsenic-contaminated aquifer at Sonargaon, Bangladesh
JOURNAL OF GEOLOGY,116(3):288-302 2008
Author:Mitamura, M; Masuda, H; Itai, TA; Minowa, T; Maruoka, T; Ahmed, KM; Seddique, AA; Biswas, DK; Nakaya, S; Uesugi, K; Kusakabe, M


Percolation conditions in fractured hard rocks: A numerical approach using the three-dimensional binary fractal fracture network (3D-BFFN) model
J. Geophys. Res.-SOLID EARTH,112(B12203):doi:10.1029 /2006JB004670 2007
Author:Nakaya, S., and K. Nakamura


Spatial separation of groundwater flow paths from a multi-flow system by a simple mixing model using stable isotopes of oxygenand hydrogen as natural tracers
WATER RESOURCES RESEARCH,43(W09404):doi:10.1029 /2006WR005059 2007
Author:Nakaya, S., K. Uesugi, Y. Motodate, I. Ohmiya, H. Komiya, H. Masuda, and M. Kusakabe (2007),


Spatiotemporal variation in b value within the subducting slab prior to the 2003 Tokachi-oki earthquake (M 8.0), Japan
J. Geophys. Res.,111(B03311):doi:10.1029 /2005JB003658 2006(Mar.)
Author:Nakaya, S


Fractal properties of seismicity in regions affected by large, shallow earthquakes in western Japan: Implications for fault formation processes based on a binary fractal fracture network model
J. Geophys. Res.-SOLID EARTH,110(B1):B01310-1-15 2005(Jan.)
Author:Nakaya, S


Field investigation of groundwater contamination on nitric acid in Matsumoto Basin, Nagano, Japan
Proceedings of the International Symposium on Groundwater Problems related to Geo-Environment, Okayama, Japan,:387-391 2003
Author:Nakaya S., A. Ikeuchi,I. Ohmiya, H. Komiya, H. Masuda and M. Kusakabe


Percolation conditions in binary fractal fracturenetworks: Applications to rock fractures and active and seismogenic faults
JOURNAL OF GEOPHYSICAL RESEARCH-SOLID EARTH,108(B7):- 2003
Author:Nakaya, S; Yoshida, T; Shioiri, N


酸素および水素同位体比と水質から見た長野県松本盆地中・南部地域の広域地下水流動系
日本地下水学会誌,45(2)(2):145-168 2003
Author:小宮洋行,中屋眞司,益田晴恵,日下部実


Correction to "Determination of anisotropy of spatial correlation structure in a three-dimensional permeability field accompanied by shallow faults" by Shinji Nakaya et al. (vol 38, No.8, 10.1029/2001WR000672, 2002)
WATER RESOURCES RESEARCH,38(11):- 2002(Nov.)
Author:Nakaya, S; Yohmei, T; Koike, A; Hirayama, T; Yoden, T; Nishigaki, M


Determination of anisotropy of spatial correlation structure in a three-dimensional permeability field accompanied by shallow faults
WATER RESOURCES RESEARCH,38(8):- 2002(Aug.)
Author:Nakaya, S; Yohmei, T; Koike, A; Hirayama, T; Yoden,T; Nishigaki, M


Spatial correlation structure in the three-dimensional permeability field accompanied by shallow faults
Proceedings of the International Groundwater Symposium /LBNL, Berkeley, California/USA,:98-102 2002
Author:Nakaya S., T. Yohmei, A. Koike, T. Hirayama, T. Yoden and M. Nishigaki


Temporal variation of multifractal properties of seismicity in the region affected by the mainshock of the October 6, 2000 Western Tottori Prefecture, Japan, earthquake (M=7.3)
GEOPHYSICAL RESEARCH LETTERS,29(10):-L30 2002
Author:Nakaya, S; Hashimoto, T


An estimation of flow channels in a natural rock using fractal of fractures
Proceedings of the tenth International conference on Computer methods and advances in geomechanics/Arizona/USA,:1801-1804 2001
Author:Nakaya, S., H. Kondoh, M. Nishikuni, and M. Nishigaki


東アジアの降水に含まれる硫酸イオンの硫黄同位体比
エコテクノロジ-研究,7(1):7-12 2001
Author:柳澤文孝・赤田尚史・本山玲美・賈疏源・益田晴恵・楊慧東・萬新南・中屋眞司・北田奈緒子・藤井理行・小林俊一・西尾文彦・高橋晃・川端明子・上田晃


Contrast study on chemical composition of rain water collected in August and December of 1988 at Emei mountain
J. Geological Hazards and Environment Prevervation,12(4):17-20 2001
Author:Yanagisawa F., S. Jia, H. Masuda, H. Yang, X. Wan, S. Nakaya, N. Kitada


Chemical characteristics of the rainfall collected inEmeishan in june, 1998
J. Mineral Petrol.,21(4):97-99 2001
Author:Yanagisawa, F., S. Jia, H. Masuda, H. Yang, X. Wan, S. Nakaya, and N. Kitada


Study on a chemical characteristics of aerosol in Emeishan, Sichuan
J. Mineral Petrol.,21(4):93-96 2001
Author:Yanagisawa, F., S. Jia, H. Masuda, H. Yang, X. Wan, S. Nakaya, and N. Kitada


An estimation of flow channels in a natural rock using fractal of fractures, 共著, Nakaya, S. 他3名, Proceedings of the tenth International conference on Computer methods and advances in geomechanics/Arizona/USA, pp.1801-1804 (2001).
2001


日本・中国・韓国で採取したエアロゾルの化学組成(序報)
エコテクノロジ-研究,6(2):25-30 2000
Author:柳澤文孝・賈疏源・益田晴恵・楊慧東・萬新南・中屋眞司・北田奈緒子


名水を訪ねて,中国四川省峨眉山の名水
日本地下水学会誌,42:263-271 2000


日本・中国・韓国で採取したエアロゾルの化学組成(序報)
エコテクノロジー研究,6(2):25-30 2000
Author:柳澤文孝/賈疏源/益田晴恵/揚慧東/萬新南/中屋眞司/北田奈緒子


不連続性岩盤における調査・解析事例(浸透問題)(その1)
土と基礎,48(11):43-50 2000


割れ目系岩盤における水理定数に三次元空間分布の推定法
日本地下水学会誌,42(1):95-105 2000
Author:中屋眞司


地質統計学的手法を用いた不連続性岩盤の水理定数推定法
電力土木,(274):104-109 1998
Author:大石富彦/堀江正人/中屋眞司


A geostatistical approach to estimate the groundwater flow path in fractured rocks
Proceedings of the 9th International conference on Computer methods and advances in geomechanics/Wuhan/China,:1011-1014 1997
Author:Nakaya, S., A. Koike, M. Horie, T. Hirayama and T. Yoden


亀裂性岩盤の比貯留係数の推定に関する一考察,
地下水学会誌,39(3):201-215 1997
Author:中屋眞司・小池章久・堀江正人・平山鉄浩・與田敏昭・本島勲


Theoretical determination of the three-dimensional hydraulic conductivity tensor of fractured rock masses using geometric data of fractures and the results of the Lugeon-water test
Proceedings of the 2nd International Conference on Mechanics of Jointed and Faulted Rock/Vienna/Austria,:381-386 1995
Author:Nakaya, S. and M. Nishigaki


Seismic analysis of the 25 Stone Buddhas Group at Hakone, Japan
Rock Mechanics Proceedings of the 35th U.S. Symposium/Univ. of Nevada/Reno,:107-112 1995
Author:Christianson M., J. Itoh and S.Nakaya


異方性岩盤におけるルジオン試験の理論的解釈と透水係数テンソルの測定法
土木学会論文集,(511/Ⅲ-30):23-34 1995
Author:中屋眞司・西垣 誠


亀裂性岩盤の透水係数テンソルの測定と水理的等価亀裂開口幅
地下水学会誌,37(1):13-29 1995
Author:中屋眞司・金谷賢生・長谷川明生・平山鉄浩


A new method for the field measurement to determine the three dimensional hydraulic parameters of a fractured rock mass
In Siriwardane H.J., and Zaman M.M. ed. Computer methods and advances in geomechanics, Proceedings of the 8th International conference on Computer methods andadvances ingeomechanics /Morgantown/West Virginia, A.A.BALKEMA : ROTTERDAM,:1609-1614 1994
Author:Nakaya, S. and M. Nishigaki


前処理付き共役勾配(SSOR-PCG)法を用いた飽和・不飽和多孔質媒体中の3次元浸透解析法
土木学会論文報告集,(448/Ⅲ-19):101-110 1992
Author:西垣 誠・中屋眞司・河野伊一郎


名水を訪ねて 大阪府島本町の「離宮の水」
地下水学会誌,34(3):223-230 1992
Author:鶴巻道二・中屋眞司


亀裂方位情報を利用したクロスホ-ル試験による岩盤の三次元透水パラメ-タの測定法
地下水学会誌,34(2):81-98 1992
Author:中屋眞司・西垣 誠・河野伊一郎


A new method for the field measurement of three dimensional anisotropic hydraulic conductivities in jointed rock mass using a single-hole
In Beer G., Booker J.R. and Carter J.P. ed. Computer methods and advances in geomechanics, Proceedings of the 7th International conference on Computer methods and advances in geomechanics/ Cairns, A.A.BALKEMA :ROTTERDAM,:1577-1582 1991
Author:Nakaya, S., M. Nishigaki, and I. Kohno


原位置における亀裂性岩盤の3次元異方透水係数の測定法に関する一提案
土質工学会論文報告集,31(3):185-199 1991
Author:西垣 誠・中屋眞司・河野伊一郎


多層地盤での大深度地下掘削にける地下水保全のための浸透特性の計測法とその検討例
地下水学会誌,31(4):189-198 1989
Author:西垣 誠・竹下祐二・河野伊一郎・中屋眞司


Interpretation of concrete top base foundation behaviour on soft ground by coupled stress flow finite element analysis
Proceedings of the 6th International Conference on Numerical Methods in Geomechanics: Innsbruck,:625-630 1988
Author:Arai K., Y. Ohnishi, M. Horita, I. Yasukawa, and S. Nakaya

研究業績(芸術系の活動、フィールドワーク等)
フィールドワーク
多良間島の地下水調査 , 20181124 -
タンザニアのキリマンジャロ・アルーシャ地域の水資源・フッ素汚染調査 , 20180523 -
与論島の陸水、海底湧水調査 , 201708 -
宮古島の地下水調査 , 20160914 -
安曇野市とその周辺地域の地下水調査 , 201604 -
兵庫県淡路島の地下水調査 , 201310 -
長野県佐久地域の地下水賦存量調査、地下水流動調査 , 201206 -
宮城県の地下水汚染リスク評価の概要調査 , 201204 -
沖縄本島の地下水調査 , 201109 -
長野県佐久平の水源調査 , 201106 -
長野県北東部の地下水ヒ素汚染調査 , 2006 -
バングラデッシュ砒素汚染調査 , 2003 -
大阪平野の地下水調査 , 2000 -
松本盆地の地下水調査 , 1999 -
中国四川省の大気・地下水汚染にかかわる環境調査 , 1998 -
長野県水環境調査
共同研究等希望テーマ
地下水の滞留時間の測定 , 水文学
水資源管理 , 水文学
研究費
受託研究
2018 - 2020 , タンザニアのSDGs研究
2017 - 2017 , 佐久地域の地下水賦存量調査 その6
2016 - 2016 , 佐久地域の地下水賦存量調査 その5
2016 - 2016 , 安曇野市水循環の可視化に資する研究業務
2015 - 2015 , 佐久地域の地下水賦存量調査 その4
2014 - 2014 , 佐久地域の地下水賦存量調査 その3
2013 - 2013 , 佐久地域の地下水賦存量調査 その2
2012 - 2013 , 人工および天然トレーサーを用いた地下水資源のための調査手法の開発
2012 - 2012 , 佐久地域の地下水賦存量調査
2010 - 2011 , 地下水中のCFCsとSF6および流動トレーサーを用いた循環地下水の高精度年代測定法の標準化
2009 - 2010 , CFCを用いた地下水流動経路分離型年代測定・解析法の開発
2008 - 2009 , 地下水流動経路分離型年代測定法の開発

科学研究費補助金(研究代表者)
2017 - 2020 , 島嶼系石灰岩層の水資源のサステナブル利用に向けた総合的環境影響評価 , 基盤研究(B)
2015 - 2016 , 石灰岩層を使ったCO2急速削減のためのフラクタル石灰岩モデルによる溶解速度予測式 , 挑戦的萌芽
2010 - 2012 , 化学トレーサーによる循環地下水の複数流動経路の分離と地下水年齢の同時決定法
2002 - 2004 , 閉鎖性地下水系の都市周辺地下水の複数涵養域の特定と流動経路の解明 , 基盤研究(C)
2002 - 2004 , 閉鎖性地下水系の都市周辺地下水の複数涵養域の特定と流動経路の解明 , 基盤研究(C)
2002 - 2004 , 閉鎖性地下水系の都市周辺地下水の複数涵養域の特定と流動経路の解明 , 基盤研究(C)

科学研究費補助金(研究分担者)
2003 - 2006 , バングラデシュの沖積平野におけるヒ素汚染地下水形成機構の解明 , 基盤研究(B)
2002 - 2004 , 「沿岸都市域における地下水総合管理のための地下水涵養モデルの構築」(分担) , 基盤研究(B)
2002 - 2004 , 「沿岸都市域における地下水総合管理のための地下水涵養モデルの構築」(分担) , 基盤研究(B)
2002 - 2004 , 「沿岸都市域における地下水総合管理のための地下水涵養モデルの構築」(分担) , 基盤研究(B)

奨学寄附金
2020
2019

受託事業
2015 - , 研究教育助成
2011 - , 研究教育助成
2003 - , 教育研究助成
2002 - , 研究教育助成
2000 - , 研究教育助成
1999 - , 研究教育助成

教育活動実績

授業等
2017 , 前期 , 地圏環境学
2017 , 前期 , 土質・水環境実験
2017 , 前期 , 水環境科学特論
2017 , 後期 , 地学概論Ⅱ(地球史)
2017 , 後期 , 地学概論Ⅰ(地震)
2017 , 後期 , 水利用システム特論
2017 , 後期 , 水資源特論
2017 , 後期 , 地下水工学
2017 , 後期 , 水環境・土木工学基礎
2016 , 前期 , 水環境・土木ゼミナール
2016 , 後期 , 岩盤浸透特性論
2016 , 後期 , 地水環境工学
2015 , 前期 , 土木ゼミナール
2013 , 前期 , 基礎水理学

社会活動実績

社会活動等
学外審議会・委員会
20200213 - 20210331 , 佐久地域流域水循環研究検討委員会 専門部会 , 部会長
201705 - 201904 , 安曇野市地下水採取審査委員会 , 委員
20160401 - , 一般国道20号諏訪バイパスに係る環境影響評価技術検討委員会 , 委員
20160401 - , 中部横断自動車道(長坂~八千穂)に係る環境影響評価技術検討委員会 , 委員
20160315 - 201902 , NEDO検討委員会「都市域におけるオープンループシステムによる地下水の大規模熱源利用のための技術開発」 , 委員
201511 - 201911 , 長野県環境審議会温泉審​査部会 , 部会長
201505 - 201704 , 安曇野市地下水採取審査委員会 , 副委員長
20140825 - 20180824 , 長野市公共施設適正化検討委員会 , 委員
20140808 - 20180807 , 安曇野市水環境基本計画策定委員会 , 委員
201110 - 201603 , 新名神高速道路大阪府域地下水流動対策検討委員会 , 委員
201106 - 2012 , 佐久市地下水等水資源保全研究検討委員会 , 委員長
201006 - 201103 , 佐久市新ごみ焼却施設建設候補地選定委員会 , 副委員長
2008 - 2012 , 断層の水理特性の調査・評価手法に関する検討委員会 , 委員
2006 - 2008 , 放射性廃棄物処分検討委員会 , 委員
2005 - 2008 , 地質環境特性(岩盤・地下水)の調査技術・評価手法の高度化における地下水評価検討委員会 , 委員
2000 - 2002 , 長野県坑道耐圧密閉調査研究会委員 , 委員 , 2000
2000 - 2002 , 長野県地震対策基礎調査専門委員会委員 , 委員 , 2000

その他社会活動
2011 - 2016 , 日本地下水学会 若手支援・男女共同参画委員会 , 委員長
2010 - 2010 , UNESCO国際水文計画第20回トレーニング , 講師
2009 - 2009 , 日本地下水学会常任委員会委員
2009 - , 日本地下水学会代議員
2009 - , 日本地下水学会理事
2008 - 2011 , 都市の地下環境に残る人間活動の影響 , 共同研究員
2008 - 2013 , 地下水地盤環境協議会/地下水・地中熱活用委員会
2005 - 2015 , 日本地下水学会編集委員会委員
1999 - 2008 , 地下水地盤環境協議会/地下水涵養研究委員会 , 委員 , 1999