信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

磯部 美穂  イソベ ミホ

教員組織学術研究院(人文科学系)電話番号
教育組織人文学部 人文学科 比較言語文化FAX番号
職名准教授メールアドレス
住所〒3908621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
ドイツ語学
現在の研究課題
テクストにおける新語形成

テキストにおける語形成
キーワード:語彙論 , テクスト文法
所属学会
所属学会
日本独文学会
阪神独文学会
京都ドイツ語学研究会
学歴
出身大学院
2008 , インスブルック大学
2001 , 東京外国語大学

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1999 , 信州大学
研究職歴等
研究職歴
2010- , 信州大学人文学部講師
2009-2010 , 大阪市立大学大学院都市文化研究センタードクター研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
「入門文法」よく説明・理解できていないこと テキスト理解を助ける中・上級文法の試み
日本独文学会 , 日本独文学会研究叢書 , 83 2012(Oct. 14)
Author:井出万秀,宮下博幸,山本恵,マヌエル・クラウス,三瓶裕文,磯部美穂


ドナウ河-流域の文学と文化
晃洋書房 2011
Author:丹下和彦、松村國隆 編


スタンダード・ドイツ文法
郁文堂 2011
Author:神竹道士、田原憲和


論文
Inner Evaluation of Writing in a Foreign Language Based on Expert Judgment for Correction
2018(Sep. 20)
Author:Tomoe Entani, Miho Isobe


Wie tolerant muss das Korrekturlesen sein? Zur systematischen Korrektur im deutschen Sprachunterricht
NU Ideas,Vol. 6 2017 2017(Dec. 25)
Author:Miho Isobe


文の連結意味と連結要素 : 短文投稿テキスト「読者の手紙(Leserbrief)」にみる文連結
信州大学人文科学論集,4:189-202 2017(Mar. 15)
Author:磯部美穂


Ein Schritt zum wissenschaftlichen Schreiben auf Deutsch. Eine Fallstudie: Verfassen eines Leserbriefs.
NU Ideas 2015(Dec. 25)
Author:Miho Isobe


Perspektivenwechsel und thematischer Anschluss als textuelle Leistung des Kompositums
信州大学人文科学論集,2:189-196 2015(Mar. 15)
Author:磯部美穂


マイスター・エックハルト説教集における動詞派生の抽象名詞について
ドイツ語文化圏研究,10:75-92 2013(Dec. 01)
Author:磯部美穂


Nominalstil in der sprachhistorischen Entwicklung: eine Analyse von Predigttexten Meister Eckharts
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編,47:75-86 2013(Mar. 15)
Author:磯部 美穂


読者はいかにして「新しい語」を理解するか
日本独文学会研究叢書,83:67-81, 92-93 2012(Oct. 14)
Author:磯部美穂


テクストにおける新造語-名詞複合語の形成過程とその意味解釈
Sprachwissenschaft Kyoto,(9):45-58 2010


学会発表
A textlinguistic approach to the learning of the academic writing
Linguistic Society of New Zealand , Annual Conference (Language in Society) 2016(Nov. 21)
Author:Miho Isobe


文の連結意味とその言語手段 「読者の手紙Leserbreif」の文体分析を基に
日本独文学会北陸支部 , 日本独文学会北陸支部研究会 2016(Nov. 12)
Author:磯部美穂


Word-Formation as connector in the Textconstruction
Malaysia International Conference on Languages, Literatures and Cultures , 9th. Malaysia International Conference on Languages, Literaturs and Cultures 2016(Aug. 16)
Author:Miho Isobe


Verbesserung der akademischen Schreibkompetenz
Iternational Verrein fuer Germanistik 2015(Aug. 28)
Author:Miho Isobe


Strategies for writing Leserbrief
International Pragmatics Conference 2015(Jul. 20)
Author:Miho Isobe


Fehleranalyse: Zur Verbesserung der Schreibkompetenz
日本独文学会北陸支部 , 日本独文学会北陸支部研究会 2014(Nov. 08)
Author:Corinnna Verena Goto, Miho Isobe


Eine Entwicklungsstufe im Ausbau des deutschen Wortbildungssystems. Ist die Abstrakta-Bildung nur für die Sprache der Mystiker charakteristik?
日本独文学会秋季研究発表会シンポジウムSprache an mediale-technischen Schwellen. Die Sprache ändert sich, aber wie? 2013(Sep. 28)
Author:磯部美穂


名詞的文体に関する通時的研究 マイスター・エックハルト説教集にみる動詞派生名詞
日本独文学会北陸支部研究発表会 2012(Nov. 12)
Author:磯部美穂


辞書にない語をいかにして理解するか―「テキスト語」としての名詞合成語―
日本独文学会 , 日本独文学会2011年秋季研究発表会シンポジウム「よく理解・説明できていないこと―テキスト理解を助ける中・上級文法の試み 2011(Oct. 15)
Author:磯部美穂


その他
Eckhard Meineke: Substantivkomposita des Mittelhochdeutschen Eine korpuslinguistische Untersuchung
日本独文学会 , ドイツ文学 , 156 2018(Mar. 25)
Author:磯部美穂


アクセス和独辞典
三修社 2012(Jan. 15)
Author:在間進編集責任


アクセス独和辞典
三修社 2011
Author:在間進 編集責任

研究諸活動
学術論文査読件数
2015-2015 , 日本独文学会北陸支部