信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

伊藤靖夫  イトウ ヤスオ

教員組織学術研究院(総合人間科学系)電話番号
教育組織全学教育機構 基幹教育センターFAX番号
職名准教授メールアドレス
住所ホームページURL

更新日:2019/08/07

プロフィール

研究分野
分子遺伝学
現在の研究課題
糸状菌を中心とする菌類の分子細胞生物学・分子遺伝学

遺伝的形質転換時の細胞DNAの染色体への組み込み機構

所属学会
所属学会
日本植物病理学会
日本分子生物学会
日本糸状菌分子生物学研究会
学歴
出身大学院
1994 , 鳥取大学 , 連合農学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1989 , 鳥取大学 , 農学部

取得学位
農学博士
研究職歴等
研究職歴
2006- , 助教授 全学教育機構
2005- , 助教授 理学部
1996- , 信州大学 理学部 助手
1995- , 日本学術振興会 特別研究員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
Improvement of Gene Targeting in Aspergillus nidulans with Excess Non-Homologous Fragments
Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry,76:2146-2149 2012
Author:Kazuaki MATSUHIRA and Yasuo ITOH


Comparison between polyethylene glycol- and polyethylenimine-mediated transformation ofAspergillus nidulans
CURRENT GENETICS,54(2):95-103 2008
Author:Kuwano, T; Shirataki, C; Itoh, Y


An appropriate increase in the transcription of Aspergillus nidulans uvsC improved gene targeting efficiency
BIOSCIENCE BIOTECHNOLOGY AND BIOCHEMISTRY,68(8):1649-1656 2004
Author:Natsume, T; Egusa, M; Kodama, M; Johnson, R; Itoh, T; Itoh, Y


Suppression of tandem-multimer formation during genetic transformation of the mycotoxin-producing fungus Penicillium paxilli by disrupting an orthologue of Aspergillus nidulans uvsC
CURRENT GENETICS,42(1):59-65 2002
Author:Shibayama, M; Kazuhiro, O; Johnson, R; Scott, B; Itoh, Y


An Aspergillus nidulans uvsC null mutant is deficient in homologous DNA integration. Ichioka, D., Itoh, T., andItoh, Y. Mol Gen Genet 264: 709-715.(2001).
MOLECULAR AND GENERAL GENETICS,264(5):709-715 2001
Author:Ichioka, D; Itoh, T; Itoh, Y

教育活動実績

授業等
2017 , 前期 , 細胞生理学
2017 , 前期 , 生物学実験
2017 , 後期 , 遺伝子情報学
2017 , 後期 , 利己的遺伝子説から生物像を描くゼミ
2017 , 通年 , 生物学 A