信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

大野太郎  オオノ タロウ

教員組織学術研究院(社会科学系)電話番号
教育組織経法学部 応用経済学科FAX番号
職名准教授メールアドレスtaro_ohno(@)shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURLhttps://sites.google.com/site/ohnotarosite/home

プロフィール

研究分野
公共経済学
所属学会
所属学会
International Institute of Public Finance
日本経済学会
日本財政学会
日本経済政策学会
学歴
出身大学院
2008 , 一橋大学 , 経済学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2001 , 一橋大学 , 経済学部

取得学位
博士(経済学) , 一橋大学
修士(経済学) , 一橋大学
学士(経済学) , 一橋大学
研究職歴等
研究職歴
2016- , 信州大学経法学部 准教授
2014-2016 , 尾道市立大学経済情報学部 准教授
2011-2014 , 尾道大学経済情報学部 講師
2008-2011 , 財務省財務総合政策研究所 研究官

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
日本の世帯属性別貯蓄率の動向について:アップデートと考察
RIETI Discussion Paper Series,18-J-024、経済産業研究所 2018(Aug.)
Author:宇南山卓、大野太郎


Decomposition Approach on Changes in Redistributive Effects of Taxes and Social Insurance Premiums
Public Policy Review,14(4):777-802 2018(Jul.)
Author:Taro Ohno, Takahiro Kodama, Ryutaro Matsumoto


税・社会保険料推定における妥当性の検証:『全国消費実態調査』を用いた分析
経済政策ジャーナル,14(1・2):23-26 2018(May)
Author:大野太郎、小玉高大


貯蓄率の低下は高齢化が原因か?
経済研究,68(3):222-236 2017(Jul.)
Author:宇南山卓、大野太郎


Estimation of Tax and Social Insurance Burden on Households: Verification of the Validity and Assessment of Actual Status
PRI Discussion Paper Series,No.17A-02, Policy Research Institute, Ministry of Finance 2017(Jan.)
Author:Taro Ohno, Takahiro Kodama


Tax Reforms, Redistribution and Population Aging: Evidence from Japan
Discssion Paper Series,A No.645, Institute of Economic Research, Hitotsubashi University 2016(Aug.)
Author:Takeshi Miyazaki, Yukinobu Kitamura, Taro Ohno


マイクロ・データを用いた社会保険料の推計とその妥当性の検証
PRI Discussion Paper Series,No.16A-02, 財務省財務総合政策研究所 2016(Feb.)
Author:多田隼士、大野太郎、宇南山卓


Comparison of Taxes and Social Insurance Premium Burdens in Household Accounts
Public Policy Review,11(4):547-471 2015(Sep.)
Author:Taro Ohno, Masahiko Nakazawa, Kazuaki Kikuta, Manabu Yamamoto


医療費の地域間格差に関する将来推計と要因分解
OCU-E Discssion Paper Series,No.7, 尾道市立大学 2015(May)
Author:大野太郎


Decomposition of the Variation of Corporate Tax Revenues: Based on Consideration of Corporate Tax Paradox
Public Policy Review,11(2):333-360 2015(Mar.)
Author:Taro Ohno, Masaki Hotei, Eiichiro Sato, Chie Umezaki


Tax and Social Insurance Burden on Households: Estimate Using National Survey of Family Income and Expenditure
Public Policy Review,10(3):457-479 2014(Oct.)
Author:Taro Ohno, Masahiko Nakazawa, Kazuya Matsuda, Kazuaki Kikuta, Tomoko Masuda


介護費用の構造と将来推計
尾道市立大学経済情報論集,14(1):17-39 2014(Jun.)
Author:大野太郎


都道府県別から見た高齢化の進展と医療費の将来推計
尾道市立大学経済情報論集,13(2):49-72 2013(Dec.)
Author:大野太郎


情報通信業の生産性:生産性動学と実証分析
尾道市立大学経済情報論集,13(1):43-64 2013(Jun.)
Author:大野太郎、梅崎知恵、叶武史、富永隼行


Merger of Major Banks from the EVA standpoint
Public Policy Review,8(5):737-774 2012(Nov.)
Author:Kazushi Kan, Taro Ohno


An Economic Analysis on the Consultative System of Local Bond
Public Policy Review,8(4):503-536 2012(Oct.)
Author:Wataru Kobayashi, Taro Ohno


地方債充当率の実証分析: 市町村データからの検証
財政研究,7:176-190 2011(Oct.)
Author:大野太郎、小林航


地方債充当率の経済分析: 理論分析と都道府県データからの検証
財政研究,6:170-189 2010(Sep.)
Author:大野太郎、小林航


Empirical Analysis of International Tax Treaty and Foreign Direct Investment
Public Policy Review,6(2):287-312 2010(Mar.)
Author:Taro Ohno


租税条約と部分的政策協調の理論的考察
経済政策ジャーナル,4(1):112-130 2006(Nov.)
Author:大野太郎


租税条約における情報交換規定の考察
経済政策ジャーナル,3(1):38-58 2005(Sep.)
Author:大野太郎


学会発表
Decomposition Approach on Deviations of redistributive Effects of Taxes and Social Insurance Premiums
16th International Conference of the Japan Economic Policy Association 2017(Nov.)
Author:Taro Ohno, Takahiro Kodama, Ryutaro Matsumoto


税・社会保険料における再分配効果の変化の要因分解
日本財政学会第74回全国大会 2017(Sep.)
Author:大野太郎、小玉高大、松本龍太郎


日本の世帯属性別貯蓄率の動向について
日本経済学会2017年度春季大会 2017(Jun.)
Author:宇南山卓、大野太郎


Estimation of tax and social insurance burden on households: verification of the validity and assessment of actual status
15th International Conference of the Japan Economic Policy Association 2016(Oct.)
Author:Taro Ohno, Takahiro Kodama


『全国消費実態調査』個票を用いた家計の税・保険料負担の推計:妥当性の検証と実態の把握
日本経済学会2016年度秋季大会 2016(Sep.)
Author:大野太郎、小玉高大


『全国消費実態調査』個票を用いた家計の税・保険料負担の推計:妥当性の検証と実態の把握
日本経済政策学会第73回大会 2016(May)
Author:大野太郎、小玉高大


医療費の地域間格差における将来推計と要因分解
日本経済政策学会第72回大会 2015(May)
Author:大野太郎


A micro simulation model for tax reform’, Annual Conference of Korea Association of Public Finance
Annual Conference of Korea Association of Public Finance 2014(Oct.)
Author:Taro Ohno, Masahiko Nakazawa, Takashi Unayama, Koyo Miyoshi, Keishi Hachisuka, Kazuaki Kikuta, Tomoko Masuda, Manabu Yamamoto


税制改革マイクロ・シミュレーション・モデルの検討
日本財政学会第70回大会 2013(Oct.)
Author:大野太郎、中澤正彦、宇南山卓、三好向洋、蜂須賀圭史、菊田和晃、増田知子、山本学


消費階層別から見た家計の税・保険料負担
日本財政学会第69回大会 2012(Oct.)
Author:大野太郎、中澤正彦、三好向洋、松尾浩平、片岡拓也、高見澤有一、松田和也、蜂須賀圭史、増田知子


地方債充当率の実証分析:市町村データからの検証
日本財政学会第67回大会 2010(Oct.)
Author:大野太郎、小林航


地方債充当率の経済分析
日本財政学会第66回大会 2009(Oct.)
Author:小林航、大野太郎


地方債規制の経済分析
日本財政学会第65回大会 2008(Oct.)
Author:小林航、大野太郎


租税条約と海外直接投資の実証分析
日本経済学会2007年度春季大会 2007(Jun.)
Author:大野太郎


租税条約と海外直接投資の実証分析
日本経済政策学会第64回全国大会 2007(May)
Author:大野太郎


租税条約における二重課税軽減措置の考察
日本経済学会2006年度春季大会 2006(Jun.)
Author:大野太郎


租税条約における二重課税軽減措置の考察
日本経済政策学会第63回全国大会 2006(May)
Author:大野太郎


租税条約と部分的政策協調の理論的考察
日本経済学会2005年度春季大会 2005(Jun.)
Author:大野太郎


租税条約における情報交換規定の考察
日本経済学会2004年度秋季大会 2004(Sep.)
Author:大野太郎

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2018 - 2020 , 税・社会保険料の再分配効果とその要因分解に関する実証分析 , 基盤研究(C)(一般)
2014 - 2015 , 税制改革マイクロ・シミュレーション・モデルの検討 , 若手研究(B)

その他
2017 - 2017 , 平成29年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト研究
2016 - 2016 , 平成28年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト研究
2015 - 2015 , 平成27年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト研究
2014 - 2014 , 平成26年度一橋大学経済研究所共同利用共同研究拠点事業プロジェクト研究

教育活動実績

授業等
2018 , 前期 , 公共経済学
2018 , 前期 , 政策企画実習
2018 , 前期 , 英語文献研究
2018 , 後期 , 地方財政
2018 , 後期 , 経済学演習Ⅰ
2018 , 後期 , 地域の生活と社会Ⅳ
2018 , 後期 , ミクロ経済学入門
2018 , 通年 , 経済学演習Ⅱ