信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

花里孝幸  ハナザト タカユキ

教員組織学術研究院(理学系)電話番号0266-52-1955
教育組織先鋭領域融合研究群 山岳科学研究所FAX番号0266-57-1341
職名教授メールアドレスthanaza@@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-0027 長野県諏訪市湖岸通り5-2-4信州大学山岳科学総合研究所(山地水環境教育研究センター)ホームページURLhttp://www.water.shinshu-u.ac.jp/~hanazato/toppage/Top.html

更新日:2019/05/29

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院工学系研究科
大学院総合工学系研究科
研究分野
陸水生態学(プランクトン生態学), 生態毒性学
現在の研究課題
富栄養湖の動物プランクトン群集の動態解析
キーワード:富栄養湖 , 動物プランクトン群集 , 植物プランクトン
湖沼水草帯に形成される生物群集構造の解明
キーワード:水草 , 生物群集構造 , 稚魚
動物プランクトン群集に及ぼす捕食者の影響評価
キーワード:動物プランクトン群集 , 捕食者 , 被食者 , 魚
湖沼生態系に及ぼす農薬、温暖化などの影響評価
キーワード:農薬 , 温暖化 , 湖沼生態系
生態系操作による水質浄化方法の開発に関する研究
キーワード:バイオマニピュレーション , 生態系操作 , 水質浄化
所属学会
所属学会
International Association of Theoretical and Applied Limnology
American Society of Limnology and Oceanography
日本陸水学会
日本生態学会
日本プランクトン学会
日本環境毒性学会
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1980 , 千葉大学 , 理学部
受賞学術賞
2009 , 中国上海市白玉蘭賞
1996 , 第5回生態学琵琶湖賞
研究職歴等
研究職歴
2006- , 信州大学 (山岳科学総合研究所) 教授
2001- , 信州大学 (山地水環境教育研究センター) 教授
2001- , 信州大学 (山地水環境教育研究センター) センター長
1995- , 信州大学 理学部(附属臨湖実験所) 教授
1991- , 国立環境研究所 主任研究員
1980- , 国立公害研究所(現:国立環境研究所) 研究員
1996-2001 , 信州大学 理学部(附属臨湖実験所) 所長

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
生き物びっくり実験!ミジンコが教えてくれること, 生物と生態系のふしぎを実験から学ぼう!!ソフトバンククリエエイティブ・サイエンス・アイ新書
2013
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の水環境ゼミ.[韓国版翻訳:Dong Soo Kong, Hae Kyung Park, Myung Sook Jung] (韓国語版表題:水環境保全の番人「ミジンコ物語」).GURU Publishing Group, Korea, pp.259.
2012
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学,地人書館 pp.211.
2012
Author:花里孝幸


川と湖を見る・知る・探る:陸水学入門.花里担当箇所,第1部導入(1ページ);第1部第2章,「湖を見る・知る・探る」p.41-77. 第2部;トピックス23「水質浄化が進んだ湖で起きた新たな問題:諏訪湖」p.128-129.湖のトピックス24「湖の富栄養度の指標としての漁獲量」p.130-132.地人書館pp.193.
2011
Author:花里孝幸ほか編


生態系はだれのため? ちくまプリマー新書,筑摩書房,pp.185.
2011
Author:花里孝幸


生物学辞典(石川統,黒岩常祥,塩見正衛,松本忠夫,森隆夫,八杉貞雄,山本正幸 編)東京化学同人 pp.1615.
2010
Author:花里孝幸 et al.


湖水浄化・小さなミジンコが大きな働き:透明度向上に効果-信州大学山岳科学総合研究所・総合地球環境学研究所(編)山と自然に魅せられて,山岳科学ブックレット3. pp.109.
2009
Author:花里孝幸


生態系再生の新しい視点 ― 湖沼からの提案,(高村典子編) 共立出版pp.225.
2009
Author:花里孝幸 et al.


自然はそんなにヤワじゃない:誤解だらけの生態系,新潮選書 pp.175.
2009
Author:花里孝幸


環境事典 (日本科学者会議編). 旬報社 pp.1173.
2008
Author:花里孝幸 et al.


ネッシーに学ぶ生態系,岩波書店 pp.210.
2008
Author:花里孝幸


停滞水域における生態系と水質との関わり.第11章.河川の水質と生態系-新しい河川環境創出に向けて- 大垣眞一郎(監修)財団法人河川環境管理財団(編).技報堂出版,pp.245.
2007
Author:花里孝幸


停滞水域における生態系構造と水質変化.第1章5.1. 河川の水質と生態系-新しい河川環境創出に向けて- 大垣眞一郎(監修)財団法人河川環境管理財団(編).技報堂出版,pp.245.
2007
Author:花里孝幸


水生生物への影響に配慮した水質目標の現状,生物群集に及ぼす毒性物質の複合影響.第1章3-4(3)(4) p.35-37. 河川の水質と生態系-新しい河川環境創出に向けて- 大垣眞一郎(監修)財団法人河川環境管理財団(編).技報堂出版,pp.245.
2007
Author:花里孝幸


ミジンコはすごい!(韓国語版).Purunnamu Publishing Co., Paju, Korea, pp.204.
2007
Author:花里孝幸


実験生態系を用いた影響評価,p.176-189. 化学物質の生態リスク評価と規制‐農薬編‐(畠山成久編).アイピーシー pp.366.
2006
Author:花里孝幸


第5章 生態系、生物群集レベル:はじめに,p.175-176.化学物質の生態リスク評価と規制‐農薬編‐(畠山成久編).アイピーシー pp.366.
2006
Author:花里孝幸


湖沼の生態系,p.50-54. 水環境ハンドブック ((社)日本水環境学会編).朝倉書店 pp.760.
2006
Author:花里孝幸


動物プランクトン,p.401-403. 水環境ハンドブック ((社)日本水環境学会編).朝倉書店 pp.760.
2006
Author:花里孝幸


水界生物とは,p.387. 水環境ハンドブック ((社)日本水環境学会編).朝倉書店 pp.760.
2006
Author:花里孝幸


ミジンコはすごい! 岩波ジュニア新書,岩波書店 pp.214.
2006
Author:花里孝幸


陸水の事典 (沖野外輝夫・奥田節夫・川合禎次・西條八束・手塚泰彦・野原精一・三田村緒佐武・日本陸水学会編).講談社 pp.578.
2006
Author:花里孝幸 et al.


ミジンコ先生の水環境ゼミ:生態学から環境問題を視る, 地人書館 pp.268.
2006
Author:花里孝幸


変化の見えにくいミジンコ群集,p.244-262. (沖野外輝夫・花里孝幸編) アオコが消えた諏訪湖―人と生き物のドラマ―,信濃毎日出版社 pp.336.
2005
Author:花里孝幸


アオコが消えた諏訪湖―人と生き物のドラマ―,信濃毎日出版社 pp.336.
2005
Author:沖野外輝夫・花里孝幸(編)


生態学事典 (巖佐 庸・松本忠夫・菊沢喜八郎・日本生態学会編). 共立出版 pp.682.
2003
Author:花里孝幸 et al.


第4章:水文・水資源と水環境への影響,p.181-219. (原沢英夫・西岡秀三;編) 地球温暖化と日本:自然・人への影響予測.古今書院 pp.411.
2003
Author:花木啓祐・寶 馨・花里孝幸・福島武彦・吉谷純一


短期間暴露によるミジンコの繁殖影響試験,p.75-79. (日本環境毒性学会編) 生態影響試験ハンドブック,pp.349.
2003
Author:花里孝幸


動物プランクトン:諸言,p.61-69. (日本環境毒性学会編) 生態影響試験ハンドブック,pp.349.
2003
Author:花里孝幸


動物プランクトンと水質,p.21-30. (島谷幸宏・細身正明・中村圭吾;編) エコテクノロジーによる河川・湖沼の水質浄化. ソフトサイエンス社,pp.326.
2003
Author:花里孝幸


水界生態系への影響-生物間相互作用を介した間接影響-,p.190-198. (村松康行・土居雅広・吉田聡;編) 放射線と地球環境:生態系への影響を考える. 研成社,pp.242.
2003
Author:花里孝幸


Chap. 9 “Zooplankton”. In: Y. Saijo and H. Hayashi (eds.) Lake Kizaki, Backhuys Publ., Leiden (The Netherlands), pp.301-312.
2001
Author:Sekino, T. and T. Hanazato


尾瀬ヶ原池塘の動物プランクトン群集構造と、それに影響を与える要因.p.845-861, 尾瀬の総合研究,尾瀬ヶ原総合調査団.868pp.
1998
Author:花里孝幸・林秀剛・岩熊敏夫・大高明史・酒井周・森正幸・河村一孝・森尚仁・野原精一・笠井文絵


Global Warming: The Potential Impact on Japan. Springer, Tokyo, 244pp.
1998
Author:Nishioka, S., H. Harasawa, T. Hanazato and others


ミジンコ―その生態と湖沼環境問題― 名古屋大学出版会, pp.230
1998
Author:花里孝幸


バイオマニピュレーション:ミジンコを用いた水質浄化,河川・湖沼・公園池の水質浄化技術の開発と汚染対策事例.工業技術会, 1-16.
1998
Author:花里孝幸


鰓脚類  日本動物大百科第7巻  平凡社, 124-125.
1998
Author:花里孝幸


淡水生態系(第4章第3項) (西岡秀三・原沢英夫編)地球温暖化と日本:自然・人への影響予測 p.148-156. 古今書院
1997
Author:花里孝幸


Toxic cyanobacteria and zooplankton community. In Watanabe, M.F. (ed.): Toxic Microcystis. CRC Press.
1995
Author:Hanazato. T


動物プランクトンは水質浄化のカギ (霞ヶ浦研究会編) 人と湖とのかかわり―霞ヶ浦― p.124-128, STEP
1994
Author:花里孝幸


霞ヶ浦の動物プランクトン (霞ヶ浦研究会編) 人と湖とのかかわり―霞ヶ浦― p.27-29, STEP
1994
Author:花里孝幸


同位体をトレーサーとした摂食実験 (西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.287-296, 名古屋大学出版会
1993
Author:大槻晃・坂本充・安野正之・岩熊敏夫・花里孝幸・青山莞爾


ワカサギ投入の生物群集への影響(西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.237-256, 名古屋大学出版会
1993
Author:林秀剛・吉岡崇仁・和田英太郎・花里孝幸・安田郁子・山本容子・平林公男・森正幸・市川忠史・高橋和志・小野知樹・松原尚人・菅野徳彦


コレゴヌス投入のプランクトン群集に及ぼす影響 (西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.207-236, 名古屋大学出版会
1993
Author:岩熊敏夫・林秀剛・花里孝幸・安田郁子・高田香・平林公男・小野知樹・松原尚人


殺虫剤テメフォス投与の生態系への影響 (西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.187-206, 名古屋大学出版会
1993
Author:坂本充・青山莞爾・渡辺泰徳・林秀剛・加藤憲二・安野正之・岩熊敏夫・花里孝幸・R. Hakumat


ドライアイスによる動物プランクトン制御の影響 (西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.161-185, 名古屋大学出版会
1993
Author:安野正之・花里孝幸・岩熊敏夫・林秀剛・安田郁子・山本容子・坂本充


二酸化炭素処理による植物プランクトン群集の変化 (西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.125-145, 名古屋大学出版会
1993
Author:渡辺泰徳・大槻晃・花里孝幸・吉岡崇仁・工藤栄


遮光による生態系の変化 (西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.99-124, 名古屋大学出版会
1993
Author:高橋正征・加藤憲二・渡辺泰徳・安田郁子・花里孝幸・大槻晃・林秀剛・岸野元彰


湖沼生態系における底泥の役割 (西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.87-96, 名古屋大学出版会
1993
Author:坂本充・林秀剛・大槻晃・青山莞爾・渡辺泰徳・花里孝幸・岩熊敏夫・安野正之


メソコスムと湖の生態系の比較 (西条八束・坂本充編) メソコスム - 湖沼生態系の解析 p.75-85, 名古屋大学出版会
1993
Author:渡辺泰徳・沖野外輝夫・林秀剛・高橋正征・花里孝幸


湖の小さな主―ミジンコ. 朝日週間百科 動物達の地球 70:297.
1992
Author:花里孝幸


淡水赤潮プランクトンをめぐる生物間相互関係. 門田元編, 淡水赤潮, 79-88. 恒星社厚生閣, 290p.
1987
Author:安野正之・花里孝幸


論文
Long-term zooplankton community records (1996-2017) for Lake Suwa (Japan)
Ecological Research 2017
Author:Masaki Sakamoto, Takamaru Nagata, Takayuki Hanazato, Yuichi Miyabara, Jin-Yung Ha, Ho-Dong Park, Hideshige Toda, Hye-Ji Oh, Yusuke Oda, Kwang-Hyeon Chang


訪湖沖帯におけるユスリカ類の水平分布とオオユスリカ個体群の遺伝的構造
陸水学雑誌,(78):3-11 2017
Author:平林公男,宮原裕一,花里孝幸,今藤夏子,上野隆平,高村健二


2015年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
環境科学年報,38:49-63 2016(Mar.)
Author:柳町, 晴美; 宮原, 裕一; 山本, 雅道; 花里, 孝幸


2014年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
環境科学年報,37:53-66 2015(Mar.)
Author:柳町, 晴美; 宮原, 裕一; 山本, 雅道; 花里, 孝幸


2013夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
環境科学年報,36:54-73 2014(Mar. 31)
Author:柳町, 晴美; 宮原, 裕一; 山本, 雅道; 花里, 孝幸


Assessment of the lake biomanipulation mediated by piscivorous rainbow trout and herbivorous daphnids using self-organizing map: A case study in Lake Shirakaba, Japan. Ecological Informatics. 2014 (in press)
2014
Author:Ha Jin-Yong, Takayuki Hanazato, Kwang-Hyeon Chang, Kwang-Seuk. Jeong, Dong-Kyun Kim


Inducible defenses as factor determining trophic pathways in a food web
2014
Author:Sakamoto M., Nagata T., Ha J.Y., Kimijima S., Hanazato T. and Chang K.H.


2012年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
環境科学年報,35:46-64 2013
Author:柳町 晴美, 花里 孝幸, 宮原 裕一, 山本 雅道


Lake restoration by biomanipulation using piscivore and Daphnia stocking; results of a biomanipulation in Japan, Limnology. Limnology, 19-30 (14), January, 2013
2013
Author:Ha Jin-Yong, Saneyoshi, M., Park, H. D., Toda, H., Kitano, S., Homma, T., Shiina, T., Moriyama, Y., Chang, K. H. and Hanazato


生態系操作による湖沼の水質浄化 -白樺湖での試みとその成果-. 環境システム計測制御学会誌,16(2/3):1.
2011
Author:花里孝幸


2010 年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布
信州大学環境科学年報,33:46-63 2011
Author:柳町晴美,花里孝幸,宮原裕一,山本雅道


湖水中の生き物の世界と、それに影響を与える地球温暖化. 四万十流域圏学会誌, 10 (2): 9-12.
2011
Author:花里孝幸・永田貴丸


Egg viability of the rotifer Brachionus urceolaris after ingestion by the predatory cladoceran Leptodora kindtii. Hydrobiologia., 665:263-266.
2011
Author:Nagata, T., M. Sakamoto, Y. Tanaka, T. Hanazato


Experimental analysis of predation impact by the larvae of pond smelt (Hypomesus transpacificus nipponensis) on zooplankton populations established in mesocosms. Limnology., 12:169-174.
2011
Author:Ibe, K., T. Nagata, T. Hanazato


Response of plankton community in eutrophicated system to herbicide application (triazine herbicide, simetryn): short-term exposure experiment using microcosms. Limnology., 12: 11-16.
2011
Author:Chang, K.-H., M.i Sakamoto, J.-Y. Ha, Y. Miyabara, S. Nakano, H. Doi, T. Hanazato


諏訪湖におけるラン藻の現存量・種組成変化に及ぼす滞留時間の影響.水環境学会誌, 33(9):123-129.
2010
Author:中村剛也・本間隆満・宮原裕一・花里孝幸・朴虎東


Role of interference from Daphnia and predation by cyclopoid copepods inzooplankton community structure: experimental analysis using mesocosms. Pkankton Benthos Res. , 4: 147-153.
2009
Author:Ha, Jin-Yong and T. Hanazato


諏訪湖の生態系変化から学んだこと. 水環境学会誌, 32(5): 28-29.
2009
Author:花里孝幸


Changes in ecosystem structure associated with the restoration of water quality in the shallow eutrophic Lake Suwa, Japan. Verh. Internat. ver. Limnol., 30:1085-1087.
2009
Author:Hanazato, T., T. Nagata, M. Sakuma, H-D. Park, K. Hirabayashi, K. Takei


Impact of an insecticide on persistence of inherent anti-predator morphology of a small cladoceran Bosmina. Arch. Environ. Contam. Toxicol., 57: 68-76.
2009
Author:Sakamoto, M., T. Hanazato and Y. Tanaka


Proximate factors controlling the morphologic plasticity of Bosmina: linking artificial laboratory treatments and natural conditions. Hydrobiologia, 617: 171-179.
2009
Author:Sakamoto, M. and T. Hanazato


Comparative study of pesticide effects (herbicide and fungicide) on zooplankton community. In Murakami, Y., Nakayama, K., Kitamura, S., Iwata, H. and Tanabe, S. (eds.) Biological Responses to Chemical Pollutants-Interdisciplinary Studies on Environmental Chemistry, pp 361-366. (Book chapter).
2008
Author:Chang, K.H., M. Sakamoto, J.Y. Ha, T. Murakami, Y. Miyabara, S. Nakano, H. Imai, H. Doi, and T. Hanazato


Diel vertical migration patterns in two populations of Chaoborus flavicans larvae (Diptera: Chaoboridae) in response to fish kairomones. J. Limnol., 67: 93-99.
2008
Author:Oda, S. and T. Hanazato


Antennule shape and body size of Bosmina: key factors determining its vulnerability to predacious Copepoda. Limnology, 9: 27-34.
2008
Author:Sakamoto, M. and T. Hanazato


Day and night vertical distribution of rotiferan and crustacean zooplankton in Lake Suwa, Japan. J. Freshwat. Ecol., 23:165-168.
2008
Author:Chang, K.H., T. Nagata, M. Sakamoto and T. Hanazato


諏訪湖におけるラン藻の長期変動と生態系構造の変化. 日本プランクトン学会報, 55:48-51.
2008
Author:花里孝幸・朴虎東


Change in phenotypic plasticity of a morphological defense in Daphnia galeata (Crustacea: Cladocera) in a selection experiment. J. Limnol., 66: 142-152.
2007
Author:Oda, S., T. Hanazato and K. Fujii


肉食性枝角類ノロ (Leptodora kindtii) の湖沼生態系食物網中での役割とその意義(総説). 日本プランクトン学会報, 54: 99-110.
2007
Author:張光玄・花里孝幸


Plastic phenotypes of antennule shape in Bosmina longirostris controlled by the physical stimuli from predators. Limnol. Oceanogr., 52: 2072-2078.
2007
Author:Sakamoto, M., K.-H. Chang and T. Hanazato


ミジンコの個体群及び群集への農薬影響. 日本環境毒性学会誌,9: 43-50.
2007
Author:花里孝幸


Acute toxicity of the insecticide diazinon and carbaryl to calanoid and cyclopoid copepoda (Eodiaptomus, Mesocyclops and Themocyclops) in different life stages. Jpn. J. Environ. Toxicol., 9: 133-139..
2007
Author:Takahashi, H., K.-H. Chang and T. Hanazato


Synergistic effects of food shortage and an insecticide on Daphnia population: rapid decline of food density at the peak of population density reduces the animal’s tolerance to the chemical and induces a large population crash. Limnology, 8: 45-51.
2007
Author:Takahashi, H. and T. Hanazato


2006年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布. 環境科学年報-信州大学-,29: 5-23.
2007
Author:柳町晴美・花里孝幸・宮原裕一・山本雅道


Impact of invertebrate predators on rotifer populations in lakes: field observation and experimental analysis. Verh. Internat. Ver. Limnol., 29: 2181-2186.
2006
Author:Nagata, T., K.-H. Chang and T. Hanazato


Inhibition of development of anti-predator morphology in the small cladoceran Bosmina by an insecticide: impact of an anthropogenic chemical on prey-predator interactions. Freshwat. Biol., 51: 1974-1983.
2006
Author:Sakamoto, M., K.-H. Chang and T. Hanazato


諏訪湖における栄養塩濃度の変動に関する研究. 環境科学年報‐信州大学‐,28:39-46.
2006
Author:宮原裕一・池中良徳・犬塚良平・花里孝幸


2005年夏季における諏訪湖の水平・垂直水質分布. 環境科学年報-信州大学-,28: 23-37.
2006
Author:柳町晴美・花里孝幸・宮原裕一


Different predation impacts of two cyclopoid species on a small-sized zooplankton community: an experimental analysis with mesocosms. Hydrobiologia, 556: 233-242.
2006
Author:Nagata, T. and T. Hanazato


湖の生態系や水質に及ぼす魚の影響:魚の放流の問題を考える. 四万十・流域圏学会誌, 5: 3-7.
2005
Author:花里孝幸


Heterogeneous distribution of zooplankton in a shallow eutrophic lake: species composition and diversity of zooplankton community associated with habitat structure in littoral area. Verh. Internat. Ver. Limnol., 29: 922-926.
2005
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


2004年夏季における諏訪湖の水質分布. 環境科学年報-信州大学-,27: 17-30.
2005
Author:柳町晴美・花里孝幸・宮原裕一


The predacious cladoceran Leptodora kinditii as a prey for the cyclopoid copepod Mesocyclops sp.: laboratory observations of predator-prey interaction. J. Freshwat. Ecol., 20: 655-660.
2005
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


Predation may alter vulnerability of Daphnia populations to insecticide by suppressing the development of peak densities. Verh. Internat. Ver. Limnol., 29: 355-358.
2005
Author:Takahashi, H. and T. Hanazato


The predation impact of larval Pseudorasbora parva (Cyprinidae) on zooplankton: a mesocosm experiment. J. Freshwat. Ecol., 20: 757-763.
2005
Author:Nagata, T., J.-Y. Ha and T. Hanazato


Impact of selective predation by Mesocyclops pehpeinensis on a zooplankton community: experimental analysis using mesocosms. Ecol. Red., 20: 726-732.
2005
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


Differential sensitivity of a predacious cladoceran (Leptodora) and its prey (the cladoceran Bosmina) to the insecticide carbaryl: results of acute toxicity tests. Bull. Environ. Contam. Toxicol., 75: 28-33.
2005
Author:Sakamoto, M., K.-H. Chang and T. Hanazato


Impact of pesticide application on zooplankton communities with different densities of invertebrate predators: an experimental analysis using small-scale mesocosms. Aquat. Toxicol., 72: 373-382.
2005
Author:Chang K.-H., M. Sakamoto and T. Hanazato


Feeding habit of pond smelts (Hypomesus transpacificus nipponensis) and its impact on the zooplankton community in Lake Suwa, Japan. J. Freshwat. Ecol., 20: 129-138.
2005
Author:Chang, K.-H., T. Hanazato, G. Ueshima and H. Tahara


Prey handling time and ingestion probability for Mesocyclops sp. predation on small cladoceran species Bosmina longirostris, Bosminopsis deitersi, and Scapholeberis mucronata. Limnology, 6: 39-44.
2005
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


湖の水質と生態系との関わり. 水環境学会誌,27: 509-513.
2004
Author:花里孝幸


2003年夏季における諏訪湖の水質分布. 環境科学年報-信州大学-,26: 55-67.
2004
Author:柳町晴美・花里孝幸・宮原裕一


Diel vertical migration of invertebrate predators (Leptodora kindtii, Thermocyclops taihokuensis, Mesocyclops sp.) in a shallow eutrophic lake. Hydrobiologia, 528: 249-259.
2004
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


Direct and indirect impacts of predation by fish on the zooplankton community: an experimental analysis using tanks. Limnology, 5: 121-124.
2004
Author:Chang, K.-H., T. Nagata and T. Hanazato


Population dynamics of epiphytic chironomid communities in the aquatic marcophyte zones of eutrophic Lakes Suwa and Kitaura. Rep. Res. Edu. Ctr. Inlandwat. Environ., 2: 111-115.
2004
Author:Saji, A., R. Nakazato, H. Sakurai, M. Sakuma and T. Hanazato


Changes in vulnerability of Daphnia to an insecticide application depending on the population phase. Freshwat. Biol., 49:402-409.
2004
Author:Hanazato, T. and H. Hirokawa


Predation impact of Leptodora kindtii on population dynamics and morphology of Bosmina fatalis and B. longirostris in mesocosms. Freshwat. Biol., 49: 253-264.
2004
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


Migration from plant to plant: an important factor controlling densities of the epiphytic cladoceran Alona (Chydoridae, Anomopoda) on lake vegetation. Limnology, 5:17-23.
2004
Author:Sakuma, M., T. Hanazato, A. Saji and R. Nakazato


Population dynamics of Propsilocerus akamusi and Chironomus plumosus (Diptera: Chironomidae) in Lake Suwa in relation to changes in the lake’s environment. Hydrobiologia, 506-509: 381-388.
2003
Author:Hirabayashi, K., T. Hanazato and N. Nakamoto


諏訪湖湖岸におけるユスリカ成虫の飛翔行動. ペストロジー学会誌, 18:91-101.
2003
Author:平林公男・山本優・武田昌昭・花里孝幸・中本信忠


Long-term investigation of Propsilocerus akamusi (Tokunaga) (Diptera, Chironomidae) from a shallow eutrophic lake, Suwa, in Central Japan – An attempt to forecast the massive emergence of adult midges. Me. Entomol. Zool., 54:89-96.
2003
Author:Hirabayashi, K., T. Hanazato,M. Ogawara, M. Sakuma and N. Nakamoto


Seasonal and reciprocal succession and cyclomorphosis of two Bosmina species (Cladocera, Crustacea) co-existing in a lake: their relationship with invertebrate predators. J. Plankton Res., 25:141-150.
2003
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


Vulnerability of cladoceran species to predation by the copepod Mesocyclops leuckarti: laboratory observations on the behavioural interactions between predator and prey. Freshwat. Biol., 48:476-484.
2003
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


Seasonal and spatial distribution of two Bosmina species (B. longirostris and B. fatalis) in Lake Suwa, Japan: its relation to the predator Leptodora. Limnology, 4:47-52.
2003
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


捕食者はカイロモンを介してミジンコの個体群動態を制御する:捕食者の間接影響. 日本プランクトン学会誌,50:123-127.
2003
Author:花里孝幸


諏訪湖におけるゾウミジンコ属2種の季節変動と捕食者との関わり. 日本プランクトン学会誌, 50:120-123.
2003
Author:張光玄・花里孝幸


Landsat ETM+データと同時観測データによる2002年9月2日の諏訪湖の水質. 環境科学年報-信州大学-,25:21-28.
2003
Author:柳町晴美・高木直樹・花里孝幸・朴虎東


Faunal trophic interaction in an oligotrophic-dystrophic lake (Shirakoma-ike, Japan). Limnology, 3:151-158.
2002
Author:Lee, J.-Y., T. Yoshioka and T. Hanazato


Morphological defense of Bosmina fatalis against invertebrate predators in Lake Suwa. Verh. Internat. Ver. Limnol., 28:1279-1283.
2002
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


Methods for quantitative sampling of epiphytic microinvertebrates in lake vegetation. Limnology, 3:115-119.
2002
Author:Sakuma, M., T. Hanazato, R. Nakazato and H. Haga


Abundance of Chydoridae associated with plant surfaces, water column and bottom sediments in the mactophytoe zone of a lake. Verh. Internat. Ver. Limnol., 28:975-979.
2002
Author:Sakuma, M. and T. Hanazato


UV impact on vertical distribution of crustacean zooplankton in a subalpine mire pool: an enclosure experiment. Verh. Internat. Ver. Limnol., 28:1129-1133.
2002
Author:Hanazato, T., S. Sakai, K. Kawamura, H. Hayashi and S. Nohara


ヒト由来培養細胞系を用いた簡易バイオアッセイによる湖水試料中の有害性総合評価の試み.水環境学会誌,25:119-124.
2002
Author:福島寿和・藤原朋広・杉浦則夫・本田靖・須戸幹・井上隆信・花里孝幸・大久保卓也・国本学


諏訪湖におけるアカムシユスリカ成虫の発生動態.信州大学環境科学年報,23:67-72.
2001
Author:安藤誠・塚崎太一・花里孝幸・中本信忠・平林公男


Heterogeneous distribution of environmental factors and zooplankton in a vegetaged area of a eutrophic lake. Verh. Internat. Ver. Limnol., 27:4053-4056.
2001
Author:Sakuma, M. and T. Hanazato


Sensitivity of Daphnia pulex of different ages to the insecticide carbaryl. Jpn. J. Environ. Toxicol., 4:67-72.
2001
Author:Hanazato, T. and H. Hirokawa


諏訪湖の動物プランクトン群集:群集構造と生態系における役割. 陸水学雑誌,62:151-167.
2001
Author:花里孝幸・荒河 尚・佐久間昌孝・張光玄・沖野外輝夫


近年の諏訪湖における生物群集の動態研究の意義.陸水学雑誌,62:123-126.
2001
Author:花里孝幸


Fish-induced life-history shifts in the cladocerans Daphnia and Simocepharus: are they positive or negative responses? J. Plankton Res., 23:945-951.
2001
Author:Hanazato, T., K. Fueki and M. Yoshimoto


環境変動が湖沼における動物プランクトン群集の構造と生態系の機能に及ぼす影響.日本プランクトン学会報,48:62-65.
2001
Author:花里孝幸


Pesticide effects on freshwater zooplankton: an ecological perspective. Environ. Pollut., 112:1-10.
2001
Author:Hanazato, T


Nutrient dynamics and the eutrophication of shallow lakes Kasumigaura (Japan), Donghu (PR China), and Okeechobee (USA). Environ. Pollut., 111:263-272.
2001
Author:Havens, K.E., T. Fukushima, P. Xie, T. Iwakuma, R.T. James, N. Takamura, T. Hanazato and T. Yamamoto


Significance of dissolved organic matter in a mire pool ecosystem. Verh. Internat. Ver. Limnol., 27:1649-1652.
2000
Author:Hanazato, T., H. Hayashi, S. Sakai, M. Mori, K. Kawamura and S. Nohara


Population dynamics and distribution of the cladoceran Alona in a lake vegetation area. Proc. 10th ISRLE, 55-56.
2000
Author:Sakuma, M. and T. Hanazato


Vertical distribution and phototactic behavior of an invertebrate predator, Leptodora kindtii. Prof. 10th ISRLE, 41-44.
2000
Author:Chang, K.-H. and T. Hanazato


Biomanipulatin in Lake Shirakaba, Japan. Proc. 10th ISRLE, 31-33.
2000
Author:Hanazato, T


Response of zooplankton communities to simetryn application in experimental mesocosm studies. In: M.A. Badejo and N.M. van Straalen (eds.), Pollutants and their effects on terrestrial and aquatic ecosystems. College Press Ltd., Oyo State, Nigeria.
2000
Author:Hanazato, T. and F. Kasai


Contribution of resting eggs and overwintering free-living individuals to establishment of spring Daphnia populations: A suggestion obtained from studies using experimental ponds. J. Fac. Sci. Shinshu Univ., 35:31-42.
2000
Author:Hanazato, T


Factors controlling the population dynamics of chironomids in a eutrophic Japanese lake: experimentalanalysis using mesocosms. Verh. Internat. Ver. Limnol., 27:284-289.
2000
Author:Iwakuma, T., M. Yasuno, H. Hayashi and T. Hanazato


地球温暖化と湖のプランクトン群集.陸水学雑誌,61:65-77.
2000
Author:花里孝幸


陸水学における温暖化研究の現状と展開.陸水学雑誌,61:21-23.
2000
Author:花里孝幸・吉岡崇仁


Anthropogenic chemicals (insecticides) disturb natural organic chemical communication in the plankton community. Environ. Pollut., 105:137-142.
1999
Author:Hanazato, T


バイオマニピュレーションの概念 水環境学会誌, 22:2-7.
1999
Author:花里孝幸


水界生態系に及ぼす有害化学物質影響の解明:生物間相互作用を介した影響 日本生態学会誌, 48:313-318.
1998
Author:花里孝幸


淡水産プランクトン枝角類の形態変化とその意義 日本プランクトン学会報, 45:107-121.
1998
Author:花里孝幸


An assay system for detecting environmental toxicants with cultured cladoceran eggs in vitro: Malformations induced by ethylenethiourea. Environ. Res., A, 77:43-48.
1998
Author:Ohta, T., S. Tokishita, Y. Shiga, T. Hanazato and H. Yamagata


Modelling and prediction of phyto- and zooplankton dynamics of Lake Kasumigaura by artificial neural networks. Lakes&Reservoirs: Res. Manag., 3:123-133.
1998
Author:Recknagel, F., T. Fukushima, T. Hanazato, N. Takamura and H. Wilson


Response of a zooplankton community to insecticide application in experimental ponds: A review and the implications of the effects of chemicals on the structure and functioning of freshwater communities. Environ. Pollut., 101:361-373.
1998
Author:Hanazato, T


Long-term monitoring of nutrients and plankton in Lake Kasumigaura. In: T. Iwakuma (ed.), Long-Term Ecological Research in the East Asia-Pacific Region: Biodiversity and Conservation of Terrestrial and Freshwater Ecosystems. Cent. Glob. Environ. Res. Natl. Inst. Environ. Stud., p.155-165.
1998
Author:Takamura, N., T. Hanazato, T. Iwakuma, Y. Nojiri, A. Otsuki and M. Aizaki


Long-term monitoring of water quality after the start of sewage treatment in Lake Suwa, a shallow eutrophic lake in a mountain area. In: T. Iwakuma (ed.), Long-Term Ecological Research in the East Asia-Pacific Region: Biodiversity and Conservation of Terrestrial and Freshwater Ecosystems. Cent. Glob. Environ. Res. Natl. Inst. Environ. Stud., p.166-173.
1998
Author:Hanazato, T. and T. Okino


Growth analysis of Daphnia early juvenile stages as an alternative method to test the chronic effect of chemicals. Chemosphere, 36:1903-1909.
1998
Author:Hanazato, T


Herbicide effects on pond phytoplankton communities under different zooplankton grazing pressure. Verh. Internat. Ver. Limnol., 26:1728-1733.
1998
Author:Kasai, F., Y. Miyamoto and T. Hanazato


Predator kairomones reduce the tolerance of Daphnia to environmental stress and control their population dynamics: An indirect effect of the predators. Verh. Internat. Ver. Limnol., 26:1941-1944.
1998
Author:Hanazato, T


Pesticide effects on structure of zooplankton community and functioning of lake ecosystem. Acta Hydrobiol. Sinica, 21:22-28.
1997
Author:Hanazato, T


Development of low-oxygen layer in lakes and its effect on zooplankton communkities. Korean J. Limnol., 30:506-511.
1997
Author:Hanazato, T


Diel vertical migration of Daphnia in Lake Kizaki: Difference in its pattern depending on the daphnid's body size. J. Fac. Sci. Shinshu Univ., 32:77-88.
1997
Author:Hanazato, T., S. Sambo and H. Hayashi


Moderate impact by an insecticide increases species richness in a zooplankton community: Results obtained in experimental ponds. J. Fac. Sci. Shinshu Univ., 32:37-46.
1997
Author:Hanazato, T


Pesticide residues in rain water in rainy season and lake water of Lake Nakanuma at Ibaraki Prefecture, Japan. Jpn. J. Limnol., 58:385-393.
1997
Author:Nohara, S., T. Hanazato and T. Iwakuma


Cloning and analysis of a cDNA encoding a two-domain hemoglobin chain from the water flea Daphnia magna. Gene, 189:73-78.
1997
Author:Tokishita, S., Y. Shiga, S. Kimura, T. Ohta, M. Kobayashi, T. Hanazato and H. Yamagata


Comparison of the impact of oxadiazon and thiobencarb on planktonic and benthic communities in floating bags. Ecol. Chem., 5:275-286.
1996
Author:Yasuno, M., T. Hanazato, M. Miyashita and N. Takamura


メソコスムを用いた生態系影響評価 水環境学会誌, 19:615-620.
1996
Author:花里孝幸


Combined effects of food shortage and oxygen deficiency on life history characteristics and filter screens of Daphnia. J. Plankton Res., 18:757-765.
1996
Author:Hanazato, T


Effects of insecticides on interactions between the predator Chaoborus and the prey Daphnia. Rep. Suwa Hydrobiol., 9:19-24.
1995
Author:Hanazato, T


Combined effect of the insecticide carbaryl and the Chaoborus kairomone on helmet development in Daphnia ambigua. Hydrobiologia, 310:95-100.
1995
Author:Hanazato, T


Influence of temperature on the effect of an insecticide on recovery patterns of a zooplankton community in experimental ponds. Proc. 6th Internat. Conf. Conserv. Manag. Lakes (Kasumigaura '95): 1083-1086.
1995
Author:Hanazato, T


Synergistic effects of low oxygen concentrations, a predator kairomone and an insecticide on the cladoceran Daphnia pulex. Limnol. Oceanogr., 40:700-709.
1995
Author:Hanazato, T. and S.I. Dodson


Morphological defenses of Daphnia against copepod predation on eggs. Arch. Hydrobiol., 133:49-59.
1995
Author:Hanazato, T. and S.I. Dodson


Effects of the triazine herbicide simetryn on freshwater plankton communities in experimental ponds. Environ. Pollut., 89:197-202.
1995
Author:Kasai, F. and T. Hanazato


Commentary on effects of anthropogenic and natural organic chemicals on development, swimming behavior, and reproduction of Daphnia, a key member of aquatic ecosystems. Environmental Health Perspectives., 103(Suppl 4):7-11.
1995
Author:Dodson, S.I. and T. Hanazato


Life history responses of two Daphnia species of different sizes against a fish kairomone. Jpn. J. Limnol., 56:27-32.
1995
Author:Hanazato, T


Effects of the organophosphorus insecticide fenthion on phyto- and zooplankton communities in experimental ponds. Environ. Pollut., 88:293-298.
1995
Author:Hanazato, T. and F. Kasai


Genetic changes in phytoplankton communities exposed to the herbicide simetryn in outdoor experimental ponds. Arch. Environ. Contam. Toxicol., 28:154-160.
1995
Author:Kasai, F. and T. Hanazato


Behavioral responses of Daphnia pulex exposed to carbaryl and Chaoborus kairomone. Environ. Toxicol. Chemist., 14:43-50.
1995
Author:Dodson, S.I., T. Hanazato and P. Gorski


Stability and diversity of a zooplankton community in experimental ponds. In: M. Yasuno and M.M. Watanabe (eds.), Biodiversity: Its Complexity and Role. pp.177-186. Grob. Environ. Forum. Tokyo.
1994
Author:Hanazato, T


Indirect effects of the predator Chaoborus on Daphnia population through chemical signals. In: O.M. Kozhova and I.K. Bokova (eds.), Estimation of Water and Overland Ecological System. p.43-51. Nauka, Novosibirsk.
1994
Author:Hanazato, T


湖沼の動物プランクトン群集におけるカイロモンを介した捕食者-被食者関係. 日本生態学会誌 44:61-77.
1994
Author:花里孝幸


Nutrient enrichment experiment using small microcosms. In: Gopal&Wetzel (eds.) Wetland and Ecotones, pp.181-193. International Scientific Publication, New Delhi.
1993
Author:Yasuno, M., N. Takamura and T. Hanazato


Morphological responses of four species of cyclomorphic Daphnia to a short term exposure to the insecticide carbaryl. J. Plankton Res., 15:1087-1095.
1993
Author:Hanazato, T. and S.I. Dodson


Zooplankton community responses to chemical stressors: A comparison of results from acidification and pesticide contamination research. Environ. Pollut., 82:277-288.
1993
Author:Havens K. and T. Hanazato


Enclosure experiment on the control mechanism of planktonic bacterial standing stock. Ecol. Res., 7:267-276.
1992
Author:Kato, K., S. Oh, H. Yamamoto, T. Hanazato, I. Yasuda, A. Otsuki and M. Takahashi


Complex effects of a kairomone of Chaoborus and an insecticide on Daphnia pulex. J. Plankton Res., 14:1743-1755.
1992
Author:Hanazato, T. and S.I. Dodson


Morphological responses of Daphnia ambigua to different concentrations of a chemical extract from Chaoborus flavicans. Freshwat. Biol., 27:379-385.
1992
Author:Hanazato, T. and T. Ooi


Direct and indirect effects of low oxygen layers on lake zooplankton communities. Arch. Hydrobiol. Beih. Ergebn. Limnol., 35:87-98.
1992
Author:Hanazato, T


Seasonal succession and vertical distribution of zooplankton in Lake Ozenuma. Jpn. J. Limnol., 53:55-63.
1992
Author:Hanazato, T. and S. Nohara


Population dynamics and diel changes in vertical distribution of the cladoceran Holopedium gibberum and Bosmina longirostris in Lake Ozenuma. Jpn. J. Limnol., 53:35-45.
1992
Author:Hanazato, T.and S. Nohara


Population dynamics and cyclomorphosis of Bosmina longirostris in Lake Yunoko. Jpn. J. Limnol., 53:13-25.
1992
Author:Hanazato, T


Insecticide inducing helmet development in Daphnia ambigua. Arch. Hydrobiol., 123:451-457.
1992
Author:Hanazato, T


Pesticides as chemical agents inducing helmet formation in Daphnia ambigua. Freshwat. Biol., 26:419-424.
1991
Author:Hanazato, T


Induction of development of high helmets by a Chaoborus-released chemical in Daphnia galeata. Arch. Hydrobiol., 122:167-175.
1991
Author:Hanazato, T


Occurrence of Bosmina longirostris and Bosmina fatalis in enclosures in relation to phytoplankton biomass. Pol. Arch. Hydrobiol., 38:177-182.
1991
Author:Hanazato, T., N. Takamura and M. Yasuno


Effects of repeated application of carbaryl on zooplankton communities in experimental ponds with or without the predator Chaoborus. Environ. Pollut., 74:309-324.
1991
Author:Hanazato, T


Effects of long- and short-term exposure to carbaryl on survival, growth and reproduction of Daphnia ambigua. Environ. Pollut., 74:139-148.
1991
Author:Hanazato, T


Influence of food density on the effects of a Chaoborus-released chemical on Daphnia ambigua. Freshwat. Biol., 25:477-483.
1991
Author:Hanazato, T


Interrelations between Microcystis and Cladocera in the highly eutrophic Lake Kasumigaura, Japan. Int. Revue ges. Hydrobiol., 76:21-36.
1991
Author:Hanazato, T


Effects of a Chaoborus-released chemical on Daphnia ambigua: reduction in the tolerance of the Daphnia to summer water temperature. Limnol. Oceanogr., 36:165-171.
1991
Author:Hanazato, T


Species composition of cladoceran community in the highly eutrophic Lake Kasumigaura. Rep. Suwa Hydrobiol., 7:105-112.
1991
Author:Hanazato, T


Changesin species composition of cladoceran community in Lake Kasumigaura during 1986 - 1989: Occurrence of Daphnia galeata and its effect on algal biomass. Jpn. J. Limnol., 52:45-55.
1991
Author:Hanazato, T. and M. Aizaki


Insights into competition in zooplankton communities derived from studies using experimental ponds. Verh. Internat. Ver. Limnol., 24:1572-1580.
1991
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


A trial on removal of nutrients from eutrophic Lake Kasumigaura wataer by water hyacinth using enclosures. In: Proc. UNESCO/MAB Internat. Sem.: Future Research Trends in MAB, Aug. 20-22, 1990, Tokyo, pp.95-115.
1990
Author:Otsuki, A., M. Aizaki, T. Iwakuma, N. Takamura, T. Hanazato and T. Kawai


Influence of persistence period of an insecticide on recovery patterns of a zooplankton community in experimental ponds. Environ. Pollut., 67:109-122.
1990
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Induction of helmet development by a Chaoborus factor in Daphnia ambigua during juvenile stages. J. Plankton Res., 12:1287-1294.
1990
Author:Hanazato, T.


Impact of whitefish on an enclosure ecosystem in a shallow eutrophic lake: changes in nutrient concentration, phytoplankton and zoobenthos. Hydrobiologia, 200/201:141-152.
1990
Author:Iwakuma, T., H. Hayashi, I. Yasuda, T. Hanazato and K. Takada


Impact of whitefish on an enclosure ecosystem in a shallow eutrophic lake: selective feeding of fish and predation effects on the zooplankton communities. Hydrobiologia, 200/201:129-140.
1990
Author:Hanazato, T., T. Iwakuma and H. Hayashi


A comparison between predation effects on zooplankton communities by Neomysis and Chaoborus. Hydrobiologia, 198:33-40.
1990
Author:Hanazato, T


Influence of Chaoborus density on effects of an insecticide on zooplankton communities in ponds. Hydrobiologia, 194:183-197.
1990
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Influence of time of application of an insecticide on recovery patterns of a zooplankton community in experimental ponds. Arch. Environ. Contam. Toxicol., 19:77-83.
1990
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Influence of overwintering Daphnia on spring zooplankton communities: An experimental study. Ecol. Res., 4:323-338.
1989
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Significance of a low oxygen layer for a Daphnia population in Lake Yunoko, Japan. Hydrobiologia, 185:19-27.
1989
Author:Hanazato, T., M. Yasuno and M. Hosomi


Zooplankton community structure driven by vertebrate and invertebrate predators. Oecologia, 81:450-458.
1989
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Effects of temephos on zooplankton communities in enclosures in a shallow eutrophic lake. Environ. Pollut., 59:305-314.
1989
Author:Hanazato, T., T. Iwakuma, M. Yasuno and M. Sakamoto


Production ecology of phyto- and zooplankton in a eutrophic pond dominated by Chaoborus flavicans (Diptera: Chaoboridae). Ecol. Res., 4:31-53.
1989
Author:Iwakuma, T., K. Shibata and T. Hanazato


Role of bottom sediments in sustaining plankton production in a lake ecosystem. Experimental demonstration using enclosed water bodies in a shallow eutrophic lake. Ecol. Res., 4:1-16.
1989
Author:Sakamoto, M., H. Hayashi, A. Otsuki, K. Aoyama, Y. Watanabe, T. Hanazato, T. Iwakuma and M. Yasuno


Primary production of phytoplankton and standing crops of zooplankton and zoobenthos in hypertrophic Lake Teganuma. Hydrobiologia, 173:173-184.
1989
Author:Takamura, K, Y. Sugaya, N. Takamura, T. Hanazato, M. Yasuno and T. Iwakuma


富栄養湖におけるラン藻と動物プランクトンの相互関係. 陸水学雑誌, 50:53-67.
1989
Author:花里孝幸


Dynamics of zooplankton community in enclosures of different types in a shallow eutrophic lake. Jpn. J. Limnol., 50:25-37.
1989
Author:Hanazato, T., H. Hayashi, T. Ichikawa and Y. Watanabe


Effect of temperature in laboratory studies on growth of Chaoborus flavicans (Diptera: Chaoboridae). Arch. Hydrobiol., 114:497-504.
1989
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Effects of carbaryl on the spring zooplankton communities in ponds. Environ. Pollut., 56:1-10.
1989
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Impact of predation of Neomysis intermedia on a zooplankton community in Lake Kasumigaura. Verh. Internat. Ver. Limnol., 23:2092-2098.
1988
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Effects of permethrin on phytoplankton and zooplankton in an enclosure ecosystem in a pond. Hydrobiologia, 159:247-258.
1988
Author:Yasuno, M., T. Hanazato, T. Iwakuma, K. Takamura, R. Ueno and N. Takamura


Assimilation of Diaphanosoma brachyurum and Moina macrocopa on Microcystis. Jpn. J. Limnol., 49:37-41.
1988
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Characteristics of biomass and production of cladoceran zooplankton in Lake Kasumigaura. Jpn. J. Limnol. Special Issue, 48:S45-S57.
1987
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Experimental studies on competition between Bosmina longirostris and Bosmina fatalis. Hydrobiologia, 154:189-199.
1987
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Effects of a carbamate insecticide, carbaryl, on the summer phyto- and zooplankton communities in ponds. Environ. Pollut., 48:145-159.
1987
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Evaluation of Microcystis as food for zooplankton in a eutrophic lake. Hydrobiologia, 144:251-259.
1987
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Coupled transformation of inorganic stable carbon-13 and nitrogen-15 isotopes into higher trophic levels in a eutrophic shallow lake. Limnol. Oceanogr., 30:820-825.
1985
Author:Otsuki, A., M. Aizaki, T. Iwakuma, N. Takamura, T. Hanazato, T. Kawai and M. Yasuno


Occurrence of Daphnia ambigua Scourfield in Lake Kasumigaura. Jap. J. Limnol., 46:212-214.
1985
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


Effects of temperature in the laboratory studies on growth, egg development and first parturition of five species of Cladocera. Jap. J. Limnol., 46:185-191.
1985
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


植物プランクトンにより動物プランクトン群集組成は決定されるか? 陸水学雑誌, 46:70-72.
1985
Author:花里孝幸・安野正之


Population dynamics and production of cladoceran zooplankton in the highly eutrophic Lake Kasumigaura. Hydrobiologia, 124:13-22.
1985
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


湯の湖における動物プランクトンの垂直移動. 水野寿彦教授退官記念誌, 113-121.
1984
Author:花里孝幸・安野正之・細見正明


Seasonal changes in the occurrence of Bosmina longirostris and Bosmina fatalis in relation to Microcystis bloom in Lake Kasumigaura. Jap. J. Limnol., 45:153-157.
1984
Author:Hanazato, T., M. Yasuno, T. Iwakuma and N. Takamura


Growth, reproduction and assimilation of Moina macrocopa fed on Microcystis and/or Chlorella. Jap. J. Ecol., 34:195-202.
1984
Author:Hanazato, T. and M. Yasuno


学会発表
諏訪湖における植物プランクトンの優占種と富栄養化指数の長期変遷、日本陸水学会第81回大会、沖縄、2016年11月3日―6日
2016(Nov.)
Author:二木功子・宮原裕一・花里孝幸・朴虎東


その他
セブンイレブン記念財団{緑の風}【小さなミジンコの大きな役割】
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(10):「複雑な関わり合いも一緒に考えよう」 小原流「挿花」,2014年10月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(9):「食物連鎖を通して考える」 小原流「挿花」,2014年9月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(8):「関わり合いの中で生きる」 小原流「挿花」,2014年8月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(7):「ミジンコが増えると・・・・」 小原流「挿花」,2014年7月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(6):「ミジンコから生態系を見る」 小原流「挿花」,2014年5月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(5):「魚が湖に及ぼす影響」小原流「挿花」,2014年5月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(4):[人間にとって汚れた湖] 小原流「挿花」,2014年4月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(3):[湖からみえてくること]  小原流「挿花」,2014年3月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり生態系のホントのところ(2):「森から海や湖へのつながり」 小原流「挿花」,2014年2月,p.38
2014
Author:花里孝幸


花まわり:生態系のホントのところ(1):「生態系とは?」 小原流「挿花」,2014年1月,p.40
2014
Author:花里孝幸


生物と水質の間系からみた湖沼管理のあり方_諏訪湖から考える。用水と廃水Vo l55no4
2013
Author:花里孝幸


捕食者の“匂い物質”が湖沼のプランクトン群集を変える.Aromareserch Vl/
2012
Author:花里孝幸


人間はすばらしい. どれみふぁすわ誌,37: 4
2011
Author:花里孝幸


魚を見て生態系を見ず:湖沼生態学からの問いかけ. FRONT MOOK⑤, 2010年10月, p.23-25.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(43):水質浄化のトップランナー. 長野日報, 2010年7月24日朝刊, p.11.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(42):水質浄化対策にシジミを活用. 長野日報, 2010年7月10日朝刊, p10.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(41):将来像を予測し環境問題回避. 長野日報, 2010年6月26日朝刊, p11.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(40):求められる生態系さまざま. 長野日報, 2010年6月5日朝刊, p.9.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(39):憩いの場創出が環境保全を推進. 長野日報, 2010年5月22日朝刊, p.11.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(38):結氷しないと水温低く. 長野日報, 2010年5月8日朝刊, p.9.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(37):温暖化でミジンコ小型化. 長野日報, 2010年4月24日朝刊, p.11.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(36):地球温暖化が生物に影響. 長野日報, 2010年4月9日朝刊, p.10.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(35):水質浄化が“自然に”進む. 長野日報, 2010年3月27日朝刊, p.14.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(34):かかわり合う生物群集. 長野日報, 2010年3月11日朝刊, p.14.
2010
Author:花里孝幸


中国で開催された陸水関係の国際会議に出席して.陸水学雑誌,71: 689-75.
2010
Author:坂本充・高村典子・中野伸一・坂本正樹・花里孝幸・熊谷道夫


ミジンコ先生の諏訪湖学(33):大型ミジンコ増加の謎. 長野日報, 2010年2月27日朝刊, p.11.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(32):白樺湖のアオコ 生態系操作で減少. 長野日報, 2010年2月10日朝刊, p.10.
2010
Author:花里孝幸


生物群集構造と水質の相互関係:諏訪湖と霞ヶ浦(+白樺湖)から学んだこと. 「みず」第46号, p. 3-13
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(31):クロモの群落が復活. 長野日報, 2010年1月23日朝刊, p.11.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(30):湖面を覆うヒシ大群落. 長野日報, 2010年1月16日朝刊, p.9.
2010
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(29):天竜川に流れ出た植物プランクトン ざざ虫の生態に影響. 長野日報, 2009年12月26日朝刊,p.10.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(28):富栄養湖の食物連鎖 エネルギーが停滞. 長野日報, 2009年12月10日朝刊,p.10.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(27):富栄養化は進んでいた. 長野日報, 2009年11月28日朝刊, p.9.
2009
Author:花里孝幸


生態系と人間社会との関わり. 科学技術展望懇談会 第242回, (株)テクノバ, p.1-65.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(26):「アオコで魚が酸欠」は誤解. 長野日報, 2009年11月13日朝刊, p.11.
2009
Author:花里孝幸


湖水浄化・ミジンコが大きな働き:「山ひと自然」. 中日新聞, 2009年11月7日朝刊(長野総合), p.23.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(25):ワカサギの成長が悪化. 長野日報, 2009年10月29日朝刊,p.9.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(24):消えた「ユスリカ大発生」. 長野日報, 2009年10月8日朝刊,p.9.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(23):夏の諏訪湖 毒素が減少. 長野日報, 2009年9月26日朝刊,p.10.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(22):アオコが突然少なくなった. 長野日報, 2009年9月10日朝刊, p.9.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(21):諏訪湖のリン濃度 環境基準値をクリア. 長野日報, 2009年8月22日朝刊, p.11.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(20):処理排水 天竜川浄化にプラス. 長野日報, 2009年8月13日朝刊,p.8.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(19):高濃度の窒素・リン 処理排水に溶け出す. 長野日報, 2009年7月25日朝刊,p.11.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(18):下水道が浄化に貢献. 長野日報, 2009年7月9日朝刊,p. 9.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(17):流入した窒素、リン 形態変え湖内循環. 長野日報, 2009年6月27日朝刊,p. 11.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(16):湖沼の環境基準値達成率、河川、海域に比べ低調. 長野日報, 2009年6月4日朝刊,p. 8.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(15):夜は表層、昼は湖底に. 長野日報, 2009年5月23日朝刊,p. 11.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(14):ノロはワカサギの好物. 長野日報, 2009年5月8日朝刊,p. 11.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(13):複雑なミジンコ社会. 長野日報, 2009年4月25日朝刊,p. 11.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(12):身を守る“ゾウの鼻”. 長野日報, 2009年4月9日朝刊,p. 9.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(11):湖底からやってくる. 長野日報, 2009年3月28日朝刊,p. 9.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(10):水草減り、汚濁が進んだ. 長野日報, 2009年3月14日朝刊,p. 14.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(9):酸素量違う3つの植物帯. 長野日報, 2009年2月28日朝刊,p. 13.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(8):底層を押し上げる. 長野日報, 2009年2月12日朝刊,p. 7.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(7):表層は強いアルカリ性.  長野日報, 2009年1月29日朝刊,p. 7.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(6):表層 多すぎる酸素量.  長野日報, 2009年1月15日朝刊,p. 10.
2009
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(5):ラン藻がつくる現象. 長野日報, 2008年12月18日朝刊,p.12.
2008
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(4):植物プランクトンが増殖. 長野日報, 2008年12月4日朝刊,p.16.
2008
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(3):原因物質広範囲から. 長野日報, 2008年11月22日朝刊,p.11.
2008
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(2):諏訪湖は昔深かった. 長野日報, 2008年11月5日朝刊,p.9.
2008
Author:花里孝幸


ミジンコ先生の諏訪湖学(1):浅い湖は汚れやすい. 長野日報, 2008年10月21日朝刊,p.11.
2008
Author:花里孝幸


水質浄化対策がもたらす湖沼生態系構造の変化と生態リスク. 資源環境対策, 2008年10月号(Vol.44, No.12).
2008
Author:花里孝幸


「水に流す」.水質浄化では要注意.「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2008年3月17日朝刊, p.13.
2008
Author:花里孝幸


生態系に気づいた児童たち. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2008年2月4日朝刊, p.11.
2008
Author:花里孝幸


動物の瞳にだまされる人. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2007年12月17日朝刊, p.20.
2007
Author:花里孝幸


水生生物群集と人の生活との関わり.第53回日本水環境学会セミナー「水生生物保全に係る環境基準の設定とその動向」講演資料集.(社)日本水環境学会, p.1-7.
2007
Author:花里孝幸


よく似ている人体と生態系. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2007年10月22日朝刊, p.10.
2007
Author:花里孝幸


努力・時間が必要な環境の再生. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2007年8月27日朝刊, p.10.
2007
Author:花里孝幸


諏訪湖で増えるミジンコの意味. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2007年7月2日朝刊, p.10.
2007
Author:花里孝幸


フィールドステーションの紹介:諏訪臨湖実験所.生態学雑誌,57: 270-272.
2007
Author:花里孝幸


身近な水質汚濁も地球規模の問題. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2007年5月14日朝刊, p.18.
2007
Author:花里孝幸


ハクチョウへの餌やり誰のため? 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2007年3月5日朝刊, p.11.
2007
Author:花里孝幸


昔は魚がたくさんとれた? 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2007年1月22日朝刊, p.27.
2007
Author:花里孝幸


アオコ退治 まず生態系の理解を. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2006年11月27日朝刊, p.8.
2006
Author:花里孝幸


諏訪湖での水質浄化の進展とそれに伴う生態系の変化.第52回日本水環境学会セミナー「湖沼水質保全対策の経緯と今後の展開」講演資料集.(社)日本水環境学会, p.29-34.
2006
Author:花里孝幸


生態系操作で水質改善の試み. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2006年10月9日朝刊, p.11.
2006
Author:花里孝幸


フィールド実験に理解を. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2006年8月21日朝刊, p.11.
2006
Author:花里孝幸


競争に強い生物はストレスに弱い. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2006年6月19日朝刊, p.8.
2006
Author:花里孝幸


湖の水質浄化が進まないわけ. FRONT2006年6月号,17-19.
2006
Author:花里孝幸


水槽の魚から湖の環境を考えないで. 「虫の目・鳥の目」 信濃毎日新聞,2006年5月8日朝刊, p.11.
2006
Author:花里孝幸


諏訪湖と白鳥 ‐白鳥への餌やりを憂える-. オール諏訪, 25: 26-27.
2006
Author:花里孝幸


湖の浄化における下水処理場のはたらきと、水質浄化に伴う生態系の変化:浄化が進んだ諏訪湖を例として(講演抄録). 月刊下水道,29: 66-71.
2006
Author:花里孝幸


バイオマニピュレーション(生態系操作)による水質浄化. 四万十・流域圏学会特別講演特集. 四万十・流域圏学会誌,5: 31-32.
2005
Author:花里孝幸


湖水中の生き物たちが交わす化学物質のシグナル―食うものと食われるものの間の情報戦とそれを攪乱する殺虫剤―.科学, 79(9): 1033-1037.
2005
Author:花里孝幸


魚群集を制御して湖沼水質を改善する. 季刊・環境研究, 137: 112-119.
2005
Author:花里孝幸


湖から環境問題を考える:自ら学び、総合的な視点を. FRONT2005年3月号,59-61.
2005
Author:花里孝幸


蘇りはじめた諏訪湖に学ぶ:水質浄化対策とその効果. FRONT2005年2月号,59-61.
2005
Author:花里孝幸


利益と代償のバランス:生き物たちの生き方に学ぶ. FRONT2005年1月号,59-61.
2005
Author:花里孝幸


川から湖へ、そしてまた川へ:水がつなぐ川と湖の相互関係. FRONT2004年12月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


プランクトンの増殖速度:湖沼の水質を考える際のキーワード. FRONT2004年11月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


生き物たちの生産量を考える:生態系を理解するためのひとつの鍵. FRONT2004年10月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


生物多様性は低下しているか:プランクトン群集が投げかける疑問. FRONT2004年9月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


水槽を用いた生態系実験:環境教育に貢献するプランクトンたち. FRONT2004年8月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


湖の生物群集を調べる:隔離水界を用いた実験的解析. FRONT2004年7月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


夜の湖は生き物たちの社交場:夜間調査が明かした湖水中の世界. FRONT2004年6月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


ミジンコと藻類の関係:陸上と異なる湖水中の動植物関係. FRONT2004年5月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


生き物の数を調べる:湖水中の未知の世界の扉を開く鍵. FRONT2004年4月号,59-61.
2004
Author:花里孝幸


湖沼のプランクトン群集に及ぼす温暖化影響の実験的解析.平成14~15年度 科学研究費補助金(基盤研究C(2))研究成果報告書.110pp.
2004
Author:花里孝幸


湖の誕生と老齢化:湖の一生と人との関わり. FRONT2004年3月号,56-57.
2004
Author:花里孝幸


湖は環境変遷の語り部:湖底堆積物から過去の環境を読み取る. FRONT2004年2月号,52-53.
2004
Author:花里孝幸


湖水が揺らぐ:風がつくる湖水の動き. FRONT2004年1月号,52-57.
2004
Author:花里孝幸


諏訪湖定期調査(1997~2001)の結果. 信州大学山地水環境教育研究センター研究報告, 1: 109-174.
2003
Author:花里孝幸・小河原誠・宮原裕一


生き物の大きさと水環境:水の粘性がつくるプランクトンの世界. FRONT2003年12月号,52-53.
2003
Author:花里孝幸


湖における氷のはたらき:氷に注目して温暖化影響を考える. FRONT2003年11月号,52-53.
2003
Author:花里孝幸


温暖化と湖の環境:水温上昇が湖水環境に与える影響. FRONT2003年10月号,52-53.
2003
Author:花里孝幸


水草がつくる湖水環境:不均一な水環境が浅い湖につくられるしくみ. FRONT2003年9月号,56-57.
2003
Author:花里孝幸


貧酸素層のはたらき:湖のおける貧酸素層を介した生き物たちの攻防. FRONT2003年8月号,56-57.
2003
Author:花里孝幸


湖の季節変化:湖水中の四季と生き物のくらし.FRONT2003年7月号,52-53.
2003
Author:花里孝幸


浅い湖と深い湖:湖の形状が汚れやすさを決める. FRONT2003年6月号,52-53.
2003
Author:花里孝幸


湖は冷水の貯蔵庫:水がつくる不均一な湖内環境. FRONT2003年5月号,56-57.
2003
Author:花里孝幸


生き物がつくる湖の環境:湖の生態系における作用と反作用. FRONT2003年4月号,52-53.
2003
Author:花里孝幸


湖沼生態系の健康診断:汚染にさらされた生態系の症状. FRONT2003年3月号,56-57.
2003
Author:花里孝幸


湖からのしかえし:生物濃縮が引き起こす湖沼環境問題.FRONT2003年2月号,52-53.
2003
Author:花里孝幸


湖沼の「内分泌系」の攪乱:有害化学物質の新たな生態系影響. FRONT2003年1月号,52-53.
2003
Author:花里孝幸


生き物たちの見えない敵:湖沼を汚染する有害化学物質.FRONT2002年12月号,52-53.
2002
Author:花里孝幸


お堀の水を汚す犯人:魚によるボトムアップ効果. FRONT2002年11月号,52-53.
2002
Author:花里孝幸


魚が湖の水質を変える:食物連鎖を介した魚の影響.FRONT2002年10月号,52-53.
2002
Author:花里孝幸


日本海隣接国における淡水域生物多様性の比較検討.平成11~13年度 科学研究費補助金(基盤研究B(2))研究成果報告書.207pp.
2002
Author:花里孝幸


公園池の水質保全のための新たな考え. 緑の読本シリーズ62 (2002年8月臨時増刊) 76-81.
2002
Author:花里孝幸


風が吹けば桶屋が儲かる:生物間相互作用を介した生き物たちのつながり. FRONT2002年9月号,56-57.
2002
Author:花里孝幸


水草の良し悪し:水草を利用した水質浄化の難しさ.FRONT2002年 8月号,56-57.
2002
Author:花里孝幸


水質浄化が問題を起こす:環境問題における「あちら立てればこちら立たず」. FRONT2002年7月号,52-53.
2002
Author:花里孝幸


湖が汚れると魚が増える:富栄養化の意味.FRONT2002年6月号,52-53.
2002
Author:花里孝幸


澄んだ川も湖を汚す?:湖が汚れるしくみ.FRONT2002年5月号,52-53.
2002
Author:花里孝幸


見えない支配者たち:湖の生態系の特徴.FRONT2002年4月号,56-57.
2002
Author:花里孝幸


湖を浄化することの意味―湖の浄化と生態系―.ヘドロ,83: 19-22.
2002
Author:花里孝幸


第19回琵琶湖研究シンポジウム記録⑦ バイオマニピュレーションによる水質浄化の可能性. 滋賀県琵琶湖研究所 所報第19号, 113-116.
2002
Author:花里孝幸


生態学から生まれた環境バイオ技術.エンバイオ,1: 40-44.
2001
Author:花里孝幸


人為的生態系操作による湖沼水質改善手法の開発に関する研究.平成10~12年度 科学研究費補助金(基盤研究B(2))研究成果報告書,209pp.
2001
Author:花里孝幸


湖沼環境問題とミジンコ. 月刊 海洋.26:238-243.
2001
Author:花里孝幸


地球温暖化の日本への影響2001. 地球温暖化問題検討委員会 影響評価ワーキンググループ報告書.
2001
Author:花里孝幸 et al.


神に嘆かれた湖:湖水の変化した理由.科学,17:92-99.
2001
Author:花里孝幸


捕食者の匂いをかぎわける―捕食者に対するミジンコの戦略―.海洋と生物,125:456-462.
1999
Author:花里孝幸


Freshwater biodiversity. Reports of the Symposium at the 63rd Conference of the Japanese Society of Limnology. Jpn. J. Limnol., 60:403-426.
1999
Author:Iwakuma, T. and T. Hanazato


湖沼環境指標としての動物プランクトン群集.化学工業, 1999年9月号,21-26.
1999
Author:花里孝幸


地球温暖化と陸水環境―温暖化は陸水環境をどう変えるか― 平成10年度名古屋大学大気水圏科学研究所共同研究(研究集会)報告書
1999
Author:花里孝幸


野外を汚染する人工化学物質(殺虫剤)は天然の化学物質を介した生物達のコミュニケーションを撹乱する:環境ホルモンに似た殺虫剤の影響 月刊「水」, 1999年3月: 16-23.
1999
Author:花里孝幸


魚の放流と湖の環境 三菱化成ニュース '98冬NO.391:13
1998
Author:花里孝幸


ミジンコは変装の名人 ミジンコ倶楽部, 16:
1998
Author:花里孝幸


死んだふりをするミジンコ―ゾウミジンコ― ミジンコ倶楽部, 14:
1998
Author:花里孝幸


ミジンコが湖の水質を浄化する・環境浄化を図るバイオマニピュレーションの新展開 化学と生物, 36:306-308.
1998
Author:花里孝幸


諏訪湖定期調査:20年間の結果. 諏訪臨湖実験所報告, 10: 7-249.
1997
Author:沖野外輝夫・花里孝幸


ミジンコは水質浄化の立て役者 月刊「水」, 1998年6月号:16-21.
1997
Author:花里孝幸


捕食者カイロモンのミジンコ個体群への影響 遺伝, 51:68-72.
1997
Author:花里孝幸


地球温暖化の日本への影響1996. 環境庁地球温暖化問題検討委員会影響評価ワーキンググループ報告書.
1997
Author:花里孝幸 et al.


淡水生物群集におけるケミカルコミュニケーション. 日本陸水学会第60回大会シンポジウム・課題講演報告.陸水学雑誌,57:67-72.
1996
Author:花里孝幸


ミジンコに愛は通じない―坂田明氏の講演を聞いて― エコトキシコロジー研究会会報,1(2):15-16.
1995
Author:花里孝幸


ミジンコの世界 微塵子博覧会資料集―ミジンコ観察のための虫めがね― 2-6. 財団法人 東京動物園協会
1994
Author:花里孝幸


霞ヶ浦高浜入における動物プランクトンの現存量の変動(1990~1992年).  霞ヶ浦全域調査試料, 90-98. 国立環境研究所.
1994
Author:花里孝幸


霞ヶ浦全域調査データ. 霞ヶ浦全域調査    試料, 1-89. 国立環境研究所.
1994
Author:海老瀬潜一・相崎守弘・細見正明・小沢秀明・岩熊敏夫・高村典子・河合崇欣・野尻幸宏・福島武彦・花里孝幸・稲葉一穂


湯の湖における動物プランクトンの季節変動. 奥日光地域の環境と生物 - 国立環境研究所奥日光環境観測所試料. 53-57.
1991
Author:花里孝幸・野原精一・大森牧子


湯の湖の水生植物. 奥日光地域の環境と生物 - 国立環境研究所奥日光環境観測所試料. 41-51.
1991
Author:野原精一・花里孝幸・大森牧子


湖の動物プランクトン(6) 動物プランクトンの調べ方. 霞ヶ浦ネットワーク, 2(1):5.
1990
Author:花里孝幸


湖の動物プランクトン(5) 環境汚染と動物プランクトン. 霞ヶ浦ネットワーク, 1(5):6-7.
1990
Author:花里孝幸


湖の動物プランクトン(4) 動物プランクトンのおもしろい適応. 霞ヶ浦ネットワーク, 1(4):6.
1990
Author:花里孝幸


コカナダモの駆除試験研究. 尾瀬の保護と復元 - 福島県特殊植物保全事業調査報告書, 第19号: 75-83.
1989
Author:野原精一・多田 満・花里孝幸


湖の動物プランクトン(3) 動物プランクトンと捕食者. 霞ヶ浦ネットワーク, 1(3):10.
1989
Author:花里孝幸


湖の動物プランクトン(2) 動物プランクトンと植物プランクトン. 霞ヶ浦ネットワーク, 1(2):6-7.
1989
Author:花里孝幸


湖の動物プランクトン(1). 霞ヶ浦ネットワーク, 1(1):6.
1989
Author:花里孝幸


殺虫剤と生態系 - その回復過程における生物間相互作用. 国立公害研究所研究発表会予稿集 平成元年6月:7-12.
1989
Author:花里孝幸


霞ヶ浦江戸崎調査データ. 国立公害研究所研究資料, 33:67-105.
1988
Author:相崎守弘・野原精一・河合崇欣・岩熊敏夫・高村典子・花里孝幸・大槻 晃


霞ヶ浦全域調査データ. 国立公害研究所研究資料, 33:1-66.
1988
Author:相崎守弘・福島武彦・海老瀬潜一・細身正明・岩熊敏夫・花里孝幸・高村典子・野原精一・大槻 晃・河合崇欣・白石寛明・野尻幸宏


屋外実験池における池沼の自然浄化機能. 国立公害研究所研究報告, 117:179-221.
1988
Author:相崎守弘・河合崇欣・大槻 晃・花里孝幸・青山莞爾


霞ヶ浦高浜入における枝角類の個体群動態と生産、及びアオコとの関係. 国立公害研究所研究報告, 117:151-164.
1988
Author:花里孝幸・安野正之


屋外水槽に形成された動物プランクトン群集に対するカーバメイト系殺虫剤、カルバリル、の影響. 2.冬期における実験. 国立公害研究所研究報告, 114:49-57.
1988
Author:花里孝幸・安野正之


屋外水槽に形成された動物プランクトン群集に対するカーバメイト系殺虫剤、カルバリル、の影響. 1.夏期における実験. 国立公害研究所研究報告, 114:39-48.
1988
Author:花里孝幸・安野正之


小型隔離水界による除草剤二種の生態影響の研究. 国立公害研究所研究報告, 114:25-38.
1988
Author:安野正之・花里孝幸・宮下 衛・高村典子


小型隔離水界の植物及び動物プランクトン群集に対する炭酸ガスによる撹乱実験. 国立公害研究所研究報告, 114:11-23.
1988
Author:安野正之・花里孝幸・高村典子


ワカサギ投入実験 I. 概要と動植物プランクトン群集への影響. 文部省特定研究 水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 164-177.
1988
Author:林秀剛・吉岡崇仁・和田英太郎・花里孝幸・安田郁子・山本溶子・菅野徳彦・大前浩美・平林公男・市川忠史・森正幸・松原尚人・小野知樹


メソコスムにおける動物プランクトン群集に対する冷水魚コレゴナス (Coregonus lavaretus maraena) の影響. 文部省特定研究 メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 154-163.
1988
Author:花里孝幸・岩熊敏夫・林秀剛


コレゴナス投入実験における植物プランクトンの種類構成と現存量の変化. 文部省特定研究 メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 145-153.
1988
Author:安田郁子・岩熊敏夫・花里孝幸・林秀剛


メソコスムへの冷水魚コレゴナス (Coregonus lavaretus maraena) 投入による水界生態系撹乱と生物相互作用. 文部省特定研究 メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 126-144.
1988
Author:岩熊敏夫・花里孝幸・林秀剛・平林公男・安田郁子・安田香・山本溶子・菅野徳彦・渡辺泰徳


13C,15Nトレーサー法による春季硅藻ブルーム下での動物プランクトン食物関係の検証. 文部省特定研究メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 114-125.
1988
Author:坂本充・大槻晃・安野正之・岩熊敏夫・花里孝幸・青山莞爾


湖水のpHと炭酸条件の操作によるプランクトン群集の制御:小型バッグ型エンクロージャーによる解析. 文部省特定研究 メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析研究成果報告書, 101-113.
1988
Author:渡辺泰徳・大槻晃・花里孝幸・吉岡崇仁・和田英太郎・工藤栄・高橋和志


動物プランクトンの制御による生態系の構造と機能の変化 -炭酸ガスによる動物プランクトンの制御-. 文部省特定研究 メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 82-100.
1988
Author:安野正之・花里孝幸・岩熊敏夫・林秀剛・安田郁子・山本溶子・坂本充


アオコ優占期におけるテメホス(殺虫剤)投入の生態系撹乱効果. 文部省特定研究 メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 58-81.
1988
Author:坂本充・沖野外輝夫・呉寿完・河畑智史・青山莞爾・渡辺泰徳・高橋和志・林秀剛・加藤憲二・安野正之・岩熊敏夫・花里孝幸・安田香


遮光による生態系撹乱条件下の食物連鎖におけるバクテリアの役割. 文部省特定研究 メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 51-57.
1988
Author:加藤憲二・花里孝幸


メソコスムにおける遮光撹乱と生態系の応答. 文部省特定研究 メソコスムによる水域生物相互作用系の実験的解析 研究成果報告書, 27-50.
1988
Author:高橋正征・渡辺泰徳・加藤憲二・安田郁子・大槻晃・花里孝幸・林秀剛・荒木重弘・岸野元彰・戸田任重・工藤栄・沖野外輝夫・坂本充・吉田恭司・青山莞爾・山本溶子


動物プランクトンの餌としての分解アオコの評価. 昭和62年度国立機関原子力試験研究報告, (76), 1-3.
1987
Author:花里孝幸・安野正之


屋外実験池における池沼の自然浄化機能. 霞ヶ浦臨湖実験施設研究発表会講演報告集-2-, 53-57.
1987
Author:相崎守弘・河合崇欣・花里孝幸・大槻晃・青山莞爾


動物プランクトンの餌としての分解アオコ中のバクテリアの重要性. 昭和61年度国立機関原子力試験研究報告, (73), 1-3.
1986
Author:花里孝幸・安野正之


屋外実験池におけるリンの挙動に関する研究. 霞ヶ浦臨湖実験施設研究発表会講演報告集-1-,1-3.
1986
Author:相崎守弘・大槻晃・河合崇欣・花里孝幸


霞ヶ浦江戸崎入水草帯における一次生産と水質について. 第3回自然浄化シンポジウム報告, 127-135.
1986
Author:野原精一・土谷岳令・岩熊敏夫・高村典子・相崎守弘・花里孝幸・上野隆平・河合崇欣


隔離水界によるペルメスリンの生態系影響実験. 国立公害研究所研究報告, 99:119-131.
1986
Author:安野正之・花里孝幸・岩熊敏夫・高村健二・上野隆平・高村典子


隔離水界によるクロルニトロフェン及びテメフォスの生態系影響実験. 国立公害研究所研究報告, 99:107-118.
1986
Author:安野正之・花里孝幸・宮下 衛


実験生態系としての隔離水界法の検討-エアレーションと捕食者密度の効果- 国立公害研究所研究報告, 99:91-106.
1986
Author:岩熊敏夫・安野正之・花里孝幸・高村健二・宮下 衛・高村典子・上野隆平


霞ヶ浦江戸崎入水草帯における水質とプランクトン及び付着藻類の生産. 国立公害研究所研究報告, 96:73-100.
1986
Author:高村典子・岩熊敏夫・相崎守弘・花里孝幸・大槻 晃


霞ヶ浦江戸崎入水草帯における水生大型植物の生産. 国立公害研究所研究報告, 96:59-71.
1986
Author:野原精一・土屋岳令・岩熊敏夫・上野隆平・花里孝幸


手賀沼の水生生物現存量と一次生産量. 国立公害研究所研究報告, 96:45-58.
1986
Author:高村健二・菅谷芳雄・高村典子・花里孝幸・岩熊敏夫・安野正之


動物プランクトンの藻類同化効率. 昭和60年度国立機関原子力試験研究報告, (71), 1-3.
1985
Author:花里孝幸・安野正之


ミクロキィスティスを異なった濃度で摂食させたときの動物プランクトンの同化速度. 昭和59年度国立機関原子力試験研究報告, (65), 1-3.
1984
Author:花里孝幸


霞ヶ浦全域調査データ. 国立公害研究所資料, 25:1-149.
1984
Author:相崎守弘・福島武彦・海老瀬潜一・細身正明・岩熊敏夫・高村典子・花里孝幸・春日清一・安野正之・大槻 晃・河合崇欣・西川雅高


霞ヶ浦における動物プランクトンの季節変動と生産.  国立公害研究所研究報告, 51:57-72.
1984
Author:花里孝幸・安野正之


動物プランクトンのミクロキィスティスに対する同化速度と選択摂食性. 昭和58年度国立機関原子力試験研究報告, (70), 1-3.
1983
Author:花里孝幸


湖内実験隔離水界を用いた水質回復実験. 国立公害研究所調査報告, 21:15-35.
1982
Author:岩熊敏夫・今村典子・花里孝幸・安野正之・大槻晃・相崎守弘


霞ヶ浦高浜入の動物プランクトンの現存量の推移. 国立公害研究所研究報告, 22:149-158.
1981
Author:安野正之・森下正彦・花里孝幸

研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2003 - , 環境ストレスに対する動物プランクトン群集の反応 , 特別研究員奨励費
2002 - , 湖沼のプランクトン群集に及ぼす温暖化影響の実験的解析 , 基盤研究(C)
2002 - , 湖沼のプランクトン群集に及ぼす温暖化影響の実験的解析 , 基盤研究(C)
2001 - , 第11回国際河川湖沼環境シンポジウム , その他
2000 - , 日本海隣接国における淡水域生物多様性の比較検討 , 基盤研究(B)
2000 - , 日本海隣接国における淡水域生物多様性の比較検討 , 基盤研究(B)
1999 - , 人為的生態系操作による湖沼水質改善手法の開発に関する研究 , 基盤研究(B)
1999 - , 日本海隣接国における淡水域生物多様性の比較検討 , 基盤研究(B)
1999 - , 人為的生物操作による湖沼水質改善手法の開発に関する研究 , 基盤研究(B)
1998 - , 人為的生物操作による湖沼水質改善手法の開発に関する研究 , 基盤研究(B)
2005 - 2008 , 水質浄化対策が引き起こす富栄養湖の生態系構造の変化とそのメカニズムの解明 , 基盤研究(A)

教育活動実績

授業等
生態毒性学
生態システム学 I
陸水生態学実習
水生生物生態学
化学生態学特論