信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

松本 剛  マツモト ゴウ

教員組織電話番号
教育組織医学部 医学科 病態解析診断学FAX番号
職名助教(特定雇用)メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
臨床検査医学
学歴
取得学位
学士 , 信州大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
押さえておきたい検査の考え方 ルーチン検査の読み方, Medicina 56 12, 1914
2019(Nov.)
Author:本田孝行、松本剛、小林翔太


肺真菌症, ICU治療指針 Ⅰ
2019(Jul. 20)
Author:岡元和文、松本剛


ICUにおける肺皮結核性抗酸菌症の診断と対応, ICU治療指針 Ⅰ
2019(Jul. 20)
Author:岡元和文、松本剛


ICUにおける肺結核の診断と対応, ICU治療指針 Ⅰ
2019(Jul. 20)
Author:岡元和文、松本剛


異常値の出るメカニズム、感染症の検査
2018(Apr. 09)
Author:河合忠、山田俊幸、本田孝行、松本剛


論文
Identification of a multiresistant mosaic plasmid carrying a new segment of IS1216E-flanked optrA with integrated Tn551-ermB element in linezolid-resistant Enterococcus faecalis human isolate
2020(Jun. 30)
Author:Masaki Iimura, Wataru Hayashi, Eriko Arai, Tatsuya Natori, Kazuki Horiuchi, Go Matsumoto, Hayato Tanaka, Eiji Soga, Yukiko Nagano, Yoshichika Arakawa, Noriyuki Nagano


The First Known Case of Liver Abscess Caused by Aggregatibacter aphrophilus in Japan
INTERNAL MEDICINE,59(11):1451-1455 2020(Mar. 12)
Author:Okumura, Taiki; Soya, Keisuke; Hihara, Yu; Muraoka, Shinji; Nishimura, Yoshihiro; Inoue, Katsuaki; Maruyama, Atsushi; Matsumoto, Go;


60歳代女性、呼吸困難が強くなり442病日に入院となった
臨床病理,68(2):115 2020(Feb.)
Author:重藤翔平、松本剛、菅野光俊、本田孝行


Detection of Acinetobacter pittii ST220 co-producing NDM-1 and OXA-820 carbapenemases from a hospital sink in a non-endemic country of NDM
JOURNAL OF GLOBAL ANTIMICROBIAL RESISTANCE,21:353-356 2019(Nov. 13)
Author:Iimura, Masaki; Hayashi, Wataru; Arai, Eriko; Natori, Tatsuya; Horiuchi, Kazuki; Matsumoto, Go; Tanaka, Hayato; Soga, Eiji; Nagano, Yukiko; Nagano, Noriyuki;


意識レベル多低下し入院した70歳代の女性
臨床病理 2019(Jun.)
Author:本田孝行、松本剛、涌井昌俊、一色美和


基質特異性拡張型β-ラクタマーゼ産生 Escheria coliを原因とする尿路感染症リスク因子の探索.
2018(Jul. 05)
Author:1. 橋本麻衣子,瀬角りほ,三村亨,春日恵理子,松本剛,本田孝行,濱本知之,山折大,大森栄


ルーチン検査(基本的検査)の読み方・考え方 : 信州大学方式RCPC (第63回学術集会) -- (Reversed Clinicopathological Conference (RCPC))
臨床病理 = The official journal of Japanese Society of Laboratory Medicine : 日本臨床検査医学会誌,65(3):325-330 2017(Mar.)
Author:松本 剛; 出居 真由美; 北中 明; 長谷川 寛雄; 本田 孝行;
Keywords:reversed clinicopathological conference: RCPC; routinelaboratorytests(ルーチン検査); timeseriesresults(時系列結果); uppergastrointestinalbleeding(上部消化管出血); livercirrhosis(肝硬変);


ルーチン検査(基本的検査)の価値と活用法 (特集 臨床検査の価値を高める)
臨床検査 = Journal of clinical laboratory medicine,61(1):26-29 2017(Jan.)
Author:本田 孝行; 松本 剛;
Keywords:ルーチン検査; 基本的検査; 血清; 生化学検査; 尿検査;


感染防止対策における地域連携と地域薬剤耐性菌サーベイランスシステムの構築
日本臨床微生物学雑誌 = The journal of the Japanese Society for Clinical Microbiology,27(2):73-80 2017
Author:春日 恵理子; 松本 剛; 本田 孝行;
Keywords:SICSS; 薬剤耐性菌サーベイランス; 改善支援; バーチャル医療機関;


ルーチン検査(基本的検査)の読み方・考え方 : 信州大学方式RCPC (第62回学術集会 Reversed Clinicopathological Conference (RCPC))
臨床病理 = The official journal of Japanese Society of Laboratory Medicine : 日本臨床検査医学会誌,64(10):1146-1152 2016(Oct.)
Author:松本 剛; 本田 孝行;
Keywords:Reversed Clinicopathological Conference: RCPC; routinelaboratorytests(ルーチン検査); generalcondition(全身状態); timeseriesresults(時系列結果);


Neutrophil left shift and white blood cell count as markers of bacterial infection
CLINICA CHIMICA ACTA,457:46-53 2016
Author:Honda, Takayuki; Uehara, Takeshi; Matsumoto, Go; Arai, Shinpei; Sugano, Mitsutoshi;


学生対象のReversed Clinico Pathological Conference: RCPC 信州大学病院でのルーチン検査の読み方・考え方 (第10回日本臨床検査学教育学会学術大会)
臨床検査学教育 : 日本臨床検査学教育学会機関誌,8(1):84-90 2016
Author:菅野 光俊; 川崎 健治; 松本 剛;
Keywords:RCPC; ルーチン検査; C型肝硬変; 食道静脈瘤破裂; 肝不全;


検査(血算・生化学)は患者の何を見ているの? (特集 ズバッと読み取る! 検査値アセスメント 検査値の"ここ見て!"9項目)
Expert nurse,31(12):18-20 2015(Oct.)
Author:本田 孝行; 松本 剛;


「腎臓の病態」を読む検査 : UN(urea nitrogen、尿素窒素) Cre(Creatinine、クレアチニン) (特集 ズバッと読み取る! 検査値アセスメント 検査値の"ここ見て!"9項目)
Expert nurse,31(12):36-40 2015(Oct.)
Author:松本 剛;


まとめ事例 こんなふうに読み進める! 9項目で見抜ける病態 (特集 ズバッと読み取る! 検査値アセスメント 検査値の"ここ見て!"9項目)
Expert nurse,31(12):64-67 2015(Oct.)
Author:松本 剛;


CPCでR-CPCの重要性を再認識しよう
臨床病理,60(5):449-457 2012(May 25)
Author:金井 信一郎; 松本 剛; 佐野 健司; 上田 和彦; 藤澤 紳哉; 大林 光念; 橋口 照人; 柳原 克紀; 森吉 美穂; 北川 清樹; 和田 英夫; 森信 暁雄; 和田 隆志; 本田 孝行;
Keywords:リバースドCPC; 血栓症; 全身性反応性症候群;

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
クマ咬傷に対する治療の適正化の研究 , 若手研究(B)
MRSAの地域内伝播様式の解析と早期封じ込め対策の確立 , 挑戦的法が研究

科学研究費補助金(研究分担者)
細菌感染症を診断し重症度を判断する検査システムの構築 , 基盤研究(C)