信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

水原 俊博  ミズハラ トシヒロ

教員組織学術研究院(人文科学系)電話番号0263-37-3238
教育組織人文学部 人文学科 文化情報論・社会学FAX番号0263-37-3238
職名教授メールアドレス
住所〒390-8621 松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://mizuharasoffice.wordpress.com/

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院総合人文社会科学研究科
研究分野
社会学
現在の研究課題
消費文化の情報化
キーワード:情報通信技術 , アマゾン化 , 2019-2021
所属学会
所属学会
関東社会学会
日本社会学会
経済社会学会
社会・経済システム学会

所属学会役職担当
2013- , 経済社会学会 , 理事
2020-2021 , 経済社会学会 , 第57回全国大会準備委員会委員
2019-2020 , 経済社会学会 , 第56回全国大会準備委員会委員
2013-2019 , 経済社会学会 , 年報編集委員会委員長
2013-2019 , 経済社会学会 , 高田保馬賞選考委員会委員
2005-2006 , 経済社会学会 , 第42回全国大会準備委員会委員
2004-2013 , 経済社会学会 , 幹事
学歴
出身大学院
2005 , 立教大学 , 社会学研究科 , 社会学専攻

取得学位
博士(社会学) , 立教大学
研究職歴等
研究職歴
2020- , 教授(信州大学人文学部)
2011-2020 , 准教授(信州大学人文学部)
2007-2011 , 助教(立教大学社会学部)
2005-2007 , 助手(立教大学社会学部)

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
消費社会論[新版]
有斐閣 2021(Mar.)
Author:間々田孝夫,寺島拓幸,藤岡真之,水原俊博
Keywords:消費文化,情報化,リスク,持続可能生


長野県の郷土と文化――第4回(2016年)調査報告
公益財団法人八十二文化財団 2018(Feb.)
Author:水原俊博,鳴澤一之


経済社会学キーワード集
ミネルヴァ書房 2015(May)
Author:間々田孝夫,渡辺深,織田輝哉,水原俊博ほか


消費社会の新潮流――ソーシャルな視点,リスクへの対処
立教大学出版会 2015(Mar.)
Author:間々田孝夫,寺島拓幸,藤岡真之,水原俊博ほか


論文
持続可能な消費都市ポートランドの現状と課題
名古屋学院大学論集 社会科学篇,56(1):59-77 2020(Jul.)
Author:野尻洋平,寺島拓幸,水原俊博


消費主義は主観的幸福感を高めるか――2016年東京圏調査のデータ分析
グローバル消費文化研究会,『社会的消費・質的高度化・消費主義の視点から見る21世紀消費社会の調査研究』,2016-2018年度科学研究費補助金研究成果報告書,:113-126 2019(Mar.)
Author:水原俊博


中国大都市における消費文化と主観的幸福感――2017年上海・北京調査のデータ分析
グローバル消費文化研究会,『「第三の消費文化」パラダイムに基づいた中国消費社会の実証研究』,2016-2018年度科学研究費補助金研究成果報告書,:43-58 2019(Mar.)
Author:水原俊博


社会空間の複合化――社会的現実の選択的構成
応用社会学研究,(60):147-153 2018(Mar.)
Author:水原俊博


消費社会学における観光の類型化――脱物質的観光の可能性と限界
立教大学観光学部紀要,(20):67-74 2018(Mar.)
Author:水原俊博


自然災害に対する不安――2015年松本市住民調査の結果を中心に
信州大学人文科学論集,3:15-28 2016(Mar. 15)
Author:水原 俊博


社会的現実の情報化=仮想現実化――後期ボードリヤールとヴィリリオ
応用社会学研究,(58):175-182 2016(Mar.)
Author:水原 俊博


多文化主義の規定要因の実証分析――松本市日本国籍住民調査(2014)のデータ分析を中心に
地域ブランド研究,11:15-26 2016(Mar.)
Author:水原 俊博


後期ボードリヤールのポストモダン情報社会論――N.ボルツのメディア理論との接合を目指して
信州大学人文科学論集,2:81-89 2015(Mar.)
Author:水原 俊博


松本市の多文化共生の問題構成――日本国籍住民に対する2014年調査の結果の中間報告
地域ブランド研究,10:1-11 2015(Mar.)
Author:水原 俊博


消費社会的価値意識と消費主義的態度――東京2010年調査と上海2014年調査の試論的比較検討
グローバル消費文化研究会,『ポスト・アメリカ化時代の消費社会研究――日中同時調査に向けて』,2013年度立教大学学術推進特別重点資金研究成果報告書,:79-89 2015(Mar.)
Author:水原 俊博


後期ボードリヤールの社会理論の社会学的検討
信州大学人文科学論集,1:93-103 2014(Mar. 15)
Author:水原 俊博


消費主義者の政治問題関心――私生活化の展開/からの転回
グローバル消費文化研究会,『ポスト・グローバル消費社会の動態分析――脱物質主義化を中心として』,2010-2012年度科学研究費補助金研究成果報告書,:37-50 2013(Mar.)
Author:水原俊博


消費主義者は選挙に行ったか?――市民=消費者と政治的シティズンシップ
年報社会学論集,(24):204-214 2011(Oct.)
Author:水原俊博・寺島拓幸


記号消費志向的価値と公的生活
経済社会学会年報,(33):45-56 2011(Sep.)
Author:水原俊博


ボードリヤールの社会理論と日本の80年代消費社会
立教大学社会学研究科,2005年度博士論文 2005(Sep.)
Author:水原俊博


講演・口頭発表等
消費文化の情報化と社会の持続可能性――新しい生活様式を中心に
経済社会学会第56回全国大会(於:文京学院大学,Zoom),共通論題 成長・連帯・持続可能性 2020(Oct. 10)
Presenter:水原俊博


文化的消費の経済社会システム
経済社会学会第55回全国大会(於:熊本大学),ラウンドテーブル 消費市民社会論の新たな動向,大会報告要旨集 2019(Sep. 07)
Presenter:水原俊博


消費主義と主観的幸福感――上海・北京2 市での統計調査から(2)
第91回日本社会学会大会(甲南大学) 2018(Sep. 15)
Presenter:水原俊博


消費主義と主観的幸福感の多元的関連性──「21世紀の消費生活に関する調査」を通して(5)
第90回日本社会学会大会(東京大学) 2017(Nov. 04)
Presenter:水原俊博


観光の文化社会学――観光のまなざしから移動性へ
日本観光研究学会分科会,観光文学研究会(於:立教大学) 2017(Oct. 19)
Presenter:水原俊博


MISC
スクリブナー思想史大事典
2016(Jan.)
Author:町村敬志,松本康,水原俊博ほか

研究費
共同研究
2019 - 2019 , 松本市多文化共生に関する実態調査 , その他
2016 - 2016 , 長野県の郷土と文化に関する調査(県民文化意識調査) , 国内共同研究
2015 - 2015 , 防災・減災に対する松本市住民の意識と行動に関する社会調査 , 国内共同研究
2014 - 2014 , 松本市多文化共生に関する実態調査 , その他

科学研究費補助金(研究代表者)
2012 - 2014 , ボードリヤールの社会理論の再構成、及びその受容と影響についての批判的検討 , 基盤研究(C)

科学研究費補助金(研究分担者)
2019 - 2021 , 社会性・文化志向・情報テクノロジーが交錯する21世紀消費社会の調査研究 , 基盤研究(B)
2018 - 2020 , 持続可能な消費社会研究──ポートランド発展の条件を探る 研究課題 , 基盤研究(C)
2017 - 2019 , 消費者と市民の経済思想:戦後日本社会論の再構築 研究課題 , 基盤研究(C)
2016 - 2018 , 社会的消費・質的高度化・消費主義の視点から見る21世紀消費社会の調査研究 , 基盤研究(B)
2016 - 2018 , 「第三の消費文化」パラダイムに基づいた中国消費社会の実証研究 , 基盤研究(C)