信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

千 菊夫  セン キクオ

教員組織学術研究院(農学系)電話番号
教育組織農学部 農学生命科学科 生命機能科学コースFAX番号
職名教授メールアドレス
住所〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304 信州大学農学部ホームページURL

更新日:2020/07/07

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院総合工学系研究科
研究分野
応用生物化学
応用分子細胞生物学
現在の研究課題
担子菌のシグナル伝達及び子実態形成機構に関する研究
キーワード:担子菌 子実態形成 , 1987-
担子菌キノコの宿主-ベクター系の開発
キーワード:担子菌 キノコ , 1987-
微生物殺虫剤 Bacillus thuringiensis の遺伝子工学的研究
キーワード:微生物殺虫剤Bacillus thuringiensis , 1882-
所属学会
所属学会
日本農芸化学会
日本分子生物学会
日本菌学会
日本応用きのこ学会
学歴
出身大学院
1987 , 京都大学 , 農学研究科
1984 , 京都大学 , 農学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1982 , 京都大学 , 農学部

取得学位
農学博士 , 京都大学
研究職歴等
研究職歴
2005- , 信州大学農学部教授
1995-2005 , 信州大学 農学部 助教授
1987-1995 , 信州大学 農学部 助手

留学歴
1991-1993 , コールドスプリングハーバー研究所(米国)

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
きのこの分子生物学;きのこハンドブック,第III編第5章第2節
朝倉書店 , :7頁 2000
Author:衣川堅二郎/小川 真 編/千 菊夫


Bacillus thuringiensis subsp. israelensis の殺虫性タンパク質遺伝子の解析;遺伝子の構造と機能,第4章第2節
学会出版センター , :10頁 1998
Author:駒野 徹 編/千 菊夫/黒澤辰一


論文
Analysis of the sexual development-promoting region of Schizophyllum commune TRP1 gene
Biosci. Biotech. Biochem.,80(10):2033-2044 2016(Oct.)
Author:Kikuo Sen, Hideki Kinoshita, Kazuyuki Tazuke, Yoshinori Maki, Yumi Yoshiura, Toshiharu Yakushi, Hiroshiro Shibai, and Shin-ichi Kurosawa
Keywords:Schizophyllum commune; fruit body formation; sexual development; TRP1; indole-3-glycerol phosphate synthase


エノキタケ(Flammulina velutipes)の子実体形成におけるサイクロフィリンの役割,
生物工学会誌,79(5):127-132 2001
Author:小田亜紀/中井亮介/千 菊夫/黒澤辰一


Basidiomycetous fungus Flammulina velutipes harbors two linear mitochondrial plasmids encoding DNA and RNA polymerases
FEMS MICROBIOLOGY LETTERS,190(1):99-102 2000
Author:R. Nakai, K. Sen, S. Kurosawa and H. Shibai


Cloning and sequencing analysis of TRP1 gene of Flammulina velutipes
FEMS MICROBIOLOGY LETTERS,190(1):51-56 2000
Author:R. Nakai, K. Sen, S. Kurosawa and H. Shibai


Activation process of the insecticidal proteins CryIVA and CryIVB produced by Bacillus thuringiensis subsp. israelensis.
Israel J. Entomol,32:185-198 1999
Author:Tohru Komano;Masashi Yamagiwa;Tomoyuki Nishimoto;Hajime Yoshisue;Kouichi Tanabe;Kikuo Sen;Hiroshi Sakai


Indole- and caffeine-resistant mutations of Schizophyllum commune are involved in the behavior of a class III B mating-type factor in trp1 cells
FEMS MICROBIOLOGY LETTERS,163(2):113-120 1998
Author:Samadder, PP; Sen, K; Kurosawa, S


Isolation and characterization of Schizophyllum commune mutants resistant to indole and caffeine
FEMS MICROBIOLOGY LETTERS,150(2):277-282 1997
Author:P. P. Samadder, K. Sen and S. Kurosawa


Identification of a second transcriptional start site for the insecticidal protein gene cryIVA of Bacillus thuringiensis subsp israelensis
GENE,185(2):251-255 1997
Author:H. Yoshisue, H. Sakai, K. Sen, 他2名

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
1995 - , 微生物殺虫剤BTの高分子プラスミドの遺伝子構成と殺虫性タンパク質安定化機構の解析 , 奨励研究(A)
1994 - , 食用担子菌類の宿主-ベクター系の開発 , 奨励研究(A)
2003 - 2005 , 担子菌キノコの子実体形成のシグナリング機構 , 基盤研究(C)

受託事業
1997 - , 微生物由来害虫防除蛋白質の高生産技術の開発

教育活動実績

授業等
2017 , 前期 , 生化学
2017 , 前期 , 分子生物学
2017 , 後期 , 生命機能科学概論
2017 , 後期 , 分子生物・遺伝子工学特論
2017 , 後期 , 生化学・分子生物学系実験

管理運営実績

管理運営実績
学内兼務職
2016 - , 教職支援センター兼務教員