信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

小林 寛  コバヤシ ヒロシ

教員組織学術研究院(社会科学系)電話番号
教育組織経法学部 総合法律学科FAX番号
職名教授メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
環境法学
民事法学
現在の研究課題
再生可能エネルギー法制の日米比較研究
キーワード:再生可能エネルギー , 地熱 , 2012-
所属学会
所属学会
環境法政策学会
日本私法学会
日本海法学会
日米法学会
学歴
出身大学院
2016 , 早稲田大学大学院法学研究科博士後期課程
2005 , テュレーン大学ロースクール(Tulane University Law School) , エネルギー・環境法修士課程(LL.M. in Energy & Environment)

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1998 , 慶応義塾大学 , 法学部 , 法律学科

取得学位
博士(法学) , 早稲田大学
修士(環境法学) , テュレーン大学ロースクール
法学士 , 慶応義塾大学
受賞学術賞
2015 , クリタ 水・環境科学研究優秀賞
研究職歴等
研究職歴
2016- , 信州大学経法学部教授
2008-2016 , 長崎大学准教授

研究職歴以外の職歴
2005-2005 , アメリカ合衆国環境保護庁(U.S. Environmental Protection Agency)夏季研修生
1999-2000 , 最高裁判所司法研修所司法修習修了

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
船舶油濁損害賠償・補償責任の構造―海洋汚染防止法との連関― (Structure of Liability and Compensation for Oil Pollution Damage Caused by Vessels - Linkage with the Marine Pollution Prevention Act-)
成文堂 2017(Nov. 15)
Author:小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)


新・大学生が出会う法律問題 : アルバイトから犯罪・事故まで-役立つ基礎知識- The Legal Problems Students Encounter
創成社 , :- 2016(Jul.)
Author:信州大学経法学部編


地域環境政策 Local Environmental Policy
ミネルヴァ書房 , :- 2012
Author:環境政策研究会編
Keywords:環境行政; 地域開発;


論文
大分県別府市における温泉発電の地域受容に係る条例の制定経緯と初動期の運用実態
ランドスケープ研究,81(5):601-606 2018(Mar.)
Author:渡辺貴史・小林寛・馬越孝道


アメリカ合衆国における再生可能エネルギーの普及促進に関する近時の動向と法的課題(1) : 太陽光・風力を中心とした日本への示唆 (Recent Situation and Legal Issues Regarding Promotion of Renewable Energy in the United States (1) - Suggestion for Japan Focusing on Solar and Wind -
信州大学経法論集 (Shinshu Economics and Law Review),(3):1-49 2018(Mar.)
Author:小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)


アメリカ合衆国の再生可能エネルギー法制に関する考察(2・完) ―RPSとFITの関係性を中心としたわが国への示唆― (A Study Regarding the Law of Renewable Energy in the United States of America (2) - Suggestion for Japan Focusing on the Relationship between RPS and FIT)
法学研究 (HOGAKU KENKYU, Journal of Law, Politics and Sociology),90(11):37-77 2017(Nov. 28)
Author:小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)


最近の判例〔需要対応規則の有効性〕 FERC v. Electric Power Supply Ass’n, et al., 136 S. Ct. 760 (2016) ――連邦エネルギー規制委員会が発出した電力卸売市場における需要対応(demand response)実務に関する規則を支持し,これを無効としたコロンビア特別区巡回控訴裁判所の判決を破棄,差戻した事例
アメリカ法,2017-1:120-123 2017(Oct. 30)
Author:小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)


アメリカ合衆国の再生可能エネルギー法制に関する考察(1) ―RPSとFITの関係性を中心としたわが国への示唆― (A Study Regarding the Law of Renewable Energy in the United States of America (1) - Suggestion for Japan Focusing on the Relationship between RPS and FIT)
法学研究 (HOGAKU KENKYU Journal of Law, Politics and Sociology),90(10):37-91 2017(Oct. 28)
Author:小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)


温泉地における温泉発電事業と運営体制との関係
ランドスケープ研究,80(5):631-636 2017(Mar.)
Author:渡辺貴史,馬越孝道,小林寛


〔研究ノート〕再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)に関する最近の動向 : 特別措置法の改正を中心にRecent Development Regarding the System of Feed-in Tariff for Renewable Energy
信州大学経法論集,(1):483-504 2017(Mar.)
Author:小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)


諫早湾干拓地潮受堤防撤去・開門等請求事件に関する最近の動向(Recent Development Regarding Case on Claim to Remove Levee or Open Gates in Isahaya Reclamation Work)
環境管理 = Environmental management,52(8):61-68 2016(Aug.)
Author:小林 寛;


新・環境法シリーズ(第53回)災害時の被災者に対する支援制度の現状と課題 : 被災者生活再建支援法を中心に(Current Situation and Agendas on the System to Support Victims in Case of a Disaster focusing on the Law of Disaster Victims Relief)
環境管理 = Environmental management,52(7):81-85 2016(Jul.)
Author:小林 寛;


〔海事判例研究〕 早稲田大学海法研究所・判例研究会 [第8回] タンカー油濁損害について、油濁損害賠償保障法(現:船舶油濁損害賠償保障法)に基づく請求が認められた事例 -オーソン号事件長崎地裁判決の検討- (長崎地裁平成12年12月6日判決、平成12年 (ワ) 第164号損害賠償請求事件、判タ1101号228頁)
早稻田法學,91(2):37-52 2016(May 10)
Author:小林 寛;


〔総説〕再生可能エネルギーの固定価格買取制度における新たな出力抑制ルール等について The New Rule to Control Power Output under the System of Feed-in Tariff for Renewable Energy
環境管理 = Environmental management,52(2):79-83 2016(Feb.)
Author:小林 寛;


米国における再生可能エネルギー法制の下でのRPSとFITの関係性に関する考察 : カリフォルニア州の制度を素材として The Relationship between the Feed-in Tariff and Renewable Portfolio Standard under the Law of Renewable Energy in the United States: Focusing on the System in the State of California
法律時報,87(10):52-57 2015(Sep.)
Author:小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)


洋上掘削施設に起因する油濁事故に対する責任制度に関する一考察 : メキシコ湾原油流出事故(The Deepwater Horizon Oil Spill)を踏まえた米国油濁法(The U.S. Oil Pollution Act of 1990)からの示唆 A Study on the System of Liability for Oil Pollution Cases Arising from an Offshore Drilling Facility - Implications from the U.S. Oil Pollution Act of 1990 Bases on the Deepwater Horizon Oil Spill -
早稲田法学会誌,66(1):97-142 2015
Author:小林 寛;


〔判例研究〕アメリカ同時多発テロ事件(2001・9・11)において包括的環境対応補償責任法の下での戦争行為免責が認められた事例[In re September 11 Litigation, 751 F.3d 86 (2d Cir. 2014)] The Case in Which the Act-of-War Defense under the Comprehensive Environmental Response, Compensation, and Liability Act Was Affirmed in 9/11
国際商事法務,43(2):217-222 2015
Author:小林 寛;


小型家電リサイクル法の今後の課題に関する考察 ― リサイクル関連法との比較に基づいて ―
長崎大学総合環境研究,17(1):1-10 2014(Oct. 01)
Author:小林 寛;
Abstract:The Small Home Appliance Recycling Law was enacted in August 2012 and took effect in April 2013 for the purpose of collecting and recycling valuable metals included in used small home appliances such as mobile phones. This Law serves as a promotion scheme, which encourages parties concerned to join the system on a voluntary basis and implements recycling based on the current situation in each region under the cooperation among parties, unlike the Home Appliance Recycling Law enacted in 1998 that imposes specific duties on parties concerned to collect and recycle home appliances. Based on awareness of the issue on whether this Law will be legally effective enough just by the promotion scheme, this Article aims to study the significance and future issues of this Law while conducting comparative analysis with the other recycling-related laws such as the Containers and Packaging Recycling Law, the Home Appliance Recycling Law, the Construction Material Recycling Law, the Automobile Recycling Law and the Food Recycling Law.


〔総説〕再生可能エネルギーの固定価格買取制度に関する最近の動向 The Recent Developments of the System of Feed-in Tariff for Renewable Energy
環境管理 = Environmental management,50(8):56-60 2014(Aug.)
Author:小林 寛;


海難残骸物の除去(船骸撤去)に関する法制度 : ナイロビ条約との比較考察を中心に The Legal Systems for Wreck Removal - Focusing on Comparative Analysis with Nairobi Convention
海事法研究会誌,(222):18-34 2014(Feb.)
Author:小林 寛;


無過失責任における免責規定の適用要件に関する一考察 : 災害時の環境汚染を素材としたアメリカ法からの示唆 A Study on the Requirements for Exemption from Strict Liability - Input from the U.S. Law on Environmental Pollution in Case of Disasters -
早稲田法学会誌,65(1):249-302 2014
Author:小林 寛 (Hiroshi Kobayashi)


東北地方太平洋沖地震による津波被害を受けた南三陸町における地下水・河川水・土壌調査
地下水学会誌,56(2):107-119 2014
Author:中川 啓; 和田 直之; 高辻 俊宏; 朝倉 宏; 小林 寛; 德永 朋祥;
Abstract:東北地方太平洋沖地震の8ヵ月後である2011年11月に,津波の被害を受けた南三陸町において,地下水,河川水と土壌のサンプリングを行い,主要イオン濃度,重金属濃度,放射能濃度を調査した。ヘキサダイアグラムによると助作の地下水はNa-Cl 型となっていた。これは海水の影響であると推定される。またPb 濃度が地下水および河川水のサンプルで水道水質基準0.01mg/l を超えていた。放射能濃度測定の結果,土壌表層において,低濃度であるもののCs-134とCs-137が検出され,原発事故の影響を受けていることが分かった。
Keywords:津波; 東北地方太平洋沖地震; 地下水; 河川水; 土壌;


国内情報 地熱エネルギーの利用促進に係る法的課題 : 温泉資源の保護との調整的視点に基づく考察 The Legal Issues in Promoting Geothermal Energy
地熱技術,38(3):23-41 2013(Nov.)
Author:小林 寛;


〔判例研究〕諫早湾干拓地潮受堤防撤去等請求事件控訴審判決[長崎地裁平成23.6.27判決] (人間環境問題研究会創立40周年記念号) -- (特集 最近の重要環境判例)
環境法研究,(38):75-88 2013(Oct.)
Author:小林 寛;


原子力損害賠償責任における免責規定の適用要件に関する考察 A Study Regarding the Requirement for Exemption from Liability for Nuclear Damages
法律時報,85(5):103-109 2013(May)
Author:小林 寛;


Resolution of Oil Pollution Cases in Japan under the International Compensation System
Wave Length,(57):1-11 2012(Mar.)
Author:Hiroshi Kobayashi


一般船舶油濁損害をめぐる法律関係に関する一考察 : 海洋汚染防止法、油濁損害賠償法および船主責任制限法の交錯 A Study on Legal Relations Regarding Oil Pollution Damage by Non-Tanker Vessels: Crossover of Marine Pollution Prevention Act, Oil Pollution Damage Compensation Act and Limitation of Shiponwer's Liability Act
法学研究,85(1):31-77 2012(Jan.)
Author:小林 寛;
Abstract:論説一 はじめに二 海洋汚染防止法に基づく公法上の規制(一) 海洋汚染防止法の成立経緯の概要(二) 油濁事故が生じた場合の規制(三) 応急措置・防除措置に伴う費用負担三 油濁損害賠償法に基づく私法上の法律関係(一) 燃料油による汚染損害についての民事責任に関する国際法制の概要(二) 一般船舶油濁損害についての民事責任に関する国内法制の概要(三) 検討四 船主責任制限制度の適用(一) 船主責任制限制度の成立経緯の概要(二) 船主責任制限制度の制度内容の概要(三) 責任制限手続の概要(四) 一般船舶油濁損害と責任制限制度の適用五 むすびに代えて


放射性物質の漏出による海洋汚染に対する法的対応 (東日本大震災と法)
法律時報,83(7):51-57 2011(Jun.)
Author:小林 寛;


1990年油濁法(the Oil Pollution Act of 1990)の下での責任制度--メキシコ湾原油流出事故を素材として
海事法研究会誌,(209):2-17 2010(Nov.)
Author:小林 寛;


船舶油濁損害における環境損害の賠償・補償制度に関する考察(2・完)
長崎大学総合環境研究,13(1):1-13 2010(Oct. 29)
Author:小林 寛;
Abstract:Although it has been already pointed out that environmental damage is included in oil pollution damage caused by vessels, the Vessel Oil Pollution Damage Compensation Act in Japan does not expressly provide for that damage. This Article attempts to analyze the scope of compensation for environmental damage in oil pollution damage caused by tank vessels and non-tank vessels respectively. In addition, the Article aims to indicate, as an item to be noted in the case where the concept of environmental damage is expressly introduced, that protection of victims of oil pollution should not be degraded while protecting marine environment. Part 2 of the Article discusses oil pollution damage caused by non-tank vessels, limitation of liability and the Oil Pollution Act in the United States.
Keywords:Environmental Damage; Oil Pollution Damage; Non-Tank Vessels; Civil Liability Convention; Fund Convention; OPA;


船舶油濁損害における環境損害の賠償・補償制度に関する考察(1)
長崎大学総合環境研究,12(2):1-13 2010(Jun. 30)
Author:小林 寛;
Abstract:Although it has been already pointed out that environmental damage is included in oil pollution damage caused by vessels, the Vessel Oil Pollution Damage Compensation Act in Japan does not expressly provide for that damage. This Article attempts to analyze the scope of compensation for environmental damage in oil pollution damage caused by tank vessels and non-tank vessels respectively. In addition, the Article aims to indicate, as an item to be noted in the case where the concept of environmental damage is expressly introduced, that protection of victims of oil pollution should not be degraded while protecting marine environment. Part 2 of the Article discusses oil pollution damage caused by non-tank vessels, limitation of liability and the Oil Pollution Act in the United States.
Keywords:Environmental Damage; Oil Pollution Damage Caused by Vessels; Civil Liability Convention; Fund Convention;


バンカー条約の発効と一般船舶による油濁損害の補償制度についての考察 A Study on the Bunker Convention and the Compensation System for Oil Pollution Damage Caused by Non-Tanker Vessels
海事法研究会誌,(202):26-37 2009(Feb.)
Author:小林 寛;


アメリカ合衆国の土壌汚染問題に関する最近の動向 The Recent Developments Regarding the Issues of Soil Contamination in the U.S.
国際商事法務,37(10):1297-1317 2009
Author:小林 寛;


土壌汚染対策法上の責任に関する若干の考察および提言--CERCLAとの基本的視点からの比較において A Study Regarding Liability under the Soil Contamination Countermeasures Law - in terms of Comparative Analysis with the U.S. CERCLA -
エヌ・ビー・エル,(891):33-42 2008(Oct. 15)
Author:小林 寛;


Using private action for injunctive relief under the Antimonopoly Law
The IFLR Guide to Japan,:65-73 2003(Jan.)
Author:渡邉新矢, 小林寛


学会発表
Can RPS and FIT coexist? - Implication from the U.S. Law of Renewable Energy -
オーストラリア国立大学・中央大学・早稲田大学・慶応義塾大学等 , Japan-Australia Dialogue on Energy Policy & Regulation 2017(Sep. 24)
Author:Hiroshi Kobayashi


洋上掘削施設に起因する油濁事故に対する責任制度―メキシコ湾原油流出事故を踏まえたアメリカ油濁法 からの示唆― A Study on the System of Liability for Oil Pollution Cases Arising from an Offshore Drilling Facility - Implications from the U.S. Oil Pollution Act of 1990 Based on the Deepwater Horizon Oil Spill -
環境法政策学会 , 第20回学術大会 2016(Jun. 18)
Author:小林 寛


無過失責任における免責規定の適用要件に関する一考察—災害時の環境汚染を素材としたアメリカ法からの示唆
日本私法学会 第79回大会 2015(Oct.)
Author:小林寛


地熱エネルギーの利用促進に関する法的課題~温泉資源の保護に係る法的規制を中心に~
第17回環境法政策学会 2013(Jun.)
Author:小林寛


原子力損害賠償責任における免責事由の解釈に関する検討
九州法学会 , 第118回学術大会 2013(Jun.)
Author:小林寛


1990年油濁法の下での責任制度に関する考察―メキシコ湾原油流出事故を素材として―
第15回 環境法政策学会 2011(Jun.)
Author:小林寛


バンカー条約及び一般船舶油濁損害の賠償制度に関する考察
第60回 日本海法学会 2010(Oct.)
Author:小林寛


一般船舶油濁損害の賠償制度~環境損害を中心に~
九州法学会 第115回学術大会 2010(Jun.)
Author:小林寛


その他
特集 活動の幅を広げる弁護士
長野県弁護士会会報 , (48):26-27 2018(Jan.)
Author:小林寛ほか7名


書評 黒川哲志・奥田進一[編]『環境法のフロンティア』 Book Review Kurokawa and Okuda eds., Frontier of Environmental Law
有斐閣 , 環境法研究 , (41):164-166 2016(Dec.)
Author:小林 寛;


〔報告書〕レジ袋削減の法制定・条例制定への道
長野県弁護士会 2009
Author:共著


環境法とCSR報告書について② Environmental Law and CSR Reports No.2
会社法務A2Z , :50-51 2007(Sep.)
Author:小林 寛


環境法とCSR報告書について① Environmental Law and CSR Reports No.1
会社法務A2Z , :50-51 2007(Aug.)
Author:小林 寛

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2016 - 2018 , クリーンエネルギー法制の構築に向けた日米比較研究―災害時の環境汚染を契機として― , 基盤研究(C)
2013 - 2015 , 緊急災害時の環境汚染に対する責任制度の研究-免責規定の適用に焦点を当てて- , 若手研究(B)
2009 - 2010 , 土壌及び大気に係る環境損害に対する責任制度の研究-海洋に係る環境損害との比較から , 研究活動スタート支援

科学研究費補助金(研究分担者)
2015 - 2017 , 温泉発電を活かした持続可能な温泉地の形成に関わる計画論的研究 , 基盤研究(C)

その他
2011, 船舶等に起因する油等の有害物質による海洋汚染に対する浄化措置に関する法的責任の研究(助成機関:クリタ水・環境科学振興財団)
2012, 温泉地域における地熱エネルギーの利用促進のための法的手法に関する研究(助成機関:日本生命財団)

教育活動実績

授業等
2018 , 通年 , 環境法演習
2017- , 環境法務実習
2017 , 前期 , 環境法Ⅰ
2017 , 前期 , 新入生ゼミナール
2017 , 後期 , 環境法入門
2017 , 後期 , 環境法Ⅱ
2016 , 後期 , 社会科学特講 環境法

社会活動実績

社会活動等
講演会
20180309 - , 海上防災に関する職員研修(場所:海上保安庁横浜機動防除基地、講演題目:船舶油濁損害賠償・補償責任の構造―船主責任制限法と海洋汚染防止法の連関―
201508 - , The grant presentation ceremony of Kurita Water and Environment Foundation (title: Liability System for Marine Pollution -Prevention of Water Pollution on the Sea-) 
201302 - , 海上防災に関する職員研修(於:海上保安庁横浜海上防災基地、講演題目:油濁損害賠償法、船主責任制限法及び海洋汚染防止法の交錯)
201301 - , 管財人等協議会(於:長崎地方裁判所、講演題目:破産管財業務において必要な廃棄物処理法の知識)
200602 - , アスベストの法的問題点(於:松本市、松本城ロータリークラブ講演)

学会・研究会の主催
20170217 - , 地熱シンポジウムin雲仙~地熱エネルギーをいかしたまちづくりとレジリエントな地域の創生~ , コーディネーター
20160319 - , 小浜温泉エネルギー活用推進協議会設立5周年記念シンポジウム(ジオパークにおける低炭素まちづくりと地域再生Ⅳ)「温泉発電をいかしたまちづくりと地域創生」 , コーディネーター

学外審議会・委員会
201005 - 201603 , 長崎環境県民会議(前:ごみゼロ長崎推進会議)Committee Member of Nagasaki Environmental Conference , 委員
20090401 - 20160331 , 長崎県介護保険審査会 Committee Member of Review for Public Nursing Care Insurance in Nagasaki , 委員