信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

杠俊介  ユズリハ シユンスケ

教員組織学術研究院(医学系)電話番号0263-37-2833
教育組織医学部 医学科 形成再建外科学FAX番号0263-37-1920
職名教授メールアドレス
住所長野県松本市旭3-1-1信州大学医学形成再建外科学講座ホームページURL

更新日:2018/09/04

プロフィール

研究分野
形成外科学
現在の研究課題
難治性血管腫・血管奇形・リンパ管腫・リンパ管腫症および関連疾患についての調査研究
キーワード:血管奇形 , 血管腫 , リンパ管腫 , 2017-
口唇裂手術法に関する研究
キーワード:口唇裂 , 手術 , 1995
赤唇再建・再生に向けての組織化学および分子生物学的研究
キーワード:赤唇 , 再生 , 2018-2020
ミトコンドリア移植による創傷治癒促進効果に関する研究
キーワード:創傷治癒 , ミトコンドリア , 2018-2020
所属学会
所属学会
日本形成外科学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本熱傷学会
日本血管腫血管奇形学会
日本口蓋裂学会
日本創傷外科学会
日本下肢救済・足病学会
日本形成外科手術手技学会
日本マイクロサージャリー学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリ-学会
日本褥瘡学会
米国形成外科学会
国際血管奇形研究会
米国口蓋裂学会
日本創傷治癒学会
日本美容外科学会

所属学会役職担当
2018- , 日本口蓋裂学会 , 理事
2018- , 日本創傷外科学会 , 評議員
2018- , 日本形成外科手術手技学会 , 理事
2015- , 日本熱傷学会 , 評議員
2011- , 日本頭蓋顎顔面外科学会 , 代議員
2010- , 日本血管腫血管奇形学会 , 評議員
2009- , 日本形成外科学会 , 評議員
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1989 , 信州大学 , 医学部

取得学位
医学博士 , 信州大学
研究職歴等
研究職歴
2017- , 教授,信州大学医学部形成再建外科学教室
2013- , 信州大学医学部形成再建外科学教室 准教授
2009-2012 , 信州大学医学部形成再建外科学講座 准教授
2007-2008 , 信州大学医学部形成再建外科学講座 講師
2005-2006 , 信州大学医学部形成再建外科学講座 講師
1996-2005 , 信州大学医学部(形成外科) 助手
1995-1996 , 信州大学医学部附属病院(形成外科) 医員
1994-1995 , 信州大学医学部附属病院(形成外科) 助手
1991-1994 , 信州大学医学部附属病院(形成外科) 医員
1991-1991 , 社会保険中京病院(形成外科) 医員
1989-1991 , 社会保険中京病院(形成外科) 研修医
1989-1989 , 信州大学医学部附属病院(形成外科) 研修医

研究職歴以外の職歴
2012-31日2 , 長野県立こども病院形成外科 副部長

留学歴
2006-2007 , 米国ハーバード医学校ボストン子供病院形成外科研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
眼瞼下垂症手術
メディカ出版 , オペナーシング(増刊) , :199-206 2017(Sep. 27)
Author:杠俊介


後天性眼瞼下垂症
南山堂 , TEXT形成外科学,第3版 , :291-293 2017(Mar. 31)
Author:杠 俊介


就学前の口唇外鼻手術.
全日本病院出版会,東京 , 成長に寄り添う私の唇裂手術,大久保文雄編:PEPARS , 131:31-44 2017
Author:杠 俊介


口唇裂,口唇・顎・口蓋裂・その他の顔面先天異常診
金原出版 , 形成外科ガイドライン4 頭蓋顎顔面疾患(主に先天性) , 4:5-32 2015
Author:杠俊介,雑賀厚臣,小薗喜久夫,玉田一敬,山本真弓,鈴木啓之,花井潮,西野健一,井野康,鳥山和宏,長西裕樹,木下浩二,清家卓也


頬筋粘膜弁による軟口蓋鼻腔側延長を併用したtwo-flap palatoplasty
全日本病院出版会,東京 , 口蓋裂の初回手術マニュアルーコツと工夫ー,土佐泰祥編:PEPARS , 96:35-42 2014
Author:藤田研也,杠 俊介


術前顎矯正を行わない両側口唇裂初回外鼻形成
全日本病院出版会,東京 , 口唇裂初回手術ー最近の術式とその中期的結果ー,杠俊介編:PEPARS , 89:90-97 2014
Author:杠 俊介


痕跡唇裂―分類と手術創痕を最小限にする工夫―.
全日本病院出版会,東京 , 美容外科的観点から考える口唇口蓋裂形成術,百束比古編:PEPARS , 65:71-79 2012
Author:杠 俊介,松尾 清


眼瞼下垂症 眼窩隔膜を利用した眼瞼下垂症手術.
全日本病院出版会,東京 , 眼瞼の退行性疾患に対する眼形成外科手術,村上正洋 ,矢部比呂夫編:PEPARS. , 51:33-41 2011
Author:杠 俊介、松尾 清、伴 緑也


先天性耳介変形の非観血的治療の実際
全日本病院出版会,東京 , 耳介の形成外科,金子剛編:PEPARS , 42:pp 8-13 2010
Author:杠 俊介,松尾 清


形成外科プラクティス・顔面骨骨折の治療の実際
文光堂,東京 , 平野明喜,一瀬正治,保阪善昭(編) , :pp129-133, 134-139 2010
Author:杠俊介,松尾清


片側唇裂患者における鼻孔縁変形・鼻腔狭窄の修正術
全日本病院出版会,東京 , 口唇裂二次修正術,中島龍夫編:PEPARS , 28:pp 59-64 2009
Author:杠 俊介,松尾 清


片側唇裂外鼻手術ー長期経過を含めて
全日本病院出版会,東京 , 口唇裂初回手術マニュアル,中島龍夫編:PEPARS , 1:pp 38-44 2005
Author:杠 俊介,松尾 清


唇裂鼻の治療
克誠堂出版 , :27-35, 85-92頁 2001(Nov.)
Author:杠俊介,松尾清


最新形成再建外科学
医歯薬出版株式会社 , :263-267頁 1998(Oct.)
Author:杠俊介,松尾清


論文
Therapeutic strategies for elbow ankylosis due to heterotopic ossification in patients with severe burns.
JPRAS Open,17:24-30 2018
Author:Suito M, Yuzuriha S, Iwasawa M, Yanagisawa D, Kinjo Y, Takashimizu I, Hoshino Y


Small-slice thin-thickness skin harvesting in a net pattern for patients with skin vulnerability.
Burns Open,2:79-84 2018
Author:Hosomi K, Nagai F, Yuzuriha S


Stapling technique through transparent dressing to fix skin grafts.
Burns Open,2:71-75 2018
Author:Yanagisawa D, Yuzuriha S


片側完全口唇裂で外鼻の対称性を得るため初回形成術直後に達成すべき要点
形成外科,61:1158-1167 2018
Author:水藤元武,杠 俊介,永井史緒,藤田研也,野口昌彦


シート奥行きが短くランバーサポートでの姿勢を矯正する手術用椅子の開発 -座面の体圧分散の検討-
日本褥瘡学会誌 ,20:119-124 2018
Author:栁澤大輔,松尾 清,杠 俊介


顎裂部骨移植術(1) -最終的な咬合獲得に至るまでの長期経験-
形成外科,61:802-814 2018
Author:杠 俊介,永井史緒,矢口貴一郎,野口昌彦,山田一尋,村岡理奈


当科におけるケロイドおよび肥厚性瘢痕症例の振り返りによる放射線併用手術療法の有用性の検討.
創傷,9:81-88 2018
Author:春日 航, 中嶋優太, 篠田充功, 杠 俊介, 近藤昭二


口角を含む口唇欠損に対し、複数の局所皮弁により再建した2例.
日形会誌,37:562-568 2017
Author:西岡 宏,近藤昭二,杠 俊介,福澤正男


耳甲介複合組織移植を用いた外鼻形成.
形成外科,60:S94-101 2017
Author:杠俊介


Convex bone deformity after closed reduction of nasal bone fracture.
J Plast Reconstr Aesthet Surg,71:85-89 2017
Author:Nishioka H, Kondoh S, Yuzuriha S


Near-infrared irradiation increases length of axial pattern flap survival in rats.
Eplasty,17:e26 2017
Author:Yasunaga Y, Matsuo K, Tanaka Y, Yuzuriha S


写真を用いた効果的なプレゼンテーションの仕方と臨床写真の撮り方
形成外科,60:763-774 2017
Author:杠 俊介,伴 緑也


松本歯科大学病院矯正歯科における過去20年間(1995年~2014年)の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査―前半10年と後半10年の比較―
日口蓋誌,42:19-26 2017
Author:村上剛一,倉田和之,村岡理奈,唐澤基央,杠 俊介,藤田研也,影山 徹,山田一尋


左右差のある腱膜性眼瞼下垂症患者の術後分析
形成外科,60:547-552 2017
Author:伴 碧,杠 俊介,松尾 清,伴 緑也,安永能周,常川主裕,永井史緒,前島音郁斗


顔面瘢痕の治療〔口唇部(鼻唇溝部を除く〕
形成外科,60:294-303 2017
Author:杠 俊介


涙道閉塞治療における診断・治療アルゴリズムと手術手技
形成外科,60:37-47 2017
Author:藤田研也,野口昌彦,一ノ瀬優子,北澤憲孝,栁澤大輔,杠 俊介


Rikimaru型大胸筋皮弁で縦隔気管口を形成した女性1例
創傷,8:61-68 2017
Author:安永能周,松尾 清,杠 俊介,柳澤大輔


カスタムメイド人工骨と遊離皮弁,顎義歯を組み合わせた新しい上顎再建
日頭顎顔会誌,32:219-228 2016
Author:安永能周,松尾 清,杠 俊介,栁澤大輔


重症下肢虚血におけるショパール関節離断後の足底潰瘍に対し短下肢装具が有用と考えられた2例
創傷,7(173-177) 2016
Author:金城勇人,杠 俊介,常川主裕,森田政友,岡本拓也


病理検査で骨化が明らかとなった突発性眼窩内骨膜下血腫の一例
日形会誌,36:121-128 2016
Author:大畑えりか,杠 俊介,春日 航,松尾 清


成人口唇裂鼻変形に対する二次手術
形成外科,59:12-19 2016
Author:杠 俊介


下眼瞼内反症
形成外科,59:12-19 2016
Author:伴 緑也,松尾 清,杠 俊介,伴 碧


打撲後増大し続けた顔面血腫の1例
創傷,6:143-148 2015
Author:池上みのり,滝 建志,三島吉登,藤田研也,杠 俊介


Longitudinal slit procedure in addition to negative pressure wound therapy for a refractory wound with exposed Achilles tendon.
Eplasty,15:e9 2015
Author:Ohata E, Yuzuriha S, Mishima Y, Matsuo, K


口唇裂後の鼻変形〔隆鼻,鼻尖形成〕
形成外科,58:S2-12 2015
Author:杠 俊介


後天性涙道閉塞の診断における涙道造影CTの有用性と治療アルゴリズム.
日形会誌,35:315-321 2015
Author:藤田研也,栁澤大輔,大畑えりか,杠 俊介,松尾 清


Eyelid opening with trigeminal proprioceptive activation regulates a brainstem arousal mechanism.
PLoS One,10:e0134659 2015
Author:Matsuo K, Ban R, Hama Y, Yuzuriha S


Trigeminal proprioception evoked by strong stretching of the mechanoreceptors in Mueller’s muscle induces reflex contraction of the orbital orbicularis oculi slow-twitch muscle fibers
Eplasty,14:e30 2014
Author:Matsuo K, Ban R, Ban M, Yuzuriha S


牽引方向に工夫を加えた側頭筋移行による顔面神経麻痺動的再建術の2例
形成外科,57:1051-1058 2014
Author:永井史緒,杠 俊介,山口梨沙,久島英雄


再建部位別にみたティッシュ・エキスパンション法のコツ―背部―
形成外科,57:625-631 2014
Author:杠 俊介,西尾明子


幼少時の臀部熱傷瘢痕に生じた栄養障害性皮膚石灰沈着症の1例
熱傷,40:59-63 2014
Author:柴 將人,藤田研也,栁澤大輔,高清水一慶,杠 俊介,松尾 清


小顎症患児の呼吸障害重症度判定における客観的評価法についての検討-第2報:小顎症呼吸管理における治療アルゴリズムの作成-
日本形成外科学会誌,34:8-14 2014
Author:野口昌彦,杠 俊介,柴 将人


小顎症患児の呼吸障害重症度判定における客観的評価法についての検討-第1報:自験例の検討による予後決定因子の割り出しとその客観的病態評価法の検討-
日本形成外科学会誌,34:1-7 2014
Author:野口昌彦,杠 俊介,柴 将人


Lateral vermilion border transposition flap to correct vermilion deformities with unilateral or bilateral cleft lip
J Plast Surg Hand Surg,47:118-122 2013
Author:Yuzuriha S, Matsuo K, Fujita K


Usefulness of infrared thermal imaging camera for screening of postoperative surgical site infection after the nuss procedure
Case Rep Surg,2013:946156 2013
Author:Fujita K, Noguchi M, Yuzuriha S, Yanagisawa D, Matsuo K


Case report penetrating injury of the orbit by a needlefish.
Eplasty,13:e41 2013
Author:Ohtsubo M, Fujita K, Tsunekawa K, Yuzuriha S, Matsuo K


The supraorbirtal margin of Japanese who have no visible superior palpebral crease and persistently lift the eyebrow in primary gaze is higher and more obtuse than those who do not
Eplasty,13:e39 2013
Author:Mishima Y, Matsuo K, Yuzuriha S, Kaneko A


Developed lower-positioned transverse ligament restricts eyelid opening and folding and determines Japanese as being with or without visible superior palpebral crease
Eplasty,13:e37 2013
Author:Ban M, Matsuo K, Yuzuriha S, Kaneko A


A ringed fascia lata graft without peritendinous areolar tissue encircling the levator veli palatine and superior pharyngeal constrictor muscles gradually shrinks to reduce velopharyngeal incompetence, functioning as an itravelar palatal lift
Eplasty,13:e34 2013
Author:Fujita K, Matsuo K, Yuzuriha S


Eyebrow ptosis after blowout fracture indicates impairment of trigeminal proprioceptive evocation that induces reflex contraction of the frontalis muscle
Eplasty,13:e33 2013
Author:Ban R, Matsuo K, Ban M, Yuzuriha S


埋没耳の治療―私の方法―
形成外科,56:585-593 2013
Author:杠 俊介,野口昌彦,松尾 清


地方における多施設間チームによる口唇口蓋裂診療
日本口蓋裂学会雑誌,38:7-14 2013
Author:杠 俊介,藤田研也,近藤昭二,松尾 清,野口昌彦,山田一尋,倉田和之,内田春生,水野 均,小幡明彦,砂原佳子,丸山公子,小嶋 勤,中村康洋,影山康子,山口哲也,木次朝日,深沢裕文,土屋直子,上島佑佳里,中村さつき


口蓋裂術後の哺乳におけるシリコンゴム製のみ口(Kiss R2)の有用性.
日本口蓋裂学会雑誌,38:86-89 2013
Author:藤田研也、杠 俊介、大坪美穂、栁澤大輔、戸澤ゆき、大畑えりか、高清水一慶、松尾 清


『口唇口蓋裂の診断と治療』ガイドライン作成にあたっての私の提言.片側唇裂初回形成術に関するクリニカル・クエッションを作成して.
形成外科,56:269-276 2013
Author:杠 俊介、西野健一、井野 康


形態型赤外線サーモグラフィーを用いた切断指差接着術後血行モニタリングの有効性.
創傷,3:139-143 2012
Author:常川主裕,松尾 清,杠 俊介,山口梨沙,三島吉登


顔面,頚部.
形成外科 増刊号,55:S54-58 2012
Author:杠 俊介


A Contractile Network of Interstitial Cells of Cajal in the Supratarsal Mueller’s Smooth Muscle Fibers with Sparse Sympathetic Innervation
Eplasty,12:e13 2012
Author:Yuzuriha S, Matsuo K, Ban R, Yano S, Moriizumi T


Cell bodies of the trigeminal proprioceptive neurons that transmit reflex contraction of the levator muscle are located in the mesencephalic trigeminal nucleus in rats.
J. Plast. Surg. Hand Surg.,46:383-388 2012
Author:Fujita K.,Matsuo K.,Yuzuriha S., Kawagishi K., Moriizumi T.


A contractile network of interstitial cells of cajal in the supratarsal Mueller’s smooth muscle fibers with sparse sympathetic innervation.
Eplasty,12:126-136 2012
Author:Yuzuriha S.,Matsuo K.,Ban R.,Yano S.,Moriizumi T.


頭部、頸部 顔面外傷.
救急・集中治療.,23:887-892 2011
Author:三島吉登、杠 俊介、松尾 清


Objectiove assessment of skin rejuvenation esing near infrared 1064-nm neodymium : YAG laser in Asians.
Clin Cosmet Investing.,4:123-130 2011
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S


Near-Infrared irradiation non-thermally induces long-lasting vasodilation by causing apoptosis of vascular smooth muscle cells.
Eplasty.,11:203-211 2011
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S


Near-Infrared irradiation non-thermally affects subcutaneous adipocytes and bones.
Eplasty. 2011;11:42-49,11:42-49 2011
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S


Westernization of the Asian nose by augmentation of the retropositioned anterior nasal spine with an injectable filler.
Eplasty.,11:97-105 2011
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S


Long-lasting relaxation of corrugator supercilii muscle contraction induced by near infrared irradiation.
Eplasty.,11:50-57 2011
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S


Tendon grafts with peritendinous areolar tissue increase the survival of endotendinous tissues and diminish postioerative shrinkage.
J Plast Reconstr Aesthet Surg.,64:1082-87 2011
Author:Noguchi M,Yuzuriha S,Matsuo K,Ikegami,Ogiso.


Usefulness of skin trephine in minimally invasive cancellous bone harvesting for secondary alveolar bone grafting in young patients
Plast Reconstr Surg,126:85e-86e 2010
Author:Fujita K, Yuzuriha S, Matsuo K


Long-Term Histological Comparison between Near-infrared Irradiated Skin and Scar Tissues
J Clin Cosmet Invest Dermatol,3:143-149 2010
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S


広範囲熱傷後の重度異所性骨化の3例
熱傷,36:168-174 2010
Author:池上みのり,矢野志春,藤田研也,関口幸男,杠 俊介,松尾 清


小児期より存在し脂肪腫と鑑別困難であった白線ヘルニアの2例
形成外科,53:1021-1026 2010
Author:濱 ゆき,松尾 清,杠 俊介,藤田研也,矢野志春


Long-Lasting Muscle Thinning Induced by Infrared Irradiation Specialized with Wavelengths and Contact Cooling: A Preliminary Report
EPlasty,28(10):e40 2010
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S


Non-thermal cytocidal effect of infrared irradiation on cultured cancer cells using specialized device
Cancer Sci,101(6):1396-1402 2010
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S,Yan H,Nakayama J


Reflexive contraction of thelevator palpebrae superioris muscle to involuntarily sustain the effective eyelidretraction through the transverse trigeminal proprioceptive nerve on the proximal Mueller’s muscle: verification with evoked electromyography
J Plast Reconstr Aesthet Surg,63:59-64 2010
Author:Ban R,Matsuo K,Osada Y,Ban M,Yuzuriha S


松本歯科大学病院矯正歯科における過去10年間の口唇裂・口蓋裂患者に関する実態調査
日本口蓋裂学会雑誌,34:261-272 2009
Author:倉田和之,村岡理奈,富永憲俊,杠 俊介,近藤昭二,山岡 稔,山田一尋


Differential long-term stimulation of type I versus type III collagen after infrared irradiation
Dermatol Surg,35:1099-1104 2009
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S, Shinohara H


Long-term evaluation of collagen and elastin following infrared (1100 to 1800 nm) irradiation
J Drugs Dermatol,8:708-712 2009
Author:Tanaka Y, Matsuo K, Yuzuriha S


Refined distribution of myelinated trigeminal proprioceptive nerve fiberes in Mueller’s muscle as the mechanoreceptors to induce involuntary reflexive contraction of the levator and frontalis muscles
J Plast Reconstr Aesthet Surg,62:1403-1410 2009
Author:Yuzuriha S,Matsuo K,Hirasawa C,Moriizumi T


Frontalis suspension with fascia lata for severe congenital blepharoptosis using enhanced involuntary reflex contraction of the frontalis muscle
J Plast Reconstr Aesthet Surg,62:480-487 2009
Author:Matsuo K, Yuzuriha S


Lessor forms of cleft lip associated with the Branchio-Oculo-Facial syndrome
J Craniofac Surg,20(Suppl):608-611 2009
Author:Lin AE, Yuzuriha S, McLean S, Mulliken JB


Asymmetrical bilateral cleft lip: Complete or incompleteand contralateral lesser defect (minor-form, microform, or mini-microform)
Plastic and Reconstructive Surgery,122:1494-1504 2008
Author:Yuzuriha S,Oh AK,Mulliken JB


Minor-form, microform, andmini-microform cleft lip: Anatomical features, operative techniques, and revisions
Plastic and Reconstructive Surgery,122:1485-1493 2008
Author:Yuzuriha S,Mulliken JB


埋没耳形成術
形成外科,51:775-782 2008
Author:杠俊介,松尾清


A transverse ligament located anterosuperiorly in the lower orbital fat space restricts lower eyelid retraction in the Mongoloid eye
J Plast Reconstr Aesthet Surg,61:603-609 2008
Author:Tanaka Y,Matsuo K,Yuzuriha S,Shinohara H,kikuchi N,Moriizumi T


片側唇裂初回外鼻形成における鼻腔内Z形成と鼻翼円蓋形成
形成外科,50:273-282 2007
Author:杠 俊介,松尾 清,篠原 洋,近藤昭二


凝固異常により術後出血したと考えられた口蓋裂2症例の検討
日頭顎顔会誌,23:299-304 2007
Author:藤田研也,近藤昭二,杠 俊介,篠原 洋,松尾 清,野口昌彦


Alternative etiology and surgical correction of acquired lower-eyelid entropion.
Ann Plast Surg,58:166-172 2007
Author:Matsuo K,Yuzuriha S,Yano S,Narimatsu H,Kawamura T


Upgaze eyelid position allows differentiation between congenital and aponeurotic blepharoptosis according to the neurophysiology of eyelid retraction
ANNALS OF PLASTIC SURGERY,57(5):529-534 2006
Author:Hirasawa, C; Matsuo, K; Kikuchi, N; Osada, Y; Shinohara, H; Yuzuriha, S


Cyrano de Bergerac'nose deformity caused by the schwannoma of the nasal tip
JOURNAL OF PLASTIC RECONSTRUCTIVE AND AESTHETIC SURGERY,59(11):1252-1254 2006
Author:Fujita, K; Yuzuriha, S; Noguchi, M


新生児期片側口唇裂手術後の上口唇瘢痕-長期治療経過からの検証-
形成外科,49:483-491 2006
Author:杠俊介,松尾清,近藤昭二,成松巌,矢野志春


Pathogenesis and surgical correction of involuntary contraction of the occipitofrontalis muscle that causes forehead wrinkles
ANNALS OF PLASTIC SURGERY,57(2):142-148 2006
Author:Kondoh, S; Matsuo, K; Kikuchi, N; Yuzuriha, S


非都市部における口唇口蓋裂チームアプローチの体制作り
日本口蓋裂学会雑誌,30:29-34 2005
Author:近藤昭二,杠 俊介,栗原三郎,古澤清文,土屋直子,松尾 清


Blepharoplasty with aponeurotic fixation corrects asymmetry of the eyebrows caused by paralysis of the unilateral frontalis muscle in Orientals
Scand J Plast Reconstr Surg Hand Surg,39(1):39-44 2005
Author:Kushima H, Yuzuriha S, Kondou S, Matsuo K


REDシステムを用いた鼻骨―篩骨合併骨折の治療経験
日本形成外科学会会誌,25:445-450 2005
Author:野網 淳,近藤昭二,城田陽一朗,阿部直樹,杠 俊介


The occipitofrontalis muscle is composed of two physiologically and anatomically different muscles separately affecting the positions of the eyebrow and hairline
Br J Plast Surg,58(5):681-687 2005
Author:Kushima H, Matsuo K, Yuzuriha S, Kitazawa T, Moriizumi T


遠位に血管付加吻合した知覚神経付き大腿筋膜張筋皮弁による坐骨部褥瘡再建
日本マイクロサージャリー学会雑誌,18:51-56 2005
Author:古田淳,伴 緑也,杠俊介,久島英雄,伴 碧,川村達哉,笠原 寛,立花直樹


Efferent and afferent innervations of Mueller’s muscle related to involuntary contraction of the levator muscle: important for avoiding injury during eyelid surgery
Br J Plast Surg,58(1):42-52 2005
Author:Yuzuriha S, Matsuo K, Ishigaki Y, Kikuchi N, Kawagishi K, Moriizumi T


Tracheal reconstruction with a prefabricated deltopectoral flap combined with costal cartilage graft and palatal mucosal graft
Ann Plast Surg,53(3):278-281 2004
Author:Shinohara H, Yuzuriha S, Matsuo K, Kushima H, Kondoh S


鼻翼の梨状口縁からの解除と大腿筋膜張筋腱移植による唇裂鼻翼幅の狭小化
日本頭蓋顎顔面外科学会誌,19(2):139-145 2003(Sep.)
Author:杠俊介,近藤昭二,松尾清,高橋信行


Reconstruction of an inner layer defect of the upper eyelid with avulsion of the superior levator palpebrae muscle and orbital fat
Annals of Plastic Surgery,51(3):321-324 2003(Sep.)
Author:Hideo Kushima, Shunsuke Yuzuriha, Shoji Kondoh, Yoshiro Osada


Dressing for alveolopalatal wounds after alveolar bone grafting
Annals of Plastic Surgery,51(3):290-293 2003(Sep.)
Author:Shoji Kondoh, Kiyoshi Matsuo, Shunsuke Yuzuriha, Niro Kikuchi, Ryokuya Ban


紙カルテの記載に近い電子カルテの運用
新医療,30:78-80 2003
Author:坂田信裕,杠 俊介,村瀬澄夫


Nasalanceによる鼻咽腔閉鎖機能評価
日本頭蓋顎顔面外科学会誌,19:101-109 2003
Author:近藤昭二,杠 俊介,深澤大樹,三島吉登,阪口雄二,大池清朗,土屋直子,松尾 清


顎骨の発育不全を伴う両側性口唇口蓋裂患者への上顎骨延長術の経験-REDシステムを応用して-
日本口蓋裂学会雑誌,27:350-365 2002
Author:宮崎顕道,山口哲也,岡藤範正,杠 俊介,近藤昭二,松尾 清,栗原三郎


Transfacial approach における Nasal pyremid の術後骨吸収について
日本頭蓋顎顔面外科学会誌,18:120-129 2002
Author:久島英雄,杠俊介,松尾清,京島和彦


ハイドロキシアパタイト・ポリ-L-乳酸複合材料からなる骨接合材の使用経験
日本形成外科学会会誌,22:375-382 2002
Author:菊池二郎,野口昌彦,杠 俊介,松尾 清


片側唇裂患者における披裂側赤唇肥厚変形
日本頭蓋顎顔面外科学会誌,17(2):1-8 2001(Sep.)
Author:杠俊介,近藤昭二,松尾清


A newlydesigned nasal retainer to sustain the corrected shape of the nostril rim and anterior nasal recess for cleft lip patients
Plastic and Reconstructive Surgery,108(2):452-455 2001(Aug.)
Author:Shunsuke Yuzuriha, Shoji Kondo, Kiyoshi Matsuo


Etiology and pathogenesis of aponeurotic blepharoptosis
Annals of Plastic Surgery,46(1):29-35 2001(Jan.)
Author:Takeshi Fujiwara, Kiyoshi Matsuo, Shouji Kondoh, Shunsuke Yuzuriha


寒冷地での最近の小児熱傷の傾向と熱傷後瘢痕後瘢痕拘縮発生に関する検討
熱傷,27:11-27 2001
Author:菊池二郎,杠俊介,久島英雄,野網淳,松尾清,石垣剛正,北澤健,藤田研也


薄型ハイドロコロイド創傷被覆材による唇裂術後創処置
日本頭蓋顎顔面外科学会誌,17:45-50 2001
Author:川村達哉,杠俊介,松尾清


後療法
形成外科,44(増刊):137-141 2001
Author:杠俊介,松尾清


Disinsertion of the levator aponeurosis from the tarsus in growing children
Plastic and Reconstructive Surgery,106(3):563-570 2000(Sep.)
Author:Razia Sultana, Kiyoshi Matsuo, Shunsuke Yuzuriha, Hideo Kushima


An anatomical structure which results in puffiness of the upper eyelid and a narrow palpebral fissure in the Mongoloid eye
British Journal of Plastic Surgery,53(6):466-472 2000(Sep.)
Author:Shunsuke Yuzuriha, Kiyoshi Matsuo, Hideo Kushima


Topical application of prostaglandin E1 ointment to cutaneous wounds in ischemic rabbit ears
European Journal of Plastic Surgery,22(5-6):225-229 1999(Jul.)
Author:Shunsuke Yuzuriha, Kiyoshi Matsuo, Masahiko Noguchi


Furlow法に頬粘膜弁を併用した口蓋裂野2次手術
日本形成外科学会会誌,19:495-502 1999
Author:近藤昭二,野口昌彦,古川博,杠俊介,松尾清


口腔前庭アプローチによる鼻骨外側骨切除
日本形成外科学会会誌,19:373-377 1999
Author:篠原洋,松尾清,久島英雄、杠俊介


当教室における唇裂初回手術時外鼻修正法
形成外科,42:527-535 1999
Author:杠俊介、松尾清


学会,著作活動を主眼としたスライドの整理方法の試み(その2)コンピューターを使用する場合
形成外科,41:571-583 1998
Author:近藤昭二,松尾清,野口昌彦,杠俊介,青木順子


観血的整復固定した小児両側関節突起頚部骨折の1例(ポリL乳酸ミニプレートと金属ミニプレートとの固定法の比較)
日本頭蓋顎顔面外科学会誌,13:17-24 1997
Author:近藤昭二,野口昌彦,杠俊介,松尾清


コンピューターを利用した計測機器の制御―グラフィカルプログラミングソフトウエアを利用して―
形成外科,40:773-777 1997
Author:菊池二郎,松尾清,野口昌彦,杠俊介


Posnick法による唇顎口蓋裂の顎矯正手術
日本口蓋裂学会雑誌,22:194-204 1997
Author:杠俊介,松尾清,出口敏雄


Reconstruction of the eyelids and nose after a burn injury using a radial forearm flap
BURNS,23(4):360-365 1997
Author:Watanabe, T; Furuta, S; Hataya, Y; Yuzuriha, S; Otsuka, Y


学会、著作活動を主眼としたスライド整理方法の試み―その1、コンピューターを使用しない場合―
形成外科,38:1217-1223 1995
Author:近藤昭二,松尾清,野口昌彦,古田淳,清野真理,林雅之,渡辺敏成,阿部直樹,久島英雄,杠俊介,篠原洋,菊池二郎


A BOLSTER SUTURE TECHNIQUE FOR EAR RECONSTRUCTION FOR MICROTIA WITHOUT SKIN NECROSIS
BRITISH JOURNAL OF PLASTIC SURGERY,48(5):323-328 1995
Author:KUSHIMA, H; MATSUO, K; YUZURIHA,S; ABE, N; FUJIWARA, T


埋没耳
形成外科,37(増刊):181-184 1994
Author:杠俊介,松尾清


吸収糸により頭蓋骨骨切り術後の骨片固定を行った小児の4症例
形成外科,37:1175-1182 1994
Author:杠俊介,松尾清,野口昌彦,篠原洋


垂直方向に瘢痕のないreduction mammaplasty およびmastpexy の小経験
形成外科,37:755-761 1994
Author:杠俊介,松尾清,林れい子,阪口雄二,大塚百合子


VERMILIONPLASTY USING MEDICAL TATTOOING AFTER RADIAL FOREARM FLAP RECONSTRUCTION OF THE LOWER LIP
BRITISH JOURNAL OF PLASTIC SURGERY,47(6):422-424 1994
Author:FURUTA, S; HATAYA, Y; WATANABE, T; YUZURIHA, S


熱傷および皮膚剥離創に対する Lyophilized dermal porcine skin (LPDS) とCollagen wound dressing(CAS) との臨床的効果の比較
薬理と治療,21:241-256 1993
Author:杠俊介,山崎民千明,小坂和弘,鈴木康治


学会発表
両側唇裂初回外鼻形成術―最終外鼻形態と追加治療―
第33回日本頭蓋顎顔面外科学会 2015(Nov. 12)
Author:杠 俊介,永井史緒,松尾 清,藤田研也,野口昌彦


Changes of the face after primary repair without repositioning the premaxilla in bilateral cleft lip
The 16th Congress of International Society of Cranifacial Surgery 2015(Sep. 18)
Author:Yuzuriha S, Fujita K, Nagai F, Noguchi M, Matsuo K


ホッケースティック型プローブを用いたリアルタイムエコーガイド鼻骨骨折整復術の有用性.
第30回日本頭蓋顎顔面外科学会 2012(Nov.)
Author:柴 將人、野口昌彦、杠 俊介


顎矯正手術を要する骨格性反対咬合となる確率は口唇裂裂型によって異なるのか.
第30回日本頭蓋顎顔面外科学会 2012(Nov.)
Author:杠 俊介、野口昌彦、柴 將人、藤田研也、松尾 清


小児気管切開患者の特徴を踏まえた管理について.
第30回日本頭蓋顎顔面外科学会 2012(Nov.)
Author:野口昌彦、杠 俊介、柴 將人


下眼瞼ミュラー筋内におけるカハール介在細胞のICCの検索.
.第21回日本形成外科学会基礎学術 2012(Oct.)
Author:杠 俊介、松尾 清、矢野志春、森泉哲次


顔面表情筋の随意的速筋収縮と不随意的反射的遅筋収縮の分離筋電図学的試み
第21回日本形成外科学会基礎学術 2012(Oct.)
Author:柴 將人、松尾 清、杠 俊介、藤田研也、伴 緑也、栁澤大輔


ミュラー筋機械受容器を伸展すると声道が変形し音声が変化する
第21回日本形成外科学会基礎学術 2012(Oct.)
Author:藤田研也、松尾 清、矢野志春、伴 緑也、杠 俊介


Laser Tissue Blood Oxygen Monitor for Assessment of Critical Limb Ischema.
4th Congress of the world union of wound healing scoieries 2012(Sep.)
Author:Yuto Kinjou, Shunsuke Yuzuriha, Kazuhiro Tsunekawa, Kiyoshi Matsuo


A Case of the rutherfold-6 clitical limb ischemia successfully treated with the multi disciplinary approach.
4th Congress of the world union of wound healing scoieries 2012(Sep.)
Author:Kazuhiro Tsunekawa,Shunsuke Yuzuriha


Nirs irradiation can improve the tissue blood flow and wound healing in critical limd ischemia
4th Congress of the world union of wound healing scoieries 2012(Sep.)
Author:Kazuhiro Tsunekawa,Shunsuke Yuzuriha, Yuto Kinjou,Kiyoshi Matsuo.


小型プローブを用いたリアルタイムエコーガイド下鼻骨骨折整復術の有用性.
第47回日本形成外科学会中部支部学術集会 2012(Jul. 07)
Author:柴 將人、野口昌彦、杠 俊介


口蓋裂術後の経口哺乳、水分摂取における シリコンゴム製飲み口(KissⅡ(R))の 使用経験.
第36回日本口蓋裂学会(京都市)2012年5月24-25日 2012(May)
Author:藤田研也、杠 俊介、松尾 清、大坪美穂、栁澤大輔、戸澤ゆき、大畑えりか、高清水一慶


Laser tissue blood oxygen monitor for assessment of critical limb ischemia.
The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery 2012(May)
Author:Yuto Kinjyou , Shunsuke Yuzuriha, Kiyoshi Matsuo, Kazuhiro Tsuneka


NIR irradiation can improve the tissue blood flow and wound healing in critical limb ischemia .
The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery 2012(May)
Author:Kazuhiro Tsunekawa, Shunsuke Yuzuriha, Kiyoshi Matsuo, Yuto Kinjyou


What are common problems between unilateral and bilateral cleft lip nose? Anthropometric analysis with direct measurement.
The 11th Japan-Korea Congress of Plastic and Reconstructive Surgery(淡路島)2012年5月17日-19日 2012(May)
Author:Shunsuke Yuzuriha,Kiyoshi Matsuo,Kenya Fujita、Masahiko Noguchi


顔面表情筋神経支配の左右非対称性は耳介内筋の筋緊張にも影響し耳介軟骨の折れ畳みを変え耳介縦径を変える.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:大畑えりか、松尾 清、杠 俊介、藤田研也、伴 緑也


自家培養真皮・表皮と小片植皮にて下肢広範皮膚軟部組織壊死を治療した新型エーラースダンロス症候群の1例.
第55回日本形成外科学会学術集会(東京都)2012年4月11-13日 2012(Apr.)
Author:永井史緒、久島英雄、杠 俊介、矢野志春、松尾 清、古庄知己、森本尚樹、鈴木茂彦


巨大な皮下血腫を形成し広範な皮膚軟部組織壊死を生じたエーラースダンロス症候群(Kosho Type)患者の1例.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:矢野志春、杠 俊介、松尾 清、永井史緒、古庄知己


眼瞼痙攣には眼輪筋性の痙攣と眼瞼挙筋性の痙攣が存在する.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:柴 將人、松尾 清、杠 俊介、藤田研也、伴 緑也、常川主裕、大畑えりか、金城勇人


ミュラー筋機械受容器伸展の手術的調節による脳代謝の賦活化.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:伴 緑也、松尾 清、杠 俊介、藤田研也、伴 碧、大畑えりか


重症下肢虚血の病態診断におけるレーザー組織血液酸素モニターの利用.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:金城勇人、松尾 清、杠 俊介、常川主裕


近赤外線は重症虚血肢の局所血液を改善できるか?.第55回日本形成外科学会学術集会(東京都)2012年4月11-13日
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:常川主裕、杠 俊介、松尾 清、田中洋平


赤色光レーザー組織血液酸素モニターを利用した皮弁血流評価.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:三島吉登、松尾 清、杠 俊介、藤田研也、矢野志春、伴 緑也、常川主裕、柴 將人


片側唇裂の鼻柱傾斜に関する計測による検討.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:杠 俊介、松尾 清、藤田研也


シモナールバンドは口蓋裂幅に影響するか.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:藤田研也、杠 俊介、松尾 清


臨床(経過と画像)診断と病理診断が相違し、確定診断が困難であった血管病変の検討
第55回日本形成外科学会学術集会 2012(Apr.)
Author:大坪美穂、杠 俊介、松尾 清


深達性熱傷によるアキレス腱露出に対し腱の縦切開とVAC療法らより創閉鎖した1例.
第31回日本熱傷学会 2012
Author:大畑えりか、柴 將人、杠 俊介


自着性ソフトシリコンドレッシング材を用いたメッシュ植皮固定の試み.
第31回日本熱傷学会 2012
Author:柴 將人、杠 俊介、藤田研也

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
平成26年度 - 平成28年度 , 上眼瞼ミュラー筋の構造的特徴と刺激伝達機能に関する組織化学的研究 , 基盤研究(C)
平成21年度 - 平成23年度 , 上眼瞼ミュラー筋内の機械刺激受容チャネルに関する組織学的研究 , 基盤研究C
2018 - 2020 , 赤唇再建・再生に向けての組織化学および分子生物学的研究 , 基盤研究(C)(一般)
2002 - 2003 , 上眼瞼ミュラー筋における求心性神経終末に関する組織学的研究 , 若手研究(B)

科学研究費補助金(研究分担者)
2002 - 2003 , 幼児期鼻咽腔閉鎖不全に対する低侵襲検査による評価法と視覚を利用した訓練法の開発 , 萌芽研究
研究諸活動
学術専門雑誌等編集
2009-2013 , 日本形成外科学会誌

教育活動実績

授業等
2017 , 形成再建外科学
2016 , 形成再建外科学
2015 , 形成再建外科学
2014 , 形成再建外科学
2013 , 形成再建外科学
2012 , 形成再建外科学
2011 , 形成再建外科学
2010 , 形成再建外科学
2009 , 形成再建外科学
2008 , 形成再建外科学
2007 , 形成再建外科学
2005 , 形成再建外科学
2004 , 形成再建外科学
2003 , 形成再建外科学
2002 , 形成再建外科学

社会活動実績

社会活動等
公開講座
20180303 - , 血管腫・血管奇形・脈管奇形を正しく知って頂くために「難治な血管腫・脈管奇形に対する症状緩和療法」

講演会
20180718 - , 第591回長野市小児科集談会特別講演「乳児血管腫と脈管奇形-最新診療指針-」 , 講師
20180526 - , 第123回中信医学会特別講演「組織欠損と形成外科」 , 講師
20180525 - , 第42回日本口蓋裂学会教育セミナー「口唇裂・鼻変形治療の要点」 , 講師
20180310 - , 第8回信州小児免疫アレルギー懇話会特別講演「乳児血管腫と血管奇形―その違いと最新の治療指針―」 , 講師
20180217 - , 松医会北信支部学術講演会「形成外科:最新の取り組みと今後の課題」 , 講師
20171104 - , 松医会中信支部学術講演会「形成外科で最近可能となった治療」 , 講師

学会・研究会の主催
第47回日本形成外科学会中部支部学術集会 , 会長
第11回血管腫・血管奇形研究会 , 会長
第23回日本形成外科学会基礎学術集会 , 事務局長

学外審議会・委員会
2013 - , 独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)専門委員

その他社会活動
201204 - , 長野県柔道連盟評議員

管理運営実績

管理運営実績
学内兼務職
2010 - , 信州大学全学体育会柔道部顧問

学部内委員会等
2018 - , 信州大学医学部附属病院長期ビジョンワーキングチーム , メンバー
2018 - , 信州大学医学部附属病院医療ガス安全管理委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部附属病院薬剤部運営委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部附属病院社会保険委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部附属病院病床検討委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部出版委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部病理解剖室運営委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部国際交流委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部共同研究・受託研究審査委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部医学科顕彰制度委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部附属病院医療安全管理委員会 , 委員
2018 - , 信州大学医学部附属病院医療安全管理室 , 副室長
2017 - , 信州大学医学部学生委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部医学セミナー実施委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部総合研究委員会委員 , 委員
2017 - , 信州大学医学部医学情報委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院治験審査委員会 , 委員長
2017 - , 信州大学医学部附属病院卒後臨床研修管理委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院医療事故対策委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院総合遠隔診療室運営員会委員 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院信州型総合診療推進委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院臨床検査部運営委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院医療福祉支援センター運営委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院看護部運営委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院医療情報部運営委員会 , 委員
2017 - , 信州大学医学部附属病院血液浄化療法部運営委員会 , 委員