信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

高山浩史  タカヤマ ヒロシ

教員組織学術研究院(医学系)電話番号0263-37-3018
教育組織医学部 医学科 救急集中治療医学FAX番号0263-37-3028
職名助教メールアドレスqqsch@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

更新日:2020/07/09

プロフィール

研究分野
救急医学
所属学会
所属学会
日本集中治療医学会
日本集団災害医学会
日本外科学会
日本航空医療学会
日本外傷学会
日本救急医学会
学歴
取得学位
学士(医学) , 長崎大学

免許・資格等
20170401 , 日本集団災害医学会指導医
20170101 , 日本救急医学会指導医
20161201 , 日本外科学会 認定登録医
20150401 , 日本集中治療医学会専門医
20141114 , 日本航空医学会 医師指導者

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
環境障害 高山病
救急医療ジャーナル , (104):28-34  201
Author:髙山浩史,岡元和文


腹痛
総合医学社 , 症状・微候を看る力!-アセスメントから初期対応ケアまでー , :157-162 2013(Jan.)
Author:髙山浩史


特集:高齢者の救急医療
日本臨床 , イレウス , 71(6) 2013
Author:高山浩史,八塩章弘,上條泰,岡元和文


Q52消化器障害がある患者さんのケアのポイントは?
総合医学社 , 全科に必要な重症患者ケアQ&A第2版 2011
Author:髙山浩史,岡元和文


論文
Cardiac Arrest Due to Tension Pneumoperitoneum Caused by Esophagogastric Perforation and Pyloric Stenosis : A Case Report
信州医学雑誌,67(2):113-119 2019(Apr. 10)
Author:Miyama Hiroshi, Okada Mayumi, Takayama Hiroshi, Imamura Hiroshi, Muranaka Futoshi


Impact of a negative D-dimer result on the initial assessment of acute aortic dissection
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY,258:232-236 2018
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Kamijo, Hiroshi; Ichikawa, Michitaro; Okada, Mayumi; Mochizuki, Katsunori; Takayama, Hiroshi;


脳梗塞治療中に意識障害で判明した門脈大循環短絡症の一例
日本集中治療医学会雑誌,25(3):209-210 2018
Author:大石 奏;濵野 雄二朗;市川 通太郎;髙山 浩史;新田 憲市;今村 浩
Keywords:portosystemic shunt;hepatic encephalopathy;hyperammonemia


メディカルコントロール協議会による包括的な地域医療への貢献
日本臨床救急医学会雑誌,21(4):605-611 2018
Author:今村 浩;高山 浩史;新田 憲市;三山 浩;望月 勝徳;嘉嶋 勇一郎;岡田 まゆみ;竹重 加奈子;清水 幹夫
Abstract:

メディカルコントロール(MC)協議会は病院前救護の質を担保するだけでなく,救急救命士をはじめとした救急の最前線で活動する医療者と他の医療関係者の貴重な接点であり,地域の医療に関する多くの問題が提起される場となり得る。松本広域医療圏MC協議会ではドクターカーやドクターヘリ担当者に加えて在宅医療にかかわる医師会関係者などの参画に取り組んでおり,一部のメンバーは近隣救急医不在地域のMCに参加している。今回これらの活動を調査し,効果を検証した。その結果,事後検証会はドクターカー,ドクターヘリの効率的な活用を客観的に議論できる場となっていた。また,徐々にではあるが在宅医療患者の急変時対応が患者家族の意向に即したものになるなどの効果が認められた。さらに近隣救急医不在地域の病院前救護の質が向上した。MC協議会の充実により,急性期医療のみならず在宅医療を含めた地域の医療全体の質向上に貢献することができる。


Keywords:メディカルコントロール;病院前救護;ドクターカー;ドクターヘリ;在宅医療


Impact of a negative D-dimer result on the initial assessment of acute aortic dissection
INTERNATIONAL JOURNAL OF CARDIOLOGY,258:232-236 2018
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Kashima, Yuichiro; Kamijo, Hiroshi; Ichikawa, Michitaro; Okada, Mayumi; Mochizuki, Katsunori; Takayama, Hiroshi;


脳梗塞治療中に意識障害で判明した門脈大循環短絡症の一例
日本集中治療医学会雑誌,25(3):209-210 2018
Author:大石 奏;濵野 雄二朗;市川 通太郎;髙山 浩史;新田 憲市;今村 浩
Keywords:portosystemic shunt;hepatic encephalopathy;hyperammonemia


メディカルコントロール協議会による包括的な地域医療への貢献
日本臨床救急医学会雑誌,21(4):605-611 2018
Author:今村 浩;高山 浩史;新田 憲市;三山 浩;望月 勝徳;嘉嶋 勇一郎;岡田 まゆみ;竹重 加奈子;清水 幹夫
Abstract:

メディカルコントロール(MC)協議会は病院前救護の質を担保するだけでなく,救急救命士をはじめとした救急の最前線で活動する医療者と他の医療関係者の貴重な接点であり,地域の医療に関する多くの問題が提起される場となり得る。松本広域医療圏MC協議会ではドクターカーやドクターヘリ担当者に加えて在宅医療にかかわる医師会関係者などの参画に取り組んでおり,一部のメンバーは近隣救急医不在地域のMCに参加している。今回これらの活動を調査し,効果を検証した。その結果,事後検証会はドクターカー,ドクターヘリの効率的な活用を客観的に議論できる場となっていた。また,徐々にではあるが在宅医療患者の急変時対応が患者家族の意向に即したものになるなどの効果が認められた。さらに近隣救急医不在地域の病院前救護の質が向上した。MC協議会の充実により,急性期医療のみならず在宅医療を含めた地域の医療全体の質向上に貢献することができる。


Keywords:メディカルコントロール;病院前救護;ドクターカー;ドクターヘリ;在宅医療


A case of cerebral infarction with favorable outcome that occurred while climbing a 2400m mountain -Successful prehospital emergency medical service of mountain rescue-.
Shinshu Med J,65(5):259-265 2017
Author:Takayama H


A foreign body in the nasopharynx: missing tooth mystery solved
CANADIAN JOURNAL OF ANESTHESIA-JOURNAL CANADIEN D ANESTHESIE,62(12):1342-1343 2015(Dec.)
Author:Nitta, Kenichi; Imamura, Hiroshi; Mochizuki, Katsunori; Takayama, Hiroshi;


症例 悪性症候群との鑑別が困難であった急性テオフィリン中毒の1例
ICUとCCU = Japanese journal of intensive care medicine : 集中治療医学,39(1):53-57 2015(Jan.)
Author:徳永 健太郎; 高山 浩史; 秋田 真代;


排泄機能障害 イレウス
日本臨牀,71(6):1027-1030 2013(Jun.)
Author:髙山浩史,八塩章弘,上條泰,岡元和文


産科救急Q&A症状から見た鑑別疾患 ショック
救急・集中治療,21(9.1):1188-1195 2009
Author:高山浩史、岡元和文


症例・事例から学ぶ中毒診療 バルプロ酸
救急医学,33(4):439-442 2009
Author:高山浩史、関口幸男、岩下具美、今村浩、岡元和文


大胸筋皮弁で被覆し血行再建した気管腕頭動脈癌の1救命例
日本臨床外科学会雑誌,67(11):2776 2008
Author:佐次田保徳、佐々木秀章、山城敏光、高山浩史、森下幸治、前里喜一


経皮経肝的胆嚢穿刺吸引術を施行した妊婦にみられた胆嚢炎の1例
日本臨床外科学会雑誌,68(2):428-431 2007
Author:森下幸治、高山浩史、佐々木秀章


離島における肝細胞癌破裂救命の2例
日本消化器外科学会雑誌,67(11):1376 2007
Author:小林信、杉本元一、高山浩史、松浦謙二、嘉陽宗史、伊江朝次


鎖骨,多発肋骨骨折による上肢静脈血栓症から肺塞栓を生じた1例
九州救急医学雑誌,5(1):25-28 2005
Author:佐々木秀章、佐次田保徳、山城敏光、高山浩史


約80分間の心肺蘇生後の除細動が有効であった1症例
九州救急医学雑誌,5(1):25-28 2005
Author:佐々木秀章、前里喜一、森下幸治、高山浩史、山城敏光、佐次田保徳


鈍的外傷で大量血胸を来たした左心房破裂の1例
日本臨床外科学会雑誌,44(2):47-48 2005
Author:武田英希、前里喜一、森下幸治、高山浩史、山城敏光、佐々木秀章、佐次田保徳


学会発表
地方における病院前救急 松本広域ドクターカーと信州ドクターヘリ松本
第46回日本救急医学会総会・学術集会 2018(Nov. 15)
Author:高山 浩史 上條 泰 竹重加奈子 岡田まゆみ 望月勝徳 三山浩 今村浩


地域を支えるドクターヘリ 長野県2期目配備による救急体制
2018(Nov. 03)
Author:高山浩史、三山 浩、望月勝徳、岡田まゆみ、竹重加奈子、上條 泰、岩下具美、小澤正敬、今村 浩、新井雅子、三村敦輝、宮下知記、佐塚孝之、熊﨑康介


災害時における新生児ドクターヘリ搬送
第23回日本集団災害医学会・総会 2018(Feb. 02)
Author:高山 浩史、竹重加奈子、三山 浩、今村 浩


災害時における新生児ドクターヘリ搬送
2018(Feb. 02)
Author:高山 浩史、竹重加奈子、三山 浩、今村 浩


御岳山噴火災害における、災害拠点病院の対応
2018(Feb. 01)
Author:高山 浩史、竹重加奈子、三山 浩、今村 浩


高山浩史,横沢翔子,三島隆寛,深澤寛明,小川原葵,古川詩乃,柴崎美緒,亀山明子,中村悠太,服部理夫,秋田真代,濱野雄二郎,森幸太朗,上條泰,塚田恵,竹重加奈子,望月勝徳,岡田まゆみ,嘉島勇一郎,新田憲市,三山浩,今村浩:松本広域ドクターカー 現状と課題 第12回日本病院前救急診療医学会総会・学術集会 東京 12月8日
第12回日本病院前救急診療医学会総会・学術集会 2017(Dec. 08)
Author:高山浩史,横沢翔子,三島隆寛,深澤寛明,小川原葵,古川詩乃,柴崎美緒,亀山明子,中村悠太,服部理夫,秋田真代,濱野雄二郎,森幸太朗,上條泰,塚田恵,竹重加奈子,望月勝徳,岡田まゆみ,嘉島勇一郎,新田憲市,三山浩,今村浩


熊本地震 阿蘇医療コーディネーター派遣の考察   
第22回日本集団災害医学会総会・学術集会 2017(Feb. 13)
Author:高山浩史


ドクターヘリの活用と躍進~災害時の協働を見据えて~
第19回日本救急医学会中部地方会総会・学術集会 2016(Dec. 03)
Author:高山浩史


ドクターヘリは新生児医療の高度集約化に寄与する
2016(Nov. 17)
Author:高山浩史,江津篤,新井雅子,戸部理恵,上條泰,竹重加奈子,一本木邦治,望月勝徳,小林尊志,三山浩,今村浩


信州ドクターヘリ松本 新生児転院搬送開始の報告
第67回長野県医学会 2016(Jul. 24)
Author:高山浩史,上條泰,竹重加奈子,望月勝徳,小林尊志,三山浩,今村浩


局地災害におけるドクターヘリの運用 御嶽噴火災害での報告
第21回日本集団災害医学会 2016(Feb. 27)
Author:高山浩史,今村浩


局地災害におけるドクターヘリの運用 御嶽噴火災害での報告
第21回日本集団災害医学会 2016(Feb. 27)
Author:高山浩史,今村浩


信州ドクターヘリ松本 新生児搬送体制の検討
第22回日本航空医療学会 2015(Nov. 06)
Author:高山浩史


御岳噴火災害、神城断層地震への対応
第43回日本救急医学会 2015(Oct. 21)
Author:高山浩史.岩下具美,秋田真代,大石 奏,一本木邦治,市川通太郎,望月勝徳,小林尊志,三山 浩,新田憲市,今村 浩


御嶽噴火災害報告
2015(Jul. 26)
Author:高山浩史


MISC
DMATについて
松本広域消防局 救急連絡会議 2017(Dec. 15)
Author:高山浩史


DMATについて
松本広域消防局救急連絡会議 2017(Dec. 15)
Author:高山浩史


災害医療コーディネートについて
安曇野市医師会講演会 2017(Aug. 19)
Author:高山浩史


災害医療コーディネートについて
安曇野市医師会講演会 2017(Aug. 15)
Author:高山浩史