信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

鈴木彦文  スズキ ヒコフミ

教員組織学術研究院(工学系(総合情報センター))電話番号
教育組織総合情報センターFAX番号
職名准教授メールアドレスh-suzuki@shinshu-u.ac.jp
住所〒380-8553 長野県長野市若里4-17-1ホームページURL

更新日:2016/11/20

プロフィール

研究分野
計算機システム
情報ネットワーク
キーワード:分散システム , ネットワーク , Ad-Hocネットワーク , センサーネットワーク , e-Learning
現在の研究課題
分散システムに関する研究

Ad-Hoc ネットワークに関する研究
キーワード:Ad-Hoc ネットワーク
遠隔講義システムに関する研究

センサーネットワークに関する研究
キーワード:センサーネットワーク
所属学会
所属学会
電子情報通信学会
教育システム情報学会
情報処理学会
学歴
出身大学院
1997 , 信州大学
1994 , 信州大学

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1992 , 信州大学

取得学位
修士(工学) , 信州大学
研究職歴等
研究職歴
2009- , 信州大学 総合情報センター 副センター長 准教授
2005- , 信州大学 総合情報センター 准教授
2003- , 東京大学 大学院 新領域創成科学研究科 基盤情報学専攻 助手
1997- , 長野工業高等専門学校 電子情報工学科 助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
河川堤防の法面における遠隔水分量モニタリングに向けた実証研究
中国支部論文報告集「地盤と建設」,33(1):169 ~ 174 2015(Dec.)
Author:小松満,竹下祐二,二川雅登,不破泰,鈴木彦文,熊倉信行,吉野晃


小型半導体チップ型センサによる地盤の間隙変化の計測方法に関する基礎的実験
中国支部論文報告集「地盤と建設」,33(1):163 ~ 168 2015(Dec.)
Author:小松満,竹下祐二,二川雅登,不破泰,鈴木彦文,熊倉信行,吉野晃


Development and Evaluation of a High-Speed Simulator for Wireless Sensor Network Protocols using GPGPU
PE-WASUN 2015,:pp.109-115 2015(Nov. 06)
Author:Hiroaki Nose, Saori Nakajyo, Hikofumi Suzuki, Yasushi Fuwa


Realization of a safe and secure society using ICT in Shiojiri-city,Nagano prefecture, Japan -Towards the Creation of a Smart Citie-
ICT DM 2015,:PID3907797, 30 2015(Nov. 02)
Author:Hikofumi Suzuki, Yasushi Fuwa, David K.Asano, Mitsuru Komatsu, Yuji Takeshita, Masato Futagawa, Eiki Motoyama, So Seryu, and Haruo Kaneko


Fabrication of a Hydrophilic Property Impedance Sensor to Stably Monitor Soil Water Content for Slope Failure Prognostics
IEEE Sensors 2015,:1445-1448 2015(Nov.)
Author:Masato Futagawa, Tatsumi Ito, Arumi Kunii, Minoru Watanabe, Hikofumi Suzuki, Yasushi Fuwa, Yuji Takeshita, Mitsuru Komatsu


Proposal and Realistic Evaluation of a New Routing Algorithm for a Regional Protection System
IEICE TRANSACTIONS ON FUNDAMENTALS OF ELECTRONICS COMMUNICATIONS AND COMPUTER SCIENCES,E98A(8):1667-1670 2015(Aug.)
Author:Suzuki, Hikofumi; Karasawa, Shinichi; Asano, David; Fuwa, Yasushi;


Development of a High-Speed Simulator for Sensor Network Protocols Using GPGPU
MASS 2014,:pp.511-512,28-30 2014(Oct.)
Author:Hiroaki Nose, Saori Nakajyo, Hikofumi Suzuki, Yasushi Fuwa


Research on Fundamental Characteristics of the Formation of an Ad-hoc Network in a Sensor Network Capable of Flexibly Responding to Disasters
ITC-CSCC 2014,Proceedings USB of ITC-CSCC 2014:PID 1323, pp.819-824 2014(Jul.)
Author:Hikofumi Suzuki, Yasushi Fuwa, Kishimoto Yuki, David K. Asano, Mitsuru Komatsu, Yuji Takeshita, Kazuaki Sawada, Masato Futagawa, Hiroaki Nose


A Pseudo-TDMA MAC Protocol Using Randomly Determined Transmission Times for Landslide Prediction Wireless Sensor Networks
IEICE TRANSACTIONS ON COMMUNICATIONS,E97B(7):1449-1456 2014(Jul.)
Author:Asano, David; Kuroyanagi, Daichi; Suzuki, Hikofumi; Motoyama, Eiki; Fuwa, Yasushi;


小型ECセンサを用いた斜面崩壊予測センサの開発
電気学会論文誌. E, センサ・マイクロマシン準部門誌 = The transactions of the Institute of Electrical Engineers of Japan. A publication of Sensors and Micromachines Society,133(9):278-283 2013(Sep. 01)
Author:二川 雅登; 小松 満; 鈴木 彦文; 竹下 祐二; 不破 泰; 澤田 和明;
Abstract:To minimize the damage caused by slope failure, knowledge of the increase in water content in mountain soil is important; however the current technology for monitoring this is insufficient. In this study, an EC sensor chip with an insulation layer with increased thickness, designed to reduce leakage current, was fabricated. Utilizing the chip, a wireless sensor terminal was constructed for long term continuous monitoring of the water content in mountain soil. The usefulness of the EC sensor for predicting slope failure was confirmed.
Keywords:ECセンサ; 土中水分; オンサイトモニタリング; 斜面崩壊; 予測; 無線ネットワーク;


Creating an Ambient Campus using ICT Realizing a safe and secure campus with low mental resistance
2013(Jul.)
Author:Mamino Tokita,Hikofumi Suzuki,Yasushi Fuwa


Research on the Construction of an Ad-Hoc Network System for Flexibly Dealing with Disasters
2013(Jul.)
Author:Hikofumi Suzuki,David K. Asano,Mitsuru Komatsu,Yuji Takeshita,Kazuaki Sawada,Masato Futagawa,Hiroaki Nose,Yasushi Fuwa


Construction of a Sensor Network to Forecast Landslide Disasters - Sensor Terminal Development and On-Site Experiments
WWIC 2013,:LNCS 7889, pp.180-191 2013(Jun.)
Author:Hikofumi Suzuki,Daichi Kuroyanagi,David K. Asano,Mitsuru Komatsu,Yuji Takeshita,Kazuaki Sawada,Masato Futagawa,Hiroaki Nose,Yasushi Fuwa


Construction and Evaluation of a Regional Protection System Employing Power-saving Wireless Terminals without Using GPS Modules
2012 IEEE Global Communications Conference(GLOBECOM), GC'12 Workshop - MENS:1-2 Management of P2P Networks, Wireless and Heterogeneous Networks,Proceedings USB of CFP1200E-USB:pp.824-828(MENS:1-2.1) 2012(Dec.)
Author:Hiroaki Nose,Hikofumi Suzuki,Yasushi Fuwa


Examination of a Routing decision algorithm for Improvement of Network Performance of a Regional Protection System
2012(Jul.)
Author:Hikofumi Suzuki,Yasushi Fuwa


大学間遠隔講義システム及び遠隔講義収録・配信システムの自動制御と制御デバイスの拡張
学術情報処理,No.15:pp.70-81 2011(Sep.)
Author:森下孟,茅野基,鈴木彦文,永井一弥,新村正明,矢部正之


Experiments to Achieve Early Discovery of Disaster Victims Using 950 MHz Band RFID
In Proceedings of the 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,ITC-CSCC 2011:S3-6 2011(Jun.)
Author:Hikofumi Suzuki,Yasushi Fuwa


高等教育コンソーシアム信州における大学間遠隔講義システムを活用した遠隔講義「K3茶論」の実践
学術情報処理研究,No.14:pp.105-116 2010(Sep.)
Author:森下孟,茅野基,鈴木彦文,永井一弥,新村正明,矢部正之


UTM を用いたユーザ認証ネットワーク「セキュアネット2010」の構築
学術情報処理研究,No.14:pp.21-30 2010(Sep.)
Author:鈴木彦文,永井一弥,浅川圭史,今井美香,不破泰


Banach Algebla of Bounded Functionals
Formalized Mathematics,Vol6(No2):pp.11-124 2008
Author:Yasunari Shidama, Hikofumi Suzuki, Noboru Endou


学会発表
無線センサーネットワークプロトコルにおけるGPGPUを用いた高速シミュレータの開発と評価
長野県工科短期大学校 , 長野県工科短期大学校紀要 , (19):19-26 2016(Jul.)
Author:野瀬 裕昭; 中條 早織; 鈴木 彦文; 不破 泰;
Keywords:Sensor networks; Network simulation; Network protocols; GPGPU;


災害時に様々な情報収集が可能なセンサーネットワークの迅速な展開に関する開発研究 : 富山県砺波市と広島県廿日市における展開事例 (安全・安心な生活とICT)
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 , 116(92):103-108 2016(Jun. 14)
Author:鈴木 彦文; 二川 雅登; 小松 満; Asano David K.; 不破 泰;
Keywords:Ad-Hocネットワーク; センサーネットワーク; 自然災害対策; Ad-Hoc Network; Sensor Network; Natural disaster Measures;


無線メッシュネットワーク網のパケット損失率低減を目的とする中継端末間の電波干渉モデルの提案 (短距離無線通信)
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 , 116(88):33-38 2016(Jun. 13)
Author:本山 栄樹; 鈴木 彦文; 不破 泰;
Keywords:Ad-Hocネットワーク; センサーネットワーク; 自然災害対策; Ad-Hoc Network; Sensor Network; Natural disaster Measures;


学習行動の特徴分析による成績不振者の早期発見手法の検討 (2015年度 第6回研究会 21世紀型能力と情報教育/一般)
教育システム情報学会 , 教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report , 30(6):41-48 2016(Mar.)
Author:長谷川 理; 新村 正明; 鈴木 彦文;
Keywords:eラーニング; 学習行動分析; データマイニング; ブレンディッドラーニング;


アルゴリズム学習の推論過程における方法論による教育の有効性 (2015年度 第6回研究会 21世紀型能力と情報教育/一般)
教育システム情報学会 , 教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report , 30(6):77-82 2016(Mar.)
Author:時田 真美乃; 鈴木 彦文; 長谷川 理;
Keywords:問題解決; 推論; アルゴリズム; 認知心理学;


無線ネットワークの耐障害性向上のための無線機設置場所の助言システムについて (ネットワークシステム)
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 , 115(368):95-100 2015(Dec. 17)
Author:栗山 有哉; アサノ デービッド; 鈴木 彦文;
Keywords:センサーネットワーク; Ad-hocネットワーク; 通信路遮断; 冗長性; Sensor network; Ad-hoc network; Transmission blocking; Redundancy;


無線ネットワークにおける負荷に応じた経路決定方式に関する検討 (ネットワークシステム)
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 , 115(368):101-106 2015(Dec. 17)
Author:坂本 聖也; アサノ デービッド; 鈴木 彦文;
Keywords:アドホックネットワーク; ルーティング; 地域児童見守りシステム; adhoc-network; routing; regional children protection system;


親水性保護膜を用いた半導体型ECセンサによる土壌安定測定の実現
Institute of Electrical Engineers of Japan , 「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウム論文集 電気学会センサ・マイクロマシン部門 [編] , 32:1-4 2015(Oct. 28)
Author:伊藤 巽; 小松 満; 國井 有巳; 渡辺 実; 鈴木 彦文; 不破 泰; 竹下 祐二; 二川 雅登;
Keywords:ECセンサ; 水分量; 斜面崩壊; 親水性膜; 土壌; EC sensor; water content; slope failure; Hydrophilic film; soil;


プレイスメントテストにおける情報の科学的理解とレポート課題への取り組みの関連性 (2015年度 第2回研究会 ICTを活用した学習支援と教育の質保証/一般)
教育システム情報学会 , 教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report , 30(2):3-8 2015(Jul.)
Author:時田 真美乃; 鈴木 彦文; 長谷川 理;
Keywords:情報教育; 授業改善; 知識定着; 情報化社会; プレイスメントテスト;


長野県塩尻市におけるICTを活用した安全・安心な街づくり : スマートシティの構築をめざして (知的環境とセンサネットワーク)
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 , 114(418):19-24 2015(Jan. 26)
Author:不破 泰; 鈴木 彦文; Asano David K.;
Keywords:スマートシティ; Ad-Hocネットワーク; センサーネットワーク; マルチキャスト通信; Smart City; Ad-Hoc Network; Sensor Network; Multicast communication;


長野県塩尻市におけるICTを活用した安全・安心な街づくり : スマートシティの構築をめざして(知的環境,医療・健康・スポーツのための技術,スマートシティとモバイル通信,技術展時及び一般)
一般社団法人電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告. ASN, 知的環境とセンサネットワーク , 114(418):19-24 2015(Jan. 19)
Author:不破 泰; 鈴木 彦文; Asano David K.; 竹下 祐二; 小松 満; 二川 雅登; 本山 栄樹; 芹生 宗; 金子 春雄;
Abstract:我々は,従来より長野県塩尻市においてICTを活用した安全・安心な街づくりに取り組んでいる.これは,「情報の収集」と「情報の伝達」の2つのフェーズからなるプロジェクトである.「情報の収集」として,災害弱者である児童や高齢者がそれぞれどこに居るのかの所在を確認するシステムの開発や,山間部や河川等の状況を収集システムの開発を行っている.「情報の伝達」として,収集した情報から明らかとなった災害情報や避難警報等を住民に伝えるシステムとして,放送技術を用いたシステムの開発を行っている.本発表では,プロジェクトの目的とこれまでの経過,開発したシステムの概要を述べるとともにその現状とこれからの計画について述べる.
Keywords:スマートシティ; Ad-Hocネットワーク; センサーネットワーク; マルチキャスト通信;


学習行動の特徴分析による成績不振者の検出方法の検討 : 2つの異なる授業スタイルにおけるLMSログを分析対象として (2014年度 第2回研究会 ICTを活用した学習支援と教育の質保証/一般)
教育システム情報学会 , 教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report , 29(2):95-100 2014(Jul.)
Author:長谷川 理; 新村 正明; 鈴木 彦文;
Keywords:eラーニング; 学習行動分析; クラスタリング; ブレンディッドラーニング;


地域児童見守りシステムにおける経路決定方法の提案と実環境での評価(モバイルネットワーク,モバイルアプリケーション,アンビエントインテリジェンス,センサネットワーク,一般及び技術展示)
一般社団法人電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告. ASN, 知的環境とセンサネットワーク , 113(399):59-64 2014(Jan. 16)
Author:唐沢 真一; アサノ デービッド; 鈴木 彦文; 不破 泰;
Abstract:筆者らは2008年から,児童が持つ発信機から定期的に送信されるパケットを無線アドホックネットワークにより構成される中継機網を用いてサーバまで伝達することで実現する「地域児童見守りシステム」を長野県塩尻市において運用している.本研究は,このシステムにおけるパケット損失率の低減を目的とし,中継機網におけるサーバまでの経路決定方法に取り組むものである.これまで,実際の中継機の設置環境や児童の通学時における位置情報の推移を再現できる計算機シミュレータを開発してきた.本稿では,各中継機の周辺中継機状況を考慮しながら経路を決定する方法を提案し,この方法が従来のホップ数のみを用いた経路決定方法に比べてパケット損失率が低減することを開発したシミュレータを用いて明らかにする.さらに,様々な試行を繰り返し手動により求めた最適な経路と比べても,提案方法により得られた経路はほぼ同等のパケット損失率となることを明らかにする.
Keywords:アドホックネットワーク; ルーティング; 地域児童見守りシステム;


センサーネットワークプロトコルのシミュレーションにおけるGPGPUを用いた高速化の検討(モバイルネットワーク,モバイルアプリケーション,アンビエントインテリジェンス,センサネットワーク,一般及び技術展示)
一般社団法人電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告. ASN, 知的環境とセンサネットワーク , 113(399):213-218 2014(Jan. 16)
Author:中條 早織; 野瀬 裕昭; 鈴木 彦文; 不破 泰;
Abstract:近年,コンピュータにおいてグラフィックス処理を担うGPUを,汎用的な計算処理に応用するGPGPUが注目されている.GPUの構造的特徴である並列性を活用することにより,GPGPUの適用でシミュレーション等の大規模な計算処理の高速化が期待できる.本研究では,センサーネットワークプロトコルのシミュレーションにGPGPUを適用する手法を提案する.センサー端末の挙動の計算をGPGPUにおける並列演算の最小単位であるスレッドに割り当てることにより,ネットワーク全体の動作を並列にシミュレーションすることが可能であることを確認した.さらに,CPUによるシミュレーションと計算速度の比較を行い,GPGPUを用いることにより大幅な高速化が可能であることを確認した.
Keywords:GPGPU; センサーネットワーク; プロトコル; シミュレーション;


出欠情報の可視化による学生支援の効率化を目的とするシステムの開発 (2013年度 第4回研究会 教育・学習支援におけるユーザモデリングとデータマイニング/一般)
教育システム情報学会 , 教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report , 28(4):31-36 2013(Nov.)
Author:小松 智央; アサノ デービッド; 鈴木 彦文;
Keywords:教育工学; 学生支援; 学生ライフログ;


学生の活動を記録したライフログの収集とライフログを活用した安否確認システムのプロトタイプ構築 (2013年度 第4回研究会 教育・学習支援におけるユーザモデリングとデータマイニング/一般)
教育システム情報学会 , 教育システム情報学会研究報告 = JSiSE research report , 28(4):45-50 2013(Nov.)
Author:鈴木 彦文; 時田 真美乃; 長谷川 理;
Keywords:学生ライフログ; ビッグデータ; 安心・安全; 安否確認; データマインニング;


学生の活動を記録したライフログの収集とライフログを活用した安否確認システムのプロトタイプ構築
2013(Nov.)
Author:鈴木彦文,時田真美乃,長谷川理,永井一弥,山崎勇,D.K.Asano,曽根原登,不破泰


学習行動の特徴分析による成績不振者の早期発見手法の検討
2013(Sep.)
Author:長谷川理,新村正明,鈴木彦文,小松川浩,不破泰


出欠管理システムを導入した学修環境デザインの検討
2013(Sep.)
Author:時田真美乃,鈴木彦文,不破泰


大学における行動履歴活用に向けての心理的抵抗の調査
2013(Sep.)
Author:時田真美乃,鈴木彦文,不破泰


学生の心理的抵抗の少ないログ取得方法についての評価 : アンビエントキャンパス構築に向けた基礎実験 (2013年度 第2回研究会 ICTを活用した学習支援と教育の質保証/一般)
教育システム情報学会 , 教育システム情報学会研究報告 , 28(2):27-34 2013(Jul.)
Author:時田 真美乃; 鈴木 彦文; 不破 泰;
Keywords:出欠管理; アンビエント; 心理的抵抗;


学習行動の特徴分析による成績不振者の検出方法の検討 (2013年度 第2回研究会 ICTを活用した学習支援と教育の質保証/一般)
教育システム情報学会 , 教育システム情報学会研究報告 , 28(2):37-42 2013(Jul.)
Author:長谷川 理; 新村 正明; 鈴木 彦文;
Keywords:eラーニング; 学習行動分析; クラスタリング; ブレンディッドラーニング;


学習行動の特徴分析による成績不振者の検出方法の検討
2013(Jul.)
Author:長谷川理,新村正明,鈴木彦文,小松川浩,不破


学生の心理的抵抗の少ないログ取得方法についての評価-アンビエントキャンパス構築に向けた基礎実験-
2013(Jul.)
Author:時田真美乃,鈴木彦文,不破泰


Ad-Hocネットワークとセンサーネットワークを用いた安全・安心な街作りについて
一般社団法人情報処理学会 , 研究報告ユビキタスコンピューティングシステム(UBI) , 2013(49):1-6 2013(May 09)
Author:不破 泰; 鈴木 彦文; D.K.asano; 小松 満; 竹下 祐二; 二川 雅登; 澤田 和明;
Abstract:現在我々は,大規模な災害が発生し電力等有線インフラが喪失しても通信が可能もしくは容易に敷設が可能な Ad-Hoc ネットワーク通信インフラの開発と,同インフラを利用したセンサーネットワークシステムの開発を行っている.特に土砂災害の予想を目的として土中水分量センサーシステムにとり組んでおり,既に長野県塩尻市の山中にセンサー端末を埋設して実験を行っている.本発表では,我々が目指している安全・安心な街作りについて述べるとともに,具体的なシステムについて紹介する.We are now developing an ad-hoc network communications infrastructure which can maintain communications or be reconstructed quickly even if electric power cables or communication cables are lost due to a large-scale disaster. Furthermore, we are developing sensor network systems using this communications infrastructure. In particular, we are working to create a sensor system to monitor volumetric water content in soil for the purpose of slope failure prediction. The system under development is already installed in the mountains near Shiojiri-city, Nagano and evaluation experiments are being conducted. This paper explains our aim of realizing a safe and secure society by using an ad-hoc network and sensor networks, and introduces the specific systems under development.
Keywords:Ad-Hocネットワーク; センサーネットワーク; ECセンサー; 土砂災害予測; Ad-Hoc Network; Sensor Network; EC Sensor; Landslide Hazard Prediction;


AS-2-1 実環境における地域児童見守りシステムの経路決定方法の評価(AS-2.安全・安心な生活のための情報通信システム,シンポジウムセッション)
一般社団法人電子情報通信学会 , 電子情報通信学会総合大会講演論文集 , 2013:"S-9"-"S-10" 2013(Mar. 05)
Author:唐沢 真一; アサノ デービッド; 鈴木 彦文; 不破 泰;


実環境における地域児童見守りシステムの経路決定方法の評価
2013(Mar.)
Author:唐沢真一,アサノ デービッド,鈴木彦文,不破泰


土砂災害予測センサーネットワークにおける隠れ端末間の衝突回避プロトコルの検討
2012(Nov.)
Author:黒柳 大治,D.K. Asano,鈴木 彦文,不破 泰


Ad-HocネットワークとECセンサーを用いた土砂災害予測センサーネットワークの構築について
2012(Nov.)
Author:鈴木彦文,黒柳大治,D.K. Asano,小松満,竹下祐二,澤田和明,二川雅登,不破 泰


仮想プラットフォームを用いたネットワーク実習環境開発に関する研究において実現したIPルーティング実習環境開発とその評価
2012(Jul.)
Author:牛込翔平,アサノ・デービッド,鈴木彦文,不破泰


学習行動の特徴分析による成績不振者の検出方法の検討
2012(Jul.)
Author:長谷川理,新村正明,鈴木彦文,小松川浩,不破泰


学生の心理的抵抗の少ないログ取得方法についての評価-アンビエントキャンパス構築に向けた基礎実験-
2012(Jul.)
Author:時田真美乃,鈴木彦文,不破泰


災害検知を目的としたセンサーネットワーク端末に関する一検討
電子情報通信学会 , 第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集 2011(Dec.)
Author:黒柳 大治,D.K. Asano,鈴木彦文,不破泰


無線Ad-Hocネットワークを用いたバスロケーションシステム
電子情報通信学会 , 第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集 2011(Dec.)
Author:山本紘資,本山栄樹,鈴木彦文,不破泰


地域見守りシステムの性能改良を目的としたルーティング決定アルゴリズムの検討
電子情報通信学会 , 第1回安全・安心な生活のための情報通信システム研究会講演論文集 , (ICSSSL2011-02) 2011(Dec.)
Author:上野大知,本山栄樹,鈴木彦文,不破泰


無線Ad-Hocネットワークによる地域見守りシステムの開発と評価
(ICSSSL2011-01) 2011(Dec.) 2011(Dec.)
Author:野瀨裕昭,本山栄樹, 鈴木彦文,不破泰


無線 Ad-Hoc ネットワークを用いたバスロケーションシステムの開発
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会2011総合大会論文集 , AS-4-10:S-71-72 2011(Sep.)
Author:山本紘資,新村正明,國宗永佳,鈴木彦文,不破泰


無線アドホックネットワークを用いたバスロケーションシステムの現状と今後
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会2011年ソサイエティ大会プログラム , AS-7-4 2011(Sep.)
Author:山本紘資,新村正明,國宗永佳,鈴木彦文,不破泰


信州大学認証ネットワーク「セキュアネット2010」における認証スイッチの拡張と整備
学術情報処理研究 , No.15 2011(Sep.)
Author:鈴木彦文,永井一弥,浅川圭史,今井美香,不破泰


被災者早期発見を目的とした 950MHz 帯 RFID による実証実験
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告(ネットワークシステム) , 110, 448(NS2010-193):169-174 2011(Mar.)
Author:鈴木彦文, 不破泰


無線ネットワークを用いた地域見守りシステムの信頼性向上に関する提案
電子情報通信学会 , 2010 年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会講演論文集 , AS-3-10:S-43-44 2010(Sep.)
Author:上野大知,新村正明,國宗永佳,鈴木彦文,不破泰


無線ネットワークを用いた地域見守りシステムにおける送信プロトコルの改良とその評価
電子情報通信学会 , 電子情報通信学会技術研究報告(ネットワークシステム) , NS2010-62:pp.91-96 2010(Sep.)
Author:金井洪紀,新村正明,國宗永佳,本山栄樹,鈴木彦文,不破泰


無線 Ad-Hoc ネットワークを用いたバスロケーションシステムの開発
電子情報通信学会 , 2010年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会講演論文集 , AS-3-12:S-47-48 2010(Sep.)
Author:山本紘資,新村正明,國宗永佳,鈴木彦文,不破泰


無線ネットワークを用いた地域見守りシステムの信頼性向上に関する提案
電子情報通信学会 , 2010年電子情報通信学会通信ソサイエティ大会講演論文集 , AS-3-11:S-45-46 2010(Sep.)
Author:上野大知,新村正明,國宗永佳,鈴木彦文,不破泰


大学間遠隔講義システムの構築と試行
日本教育工学会 , 第25回全国大会 , P1p-FLS-17 2009(Sep.)
Author:森下孟, 新村正明, 茅野基, 鈴木彦文, 永井一弥, 矢部正之


複数の教育支援システムの相互利用とシステム間の情報共有を実現する教育基盤システムの構築と運用
教育システム情報学会 , 研究報告 , 23((7)):pp.118-123 2009(Mar.)
Author:五月女雄一, 鈴木彦文, 新村正明


教育支援システムの疎結合で構成される教育基盤システム「eALPS2.0」
情報処理学会 , 第10回CMS研究発表会 , :pp.1-4 2008(Dec.)
Author:五月女雄一, 鈴木彦文, 新村正明

研究費
奨学寄附金
2014 , 里山を守り豊かな水資源へとつながる「育水」に学ぶ降雨浸透モニタリングシステムの 開発と地下水涵養域を考慮した水理地質構造モデルの構築

その他公的資金
2015 - 2016 , 総務省戦略的情報通信研究開発推進制度 委託研究 災害状況を遠隔地から把握するセンサーネットワークのための災害に柔軟に対応する通信インフラシステムの研究開発(フェーズ2)
2015 - 2015 , 「地方創生に資するデータ活用プラン策定業務(地域オープンデータプラットフォーム、及び分析結果のデータの環流の仕組み作りと土砂災害防止への応用 ~最先端のセンサーネットワーク研究成果の応用スキーム~)」
2014 - 2014 , 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度 委託研究 災害状況を遠隔地から把握するセンサーネットワークのための災害に柔軟に対応する通信インフラシステムの研究開発(フェーズ1)
2011 - 2012 , 総務省 戦略的情報通信研究開発推進制度 委託研究 地域全体の安全・安心を確保する防災・減災および鳥獣センシングを実現するセンサーネットワークシステムの研究開発

社会活動実績

社会活動等
学外審議会・委員会
201004 - 201104 , 長野県次期高速情報通信ネットワーク整備事業 , ICTアドバイザー
200910 - , 大町市情報推進化委員会 , 会長
200907 - , 地域における安心安全のためのRFIDの利活用に関する調査検討会
200905 - , NPO 長野県情報通信研究所 , 会員
200903 - , テレコムサービス協会信越支部研究会
200809 - , 高等教育コンソーシアム , ICT部会員
200504 - , 長野県情報処理振興財団 , 評議員