信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

鈴木泰子  スズキ ヤスコ

教員組織学術研究院(保健学系)電話番号
教育組織医学部 保健学科 小児・母性看護学FAX番号
職名助教メールアドレスyssuzuk@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

更新日:2019/12/09

プロフィール

現在の研究課題
病気の子どもにとっての学びという経験の意味
キーワード:学校生活 , 学習体験 , 生活の質 , 人生への意味付け , 2015-
慢性疾患に伴ってこどもが獲得するちからや感性
キーワード:病を通して獲得するしなやかなさ , 仲間への思いやりの気持ち , 自己統制 , セルフケア力 , ケアリング関係を通しての癒し , 1995-
慢性疾患の子どもの発病後の影響とその克服
1995-
慢性疾患の子どもの家族への影響
1995-
子どもが病気とともに生きるプロセス
1995-
慢性疾患の子どもの家族への支援
1995-
所属学会
所属学会
日本移植・再生医療看護学会
日本質的心理学会
日本保健医療行動科学学会
日本思春期学会
日本小児保健協会
日本看護科学学会
日本看護研究学会

所属学会役職担当
2015- , 日本小児看護学会 , 教育委員
2009- , 日本移植・再生医療看護学会 , 査読委員
2003- , 長野県母子衛生学会 , 幹事(会計担当)
学歴
出身大学院
2012 , 金沢大学医学系研究科博士後期課程 , 医学系研究科
1996 , 日本赤十字看護大学看護学研究科修士課程 , 看護学研究科

取得学位
看護学修士 , 日本赤十字看護大学
研究職歴等
研究職歴
2007- , 信州大学 医学部 助教
2003-2007 , 信州大学 医学部 助手
2000-2003 , 信州大学医療技術短期大学部 助手
1996-1999 , 大阪大学 医学部 助手
1996-1999 , 大阪大学医学部保健学科看護学専攻助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
ターミナル期を迎える子どものケア
法政大学出版局 , 子どもの医療と生命倫理:資料で読む:第2版 , :239-273 2012(Apr. 10)
Author:加藤太喜子、桂川純子、鈴木泰子


子どものターミナルケア:子どもの医療と生命倫理:資料で読む
法政大学出版局 , :223-248 2009
Author:加藤太喜子、桂川純子、鈴木泰子


健康維持と治療的養生法の管理リハビリテーション看護の実践
日本看護協会出版会 , :82-102 2006
Author:鈴木泰子、泉キヨ子


新生児医療における治療拒否とは何か?:平行線をたどる話し合いの中で
MCメティカ出版 , :100-107 2005
Author:横野恵、加藤太喜子、細田満和子他


学会発表
The process of acquiring own sense of expanding health in adolescents with long-termed chronic conditions
The 2nd NUS-NUH International Conference and 18th Singapore-Malaysia Nursing Conference 2013
Author:Suzuki Y


The creative learning process of children and adolescents to obtain skills and attitude to live with long-termed chronic conditions
The 3rd World Academy of Nursing and Science 2013
Author:Suzuki Y


Research on the creative learning process of the children and adolescents to live own lives with long-termed chronic conditions
The 16th East Asia Forum of Nursing Scholarship 2013
Author:Suzuki Y


Psychological and social developmental process in children and adolescents after transplantation in childhood
CAST 2013 2013
Author:Suzuki Y


The Caring Process for the Adolescents with Chronic Conditions to Acquire Expanding Sense of Health
Japanese Red Cross Hiroshima College of Nursing , International Hiroshima Conference on Caring and Pease 2012(Mar. 24)
Author:Yasuko Suzuki


The Process of Adolescents to develop own living with chronic conditions
International Conference of Self Care , The 2nd International Conference on Self Care on Prevention&Management of Chronic Conditions 2011(Mar. 24)


Study of the process of the children experienced transplantations for questing and acquiring of health and self-confidence
The 12th EAFONS , 5 2009
Author:Suzuki Y., Kimura, R.


Study on the process of the experience of the children to live with life^threatening conditions through the bereavement of the friends
The 1st International Nursing Research Conference of WANS 2009
Author:Suzuki Y.


ドミノ肝移植セカンドレシピエントに対する移植に関する意識調査
第43回日本移植学会総会 2007
Author:草深仁子、鈴木泰子、石倉紫麻他


青少年における癒し希求と病気経験
第8回癒しの環境研究会全国大会 2007
Author:鈴木泰子、草深仁子、後藤美香他


Study on the risk factors for developmental crisis&psychological problem of children&adolescents who experienced liver transplantation
ICN 8th International Regulation Conference , 26 2007
Author:Suzuki, Y., Kusabuka, H., Gotoh, M.


青少年期肝移植経験者の相互支援をめざす活動について:サマーキャンプを通して
第2回日本移植・再生医療看護研究学会 2006
Author:鈴木泰子、草深仁子、石倉紫麻他


移植を受けた青少年期患者のサマーキャンプ開催報告
第24回日本肝移植研究会総会 2006
Author:草深仁子、鈴木泰子、石倉紫麻


移植経験者の思春期における支援に関する研究:服薬を中心として
第20回日本思春期学会総会学術集会 2005
Author:鈴木泰子、草深仁子、中村友枝


子どもを亡くした家族にとっての院内ボランティア活動について
第6回癒しの環境研究会全国大会 2005
Author:鈴木泰子、豊岡陽子、石井文


免疫抑制剤コンプライアンス不良の原因に関する研究
第23回日本肝移植研究会総会 2005
Author:草深仁子、鈴木泰子、中村友枝他


免疫抑制剤コンプライアンス不良の原因に関する研究
第41回日本移植学会総会 2005
Author:草深仁子、鈴木泰子、中村友枝

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2011 - 2013 , 病気の子どもが未来を拓くちからを獲得するプロセスに関する研究 , 挑戦的萌芽研究
2008 - 2010 , 病気の子どもの自分らしさの探索獲得プロセスに関する研究 , 萌芽研究
2002 - 2004 , 病気におけるすこやかな生への「はずみ」に関する研究 , 萌芽研究