信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

三宅康幸  ミヤケ ヤスユキ

教員組織電話番号
教育組織理学部FAX番号
職名特任教授 名誉教授メールアドレス
住所〒390-8621 松本市旭3-1-1ホームページURL

更新日:2019/07/22

プロフィール

研究分野
固体地球惑星物理学
現在の研究課題
火山の生成する場所の地質条件の解明
キーワード:火山 , 地質条件
マグマの発生と上昇のプロセス
キーワード:マグマ , 発生 , 上昇
活火山の予知の基礎的研究
キーワード:活火山 , 予知
溶岩や火砕流の運動についての研究
キーワード:溶岩 , 火砕流 , 運動
火山災害を軽減するための具体的個々の火山に関する基礎的及び実際的研究
キーワード:火山災害 , 軽減
所属学会
所属学会
日本岩石鉱物鉱床学会
第四紀学会
地学団体研究会
日本火山学会
日本地質学会
学歴
出身大学院
1983 , 京都大学 , 理学研究科 , 地質学鉱物学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1974 , 京都大学 , 理学部 , 地質学鉱物学科

取得学位
博士(理学) , 京都大学
受賞学術賞
1983 , 地球科学賞
1982 , 日本地質学会研究奨励賞
研究職歴等
研究職歴
1997- , 信州大学 教授
1992-1997 , 信州大学 助教授
1988-1992 , 島根大学 地質学 助教授
1987-1988 , 島根大学 地質学 助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
御嶽山と水蒸気爆発
山と渓谷社編 , ドキュメント御嶽山大噴火 , :138-159 2014(Dec. 13)
Author:三宅康幸


火山の事典第2版
朝倉書店 , :75-81 2008(Jun.)
Author:下鶴大輔・荒牧重雄・井田喜明・中田節也編


地球の科学
大気堂 2003(Jun.)
Author:三宅康幸・戸田任重・公文富士夫


高橋正樹・小林哲夫編 フィールドガイド「日本の火山⑥」中部・近畿・中国の火山
築地書館 , :pp.14-33, pp.51-64, pp.101-116 2000(Apr.)


新版地学事典
平凡社 1996(Oct.)


「火砕流と溶岩の競演-火山の成長の二つのタイプ-」
郷土出版社 , 酒井潤一・塚原弘昭・福島和夫編 大地が語る信州の4億年 , :pp.133-152 1995(Aug.)
Author:執筆者12名


日本の地質6,近畿地方
共立出版 , :pp.175-177 1987(Jul.)
Author:中沢圭二・市川浩一郎・市原 実を代表編集委員とし,のべ87名


京都地学ガイド
法律文化社 , :pp.36-44 1978(Oct.)
Author:池田 極ほか35人


論文
IKONOS高分解能衛星画像と現地踏査を併用したブルカノ式噴火噴出物の解析-浅間火山2004年9月1日噴火を例に-
地質学雑誌,117(12):671-685 2011(Dec.)
Author:阪上雅之・佐々木寿・三宅康幸・向山栄


Quaternary volcanism and tectonic history of the Suwa–Yatsugatake Volcanic Province, Central Japan.
Jour.Volcanol.Geotherm.Res,203(4):158-167 2011(Apr.)
Author:ishiki,K, Takahashi,K., Matsumoto,A. and Miyake,Y.


日光男体火山における約1万年前の火砕流堆積物の発見
火山,54(4):163-174 2009(Aug.)
Author:三宅康幸・齋藤美由紀・竹下欣宏・及川輝樹・齋藤武士


中部日本,美ヶ原高原とその周辺地域における後期鮮新世−前期更新世の火山活動史
地質学雑誌,115(8):400-422 2009(Aug.)
Author:向井理史・三宅康幸・小坂共栄


長野県大門峠地域に分布する流紋岩質溶岩ドームのK-Ar年代:諏訪―八ケ岳火山地域の流紋岩類の活動時期について.
火山,54(1):61-72 2009(Feb.)
Author:西来邦章・及川輝樹・太田 靖・松本哲一・宇都浩三・三宅康幸


中部日本,八ケ岳地域の火山活動期の再検討
地質学雑誌,113(5):193-211 2007(May)
Author:西来邦章・松本哲一・宇都浩三・高橋 康・三宅康幸


古期御岳火山起源の中期更新世テフラと松本盆地南縁部のテフラとの対比
第四紀研究,46(2):131-146 2007(Feb.)
Author:竹下欣宏・三宅康幸・酒井潤一


御嶽地域における更新世のマグマ変遷-中部地方の第四紀火山活動の時代区分に関連させて-
月刊地球,28(6):363-368 2006(Jun.)
Author:三宅康幸・池元壮彦・細井秀幸


浅間火山2004年8月の噴出物の石基ガラスの含水量測定
火山,51(3):151-159 2006(May)
Author:牧野州明・津金達朗・曽根原崇文・三宅康幸


浅間火山2004年噴出物の鉱物粒径分布とマグマの結晶化過程
火山,51(1):49-61 2006(Jan.)
Author:津金達朗・牧野州明・三宅康幸・高橋 康


焼岳火山防災マップの作成とその公表後の住民意識調査の解析-火山防災のインフォームドコンセント確立に向けて-
火山,50(6):427-440 2005(Nov.)
Author:伊藤英之・脇山勘治・三宅康幸・林信太郎・古川治郎・井上昭二


浅間火山2004年9月噴火の本質噴出物について
火山,50(5):333-346 2005(Sep.)
Author:三宅康幸・高橋康・津金達郎・牧野州明・角前壽一・西来邦章・福井喬士・信州大学浅間火山04年噴火調査グループ


中期更新世,古期御岳火山起源のテフラと房総半島,上総層群中のテフラとの対比.
地質学雑誌,111(7):417-433 2005(Jul.)
Author:竹下欣宏・三宅康幸・酒井潤一


焼岳火山の火山防災マップ-予想される災害とマップの住民への普及について-
月刊地球,27(5):363-367 2005(May)
Author:三宅康幸


上信地域・烏帽子火山のK-Ar年代
火山,19(4):207-212 2004(Aug.)
Author:高橋 康・三宅康幸


焼岳火山砂防副読本作成検討委員会編 活火山焼岳と、私たちの暮らし
2003(Sep.)


有珠山2000年噴火の推移
火山,47(3):pp.105-117 2002(May)
Author:宇井忠英・中川光弘・稲葉千秋・吉本充宏・総合観測班地質グループ(三宅康幸含む12名)


デイサイト溶岩の流動・固結過程の解明のための石基組織の研究
平成 11~12年度科学研究費補助金基盤研究c 研究成果報告書 2001(Apr.)
Author:三宅康幸


Interpretation of porosity in dacite lava domes as ductile-brittle failure textures
Jour.Volcanol.Geoth.Res.,112(1-4):pp.25-35 2001(Jan.)
Author:Smith,J.V., Miyake,Y. and Oikawa,T


Pillow,Pahoehoe and Pseudo-pillow lavas from Columbia River Basalt and Japanese Submarine Volcano
Eos 1999(Dec.)
Author:Miyake,Y.


Chronology and Petrology of the Daikonjima Basalt, Nakaumi Lagoon, Eastern Shimane Prefecture, Japan
岩石鉱物鉱床学雑誌,:pp.442-452 1999(Nov.)
Author:Morris,P.A., Miyake,Y., Furuyama,K. and Olarte,P.P.


姶良Tnテフラにおける粒度・鉱物組成の地域的変異とその堆積過程
地質学雑誌,105(9):pp.597-608 1999(Sep.)
Author:河合小百合・三宅康幸


A mesozoic age for volcanic rocks at Evans Head northern New South Wales.
Aust.Jour.Earth Sci.,45:pp.955-961 1998(Nov.)
Author:Smith,J.V., Miyake,Y. and Houston,E.C.


K-Ar chronology of the Middle Pleistocene lavas at Ontake volcano, central Japan
地球科学,52(6):pp.464-474 1998(Nov.)
Author:Kioka,H., Furuyama,K., Miyake,Y., Sakai, J., Nagao, K., Ikemoto,M., Noiri,H. and Oda,K


長野県安曇村中ノ湯における1995年2月11日の水蒸気爆発
火山,43(3):pp.113-121 1998(May)
Author:三宅康幸・小坂丈予


Mesozoic age for volcanic rocks of Evans Head, northeastern New South Wales
AUSTRALIAN JOURNAL OF EARTH SCIENCES,45(6):955-961 1998(Apr.)
Author:Smith, JV; Miyake, Y; Houston, EC


近畿北部,鮮新世照来層群寺田火山岩類の-Ar年代
地球科学,52(1):pp.38-43 1998(Jan.)
Author:古山勝彦・沢田順弘・板谷徹丸・三宅康幸


山陰東部地域,中新世北但層群八鹿累層火山岩のK-Ar年代
地球科学,51(6):pp.452-458 1997(Nov.)
Author:古山勝彦・沢田順弘・板谷徹丸・三宅康幸・井上陽一・小滝篤夫


珪酸塩岩石試料の主成分の蛍光X線分析-低希釈率ガラスビードの作成と迅速分析の精度
信州大学理学部紀要,31(2):pp.105-117 1997(Mar.)
Author:三宅康幸・津金達郎・金井哲男・池元壮彦


兵庫県北部の更新世上佐野火山の地質
地球科学,50(5):pp.370-384 1996(Sep.)
Author:野村亮太郎、古山勝彦、小滝篤夫、井上陽一、高須 晃、三宅康幸


北部フォッサマグナ地域、中新統・内村累層中の高マグネシウム安山岩について
地質学論集,(44):pp.75-83 1995(Nov.)
Author:三宅康幸・佐藤友紀・小坂共栄


Endogenous growth of dacite dome at Unzen Volcano (Japan), 1993-1994.
Geology,23(2):pp.157-160 1995(Feb.)
Author:Nakada,S., Miyake,Y., Sato,H., Oshima,O., and Fujinawa,A


Geochemistry of igneous rocks of Shimane Peninsula, formed within a Miocene back-arc rifting zone at the Japan Sea margin
Geochem.J.,28(6):pp.451-472 1994(Dec.)
Author:Miyake,Y.


大山火山, 弥山溶岩ドームよりも新期に形成された三鈷峰溶岩ドームと清水原火砕流
第四紀,(26):pp.45-50 1994(Sep.)
Author:福元和孝・三宅康幸


COAXIAL PROGRESSIVE DEFORMATION TEXTURES IN EXTRUSIVE AND SHALLOW INTRUSIVE ROCKS, SOUTHWEST JAPAN
JOURNAL OF STRUCTURAL GEOLOGY,16(3):315-322 1994(Mar.)
Author:SMITH, JV; YAMAUCHI, S; MIYAKE, Y


CLAY AEROSOLS AND ARCTIC ICE ALGAE
CLAYS AND CLAY MINERALS,42(4):402-408 1994(Mar.)
Author:TAZAKI, K; FYFE, WS; IIZUMI, S; SAMPEI, Y; WATANABE, H; GOTO, M; MIYAKE, Y; NODA, S


Coaxial progressive deformation in extrusive and shallow intrusive rocks, southwest Japan
J.Structural Geol.,16(3):pp.315-322 1994(Mar.)
Author:Smith,J.V., Yamauchi,S. and Miyake,Y.


Microshear zones in a Miocene submarine dacite dome of Southwest Japan.
Bull. Volcanol.,55(6):pp.438-442 1993(Aug.)
Author:Smith,J.V., Yamauchi,S., Miyake,Y.


Flow direction and groundmass shear zones in dykes, Shimane Peninsula, Japan.
Geol.Mag.,130(1):pp.117-120 1993(Jan.)
Author:Smith,J.V., Miyake,Y. and Yamauchi,S.


雲仙火山1991年噴火、地質観察記録(その1)
火山,37(1):pp.47-53 1992(Jan.)
Author:大学合同観測班地質班(中田節也、その他17名)


兵庫県北部に更新世上佐野火山の発見
地球科学,45(6):pp.469-473 1991(Nov.)
Author:芦田経夫、藤原紀幸、古山勝彦、井上陽一、小滝篤夫、三宅康幸、他3名


High-P and low-K Quaternary lava fromGenbudo, northern Kinki district, Japan
地球科学,43(4):pp.231-236 1989(Jul.)
Author:Anyoji,T., Ashida, T., Fujiwara, N., Furuyama, K., Inoue, Y., Kawakita, K., Kitani, K., Kirimura, K., Kotaki, A., Matsuda, T., Miura, Y., Miyake, Y.他11名


Petrology of the Shionomisaki igneous complex, Southwest Japan and its implication for the ophiolite generation
Modern Geol.,12(1-4):pp.283-302 1988(Jul.)
Author:Miyake,Y.


Continental slope structural high igneous activity and its bearing on the geotectonic history of the Philippine Sea
J.Phys.Earth,36(2):pp.143-155 1988(Apr.)
Author:Shiki, T. and Miyake,Y.


中新統・田辺層群に貫入した高マグネシウム 安山岩岩脈の発見
地質学雑誌,91(8):pp.573-576 1985(Aug.)
Author:三宅康幸、石川尚人、石田志朗、鳥居雅幸


瀬戸内区以南の中新世の中~塩基性岩の組成変異
地団研専報,(29):pp.153-164 1985(Jul.)
Author:三宅康幸


MORB-like tholeiites formed within the Miocene forearc basin, South-west Japan.
Lithos,18(1):pp.23-34 1985(Mar.)
Author:Miyake,Y.


A Miocene forearc magmatism at Shionomisaki,Southwest Japan
Formation of active margins, Terra pub.,:pp.411-422 1985
Author:Miyake,Y and Hisatomi,K.


Magma in forearcs: implication for ophiolite generation
Tectonophysics,106(3/4):pp.349-358 1984(Jul.)
Author:Jakes,P. and Miyake,Y.


近畿地方北部、田倉山火山の地質と岩石
地球科学,38(3):pp.143-160 1984(May)
Author:芦田経夫、井上陽一、岡和田建文、公文富士夫、小滝篤夫、高須晃、西村祥子、野口寧世、野村亮太郎、藤原紀幸、三宅康幸、武蔵野実、村山保


Analytical accuracy of directly fused rock specimen by  electron probe microanalyser
Mem. Fac. Sci. Kyoto Univ., Ser. Geol.&Mineral.,50(1/2):pp.67-71 1984(Mar.)
Author:Sawada,Y. and Miyake,Y


和歌山県潮岬の塩基性貫入岩中の単斜輝石の累帯構造に見られるCa増加経路
地球科学,36(2):pp.94-100 1982(Mar.)
Author:三宅康幸


紀伊半島・潮岬地域の隆起運動と火成活動
地質学雑誌,87(10):pp.629-639 1981(Oct.)
Author:久富邦彦,三宅康幸


和歌山県潮岬火成複合岩体の地質と岩石
地質学雑誌,87(6):pp.385-405 1981(Jun.)
Author:三宅康幸


その他
オーストラリアにおける地質技術者教育認定の現状
日本学術会議地質学研究連絡委員会等主催「諸外国における地質技術者視覚と教育の実状と我が国におけるあり方」シンポジウム報告書 , :pp.83-96 2003(Dec.)
Author:三宅康幸

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2010 - 2011 , 斑晶と石基から解き明かす火山爆発 , 基盤研究(C)
2005 - 2006 , 浅間火山噴出物の石基組織を利用した噴火予測の研究 , 基盤研究(C)

教育活動実績

授業等
2002 , 火山学

社会活動実績

社会活動等
市民開放授業
20130904 - 20130905 , 長野県山岳総合センター野外活動講座「御嶽山の成り立ちと地質」
20130613 - 20130613 , 松本市防火管理協会主催松本市防火管理協会上級講習会「信州の火山と防災」

学外審議会・委員会
200704 - 200803 , 浅間山ハザードマップ検討委員会 , 委員
200610 - , 長野県環境審議会温泉部会 , 部会長