信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

小笠原慎治  オガサワラ シンジ

教員組織学術研究院(理学系)電話番号0263-37-2495
教育組織理学部 理学科 生物学コースFAX番号
職名助教(テニュア・トラック)メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
キーワード:光遺伝学 , 核酸 , 発生 , ゼブラフィッシュ
研究職歴等
研究職歴
2019- , 信州大学理学部理学科生物学コース 助教
2017-2019 , 科学技術振興機構 さきがけ専任研究員(光の極限制御・積極利用と新分野開拓)
2015-2017 , 科学技術振興機構 さきがけ兼任研究員(光の極限制御・積極利用と新分野開拓)
2013-2017 , 北海道大学創成研究機構 特任助教
2009-2014 , 理化学研究所客員研究員(前田バイオ工学研究室)
2009-2013 , 科学技術振興機構 さきがけ専任研究員(光の利用と物質材料・生命機能)
2007-2009 , 理化学研究所基礎科学特別研究員(前田バイオ工学研究室)

研究活動業績

特許等知的財産
登録済特許
新規プリンヌクレオシド化合物、その異性化方法および光特性を変化させる方法、ならびに光スイッチング型デバイス材料
ピリミジンヌクレオシド化合物およびその利用
ヌクレオシド化合物を含んでいるRNA、当該RNAからのタンパク質の生産量を制御する方法、およびヌクレオシド化合物
研究費
受託研究
2015 - 2018 , 光で細胞内現象を完全再現する超精密タンパク質発現操作技術の開発と応用
2009 - 2012 , 光応答性核酸による単一細胞内での光遺伝子制御

科学研究費補助金(研究代表者)
2019 - 2021 , 超安定G-quadruplexを利用した光駆動型擬似スプライシングシステムの開発 , 基盤研究(C)
2016 - 2017 , 発生生物学に適した光遺伝学ツールの開発 , 挑戦的萌芽研究
2015 - 2016 , 色彩を感知し自ら非対称性を生み出すアメーバロボットの創出 , 新学術領域研究(研究領域提案型)
2013 - 2014 , 多能性幹細胞塊から細胞の種類と配置を制御して多種細胞集団へ分化させる方法の確立 , 若手研究(B)
2013 - 2014 , アメーバロボット内部に構成部品の非対称分布を作り出す手法の確立 , 新学術領域研究(研究領域提案型)

社会活動実績

社会活動等
出前講座
2016/11 - , 光で生命を操る
2015/12 - , 遺伝子操作で生物を創り変える
2015/11 - , 光を使った遺伝子操作

市民開放授業
2017/6 - , サイエンティストクエスト「マッドサイエンス?光スイッチで生物をつくり変える」