信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

新井 雄喜  アライ ユウキ

教員組織電話番号
教育組織先鋭領域融合研究群 社会基盤研究所FAX番号
職名助教(特定雇用)メールアドレス
住所〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304ホームページURLhttps://researchmap.jp/yukiarai

プロフィール

研究分野
環境ガバナンス論 / 環境社会学
国際開発学 / 地域開発社会学
キーワード:持続的自然資源管理 , 生物多様性保全 , 国際環境協力 , 協働ガバナンス , 住民参加 , コミュニティ開発 , レジリエンス , Nature-based Solutions , グリーンインフラ , 生態系を活用した防災・減災 (Eco-DRR)
所属学会
所属学会
共生社会システム学会
熱帯生態学会
環境社会学会
日本湿地学会
学歴
出身大学院
2019 , 東京大学大学院 , 農学生命科学研究科
2007 , カナダ アルバータ大学大学院 , 農学生命環境科学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2004 , 早稲田大学 , 政治経済学部

取得学位
農学博士 , 東京大学
修士 , アルバータ大学(カナダ)
学士 , 早稲田大学
研究職歴等
研究職歴
2019- , 信州大学 社会基盤研究所 助教(特定雇用)
2017-2020 , 早稲田大学 人間総合研究センター 招聘研究員
2017-2018 , 法政大学 人間環境学部 非常勤講師

研究職歴以外の職歴
2007-2019 , (独)国際協力機構(JICA)(ラオス事務所、地球環境部 森林・自然環境グループ、インドネシア事務所、審査部 環境社会配慮監理課・審査課等に勤務)

留学歴
2004-2007 , Department of Renewable Resources, College of Agriculture, Life and Environmental Sciences, University of Alberta, Canada
2001-2002 , Department of Fisheries and Wildlife, College of Agricultural Sciences, Oregon State University, USA

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
「アジア環太平洋地域のグリーンインフラ評価」, 一ノ瀬友博編「生態系減災 Eco-DRR:自然を賢く生かした防災・減災」
慶應義塾大学出版会 2021(Jan. 30)
Author:上原三知・新井雄喜


Ramsar Sites in Sri Lanka: The Wetlands of International Importance
PEP Lanka Publishers, Matara, Sri Lanka (In press)
Author:Indika Rohan Palihakkara, Yuki Arai, Shimpei Iwasaki


論文
Common Factors of Stress Change under the First COVID-19 Outbreak as Observed in Four Global Cities
Sustainability,13(11):5996 2021(May 26)
Author:Misato Uehara, Makoto Fujii, Kazuki Kobayashi, Yasuto Hayashi, Yuki Arai


How can we mitigate power imbalances in collaborative environmental governance? Examining the role of the village facilitation team approach observed in West Kalimantan, Indonesia
Sustainability,13(7):3972 2021(Apr. 02)
Author:Yuki Arai, Maswadi, Shenny Oktoriana, Anita Suharyani, Didik, Makoto Inoue


日本の国際環境協力事業で導入した手法が相手国政府の政策に取り入れられるプロセスとは?インドネシアの泥炭湿地帯における火災予防プロジェクト(2010-2015)の事例から
湿地研究,11(1):33-49 2021(Mar. 31)
Author:新井雄喜


国際協力事業における『誘導型ファシリテーション』の役割―インドネシア泥炭火災予防プロジェクトの事例から
東京大学大学院農学生命科学研究科博士学位論文 2019
Author:新井雄喜


Reducing Fire on Peatlands through Community Participation: An Experience from West Kalimantan, Indonesia
Proceedings for the Asian Wetland Symposium 2017-Wetlands for Sustainable Life-, Saga, Japan 52 - 53 2018(Mar.)
Author:Yuki Arai


Enhancing Local Community’s Sense of Ownership through International Cooperation: Lessons from a Community-based Peatland Fire Prevention Project in Indonesia.
Wetland Research,7(1):5-16 2017(Mar. 31)
Author:Yuki Arai, Maswadi, Shenny Oktoriana


Impacts of Resource Development on Traditional Land Use and Traditional Ecological Knowledge of the Alexis Nakota Sioux Nation
A thesis submitted to the University of Alberta in partial fulfillment of the requirements of the degree of Master of Science 2007
Author:Yuki Arai


講演・口頭発表等
Impacts of the COVID-19 Pandemic on Small-Scale Fishing Communities of Thailand and Bangladesh: Recommendations for Enhancing Resilience
The 9th Asian Wetland Symposium 2021(Jul. 05)
Presenter:Yuki Arai, Maneewan Sanlee, Tapas Ranjan, Tapan Ghosal, Asaduzzaman Miah, Sanowar Hossain, Misato Uehara, Shimpei Iwasaki


生態系を活用した防災・減災 (Eco-DRR)の社会実装事例におけるステークホルダーの参加プロセス-アジア3か国の農村部の事例からー
第12回大会 2020(Sep. 12)
Presenter:新井雄喜・寺村淳・長倉恵美子・ 林博徳・上原三知・古田尚也・島谷幸宏


行政官と村人との協働を成功に導く方法とは?-インドネシア泥炭火災予防プロジェクトの事例に見る、「村落ファシリテーションチーム」の役割-
熱帯生態学会第28回大会 2018(Jun.)
Presenter:新井雄喜


“Reducing Fire on Peatlands through Community Participation: An Experience from West Kalimantan, Indonesia”
第8回アジア湿地シンポジウム2017-Wetlands for Sustainable Life- 2017(Nov.)
Presenter:Yuki Arai


インドネシア「泥炭湿地林周辺地域における火災予防のためのコミュニティ能力強化プロジェクト」の成果と教訓
日本湿地学会第7回大会 2015(Sep.)
Presenter:新井雄喜


コスタリカ「バラ・デル・コロラド野生生物保護区における住民参加型管理プロジェクト」の成果と教訓
日本湿地学会第3回大会 2011(Sep.)
Presenter:新井雄喜

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
湿地の保全と経済的活用の両立を促す協働手法に関する研究

その他
海洋資源保全と零細漁民の貧困削減のための資源管理体制(タイ・クラブバンク)
コロナパンデミックのアジア・ベンガル湾諸国(タイ・ミャンマー等)の零細漁民への影響とレジリエンス
自然災害の経験と課題のオンライン共有プログラムによる日本と世界の双方向型総合デザイン研究プラットフォーム

教育活動実績

授業等
2021 , Advanced Study for Environmental Science(信州大学)
2020 , 先鋭領域融合研究特講(国際協力を通じた自然環境と調和した地域づくり)(信州大学)
2017 , 自然環境政策論II (法政大学 人間環境学部)

社会活動実績

社会活動等
講演会
2021 - 2021 , Nature-based Solutions in Asia: Role of Wetlands for Climate Change and Disaster Risk Reduction , Moderator, IUCN World Congress Official Session
2021 - 2021 , Impacts of the COVID-19 Pandemic on the Coastal Communities in the Bay of Bengal Countries , Bay of Bengal Wetland Partnership International Workshop
2020 - 2020 , グリーンインフラとしての湿地を活用した地域づくり, グリーンインフラ・ネットワーク・ジャパン全国大会(公募ミーティング)
2018 - 2018 , 国際社会において日本湿地学会が果たすべき役割 , 日本湿地学会創立10周年記念シンポジウム
2018 - 2018 , Major issues on Environmental Impact Assessment , JICA課題別研修「開発事業における環境社会配慮実務」コース, 講師
2018 - 2018 , 在外事務所における環境社会配慮実務 , JICA在外事務所員赴任前研修, 講師
2018 - 2018 , Environmental Monitoring for Development Projects , JICA課題別研修「開発事業における環境社会配慮実務」コース, 講師
2018 - 2018 , スリランカ・ルフナ大学農学部講演 “Lessons Learnt from Nature Conservation Projects in Ethiopia and Indonesia”
2017 - 2017 , Environmental Impact Assessment for Development Projects , JICA課題別研修「開発事業における環境社会配慮実務」コース, 講師
2016 - 2016 , JICA’s Efforts for Nature Conservation in Asia , 上智大学地球環境学研究科特別講義
2015 - 2015 , 国際開発学会第16回春季大会公開シンポジウム「生物多様性と開発援助」 , パネリスト
2015 - 2015 , 日本湿地学会主催国際シンポジウム「海外の事例に学ぶ、湿地の保全と賢明な利用」 , パネリスト
2014 - 2014 , (独)環境再生保全機構 平成25年度地球環境基金海外派遣研修講師「インドネシアにおけるJICAの森林・自然環境保全事業の成果と課題」
2014 - 2014 , インドネシア・ジャカルタ日本人学校講演「みんなで守ろう、マングローブ林」
2012 - 2012 , JICA地球ひろば主催公開セミナー、エチオピア国「ベレテ・ゲラ参加型森林管理計画の成果と課題」 , 講師
2011 - 2011 , JICA’s Cooperation in Biodiversity Conservation: Case Studies from Ethiopia and Costa Rica - , JICA生物多様性保全課題別研修, 講師
2011 - 2011 , JICA北陸支部主催国際協力セミナー講師「エチオピア国ベレテ・ゲラ参加型森林管理計画の成果・課題・教訓」
2009 - 2009 , Field Assistant Network創立20周年記念シンポジウム「自然の力、現場の力、これこそエコだ!」パネリスト
2008 - 2008 , ラオスNGOジャパンデスク公開セミナー講師、ラオス国「森林管理・住民支援プロジェクトの取り組み・成果・課題」
2008 - 2008 , (独)環境再生保全機構 平成20年度地球環境基金「国際協力講座~アジアの湿地と生物多様性」講師
2006 - 2006 , カナダ・アルバータ大学公開セミナー講演、“Impacts of Resource Development on Traditional Land Use and Traditional Ecological Knowledge of the Alexis Nakota Sioux Nation”

学外審議会・委員会
2021 - , 長野県高森町 地球温暖化対策実行計画策定検討委員会 , 委員長
2020 - , 長野県伊那市 地方創生総合戦略審議会 , 委員
2020 - , 日本国際湿地保全連合(Wetlands International Japan) , 理事
2020 - , ラムサールセンター , 副会長
2020 - , 第9回アジア湿地シンポジウム2021 , 国際運営委員
2017 - 2017 , 第8回アジア湿地シンポジウム2017 国際運営委員会議長・佐賀ステートメント起草委員
2015 - 2021 , 日本湿地学会 , 理事

その他社会活動
2018 - 2018 , ウガンダ国「アタリ流域地域灌漑施設整備計画」(JICA無償資金協力事業) , 環境社会配慮審査
2017 - 2017 , ラオス国 JICA有償資金協力事業・無償資金協力事業の環境社会配慮モニタリング実施状況調査
2016 - 2016 , ケニア国「モンバサ港周辺道路開発事業(第二期)」(JICA有償資金協力事業) , 環境社会配慮審査
2014 - 2014 , インドネシア「泥炭・森林における火災と炭素管理プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 終了時評価調査
2014 - 2014 , インドネシア「小径木加工業育成支援プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 終了時評価調査
2014 - 2014 , インドネシア「保全地域における生態系保全のための荒廃地回復能力向上プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 終了時評価調査
2013 - 2013 , インドネシア「泥炭湿地林周辺地域における火災予防のためのコミュニティ能力強化プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 中間レビュー調査
2012 - 2012 , ケニア国「気候変動への適応のための乾燥地耐性育種プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 詳細計画策定調査
2012 - 2012 , アルバニア国「ディヴィアカ・カラヴァスタ国立公園参加型管理による保全と持続的利用プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 運営指導調査
2012 - 2012 , マラウイ国「シレ川中流域における農民による流域保全活動推進プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 詳細計画策定調査
2011 - 2011 , ウガンダ国「湿地管理プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 詳細計画策定調査
2011 - 2011 , コスタリカ国「バラ・デル・コロラド野生生物保護区における住民参加型管理プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 終了時評価調査
2011 - 2011 , エチオピア国「半乾燥地域ファームフォレストリープロジェクト」(JICA技術協力事業) , 詳細計画策定調査
2010 - 2010 , マラウイ国「シレ川中流域における村落振興・森林復旧プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 中間レビュー調査
2010 - 2010 , エチオピア国「ベレテ・ゲラ参加型森林管理計画」(JICA技術協力事業) , 終了時評価調査
2010 - 2010 , コスタリカ国「バラ・デル・コロラド野生生物保護区における住民参加型管理プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 中間レビュー調査
2010 - 2010 , コロンビア国「天然林の保全と持続的利用プロジェクト」(JICA技術協力事業) , 運営指導調査
2008 - 2008 , ラオス国「森林保全・復旧計画プロジェクトフェーズⅡ」(JICA技術協力事業) , 事後評価調査