信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

鈴木章斗  スズキ アキト

教員組織学術研究院(工学系)電話番号
教育組織工学部 工学基礎教育部門FAX番号
職名准教授メールアドレス
住所〒380-8553 長野市若里4-17-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
数理物理
キーワード:場の量子論 , 関数解析 , 量子ウォーク
現在の研究課題
場の量子論の数学的研究
キーワード:スペクトル解析 , 基底状態 , 散乱理論 , フォック空間
量子ウォークのスペクトル・散乱理論
キーワード:量子ウォーク , スペクトル・散乱理論
所属学会
所属学会
日本数学会
学歴
出身大学院
2008 , 北海道大学 , 理学院 , 数学
2006 , 北海道大学 , 理学研究科 , 数学

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2004 , 金沢大学 , 理学部 , 数学
受賞学術賞
2017 , 応用数学研究奨励賞
研究職歴等
研究職歴
2014- , 信州大学工学部准教授
2012-2012 , 南トゥーロン・ヴァール大学 客員准教授
2010-2014 , 信州大学工学部助教
2009-2010 , 日本学術振興会特別研究員(PD)
2009-2009 , 九州大学GCOE研究員
2008-2008 , 日本学術振興会特別研究員(PD)
2007-2008 , 日本学術振興会特別研究員(DC2)

留学歴
2008-2008 , パリ第11大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
微分積分の基礎
培風館 2018(Jan. 31)
Author:飯田洋市,大野博道,岡本葵,河邊淳,鈴木章斗,高野嘉寿彦


応用解析の基礎
培風館 2013(Jun. 12)
Author:大野博道、加藤幹雄、河邊淳、鈴木章斗


論文
Localization for a one-dimensional split-step quantum walk with bound states robust against perturbations
J. Math. Phys.,59:082201 2018
Author:T. Fuda, D. Funakawa, A. Suzuki


Weak limit theorem for a nonlinear quantum walk
Quantum Inf. Process.,17:215 2018
Author:Masaya Maeda, Hironobu Sasaki, Etsuo Segawa, Akito Suzuki, Kanako Suzuki


Quantum walks with an anisotropic coin II: scattering theory
Lett. Math. Phys. 2018
Author:S. Richard, A. Suzuki, R. Tiedra de Aldecoa


Scattering and inverse scattering for nonlinear quantum walks
Discrete and continuous dynamical systems,38(7) 2018
Author:Masaya Maeda, Hironobu Sasaki, Etsuo Segawa, Akito Suzuki, Kanako Suzuki


Quantum walks with an anisotropic coin I: spectral theory
Letters in Mathematical Physics,108(2):331--357 2018
Author:S. Richard, A. Suzuki, R. Tiedra de Aldecoa


Localization of a multi-dimensional quantum walk with one defect
Quantum Inf. Process.,16 2017
Author:Toru Fuda, Daiju Funakawa, Akito Suzuki


Essential spectrum of the discrete Laplacian on a perturbed periodic graph
J. Math. Anal. Appl. 2016
Author:I. Sasaki, A. Suzuki


Non-commutative hypergroup of order five
J. Algebra Appl. 2016
Author:Y. Matsuzawa, H. Ohno, A. Suzuki, T. Tsurii, S. Yamanaka


Generator of an abstract quantum walk
Quantum Stud.: Math. Found.,3:11--30 2016
Author:E. Segawa, A. Suzuki


Asymptotic velocity of a position-dependent quantum walk
Quantum Inf. Process.,15:103--119 2016
Author:A. Suzuki


Spectrum of the Laplacian on a covering graph with pendant edges I: The one-dimensional lattice and beyond.
Linear Algebra Appl.,439:3464 --3489 2013
Author:A. Suzuki


Note on the spectrum of discrete Schroedinger operators
J. Math-for-Ind.,4:105 -- 108 2012
Author:F. Hiroshima, Itaru Sasaki, Tomoyuki Shirai and A. Suzuki


Removal of the UV cutoff for the Nelson model with variable coefficients
Letters in mathematical physics,101(3):305 -- 322 2012
Author:C. Gerard, F. Hiroshima, A. Panati, A. Suzuki


Absenceof ground state for the Nelson model on static space-times
J. Funct. Anal.,262:273 -- 299 2012
Author:C. Gérard, F. Hiroshima, A. Panati, A. Suzuki


Infrared problem for the Nelson model on static space-times
Comm. Math. Phys.,308:543 -- 566 2011
Author:C. Gérard, F. Hiroshima, A. Panati, A. Suzuki


An inverse scattering problem for the Klein-Gordon equation with a classical source in quantum field theory
HokkaidoMath. J.,40:149 -- 186 2011
Author:H. Sasaki, A. Suzuki


The no-binding regime of the Pauli-Fierz model.
J. Math. Phys.,52:062104 2011
Author:F. Hiroshima, H. Spohn, A. Suzuki


Existence and absence of ground states for a particle interacting through the quantized scalar field on a static spacetime
RIMS Kokyuroku Bessatsu,B21:15--24 2010
Author:C. Gérard, F. Hiroshima, A. Panati, A. Suzuki


Infrared divergence of a scalar quantum field model on a pseudo Riemann manifold
Interdiscip. Inform. Sci.,15:399 - 421 2009
Author:Christian Gérard, Fumio Hiroshima, Annalisa Panati, Akito Suzuki


Physical state of non-relativistic quantumelectrodynamics
Ann. Henri Poincaré,10:913 - 953 2009
Author:Fumio Hiroshima, Akito Suzuki


Physical subspace in a model of the quantized electromagnetic field coupled to an external field with an indefinite metric
J. Math. Phys.,49:042301 2008
Author:Akito Suzuki


Scaling limit for a generalization of the Nelson model and its application to nuclear physics
Rev. Math. Phys.,19:131 - 155 2007
Author:Akito Suzuki


Scaling limit for a general class of quantum field models and its applications to nuclear physics and condensed matter physics
Inf. Dimen. Anal. Quantum Prob. Relat. Top.,10:43 - 65 2007
Author:Akito Suzuki


学会発表
カイラル対称なユニタリ作用素の超対称性
日本数学会 , 年会 2019(Mar.)
Author:鈴木 章斗


サイクル上のsplit-step量子ウォークの長時間挙動
日本数学会 , 年会 2019(Mar.)
Author:齋藤 渓, 鈴木 章斗, 成松 明廣, 布田 徹


非ユニタリな量子ウォークにおけるスペクトル写像定理
日本数学会 , 年会 2019(Mar.)
Author:浅原 啓輔, 船川 大樹, 瀬川 悦生, 鈴木 章斗, 寺西 功哲


2次元スプリットステップ量子ウォークのレゾナンスについて
日本数学会秋季総合分科会 2018(Sep.)
Author:船川 大樹, 布田 徹, 笹山 智司, 鈴木 章斗


ユニタリ作用素に対する時間作用素
日本数学会 , 秋季総合分科会 2018(Sep.)
Author:寺西 功哲, 佐々木 格, 鈴木 章斗, 船川 大樹, 松澤 泰道


2次元スプリットステップ量子ウォークの固有値解析
日本数学会 , 年会 2018(Mar.)
Author:船川 大樹, 布田 徹, 笹山 智司, 鈴木 章斗


2次元4状態量子ウォークの局在化について
日本数学会 , 秋季総合分科会 2017(Sep.)
Author:船川 大樹, 布田 徹, 笹山 智司, 鈴木 章斗


1次元スプリット・ステップ量子ウォークの弱極限分布
日本数学会 , 秋季総合分科会 2017(Sep.)
Author:布田 徹, 船川 大樹, 鈴木 章斗


空間依存するコインをもつ2次元2状態量子ウォークの弱収束定理
日本数学会 , 応用数学分科会 2017(Mar. 25)
Author:鈴木章斗


原点にdefectを持つ多次元量子ウォークの固有値と局在化について
日本数学会 , 函数解析学分科会 2017(Mar. 24)
Author:布田徹,船川大樹,鈴木章斗


1次元スプリット・ステップ量子ウォークの局在化
日本数学会 , 秋季総合分科会 2016(Sep.)
Author:鈴木章斗,布田徹,船川大樹


位数5の非可換ハイパー群
日本数学会 , 年会 2016(Mar.)
Author:松澤泰道, 大野博道, 鈴木章斗, 釣井達也, 山中聡恵


量子ウォーカーの漸近挙動と弱収束定理
日本数学会 , 年会 2016(Mar.)
Author:鈴木章斗


量子ウォークのスペクトル写像定理と生成子
日本数学会秋季総合分科会 2015(Sep.)
Author:瀬川悦生、鈴木章斗


密度零のポテンシャルをもつ離散シュレーディン ガー作用素の隠されたスペクトル
日本数学会年会 2015(Mar.)
Author:鈴木章斗、伊藤将吾


平均場シュレーディンガー作用素のス ペクトル解析
日本数学会秋季総合分科会 2014(Sep.)
Author:佐々木浩宣、清水翔之、鈴木章斗


遠方で減衰しないポテンシャルをもつ離散シュレー ディンガー作用素のスペクトル
日本数学会秋季総合分科会 2014(Sep.)
Author:伊藤将吾、鈴木章斗


周期的にペンダントを付加したd 次元格子のスペクトル
日本数学会年会 2014(Mar.)
Author:鈴木章斗


周期的にペンダント頂点を付加した1 次元格子上のラプラシ アンのスペクトル解析
日本数学会秋季総合分科会 2013(Sep.)
Author:鈴木章斗


ペンダント頂点を付加した格子上のラプラシアンの超対称的 側面
日本数学会秋季総合分科会 2013(Sep.)
Author:鈴木章斗

研究費
共同研究
IMI共同利用(短期共同研究)レーザー同位体分離の実用化における量子ウォークの数理
RIMS共同研究(グループ型)量子ウォークと場の量子論における超対称性の数理

科学研究費補助金(研究代表者)
2018 - 2020 , 散乱理論を用いた量子ウォークの弱収束定理の研究 , 基盤研究(C)
2014 - 2017 , 無限グラフ上のラプラシアンのスペクトルとBECの研究 , 若手研究(B)
2012 - 2013 , 曲がった時空上の場の量子論のスペクトル解析とその応用 , 若手研究(B)
2010 - 2011 , 量子場と相互作用する量子系のスペクトル解析 , 研究活動スタート支援