信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

森宏  モリ ヒロシ

教員組織電話番号
教育組織理学部 理学科 地球学コースFAX番号
職名助教(特定雇用)メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://science.shinshu-u.ac.jp/~mori/index.html
http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/science/earth/field/chikyu.php

プロフィール

研究分野
地質学
岩石学
構造地質学
所属学会
所属学会
日本地質学会
日本地震学会
日本地球惑星科学連合
American Geophysical Union
学歴
出身大学院
2014 , 名古屋大学 , 環境学研究科 , 地球環境科学専攻
2010 , 名古屋大学 , 環境学研究科 , 地球環境科学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2008 , 山口大学 , 理学部

取得学位
博士(理学) , 名古屋大学
修士(環境学) , 名古屋大学
学士(理学) , 山口大学
受賞学術賞
2017 , 2017年度日本地質学会Island Arc賞
2017 , 平成二十八年度土木学会論文賞
2016 , 2016 Island Arc Most Downloaded Award
2015 , 2015年度日本地質学会論文賞
2012 , 2012年度日本地質学会研究奨励賞
2011 , 平成22年度名古屋大学学術奨励賞
研究職歴等
研究職歴
2016- , 信州大学助教(特定雇用)
2014- , 産業技術総合研究所特別研究員
2011- , 日本学術振興会特別研究員(DC2)

留学歴
2013-2013 , Bristol University (UK)
2012-2012 , Bristol University (UK)

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
The importance of heating duration for Raman CM thermometry: evidence from contact metamorphism around the Great Whin Sill intrusion, UK
JOURNAL OF METAMORPHIC GEOLOGY,35(2):165-180 2017(Feb.)
Author:Hiroshi, Mori; Natsumi, Mori; Simon Wallis; Robert Westaway; Catherine Annen


Extreme hydrothermal conditions at an active plate-bounding fault
NATURE,546(7656):137-+ 2017
Author:Sutherland, Rupert; Townend, John; Toy, Virginia; Upton, Phaedra; Coussens, Jamie; Allen, Michael; Baratin, Laura-May; Barth, Nicolas; Becroft, Leeza; Boese, Carolin; Boles, Austin; Boulton, Carolyn; Broderick, Neil G. R.; Janku-Capova, Lucie; Carpenter, Brett M.; Celerier, Bernard; Chamberlain, Calum; Cooper, Alan; Coutts, Ashley; Cox, Simon; Craw, Lisa; Mai-Linh Doan; Eccles, Jennifer; Faulkner, Dan; Grieve, Jason; Grochowski, Julia; Gulley, Anton; Hartog, Arthur; Howarth, Jamie; Jacobs, Katrina; Jeppson, Tamara; Kato, Naoki; Keys, Steven; Kirilova, Martina; Kometani, Yusuke; Langridge, Rob; Lin, Weiren; Little, Timothy; Lukacs, Adrienn; Mallyon, Deirdre; Mariani, Elisabetta; Massiot, Cecile; Mathewson, Loren; Melosh, Ben; Menzies, Catriona; Moore, Jo; Morales, Luiz; Morgan, Chance; Mori, Hiroshi; Niemeijer, Andre; Nishikawa, Osamu; Prior, David; Sauer, Katrina; Savage, Martha; Schleicher, Anja; Schmitt, Douglas R.; Shigematsu, Norio; Taylor-Offord, Sam; Teagle, Damon; Tobin, Harold; Valdez, Robert; Weaver, Konrad; Wiersberg, Thomas; Williams, Jack; Woodman, Nick; Zimmer, Martin;


Brucite as an important phase of the shallow mantle wedge: Evidence from the Shiraga unit of the Sanbagawa subduction zone, SW Japan
LITHOS,254:53-66 2016(Jun.)
Author:Kawahara, Hirokazu; Endo, Shunsuke; Wallis, Simon R.; Nagaya, Takayoshi; Mori, Hiroshi; Asahara, Yoshihiro;


緊急現地調査報告[2016年4月18日] (平成28年(2016年)熊本地震及び関連情報)
GSJ地質ニュース = GSJ chishitsu news,5(5):142-146 2016(May)
Author:白濱 吉起; 森 宏; 丸山 正; 吉見 雅行;


Characteristics of the surface ruptures associated with the 2016 Kumamoto earthquake sequence, central Kyushu, Japan
EARTH PLANETS AND SPACE,68:- 2016
Author:Shirahama, Yoshiki; Yoshimi, Masayuki; Awata, Yasuo; Maruyama, Tadashi; Azuma, Takashi; Miyashita, Yukari; Mori, Hiroshi; Imanishi, Kazutoshi; Takeda, Naoto; Ochi, Tadafumi; Otsubo, Makoto; Asahina, Daisuke; Miyakawa, Ayumu;


Recognition of shear heating on a long-lived major fault using Raman carbonaceous material thermometry: implications for strength and displacement history of the MTL, SW Japan
ISLAND ARC,24(4):425-446 2015(Dec.)
Author:Mori, Hiroshi; Wallis, Simon; Fujimoto, Koichiro; Shigematsu, Norio;


Graphitization of carbonaceous material in sedimentary rocks on short geologic time-scales: An example from the Kinsho-zan area, central Japan
ISLAND ARC,24(2):119-130 2015(Jun.)
Author:Mori, Natsumi; Wallis, Simon; Mori, Hiroshi;


位相最適化に基づく断層形状推定手法の開発
土木学会論文集A1(構造・地震工学),71(4):I_21-I_31 2015
Author:竿本 英貴; 加瀬 祐子; 森 宏; 吉見 雅行; 堀川 晴央; 阿部 信太郎;
Abstract: 地震や累積的な断層運動は,地表に変位を生じさせる.この地表変位から地下の断層形状を推定することは,地震被害想定の観点からは重要な課題の一つである.断層形状を推定する従来手法として,バランス断面法とOkadaの食い違い理論に基づく手法がある.これらの手法は,褶曲が地表で確認できない場合や,共役断層を含む複数の断層が想定される場合には正確に断層形状を推定することは困難である場合が多い.本研究では以上の欠点を補う手法として,有限要素法と位相最適化手法を組み合わせた断層形状推定手法を新たに提案する.断層形状推定問題を最適化問題として定式化し,いくつかの計算例を通じて開発手法の精度検証を行った.結果,開発手法は一定以上の精度で断層形状を推定できることを確認した.
Keywords:active fault; topology; optimization; SIMP method; FEM;


鴨川低地断層帯海域延長部における断層分布と活動性について
活断層・古地震研究報告,(15):109-141 2015
Author:森 宏; 阿部 信太郎; 荒井 良祐;
Keywords:鴨川低地断層帯; 海域; 活断層; 反射法音波探査; Kamogawa-teichi fault zone; sea area; active fault; seismic reflection survey;


三浦半島断層群海域延長部における断層分布と活動性について
活断層・古地震研究報告,(15):143-177 2015
Author:森 宏; 阿部 信太郎; 荒井 良祐;
Keywords:三浦半島断層群; 海域; 活断層; 反射法音波探査; Miura-hanto fault group; sea area; active fault; seismic reflection survey;


A new approach to develop the Raman carbonaceous material geothermometer for low-grade metamorphism using peak width
ISLAND ARC,23(1):33-50 2014(Mar.)
Author:Kouketsu, Yui; Mizukami, Tomoyuki; Mori, Hiroshi; Endo, Shunsuke; Aoya, Mutsuki; Hara, Hidetoshi; Nakamura, Daisuke; Wallis, Simon;


Tectono-stratigraphy and low-grade metamorphism of Late Permian and Early Jurassic accretionary complexes within the Kurosegawa belt, Southwest Japan: Implications for mechanisms of crustal displacement within active continental margin
TECTONOPHYSICS,592:80-93 2013
Author:Hara, Hidetoshi; Kurihara, Toshiyuki; Mori, Hiroshi;


Internal structure of the Median Tectonic Line fault zone, SW Japan, revealed by borehole analysis
TECTONOPHYSICS,532:103-118 2012
Author:Shigematsu, Norio; Fujimoto, Koichiro; Tanaka, Nobuaki; Furuya, Naoto; Mori, Hiroshi; Wallis, Simon;


Lake shoreline deformation in Tibet and mid-crustal flow
ISLAND ARC,19(2):209-211 2010(Jun.)
Author:Wallis, Simon R.; Mori, Hiroshi; Ozawa, Kazuhiro; Mitsuishi, Mayumi; Shirakawa, Chie;


Large-scale folding in the Asemi-gawa region of the Sanbagawa Belt, southwest Japan
ISLAND ARC,19(2):357-370 2010(Jun.)
Author:Mori, Hiroshi; Wallis, Simon;


学会発表
フランシスカン帯の高圧変成岩ブロックの加水後退変成作用と流体不飽和な相平衡
日本鉱物科学会年会講演要旨集 , 2011:- 2011(Sep. 05)
Author:遠藤 俊祐; 森 宏; 纐纈 佑衣; ウォリス サイモン;
Keywords:fluid undersaturation; Franciscan high-grade blocks; high-P; T metamorphism; hydrous Ca-Al silicates; retrogressive hydration;


炭質物ラマン分光分析を用いた,中央構造線近傍・三波川帯における剪断熱検出
一般社団法人 日本地質学会 , 日本地質学会学術大会講演要旨 , 2011:189-189 2011
Author:森 宏; ウォリス サイモン; 藤本 光一郎; 重松 紀生;
Keywords:剪断熱; 中央構造線; 三波川帯; ボーリングコア; ラマン分光分析; 炭質物; 熱計算;


中央構造線を貫く連続コアによる断層帯内部構造解析と内陸地震
一般社団法人 日本地質学会 , 日本地質学会学術大会講演要旨 , 2011:266-266 2011
Author:藤本 光一郎; 田中 伸明; 重松 紀生; 森 宏; ウォリス サイモン;
Keywords:中央構造線; 断層帯内部構造; 変形条件; 応力履歴; 脆性‐塑性遷移;


四国中央部・三波川帯の大規模褶曲
一般社団法人 日本地質学会 , 日本地質学会学術大会講演要旨 , 2011:414-414 2011
Author:森 宏; ウォリス サイモン;
Keywords:三波川帯; 汗見川; 大規模褶曲; 褶曲フェルゲンツ; 原岩層序; 延性変形;


チベット中央部のナムツォ湖周辺に分布する段丘から制約した高い粘性を持つ中部地殻
日本鉱物科学会 , 日本鉱物科学会年会講演要旨集 , 2011:40-40 2011
Author:ウォリス サイモン; 森 宏; 小澤 和浩; 鷺谷 威; 中村 俊夫; 时 丕龙;
Abstract:チベット高地に点在する湖の周囲には数多くの湖段丘が分布する.湖の水位が下がると地殻を隆起させる浮力が生じる.隆起が起こるために中部地殻における岩石の流動も必要である.流動のタイムスケールは、湖の盆地の幾何学と中部地殻の粘性で決まる.盆地の形は既知であるので,粘性は段丘の隆起量及び隆起のかかった時間から導出できる. 段丘の隆起量は湖の中央が最大であり,一般に同じ段丘は場所によって中央からの距離が異なる.よって,湖の地盤の隆起が起こると段丘は緩やかに傾斜することになる.チベットで最大級の湖であるナムツォ湖周辺の段丘の高さをキネマティックGPSによる精密測量により決定し,段丘に付着したトゥファの14C年代測定を行った.その結果,ナムツォ地域の中部地殻は10^20 Pa s以上の粘性を持つという制約が得られた.一般的に予想されるチベット中部地殻における低粘性層の存在を再検討する必要が出てきた.
Keywords:チベット; キネマティックGPS; 14C年代; 中部地殻の粘性;


中央構造線を貫く連続コアによる断層帯内部構造解析と内陸地震
一般社団法人 日本地質学会 , 日本地質学会学術大会講演要旨 , 2011:266-266 2011
Author:藤本 光一郎; 田中 伸明; 重松 紀生; 森 宏; ウォリス サイモン;
Keywords:中央構造線; 断層帯内部構造; 変形条件; 応力履歴; 脆性‐塑性遷移;


大断層における剪断熱定量評価にむけた,炭質物ラマン分光分析による中央構造線近傍・三波川帯での熱異常検出の試み
一般社団法人 日本地質学会 , 日本地質学会学術大会講演要旨 , 2010:515-515 2010
Author:森 宏; ウォリス サイモン; 藤本 光一郎; 重松 紀生;


ボーリングコアによる中央構造線の脆性断層岩の構造
一般社団法人 日本地質学会 , 日本地質学会学術大会講演要旨 , 2009:198-198 2009
Author:重松 紀生; 藤本 光一郎; 田中 伸明; 古谷 直人; 木村 希生; 森 宏; ウォリス サイモン;
Keywords:ボーリングコア; 中央構造線; 脆性断層岩;


流体包有物によるメランジュ形成時・形成後の温度・圧力条件の推定の試み~ジュラ紀付加体玖珂層群の例~
一般社団法人 日本地質学会 , 日本地質学会学術大会講演要旨 , 2009:451-451 2009
Author:鎌田 祥仁; 森岡 順子; 森 宏;


三波川帯・汗見川地域の大規模褶曲
一般社団法人 日本地質学会 , 日本地質学会学術大会講演要旨 , 2009:500-500 2009
Author:森 宏; ウォリス サイモン;