信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

高坂 泰弘  コウサカ ヤスヒロ

教員組織学術研究院(繊維学系)電話番号0268-21-5488
教育組織先鋭領域融合研究群 先鋭材料研究所FAX番号
職名准教授メールアドレスkohsaka@shinshu-u.ac.jp
住所〒386-8567 長野県上田市常田3-15-1ホームページURLhttp://fiber.shinshu-u.ac.jp/kohsaka/index.html

プロフィール

兼担研究科・学部
繊維学部 化学・材料学科 機能高分子学コース
COE・クラスタ・
研究グループ
高坂研究室
研究分野
高分子合成
キーワード:精密重合化学 , 機能性モノマー , 分解性ポリマー , 開環重合 , ラジカル重合 , 重縮合 , ケミカルリサイクル
所属学会
所属学会
高分子学会
日本化学会
日本ゴム協会
日本接着学会
繊維学会
学歴
出身大学院
2011 , 東京工業大学 , 理工学研究科 , 有機・高分子物質専攻
2008 , 東京工業大学 , 理工学研究科 , 有機・高分子物質専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2006 , 東京工業大学 , 工学部 , 高分子工学科

取得学位
博士(工学) , 東京工業大学

免許・資格等
2005.7 , 危険物取扱者(甲種)
受賞学術賞
2023 , 令和5年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
2021 , ヤングサイエンティスト講演賞
2021 , Young Talents in Polymer Science
2019 , 高分子学会 広報委員会パブリシティ賞
2019 , 繊維学会奨励賞
2019 , 高分子奨励賞
2018 , 日本化学会第98年次大会 優秀講演賞(学術)
2018 , Emerging Investigator 2018(世界の新進気鋭の研究者33傑)
2015 , 宇部興産科学技術振興財団 第55回研究奨励賞
2009 , 第5回CERI最優秀発表論文賞
研究職歴等
研究職歴
2023- , 東京工業大学物質工学院非常勤講師
2020- , 高知大学非常勤講師
2011-2015 , 大阪大学大学院基礎工学研究科,助教
2008-2011 , 日本学術振興会 特別研究院

留学歴
2009-2010 , マサチューセッツ工科大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
書籍等出版物
海洋汚染問題を解決する生分解性プラスチック開発,素反応開発による生分解性プラスチックの新しい合成法
エヌ・ティー・エス 2023(Feb. 06)
Author:野田拓海,高坂泰弘


高分子材料の事典,重付加
朝倉書店 2022(Nov. 11)
Author:高坂泰弘


「クリックケミストリー ―基礎から実用まで―」 第15章 クリック反応性基を有するアクリル系ポリマーの精密合成と反応
シーエムシー出版 2014
Author:高坂泰弘,北浦健大,北山辰樹


Polyrtaxane Networks as a topologically cross-linked polymer: Synthesis and properties in Supramolecular Polymer Chemistry
Willey-VCH 2012
Author:Yasuhito Koyama, Takayuki Arai, Yasuhiro Kohsaka, Masahiro Shioya, Toshikazu Takata


論文
Highly integrated, breathable, metalized phase change fibrous membranes based on hierarchical coaxial fiber structure for multimodal personal thermal management
Chem. Eng. J.,465:142835 2023
Author:J. Wu, M. Wang, L. Dong, Y. Zhang, J. Shi, M. Ohyama, Y. Kohsak, C. Zhu, H. Morikawa


Effect of Amino Group Modification at Allyl Position of Methacrylamides on Polymerization and Polymer pH-/Thermo-Responsiveness
Polym. Chem.,14:1585-1590 2023
Author:Y. Kohsaka, N. Chinbat, K. Ito, Y. Akae


Polymeric Surfactants Bearing Divalent Carboxy Pendants for Stable Color Dispersions with High Redispersibility
ACS Appl. Polym. Mater.,5(7):4901-4909 2023
Author:T. Ohtake, H. Ito, K. Horiba, N. Toyoda, Y. Kohsaka


Unsaturated polyurethanes degradable by conjugate substitution reactions with amines and carboxylate anions
RSC Advances,14:20336-20341 2023
Author:T. Noda, A. Tanaka, Y. Akae, Y. Kohsaka


Polythioethers bearing side groups for efficient degradation by E1cB reaction: reaction design for polymerization and main-chain scission
RSC Advances,13:20782-20786 2023
Author:R. Kawatani, K. Hagiwara, A. Tanaka, Y. Kohsaka


Diverse chemically recyclable polymers obtained by cationic vinyl and ring-opening polymerizations of the cyclic ketene acetal ester “dehydroaspirin”
Polymer Chemistry 2022(Oct. 17)
Author:Akane Kazama, Yasuhiro Kohsaka


A Trimode Thermoregulatory Flexible Fibrous Membrane Designed with Hierarchical Core–Sheath Fiber Structure for Wearable Personal Thermal Management
ACS Nano,16(8):12801-12812 2022
Author:J. Wu, M. Wang, L. Dong, J. Shi, M. Ohyama, Y. Kohsaka, C. Zhu, H. Morikawa


High-Speed Synthesis of Thermo-responsive Polymers by Boosted Polymerization of N,N-Diethyl Acrylamide in High-Temperature Water
Ind. Eng. Chem. Res. ,61(46):17012-17016 2022
Author:S. Ishii, A.i Sezai, Y. Kohsaka, S. Deguchi, and M. Osada


Synthesis of polyarylates and aliphatic polyesters by divalent acyl-1,2,4-triazole: a route to metal-free synthesis at low temperature
Polymer Jouranl,53(8):887-893 2021(Apr. 20)
Author:Y. Kohsaka, I. Mori, K. Homma, Y. Akae, D. Matsuura, Y. Kimura
Abstract:Aromatic, semiaromatic, and aliphatic polyesters were synthesized at moderate temperatures (25–80 °C) by the polymerization of divalent acyl-1,2,4-triazoles using 4-(dimethylamino)pyridine as a catalyst. The monomers were prepared from divalent acyl chloride in high yields, although some of them required that toluene and pyridine be used as solvents due to their high crystallinity. Melt polymerization in diphenyl ether was effective in affording semiaromatic and aliphatic polyesters. However, this method was not suitable for aromatic polyesters, as the reaction system became heterogeneous at 80 °C. Nevertheless, solution and interfacial polymerization reactions were effective in obtaining aromatic polyesters. The novel monomers provided polyester synthesis at moderate temperature without the use of any metal catalyst or halide monomers.


Controls and Effects of Monomer Junctions and Sequences in Curable and Degradable Polyarylate Containing Acrylate Moieties
Macromol. Rapid Commun. 2021
Author:Y. Kohsaka, N. Nagai


Magnesium bromide (MgBr2) as a catalyst for living cationic polymerization and ring-expansion cationic polymerization"
Polym. Chem 2021
Author:Y. Daito, R. Kojima, N. Kusuyama, Y. Kohsaka, M. Ouchi


Synthesis of Poly(Conjugated Ester)s by Ring-Opening Polymerization of Cyclic Hemiacetal Ester Bearing Acryl Skeleton
European Polymer Journal,120:109185 2020
Author:Yasuhiro Kohsaka, Mai Yamashita, Yosuke Matsuhashi, Shuji Yamashita


End-reactive poly(tetrahydrofuran) for functionalization and graft copolymer synthesis via a conjugate substitution reaction
Polymer Journal,52:75 2020
Author:Yasuhiro Kohsaka, Naoki Nagatsuka


Divergence of polycondensation by a tandem reaction based on sequential conjugate substitutions
Polymer Chemistry,:5128 2020
Author:Keito Hagiwara, Yasuhiro Kohsaka


Degradable and curable poly(conjugated ester)s prepared by acryl- and conjugate-substitutions of the ‘smallest’ monomer
Eur. Polym. J.,141:110049 2020
Author:Y. Kohsaka, K. Nagai,


Radical Polymerization of ‘Dehydroaspirin’ with a Formation of Hemiacetal Ester Skeleton: A Hint for Recyclable Vinyl Polymers
Polymer Chemistry,10:2764 2019
Author:Akane Kazama, Yasuhiro Kohsaka


Synthesis and properties of polyethers containing 1,3-butadiene skeleton in the backbones
Chemistry Letters,48(8):894 2019
Author:Yasuhiro Kohsaka, Akira HIramatsu


Esterification with Aromatic Acyl-1,2,4-triazole Catalyzed by Weak Base at the Rate Comparable to Acyl Chloride
CHEMISTRY LETTERS,47(1):100-102 2018
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Homma, Kazumasa; Sugiyama, Susumu; Kimura, Yoshikazu;


Bifunctional Acyl-1,2,4-triazole: An Alternative Monomer of Dicarbonyl Chloride for Metal- and Halogen-free Polyester Synthesis
CHEMISTRY LETTERS,47(2):221-224 2018
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Homma, Kazumasa; Mori, Ichiro; Sugiyama, Susumu; Kimura, Yoshikazu;


Conjugate substitution and addition of alpha-substituted acrylate: a highly efficient, facile, convenient, and versatile approach to fabricate degradable polymers by dynamic covalent chemistry
POLYMER CHEMISTRY,9(13):1610-1617 2018
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Miyazaki, Takumi; Hagiwara, Keito;


Synthesis of isotactic poly[alpha-(hydroxymethyl)acrylate] by anionic polymerization of the protected monomer
POLYMER BULLETIN,74(5):1935-1948 2017(May)
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Yamamoto, Kazuki; Suzawa, Kazuha; Kitayama, Tatsuki;


Synthesis and reaction of block copolymer composed of independently clickable segments via monomer-selective living copolymerization
MICROSYSTEM TECHNOLOGIES-MICRO-AND NANOSYSTEMS-INFORMATION STORAGE AND PROCESSING SYSTEMS,23(5):1133-1140 2017(May)
Author:Ladelta, Viko; Kohsaka, Yasuhiro; Kitayama, Tatsuki;


Polymerization of alpha-(halomethyl)acrylates through sequential nucleophilic attack of dithiols using a combination of addition-elimination and click reactions
POLYMER CHEMISTRY,8(6):976-979 2017
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Hagiwara, Keito; Ito, Keiichiro;


Anionic polymerization of ethyl acrylate initiated by tetrabutylammonium azide: direct synthesis of end-clickable polyacrylate
POLYMER CHEMISTRY,8(26):3858-3861 2017
Author:Kataoka, Yuki; Kohsaka, Yasuhiro; Kitaura, Takehiro; Domae, Shogo; Ishihara, Shoya; Kitayama, Tatsuki;


Acid- or photo-cleavable polyrotaxane: Subdivision of supramolecular main-chain type polyrotaxane structure induced by acidolysis or photolysis
POLYMER,125:134-137 2017
Author:Araki, Jun; Honda, Yuta; Kohsaka, Yasuhiro;


Synthesis of thermo-responsive polymer via radical (co)polymerization of N,N-dimethyl-α-(hydroxymethyl)acrylamide with N,N-diethylacrylamide
Polymers,8:374 2016
Author:Yasuhiro Kohsaka, Yoshiaki Tanimoto


α-Exomethylene lactone possessing acetal–ester linkage: Polymerization and postpolymerization modification for water-soluble polymer
Journal of Polymer Science Part A: Polymer Chemistry,54(7):955-961 2016
Author:Kohsaka, Y; Matsumoto, Y; Zhang, T; Matsuhashi, Y; Kitayama, T
Abstract:Spotlight Articleとして特別枠で収録


Synthesis and post-polymerization reaction of end-clickable stereoregular polymethacrylates via termination of stereospecific living anionic polymerization
Polymer Chemistry,6(7):1078-1087 2015
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Kurata, Takashi; Yamamoto, Kazuki; Ishihara, Shoya; Kitayama, Tatsuki;


Stereospecific Anionic Polymerization of α-(Hydroxymethyl)acrylate with Protective Group
Macromol. Symp.,350:86-98 2015
Author:Yasuhiro Kohsaka, Kazuha Suzawa, Tatsuki Kitayama


C60-Containing polymethacrylates: synthesis, properties, and potential application as n-type semiconductor for organic solar cell
Polym. Bull.,72:1265-1280 2015
Author:Viko Ladelta, Yasuhiro Kohsaka, Toshihiro Ohnishi, Michio Matsumura, Tatsuki Kitayama


Stereoregular poly(methyl methacrylate) with double-clickable omega-end: synthesis and click reaction
Polymer Chemistry,6(19):3601-3607 2015
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Yamamoto, Kazuki; Kitayama, Tatsuki;


Termination of living anionic polymerization of butyl acrylate with α-(chloromethyl)acrylate for end-functionalization and application to the evaluation of monomer reactivity
Macromol. Chem. Phys.,216(14):1534-1539 2015
Author:Yasuhiro Kohsaka, Shoya Ishihara, Tatsuki Kitayama


α-(Aminomethyl)acrylate: Polymerization and spontaneous post-polymerization modification of β-amino acid ester for pH- / temperature-responsive material
Polym. Chem.,6:5026-5029 2015
Author:Yasuhiro Kohsaka, Yusuke Matsumoto, Tatsuki Kitayama


Stimuli-degradable cross-linked polymers synthesized by radical polymerization using a size-complementary [3]rotaxane cross-linker
Polymer Journal,46(1):67-72 2014
Author:Iijima, Keisuke; Kohsaka, Yasuhiro; Koyama, Yasuhito; Nakazono, Kazuko; Uchida, Satoshi; Asai, Shigeo; Takata, Toshikazu;


Anionic Alternating Copolymerization of alpha-Arylacrylates with Methyl Methacrylate: Effect of Monomer Sequence on Fluorescence
Journal of Polymer Science Part A-Polymer Chemistry,52(19):2806-2814 2014
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Yamaguchi, Eiji; Kitayama, Tatsuki;


Photodegradable cross-linked polymer derived from a vinylic rotaxane cross-linker possessing aromatic disulfide axle
Pure and Applied Chemistry,85(4):835-842 2013
Author:Koyama, Yasuhito; Yoshii, Takahiro; Kohsaka, Yasuhiro; Takata, Toshikazu;


End-functional stereoregular poly(methyl methacrylate) with clickable C=C bonds: facile synthesis and thiol-ene reaction
Polymer Chemistry,4(19):5043-5047 2013
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Kurata, Takashi; Kitayama, Tatsuki;


An efficient synthetic entry to rotaxanes utilising reversible cleavage of aromatic disulphide bonds
Supramolecular Chemistry,23(1-2):65-68 2011
Author:Yoshii, Takahiro; Kohsaka, Yasuhiro; Moriyama, Taichi; Suzuki, Takao; Koyama, Yasuhito; Takata, Toshikazu;


Size-Complementary Rotaxane Cross-Linking for the Stabilization and Degradation of a Supramolecular Network
Angewandte Chemie-International Edition Angewandte Chemie-International Edition,50(21):4872-4875 2011
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Nakazono, Kazuko; Koyama, Yasuhito; Asai, Shigeo; Takata, Toshikazu;


Graft Polyrotaxanes: A New Class of Graft Copolymers with Mobile Graft Chains
Angewandte Chemie-International Edition,50(44):10417-10420 2011
Author:Kohsaka, Yasuhiro; Koyama, Yasuhito; Takata, Toshikazu;


Synthesis of a main chain-type polyrotaxane consisting of poly(crown ether) and dumbbell sec-ammonium salt and its application to polyrotaxane network
Polym. J.,39:861-873 2007
Author:Y. Kohsaka, G. Konishi, T. Takata


Main chain-type polyrotaxane with controlled ratio of rotaxanated units
Chemistry Letters,36(2):292-293 2007
Author:Takata, Toshikazu; Kohsaka, Yasuhiro; Konishi, Gen-ichi;


講演・口頭発表等
アリル位置換メタクリレート骨格を導入したポリエステルの主鎖切断
第72回高分子討論会 2023(Sep. 29)
Presenter:鶴見 希有,野田 拓海,高坂 泰弘


共役置換反応を利用したビトリマー性アクリルエラストマーの創成:高速結合交換に基づく迅速な応力緩和
第72回高分子討論会 2023(Sep. 29)
Presenter:西家 菜摘,川谷 諒,林 幹大,高坂 泰弘


ビニルケトンの優れた求電子性を活かした重付加反応の開発
第72回高分子討論会 2023(Sep. 29)
Presenter:大山 真賢,安田 理恵,鞍谷 裕嗣,宮内 信輔,川谷 諒,高坂 泰弘


隣接単位の側基脱保護をトリガーに主鎖切断するビニルポリマーの創成
第72回高分子討論会 2023(Sep. 29)
Presenter:外山 果歩,高坂 泰弘


アゾベンゼン含有ポリウレタンエラストマーの合成と光可塑化:アゾベンゼンの挿入位置が光可塑化に与える影響
第72回高分子討論会 2023(Sep. 28)
Presenter:竹内 真凜,池谷 岳紀,川谷 諒,信川 省吾,高坂 泰弘


アゾベンゼン系添加剤によるポリウレタンの光可塑化の検討
第72回高分子討論会 2023(Sep. 28)
Presenter:池谷 岳紀,信川 省吾,高坂 泰弘


様々な特性結合を持つ環状スチレン誘導体の重合:特性結合が重合性に与える効果
第72回高分子討論会 2023(Sep. 27)
Presenter:平林 章司,千葉 耀太,川谷 諒,高坂 泰弘


硫黄フリー粘着剤を志向したアリル位多置換(メタクリル/メタクリロニトリル)系連鎖移動剤の開発
第72回高分子討論会 2023(Sep. 27)
Presenter:川谷 諒,吉野 聖月,宮本 豪,高坂 泰弘


分子内エステル交換反応による主鎖分解性を有するビニルポリマーの開発
第72回高分子討論会 2023(Sep. 27)
Presenter:永沼 亘貴,高坂 泰弘


Molecular Design for Degradable Vinyl Polymers and Chemical Recycling
IPC2023(The 13th SPSJ International Polymer Conference) 2023(Jul. 21)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka


Synthesis and polymerization of itaconyl chloride
IPC2023(The 13th SPSJ International Polymer Conference) 2023(Jul. 19)
Presenter:Yoshino Aoki,Ryo Kawatani,Daisuke Matsuura,Yoshio Onogawa,Yoshikazu Kimura,Yasuhiro Kohsaka


Chemically Recyclable Poly(styrene derivative)s by Free Radical Polymerization: The Carbon Chain Scission Induced by Ring-Opening of Pendants
IPC2023(The 13th SPSJ International Polymer Conference) 2023(Jul. 19)
Presenter:Yota Chiba,Yasuhiro Kohsaka


Synthesis and Main Chain Scission of Copolyesters Containing Methacrylate Skeleton for Reactive Sites
IPC2023(The 13th SPSJ International Polymer Conference) 2023(Jul. 19)
Presenter:Kinari Tsurumi, Takumi Noda,Yasuhiro Kohsaka


Vinyl polymers designed for high-speed degradation triggered by intramolecular transesterification over the main chain and pendants
IPC2023(The 13th SPSJ International Polymer Conference) 2023(Jul. 19)
Presenter:Kaho Toyama,Yasuhiro Kohsaka


Carbon-Backbone Polymer Synthesized by Polyaddition of Bis(vinyl ketone)
IPC2023(The 13th SPSJ International Polymer Conference) 2023(Jul. 19)
Presenter:Masatoshi Ohyama,Rie Yasuda,Hirotsugu Kuratani,Yasuhiro Kohsaka


Investigation for Mechanical Properties of Polyurethane-Polyacrylate Hydrogels Prepared by 'Parallel Polymerization' of Polyaddition and Radical Polymerization
IPC2023(The 13th SPSJ International Polymer Conference) 2023(Jul. 19)
Presenter:Ryo Kawatani,Yasuhiro Kohsaka


分解可能なビニルポリマーの設計とケミカルリサイクル
高分子学会 第8回神奈川地区講演会 2023(Jul. 14)
Presenter:高坂 泰弘


ケミカルリサイクル可能なポリ(スチレン誘導体)の開発─高速分解と物性制御を実現するモノマー設計─
2023年繊維学会年次大会 2023(Jun. 17)
Presenter:千葉 耀太,川谷 諒,高坂 泰弘


アゾベンゼン骨格を主鎖に有するポリウレタンの合成と物性
2023年繊維学会年次大会 2023(Jun. 16)
Presenter:竹内真凜,信川省吾,高坂泰弘


脱水アスピリン誘導体のラジカル重合:置換基導入が重合性・物性に与える効果
2023年繊維学会年次大会 2023(Jun. 16)
Presenter:鳥澤 華恵,高坂 泰弘


アスピリン由来ビニルポリマーの高温高圧水による高速分解
第72回高分子学会年次大会 2023(May 27)
Presenter:風間 茜,長田 光正,高坂 泰弘


共役置換反応に基づく可逆的結合交換を利用したアクリル酸共重合体の架橋と物性
第72回高分子学会年次大会 2023(May 27)
Presenter:西家 菜摘,手塚 紗英,川谷 諒,林 幹大,高坂 泰弘


嵩高い置換基を有するアクリル型環状イミドモノマーのラジカル重合
第72回高分子学会年次大会 2023(May 26)
Presenter:大谷 尚輝,川谷 諒,高坂 泰弘


ペンダント基による改質が可能な循環型スチレンモノマーの開発
第72回高分子学会年次大会 2023(May 26)
Presenter:千葉 耀太,川谷 諒,高坂 泰弘


芳香環上に置換基を導入した変性脱水アスピリンの重合とポリマーの分解性評価
第72回高分子学会年次大会 2023(May 26)
Presenter:鳥澤 華恵,風間 茜,川谷 諒,高坂 泰弘


アリル位置換メタクリレートを利用した分解性ビニルポリマーの開発
第72回高分子学会年次大会 2023(May 26)
Presenter:永沼 亘貴,外山 果歩,高坂 泰弘


スピロ骨格を有するフルオレン担持型環状ジエンモノマーの合成と重合
第72回高分子学会年次大会 2023(May 26)
Presenter:中嶋 和奏,平松 彬,安田 理恵,鞍谷 裕嗣,高坂 泰弘


アゾベンゼンをコアに有するポリ(δ-デカのラクトン)の合成とポリウレタン化
第72回高分子学会年次大会 2023(May 26)
Presenter:竹内 真凜,川谷 諒,信川 省吾,高坂 泰弘


ラジカル反応による化学分解性を賦与したポリエステルの合成
第72回高分子学会年次大会 2023(May 25)
Presenter:鶴見 希有,野田 拓海,高坂 泰弘


ビニルケトンのα位修飾反応に基づく重付加反応
第72回高分子学会年次大会 2023(May 25)
Presenter:大山 真賢,安田 理恵,鞍谷 裕嗣,高坂 泰弘


3-メチレンフタリドのカチオン重合
第72回高分子学会年次大会 2023(May 25)
Presenter:平林 章司,千葉 耀太,川谷 諒,高坂 泰弘


Monomer Design for Vinyl Polymers Chemically Recyclable by Hydrolysis
PPC17 (The 17th PACIFIC POLYMER CONFERENCE) 2022(Dec. 13)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka


Synthesis and Polymerization of Bis(vinyl ketone)s Containing A Fluorene Skeleton
PPC17 (The 17th PACIFIC POLYMER CONFERENCE) 2022(Dec. 12)
Presenter:Masatoshi Ohyama, Rie Yasuda, Shinsuke Miyauchi, Hirotsugu Kuratani, Yasuhiro Kohsaka


Chemically Recyclable Vinyl Polymers prepared by Free Radical Polymerization
PPC17 (The 17th PACIFIC POLYMER CONFERENCE) 2022(Dec. 12)
Presenter:Yota Chiba, Yasuhiro Kohsaka


イタコン酸ジクロリドを用いたポリエステル/ポリアミドの合成
第31回ポリマー材料フォーラム 2022(Nov. 17)
Presenter:青木 美乃,川谷 諒,高坂 泰弘,松浦 大輔,小野川 善郎,木村 芳一


ケミカルリサイクルを目指した化学分解性ビニルポリマーの開発
第31回ポリマー材料フォーラム 2022(Nov. 16)
Presenter:高坂 泰弘


共役置換反応による新奇重合反応の開拓
第99回高分子若手研究会[関西] 2022(Nov. 12)
Presenter:高坂 泰弘


側基のけん化を端緒に原料を再生する循環型ビニルポリマー:分解機構の解析
第183回東海高分子研究会講演会 2022(Sep. 18)
Presenter:千葉 耀太,高坂 泰弘


エノンのα位修飾反応に基づく2価ビニルケトンの重付加
第183回東海高分子研究会講演会 2022(Sep. 18)
Presenter:大山 真賢,安田 理恵,鞍谷 裕嗣,高坂 泰弘


並進二重重合によるポリウレタンーエチルアクリレートハイドロゲルの調製と力学的性質
第71回高分子討論会 2022(Sep. 08)
Presenter:川谷 諒,高坂 泰弘


共役置換反応による可逆的カルボン酸交換を素反応に用いた重縮合の開発
第71回高分子討論会 2022(Sep. 08)
Presenter:手塚 紗英,高坂 泰弘


不可逆的共役置換反応を利用した不飽和ポリエステルの分解と異性化反応
第71回高分子討論会 2022(Sep. 08)
Presenter:田中 杏里,野田 拓海,高坂 泰弘


共役置換反応による分解点を導入したポリエステルの合成と性
第71回高分子討論会 2022(Sep. 08)
Presenter:鶴見 希有,野田 拓海,高坂 泰弘


主鎖-側基間の分子内エステル交換反応を利用したビニルポリマーの高速分解
第71回高分子討論会 2022(Sep. 08)
Presenter:外山 果歩,川内 萌恵,高坂 泰弘


β-ケトアルコール構造含有ビニルポリマーの合成と分解
第71回高分子討論会 2022(Sep. 08)
Presenter:風間 茜,Patrick Theato,高坂 泰弘


カルボン酸塩とアルミ系ルイス酸触媒による(メタ)アクリレートの高温高速アニオン重合
第71回高分子討論会 2022(Sep. 07)
Presenter:浪江 祐司,海津 充孝,島影 雅史,菅野 尚基,宮崎 仁孝,髙坂 泰弘


モノマー前駆体への分解が可能なケミカルリサイクル性ポリスチレン誘導体の開発
第71回高分子討論会 2022(Sep. 07)
Presenter:千葉 耀太,高坂 泰弘


共役置換反応を利用したネットワークポリマーの架橋と解架橋
第71回高分子討論会 2022(Sep. 07)
Presenter:大矢 高史,西家 菜摘,高坂 泰弘


同一骨格内での連続的な共役置換反応を利用した重縮合:低炭素密度ポリマーに向けたモノマー設計
第71回高分子討論会 2022(Sep. 07)
Presenter:萩原 敬人,宮崎 匠,木村 陸人,平松 彬,高坂 泰弘


共役置換反応を利用したラクトン類のアニオン開環重合
第71回高分子討論会 2022(Sep. 07)
Presenter:西家 菜摘,萩原 敬人,高坂 泰弘


アシル置換/共役置換を併用した重縮合による硬化・分解性ポリアリレートの合成:非対称モノマーの異種結合解析と反応機構の理解
第71回高分子討論会 2022(Sep. 06)
Presenter:永井 光騎,高坂 泰弘


共役置換反応を利用した不飽和ポリエステルの無溶媒合成・無溶媒分解
第71回高分子討論会 2022(Sep. 06)
Presenter:木村 陸人,高坂 泰弘


共役置換反応による可逆的カルボン酸交換を素反応に用いた重縮合の開発
第71回高分子討論会 2022(Sep. 05)
Presenter:手塚紗英,高坂泰弘


分解可能なビニルポリマーの設計とケミカルリサイクル
2022年度北海道高分子若手研究会 2022(Aug. 17)
Presenter:高坂泰弘


モノマー設計に立脚した分解性ビニルポリマーの合成とケミカルリサイクル
22-1高分子学会講演会 2022(Jul. 23)
Presenter:高坂 泰弘


2- (ヒドロキシメチル)アクリレートの共重合によるポリエステルへの化学分解性の賦与
第11回JACI/GSCシンポジウム 2022(Jun. 16)
Presenter:鶴見 希有,高坂泰弘


側基の脱保護反応をトリガーに高速主鎖分解するビニルポリマーの開発
第11回JACI/GSCシンポジウム 2022(Jun. 16)
Presenter:外山 果歩,高坂泰弘


側基の脱保護反応をトリガーに高速主鎖分解するビニルポリマーの開発
第11回JACI/GSCシンポジウム 2022(Jun. 15)
Presenter:外山果歩,高坂泰弘


2- (ヒドロキシメチル)アクリレートの共重合によるポリエステルへの化学分解性の賦与
第11回JACI/GSCシンポジウム 2022(Jun. 15)
Presenter:鶴見希有,高坂泰弘


主鎖ー側基間の分子内エステル交換による高速分解が可能なビニルポリマーの合成
2022年繊維学会年次大会 2022(Jun. 10)
Presenter:外山果歩,高坂泰弘


主鎖ー側基間の分子内エステル交換による高速分解が可能なビニルポリマーの合成
2022年繊維学会年次大会 2022(Jun. 09)
Presenter:外山果歩,高坂泰弘


易分解性不飽和ポリエステルを目指した共役置換型開環重合の検討
2022年繊維学会年次大会 2022(Jun. 09)
Presenter:西家菜摘,高坂 泰弘


易分解性不飽和ポリエステルを目指した共役置換型開環重合の検討
2022年繊維学会年次大会 2022(Jun. 08)
Presenter:西家菜摘,高坂 泰弘


ラジカル重合と重付加の並進二重重合を利用したハイドロゲル調製法の開発
第71回高分子学会年次大会 2022(May 28)
Presenter:川谷 諒,高坂 泰弘


カルボン酸塩とアルミ系ルイス酸触媒による(メタ)アクリレートの高温高速アニオン重合
第71回高分子学会年次大会 2022(May 28)
Presenter:浪江 祐司,海津 充孝,島影 雅史,菅野 尚基,宮崎 仁孝,髙坂 泰弘


共役置換反応による化学分解性を賦与した汎用ポリエステルの合成
第71回高分子学会年次大会 2022(May 28)
Presenter:鶴見 希有,高坂 泰弘


主鎖切断が可能なポリチオエーテル:反応機構の理解による重合・解重合の制御
第71回高分子学会年次大会 2022(May 27)
Presenter:田中 杏里,萩原 敬人,川谷 諒,高坂 泰弘


フルオレン骨格をもつビニルケトン類のBaylis-Hillman反応を利用した高分子合成
第71回高分子学会年次大会 2022(May 27)
Presenter:大山 真賢,安田 理恵,鞍谷 裕嗣,高坂 泰弘


高純度なイタコン酸ジクロリド調製法の開発と不飽和ポリエステル合成への応用
第71回高分子学会年次大会 2022(May 27)
Presenter:青木 美乃,川谷 諒,高坂 泰弘,手束 惣一,木村 芳一


アリルアルコール誘導体と環状ケテンアセタールの共重合を鍵とする易分解性ビニルポリマーの合成
第71回高分子学会年次大会 2022(May 27)
Presenter:外山 果歩,高坂 泰弘


β-ケトアルコール骨格を利用したビニルポリマーの側基連動型主鎖分解
第71回高分子学会年次大会 2022(May 27)
Presenter:風間 茜,Theato Patrick,高坂 泰弘


側基分解を起点に解重合する資源循環型ポリスチレン誘導体の開発:モノマー設計による分解反応の高速化
第71回高分子学会年次大会 2022(May 27)
Presenter:千葉 耀太,高坂 泰弘


主鎖切断が可能なポリチオエーテル:反応機構の理解による重合・解重合の制御
第71回高分子学会年次大会 2022(May 26)
Presenter:田中杏里,萩原敬人,川谷諒,高坂泰弘


フルオレン骨格をもつビニルケトン類のBaylis-Hillman反応を利用した高分子合成
第71回高分子学会年次大会 2022(May 26)
Presenter:大山真賢,安田理恵,鞍谷裕嗣,高坂泰弘


高純度なイタコン酸ジクロリド調製法の開発と不飽和ポリエステル合成への応用
第71回高分子学会年次大会 2022(May 26)
Presenter:青木美乃,川谷諒,高坂泰弘,手束惣一,木村芳一


共役置換反応を用いた開環重合が可能なアクリルモノマーの設計と不飽和ポリエステル合成
第71回高分子学会年次大会 2022(May 26)
Presenter:西家 菜摘,髙坂 泰弘


官能基が集積した環状ビニルモノマーの合成と重合検討
第71回高分子学会年次大会 2022(May 26)
Presenter:平林 章司,高坂 泰弘


共役置換反応を用いた開環重合が可能なアクリルモノマーの設計と不飽和ポリエステル合成
第71回高分子学会年次大会 2022(May 25)
Presenter:西家 菜摘,髙坂 泰弘


官能基が集積した環状ビニルモノマーの合成と重合検討
第71回高分子学会年次大会 2022(May 25)
Presenter:平林章司,高坂泰弘


フルオレンを用いた2価共役エノンの合成と重合
日本化学会,第102春季年会 2022(Mar. 25)
Presenter:大山真賢,安田理恵,鞍谷裕嗣,高坂泰弘


共役置換・共役付加反応を用いた重縮合反応による易分解性ポリチオエーテルの合成
日本化学会,第102春季年会 2022(Mar. 25)
Presenter:田中杏里,萩原敬人,川谷諒,高坂泰弘


共役置換反応による不飽和ポリエステルの無溶媒分解:主鎖構造・物性が分解性に与える効果
日本化学会,第102春季年会 2022(Mar. 25)
Presenter:木村陸人,高坂泰弘


逆アルドール反応を用いた側基連動型主鎖分解が可能なビニルポリマーの開発
日本化学会,第102春季年会 2022(Mar. 23)
Presenter:風間茜,Theato Patrick,高坂 泰弘


易分解性を有する不飽和ポリエステルおよびビニルポリマーの開発
日本接着学会、第20回関東支部若手交流会 2021(Dec. 10)
Presenter:高坂泰弘


フルオレンを母骨格にもつ2官能性共役エノンモノマーの合成と重合
2021年度東海高分子研究会学生発表会 2021(Dec. 03)
Presenter:大山真賢,安田理恵,宮内信輔,高坂泰弘


水系における共役置換反応を用いた高分子主鎖切断反応
2021年度東海高分子研究会学生発表会 2021(Dec. 03)
Presenter:北河大葵,高坂泰弘


共役置換反応によるポリエステルの無溶媒分解:分子構造が分解性に与える効果
2021年度東海高分子研究会学生発表会 2021(Dec. 03)
Presenter:木村陸人,高坂泰弘


モノマー設計に立脚した化学分解性高分子の開発
高分子学会,第93回武蔵野地区高分子懇話会 2021(Dec. 02)
Presenter:高坂泰弘


分子レベルで分解や再生が可能なプラスチックの開発
AREC 第12回産学交流ラウンジ 2021(Sep. 22)
Presenter:高坂泰弘


2価ビニルケトンを多元反応性プラットホームとして用いた含フルオレンポリマーの合成
第70回高分子討論会 2021(Sep. 08)
Presenter:大山真賢,安田理恵,宮内信輔,高坂泰弘


スチレン誘導体環状モノマーが導く循環型ビニルポリマー
第70回高分子討論会 2021(Sep. 07)
Presenter:千葉耀太,風間茜,川谷諒,高坂泰弘


共役置換反応を用いたポリ共役エステルの無溶媒分解:求核剤と反応条件の効果
第70回高分子討論会 2021(Sep. 06)
Presenter:木村陸人,高坂泰弘,川谷諒


水系における共役置換反応を用いた高分子分解反応の追跡
第70回高分子討論会 2021(Sep. 06)
Presenter:北河大葵,高坂泰弘


多元反応性プラットフォームとしてのビニル基含有環状ヘミアセタールエステル
第70回高分子討論会 2021(Sep. 06)
Presenter:手塚紗英,山下舞,高坂泰弘


共役置換による開始・停止末端連結を利用した不飽和ポリエステルの精密合成と架橋反応
第70回高分子討論会 2021(Sep. 06)
Presenter:長束尚輝,北村円香,前原賢太郎,高坂 泰弘


アリル位置換基が誘導する共役置換反応によるポリ共役エステルの分解および異性化反応
第70回高分子討論会 2021(Sep. 06)
Presenter:田中杏里,萩原敬人,高坂泰弘


共役置換反応を用いた重縮合反応:反応速度・反応 機構に注目した単位構造の制御
第70回高分子討論会 2021(Sep. 06)
Presenter:高坂泰弘,萩原敬人,宮崎匠,永井光騎


共役置換反応を利用した高分子の合成・分解・変換:擬クリック反応ならびに動的共有結合としての性質
第67回高分子研究発表会(関西) 2021(Jul. 09)
Presenter:高坂泰弘


不可逆的共役置換反応による主鎖切断が可能なポリエステルの設計と合成・分解
第10 回JACI/GSC シンポジウム 2021(Jun. 28)
Presenter:田中杏里,高坂泰弘


ケミカルリサイクル可能なポリスチレン誘導体の合成と分解
第10 回JACI/GSC シンポジウム 2021(Jun. 28)
Presenter:千葉耀太,風間茜,高坂泰弘


9,9-ジアリルフルオレン類の合成とスピロ環含有ポリマーの合成
2021年繊維学会年次大会 2021(Jun. 10)
Presenter:手塚紗英,平松彬,高坂泰弘,安田理恵,宮内信輔


2,7位に(メタ)アクリロイル基を修飾したフルオレンモノマーの合成と重付加・重縮合
2021年繊維学会年次大会 2021(Jun. 09)
Presenter:大山真賢,安田理恵,宮内信輔,高坂泰弘


スチレンとビニルエステルが融合した環状ビニルモノマーのラジカル重合
2021年繊維学会年次大会 2021(Jun. 09)
Presenter:千葉耀太,風間茜,高坂泰弘


フルオレン骨格を有するポリ共役エステルケトンの合成と性質
第70回 高分子学会年次大会 2021(May 28)
Presenter:大山真賢,安田理恵,宮内信輔,高坂泰弘


共役置換反応を用いた室温・大気下でのラクトンのリビングアニオン開環重合
第70回 高分子学会年次大会 2021(May 28)
Presenter:萩原敬人,高坂泰弘


スチレン骨格を有する9,9-ジアリルフルオレン類の合成とスピロ環形成重付加反応
第70回 高分子学会年次大会 2021(May 28)
Presenter:手塚紗英,平松彬,高坂泰弘,安田理恵,宮内信輔


E1cB反応による効率的な主鎖切断が可能なポリチオエーテルの合成:共役置換・付加反応による縮合付加
第70回 高分子学会年次大会 2021(May 28)
Presenter:萩原敬人,高坂泰弘


側基連動型主鎖切断を企図したビニルポリマーの設計と合成
第70回 高分子学会年次大会 2021(May 27)
Presenter:風間茜,川内萌恵,高坂泰弘


スチレンとビニルエステルの骨格を併せ持つ循環型ビニルモノマー
第70回 高分子学会年次大会 2021(May 27)
Presenter:千葉耀太,風間茜,高坂泰弘


共役置換反応を用いたポリ共役エステルの主鎖切断:機械的粉砕による無溶媒反応
第70回 高分子学会年次大会 2021(May 26)
Presenter:木村陸人,高坂泰弘


カルボン酸とα-(ハロメチル)アクリル酸エステルの共役置換反応を用いた架橋ポリマーの合成と解架橋
日本化学会第101春季年会 2021(Mar. 19)
Presenter:北河 大葵、大矢 高史、高坂 泰弘


共役置換反応を利用したポリ共役エステルの無溶媒分解
日本化学会第101春季年会 2021(Mar. 19)
Presenter:木村 陸人,高坂 泰弘


共役置換反応を利用した開環重合による不飽和ポリエステルの合成
日本化学会第101春季年会 2021(Mar. 18)
Presenter:萩原 敬人,高坂 泰弘


アクリル骨格含有不飽和ポリエステル:主鎖の構築と連結・切断・変換
高分子学会,精密ネットワークポリマー研究会 第14回若手シンポジウム 2021(Mar. 15)
Presenter:高坂 泰弘


アクリル骨格含有不飽和ポリエステル:硬化と分解が同一骨格で可能な高分子の合成
日本接着学会次世代接着材料研究会PartⅧ 第3回例会 2021(Feb. 02)
Presenter:高坂 泰弘


アクリル基含有環状ヘミアセタールエステルの合成と重合
第69回高分子討論会 2020(Sep. 16)
Presenter:山下 舞,松橋 洋介,山下 修司,高坂 泰弘


ジアクリレートのヒドロキシメチル化を経由するポリ共役エステルウレタンの合成
第69回高分子討論会 2020(Sep. 16)
Presenter:田中 杏里,高坂 泰弘


フルオレン骨格を有するジビニルケトンの合成と重付加反応
第69回高分子討論会 2020(Sep. 16)
Presenter:大山 真賢,安田 理恵,宮内 信輔,高坂 泰弘


ビニルスルホン酸エステル類のα--ヒドロキシメチル化反応
第69回高分子討論会 2020(Sep. 16)
Presenter:北河 大葵,高坂 泰弘


アリル位にアミノ基を有するメタクリルアミド類の重合によるpH-温度応答性ポリマーの開発
第69回高分子討論会 2020(Sep. 16)
Presenter:チンバト ニャムドルゴル,高坂 泰弘


共役置換/アシル置換に基づく重縮合よる不飽和ポリエステル合成:連鎖配列制御と熱硬化性
第69回高分子討論会 2020(Sep. 15)
Presenter:永井 光騎,高坂 泰弘


末端で共役置換が可能なポリテトラヒドロフランの合成とグラフト化・環化・相互連結反応
第69回高分子討論会 2020(Sep. 15)
Presenter:長束 尚輝,前原 賢太郎,北村 円香,高坂 泰弘


素反応が嚮導する高分子の合成・変換と機能
第69回高分子討論会 2020(Sep. 15)
Presenter:高坂 泰弘


素反応の深化が拓く高分子合成の新展開Introductry Remarks S3
第69回高分子討論会 2020(Sep. 15)
Presenter:高坂 泰弘,覚知 亮平


脱水アスピリンのラジカル重合およびカチオン重合
第69回高分子討論会 2020(Sep. 15)
Presenter:風間 茜,高坂 泰弘


主鎖にアクリル骨格を導入した非晶性ポリアリレートの合成:高耐熱性硬化樹脂の開発
第58回 日本接着学会年次大会 2020(Jun. 17)
Presenter:高坂 泰弘,永井 光騎,宮内 信輔,安田 理恵


フルオレン骨格を有するジビニルケトンモノマーの合成と重合
2020年繊維学会年次大会 2020(Jun. 09)
Presenter:大山真賢,安田理恵,宮内信輔,高坂泰弘


ビニルスルホン酸エステル類へのヒドロキシ基修飾反応と重合の検討
2020年繊維学会年次大会 2020(Jun. 09)
Presenter:北河大葵,山下舞,高坂泰弘


ビス α ヒドロキシメチルアクリレート の重付加によるポリ共役エステルの合成
2020年繊維学会年次大会 2020(Jun. 09)
Presenter:田中杏里,萩原敬人,高坂泰弘


アミノ基をα 置換基に有するアクリルアミド類の合成と重合反応
2020年繊維学会年次大会 2020(Jun. 09)
Presenter:チンバト ニャムドルゴル,森一朗,伊藤桂一郎,高坂康弘


α-機能化アクリルアミド類の合成と重合検討
第69回 高分子学会年次大会 2020(May 28)
Presenter:チンバト ニャムドルゴル,伊藤 桂一郎,森 一朗,高坂 泰弘


脱水アスピリンのカチオン重合:ビニル重合 vs 開環重合
第69回 高分子学会年次大会 2020(May 28)
Presenter:風間 茜,高坂 泰弘


開始/停止末端間の共役置換反応が可能なポリエーテルの合成と反応
第69回 高分子学会年次大会 2020(May 28)
Presenter:長束 尚輝,前原 賢太郎,北村 円香,高坂 泰弘


フルオレン骨格を有するジビニルモノマーの合成と重合
第69回 高分子学会年次大会 2020(May 28)
Presenter:高坂 泰弘,平松 彬,大山 真賢,安田 理恵,宮内 信輔


α-機能化ビニルスルホン酸エステル類の合成と重合検討
第69回 高分子学会年次大会 2020(May 27)
Presenter:北河 大葵,山下 舞,高坂 泰弘


2,7-ジアクリロイルフルオレン類の合成と重合
第69回 高分子学会年次大会 2020(May 27)
Presenter:大山 真賢,安田 理恵,宮内 信輔,高坂 泰弘


ジアクリレートを出発物質とするポリ共役エステルの合成
第69回 高分子学会年次大会 2020(May 27)
Presenter:田中 杏里,萩原 敬人,高坂 泰弘


Polymer Synthesis by Conjugate Substitution of α-(Halomethyl)acrylate
The 28th Elastomer Symposium, The Society of Rubber Science and Technology 2018(Nov. 29)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka


α-(ハロメチル)アクリル酸エステルの求核的共役置換を利用した重合反応の開発
日本ゴム協会 第28回エラストマー討論会 2018(Nov. 28)
Presenter:萩原敬人,高坂泰弘


α-(ハロメチル)アクリロイル基の共役置換反応を利用した重合反応の開発
第66回高分子討論会 2018(Sep. 20)
Presenter:宮崎匠,萩原敬人,伊藤桂一郎,髙坂泰弘


α-(acyloxymethyl)acrylate in Anionic Polymerization – Termination and Polymerization
13th IUPAC International Conference on Ionic Polymerization (IP2017) 2018(Sep. 20)
Presenter:Shunpei Omura, Takafumi Nishiura, Tatsuki Kitayama, Yasuhiro Kohsaka


Atropos Polymerization: Controlled Polymerization by Programmed Termination and Application Thereof
12th IUPAC International Conference on Ionic Polymerization (IP2017) 2018(Sep. 20)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Tatsuki Kitayama


アクリロイル基を有する環状ヘミアセタールエステルおよびその誘導体の開環重合
第66回高分子討論会 2018(Sep. 19)
Presenter:松橋洋介,山下修司,高坂泰弘


酸クロリド代替モノマーとしてのアシルトリアゾール:ハロゲンフリーなポリエステル合成の開発
第66回高分子討論会 2018(Sep. 19)
Presenter:本間和雅,森一朗,杉山進,木村芳一,髙坂泰弘,


分子量の異なるPEGを側鎖に有する一環一置換スライディンググラフトコポリマーの調製と熱挙動
第66回高分子討論会 2018(Sep. 18)
Presenter:森本早貴,髙坂泰弘,荒木潤


ビス[α-(ハロメチル)アクリル酸エステル]の共役置換反応による不飽和ポリエステルの合成
東海高分子研究会第161回東海高分子研究会講演会 2018(Aug. 31)
Presenter:宮崎匠,髙坂泰弘


酸クロリド代替モノマーとしての2官能性アシルトリアゾールの開発
東海高分子研究会第161回東海高分子研究会講演会 2018(Aug. 31)
Presenter:本間和雅,杉山進,木村芳一,髙坂泰弘


Polycondensation Utilizing Tandem Reaction of α-(Bromomethyl)acryloylate
IUPAC Macro2018 2018(Jul. 05)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Keito Hagiwara


Synthesis of poly(conjugated ester)s by polycondensation and ring-opening polymerization for chemically degradable biocompatible polymers
IUPAC Macro2018 2018(Jul. 05)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka


酸クロリド代替モノマーによる塩素フリーなポリエステル合成
平成31年度繊維学会年次大会 2018(Jun. 14)
Presenter:高坂泰弘,本間和雅,森一朗,杉山進,松浦大輔,木村芳一


主鎖に1,3-ブタジエン骨格を有する反応性ポリマーの合成
平成30年度繊維学会年次大会 2018(Jun. 13)
Presenter:平松彬,萩原敬人,高坂泰弘


アシル置換・共役置換反応の併用による主鎖分解性ポリ(共役エステル)の合成
平成30年度繊維学会年次大会 2018(Jun. 13)
Presenter:永井光騎,宮崎匠,高坂泰弘


アシルトリアゾール類を用いたハロゲン・金属フリーな低温ポリエステル合成
高分子学会第67回年次大会 2018(May 23)
Presenter:本間和雅,森一朗,高坂泰弘,杉山進,松浦大輔,木村芳一


ヘミアセタールエステル含有環状アクリレートの開環重合による分解性ポリ共役エステルの合成
高分子学会第67回年次大会 2018(May 23)
Presenter:松橋洋介,山下修司,高坂泰弘


α-(ハロメチル)アクリル酸クロリドのアシル置換ならびに共役置換を用いた重縮合によるポリ(共役エステル)の合成と主鎖切断反応
高分子学会第67回年次大会 2018(May 23)
Presenter:永井光騎,宮崎匠,高坂泰弘


α-(オキシメチル)アクリル酸エステルの共役置換反応に基づくポリ共役エステルの主鎖切断および主鎖骨格変換反応
高分子学会第67回年次大会 2018(May 23)
Presenter:宮崎匠,髙坂泰弘


ハロゲン化アリル2量体の重縮合を用いた主鎖共役ジエンポリマーの合成
高分子学会第67回年次大会 2018(May 23)
Presenter:平松彬,萩原敬人,高坂泰弘


官能基シナジーに着目したα-機能化アクリルモノマーの設計と重合
高分子学会第67回年次大会 2018(May 23)
Presenter:高坂泰弘


モノマー骨格変換を伴う連続的共役置換反応を利用したβ-ブロモ-α-(ブロモメチル)アクリル酸エステルの重縮合
高分子学会第67回年次大会 2018(May 23)
Presenter:萩原敬人,高坂泰弘


脱水アスピリンのラジカル重合:側基に環状ヘミアセタールエステルを持つポリマーの合成と加水分解
高分子学会第67回年次大会 2018(May 23)
Presenter:風間茜,松橋洋介,高坂泰弘


脱水アスピリンのラジカル重合による環状ヘミアセタールエステル含有ポリマーの合成
日本化学会第98年次大会 2018(Mar. 19)
Presenter:風間茜,松橋洋介,高坂泰弘


β-ブロモ-α-(ブロモメチル)アクリル酸メチルの連続的共役置換反応に基づく重縮合反応
日本化学会第98年次大会 2018(Mar. 19)
Presenter:萩原敬人,高坂泰弘


Conjugate substitution of α-(halomethyl)acrylate: A facile, versatile, and convenient reaction for poly(conjugated ester) synthesis
CSJ 98th Annual Meeting 2018(Mar. 19)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Keito Hagiwara, Takumi Miyazaki, Keiichiro Ito


α-(ハロメチル)アクリル酸エステルの求核付加-脱離反応を利用した高分子合成
東海高分子研究会第157回当会高分子研究会講演会 2017(Sep. 01)
Presenter:宮崎匠,髙坂泰弘


アシルトリアゾール誘導体のエステル化反応の開発とポリエステル合成への展開
東海高分子研究会第157回当会高分子研究会講演会 2017(Sep. 01)
Presenter:本間和雅,髙坂泰弘


アクリロイル基を有する環状ヘミアセタールエステルを原料とするポリエステルの合成
平成29年度繊維学会年次大会 2017(Jun. 07)
Presenter:松橋洋介,山下修司,髙坂泰弘


ビス[α-(ハロメチル)アクリル酸エステル]の付加-脱離反応を利用した不飽和ポリエステルの合成と反応
平成29年度繊維学会年次大会 2017(Jun. 07)
Presenter:宮崎匠,髙坂泰弘


α-(ハロメチル)アクリル酸エステルの連続的求核反応による高分子合成
平成29年度繊維学会年次大会 2017(Jun. 06)
Presenter:高坂泰弘,萩原敬人,宮崎匠


アクリロイル基含有環状ヘミアセタールエステルを用いた反応性ポリエステル
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:松橋洋介,山下修司,髙坂泰弘


芳香族アシルトリアゾール誘導体の反応性評価とポリエステル合成への利用
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:本間和雅,髙坂泰弘,杉山進,木村芳一


ビス[α-(ハロメチル)アクリレート]の時間差連続求核反応を利用した高分子合成
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:宮崎匠,髙坂泰弘


高温高圧水を溶媒とするアクリルアミド類の超高速ラジカル重合
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:瀬在昭憲,髙坂泰弘,長田光正,出口茂


α-(ハロメチル)アクリルモノマーの連続的求核反応を利用した縮合付加
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:髙坂泰弘,萩原敬人,宮崎匠,伊藤桂一郎


α-(アクリロキシメチル)アクリル酸エステルのアクリロイル基選択的アニオン重合
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:小村峻平,髙坂泰弘,北山辰樹


O-アルキル開裂機構によるβ-ブチロラクトンのリビング開環重合
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:髙坂泰弘,田中貴景,北山辰樹


α-(ハロメチル)アクリル酸エステルへの時間差ダブル求核攻撃を利用した高分子合成
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:高坂泰弘,萩原敬人,宮崎匠


One-Shot Synthesis of End-Functional Polymer by Atropos Polymerization and Application Thereof to Graft Copolymer Synthesis
第66回高分子学会年次大会 2017(May 29)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Shoya Ishihara, Shu Kano, Kentaro Shirota, Tatsuki Kitayama,


Polymer Synthesis by Tandem Reaction of α-(Halomethyl)acrylate via Addition-Fragmentation and Click Reactions
The 12th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME 2017) 2017(May 23)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Keito Hagiwara, Takumi Miyazaki,


α-(ハロメチル)アクリル酸エステルへの時間差ダブル求核攻撃を利用した高分子合成
日本化学会第97年次大会 2017(Mar. 16)
Presenter:高坂泰弘,萩原敬人,宮崎匠,伊藤桂一郎


α-機能化アクリル酸エステルの重合化学  —精密重合・機能創成を目指した分子設計—
高分子講演会(東海)(主催:高分子学会東海支部) 2016(Dec. 18)
Presenter:髙坂泰弘


One pot Synthesis of Stereoregular Graft Copolymer of Polymethacrylate One-pot synthesis of Stereoregular Graft Copolymer of Polymethacrylate via Selective Termination with Monomer-bearing Terminator via Selective Termination with Monomer-bearing Term
The 11th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME 2015) 2016(Oct. 30)
Presenter:Shu Kano, Yasuhiro Kohsaka, Tatsuki Kitayama


アクリロイル基とアセタール結合を有する多官能性6員環ラクトンの開環重合
平成28年度繊維学会秋季研究発表会 2016(Sep. 20)
Presenter:松橋洋介,高坂泰弘


アトロポス重合:プログラム化した素反応に基づく一次構造の精密制御
第64回高分子討論会 2016(Sep. 17)
Presenter:石原翔哉,髙坂泰弘,北山辰樹


α-(アミノメチル)アクリル酸エステルのラジカル重合:分子内水素結合の切断が誘発する 自発的重合後修飾
第64回高分子討論会 2016(Sep. 16)
Presenter:髙坂泰弘,松本裕介,北山辰樹


メタクリル酸クロリドおよびアクリル酸クロリドのアニオン重合と高分子誘導反応
第65回高分子討論会 2016(Sep. 15)
Presenter:中村優斗,仲野峻,高坂泰弘,北山辰樹


α-(ヒドロキシメチル)アクリル酸エステル誘導体のアニオン重合ならびに重合停止剤としての応用
第64回高分子討論会 2016(Sep. 15)
Presenter:髙坂泰弘,山本一貴,諏澤和葉,北山辰樹


停止反応を利用したアクリル系モノマーの反応性評価と新規停止剤によるグラフトポリマー合成への展開
第64回高分子討論会 2016(Sep. 15)
Presenter:髙坂泰弘,石原翔哉,鹿野脩,北山辰樹


オニウム塩とアルミニウムルイス酸触媒によるアクリル酸エステルのアニオン重合
第65回高分子討論会 2016(Sep. 14)
Presenter:代田健太郎,高坂泰弘,北山辰樹


アトロポス重合の応用によるグラフトコポリマーのone-pot合成
第65回高分子討論会 2016(Sep. 14)
Presenter:鹿野脩,高坂泰弘,北山辰樹


アクリル酸エステル類のアトロポス重合:停止反応の設計による分子量,末端基の自発的制御
第65回高分子討論会 2016(Sep. 14)
Presenter:高坂泰弘,石原翔哉,北山辰樹


アクリロイル骨格を有する環状ヘミアセタールエステルの有機分子触媒による開環重合
第65回高分子討論会 2016(Sep. 14)
Presenter:松橋洋介,高坂泰弘


α-(ハロメチル)アクリル酸エステルへの連続的求核反応を利用した高分子合成
第65回高分子討論会 2016(Sep. 14)
Presenter:萩原敬人,高坂泰弘


一環一置換ポリロタキサン誘導体の調製
第65回高分子討論会 2016(Sep. 13)
Presenter:大坪千紘,高坂泰弘,荒木潤


モノマー選択的共重合によるクリック反応性共重合体のone-shot 合成
第61回高分子研究発表会 2016(Jul. 17)
Presenter:Viko Ladelta, 髙坂泰弘,北山辰樹


N-methyl(2-azapropane-1,3-diyl)基で連結したアクリレート系ジビニルモノマーのアニオン環化重合
第62回高分子研究発表会(神戸) 2016(Jul. 15)
Presenter:崔承旻,北浦健大,髙坂泰弘,北山辰樹


メタクリル酸テトラブチルアンモニウムによるアクリル酸エステルのアニオン重合
第62回高分子研究発表会(神戸) 2016(Jul. 15)
Presenter:代田健太郎,高坂泰弘,北山辰樹


Polymerization of Protected 2-(Hydroxymethyl)acrylate and Insolubilization/Water-Solubilization by Acid-hydrolysis
Asian Conference on Adhesion 2016 (ACA2016) 2016(Jun. 17)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Yusuke Matsumoto, Kazuki Yamamoto, Kazuha Suzawa, Tianyi Zhang, (Yosuke Matsuhashi), Tatsuki Kitayama


重合活性なビニル基を有する β-アミノ酸エステルの重合によるpH-温度応答性材料の創製
平成28年度繊維学会年次大会 2016(Jun. 08)
Presenter:高坂泰弘,松本裕介,北山辰樹


Anionic cyclopolymerization of α-linked diacrylate
World Congress on Living Polymerizations and Polymers (LPP16) 2016(May 30)
Presenter:Seungmin Choi, Nobuya Tanaka, Ren Sakamoto, Yasuhiro Kohsaka, Tatsuki Kitayama


Anionic Polymerization of Acrylates by Onium Salts with Aluminum Lewis Acid Activator
World Congress on Living Polymerizations and Polymers (LPP16) 2016(May 30)
Presenter:Kentaro Shirota, Yusuke Kataoka, Shogo Domae, Takehiro Kitaura, Yasuhiro Kohsaka, Tatsuki Kitayama


Atropos Polymerization: Controlled Polymerization by Programmed Termination
World Congress on Living Polymerizations and Polymers (LPP16) 2016(May 30)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Tatsuki Kitayama


N,N-ジメチル-α-(ヒドロキシメチル)アクリルアミドのラジカル重合
第66回高分子学会年次大会 2016(May 28)
Presenter:(谷本頼亮),高坂泰弘


α-(クロロメチル)アクリル酸エチルによる停止反応を利用したモノマーの反応性評価
第64回高分子学会年次大会 2016(May 28)
Presenter:石原翔哉,髙坂泰弘,北山辰樹


メタクリル酸エステルのヘテロタクチック特異性アニオン重合における停止末端近傍の立体規則性
第66回高分子学会年次大会 2016(May 27)
Presenter:小村峻平,田中貴景,山本一貴,高坂泰弘,北山辰樹


アクリル酸クロリドのアニオン重合
第66回高分子学会年次大会 2016(May 27)
Presenter:中村優斗,仲野峻,高坂泰弘,北山辰樹


アクリロイル基を有する環状ヘミアセタールエステルの開環重合
第66回高分子学会年次大会 2016(May 27)
Presenter:(松橋洋介),高坂泰弘


アトロポス重合:プログラム化された停止反応による分子量・末端構造を制御したポリメタクリル酸メチルの合成
第66回高分子学会年次大会 2016(May 27)
Presenter:高坂泰弘,石原翔哉,北山辰樹


α-(ブロモメチル)アクリル酸エステルへの 2 回の求核攻撃を利用した縮合付加
第65回高分子学会年次大会 2016(May 26)
Presenter:(萩原敬人),高坂泰弘


モノマー担持型停止剤による立体規則性グラフトポリマーの one-pot 合成
第65回高分子学会年次大会 2016(May 26)
Presenter:鹿野脩,高坂泰弘,北山辰樹


アトロポス重合:プログラム化された停止反応による分子量・末端構造を制御したポリアクリル酸エステルの合成
第65回高分子学会年次大会 2016(May 26)
Presenter:高坂泰弘,石原翔哉,横山大樹,代田健太郎,北山辰樹


Atropos polymerization: Toward the automatic controls of molecular weight and end-structure
64th SPSJ Annual Meeting 2016(May 18)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Shoya Ishihara, Tatsuki Kitayama


保護基を用いるα - (ヒドロキシメチル)アクリル酸エステル類のアニオン重合
日本化学会 第96春季年会 2016(Mar. 26)
Presenter:山本一貴,髙坂泰弘,北山辰樹


Ethyl α-(aminomethyl)acrylate: An β-amino acid ester for pH/temperature-responsive polymers
The 11th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME 2015) 2015(Oct. 20)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Yusuke Matsumoto, Tatsuki Kitayama


Ring Opening Polymerization of β–butyrolactone by Onium Salts and Bulky Aluminum Phenoxide via O-Alkyl Scission Mechanism
The 11th International Conference on Advanced Polymers via Macromolecular Engineering (APME 2015) 2015(Oct. 20)
Presenter:Taka-aki Tanaka, Takehiro Kitaura, Yasuhiro Kohsaka, Tatsuki Kitayama


End-clickable stereoregular poly(methyl methacrylate)s by termination of stereospecific anionic polymerization
nternational Science and Nature Congress (ISNaC) 2015 2015(Sep. 22)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka


Ethyl α-(aminomethyl)acrylate : An amphiphilic monomer for pH- Temperature-responsive Polymers
International symposium on Amphiphilic polymers, networks gels, and membranes (APNGM15) 2015(Sep. 01)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Yusuke Matsumoto, Tatsuki Kitayama


Atropos polymerization: Spontaneous controls of molecular weight and end-functionality via programmed termination
International Symposium on Ionic Polymerization 2015 (IP15’) 2015(Jul. 08)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Shoya Ishihara, Tatsuki Kitayama


α-(ヒドロキシメチル)アクリル酸エステル類のアニオン重合:保護基の構造が一次構造に与える効果
第64回高分子学会年次大会 2015(May 28)
Presenter:山本一貴,髙坂泰弘,北山辰樹


pH- / Temperature-responsive Materials Prepared from β-Amino Acid Ester Carrying Polymerizable Group
The 13 th Asian Textile Conference 2015(Jan. 14)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka, Yusuke Matsumoto, Tatsuki Kitayama


Precise synthesis of poly(methyl methacrylate): Controls of molecular weight, stereoregularity, and end-Functionality
International Conference on Smart Systems Engineering 2015 (SmaSys 2015) 2015(Jan. 09)
Presenter:Yasuhiro Kohsaka


MISC
高分子反応における最新の進歩
日本接着学会誌,59(4):132-143 2023(Apr.)
Author:高坂泰弘


ケミカルリサイクルを志向したビニルポリマーおよびポリエステルの分子設計
日本ゴム協会誌,95(11):319-325 2022(Nov.)
Author:川谷 諒, 野田 拓海, 赤江 要祐, 髙坂 泰弘


アスピリンを原料とする循環型ポリマー -2つの重合様式による異種ポリマーの合成-
繊維学会誌,78(5):199-202 2022(May)
Author:風間茜,高坂泰弘


分子レベルでの資源再生を目指した易分解性高分子の開発
繊維学会誌,78(3):111-115 2022(Mar.)
Author:高坂 泰弘,川谷 諒


Polymer Chemistry of alpha-Substituted Acrylates Designed for Functional-Group Synergy
Journal of Macromolecular Science, Part A 2021(Oct. 13)
Author:Y. Kohsaka, Y. Akae, R. Kawatani, A. Kazama
Abstract:This article overviews the polymer chemistry of acrylates designed for functional-group synergy among the vinyl group and ester- and alpha-substituents. alpha-Substituents have been incorporated to tune the reactivity of the vinyl group; for example, ethyl alpha-cyanoacrylate, known as instant adhesions, has high reactivity to initiate anionic polymerization using moisture. Moreover, alpha-acyloxyacrylates undergo radical polymerization, increasing the degree of polymerization in proportion to monomer conversions due to the stabilized radical species by the captodative effect. alpha-Arylacrylates produced alternating copolymers with methyl methacrylate (MMA) using anionic polymerization, which exhibited specific fluorescence. alpha-(Aminomethyl)acrylates stabilized by intramolecular hydrogen bonding yielded a pH-/thermo-responsive polymer. Anionic polymerization of alpha-(alkoxymethyl)acrylates resulted in high isotacticity due to the chelating effect at the propagating chain end. alpha-(Halomethyl)acrylates underwent a nucleophilic conjugate substation reaction, applied to end-functionalization, polycondensation, and polymer degradation. For a long time, ring-opening polymerization of cyclic acrylates has been considered difficult; however, it was recently achieved using sophisticated monomer design.


ケミカルリサイクルが可能なビニルポリマーおよびポリエステルの開発
化学工業,72(10):693-698 2021(Oct. 01)
Author:髙坂泰弘,風間茜,川谷諒


官能基シナジーを引き出すビニルモノマーの設計と重合,機能
塗装工学,56(7):248-256 2021(Jul. 30)
Author:髙坂泰弘
Abstract:This report reviews a strategy to design vinyl monomers using functional group synergy, which defined as intramolecular interaction between two or more functional group near polymerization points. One of the attractive motifs is alpha-functionalized acrylates, as the functionalized alpha-substituent can interact with vinyl and carbonyl groups by conjugation, hyperconjugation and intramolecular hydrogen bond. For example, alpha-arylacrylates undergoes alternating anionic copolymerization with methyl methacrylate; the alternating copolymers exhibited strong monomer emission, whereas the homopolymer, poly(alpha-arylacrylate)s exhibited excimer emission. alpha-(Halomethyl)acrylate undergoes nucleophilic conjugate substitution reaction in quantitative yield at room temperature even under air. This reaction was applied to monomer synthesis, end-functionalization, polycondensation and main chain scission reaction. This review also covers the design of recyclable vinyl polymer; a cyclic ketenacetal ester, dehydroaspirin, afforded the corresponding vinyl polymer by radical polymerization. The acid hydrolysis of the obtained vinyl polymer resulted in main chain scission with releasing the raw product of monomer, salicylic acid and acetic acid.


アリル位を修飾したメタクリル酸エステルの共役置換反応を利用した不飽和ポリエステルの合成と硬化,分解
ネットワークポリマー論文集,42(2):68-74 2021(Feb.)
Author:髙坂泰弘


α-機能化アクリル酸エステルの共役置換反応による高分子合成~瓢箪から駒が出るまでのカラクリ~
繊維学会誌,75(10):543-548 2020(Oct.)
Author:髙坂泰弘


主鎖にアクリル骨格を含む不飽和ポリエステルの合成と性質
日本接着学会誌,56(3):94-102 2020(Mar.)
Author:髙坂泰弘


Conjugate substitution reaction of α-(substituted methyl)acrylates in polymer chemistry
Polymer Journal,52:1175 2020
Author:Yasuhiro Kohsaka


α-機能化アクリル酸エステルの共役置換による高分子の合成・分解・変換
高分子,68(2):69 2019
Author:高坂泰弘


高機能ポリマー原料としてのジカルボン酸クロリドと類縁体
マテリアルステージ,18(7):38-47 2018
Author:高坂泰弘,木村芳一


α-機能化アクリル酸エステルの精密設計による機能高分子合成
機能材料,38(9):45-53 2018
Author:高坂泰弘


アクリル酸エステル誘導体の共役置換反応を利用した機能高分子合成
日本ゴム協会誌,91(11) 2018
Author:高坂泰弘


変貌自在なアクリル樹脂 —置換基が性質に影響—
化学と教育,65(5):236-237 2017(May)
Author:高坂泰弘


α-機能化アクリル酸エステルの重合化学 —精密重合・機能創成を目指した分子設計—
高分子論文集,73(5):412-427 2016
Author:髙坂泰弘


末端に官能基を有する立体規則性ポリメタクリル酸エステルの精密合成
高分子論文集,72(7):385-394 2015
Author:髙坂 泰弘; 北浦 健大; 北山 辰樹;


メタクリル酸メチルの精密アニオン重合 : 分子量,立体規則性,末端構造の三元同時制御
日本ゴム協会誌 = Journal of the Society of Rubber Science and Technology, Japan,88(3):80-85 2015
Author:髙坂 泰弘; 北山 辰樹;

特許等知的財産
登録済特許
2価アルコール類、ポリカーボネート樹脂、ポリエステル樹脂、それらからなる成形体、および光学素子
ポリ擬ロタキサンの製造方法、架橋体の製造方法及びポリマーの回収方法
ロタキサン、架橋剤、架橋方法、架橋ポリマー及び架橋ポリマーの分解方法
Diol, and polycarbonate resin or polyester resin , PCT/JP2010/054467, WO 2010104199 A3
高分子化合物
α-(ハロメチル)アクリル化合物、重合体、重合体の製造方法、硬化物の製造方法及び硬化物
ポリ共役エステル及びその製造方法並びに硬化性組成物及びその硬化物
共役ジエン単位を有するポリマー及びその製造方法
フルオレン化合物及びその重合体並びにそれらの製造方法
フルオレン化合物の製造方法並びにフルオレン化合物の用途
フルオレン化合物およびその製造方法ならびにその前駆体および重合体
両末端反応性ポリマー、多価アクリル系ポリマー、架橋多価アクリル系ポリマー、環状ポリマー、及び環状グラフトポリマー
スルフィド基を有するアリル位置換メタクリル酸エステルの製造方法
α-(置換メチル)アクリルアミド類及びその製造方法
α-(ヒドロキシメチル)アクリル化合物およびその製造方法、ならびにその重合体
共同研究等希望テーマ
新奇重合性ないし高機能性を有するビニルモノマーの開発と重合 , 高分子化学,高分子材料
機能性モノマーの精密重合による材料開発(分子量・立体規則性・末端構造の制御)
研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2020 - 2022 , 固相で実現する「進化型」高分子主鎖変換反応の開発と自己修復材料への応用 , 挑戦的研究(萌芽)
2019 - 2021 , 官能基シナジーの出現/消失を利用した高分子合成・分解・変換法の開発 , 基盤研究(B)
2016 - 2018 , 動的環構造を持つアクリル酸エステルの開環および環拡大を利用した反応性高分子の合成 , 基盤研究(C)
2014 - 2015 , 炭素-炭素結合を主鎖骨格とする立体規則性ポリβ-アミノ酸類の合成構造および機能 , 若手研究(B)
2012 - 2013 , 環状高分子の立体認識を用いる超分子形成 , 若手研究(B)

科学研究費補助金(研究分担者)
2014 - 2016 , アトロポス重合:自発的停止反応制御による精密重合 , 挑戦的萌芽研究

奨学寄附金
2017 , ブタジエン誘導体の付加-脱離反応を利用した機能性エラストマーの合成
2016 , ワン・ツー攻撃による新規重合法の開発および易分解性機能材料への応用
2015 , アセタール結合を有するα-エキソメチレンラクトンによる易分解性機能材料の開発
2015 , バイオマスモノマーを用いた主鎖生分解性ゴムの開発と機能化
2015 , 官能基集積型モノマーを用いた易解体性高分子材料の開発
2015 , スピロ環化重合による高性能光学ポリマーの簡易合成
2014 , 素反応をプログラム化した重合反応による機能性アクリル樹脂の精密簡易合成
2013 , 重合活性なC=C二重結合を持つβ-アミノ酸エステルのラジカル重合を用いた温度/pHに応答する高分子材料の開発

教育活動実績

授業等
2023 , 前期 , 一般化学Ⅱ
2023 , 前期 , 高分子合成
2023 , 前期 , 合成高分子学特論II
2023 , 前期 , 環境と材料科学&生物科学
2023 , 前期 , 化学・材料ゼミI
2023 , 前期 , 化学・材料ゼミII
2023 , 前期 , 化学・材料概論
2023 , 後期 , 化学・材料実験
2023 , 後期 , 基礎化学実験Ⅲ
2023 , 後期 , 化学・材料ゼミⅢ
2022 , 前期 , 一般化学Ⅱ
2022 , 前期 , 有機化学II
2022 , 前期 , 高分子合成
2022 , 前期 , 合成高分子学特論II
2022 , 前期 , 環境と材料科学&生物科学
2022 , 前期 , 化学・材料ゼミI
2022 , 前期 , 化学・材料ゼミII
2022 , 前期 , 化学・材料概論
2022 , 後期 , 化学・材料実験
2022 , 後期 , 有機化学 III
2022 , 後期 , 基礎化学実験Ⅲ
2022 , 後期 , 化学・材料ゼミⅢ
2021 , 前期 , 有機化学II
2021 , 前期 , 環境と材料科学&生物科学
2021 , 前期 , 合成高分子学特論II
2021 , 前期 , 機能高分子学実験I
2021 , 前期 , 化学・材料ゼミI
2021 , 前期 , 化学・材料ゼミII
2021 , 後期 , 有機化学 III
2021 , 後期 , 機能高分子学特別講義
2020 , 前期 , 合成高分子学特論II
2020 , 前期 , 基礎化学実験 I
2020 , 前期 , 機能高分子学実験I
2020 , 前期 , 環境と材料科学&生物科学
2020 , 前期 , 化学・材料ゼミI
2020 , 前期 , 化学・材料ゼミII
2020 , 後期 , 有機化学 III
2020 , 後期 , 機能高分子学特別講義
2019 , 前期 , 合成高分子学特論Ⅲ
2019 , 前期 , 生活の中の高分子
2019 , 前期 , 化学・材料特別講義
2019 , 前期 , 基礎化学実験 I
2019 , 前期 , 機能高分子学実験I
2019 , 前期 , 新入生ゼミナール
2019 , 後期 , 有機化学 III
2019 , 後期 , 機能高分子学特別講義
2018 , 前期 , 合成高分子学特論Ⅲ
2018 , 前期 , 基礎化学実験 I
2018 , 前期 , 機能高分子学実験I
2018 , 前期 , 生活の中の高分子
2018 , 前期 , 新入生ゼミナール
2018 , 後期 , 有機化学 III
2018 , 後期 , 機能高分子学特別講義
2017 , 前期 , 有機化学 III
2017 , 前期 , 合成高分子学特論Ⅲ
2017 , 前期 , 生活の中の高分子
2017 , 前期 , 新入生ゼミナール
2017 , 後期 , 基礎化学実験 I
2017 , 後期 , 機能高分子学実験II
2017 , 後期 , 機能高分子学特別講義
2016 , 前期 , 基礎化学実験 I
2016 , 前期 , 生活の中の高分子
2016 , 前期 , 新入生ゼミナール
2016 , 前期 , 化学・材料特別講義
2016 , 後期 , 有機化学 III
2016 , 後期 , 機能高分子学特別講義
2016 , 後期 , 機能高分子学実験II
2015 , 前期 , 基礎化学実験 I
2015 , 前期 , 生活の中の高分子
2015 , 前期 , 新入生ゼミナール
2015 , 後期 , 有機化学 III
2015 , 後期 , 機能高分子学特別講義

社会活動実績

社会活動等
出前講座
2011.8.1 - , プラスチックがつくる現在と未来