信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

高田啓介  タカタ ケイスケ

教員組織学術研究院(理学系)電話番号
教育組織理学部 理学科 生物学コースFAX番号
職名准教授メールアドレスkeisuke@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 信州大学理学部 松本市旭3-1-1ホームページURL

更新日:2017/09/28

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院工学系研究科
大学院総合工学系研究科
研究分野
生物多様性・分類
動物生態学
系統発生学
保全生物学
キーワード:分子生態学 , 分子系統地理学
現在の研究課題
冷水性淡水魚類の日本列島への侵入と種分化
キーワード:分子系統地理 , 回遊と陸封 , 氷河期と日本列島
淡水魚類の種分化の比較発生学的検証
キーワード:鰭条・鱗の発生の種間比較
近縁淡水魚類種間の相互作用
キーワード:非対称交雑 , 雑種不稔 , 種の置換
淡水魚の遺伝的多様性の評価と保全管理
キーワード:遺伝的多様性の喪失 , 進化的重要単位
侵入種による固有種の遺伝的撹乱
キーワード:遺伝的固有性の喪失 , 遺伝子汚染
所属学会
所属学会
日本動物学会
日本生態学会
水産育種学会
日本魚類学会
日本水産学会
学歴
出身大学院
1986 , 北海道大学大学院

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1976 , 愛媛大学 , 理学部

取得学位
水産学博士
研究職歴等
研究職歴
1993- , 信州大学 助教授 (現 准教授)
1987- , 信州大学  助手
1986- , (財)水産科学研究 奨励会研究員

留学歴
2001-2002 , ブリティシュコロンビア大学動物学科
1988-1989 , ベルゲン大学魚類生物学研究所

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
シナイモツゴからモツゴへ.—非対称交雑と種の置き換わり―
東海大学出版会 , :51-65 2013(Jul. 20)
Author:小西繭、高田啓介


トミヨ属
培風館 , 野生動物保護の事典 , :642-644 2010
Author:高田啓介


ミナミトミヨ
培風館 , 野生動物保護の事典 , :610-612 2010
Author:高田啓介


シナイモツゴの保全への模索—長野県のシナイモツゴを例に
恒星社恒星閣 , ブラックバスを退治する , :109-116 2006
Author:高田啓介・小西繭


シナイモツゴからモツゴへ,交雑をとおした種の置き換わり.
信山社サイテック , 希少淡水魚の現在と未来 —積極的保全のシナリオ , :99-110 2005
Author:小西繭・高田啓介


ムサシトミヨの分類学的位置と保全
北海道大学図書刊行会 , トゲウオの自然史.—多様性の謎とその保全— , :213-222 2003(May)
Author:高田啓介


トミヨ属魚類にみられる種間交雑とmtDNAの異種間交雑
北海道大学図書刊行会 , トゲウオの自然史.  多様性の謎とその保全 , :102-113 2003(May)
Author:高橋一彦・高田啓介


海から来た淡水魚
信濃毎日新聞社 , 川と湖と生き物. , :113-127 1992(Sep.)
Author:高田啓介


トミヨ属魚類の遺伝的分化.
東海大学出版会 , その分布、変異、種分化をめぐって. , :134-143 1987(Oct.)
Author:高田啓介


論文
Molecular and morphological analyses revealed a cryptic species of dojo loach Misgurnus anguillicaudatus (Cypriniformes: Cobitidae) in Japan
Journal of Fish Biology,91:989-996 2017(Sep.)
Author:R. Okada, T. Inui, Y. Iguchi, T. Kitagawa, K. Takata and T. Kitagawa


関東地方におけるミナミメダカ集団の在来マイトタイプの再検討
魚類学雑誌,64(1):11-18 2017(Apr. 25)
Author:入口友香・中尾遼平・高田啓介・北川忠生


Species phylogeny and diversification process of Northeast Asian Pungitius revealed by AFLP and mtDNA markers
Molecular Phylogenetics and Evolution,99:44-52 2016(Jun.)
Author:Hiroshi Takahashi, Peter R. Møller, Sergei V. Shedko, Temirbekov Ramatulla, Sang-Rin Joen, Chun-Guang Zhang, Valentina G. Sideleva, Keisuke Takata, Harumi Sakai, Akira Goto, Mutsumi Nishida
Keywords:Ninespine stickleback; AFLP; Speciation; Sea of Japan; Introgression


絶滅危惧種シナイモツゴの生息するため池群への地域住民の価値評価とその影響要因
応用生体工学,17(2):55-66 2015
Author:小西繭・田崎伸一・高田啓介・井口恵一朗


Use of microsatellite DNA and AFLP for Cherry salmon (Oncorhynchus masou) complex identification
Aquaculture Research,41:316-325 2010
Author:Hsu, T. H., Wang, Z., Takata, K., Onozato, H., Hara, T., Gwo, J. C.


Isolation and characterization of polymorphic microsatellite DNA markers in the Omono type of ninespine stickleback, genus Pungitius.
Molecular Ecology Note,7(6):1315-1318 2007
Author:Koizumi, N., H. Jinguji, H. Takahashi, M. Higuchi, K. Takata, M. Minezawa, T. Takemura&A. Mori.


Impact of asymmetrical hybridization followed by sterile F1 hybrids on species replacement in Pseudorasbora
Conservation Genetics,:463-474 2004
Author:Konishi, M., Takata, K.


Size-dependent male-male competition for a spawning substrate between Pseudorasbora parva and P. pumila
Ichthyological Research,52:184-187 2004
Author:Konishi, M., Takata, K.


Isolation and characterization of polymorphic microsatellite DNA markers in topmouth gudgeon, Pseudorasbora (Teleostei: Cyprinidae)
Molecular Ecology Note,4:64-66 2004
Author:Konishi, M., Takata, K.


Natural hybridization between endangered and introduced species of Puseudorasbora, with their genetic relationship and characteristics inferred from allozyme analyses.
Journal of Fish Biology,63:213-231 2003(Jul.)
Author:Konishi, M., Hosoya, K., Takata, K.


Phylogeography of lateral plate dimorphism in the freshwater type of ninespine sticklebacks, genus Pungitius .
Ichthyological Research,48:143-154 2001(May)
Author:Takahashi, H., Takata, K., Goto, A.


Multiple lineages of the mitochondrial DNA introgression from Pungitius pungitius (L.) to Pungitius tymensis (Nikolsky)
CANADIAN JOURNAL OF FISHERIES AND AQUATIC SCIENCES,57(9):1814-1833 2000(Sep.)
Author:Takahashi, H., Takata, K.


The role of the anal fin in fertilization success in male medaka, Oryzias latipes
FISHERIES SCIENCE,66(4):633-635 2000(Aug.)
Author:Koseki, Y., Takata, K., Maekawa, K.


魚類の成長と形態形成.-トミヨ属魚類の個体発生と系統発生-
成長,33(2):77-82 1994(Dec.)
Author:高田啓介


Genetic Differentiation of Oryzias minutillus in Thailand
Japanese Journal of Ichthyology,39(4):319-327 1993(Feb.)
Author:Takata, K., Hoshino, M., Magtoon, W., Nadee, N., Uwa, H.


Karyotype evolution and Geographical Distribution of the Thai-Medaka, Oryzias minutillus, in Thailand
Journal of of Fish Biology,41(3):489-497 1992(Sep.)
Author:Magtoon, W., Nadee, N., Higashitani, T., Takata, K., Uwa, H.


Genetic differences of Pungitius pungitius and P. sinensis in a small pond of the Omono River System, Japan
Japan. J. Ichthyol.,34:384-386 1987(Dec.)
Author:Takata, K., Goto, A., Yamazaki, F.


Biochimical identification of a brackishwater type of Pungitius pungitius,and its morphological and ecological features in Hokkaido, Japan
Japan. J. Ichthyol.,34:176-183 1987(Sep.)
Author:Takata, K., Goto, A. Yamazaki, F.


Pelvic spine deficiency of Pungitius tymensis in Hokkaido, Japan.
Japan. J. Ichthyol.,32:100-103 1985(May)
Author:Takata, K., Goto, A. Hamada, K.


北海道におけるトミヨ属魚類3種の地理的分布と形態変異
魚類学雑誌,31(3):67-81 1984(Nov.)
Author:高田啓介,後藤晃,濱田啓吉

教育活動実績

授業等
2016 , アドバンスゼミ・実験・実習
2016 , 生体生物学特論
2016 , 生体生物学セミナー
2016 , 前期 , 遺伝学
2016 , 前期 , 動物発生学実験
2016 , 後期 , 細胞生物学
2016 , 後期 , 生体生物学実習
2015 , アドバンス演習・実験・実習
2015 , 生体生物学特論
2015 , 生体生物学セミナー
2015 , 生体生物学実習
2015 , 前期 , 遺伝学
2015 , 前期 , 動物発生学実験
2015 , 後期 , 細胞生物学