信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

海尻賢二  カイジリ ケンジ

教員組織電話番号
教育組織工学部FAX番号
職名特任教授 名誉教授メールアドレス
住所ホームページURL

更新日:2019/07/22

プロフィール

研究分野
ソフトウェア工学(設計方法論、プログラム認識)
ソフトウェア
現在の研究課題
ソフトウェアメトリクスに関する研究
キーワード:デザインパターン
ソフトウェアリポジトリマイニングに関する研究
キーワード:ソフトウェア測度
ソフトウェア設計におけるプランの役割に関する研究
キーワード:プログラミング教育
ソフトウェア設計におけるプランの役割に関する研究
キーワード:プログラム認識
ソフトウェアプロダクトのtraceabilityに関する研究

所属学会
所属学会
米国IEEE
米国ACM
電子情報通信学会
情報処理学会
学歴
出身大学院
1977 , 大阪大学 , 工学研究科 , 通信工学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1972 , 大阪大学 , 工学部 , 通信工学科

取得学位
工学博士
受賞学術賞
2010 , 論文賞
2006 , Best paper Award
研究職歴等
研究職歴
1995- , 信州大学工学部情報工学科 教授
1978- , 信州大学工学部情報工学科 助教授
1977- , 信州大学工学部情報工学科 助手
1998-2004 , 信州大学総合情報処理センター 長

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
計算機ソフトウェア
オーム社
Author:手塚慶一


論文
IR Based Traceability Link Recovery Method Mining
ICSEA 2013
Author:Takeyuki Ueda,hinpei Ogata, Haruhiko Kaiya, Kenji Kaijiri


Model Transformation Patterns for Introducing Suitable Information Systems
APSEC 2012
Author:Haruhiko Kaiya, Shunsuke Morita, Shinpei Ogata, Kenji Kaijiri, Shinpei Hayashi, and Motoshi Saeki


要求獲得のためのオントロジをWebマイニングにより拡充する手法の提案と評価
論文誌,53(2) 2012
Author:海谷、清水、安井、海尻、林、佐伯


分析履歴を用いたソフトウェア品質要求のスペクトル分析法
論文誌,53(2) 2012
Author:海谷、鈴木、小川、谷川、梅村、海尻


ソフトウェアが中心でない製品における既存技術を利用したソフトウェア改訂支援
論文誌,53(2) 2012
Author:海谷、原、古林、長田、海尻


Evaluation Of Effectiveness Of Authentication System Based On Location Information Of Mobile Phones
WBE 2010
Author:Takamizawa, Kaijiri


Towards an Integrated Support for Traceability of Quality Requiements using Software Spectrum Analysis
ICSOFT 2010
Author:Kaiya, Amemiya, Shimizu, Kaijiri


Enhancing Domain Knowledge for Requirement Elicitation with Web Mining
APSEC 2010
Author:Kaiya, Shimizu, Yasui, Kaijiri, Saeki


Improving Reliability of Spectrum Analysis for Software Quality Requirements using TCM
Transaction,E93-D(4):702-712 2010
Author:Kaiya, Tanigawa, Suzukim Sato, Osada, Kaijiri


類似する既存システムの比較による要求ビューポイントの識別
論文誌,93-D(10) 2010
Author:海谷、北澤、長田、海尻


要求変更によるソースコードへのインパクトを分析するシステムの開発と評価
論文誌,93-D(10) 2010
Author:海谷、長田、原、海尻


要求追加によるインパクトの分析に基づく組込みソフトウェア開発の効率化(開発支援(学生セッション))
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告,2008(29):17-24 2008
Author:川平航介、長田 晃、海谷治彦、北澤直幸、海尻賢二


PORTAM: policy, requirements, and threats analyzer for mobile code applications.
Progress in Informatics,5:7-18 2008
Author:Kaiya H, Sasaki K, Kaijiri K
Keywords:Requiremtnts analysis, security policy, mobile code application, tool


マルチエージェントシミュレーションによる開発をともなう政府調達の制度設計に関する一考察
情報処理学会論文誌,49(7):2731-2740 2008
Author:池田 明、海尻賢二


マルチエージェントベースアプローチによるリスク・生産情報格差下における政府調達契約に関する一考察
情報処理学会論文誌,49(12):4105-4110 2008
Author:池田 明、海尻賢二


Identifying stakeholders and their preferences about NFR by comparing use case diagrams of several existing systems
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,E91D(4):897-906 2008
Author:Kaiya H,Osada A,Kaijiri K


履歴情報を用いた英単語学習ツールの開発
情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告,2007(69):9-13 2007
Author:長岡弘美、海尻賢二


Fundamental Personalization Factors for Adaptive Tutorials
Int. J. of Instructional Media,34(1) 2007
Author:G. Aguilar and K. Kaijiri


Design Overview of an Adaptive Computer-based Assessment System,
IEM Journal,14:116-130 2007
Author:G. Aguilar and K. Kaijiri
Keywords:Adaptive Computer-based Assessment System, Classroom Communication System


要求獲得におけるドメイン知識表現の役割
情報処理学会論文誌,48(8):2522-2533 2007
Author:長田 晃、小澤 大伍、 海谷 治彦、 海尻 賢二


Adaptive Courseware Generation of a Web-based tutorial System
Int'l J. of Instructional Media,34(3) 2007
Author:G.Agular and K.Kaijiri


理解状況に適応した多肢選択式問題の自動生成に関する構想
教育システム情報学会研究報告,21(4):3-8 2006
Author:津森伸一、海尻賢二
Keywords:多肢選択式問題、適応型、問題自動生成


ドメイン知識表現が要求獲得に与える影響の分析(要求獲得・分析(学生セッション))
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告,2006(35):57-64 2006
Author:長田 晃、小澤大伍、海谷治彦、海尻賢二


Static Adaptations Of Personalization Factors Included In The Development Of An Adaptive Web-Based Tutorial
Interactive Educational Multimedia,12:8-16 2006
Author:Gabriela Aguilar&Kenji Kaijiri:
Keywords:Learning styles, intelligence types, knowledge background, learning goals, special interests, beliefs


Adaptive Tutorial's Constructivist Basis for the Teaching-Learning Process of an OOPL,
Interactive Educational Multimedia,12:1-7 2006
Author:Gabriela Aguilar&Kenji Kaijiri:
Keywords:Constructivism, Bloom’s Taxonomy, Learning Strategies


タンパク質の機能解析を目指した三角形IDに基づくタンパク質三次元モチーフの検討
Journal of Computer Aided Chemistry,7:57-68 2006
Author:丸山英俊、海尻賢二
Keywords:三次元モチーフ, 三角形ID, 近傍三角形ID, タンパク質三次元構造, PDB, 3D motif, Triangle ID, Neighborhood Triangle ID, 3D protein structure, PDB


Reliable Authentication Method by Using Cellular Phones in Web Based Training
International Journal of Instructional Technology and Distance Learning,,3(12):35-45 2006
Author:H. Takamizawa and K. Kaijiri
Keywords:authentication, cellular phone, identity theft, WBT, e-learning, ID-password


ソフトウェア規模見積もりと進捗管理手法の提案
情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告,2005(119):117-124 2005
Author:上田健之、海谷治彦、海尻賢二


Practical and Incremental Maintenance of Software Resources in Consumer Electronics Products
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,E88D(6):1117-1125 2005
Author:Aizawa K, Kaiya H, Kaijiri K
Keywords:consumer electronics products, product revision, software maintenance, software process improvement


新規な三角形IDに基づくタンパク質立体構造ホモロジー検索アルゴリズム
Journal of Computer Aided Chemistry,6:44-56 2005
Author:丸山英俊、海尻賢二
Keywords:タンパク質立体構造ホモロジー検索, 三角形ID近傍三角形ID, タンパク質三次元構造, PDB, 3D protein structural homology search, Triangle ID, Neighborhood Triangle ID, 3D protein structure, PDB


デジタルポートフォリオを利用したプロジェクト学習支援環境の提案
教育システム情報学会研究報告,18(5):34-41 2004
Author:小林智子、海尻賢二
Keywords:協調学習、デジタルポートフォリオ、プロジェクト学習


小型モバイルコンピュータを用いたプロバイダ主体コンテンツ管理方式の提案
情報処理学会研究報告. MBL, [モバイルコンピューティングとユビキタス通信研究会研究報告],2004(21):103-109 2004
Author:石井秀典、海谷治彦、海尻賢二


プロセス改善の自己観測による設計手法有効性体験コースの実施(協調開発(学生セッション))
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告,2004(30):9-16 2004
Author:鈴森寿之、久保田卓秀、長田 晃、海谷治彦、海尻賢二


A method to develop feasible requirements for Java mobile code application
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,E87D(4):811-821 2004
Author:Kaiya, H; Sasaki, K; Kaijiri, K
Keywords:goal oriented requirements analysis, anti-requirements, security policy, access control, Java mobile codes


Special section on knowledge-based software engineering - Foreword
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,E87D(4):799-800 2004
Author:Kaijiri, K


PSPをもとにした形式手法有効性確認コースの設計
情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告,2003(22):63-70 2003
Author:鈴森寿之、海谷治彦、海尻賢二


Javaアプリケーションの要求仕様とセキュリティポリシィのトレードオフ分析
情報処理学会研究報告 ソフトウェア工学研究会報告,2003(60):17-24 2003
Author:海谷治彦、佐々木宏太、海尻賢二


Asynchronous Collaborative Learning System using Q&A
4th international conference on Information Technology Based Higher Education 2003
Author:Ana HADIANA


Trade-off Analysis between Security Policies for Java Mobile Codes and Requirements for Java Application
RE 2003,:357-358 2003
Author:Haruhiko Kaiya,Kouta Sasaki,Yasunori Maebashi,Kenji Kaijiri


VDM over PSP:A Pilot Course for VDM Beginners to Confirm its Fitness for Their Development
COMPSAC,:327-334 2003
Author:Hisayuki Suzumori, Haruhiko Kaiya, Kenji Kaijiri
Keywords:Vienna Development Method, Formal Method, Personal Software Process, Software Process Improvement, Software Metrics, Software Engineering Education


Lecture Recording System based on SMIL
ICCE2003 2003
Author:Y.Suzuki, and H.Kaiya


Peer Helpを利用した質問回答学習支援システム
教育システム情報学会誌,20(4) 2003
Author:アナ・ハディアナ


非同期型遠隔教育支援システム(Active Web)に関する構築
情報処理学会研究報告. コンピュータと教育研究会報告,2002(17):45-50 2002
Author:ハディアナ アナ、海尻賢二


オブジェクト指向プログラムのリバースエンジニアリング
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告,2002(23):119-126 2002
Author:齊藤寿和、海尻賢二


Refining behavioral specification for satisfying non-functional requirements of stakeholders
IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,E85D(4):623-636 2002
Author:Kaiya, H; Kaijiri, K
Keywords:requirements elicitation, requirements change, non-functional requirements, sequential diagram


大学におけるプロセス改善教育のあり方について-PSP法実践の経験をもとに
Software Symposium2001,:137-142 2001
Author:海谷治彦、小島彰、海尻賢二


Support tool for Internet based workshop
Proceedings of Workshop On Web Intelligence and software Engineering 2001
Author:共著, R. Sekimoto,H.Kaiya


A diagnosis system of programming styles using program patterns
電子情報通信学会英文論文誌 IEICE TRANSACTIONS ON INFORMATION AND SYSTEMS,E83-D(4):722-728 2000(Apr.)
Author:共著、R.Sekimoto,
Keywords:programming style, program pattern, program recognition, programming course


新技術導入をトリガーとした面接型教育方法の変更促進
情報処理学会研究報告. ソフトウェア工学研究会報告,2000(104):153-158 2000
Author:海谷治彦、関本理佳、海尻賢二


プログラミングスタイルの診断システムの構築
教育システム情報学会誌,17(1):21-29 2000
Author:関本理佳、海尻賢二
Keywords:プログラミングスタイル, プログラムパターン, プログラム認識, 診断, programming style, program pattern, program recognition, diagnosis


Specifying Runtime Environments and Functionalities of Downloadable Components under the Sandbox Model
Proceedings of the International Symposium on Principles of Software Evolution,:138-142 2000
Author:共著, K. Haruhiko


WEBを利用したプログラムバグ診断システム
教育システム情報学会研究報告 1998
Author:海尻賢二
Keywords:WWW、プログラミング認識、プログラミング演習、遠隔教育


GUIを併記した00分析手法について
00シンポジウム,:98 1998


ネットワークを利用したレポート受け付け評価支援システムの実現
教育システム情報学会誌,14:5 1998


Novice program recognition diagnosis system based on goal plan concepts
SYSTEMS AND COMPUTERS IN JAPAN,27(2):26-40 1996
Author:Kaijiri, K


ゴール/プランに基づく初心者プログラムの認識システム
電子情報通信学会論文誌 D-II, 情報・システム, II-パターン処理,78(2):321-332 1995
Author:海尻賢二
Keywords:プログラム理解、デバッグ、プラン、プログラミング教育、プログラミング環境


HELP:Interactive Programming System
Journal of information processing,6(4):239-241 1983
Author:Kaijiri, K


2パス変換システムによるプリプロセッサ生成機の実現
情報処理学会論文誌,22(4):376-382 1981
Author:海尻賢二


拡張弱順位関数
情報処理,18(6):542-549 1977
Author:海尻賢二、打浪清一、手塚慶一


SLR(k)パーザにおける誤り訂正, 回復について
情報処理,18(3):230-236 1977
Author:海尻賢二、打浪清一、手塚慶一


学会発表
サブモデルの再利用とメトリクスによるi*SDモデルの改訂支援
電子情報通信学会 , KBSE研究会 , 2012(1) 2012
Author:森田、海谷、海尻


原因指向脆弱性モデルに基づくWebアプリケーションのセキュリティ要求分析支援
電子情報通信学会 , KBSE研究会 , 2012(1) 2012
Author:西野、阪井、海谷


ソフトウェアプロジェクトにおけるtraceabilityの確立 - 実プロジェクトへの適用
電子情報通信学会 , SS研究会 , 2012(3) 2012
Author:宮下、海谷、海尻


Ajaxアプリケーションの複雑性メトリクスの提案とツールの試作
電子情報通信学会 , SS研究会 , 2012(3) 2012
Author:加賀谷、海谷、海尻


多数決手法によるError Prone予測手法の評価
電子情報通信学会 , KBSE研究会 , 2012(7) 2012
Author:高橋、大西、小形、海谷、海尻


Exploring how to support software revision in software non-intensive projects using existing techniques
IEEE , COMPSAC 2011
Author:Haruhiko Kaiya, Kenichiro Hara, Kyotaro Kobayashi, Akira Osada, and Kenji Kaijiri


Spectrum Analysis for Software Quality Requirements using Analyses Records.
IEEE , COMPSAC 2011
Author:Haruhiko Kaiya, Shunichi Suzuki, Toru Ogawa, Masaaki Tanigawa, Masahiro Umemura, and Kenji Kaijiri.


Overview of a Factual Question Generator System
Association for the Advancement of Computing in Education , ED-MEDIA 2008 : World Conference on Educational Multimedia, Hypermedia&Telecommunications , :5094-5099 2008
Author:Aguilar G, Kaijiri K
Keywords:Adaptive Computer-based Assessment System, Classroom Communication System


So/M: A Requirements Definition Tool using Characteristics of Existing Similar Systems
IEEE Computer Society , Proceedings of the 32th Annual International Computer Software and App lications Conference , :255-262 2008
Author:Kitazawa N, Osada A, Kamijo K, Kaiya H, Kaijiri K


Assessment Strategies for Learning Regulation to be Included in the Development of a Computer-based Assessment System
Association for the Advancement of Computing in Education , Proceedings of Society for Information Technology and Teacher Education International Conference , :10-15 2007
Author:Aguilar G, Gómez A, Kaijiri K


デザインパターンに基づいたTraceability Linkの構築とSoftware Evolutionのサポート
社団法人情報処理学会 , 全国大会講演論文集 , 第67回:335-336 2007
Author:佐々木宏太、表 秀和、海谷治彦、海尻賢二


拡張可能な診断記述項目を用いた多視点からのプログラム診断システム
社団法人情報処理学会 , 全国大会講演論文集 , 第69回:449-450 2007
Author:高野佑一、海谷治彦、海尻賢二


デザインパターンに基づくソフトウェアevolutionにおけるtraceability linkの利用
電子情報通信学会 , KBSE研究会 2007
Author:守田、表、海谷、海尻


The Role of Domain Knowledge Representation in Requirements Elicitation
IASTED International Conference on Software Engineering 2007
Author:Akira Osada, Daigo Ozawa, Haruhiko Kaiya and Kenji Kaijiri.


Learners and Knowledge: A New Personalization Factor Perspective for Adaptive Computer-based Assessment Systems
Association for the Advancement of Computing in Education , ED-Media , :2143-2148 2007
Author:G. Aguilar, A.Gomez, and K.Kaijiri:


System Design for Automatic Generation of Multiple-Choice Questions Adapted to Students' Understanding
ITHET , :541-546 2007
Author:Shin'ichi Tsumori and Kenji Kaijiri:


Adaptive Approach for the Integration of Homogeneous Teams
Association for the Advancement of Computing in Education , E-Learn , :597-602 2007
Author:G. Aguilar and K. Kaijiri


課題の解としてのGUI プログラムの評価システム
社団法人情報処理学会 , 全国大会講演論文集 , 第68回(4):621-622 2006
Author:横濱彰則、海谷治彦、海尻賢二


A Supporting Tool to Identify Both Satisfied Requirements and Tolerant Threats for A Java Mobile Code Application
ICEIS 2006
Author:Haruhiko Kaiya, Kouta Sasaki, Chikanobu Ogawa and Kenji Kaijiri


Reliable Authentication Method by Using Cellular Phones in WBT
IEEE Computer Society , MCL 2006
Author:Hideyuki Takamizawa and Kenji Kaijiri


PORTAM: Policy, Requirements and Threats Analyzer for Mobile Code Application
IEEE Computer Society , QSIC , :125-132 2006
Author:Haruhiko Kaiya, Kouta Sasaki, Kenji Kaijiri:


Adaptive Teaching And Learning Using A Classroom Communication System And An Adaptive Computer-Based Assessment Tool
E-Learn 2006
Author:Gabriela Aguilar, Adrianna Gomez, Kenji Kaijiri:


要求工学におけるドメイン知識表現の役割
情報処理学会 , ソフトウェアエンジニリングシンポジウム 2006
Author:長田、小澤、海谷、海尻


類似する既存システムの比較による要求ビューポイントの識別
社団法人情報処理学会 , ウィンターワークショップ2005・イン・伊豆論文集 , 2005(3):23-24 2005
Author:海谷治彦、久保田卓秀、長田晃、海尻賢二


Modeling Software Characteristics and Their Correlations in A Specific Domain by Comparing Existing Similar Systems
IEEE Computer Society , Proceedings : the Fifth International Conference on Quality Software , :215-222 2005
Author:Osada A, Ozawa D, Kaiya H, Kaijiri K


TabletPCを用いた講義の細粒度な記録再生
社団法人情報処理学会 , 全国大会講演論文集 , 第67回:483-484 2005
Author:平川良太、海谷治彦、海尻賢二


ソフトウェア工学教育用プロジェクトコース支援システムに関する研究~診断プロセス~
社団法人情報処理学会 , 全国大会講演論文集 , 第67回:435-436 2005
Author:鈴木善晴、高野祐一、海谷治彦、海尻賢二


プロセス改善の自己観測による仕様記述手法有効性体験コースの実施
社団法人情報処理学会 , 全国大会講演論文集 , 第67回:293-294 2005
Author:鈴森寿之、久保田卓秀、長田晃、海谷治彦、海尻賢二


Software Evolution Support Using Traceability Link between UML diagrams
IOS PRESS , Knowledge-based software engineering : proceedings of the Sixth Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering , :15-23 2004
Author:Omote H, Sasaki K, Kaiya H, Kaijiri K


Fine-grained Recording and Streaming Lectures
IEEE Computer Society , Proceedings of the International Conference on Computers in Education (ICCE’04) , :1957-1962 2004
Author:Kaijiri K, Saitoh R, KaiyaH
Keywords:Lecture Recording, VOD, WWW, PowerPoint®


A Support Environment for Project-Based Learning Using a Digital Portfolio
IEEE Computer Society , Proceedings of the International Conference on Computers in Education (ICCE’04) , :1601-1606 2004
Author:Kobayashi T, Kaijiri K


FC method: A Practical Approach to Improve Quality and Efficiency of Software Processes for Embedded System Revision
IEEE Computer Society , Proceedings of the 28th Annual International Computer Software and App lications Conference , :286-292 2004
Author:Aizawa K, Kaiya H, Kaijiri K
Keywords:Embedded Software System, Software Process Improvement, System Revision


ステークホルダの期待に基づくゴール階層の構成法
社団法人情報処理学会 , ウィンターワークショップ・イン・神戸論文集 , 2003(5):63-64 2003
Author:海谷治彦、海尻賢二


非機能要求を共通評価基準とした並列要求獲得法
社団法人情報処理学会 , ウィンターワークショップ・イン・神戸論文集 , 2002(2):29-30 2002
Author:海谷治彦、海尻賢二


SECURITY POLICY CHECKER AND GENERATOR FOR JAVA MOBILE CODES
Kluwer Academic Publishers , Engineering Information Systems in the Internet Context , :255-264 2002
Author:Kaiya H, Furukawa H, Kaijiri K
Keywords:Java Security, Security Policy, Mobile Code


A Web-Based VOD Clipping Tool for Efficient Private Review
IOS PRESS , Knowledge-based software engineering : proceedings of the fifth Joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering , :313-316 2002
Author:Miyahara N, Kaiya H, Kaijiri K


コラボレーションに基づく非同期型Q&A 支援システムの構築
社団法人情報処理学会 , FIT(情報科学技術フォーラム)2002 , :249-250 2002
Author:アナ ハディアナ、海尻賢二


Specifying Downloadable Properties for Reusing Software Components : A Case Study of Java
IOS PRESS , Knowledge-based software engineering : proceedings of the fourth joint Conference on Knowledge-Based Software Engineering, Brno, Czech Republic, 2000 , :123-128 2000
Author:Kaiya H, Kaijiri K


Conducting Requirements Evolution by Replacing Components in the Current System
IEEE Computer Society , Proceedings : sixth Asia-Pacific Software Engineering Conference , :224-227 1999
Author:Kaiya H, Kaijiri K


部品交換をトリガーとした要求仕様改定の促進
社団法人情報処理学会 , サマーワークショップ・イン・小樽 論文集 , 99(11):15-16 1999
Author:海谷治彦、海尻賢二


A detection of ill-formed patterns about programming style
IOS PRESS , Knowledge-based software engineering : proceedings of the Third Joint Conference on Knowledge-based Software Engineering in Smolenice, Slovakia, 1998 , :165-168 1998
Author:Sekimoto R, Kaijiri K


Program Diagnosis System using World Wide Web
IOS PRESS , Knowledge-based software engineering : proceedings of the Third Joint Conference on Knowledge-based Software Engineering in Smolenice, Slovakia, 1998 , :157-164 1998
Author:Kaijiri, K


HyperCardに基づくプログラミング言語用知的CAIシステム
社団法人情報処理学会 , 全国大会講演論文集 , 第39回平成元年後期(3):2157-2158 1989
Author:酒井 仁、海尻賢二

共同研究等希望テーマ
ソフトウェアの品質評価のためのメトリクスの開発、評価
ソフトウェアのtraceabilityの確立

教育活動実績

授業等
2002 , プログラミング言語論
2002 , データベース