信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

水原俊博  ミズハラ トシヒロ

教員組織学術研究院(人文科学系)電話番号0263-37-3238
教育組織人文学部 人文学科 文化情報論・社会学FAX番号0263-37-3238
職名准教授メールアドレス
住所〒390-8621 松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://mizuharasoffice.wordpress.com/

プロフィール

研究分野
社会学
現在の研究課題
ボードリヤールの社会理論の再構成、及びその受容と影響についての批判的検討
キーワード:ボードリヤール , 社会理論 , シミュレーション , ポストモダン , 象徴交換 , 2012-2014 , 本研究の課題は「ボードリヤールの社会理論の再構成、及びその受容と影響についての批判的検討」である。
ポスト・グローバル消費社会の動態分析
キーワード:消費社会 , ディズニー化 , 脱物質主義 , 私生活中心主義 , シティズンシップ , 2010-2012 , 本研究の目的はグローバル化が進展して以降の多様化する現代日本の先端的な消費社会、消費文化の諸相について、理論的かつ実証的に研究し、その構造と趨勢を明らかにすることである。
所属学会
所属学会
日本社会学会
関東社会学会
社会・経済システム学会

所属学会役職担当
経済社会学会 , 理事(年報担当,編集委員長)
学歴
出身大学院
2005 , 立教大学 , 社会学研究科 , 社会学専攻

取得学位
博士(社会学) , 立教大学
研究職歴等
研究職歴
2007-2011 , 助教(立教大学社会学部)
2005-2007 , 助手(立教大学社会学部)

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
自然災害に対する不安 : 2015年松本市住民調査の結果を中心に
信州大学人文科学論集,3:15-28 2016(Mar. 15)
Author:水原 俊博


多文化主義の規定要因の実証分析 : 松本市日本国籍住民調査(2014)のデータ分析を中心に
地域ブランド研究,11:15-26 2016(Mar.)
Author:水原 俊博


後期ボードリヤールのポストモダン情報社会論 : N.ボルツのメディア理論との接合を目指して
信州大学人文科学論集,2:81-89 2015(Mar. 15)
Author:水原 俊博


松本市の多文化共生の問題構成 : 日本国籍住民に対する2014年調査の結果の中間報告
地域ブランド研究,10:1-11 2015(Mar.)
Author:水原 俊博


後期ボードリヤールの社会理論の社会学的検討
信州大学人文科学論集,1:93-103 2014(Mar. 15)
Author:水原 俊博


消費主義者の政治問題関心――私生活化の展開/からの転回
ポスト・グローバル消費社会の動態分析――脱物質主義化を中心として 科学研究費補助金(基盤研究(B))研究成果報告書,:pp.37-50 2013(Mar.)
Author:水原俊博


消費主義者は選挙に行ったか?――市民=消費者と政治的シティズンシップ
年報社会学論集,第24号:pp.204-214 2011(Oct.)
Author:水原俊博・寺島拓幸


記号消費志向的価値と公的生活
経済社会学会年報,第33号:pp.45-56 2011(Sep.)
Author:水原俊博


その他
スクリプナー思想史大事典
丸善出版 2016(Jan.)
Author:スクリプナー思想史大事典翻訳編集委員会編

研究費
共同研究
2016 - 2016 , 長野県の郷土と文化に関する調査(県民文化意識調査) , 国内共同研究

科学研究費補助金(研究代表者)
2012年度 - 2014年度 , ボードリヤールの社会理論の再構成、及びその受容と影響についての批判的検討

科学研究費補助金(研究分担者)
2016 - 2018 , 社会的消費・質的高度化・消費主義の視点から見る21世紀消費社会の調査研究 , 基盤研究(B)
2016 - 2018 , 「第三の消費文化」パラダイムに基づいた中国消費社会の実証研究 , 基盤研究(C)
2010年度 - 2013年度 , ポスト・グローバル消費社会の動態分析-脱物質主義化を中心として