信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

伴野潔  バンノ キヨシ

教員組織学術研究院(農学系)電話番号0265-77-1412
教育組織農学部 農学生命科学科 植物資源科学コースFAX番号0265-77-1412
職名教授メールアドレスbannoki@shinshu-u.ac.jp
住所長野県上伊那郡南箕輪村8304ホームページURLhttp://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/agriculture/lab/banno/
https://www.facebook.com/%E4%BF%A1%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%9E%9C%E6%A8%B9%E7%A0%94%E7%A9%B6%E5%AE%A4-Lab-of-Pomology-Shinshu-University-674690512623132/

更新日:2018/04/24

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院総合工学系研究科
研究分野
園芸科学
現在の研究課題
ナシ及びリンゴのわい性台木の開発

ナシとリンゴの属間雑種による新品種育成と連鎖地図の同時作成

新形質を導入したニホンナシの育成と連鎖地図の作成

ナシ及びリンゴの植物体再生に関する研究

アグロバクテリウムによるナシ及びリンゴの形質転換技術の開発

カラムナー形質を導入したリンゴの育成と連鎖地図の作成

所属学会
所属学会
米国園芸学会
国際園芸学会
日本植物分子生物学会
日本育種学会
園芸学会
植物工場学会

所属学会役職担当
2009-2010 , 長野県園芸研究会 , 会長
2004-2006 , 園芸学会 , 編集委員
2004-2006 , 園芸学会 , シンポジウム委員
1999-2011 , 園芸学会 , 東海支部評議員
1998-2003 , 植物工場学会 , 編集委員
学歴
出身大学院
1979 , 京都大学大学院 , 農学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1977 , 高知大学 , 農学部

取得学位
農学博士
ニホンナシの花芽形成に関する研究 , 京都大学
受賞学術賞
2007 , 園芸学会賞年間優秀論文賞
研究職歴等
研究職歴
2003- , 信州大学 農学部 教授
1992-2003 , 信州大学 農学部 助教授
1989-1992 , 鳥取大学 農学部 助教授
1980-1989 , 鳥取大学 農学部 助手
1979-1980 , 京都大学 農学部 助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
加工適性もあるリンゴ品種—ハニールージュ、カラムナールージュ、レッドセンセーション
最新農業技術果樹 , Vol.9:295-297 2016
Author:伴野 潔


加工適性もあるリンゴ品種 ハニールージュ、カラムナールージュ、レッドセンセーション
最新農業技術果樹vol.9 , :295-297 2016
Author:伴野 潔


果樹園芸学の基礎
農文協 , 果樹園芸学の基礎 , :1-206 2013
Author:伴野 潔・山田 寿・平 智


リンゴ
朝倉書店 , 果実の辞典 , :514-528 2008


新版果樹栽培の基礎
農山漁村文化協会 , :55-64, 73-74, 104-131, 204-207頁 2004
Author:杉浦明,小池洋男,久保田尚浩,水谷房雄,伴野潔,山田昌彦,平智


高等学校農業科用 果樹
農産漁村文化協会 , :55-64, 73-74, 104-131, 204-207頁 2003(Nov.)
Author:杉浦明,小池洋男,久保田尚浩,水谷房雄,伴野潔,山田昌彦,平智


最新果樹園芸学
朝倉書店 , :58-81頁 2002
Author:水谷房雄,平塚伸,伴野潔,久保田尚浩,石井孝昭,他5名


花芽分化を左右する要因
農文協 , 果樹園芸大百科4 ナシ , :179-188 2000
Author:伴野潔


Selection of a resistant mutant to Alternaria blotch in apple and anaysis of proteins associated with the susceptibility by 2-D gel electrophoreisis.
In: Molecular genetics of host-specific toxins in plant disease, K. Kohmoto and O. C. Yoder(eds). Kluwer Academic Pub. , :387-397 1997
Author:Tabira, H., M. Shimonaka, K. Kohmoto. H. Otani and K. Banno


「植物種苗工場 システム・生産・利用」植物種苗工場と果樹-ニホンナシを中心として,
化学工業日報社 , :39頁 1995


論文
Genetic and physical mapping of QTLs for fruit juice browning and fruit acidity on linkage group 16 in apple
Tree Genetics and Molecular Breeding,Vol.4(No.2):1-10 2014
Author:Morimoto, T., Yonemushi, K., Onishi, H., Banno, K.
Keywords:DNA marker; Fruit quality; Genetic analysis; Malus×domestica; QTL analysis


Genetic and physical mapping of Co, a gene controlling the columnar trait of apple
Tree Genetics & Genomes,11(807):1-11 2014
Author:Morimoto, T., Banno, K.
Keywords:Apple . Columnar trait . Malus × domestica . Marker-assisted selection


A major QTL controlling of fruit maturity linked to the red leaf/red flesh trait in apple cv. 'Maypole'
JOURNAL OF THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE,82(2):97-105 2013
Author:Morimoto, T., Hiramatsu, Y., Banno, K.


Differential flooding tolerance of some dwarfing pear rootstock clones selected from the progenies of Pyrus betulaefolia and P. calleryana
J. Japan. Soc. Hort. Sci.,75(4):297-305 2006
Author:Robbani M.;K. Banno;M. Kakegawa


Selection of dwarfing pear rootstock clones from Pyrus betulaefolia and P. calleryana seedlings
J. Japan. Soc. Hort. Sci.,75(1):1-10 2006
Author:Robbani M.;K. Banno;K. Yamaguchi;N. Fujisawa;J. Y. Liu;M. Kakegawa


Breeding and characteristics of symmetric intergeneric hybrids between apple and pear.
Acta Horticulture,(622):265-276 2003
Author:K. Bannno, Y. Hirano, H. Ishikawa and M. Kakegawa


Introduction of new characteristics and genetic mapping using the hybrids between Japanese pear cv.'Osa Nijisseiki' and European pear F1 cv. 'Oharabeni'.
Acta Horticulturae,(587):225-232 2002
Author:Banno, K., S. Saito. M. Robbani and H. Ishikawa


アイソザイムおよびRAPDマーカーによるニホンナシ‘鞍月’の親子判定
園芸学会雑誌,69(2):202-207 2000
Author:伴野潔;劉 一飛;石川博信;中野真一;野畑重典


リンゴ‘つがる’果実の抗酸化能と含有ポリフェノール成分の関係
園芸学会雑誌,68(3):675-682 1999
Author:濱渦康範/上田裕子/伴野潔


リンゴ果実の発育に伴うカテキン類およびプロシアニジン類の含量・組成の変化
園芸学会雑誌,68(6):1184-1193 1999
Author:濱渦康範/飯島悦子/伴野潔


Identification of a RAPD marker linked to the susceptible gene of black spot disease in Japanese pear.
J.Japan.Soc.Hort.Sci.,68(3):476-481 1999
Author:Banno K.;H. Ishikawa;Y. Hamauzu;H. Tabira


ニホンナシ‘二十世紀’の芽の休暇打破に及ぼす高温処理の影響
園芸学会雑誌,62(1):41-47 1993
Author:田村文男;田辺賢二;伴野潔;池田隆政


The role of phosphorus as an abscission inducing agent for olive leaves and fruit.
J.Amer.Soc.Hort.Sci,118(5):599-604 1993
Author:Banno K.;G. C. Martin;R. M. Carlson


ニホンナシ子葉からの不定芽再生に及ぼす要因
信州大学農学部紀要,29(1):13-19 1992(Jul.)
Author:伴野潔;田村文男;田辺賢二
Keywords:Japanese pear,regeneration,tissue culture,ニホンナシ,再生,組織培養


低温処理がニホンナシ‘二十世紀’の芽の休眠の深さ、呼吸及び内生生長調節物質に及ぼす影響
園芸学会雑誌,60(4):763-769 1992
Author:田村文男;田辺賢二;伴野潔


葉のペルオキシダ一ゼアイソザイム分析によるナシ属種の類別
園芸学会雑誌,61(2):273-286 1992
Author:張澤澤;田辺賢二;田村文男;伴野潔


果樹苗の増殖と利用 一ニホンナシを中心として一
日本植物工場学会第3回SHITAシンポジウム講演予稿集,4:55-62 1992
Author:伴野潔


Identification of Pyrus species by peroxidase isozyme phenotypes of flower buds
J.Japan.Soc.Hort.Sci.,60(3):513-519 1991
Author:Jang J.;K. Tanabe;F. Tamura;K. Banno


ニホンナシ‘二十世紀’の側枝年齢と果実発育との関係
園芸学会雑誌,59(1):91-97 1990
Author:田村文男;田辺賢二;伴野潔


In vitro propagation of Japanese pear.
J.Japan.Soc.Hort.Sci.,58(3):37-42 1989
Author:Banno k.;K. Yoshida;S. Hayashi;K. Tanabe


In vitro propagation of Japanese pear rootstocks.
Plant Tissue Culture Letters,5(2):87-89 1988
Author:Banno K.;S. Hayashi;K. Tanabe;A. Tokuzumi


エセホン及びBA散布による‘長十郎’ナシの花芽形成促進並びに花粉収量の増加
園芸学会雑誌,55(1):33-39 1986
Author:伴野潔;林真二;田辺賢二


Morphological and histological studies on flower bud differentiation and development in Japanese pear(Pyrus serotina Rehd.)
J.Japan.Soc. Hort.Sci.,55(3):258-265 1986
Author:Banno K.;S. Hayashi;K. Tanabe


イチゴの休眠に関する生理学的研究?。. 低温要求期における温度条件が休眠打破およびクラウン、根中の生長調節物質に及ぼす影響
鳥取大学農学部研究報告,37:1-7 1985
Author:田辺賢二;林真二;伴野潔


ニホンナシの花芽形成、栄養成分並びに内生生長調節物質に及ぼすSADH及び新梢誘引の影響
園芸学会雑誌,53(4):365-376 1985
Author:伴野潔;林真二;田辺賢二


ニホンナシの花芽形成に及ぼす生長調節物質散布の影響
鳥取大学農学部研究報告,38:11-15 1985
Author:伴野潔;林真二;田辺賢二


ニホンナシにおける花芽形成の品種間差異と内生生長調節物質との関係
園芸学会雑誌,54(1):15-25 1985
Author:伴野潔;林真二;田辺賢二


ハウス栽培巨峰の脱粒に関する生理学的研究
鳥取大学農学部研究報告,36:1-7 1984
Author:田辺賢二;林真二;伴野潔


ブドウの花芽分化の調節に関する研究  . ブドウの根に対する生長調節物質の処理が花房分化に及ぼす影響
鳥取大学農学部研究報告,36:8-13 1984
Author:伴野潔;杉浦明;苫名孝


ニホンナシの花芽形成と窒素栄養との関係
園芸学会雑誌,53:265-270 1984
Author:伴野潔;林真二;田辺賢二


日本ナシの花芽形成に関する生理学的研究  . “新水”及び“豊水”ナシの花芽形成と内生生長調節物質の変化
鳥取大学農学部研究報告,34:1-7 1982
Author:伴野潔;林真二;田辺賢二


ブドウの花芽分化の調節に関する研究  . 副梢上での花房分化及びその発達に及ぼすCCCとBA散布の影響
鳥取大学農学部研究報告,33:1-7 1981
Author:伴野潔;杉浦明;苫名孝


学会発表
2 種類の赤果肉原因遺伝子MdMYB10および MdMYB110aをともに有する赤果肉リンゴ果実の特徴
園芸学研究 , 17巻別冊1:50 2018
Author:伴野 潔・三野敦大・沢田 葵


2 種類の赤果肉原因遺伝子MdMYB10および MdMYB110aをともに有する赤果肉リンゴ花弁の特徴
園芸学研究 , 17巻別冊1:49 2018
Author:沢田 葵・三野敦大・渡邉敬文・伴野 潔


タイプ1赤果肉リンゴ‘メイポール’の F1 後代と F2 後代における果実形質の比較
園芸学研究 , 16巻別冊2:151 2017
Author:沢田 葵・伴野 潔


タイプ 2 の赤果肉リンゴにおける果肉色と葉脈色との関係 -葉柄組織におけるアント シアニン分布と MdMYB110a の発現
園芸学研究 , 16巻別冊1:72 2017
Author:沢田 葵・森本拓也・山根久代・渡邉敬文・伴野 潔


リンゴ新品種'レッドセンセーション'
園芸学研究 , 15巻別冊1:62 2016(Mar.)
Author:伴野 潔・高橋純司


タイプ2のリンゴにおける赤果肉形質と果実諸形質との関係について
園芸学研究 , 15巻別冊1:64 2016(Mar.)
Author:沢田 葵・伴野 潔


Transcriptome analysis of apple (Malus _ domestica) dormant buds during dormancy release
Abstract of the Second Asian Horticultural Congress 2016
Author:H. Yamane, T. Takeuchi, M. Matsushita, K. Banno and R. Tao


リンゴ新品種'レッドパール'
園芸学研究 , 15巻別冊2:282 2016
Author:伴野 潔・沢田 葵


休眠覚醒期におけるリンゴ休眠芽のトランスクリプトーム解析
園芸学研究 , 15巻別冊2:119 2016
Author:竹内貴規・山根久代・伴野潔


リンゴ花弁におけるアントシアニンの分布とMYB転写因子との関係
園芸学研究 , 15巻別冊2:118 2016
Author:沢田 葵・渡邉敬文・伴野 潔


Expression analysis of apple DAMs in 'Fuji' dormant flower buds during flower bud development
Abstract of 1 International Apple Sympojium 2016
Author:H. Yamane, T. Takeuchi, M. Matsushita, K. Banno and R. Tao


赤果肉リンゴ品種'ハニールージュ'の果肉着色に及ぼす着果負担と果実袋の影響
園芸学研究 , 14巻別冊2:328 2015(Sep.)
Author:高橋純司 ・森本拓也 ・伴野 潔


近赤外光を用いた赤果肉リンゴ品種におけるアントシアニン含量の非破壊計測
園芸学研究 , 14巻別冊2:326 2015(Sep.)
Author:伴野 潔・笠松崇志・山田保晴・平山正明


リンゴとナシの属間雑種における接ぎ木親和性と各連鎖群の特徴
園芸学研究 , 14巻別冊2:324 2015(Sep.)
Author:菅原亜衣・稲岡麻衣亜・伴野 潔


リンゴ頂芽におけるDORMANCY-ASSOCIATED MADS-box-like遺伝子の発現解析
園芸学研究 , 14巻別冊2:96 2015(Sep.)
Author:竹内貴規・山根久代・伴野潔・田尾龍太郎


2 種類の赤果肉原因遺伝子MdMYB10 および MdMYB110a をともに有する効率的な赤果肉リンゴの育成
園芸学研究 , 14巻別冊2:90 2015(Sep.)
Author:米虫浩紀・大西弘法・伴野 潔


タイプ2 の赤果肉原因遺伝子(MdMYB110a)に密接に連鎖するSSR マーカーの開発
園芸学研究 , 14巻別冊2:89 2015(Sep.)
Author:沢田 葵・大西弘法・伴野 潔


ニホンナシ‘幸水‘とマルメロの属間雑種の開花・結実特性と果実品質
園芸学研究 , 14巻別冊1:54 2015(Sep.)
Author:稲岡麻衣亜・伴野 潔


ナシ‘おさ二十世紀‘及び‘大原紅‘の果実形質に関するQTL解析
園芸学研究 , 13巻別冊2:341 2014
Author:進藤明広・山口大輔・稲岡麻衣亜・伴野 潔


リンゴ品種‘ふじ’および‘メイポール‘における果汁pHに関するQTLs
園芸学研究 , 13巻別冊2:334 2014
Author:森本拓也・米虫浩紀・伴野 潔


属間雑種を利用したリンゴとナシの連鎖地図とその特徴
園芸学研究 , 13巻別冊2:154 2014
Author:稲岡麻衣亜・進藤明広・伴野 潔


赤果肉リンゴ品種‘ハニールージュ’の果肉着色程度に及ぼす要因
園芸学研究 , 13巻別冊1:60 2014
Author:伴野 潔・高橋純司・森本拓也


ナシ品種‘大原紅’における果実成熟の早晩に関するQTL解析
園芸学研究 , 13巻別冊1:71 2014
Author:進藤明広・中根基貴・稲岡麻衣亜・伴野 潔


リンゴの果汁褐変および果実酸含量に関するQTLのファインマッピングとマーカー選抜
園芸学研究 , 13巻別冊1:66 2014
Author:森本拓也・大西弘法・伴野 潔


リンゴ新品種‘ハニーレッド’
園芸学研究 , 12巻別冊2:278 2013
Author:伴野 潔・森本拓也


リンゴのカラムナー遺伝子に連鎖した葉形質に関するQTLs
園芸学研究 , 12巻別冊2:71 2013
Author:森本拓也・大西弘法・伴野潔


リンゴ品種‘ハニールージュ’
園芸学研究12巻別冊1 , :36 2013
Author:伴野 潔・森本拓也・濱渦康範


リンゴ品種‘カラムナールージュ’
園芸学研究12巻別冊1 , :257 2013
Author:伴野 潔・森本拓也・濱渦康範


リンゴ品種‘ふじ’の第16連鎖群上には果汁褐変に関する主要なQTLが存在する
園芸学研究12巻別冊1 , :60 2013
Author:森本拓也・大西弘法・伴野 潔


リンゴのカラムナー形質を支配するCo遺伝子のファインマッピング
園芸学研究11巻別冊2 , :125 2012
Author:森本拓也・伴野 潔


リンゴ品種‘メイポール’のカラムナー形質およびS遺伝子に連鎖した果柄長に関するQTL
園芸学研究11巻 別冊1 , :52 2012
Author:森本拓也・大西弘法・伴野潔


リンゴ品種‘ふじ’の果実酸含量に関するQTL 解析
園芸学研究10巻 別冊2 , :92 2011
Author:森本拓也・伴野潔


リンゴ品種‘メイポール’の交雑後代における果肉の着色程度に及ぼす着色関連遺伝子の影響
園芸学研究10巻 別冊1 , :270 2011
Author:伴野 潔・伊藤紗代


リンゴ品種‘メイポール’の交雑後代における果肉の着色程度と果皮色との関係
園芸学研究 , 8(2):107 2009
Author:伴野 潔・平松裕子


リンゴ品種‘ふじ’へのカラムナー形質の導入とマッピング
園芸学会雑誌 別冊2 , 74:589-589 2005
Author:伴野潔;掛川真弓;松島琢真


属間雑種を用いて作成したリンゴとナシにおける各連鎖群の対応とゲノムの相同性
園芸学会雑誌 別冊2 , 74:588-588 2005
Author:掛川真弓;伴野潔;横井那尾


属間雑種を用いたナシ‘大原紅’の連鎖地図作成
園芸学会雑誌 別冊1 , 74:427-427 2005
Author:伴野潔;横井那尾;掛川真弓


Agrobacterium rhizogenesによって形質転換したリンゴ台木の根頭がん腫病に対する反応性
園芸学会雑誌第73巻別冊2 , :317- 2004
Author:伴野潔;増井若菜;M. Robbani


属間雑種を用いたリンゴとナシの効率的な連鎖地図作成と部分的統合
園芸学会雑誌第73巻別冊1 , :373- 2004
Author:掛川真弓;横井那尾;伴野潔


ナシにおける果実形質の遺伝とそのマッピング
園芸学会雑誌別冊2 , 72:535-535 2003
Author:掛川真弓;横井那尾;伴野潔


セイヨウナシにおけるナシ赤星病反応性の品種間差異と遺伝解析
園芸学会雑誌別冊2 , 72:332-332 2003
Author:横井那尾;石田時光;伴野潔


Agrobacterium rhizogenesによって形質転換したリンゴ台木・栽培品種の諸特性
園芸学会雑誌 別冊1 , 72:201-201 2003
Author:伴野潔;掛川真弓;M. Robbani


マンシュウマメナシ及びカレリアーナを用いたナシわい性台木の開発
園芸学会雑誌別冊1 , 71:231-231 2002
Author:伴野潔;劉景耀


属間雑種を用いたリンゴとナシの連鎖地図の同時作成とその統合の可能性
園芸学会雑誌別冊2 , 71:479-479 2002
Author:伴野潔;掛川真弓;横井那尾


Breeding and characteristics of symmetric intergeneric hybrids between apple and pear.
XXVI International Horticultural Congress , :330-330 2002
Author:Banno K.;Y. Hirano;H. Ishikawa


ニホンナシ‘おさ二十世紀’とセイヨウナシF1品種‘大原紅’との交雑による新形質の導入と連鎖地図作成の試み
園芸学会雑誌 , 70:216-216 2001
Author:伴野潔;斉藤正邦;M. ロバーニ;石川博信


リンゴ斑点落葉病反応性の遺伝解析とその特性
園芸学会雑誌 , 70:404-404 2001
Author:伴野潔;篠田貴宏;掛川真弓;田平弘基


Introduction of new characteristics and genetic mapping using the hybrids between Japanese pear cv. 'Osa Nijisseiki' and European pear F1 cv. 'Oharabeni'.
Abst.International Symposium on Asian Pears. , :37-37 2001
Author:K. Banno;S. Saito;M. Robbani;H. Ishikawa


リンゴとナシの対称雑種の育成とその特性
園芸学会雑誌 , 69:222-222 2000
Author:伴野 潔;平野康雄;石川博信;黒田大輔


分子マーカーを利用したナシ‘大原紅’の親子判定
園芸学会雑誌 , 69:289-289 2000
Author:伴野 潔;平野康雄;石川博信


分子マーカーからみた近年のニホンナシ品種のホモ化傾向と今後の育種の方向性
果樹課題別研究会「果樹のゲノム研究-今後の展望を考える」発表要旨 , :5-6 2000
Author:伴野 潔


その他
信州大学で育成された赤果肉リンゴ品種「ハニールージュ」「レッドセンセーション」
果実日本 , Vol.72(9月号):8-12 2017
Author:伴野 潔


話題の品種246 リンゴ ハニールージュ
果実日本 , Vol.72(1月号):4 2016
Author:伴野 潔


話題の品種246 リンゴ ハニールージュ
71巻:4 2016(Jan.)
Author:伴野 潔

特許等知的財産
登録済特許
カラムナールージュ
ハニールージュ
ハニーレッド
レッドパール
いなほのか
青果類のアントシアニン含量の非破壊計測装置及び非破壊計測方法
共同研究等希望テーマ
1. ナシのわい性台木の開発
2. カラムナー形質を導入した省力化樹形リンゴ品種の育成
3. 新形質を導入したリンゴ新品種の育成
4.組織培養によるナシ及びリンゴの植物体再生と大量増殖の開発
5.属間雑種を利用したナシとリンゴのゲノム解析と効率的選抜育種法の開発
研究費
受託研究
2014 - 2016 , 果実類における果実内部のアントシアニン含量測定用の非破壊センサーの開発

科学研究費補助金(研究代表者)
2003 - , 属間雑種を利用したリンゴとナシの飽和連鎖地図作成の新戦略と有用遺伝子のマッピング , 基盤研究B2
2002 - , 遠縁雑種を利用したニホンナシへの複合病害抵抗性の導入と病害関連遺伝子の単離 , 基盤研究B1
2000 - , 遠縁雑種を利用したニホンナシへの複合病害抵抗性の導入と病害関連遺伝子の単離 , 基盤研究(B)
1994 - , ニホンナシとリンゴの属間雑種による果樹新品種の創成 , 試験研究(B)
1992 - , 胚培養並びに細胞融合によるニホンナシとリンゴの属間雑種育種に関する研究 , 一般研究(C)
属間雑種を利用したリンゴとナシの飽和連鎖地図の作成の新戦略と有用遺伝子のマッピング , 基盤研究B2
2003 - 2005 , 属間雑種を利用したリンゴとナシの飽和連鎖地図作成の新戦略と有用遺伝子のマッピング , 基盤研究(B)
2003 - 2005 , 属間雑種を利用したリンゴとナシの飽和連鎖地図作成の新戦略と有用遺伝子のマッピング , 基盤研究(B)

受託事業
2003 - , 教育研究助成
2003 - , 形質転換体利用によるわい化性の付与と遠縁雑種利用による病害抵抗性の導入
2002 - , 形質転換体利用によるわい化性の付与と遠縁雑種利用による病害抵抗性の導入
2001 - , 教育研究助成
2001 - , 形質転換体利用によるわい化性の付与と遠縁雑種利用による病害抵抗性の導入
2000 - , リンゴとナシの属間雑種利用による病害抵抗性の導入
1999 - , リンゴとナシの属間雑種利用による病害抵抗性の導入
1998 - , リンゴとナシの属間雑種利用による病害抵抗性の導入
1997 - , リンゴとナシの属間雑種利用による病害抵抗性の導入
1996 - , 植物輸液法による管理技術の開発
1993 - , 野生植物の保存と増殖に関する研究

その他公的資金
2014 - 2017 , バラ科果樹の季節的成長制御および休眠制御におけるDAM遺伝子の機能解明
2013 - 2014 , ‘ハニールージュ’等の赤果肉リンゴ品種の消費拡大に向けた栽培技術の確立と加工用途の開発
研究諸活動
在外研究員等
1991-1991

海外派遣
1996-1997
1990-1990

教育活動実績

授業等
2011 , 果樹園芸学
2011 , 作物バイオテクノロジー概論

社会活動実績

社会活動等
公開講座
201693 - , 月刊ワイドニュースー赤果肉リンゴ産業化の可能性ー
2016928 - , 赤果肉リンゴを科学する!-魅惑の色彩の秘密と食材としての活かし方-
201612 - , 文部科学省特別経費プロジェクト「リンゴ産業をモデルとした大学COC拠点整備事 業-赤い果肉リンゴを核とした地域活性化―」シンポジウム 招待基調講
2012.8.4 - , 新しいリンゴを創る!

講演会
20091212 - , 大学生活と研究ー大学で何を学ぶかー

学外審議会・委員会
2007.4.1 - , 長野県農業士・農業経営士認定会議 , 委員長
2007.4.1 - , 長野県里親農業者登録会議 , 委員長
2007.4.1 - , 明日の長野県農業を担う若人のつどい , 審査委員長
2006.4.1 - 2010.3. , 長野県農業関係試験研究(果樹)評価委員会 , 委員長

その他社会活動
「信州の果樹」編集委員 , 1993-

管理運営実績

管理運営実績
学部内委員会等
2016 - , 生物資源科学分野長
2016 - , 食料生産科学科学科長
2016 - , 植物資源科学コース主任
2010 - 2011 , 食料生産科学科学科長
2009 - 2010 , ISO内部監査委員長