信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

濱野英明  ハマノ ヒデアキ

教員組織学術研究院(医学系(附属病院))電話番号
教育組織医学部附属病院 医療情報部FAX番号
職名准教授メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

更新日:2019/10/16

プロフィール

研究分野
消化器内科学
医療社会学
所属学会
所属学会
日本医療情報学会
日本内科学会
日本消化器病学会
日本消化器内視鏡学会
日本膵臓学会
日本胆道学会
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1994 , 信州大学

取得学位
博士(医学) , 信州大学
受賞学術賞
2010 , 第2回Journal of Gastroenterology High Citation Award
2010 , 第3回信州大学医学部医学科顕彰 優秀論文賞
2009 , 『日獨医報』Best Paper Award 2008
2008 , 第1回信州大学医学部医学科顕彰 優秀論文賞
2002 , 信州大学松医会特別賞
研究職歴等
研究職歴
2011- , 信州大学医学部附属病院 准教授
2010- , 信州大学医学部附属病院 講師
2007- , 信州大学 医学部 助教
2006- , 信州大学 医学部 助手

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
患者プライバシー保護を重視した電子カルテを目指す
日本能率協会総合研究所 , 技術予測レポート2023 上巻「健康寿命の延伸を目指す」日本の技術編 , :314-324 2013
Author:浜野英明


医療情報連携ネットワークの全国展開
日本能率協会総合研究所 , 技術予測レポート2023 上巻「健康寿命の延伸を目指す」日本の技術編 , :303-313 2013
Author:浜野英明


慢性膵炎 自己免疫性膵炎
日本臨床別冊膵臓症候群 , :171-175 2011(Jul.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 伊藤哲也, 村木崇, 新倉則和


論文
Comparison of the chemokine profiles in the bronchoalveolar lavage fluid between IgG4-related respiratory disease and sarcoidosis: CC-chemokine ligand 1 might be involved in the pathogenesis of sarcoidosis
CYTOKINE,120:125-129 2019(Aug.)
Author:Yamamoto, Hiroshi; Yasuo, Masanori; Komatsu, Masamichi; Ushiki, Atsuhito; Hamano, Hideaki; Hori, Atsushi; Nakajima, Tomoyuki; Uehara, Takeshi; Fujinaga, Yasunari; Matsui, Shoko; Hanaoka, Masayuki;


Impaired expression of innate immunity-related genes in IgG4-related disease: A possible mechanism in the pathogenesis of IgG4-RD
MODERN RHEUMATOLOGY,:- 2019
Author:Nakamura, Takuji; Satoh-Nakamura, Tomomi; Nakajima, Akio; Kawanami, Takafumi; Sakai, Tomoyuki; Fujita, Yoshimasa; Iwao, Haruka; Miki, Miyuki; Masaki, Yasufumi; Okazaki, Toshiro; Ishigaki, Yasuhito; Kawano, Mitsuhiro; Yamada, Kazunori; Matsui, Shoko; Saeki, Takako; Kamisawa, Terumi; Yamamoto, Motohisa; Hamano, Hideaki; Origuchi, Tomoki; Hirata, Shintaro; Tanaka, Yoshiya; Tsuboi, Hiroto; Sumida, Takayuki; Okazaki, Kazuichi; Tanaka, Masao; Chiba, Tsutomu; Mimori, Tsuneyo; Umehara, Hisanori;


報告 自己免疫性膵炎臨床診断基準2018 自己免疫性膵炎臨床診断基準2011改訂版
膵臓,33(6):902-913 2018(Dec. 01)
Author:竹山 宜典, 岡崎 和一, 新倉 則和, 池浦 司, 糸井 隆夫, 伊藤 鉄英, 乾 和郎, 井上 大, 入江 裕之, 入澤 篤志, 岩崎 栄典, 植木 敏晴, 上原 剛, 内田 一茂, 大原 弘隆, 神澤 輝実, 川 茂幸, 菅野 敦, 窪田 賢輔, 洪 繁, 児玉 裕三, 阪上 順一, 清水 京子, 全 陽, 多田 稔, 中沢 貴宏, 西野 隆義, 能登原 憲司, 浜野 英明, 平野 賢二, 廣岡 芳樹, 正宗 淳, 増田 充弘, 水野 伸匡, 吉田 仁, 井戸 章雄, 下瀬川 徹, 妹尾 浩, 滝川 一, 千葉 勉, 仲瀬 裕志, 伊佐山 浩通, 伊藤 哲也, 梅村 武司, 太田 正穂, 鎌田 研, 河邉 顕, 菅野 敦, 木村 理, 栗山 勝利, 小山 貴, 塩川 雅広, 田妻 進, 田中 篤, 玉木 長良, 露口 利夫, 内藤 格, 仲野 俊成, 濱田 晋, 藤永 康成, 村木 崇, 本谷 雅代, 渡邉 貴之, 渡邉 智裕, 日本膵臓学会・厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業)「IgG4関連疾患の診断基準並びに治療指針の確立を目指す研究」班, 自己免疫性膵炎臨床診断基準2011改訂合同委員会, 日本膵臓学会膵炎調査研究委員会


Efficacy and prediction of endoscopic and ESWL treatment for pancreatic stones
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,33:538 2018(Nov.)
Author:Ashihara, Norihiro; Watanabe, Takayuki; Kuraishi, Yasuhiro; Ozawa, Makiko; Nakamura, Akira; Kanai, Keita; Hamano, Hideaki; Tanaka, Eiji;


限局型自己免疫性膵炎の膵切除を回避する為に 自験3切除例から学んだ事
日本消化器病学会雑誌,115(臨増総会):A373 2018(Apr.)


Promoter hypomethylation of SKI in autoimmune pancreatitis
PATHOLOGY RESEARCH AND PRACTICE,214(4):492-497 2018(Apr.)
Author:Kinugawa, Yasuhiro; Uehara, Takeshi; Matsuda, Kazuyuki; Kobayashi, Yukihiro; Nakajima, Tomoyuki; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki; Higuchi, Kayoko; Hosaka, Noriko; Shiozawa, Satoshi; Ishigame, Hiroki; Nakamura, Toshitsugu; Maruyama, Yasuhiro; Nakazawa, Koh; Nakaguro, Masato; Sano, Kenji; Ota, Hiroyoshi;


IgG4-related Disease - A Systemic Disease that Deserves Attention Regardless of One's Subspecialty
INTERNAL MEDICINE,57(9):1201-1207 2018
Author:Hamano, Hideaki; Tanaka, Eiji; Ishizaka, Nobukazu; Kawa, Shigeyuki;


Predictive Factors for Autoimmune Pancreatitis Relapse After 3 Years of Maintenance Therapy
PANCREAS,47(10):1337-1343 2018
Author:Nakamura, Akira; Ozawa, Makiko; Watanabe, Takayuki; Ito, Tetsuya; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Koinuma, Masayoshi; Kawa, Shigeyuki;


Association of autoimmune hepatitis with Src homology 2 adaptor protein 3 gene polymorphisms in Japanese patients
JOURNAL OF HUMAN GENETICS,62(11):963-967 2017(Nov.)
Author:Umemura, Takeji; Joshita, Satoru; Hamano, Hideaki; Yoshizawa, Kaname; Kawa, Shigeyuki; Tanaka, Eiji; Ota, Masao;


IgG4関連涙腺炎の治療後の経過
神経眼科,34(増補1):98 2017(Oct.)


Clinical features of IgG4-related periaortitis/periarteritis based on the analysis of 179 patients with IgG4-related disease: a case-control study
ARTHRITIS RESEARCH & THERAPY,19:ARTN 223 2017(Oct.)
Author:Ozawa, Makiko; Fujinaga, Yasunari; Asano, Junpei; Nakamura, Akira; Watanabe, Takayuki; Ito, Tetsuya; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki;


Predictive factors of relapse after 3 years of oral steroid maintenance therapy for autoimmune pancreatitis
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,32:31 2017(Sep.)
Author:Nakamura, Akira; Ashihara, Norihiro; Kuraishi, Yasuhiro; Ozawa, Makiko; Watanbe, Takayuki; Ito, Tetsuya; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki;


Usefulness of three-dimensional magnetic resonance cholangiopancreatography with partial maximum intensity projection for diagnosing autoimmune pancreatitis
PANCREATOLOGY,17(4):567-571 2017(Jul.)
Author:Yanagisawa, Shin; Fujinaga, Yasunari; Watanabe, Takayuki; Maruyama, Masahiro; Muraki, Takashi; Takahashi, Masaaki; Fujita, Akira; Fujita, Sachie; Kurozumi, Masahiro; Ueda, Kazuhiko; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki; Kadoya, Masumi;


選択的分枝膵管ドレナージにて改善した膵液瘻の1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,33(1):21-26 2017(May)
Abstract:症例は43歳、男性。アルコール摂取に伴う慢性膵炎急性増悪の診断で前医へ入院した。保存的加療で軽快したが、食事再開後に膵炎の再増悪とショックが出現し当院へ転院した。血液検査・画像所見より膵液瘻に伴う汎発性腹膜炎を考え、経乳頭的膵管ドレナージを行った(第1病日)。ドレナージ後、状態は改善したが、第3病日以降に発熱と血液検査で炎症反応の増悪を認めた。膵管像再評価目的に施行した内視鏡的逆行性胆管膵管造影(endoscopic retrograde cholangiopancreatography:ERCP)で頭部分枝膵管内に結石と同分枝から膵外への造影剤漏出を認め、主膵管に7Fr.膵管ステントと分枝膵管に5Fr.ENPDチューブを留置した。その後、発熱はなくなり炎症反応の改善と胸腹水の減少を認めた。本例は分枝膵管に結石が存在し、嵌頓することで膵液瘻が生じたと考えられ、分枝膵管への選択的ドレナージが有用であった。(著者抄録)


選択的分枝膵管ドレナージにて改善した膵液瘻の1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,33(1):47 2017(May)


自己免疫性膵炎に対する診療の現状と長期予後 自己免疫性膵炎に対する経口ステロイド維持療法3年以後の再燃予測因子について
膵臓,32(3):351 2017(May)


Methylation of Tumor Suppressor Genes in Autoimmune Pancreatitis
PANCREAS,46(5):614-618 2017(May)
Author:Kinugawa, Yasuhiro; Uehara, Takeshi; Sano, Kenji; Matsuda, Kazuyuki; Maruyama, Yasuhiro; Kobayashi, Yukihiro; Nakajima, Tomoyuki; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki; Higuchi, Kayoko; Hosaka, Noriko; Shiozawa, Satoshi; Ishigame, Hiroki; Ota, Hiroyoshi;


胆管空腸吻合術後症例の総胆管結石に対する内視鏡的治療成績
Gastroenterological Endoscopy,59(Suppl.1):1037 2017(Apr.)


Randomised controlled trial of long-term maintenance corticosteroid therapy in patients with autoimmune pancreatitis
GUT,66(3):487-494 2017(Mar.)
Author:Masamune, Atsushi; Nishimori, Isao; Kikuta, Kazuhiro; Tsuji, Ichiro; Mizuno, Nobumasa; Iiyama, Tatsuo; Kanno, Atsushi; Tachibana, Yuichi; Ito, Tetsuhide; Kamisawa, Terumi; Uchida, Kazushige; Hamano, Hideaki; Yasuda, Hiroaki; Sakagami, Junichi; Mitoro, Akira; Taguchi, Masashi; Kihara, Yasuyuki; Sugimoto, Hiroyuki; Hirooka, Yoshiki; Yamamoto, Satoshi; Inui, Kazuo; Inatomi, Osamu; Andoh, Akira; Nakahara, Kazuyuki; Miyakawa, Hiroyuki; Hamada, Shin; Kawa, Shigeyuki; Okazaki, Kazuichi; Shimosegawa, Tooru; Res Comm Intractable Pancreas Dis;


医学科での臨床実習支援システムの現状と課題 国立大学病院へのアンケート調査結果を基に
医療情報学,36(4):181-195 2016(Nov.)
Author:津久間 秀彦; 石田 博; 浜野 英明;
Abstract:診療情報の電子化と診療参加型臨床実習の推進に伴い,臨床実習での診療情報管理に新たな課題が生じている.本研究では,国立大学病院における医学科臨床実習支援システムの機能・運用の現状と課題を明らかにするために,「診療参加型臨床実習の実施状況/診療情報管理に関する教育体制/ルールの遵守方法/診療情報の保護と教育利用/臨床実習支援システムの機能・運用」等に関するアンケートを実施した.回答期間を2014年1月24日~4月11日として,42国立大学医学部附属病院のうち33病院から回答を得た(回答率79%).回答結果の分析から,診療参加型における診療情報管理の理念と,現在の運用との間に乖離がある大学病院が多いことが明らかとなった.病院情報システムにおける臨床実習支援システムの今後のあり方について全国規模で議論されるべきである.(著者抄録)
Keywords:臨床実習; 診療参加型臨床実習; 病院情報システム; 患者情報; アンケート調査;


経過中に自己免疫性溶血性貧血を合併した全身性形質細胞増多症の1例
日本皮膚科学会雑誌,126(11):2128 2016(Oct.)


【IgG4関連疾患:全身から肝胆膵の病態に迫る】 知っておくべき他臓器病変と鑑別疾患 肺病変はどこまで明らかになったのか?
肝・胆・膵,73(4):567-576 2016(Oct.)


【IgG4関連疾患:全身から肝胆膵の病態に迫る】 肝胆膵病変UPDATE IgG4関連自己免疫性膵炎の長期予後
肝・胆・膵,73(4):525-532 2016(Oct.)


心血管領域におけるIgG4関連疾患 最近の知見より IgG4関連疾患の画像診断 血管周囲病変を中心に
脈管学,56(Suppl.):S111 2016(Oct.)


心血管領域におけるIgG4関連疾患 最近の知見より IgG関連疾患の疾患概念とIgG4関連心血管病変の意義
脈管学,56(Suppl.):S110 2016(Oct.)


信州メディカルネットを利用した多施設共同研究における臨床研究支援の効率化の試み
臨床薬理,47(Suppl.):S298 2016(Oct.)


Autoimmune Pancreatitis Can Transform Into Chronic Features Similar to Advanced Chronic Pancreatitis With Functional Insufficiency Following Severe Calcification
PANCREAS,45(8):1189-1195 2016(Sep.)
Author:Kanai, Keita; Maruyama, Masahiro; Kameko, Fumiko; Kawasaki, Kenji; Asano, Junpei; Oguchi, Takaya; Watanabe, Takayuki; Ito, Tetsuya; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Matsumoto, Akihiro; Arakura, Norikazu; Kawa, Shigeyuki;


IgG4関連冠動脈疾患患者における特徴的冠動脈造影像
日本心血管インターベンション治療学会抄録集,25回:MP277 2016(Jul.)


高齢者に対するERCPにおける呼吸循環動態の検討
Gastroenterological Endoscopy,58(Suppl.1):648 2016(Apr.)


IgG4関連眼疾患診断基準による当科症例の検討
日本眼科学会雑誌,120(臨増):288 2016(Mar.)


Cutaneous plasmacytosis associated with autoimmune hemolytic anemia
JOURNAL OF DERMATOLOGY,43(3):343-345 2016(Mar.)
Author:Kiniwa, Yukiko; Matoba, Hisanori; Hamano, Hideaki; Senoo, Yasushi; Okuyama, Ryuhei;


IgG4関連疾患とサルコイドーシスにおけるFDG-PET所見の比較検討
日本内科学会雑誌,105(Suppl.):179 2016(Feb.)


Investigation of Susceptibility Genes Triggering Lachrymal/Salivary Gland Lesion Complications in Japanese Patients with Type 1 Autoimmune Pancreatitis (vol 10, e0127078, 2015)
PLOS ONE,11(1):e0146738 2016(Jan.)
Author:Oguchi, Takaya; Ota, Masao; Ito, Tetsuya; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Katsuyama, Yoshihiko; Meguro, Akira; Kawa, Shigeyuki;


電気泳動検査が発見の端緒となった自己免疫性膵炎の診断基準
電気泳動,59(1):35-38 2015(Dec.)
Author:菅野 光俊; 上原 剛; 石嶺 南生; 宇佐美 陽子; 川崎 健治; 濱野 英明; 本田 孝行;
Abstract:血清蛋白電気泳動検査は,血清蛋白の質的異常を示すM蛋白の検出や,各分画の量的変化を捉えることにより病態変化を知る事が出来るため臨床上有用な検査である.我々はこの検査により,通常のβ-γ bridgingとは異なり,ファーストγ位の上昇パターンを示す特異なβ-γ bridging様を示す複数の患者が存在することを見出し,IgG4増加パターンとして報告を行っていた.この報告をきっかけに,自己免疫性膵炎,IgG4関連疾患などの発見につながった.その後2006年には,高IgG4血症(≧135 mg/dL)が自己免疫性膵炎の臨床診断基準として採用され,血清IgG4測定が保険収載された.さらにIgG4関連疾患の典型的なケースを紹介し,診断基準について述べた.
Keywords:IgG4; 自己免疫性膵炎; IgG4関連疾患; 蛋白電気泳動; 国際コンセンサス診断基準;


【全身性疾患としてのIgG4関連疾患】 IgG4関連疾患の臨床を知る IgG4関連硬化性胆管炎
Modern Physician,35(11):1343-1346 2015(Nov.)
Abstract:<ポイント>自己免疫性膵炎(AIP)を高率に合併する(9割程度)。AIPを伴わないIgG4関連硬化性胆管炎では、原発性硬化性胆管炎(PSC)、胆管癌との鑑別が難しい。中高年男性に好発し、IgG4上昇を伴う症例が多い。胆管病理像でのIgG4陽性形質細胞浸潤は診断の参考となる。ステロイド薬に対する反応性は良好である。(著者抄録)


【全身性疾患としてのIgG4関連疾患】 IgG4関連疾患の概要を知る バイオマーカーとしてのIgG4
Modern Physician,35(11):1297-1300 2015(Nov.)
Abstract:<ポイント>IgG4関連疾患におけるIgG4の有用性と限界を知る必要がある。診断基準に合致してもIgG4関連疾患でない例もある。画像所見や病理所見がIgG4関連疾患に合致しない例では、診断基準を考慮する必要はない。診断基準を作成することではなく、私たちの本当の目的は目の前の症例を正しく診断することである。(著者抄録)


Association Between Immunoglobulin G4-related Disease and Malignancy within 12 Years after Diagnosis: An Analysis after Longterm Followup
JOURNAL OF RHEUMATOLOGY,42(11):2135-2142 2015(Nov.)
Author:Asano, Junpei; Watanabe, Takayuki; Oguchi, Takaya; Kanai, Keita; Maruyama, Masahiro; Ito, Tetsuya; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Matsumoto, Akihiro; Kawa, Shigeyuki;


当院における病院機能評価システムを応用した継続的質改善体制構築の試み
医療の質・安全学会誌,10(Suppl.):248 2015(Oct.)


IgG4関連疾患における最近の進歩 自己免疫性膵炎・IgG4関連硬化性胆管炎
日本内科学会雑誌,104(9):1832-1837 2015(Sep.)
Author:川 茂幸; 浜野 英明; 伊藤 哲也;
Keywords:自己免疫性膵炎; IgG4; IgG4関連硬化性胆管炎; IgG4関連疾患;


医学科臨床実習支援システムの現状と課題 国立大学病院へのアンケート調査結果を基に
医学教育,46(Suppl.):187 2015(Jul.)


Investigation of Susceptibility Genes Triggering Lachrymal/Salivary Gland Lesion Complications in Japanese Patients with Type 1 Autoimmune Pancreatitis
PLOS ONE,10(5):e0127078 2015(May)
Author:Oguchi, Takaya; Ota, Masao; Ito, Tetsuya; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Katsuyama, Yoshihiko; Meguro, Akira; Kawa, Shigeyuki;


Decreased Expression of Innate Immunity-Related Genes in Peripheral Blood Mononuclear Cells from Patients with IgG4-Related Disease
PLOS ONE,10(5):e0126582 2015(May)
Author:Nakajima, Akio; Masaki, Yasufumi; Nakamura, Takuji; Kawanami, Takafumi; Ishigaki, Yasuhito; Takegami, Tsutomu; Kawano, Mitsuhiro; Yamada, Kazunori; Tsukamoto, Norifumi; Matsui, Shoko; Saeki, Takako; Okazaki, Kazuichi; Kamisawa, Terumi; Miyashita, Taiichiro; Yakushijin, Yoshihiro; Fujikawa, Keita; Yamamoto, Motohisa; Hamano, Hideaki; Origuchi, Tomoki; Hirata, Shintaro; Tsuboi, Hiroto; Sumida, Takayuki; Morimoto, Hisanori; Sato, Tomomi; Iwao, Haruka; Miki, Miyuki; Sakai, Tomoyuki; Fujita, Yoshimasa; Tanaka, Masao; Fukushima, Toshihiro; Okazaki, Toshiro; Umehara, Hisanori;


【医療安全-最新ITの有効性を検証する】 活用効果を臨床面から実証する 医療安全におけるIT活用の取り組み 画像・音声データを中心に
月刊新医療,42(4):109-112 2015(Apr.)
Author:浜野 英明;
Abstract:医療事故調査制度が本年10月から施行される。今後画像や音声といった客観的データが診療情報として認められていくのか、極めて興味深い。本院で試験的に導入した医療音声記録システム「ケアボイス」を紹介した。(著者抄録)


Extracorporeal shock wave lithotripsy treatment of pancreatic stones complicated with advanced stage autoimmune pancreatitis
BMC GASTROENTEROLOGY,15:ARTN 28 2015(Mar.)
Author:Maruyama, Masahiro; Watanabe, Takayuki; Kanai, Keita; Oguchi, Takaya; Asano, Jumpei; Ito, Tetsuya; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Uehara, Takeshi; Kawa, Shigeyuki;


【自己免疫性膵炎20年の軌跡】 AIPの診断 自己免疫性膵炎のバイオマーカー IgGの診断能の再検討、IgG4陰性例も含めて
肝・胆・膵,70(2):275-281 2015(Feb.)


【自己免疫性膵炎のup-to-date】 自己免疫性膵炎の長期予後
膵臓,30(1):94-100 2015(Feb.)
Abstract:自己免疫性膵炎(AIP)は長期経過中に膵石を形成するなど、非アルコール性慢性膵炎へと進展しうる病態の一つである可能性が高い。膵石は慢性膵炎の診断において最も特徴的な画像所見であり、膵管内の膵石ないし膵全体に分布する複数ないしびまん性の石灰化は自己免疫性膵炎の経過中に時折認める。膵石の形成についてはこれまで4~17%程度のAIP症例に合併し、AIPの再燃例、アルコール多飲者に多いと報告されている。われわれの3年以上経過観察が可能であった73例の自己免疫性膵炎症例の検討でも、16例22%に著明な膵石灰化を認め、AIPの再燃例、コントロール不良が膵石の形成および慢性膵炎への進行と関連していた。また、今回の検討ではAIPの再燃とともに膵石形成に関わる危険因子として膵頭部腫大と、膵体部主膵管の非狭細による膵液のうっ滞が抽出された。膵内外分泌能の長期経過については今後の検討課題である。(著者抄録)


IgG4 関連疾患とサルコイドーシスにおける FDG-PET 所見の比較検討
日サ会誌,35(1):64-2-64-2 2015
Author:山本 洋; 漆畑 一寿; 花岡 正幸; 久保 惠嗣; 川上 聡; 浅香 志穂; 浜野 英明; 川 茂幸; 矢崎 善一; 小口 和浩; 松井 祥子; 小松 雅宙; 小澤 陽子; 安尾 将法; 濱 峰幸; 市山 崇史; 立石 一成; 小林 信光; 牛木 淳人;
Abstract:これまで我々は、Sarcoidosis(Sa)と類似した CT 所見を呈する IgG4 関連疾患(IgG4-RD)について報告してきた。本研究では、 IgG4-RD と Sa の PET/CT 所見について後方視的に比較検討を行 った。 対象は 2004 年から 2015 年の期間に当科を受診し、臨床診断が確 定した症例。PET/CT を施行して両側肺門〜縦隔リンパ節腫脹 (BHL)が認められた、連続した IgG4-RD:23 例(中央値 69(43 〜82)歳、男:女=19:4)と Sa:22 例(60(24〜80)歳、4:18)。 IgG4-RD の主病変は膵:15 例、呼吸器:4 例、唾液腺:3 例、尿 道周囲:1 例であった。IgG4-RD の方が高齢で、男性が多かった。 FDG 集積の有無についてχ2検定を行い、p<0.05 を有意とした。 IgG4-RD では涙腺、顎下線、膵、後腹膜、動脈周囲に、Sa では 鎖骨上リンパ節、鼠径リンパ節、軟部組織に、有意に高率の FDG 集積が認められた。なお、本研究では心臓に異常集積がみられた 症例はなかった。PET/CT の FDG 集積分布パターンは、BHL を 呈する IgG4-RD と Sa の鑑別に有用であると考えられた。


自己免疫性膵炎の長期予後
膵臓,30(1):94-100 2015
Author:新倉 則和; 丸山 真弘; 渡邉 貴之; 伊藤 哲也; 金井 圭太; 小口 貴也; 浅野 純平; 浜野 英明; 川 茂幸;
Abstract:自己免疫性膵炎(AIP)は長期経過中に膵石を形成するなど,非アルコール性慢性膵炎へと進展しうる病態の一つである可能性が高い.膵石は慢性膵炎の診断において最も特徴的な画像所見であり,膵管内の膵石ないし膵全体に分布する複数ないしびまん性の石灰化は自己免疫性膵炎の経過中に時折認める.膵石の形成についてはこれまで4~17%程度のAIP症例に合併し,AIPの再燃例,アルコール多飲者に多いと報告されている.われわれの3年以上経過観察が可能であった73例の自己免疫性膵炎症例の検討でも,16例22%に著明な膵石灰化を認め,AIPの再燃例,コントロール不良が膵石の形成および慢性膵炎への進行と関連していた.また,今回の検討ではAIPの再燃とともに膵石形成に関わる危険因子として膵頭部腫大と,膵体部主膵管の非狭細による膵液のうっ滞が抽出された.膵内外分泌能の長期経過については今後の検討課題である.
Keywords:自己免疫性膵炎; 膵石; 慢性膵炎;


【肝胆膵診療のNew Horizon】 膵疾患 自己免疫性膵炎 Type 2 AIPの特徴はどこまで解明されたか
肝・胆・膵,69(6):1159-1165 2014(Dec.)


【電子カルテがよくわかる】 病病連携と電子カルテ
JOHNS,30(12):1767-1772 2014(Dec.)


ESWL treatment of pancreatic stones complicated with advanced stage autoimmune pancreatitis
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,29:219 2014(Nov.)
Author:Maruyama, Masahiro; Watanabe, Takayuki; Kanai, Keita; Oguchi, Takaya; Asano, Jumpei; Ito, Tetsuya; Ozaki, Yayoi; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Kawa, Shigeyuki;


医学科臨床実習での医療情報の収集・実習記録作成の現状と今後の方向性 国立大学病院対象の全国アンケート調査結果を元に
医療情報学連合大会論文集,34回:892-895 2014(Nov.)


【AIPの概念・診断・治療】 自己免疫性膵炎の新たな病態と概念
消化器内科,59(5):480-487 2014(Nov.)


腫脹涙腺により眼球圧迫をきたしたIgG4関連ミクリッツ病の1例
神経眼科,31(増補1):103 2014(Nov.)


電気泳動検査が発見の端緒となった自己免疫性膵炎の診断基準
生物物理化学,58(2):95 2014(Oct.)


IgG4関連疾患の呼吸器病変とBAL液中サイトカイン濃度 sarcoidosisとの比較
日サ会誌,34(1):51-1-51-1 2014(Oct.)
Author:山本 洋; 花岡 正幸; 久保 惠嗣; 川上 聡; 吉澤 明彦; 浜野 英明; 川 茂幸; 松井 祥子; 安尾 将法; 堀内 俊道; 濱 峰幸; 市山 崇史; 立石 一成; 小林 信光; 牛木 淳人; 漆畑 一寿;


Significant Pericardial Involvement of Immunoglobulin G4-Related Disease
ANNALS OF THORACIC SURGERY,98(2):E47-E49 2014(Aug.)
Author:Morita, Takehiro; Izawa, Atsushi; Hamano, Hideaki; Asano, Naoko; Kozuka, Ayako; Moteki, Hideaki; Fuke, Megumi; Koyama, Jun; Amano, Jun; Ikeda, Uichi;


参加型臨床実習における「アクセスログ参照機能」を利用した自主的アクセス管理
医学教育,45(Suppl.):94 2014(Jul.)


急性膵炎に肝梗塞が合併した一例
膵臓,29(3):672 2014(Jun.)


スムーズな地域連携に必要な情報とは? 地域連携ネットワークシステムの光と影 信州メディカルネットの場合
日本医療マネジメント学会雑誌,15(Suppl.):122 2014(Jun.)


【修復の病理学】 慢性肝・胆道・膵疾患の進展と改善 自己免疫性膵炎の進展と改善
肝・胆・膵,68(5):695-703 2014(May)


Autoimmune pancreatitis can develop into chronic pancreatitis
ORPHANET JOURNAL OF RARE DISEASES,9:ARTN 77 2014(May)
Author:Maruyama, Masahiro; Watanabe, Takayuki; Kanai, Keita; Oguchi, Takaya; Asano, Jumpei; Ito, Tetsuya; Ozaki, Yayoi; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Kawa, Shigeyuki;


膵癌と1型自己免疫性膵炎の組織学的鑑別
日本病理学会会誌,103(1):241 2014(Mar.)


【胆道癌として外科切除された鑑別困難病変の検証-画像と病理所見の対比-】 胆管癌とIgG4関連硬化性胆管炎との術前鑑別診断の現状
胆と膵,35(3):233-240 2014(Mar.)
Abstract:胆管癌の外科的切除は膵切除や肝葉切除を伴い侵襲が大きく、また胆道再建も要することが多い。しかし、術前診断は必ずしも容易ではなく、術中診断も困難である。一方、ステロイド治療により改善を認めるIgG4関連硬化性胆管炎は、病態が近年明らかになりつつあり、二次性硬化性胆管炎の一つにあげられるようになった。しかし、今なお両者の鑑別に苦慮する胆管狭窄を時に経験する。IgG4関連硬化性胆管炎は高率に自己免疫性膵炎を合併し、その診断は癌が否定できればそれほど難渋しない。しかし、典型的な自己免疫性膵炎を合併しないIgG4関連硬化性胆管炎の診断は、画像所見が胆管癌に類似しており両者の鑑別が時に困難である。したがって、胆管生検にて癌が検出されなかった際は、胆管生検を再検の上、IgG4関連硬化性胆管炎を念頭に検索を行うことが重要である。(著者抄録)


Mechanisms of Lower Bile Duct Stricture in Autoimmune Pancreatitis
PANCREAS,43(2):255-260 2014(Mar.)
Author:Watanabe, T; Maruyama, M; Ito, T; Maruyama, M; Muraki, T; Hamano, H; Arakura, N; Hasebe, O; Kawa, S


Inflammation of colon adenoma in the setting of type 1 autoimmune pancreatitis
PATHOLOGY INTERNATIONAL,64(2):67-74 2014(Feb.)
Author:Uehara, Takeshi; Hamano, Hideaki; Suga, Tomoaki; Kawa, Shigeyuki; Yoshizawa, Akihiko; Kobayashi, Yukihiro; Murata, Kazuya; Oki, Keiko; Sano, Kenji; Onodera, Rie; Ota, Hiroyoshi


Comparison of histopathological features of pancreatic carcinoma and type 1 autoimmune pancreatitis
PATHOLOGY INTERNATIONAL,64(2):51-57 2014(Feb.)
Author:Uehara, Takeshi; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki; Kobayashi, Yukihiro; Yoshizawa, Akihiko; Oki, Keiko; Nakata, Rie; Kobayashi, Akira; Sano, Kenji; Ota, Hiroyoshi


【PSC・IgG4-SC】 IgG4・診断基準 膵癌・胆道癌とIgG4-AIP・IgG4-SCの鑑別診断における注意点
肝・胆・膵,68(1):93-100 2014(Jan.)


【IgG4関連疾患の画像所見を整理する】 疾患概念と歴史的経緯
臨床画像,30(1):4-10 2014(Jan.)


【IgG4関連疾患の画像所見を整理する】 泌尿器・後腹膜病変の画像所見
臨床画像,30(1):34-45 2014(Jan.)


【IgG4関連疾患の画像所見を整理する】 腹部病変の画像所見 膵・胆道病変を中心に
臨床画像,30(1):18-33 2014(Jan.)


REVIEW & PREVIEW IgG4関連疾患
Medicina,50(13):2289-2291 2013(Dec.)


自己免疫性膵炎診療ガイドライン2013
膵臓,28(6):717-783 2013(Dec.)


【CKD(慢性腎臓病)ガイドラインに基づく有効なこれからの実地診療】 実地医家のベッドサイドでの武器とストラテジーの整理のために 新しい疾患概念とその実地診療のすべて IgG4関連疾患と腎症
Medical Practice,30(11):1914-1917 2013(Nov.)


IgG4-related disease-like fibrosis as an indicator of IgG4-related lymphadenopathy
ANNALS OF DIAGNOSTIC PATHOLOGY,17(5):416-420 2013(Oct.)
Author:Uehara, Takeshi; Masumoto, Junya; Yoshizawa, Akihiko; Kobayashi, Yukihiro; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki; Oki, Keiko; Oikawa, Nao; Honda, Takayuki; Ota, Hiroyoshi


膵腫瘍マーカーはIgG4の自己免疫性膵炎と膵癌の鑑別能を補完できるか?
日本消化器病学会雑誌,110(臨増大会):A858 2013(Sep.)


自己免疫性膵炎における涙腺・唾液腺病変合併症例の臨床的特徴
日本消化器病学会雑誌,110(臨増大会):A857 2013(Sep.)


【IgG4と肝胆膵】 IgG4と肝胆膵
肝・胆・膵,67(3):443-458 2013(Sep.)


【IgG4と肝胆膵】 既知の肝胆膵疾患との関連性 慢性膵炎とIgG4関連病態 自己免疫性膵炎は慢性膵炎に移行しうる
肝・胆・膵,67(3):399-407 2013(Sep.)


【自己免疫性膵炎の最前線】 自己免疫性膵炎と膵石症
胆と膵,34(9):737-744 2013(Sep.)
Abstract:「自己免疫性膵炎は所謂慢性膵炎に移行するのではないか?」という作業仮説を提唱し、根拠となる検討結果を、膵石灰化機序を主体に概説した。42例の自己免疫性膵炎症例の長期経過を検討し、19.0%に膵石灰化を認め、再燃と関連していた。膵石形成に関わる危険因子を、3年以上経過を追うことが可能であった69例について検討し、膵頭部腫大と、膵頭部のWirsung管、Santorini管両方の狭細所見が膵石形成群で有意に多く認めた。診断基準を満たす通常の慢性膵炎に進行する危険因子を、3年以上経過を追うことが可能であった73例について検討した。16例(22%)が慢性膵炎臨床診断基準2009を満たし、膵頭部腫大と膵体部主膵管の非狭細所見が、独立した危険因子であった。これらの因子を有しない場合は慢性膵炎に進行することはなく、2因子を有する場合は1因子を有する場合に比較して進行する比率は有意に高く、3年で30%、10年で60%であった。以上より、自己免疫性膵炎では高率に認められる膵頭部腫大により、膵頭部のWirsung管、Santorini管両方の膵管狭細をきたし、上流膵管の膵液うっ滞、内圧上昇が膵体部主膵管の非狭細化をきたし、このような状態が長期に持続して膵管内結石形成、膵萎縮さらに慢性膵炎に至るという仮説が考えられた。(著者抄録)


【IT連携の具体的経営メリットを考える】 連携による運営効果を明示する IT連携が示すホスピタルマネジメントでの座標と方向性 経営・運営視点から
月刊新医療,40(9):28-32 2013(Sep.)
Author:清澤 研道,浜野 英明
Abstract:IT連携は「どこでもMY病院、シームレスな地域連携医療」という崇高なキャッチフレーズのもと、点から線、線から面へと大きく拡大し成長しつつある。中核病院の経営・運営戦略として今後重要性が増す。(著者抄録)


IgG4関連硬化性胆管炎における血清IgG4のカットオフ値の検討
胆道,27(3):499 2013(Aug.)


胆管癌として外科切除された良性胆管病変の検証 画像・病理所見の対比 胆管癌と良性胆管病変の術前鑑別診断 画像・病理所見の対比から
胆道,27(3):387 2013(Aug.)


Establishment of a serum IgG4 cut-off value for the differential diagnosis of IgG4-related sclerosing cholangitis: A Japanese cohort
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,28(7):1247-1251 2013(Jul.)
Author:Ohara, Hirotaka; Nakazawa, Takahiro; Kawa, Shigeyuki; Kamisawa, Terumi; Shimosegawa, Tooru; Uchida, Kazushige; Hirano, Kenji; Nishino, Takayoshi; Hamano, Hideaki; Kanno, Atsushi; Notohara, Kenji; Hasebe, Osamu; Muraki, Takashi; Ishida, Etsuji; Naitoh, Itaru; Okazaki, Kazuichi


信州メディカルネットを利用した当院の医療連携の実際
日本医療マネジメント学会雑誌,14(Suppl.):293 2013(Jun.)


経過中に自己免疫性溶血性貧血を合併した全身性形質細胞増多症の1例
日本皮膚科学会雑誌,123(5):984 2013(Apr.)


IgG4関連疾患の肝病変 IgG4 Hepatopathyについての検討
肝臓,54(Suppl.1):A95 2013(Apr.)


【肝胆膵疾患;「予後」の変遷】 膵疾患 自己免疫性膵炎の予後
肝・胆・膵,66(3):499-506 2013(Mar.)


IgG4関連疾患患者に発生した右房内腫瘤性病変の一例
超音波医学,40(2):221 2013(Mar.)


硬化性胆管疾患の現状と問題点 当科における硬化性胆管疾患に対する診断ストラテジー
日本消化器病学会雑誌,110(臨増総会):A187 2013(Feb.)


Clinical features of a new disease concept, IgG4-related thyroiditis
SCANDINAVIAN JOURNAL OF RHEUMATOLOGY,42(4):325-330 2013
Author:Watanabe, T.; Maruyama, M.; Ito, T.; Fujinaga, Y.; Ozaki, Y.; Maruyama, M.; Kodama, R.; Muraki, T.; Hamano, H.; Arakura, N.; Kadoya, M.; Suzuki, S.; Komatsu, M.; Shimojo, H.; Notohara, K.; Uchida, M.; Kawa, S.


Two Siblings with Type 1 Autoimmune Pancreatitis
INTERNAL MEDICINE,52(8):895-899 2013
Author:Watanabe, T; Maruyama, M; Ito, T; Kanai, K; Oguchi, T; Muraki, T; Hamano, H; Arakura, N; Ota, M; Kawa, S


International Consensus Diagnostic Criteria for Autoimmune Pancreatitis and Its Japanese Amendment Have Improved Diagnostic Ability over Existing Criteria
GASTROENTEROLOGY RESEARCH AND PRACTICE,:456965 2013
Author:Maruyama, Masahiro; Watanabe, Takayuki; Kanai, Keita; Oguchi, Takaya; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Kawa, Shigeyuki


Type 1 autoimmune pancreatitis can transform into chronic pancreatitis: a long-term follow-up study of 73 Japanese patients
INTERNATIONAL JOURNAL OF RHEUMATOLOGY,2013:272595 2013
Author:Maruyama M, Arakura N, Ozaki Y, Watanabe T, Ito T, Yoneda S, Maruyama M, Muraki T, Hamano H, Matsumoto A, Kawa S.


Autoimmune pancreatitis has close association with allergen specific IgE antibodies
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,27:372 2012(Dec.)
Author:Ito, Tetsuya; Oguchi, Takaya; Kanai, Keita; Maruyama, Masahiro; Watanabe, Takayuki; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Kawa, Shigeyuki


Autoimmune pancreatitis can transform into chronic pancreatitis
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,27:356-357 2012(Dec.)
Author:Maruyama, Masahiro; Oguchi, Takaya; Kanai, Keita; Watanabe, Takayuki; Ito, Tetsuya; Ozaki, Yayoi; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Matsumoto, Akihiro; Kawa, Shigeyuki


Characteristic features of IgG4-related Intra-hepatic or hilar type sclerosing cholangitis without pancreatic lesion
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,27:81 2012(Dec.)
Author:Watanabe, Takayuki; Maruyama, Masahiro; Ito, Tetsuya; Kanai, Keita; Oguchi, Takaya; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Kawa, Shigeyuki


【IgG4関連疾患-わが国から発信された疾患概念】 自己免疫性膵炎、硬化性胆管炎とIgG4関連疾患
腎と透析,73(5):678-680 2012(Nov.)


【これは役立つ十二指腸病変アトラス】 乳頭部および副乳頭部病変 IgG4関連十二指腸乳頭炎
消化器内視鏡,24(11):1816-1817 2012(Nov.)


網膜中心静脈閉塞症をきたしたCastleman病の1例
神経眼科,29(増補1):83 2012(Oct.)


BHLを指摘された1年後に特徴的な尿道周囲病変を呈したIgG4関連疾患の一女性例
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,32(サプリメント号):50 2012(Sep.)


Clinical diagnostic criteria of IgG4-related sclerosing cholangitis 2012
JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SCIENCES,19(5):536-542 2012(Sep.)
Author:Ohara, Hirotaka; Okazaki, Kazuichi; Tsubouchi, Hirohito; Inui, Kazuo; Kawa, Shigeyuki; Kamisawa, Terumi; Tazuma, Susumu; Uchida, Kazushige; Hirano, Kenji; Yoshida, Hitoshi; Nishino, Takayoshi; Ko, Shigeru B. H.; Mizuno, Nobumasa; Hamano, Hideaki; Kanno, Atsushi; Notohara, Kenji; Hasebe, Osamu; Nakazawa, Takahiro; Nakanuma, Yasuni; Takikawa, Hajime


硬化性胆管炎をめぐる諸問題 典型的な膵病変を伴わない狭義のIgG4関連硬化性胆管炎の診断
胆道,26(3):327 2012(Aug.)


Periurethral Involvement of IgG4-Related Disease in an Elderly Woman Mimicking an Enlarged Prostate in Man
ANNALS OF INTERNAL MEDICINE,157(1):78-79 2012(Jul.)
Author:Yamamoto, Hiroshi; Fukushima, Toshiro; Yokoyama, Hitoshi; Yoshizawa, Akihko; Hamano, Hideaki


Waldenstrom Macroglobulinemia Transforming from t(11;18)(q21;q21)-Negative Gastric MALT Lymphoma after Systemic Dissemination
臨床病理,60(6):528-535 2012(Jun.)
Author:HIROTA KAWADOBORA Masako,MATSUDA Kazuyuki,YAMAUCHI Kazuyoshi,UEHARA Takeshi,ASANO Naoko,OTA Hiroyoshi,HAMANO Hideaki,AKAMATSU Taiji,HONDA Takayuki,OKUMURA Nobuo


【IgG4関連硬化性胆管炎】 IgG4関連硬化性胆管炎の画像診断 CT、MRI、ガリウムシンチグラフィ、FDG-PETを中心に
胆と膵,33(6):503-509 2012(Jun.)
Abstract:IgG4関連硬化性胆管炎高頻度で自己免疫性膵炎に合併するが、単独でみられることもある。CTやMRIは非侵襲的かつ客観的に病変の広がりと局所を評価することが可能である。IgG4硬化性胆管炎の所見として広範囲で平滑な胆管壁肥厚が特徴的であり、壁肥厚は対称性で造影CT・MRIでは粘膜面の濃染を認めることがある。また、壁肥厚が著明な割に末梢胆管の拡張が強くない場合に、IgG4関連硬化性胆管炎を疑うことができる。Ga-67シンチグラフィやFDG-PETは他臓器のIgG4関連疾患の検出に有用であり、複数の臓器にIgG4関連疾患が存在することは鑑別の際に極めて有用である。ただし、鑑別困難例については、各モダリティー所見を総合的に評価する必要があり、生検も考慮すべきである。(著者抄録)


【IgG4関連硬化性胆管炎】 IgG4硬化性胆管炎の疾患概念
胆と膵,33(6):459-463 2012(Jun.)
Abstract:IgG4関連硬化性胆管炎は、IgG4関連疾患の胆管病変である。多くは黄疸で発症し、下部胆管狭窄を認めることが多い。IgG4関連疾患の発症機序や病態に関しては、いまだ完全には解明されていない。IgG4関連硬化性胆管炎は、高率にIgG4関連膵病変である自己免疫性膵炎を合併する。しかし、自己免疫性膵炎を合併しない場合は原発性硬化性胆管炎や胆管癌、膵癌との鑑別は容易ではない。これらの疾患とは治療方針、予後が大きく異なることからIgG4関連硬化性胆管炎を診断することは非常に重要である。また、胆管は管腔の狭い臓器であり、再燃が直接胆汁流出障害につながるため、再燃例に対してはステロイドによる調節が難しい臓器といえる。さらに胆管は組織採取が容易でなくかつ十分量を採取できないこと、鑑別すべき疾患が治療方針、予後が異なる悪性疾患や原発性硬化性胆管炎であることから、IgG4関連疾患の中でも最も診断が重要かつ困難な臓器といえる。(著者抄録)


【自己免疫性膵炎の診療の現状と問題点】 自己免疫性膵炎の膵外病変とその診断
日本消化器内視鏡学会誌,109(6):897-904 2012(Jun.)
Author:川 茂幸, 渡邊 貴之, 丸山 真弘, 伊藤 哲也, 村木 崇, 浜野 英明, 新倉 則和


超音波内視鏡下穿刺吸引生検(EUS-FNA)の成績と正診率向上のための検討
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,28(1):8-15 2012(May)
Abstract:当科で施行した超音波内視鏡下穿刺吸引生検71例を対象に、成績、問題点、ならびに成績向上のための改善点を検討した。結果は、膵病変全体では、検体採取率が92%・正診率が76%であり、部位別では、頭部がそれぞれ86%・67%と体尾部100%・88%に比し低率の傾向であった。また、通常型膵癌は100%・62%と通常型膵癌以外の膵病変81%・100%に比し、正診率が低率の傾向を示した。穿刺回数においては、3回以上穿刺した症例で2回以下の穿刺例に比して正診率が有意に高率であった。リンパ節全体では、検体採取率88%・正診率100%、消化管粘膜下腫瘍全体では、検体採取率78%・正診率100%であった。リンパ節、消化管粘膜下腫瘍ともに検体採取例全例で正診可能であった。また、全検査を通して偶発症は認めなかった。以上から通常型膵癌を疑う場合は3回以上の穿刺を行い、通常型膵癌以外の膵病変・リンパ節・消化管粘膜下腫瘍では、検体採取の確認が正診率向上に重要と考えられた。(著者抄録)


計13回の内視鏡的ネクロゼクトミーを要した難治性巨大不整形膵仮性嚢胞の1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,28(1):69 2012(May)


胆管異型上皮を経時的に拡大内視鏡観察した1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,28(1):62 2012(May)


Characteristic magnetic resonance features of focal autoimmune pancreatitis useful for differentiation from pancreatic cancer
JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY,30(4):296-309 2012(May)
Author:Sugiyama, Yukiko; Fujinaga, Yasunari; Kadoya, Masumi; Ueda, Kazuhiko; Kurozumi, Masahiro; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki


Risk factors for pancreatic stone formation in autoimmune pancreatitis over a long-term course
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,47(5):553-560 2012(May)
Author:Maruyama, Masahiro; Arakura, Norikazu; Ozaki, Yayoi; Watanabe, Takayuki; Ito, Tetsuya; Yoneda, Suguru; Maruyama, Masafumi; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Matsumoto, Akihiro; Kawa, Shigeyuki


話題の疾患と治療 自己免疫性膵炎におけるピロリ菌抗体の関与は
感染・炎症・免疫,42(1):72-74 2012(Apr.)
Abstract:Helicobacter pylori(ピロリ菌)が、消化性潰瘍や胃炎、胃癌の原因であることは広く知られている。また、自己免疫性膵炎(AIP)は、血清IgG4高値を呈するIgG4関連疾患の膵病変として、近年注目されている。AIPの発症には自己免疫学的機序が想定され、各種自己抗体が病因に関与すると報告されたが、確証には至らなかった。一方で、ピロリ菌感染を背景とした免疫学的機序の関与について、2009年にイタリアより新たな知見が報告された。ピロリ菌のペプチド(PBP)と膵腺房細胞の蛋白のペプチド(UBR2)が高い相同性を有し、ピロリ菌感染が膵腺房細胞を標的とした免疫応答の誘因となり得るというものである。しかし、筆者らの検討ではAIPの病態に抗PBP抗体が関与するという結果は得られなかった。(著者抄録)


臓器別IgG4関連疾患 IgG4関連自己免疫性膵炎
最新医学,67(4):910-916 2012(Apr.)
Author:川茂幸, 伊藤哲也, 渡邊貴之, 丸山真弘, 村木崇, 浜野英明, 新倉則和
Abstract:IgG4関連自己免疫性膵炎は,IgG4関連疾患に属し,発症に自己免疫機序が想定される膵臓の慢性炎症である.高齢・男性に好発し,膵腫大と主膵管の狭細像を呈し,膵がんとの鑑別困難例が存在する.病理学的にはlymphoplasmacytic sclerosing pancreatitis(LPSP)と呼称される.本症では血中IgG4の上昇と,病変組織にIgG4陽性形質細胞浸潤を特徴的に認める.(著者抄録)


A Case of Mikulicz's Disease Complicated by Malignant Lymphoma: A Postmortem Histopathological Finding
INTERNAL MEDICINE,51(4):419-423 2012(Apr.)
Author:Uehara T, Ikeda S, Hamano H, Kawa S, Moteki H, Matsuda K,Kaneko Y, Hara E.


IgG4関連肝胆膵疾患の診断と治療 非典型例へのアプローチ 膵病変を合併しないIgG4関連硬化性胆管炎の臨床的特徴
日本消化器病学会雑誌,109(臨増総会):A183 2012(Mar.)


当科における自己免疫性膵炎に合併する膵外病変の検討
長野県医学会雑誌,42:29-31 2012(Mar.)


IgG4関連硬化性胆管炎臨床診断基準2012
胆道,26(1):59-63 2012(Mar.)
Author:岡崎 和一,川 茂幸,乾 和郎,神澤 輝実,田妻 進,内田 一茂,平野 賢二,吉田仁,西野 隆義,洪 繁,水野 伸匡,濱野 英明,菅野 敦,能登原 憲司,長谷部 修,中沢 貴宏,中沼 安二,滝川 一,坪内 博仁,大原 弘隆,IgG4 関連硬化性胆管炎臨床診断基準作成ワーキンググループ
Abstract:IgG4関連硬化性胆管炎は,血中IgG4値の上昇,病変局所の線維化とIgG4陽性形質細胞の著しい浸潤などを特徴とする原因不明の硬化性胆管炎である.その多くは自己免疫性膵炎を合併し,ステロイド治療が奏功する比較的予後良好な疾患とされているが,胆管像からは,原発性硬化性胆管炎および胆管癌,膵癌などの腫瘍性病変との鑑別は容易ではない.特に,IgG4関連硬化性胆管炎単独で発症する症例ではその診断に難渋することが多い.そこで厚生労働省IgG4関連全身硬化性疾患の診断法の確立と治療方法の開発に関する研究班,厚生労働省難治性の肝胆道疾患に関する調査研究班および日本胆道学会は,本症例を数多く経験している専門医からなる診断基準案作成のワーキンググループを組織した.そして,IgG4関連硬化性胆管炎の病態や臨床像を明らかにするとともに,原発性硬化性胆管炎や膵癌,胆管癌などの腫瘍性病変との鑑別を念頭に置いた本症の診断基準の策定を行った.平成22年10月15日,平成23年2月1日および平成23年8月2日の3回の委員会と電子メールによる意見交換を重ね,本症の臨床診断基準試案をまとめた.この試案に対して平成23年9月17日宮崎で開催された第47回日本胆道学会学術集会において公聴会が開催された.この公聴会での論議を経て修正された臨床診断基準案が日本胆道学会ホームページに公開され,平成23年11月4日まで日本胆道学会の一般会員から広く意見をつのり,最終的に「IgG4関連硬化性胆管炎臨床診断基準2012」(表1)として報告するに至った.「IgG4関連硬化性胆管炎臨床診断基準2012」では,まず疾患概念を明確にし,次に診断項目として1)胆管の特徴的な画像所見,2)高IgG4血症,3)胆管外のIgG4関連合併症の存在,4)胆管壁の病理組織学的所見の4つの項目を掲げ,基本的にはこれらの組み合わせにより診断することが示されている.さらに本症では確定診断に必要な量の胆管組織を非観血的に得ることが容易ではないため,診断率の向上のためにステロイドによる治療効果がオプションの項目として採用された.また,代表的な胆管像を具体的にシェーマで示し,各タイプの胆管像を示す症例において,鑑別すべき疾患と追加すべき検査を明記して,実際の臨床現場で有用な診断基準になるよう配慮されている.今回の「IgG4関連硬化性胆管炎臨床診断基準2012」は,現在までに数多くのIgG4関連硬化性胆管炎症例を経験してきた専門医により作成された実用的な診断基準であると考えられるが,今後の症例の蓄積,診断技術の発展および基礎的研究により本症の病態解明がさらに進展していくことが期待される.


IgG4関連疾患包括診断基準2011
日本内科学会雑誌,101(3):795-804 2012(Mar.)
Author:岡崎和一, 川茂幸, 神澤輝実, 下瀬川徹, 中村誠司, 島津章, 伊藤鉄英, 浜野英明, 能登原憲司, 内田一茂, 梅原久範, 正木康史, 川野充弘, 佐伯敬子, 松井祥子, 山本元久, 吉野正, 中村栄男, 小島勝, 厚生労働省難治性疾患克服研究事業奨励研究分野IgG4関連全身硬化性疾患の診断法の確立と治療方法の開発に関する研究班


自己免疫性膵炎およびミクリッツ病とシェーグレン症候群に伴う胸部CT所見の比較
日本医学放射線学会学術集会抄録集,71回:S205 2012(Feb.)


pancreatic panniculitisの1例
日本皮膚科学会雑誌,122(2):413 2012(Feb.)


PACSを核とする医療連携の実力 「信州メディカルネット」での画像連携の工夫 HumanBridge EHRソリューションとEV Insiteのコラボレーションの試み
月刊新医療,39(2):117-121 2012(Feb.)
Author:浜野 英明,大月 哲弥,八木 裕子
Abstract:「信州メディカルネット」は信州大学に設置した中継サーバを利用した、長野県全域に及ぶ地域医療連携システムである。画像連携では画像ベンダーとのコラボレーションという工夫を凝らし、異なるネットワークとの相互連携を最終目標としている。(著者抄録)


報告 自己免疫性膵炎臨床診断基準2011
膵臓,27(1):17-25 2012(Feb.)
Author:岡崎和一, 下瀬川徹, 伊藤鉄英, 乾和郎, 内田一茂, 大原弘隆, 神澤輝実, 川茂幸, 清水京子, 多田稔, 西野博一, 西森功, 廣岡芳樹, 水野伸匡, 山口武人, 杉山政則, 山口幸二, 能登原憲司, 諸星利男, 入澤篤志, 大原弘隆, 洪繁, 菅野敦, 須田耕一, 西野隆義, 平野賢二, 吉田仁, 浜野英明, 日本膵臓学会・厚生労働省難治性膵疾患に関する調査研究班


Comprehensive diagnostic criteria for IgG4-related disease (IgG4-RD), 2011
MODERN RHEUMATOLOGY,22(1):21-30 2012(Feb.)
Author:Umehara, Hisanori;Okazaki, Kazuichi; Masaki, Yasufumi; Kawano, Mitsuhiro; Yamamoto, Motohisa; Saeki, Takako; Matsui, Shoko; Yoshino, Tadashi; Nakamura, Shigeo; Kawa, Shigeyuki; Hamano, Hideaki; Kamisawa, Terumi; Shimosegawa, Toru; Shimatsu, Akira; Nakamura, Seiji; Ito, Tetsuhide; Notohara, Kenji; Sumida, Takayuki; Tanaka, Yoshiya; Mimori, Tsuneyo; Chiba, Tsutomu; Mishima, Michiaki; Hibi, Toshifumi; Tsubouchi, Hirohito; Inui, Kazuo; Ohara, Hirotaka


pancreatic panniculitisの1例
日本皮膚科学会雑誌,122(1):102 2012(Jan.)


【明らかにされた自己免疫性膵炎および周辺疾患】 AIPおよびその周辺疾患に関連する生化学・画像診断up to date IgG4の基礎と臨床
肝・胆・膵,64(1):27-31 2012(Jan.)


The Utility of Serum IgG4 Concentrations as a Biomarker
INTERNATIONAL JOURNAL OF RHEUMATOLOGY,2012:198314 2012
Author:Kawa S, Ito T, Watanabe T, Maruyama M, Hamano H, Maruyama M, Muraki T, Arakura N.


【自己免疫性膵炎と膵癌の鑑別】 自己免疫性膵炎と膵癌の鑑別点
消化器内科,53(6):683-689 2011(Dec.)
Author:川茂幸, 伊藤哲也, 渡邊貴之, 丸山真弘, 浜野英明, 尾崎弥生, 村木崇, 新倉則和


転倒転落防止分析シートにおける年齢因子の再検討
医療情報学連合大会論文集,31回:307-308 2011(Nov.)


被包化癌性腹水を内瘻化した1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,27(2):161 2011(Nov.)


Clinical features of central airway involvement in autoimmune pancreatitis
EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL,38(5):1233-1236 2011(Nov.)
Author:Yamamoto, H.; Yasuo, M.; Ito, M.; Yokoyama, T.; Hamano, H.; Uehara, T.; Kawakami, S.; Kubo, K.


粘液性嚢胞腫瘍との鑑別が困難であった単胞性の漿液性嚢胞腫瘍の1例
日本消化器病學會雜誌 = The Japanese journal of gastro-enterology,108(11):1916-1923 2011(Nov.)
Author:米田 傑,張 淑美,伊藤 哲也,丸山 雅史,児玉 亮,尾崎 弥生,村木 崇,浜野 英明,新倉 則和,上原 剛,宮川 眞一,田中 榮司
Abstract:症例は40歳代女性.膵尾部単胞性嚢胞にて経過観察中,1年半の経過で増大を認めた.嚢胞内に隔壁様構造を認め,cyst in cystの形態を示したため粘液性嚢胞腫瘍を疑い切除したが,病理組織学的に単胞性の漿液性嚢胞腫瘍であった.画像所見の経過と病理所見からは嚢胞の増大は出血によるものと推測され,また隔壁様構造は肉芽組織であった.多彩な形態をとる漿液性嚢胞腫瘍の診断において,貴重な症例と考えられた.


自己免疫性膵炎の治療中に発症した肺門・縦隔リンパ節腫脹を伴わないIgG4関連気道病変の一例
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,31(サプリメント号):50 2011(Oct.)


信州大眼科におけるIgG4関連疾患の検討
神経眼科,28(増補1):102 2011(Oct.)


いわゆる膵胆管高位合流を併存した成人型輪状膵の1例
日本消化器病学会雑誌,108(9):1589-1595 2011(Sep.)
Author:児玉亮, 渡邉貴之, 丸山真弘, 伊藤哲也, 米田傑, 丸山雅史, 村木崇, 浜野英明, 新倉則和, 田中榮司
Abstract:症例は80歳代男性。心窩部の激痛を主訴に受診し、Amy高値とCT所見から急性膵炎と診断された。CT・MRIにて十二指腸下行部を取り巻くように腫大した膵頭部を認め、ERCPにて輪状膵およびいわゆる膵胆管高位合流と診断した。輪状膵には合併奇形が多いとされているが、輪状膵にいわゆる膵胆管高位合流もしくは膵胆管合流異常を合併した症例の報告は極めて少ない。両者の合併は膵の発生の観点からも興味深く、報告する。(著者抄録)


【IgG4関連疾患】 総論 IgG4関連疾患の概念
臨床検査,55(8):736-740 2011(Aug.)
Author:浜野 英明
Abstract:自己免疫性膵炎(AIP)は近年type 1とtype 2の2つのサブタイプに分けられている.type 1 AIPはIgG4に関連し,type 2 AIPはIgG4に関連しない.IgG4関連疾患は最近提唱された概念であるが,血清IgG4上昇,IgG4陽性形質細胞多数浸潤,多臓器浸潤を特徴とする.type 1 AIPはIgG4関連疾患の1つである.IgG4関連疾患の概念は今後の研究によって変遷するであろう.(著者抄録)


【膵臓症候群(第2版)-その他の膵臓疾患を含めて-】 慢性膵炎 自己免疫性膵炎
日本臨床,別冊(膵臓症候群):171-175 2011(Jul.)


膵疾患の遺伝的背景を探る 自己免疫性膵炎の免疫遺伝学的解析
膵臓,26(3):343 2011(Jun.)


【IgG4関連疾患】 肝・胆・膵におけるIgG4関連疾患
炎症と免疫,19(4):342-345 2011(Jun.)
Author:浜野英明
Abstract:肝・胆・膵におけるIgG4関連疾患は歴史的にも自己免疫性膵炎に代表される。しかし自己免疫性膵炎がすべてIgG4関連疾患ではないことはまだそれほど知られていない。最近ではIgG4関連疾患である自己免疫性膵炎をtype 1、IgG4関連疾患でない自己免疫性膵炎をtype 2と区別することも多い。IgG4関連疾患としての胆管病変については多くは自己免疫性膵炎の胆管病変という考え方が成立するが、一方で膵病変を認めないIgG4関連硬化性胆管炎も認められ、この場合は腫瘍性病変との鑑別に難渋する例も少なくない。ここ数年さまざまな領域に広がりつつあるIgG4関連疾患だが、これらがすべて同一の病態であるか否かについては今後慎重に取り扱う必要がある。(著者抄録)


腹部鈍的外傷により胆管狭窄を来たした一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,27(1):63 2011(May)


当科における超音波内視鏡下穿刺吸引生検の成績と今後の課題
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,27(1):62 2011(May)


IgG4-related chronic rhinosinusitis: A new clinical entity of nasal disease
ACTA OTO-LARYNGOLOGICA,131(5):518-526 2011(May)
Author:Moteki, Hideaki; Yasuo, Masanori; Hamano, Hideaki; Uehara, Takeshi; Usami, Shin-ichi


Elevated IgG4 Levels in Patients Demonstrating Sarcoidosis-Like Radiologic Findings
MEDICINE,90(3):194-200 2011(May)
Author:Tsushima, Kenji; Yokoyama, Toshiki; Kawa, Shigeyuki; Hamano, Hideaki; Tanabe, Tsuyoshi; Koizumi, Tomonobu; Honda, Takayuki; Kawakami, Satoshi; Kubo, Keishi


【自己免疫性胆管疾患のオーバーラップス PBC/AIH、PSC/AIHとPSC/IgG4関連硬化性胆管炎を中心に】 PSCとその類縁疾患、オーバーラップス 疫学・臨床・病理 IgG4関連硬化性胆管炎の肝実質障害とIgG4関連AIH
肝・胆・膵,62(4):813-816 2011(Apr.)
Author:浜野英明, 梅村武司, 田中榮司


Infraorbital nerve swelling associated with autoimmune pancreatitis
JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY,29(3):194-201 2011(Apr.)
Author:Watanabe, Tomoharu; Fujinaga, Yasunari; Kawakami, Satoshi; Hatta, Tomoko; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki; Kadoya, Masumi


自己免疫性膵炎患者における抗H.pylori IgG値とIgG4値の検討
日本消化器病学会雑誌,108(臨増総会):A266 2011(Mar.)


当科における超音波内視鏡下生検法の検討
長野県医学会雑誌,41:13-14 2011(Mar.)


【炎症のFDG-PET】 自己免疫性膵炎の特徴とそのPET所見について
PET journal,(13):29-31 2011(Mar.)
Author:川 茂幸,尾崎 弥生,浜野 英明


自己免疫性膵炎の特徴とそのPET所見について
PET Journal,13:29-31 2011(Mar.)
Author:川茂幸, 尾崎弥生, 浜野英明, 小口和浩, 百瀬充浩, 藤永康成, 角谷眞澄


当院で経験したIgG4関連肺疾患のreview
日本内科学会雑誌,100(Suppl.):228 2011(Feb.)


知っておきたいことア・ラ・カルト IgG4関連疾患
Medical Practice,28(2):364-366 2011(Feb.)
Author:浜野英明


Cavernous transformationによる圧迫で胆管狭窄を来した肝外門脈閉塞症の1例
Japanese Journal of Radiology,29(Suppl.I):23 2011(Jan.)


Clinical significance of immunoglobulin G4-associated autoimmune hepatitis
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,46(1):48-55 2011(Jan.)
Author:Umemura T, Zen Y, Hamano H, et al.


Polymorphism in the KCNA3 gene is associated with susceptibility to autoimmune pancreatitis in the Japanese population
DISEASE MARKERS,31(4):223-229 2011
Author:Ota, Masao; Ito, Tetsuya; Umemura, Takeji; Katsuyama, Yoshihiko; Yoshizawa, Kaname; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki


Radiologic Findings of IgG4-Related Disease
Current Immunology Reviews,7(2):186-203 2011
Author:Fujinaga, Y; Kadoya, M; Hamano, H; Kawa, S; Momose, M; Kawakami, S; Watanabe, T; Sugiyama, Y; Uehara, T


IgG4-related airway involvement which developed in a patient receiving corticosteroid therapy for autoimmune pancreatitis
INTERNAL MEDICINE,50(24):3023-3026 2011
Author:Yamamoto H, Yasuo M, Nomura Y, Agatsuma T, Ushiki A, Yokoyama T, Urushihata K, Hanaoka M, Koizumi T, Iwaya M, Yoshizawa A, Kawakami S, Hamano H, Kawa S, Kubo K.


IgG4-Related Pleural Disease Diagnosed by a Re-Evaluation of Chronic Bilateral Pleuritis in a Patient Who Experienced Occasional Acute Left Bacterial Pleuritis
INTERNAL MEDICINE,50(8):893-897 2011
Author:Yamamoto Hiroshi,Suzuki Toshiro,Yasuo Masanori,Kobayashi Orie,Tsushima Kenji,Ito Michiko,Urushihata Kazuhisa,Yamazaki Yoshitaka,Hanaoka Masayuki,Koizumi Tomonobu,Uehara Takeshi,Kawakami Satoshi,Hamano Hideaki,Kawa Shigeyuki,Kubo Keishi
Abstract:A 78-year-old man with cryptogenic chronic bilateral lymphoplasmacytic pleuritis, diagnosed based on left parietal pleural biopsy specimens obtained by pleuroscopy, developed acute left bacterial pleuritis. The left pleural effusion was neutrophil dominant, however, the right pleural effusion showed lymphoplasmacytic infiltration. Laboratory examinations revealed that his serum IgG4 concentration was increased, with a higher level of IgG4 in the right pleural effusion. Re-evaluation of the previous biopsy specimens using an immunostaining method revealed numerous IgG4-positive plasma cell infiltrations with IgG4-positive/IgG-positive plasma cells at 85.4%. Accordingly, the new diagnosis of this patient was considered to be chronic bilateral IgG4-related pleuritis.


Semiquantitative measurement of pulmonary hilar gallium-67 uptake using single photon emission computed tomography/computed tomography for the diagnosis of autoimmune pancreatitis
JAPANESE JOURNAL OF RADIOLOGY,28(10):733-739 2010(Dec.)
Author:Momose, Mitsuhiro; Kadoya, Masumi; Yano, Kesato; Miyasaka, Tadashi; Fujinaga, Yasunari; Matsushita, Tsuyoshi; Yanagisawa, Shin; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki


大規模災害被災後の医療サービス継続支援を目的とした災害時用患者情報参照システム(DR-PAC)の構築
医療情報学連合大会論文集,30回:859-860 2010(Nov.)


Characteristic findings in images of extra-pancreatic lesions associated with autoimmune pancreatitis
EUROPEAN JOURNAL OF RADIOLOGY,76(2):228-238 2010(Nov.)
Author:Fujinaga, Yasunari; Kadoya, Masumi; Kawa, Shigeyuki; Hamano, Hideaki; Ueda, Kazuhiko; Momose, Mitsuhiro; Kawakami, Satoshi; Yamazaki, Sachie; Hatta, Tomoko; Sugiyama, Yukiko


自己免疫性膵炎の治療と予後 血清IgG、免疫複合体、可溶性IL-2受容体の各回測定は自己免疫性膵炎再燃を予見しうるか
日本消化器病学会雑誌,107(臨増大会):A582 2010(Sep.)


自己免疫性肝胆道疾患 最近のトピックス 膵病変を認めない狭義のIgG4関連硬化性胆管炎は肝門部胆管癌との鑑別を要する
日本消化器病学会雑誌,107(臨増大会):A491 2010(Sep.)


sarcoidosisに類似したIgG4関連肺疾患の臨床的特徴 6例のreview
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,30(サプリメント号):40 2010(Sep.)


【免疫反応と臨床検査2010】 自己免疫 IgG4関連疾患の検査
検査と技術,38(10):828-831 2010(Sep.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 伊藤哲也, 尾崎弥生, 新倉則和


Chronic Gastritis in the Setting of Autoimmune Pancreatitis
AMERICAN JOURNAL OFSURGICAL PATHOLOGY,34(9):1241-1249 2010(Sep.)
Author:Uehara T, Hamano H, Kawa S, et al.


胆道領域におけるIgG4関連疾患はどこまで解決されているか? 胆道領域におけるIgG4関連疾患の課題 膵病変を認めないIgG4関連硬化性胆管炎の診断におけるピットフォール
胆道,24(3):356 2010(Aug.)


【自己免疫性膵炎】 血液検査
臨床消化器内科,25(9):1233-1240 2010(Jul.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 伊藤哲也, 尾崎弥生, 新倉則和
Abstract:自己免疫性膵炎は発症に自己免疫学的機序が想定される膵炎で,閉塞性黄疸で発症することが多く,膵癌との鑑別が重要である.一般生化学検査では閉塞性黄疸に起因する異常,免疫グロブリンの異常,耐糖能障害・膵外分泌機能低下に起因する異常を認める.抗核抗体(ANA),リウマトイド因子(RF)が免疫系の活性化を反映して陽性となるが,疾患特異的なSS-A,SS-B,AMAが陽性となることはほとんどない.本症では血中IgG4が高率,特異的に上昇する.血清IgG4値は膵癌との鑑別に有用であり,疾患活動性の鋭敏な指標であるが,役割は不明である.その他の疾患活動性マーカーとして補体,免疫複合体,可溶性IL-2受容体が有用である.(著者抄録)


自己免疫性膵炎・IgG4関連疾患
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,26(1):107 2010(Jun.)


肝円索膿瘍の形成に急性閉塞性化膿性胆管炎と門脈血栓の関与が疑われた一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,26(1):81 2010(Jun.)


肝門部胆管癌と術前診断されたIgG4関連硬化性胆管炎の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,26(1):79 2010(Jun.)


【内科疾患の診断基準 病型分類・重症度】 肝胆膵 自己免疫性膵炎
内科,105(6):1015-1018 2010(Jun.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 新倉則和


【膵の画像診断update 2010】 自己免疫性膵炎の画像診断
臨床画像,26(5):540-551 2010(May)
Author:藤永康成, 杉山由紀子, 川上聡, 百瀬充浩, 上田和彦, 角谷眞澄, 浜野英明, 川茂幸


ネフロメトリー法によるIgG4測定法の基礎的検討と臨床的意義
臨床病理,58(4):393-396 2010(Apr. 25)
Author:亀子 光明,北村 弘文,川 茂幸,浜野 英明,新井 次郎
Abstract:免疫比濁法(NIA)によるIgG4測定とその測定感度、本測定による基準範囲とその臨床的意義について検討し、測定範囲については職員86名(男性39名、女性47名)を対象に測定して算出した。その結果、NIAによるIgG4の全体の基準範囲は4.8~104.9mg/dl、男性は5.6~117.2mg/dl、女性は4.3~94.0mg/dlで、男性が女性より有意に高値を示した。測定精度では、日間変動(0.8~3.2%)に比べ、日内変動(1.9~4.5%)は有意に大きくその傾向は低濃度で著明であったが、分析誤差は2.9%と極めて小さく満足できる結果であった。自己免疫性膵炎(AIP)患者23名、慢性膵炎患者15名、自己免疫性疾患患者14名におけるIgG4分布では、AIP患者が有意に高値を示した。IgG4のカットオフ値を135mg/dlに設定した時の感度は87.0%、特異度は93.3%、正確度は89.5%であった。以上より、AIPの診断にIgG4の測定は有用であるが、本測定法は保険適用外で特殊装置を必要とするため、日常検査法プとして普及が遅れているのが現状である。


胆管結石・膵石治療時のbasket嵌頓に対する対応
Gastroenterological Endoscopy,52(Suppl.1):1016 2010(Apr.)


切除不能肝門部悪性胆道狭窄に対するステント素材・ステント留置方法・留置時期の検討
Gastroenterological Endoscopy,52(Suppl.1):968 2010(Apr.)


IgG4関連疾患の過去・現在・未来
医学と薬学,63(3):430-433 2010(Mar.)
Author:浜野英明


乳頭腫大を特徴とした自己免疫性膵炎の1例
医学と薬学,63(3):422-426 2010(Mar.)
Author:大久保政雄, 高倉裕一, 田中智大, 小林克也, 関川憲一郎, 光井洋, 橋本直明, 山口肇, 岸田由起子, 田村浩一, 浜野英明
Abstract:56歳男。患者は腹部膨満感が出現し、尿濃染を自覚して近医を受診、T. Bilの上昇から閉塞性黄疸精査が疑われた。CTでは膵臓がび漫性に腫大し、MRCPおよびERCPで総胆管の途絶像と全体に膵管の狭細像が認められた。狭細部から上流の主膵管には著しい拡張は認められなかったが、上部消化管内視鏡では乳頭部周辺は腫大しており、表面粘膜は発赤を伴っていた。一方、乳頭部生検でのIgG4免疫染色では多くのIgG4陽性形質細胞浸潤が確認されたが、浸潤が高度な部位と軽度な部位が混在していた。以後、患者は入院にてT. Bilは自然経過で正常値まで低下し、IgGも軽度改善傾向にあったものの依然高値で、自己免疫性膵炎が否定できないため、血清IgG4を計測した。その結果、高IgG4血症と診断され、プレドニゾロンで加療を開始したところ、胆道系酵素、IgG、肝逸脱酵素は速やかに改善、乳頭部も著明に縮小した。尚、本症例のように加療による乳頭の縮小および経過を追った報告は、検索した限りこれまでには認められなかった。


自己免疫性膵炎/IgG4関連疾患
信州医学雑誌,58(1):3-10 2010(Feb.)
Author:浜野英明
Abstract:自己免疫性膵炎(AIP)は膵癌との鑑別を要する膵の炎症性疾患である。AIPの歴史的変遷を紹介した上で、AIPに対する欧米の立場とAIPとIgG4との関係について述べた。AIPは多彩な膵外病変を併発するので、主な併発病変である涙腺・唾液腺病変、硬化性胆管炎についても述べた。AIPの診断基準についても触れた。IgG4関連疾患はまだまだ他の疾患概念にも変化を及ぼす勢いで、AIP、IgG4関連疾患は魅力あるテーマである。
Keywords:IgG4, autoimmune pancreatitis, Mikulicz’s disease, sclerosing cholangitis, IgG4, 自己免疫性膵炎, ミクリッツ病, 硬化性胆管炎


【自己免疫性膵炎・長期予後】 自己免疫性膵炎・長期予後および第40回米国膵臓学会速報
肝・胆・膵,60(1):121-134 2010(Jan.)


【自己免疫性膵炎・長期予後】 再燃関連因子はどこまで明らかになったか IgG、IgG4の治療前後および再燃時の変化・関連性
肝・胆・膵,60(1):49-55 2010(Jan.)
Author:浜野英明, 新倉則和, 高山真理, 尾崎弥生, 児玉亮, 張淑美, 丸山雅史, 伊藤哲也, 田中榮司, 川茂幸


【膵炎 診断と治療の進歩】 自己免疫性膵炎 病因と病態
日本内科学会雑誌,99(1):76-81 2010(Jan.)
Author:川 茂幸,浜野 英明,上原 剛
Abstract:自己免疫性膵炎は病因に自己免疫学的機序の関与が考えられる膵炎で,血中IgG4の上昇と,病変局所へのIgG4陽性形質細胞の浸潤を特徴的に認める.膵腫大と膵管の不整狭細像,膵内胆管の狭窄が本疾患に特徴的な病態で,病理所見としてlymphoplasmacytic sclerosing pancreatitisを認める.また全身諸臓器に多彩な膵外病変を認め,膵病変と同様な病態が背景に存在すると考えられ,自己免疫性膵炎を包括する,IgG4が関連する全身性疾患が想定されている.


Combination Chemotherapy with Low-dose 5-FU, Cisplatin, and Gemcitabine for Gemcitabine-Refractory Pancreatic Cancer
信州医学雑誌,57(6):247-253 2009(Dec.)
Author:Norikazu ARAKURA, Osamu HASEBE, Yasuhide OCHI, Hideaki HAMANO, Eiji TANAKA, Shigeyuki KAWA
Keywords:second-lin chemotherapy, pancreatic cancer, 5-FU, Cisplatin, Gemcitabine


【自己免疫性膵炎の最前線】 自己免疫性膵炎の診断 膵癌との鑑別を中心に CT・MRI・PET
肝胆膵画像,11(6):631-638 2009(Nov.)
Author:藤永康成, 杉山由紀子, 角谷眞澄, 上田和彦, 黒住昌弘, 山崎幸恵, 浜野英明, 川茂幸, 上原剛, 小口和浩
Abstract:小さな限局性自己免疫性膵炎では,自己免疫性膵炎に特徴的なびまん性膵腫大,膵周囲の被膜様構造がみられず,しばしば膵癌との鑑別が問題となる.(1)造影後期相での病変内部の均一な濃染,(2)造影早期相で病変内部にみられる点状の濃染,(3)脂肪抑制T1強調像で病変内部にみられる正常膵と同程度の点状高信号域,といった所見は自己免疫性膵炎を強く示唆し,膵癌との鑑別に有用である.病変末梢の膵萎縮が乏しく膵管拡張が比較的軽度,膵外病変を有する,などの間接所見からも,自己免疫性膵炎を考慮すべきである.FDG-PETやGaシンチグラフィは,膵病変に関しては鑑別に有用といえないが,全身にわたる膵外病変の検出に優れる.(著者抄録)


Standard steroid treatment for autoimmune pancreatitis
GUT,58(11):1504-1507 2009(Nov.)
Author:Kamisawa, T.; Shimosegawa, T.; Okazaki, K.; Nishino, T.; Watanabe, H.; Kanno, A.; Okumura, F.; Nishikawa, T.; Kobayashi, K.; Ichiya, T.; Takatori, H.; Yamakita, K.; Kubota, K.; Hamano, H.; Okamura, K.; Hirano, K.; Ito, T.; Ko, S. B. H.; Omata, M.


Long-term follow-up of autoimmune pancreatitis : characteristics of chronic disease and recurrence
CLINICAL GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,7(11):S18-S22 2009(Nov.)
Author:KAWA S,Hamano Hideaki,Ozaki Yayoi,Ito Tetsuya,Kodama Ryou,Chou Yoshimi,Takayama Mari,Arakura Norikazu
Abstract:Autoimmune pancreatitis is a unique disease, characterized by lymphoplasmacytic inflammation in the acute stages. However, the active clinical features are unlikely to persist for long periods. Through long-term follow-up, we investigated the disease course in 51 patients with autoimmune pancreatitis. We found recurrence in 21 (41%) patients and pancreatic stone formation in 9 (18%) patients. Pancreatic stone formation was significantly more frequent in the recurrence group (7/21, 33%), compared with the nonrecurrence group (2/30, 7%). Moreover, we found high serum immunoglobulin G4 concentrations in 13 of 175 (7.4%) patients with ordinary chronic pancreatitis. This suggested that pancreatic stone formation is closely associated with recurrence and that autoimmune pancreatitis might transform into ordinary chronic pancreatitis after several recurrences. We found that the immune complex level, with a cutoff value of 10 mu g/dL, served as a good predictor of recurrence, with high sensitivity (61.9%), specificity (70.0%), and efficacy (66.7%). We also confirmed that HLA and cytotoxic T-lymphocyte antigen-4 polymorphisms were useful predictors for AIP recurrence.


自己免疫性膵炎の気道病変とsarcoidosisとの比較
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,29(サプリメント号):41 2009(Oct.)


診断の指針 治療の指針 わが国における自己免疫性膵炎の実態
綜合臨床,58(10):2143-2144 2009(Oct.)
Author:川茂幸, 浜野英明


【自己免疫関連性胆管炎をめぐって】 自己免疫関連性胆管炎の臨床像 原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎について
胆と膵,30(10):1283-1287 2009(Oct.)
Author:浜野英明, 新倉則和, 高山真理, 尾崎弥生, 児玉亮, 張淑美, 丸山雅史, 伊藤哲也, 田中榮史, 川茂幸
Abstract:原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎がようやく異なる疾患であるとの認識が得られつつある。しかし自己免疫性膵炎の疾患概念は世界的にいまだ統一されていない。臨床的に重要なことは、自己免疫性膵炎に典型的な膵病変を有しないIgG4関連硬化性胆管炎が存在し、肝門部胆管癌との鑑別に難渋することが多いことである。(著者抄録)


【十二指腸隆起性病変をみたら】 十二指腸隆起性病変アトラス IgG4関連十二指腸乳頭炎
消化器内視鏡,21(10):1594-1595 2009(Oct.)
Author:浜野英明, 高山真理, 尾崎弥生, 新倉則和, 海野洋


Autoimmune Pancreatitis
The Official journal of Japanese Society of Laboratory Medicine,57(9):854-860 2009(Sep.)
Author:HAMANO Hideaki


自己免疫性膵炎関連疾患の病因病態 自己免疫性膵炎の免疫遺伝学的背景とIgG4のリウマトイド因子活性の検討
日本消化器病学会雑誌,106(臨増大会):A739 2009(Sep.)


先端フード装着内視鏡にて術前診断が可能であった虫垂癌の一例
Gastroenterological Endoscopy,51(Suppl.2):2282 2009(Sep.)


肝門部悪性胆道狭窄に対するステンティングの現状と工夫 肝門部悪性胆道狭窄に対するMetallic stent留置方法の検討
Gastroenterological Endoscopy,51(Suppl.2):2081 2009(Sep.)


注目される新しい病態・疾患概念と臨床検査 消化器系疾患編 自己免疫性膵炎
臨床病理,57(9):854-860 2009(Sep.)
Author:浜野英明
Abstract:自己免疫性膵炎(AIP)の病態、疾患概念と臨床検査について述べた。AIPの歴史、日本の川口研治によって初めて明らかにされたAIPの病理組織学的特徴、AIP例における血清IgG4の有意な上昇とIgGサブクラス免疫染色によるIgG4陽性形質細胞の検出、AIPとMikulicz病及びシェーグレン症候群との関連性、AIPに伴う硬化性胆管炎、IgG4関連硬化性胆管炎、更に日本のAIP臨床診断基準とMayoクリニックの診断基準(HISORt criteria)、及び自己免疫性膵炎に伴う多彩な膵外疾患(肺門、腎、後腹膜病変)について述べた。


Association analysis of Toll-like receptor 4 polymorphisms with autoimmune pancreatitis
HUMAN IMMUNOLOGY,70(9):742-746 2009(Sep.)
Author:Umemura, Takeji; Katsuyama, Yoshihiko; Hamano, Hideaki; Kitahara, Kei; Takayama, Mari; Arakura, Norikazu; Kawa, Shigeyuki; Tanaka, Eiji; Ota, Masao


悪性胆管狭窄に対する胆道ドレナージの新展開 肝門部悪性胆道狭窄に対する内視鏡的胆管ステンティング(EBS)におけるステント素材、ステント留置方法、留置時期の検討
胆道,23(3):381 2009(Aug.)


Pulmonary involvement of autoimmune pancreatitis
EUROPEAN JOURNAL OF CLINICAL INVESTIGATION,39(8):714-722 2009(Aug.)
Author:Tsushima, K.; Tanabe, T.; Yamamoto, H.; Koizumi, T.; Kawa, S.; Hamano, H.; Honda, T.; Uehara, T.; Kawakami, S.; Kubo, K.


【自己免疫性肝炎2009】 IgG4関連自己免疫性肝炎
肝・胆・膵,59(1):93-99 2009(Jul.)
Author:梅村武司, 浜野英明, 一條哲也, 吉澤要, 田中榮司


Efficacy of preoperative endoscopic nasobiliary drainage for hilar cholangiocarcinoma
JOURNAL OF HEPATO-BILIARY-PANCREATIC SURGERY,16(4):473-477 2009(Jul.)
Author:Arakura N, Takayama M, Ozaki Y, Maruyama M, Chou Y, Kodama R, Ochi Y, HamanoH, Nakata T, Kajikawa S, Tanaka E, Kawa S


悪性胆道狭窄に対し超音波内視鏡ガイド下経十二指腸的胆管ドレナージ術(EUS-BD)を施行した1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,25(1):83 2009(Jun.)


【胆膵診療における薬物療法のすべて 予防的投与から治療まで】 自己免疫性膵炎の薬物療法
胆と膵,30(6):619-623 2009(Jun.)
Author:川茂幸, 児玉亮, 張淑美, 尾崎弥生, 高山真理, 浜野英明, 新倉則和
Abstract:厚生労働省難治性膵疾患調査研究班は、自己免疫性膵炎の治療方法を調査し、治療に関するコンセンサスを提示した。経口プレドニゾロン投与が治療の基本である。寛解導入には経口プレドニゾロン30~40mg/日から投与を開始し、2~4週間投与した後、臨床徴候の改善をみながら、2~3ヵ月を目安に維持量まで減量する。6~12ヵ月間程度維持療法を施行し、臨床徴候の改善をみて中止し、再燃を念頭において経過観察を行う。経口ステロイド剤投与で下部胆管狭窄などに対して充分な効果が得られない場合、手術などが予定されていて長期のステロイド経口投与が困難な場合、患者が長期のステロイド内服を拒否する場合、ステロイド・ミニパルス療法が有効な場合がある。難治例に対する免疫抑制剤の使用は、今後の検討課題である。(著者抄録)


自己免疫性膵炎・IgG4関連疾患について 内科医の立場から
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,25(1):1-6 2009(Jun.)
Author:浜野英明
Abstract:自己免疫性膵炎は血清IgG4高値とIgG4陽性形質細胞の多数浸潤を特徴に有する。涙腺唾液腺病変や硬化性胆管炎など多彩な膵外病変を認め、シェーグレン症候群や原発性硬化性胆管炎などの疾患との鑑別が重要である。(著者抄録)


悪性十二指腸狭窄に対する十二指腸ステントの偶発症及び術後経過
Gastroenterological Endoscopy,51(Suppl.1):880 2009(Apr.)


十二指腸副乳頭切開術に伴う偶発症及び術後経過
Gastroenterological Endoscopy,51(Suppl.1):851 2009(Apr.)


総胆管結石に対する内視鏡的胆管ステント留置術の有用性と問題点
Gastroenterological Endoscopy,51(Suppl.1):842 2009(Apr.)


【膵炎のマネジメント 急性膵炎・慢性膵炎・自己免疫性膵炎】 膵炎をどう治療するか 自己免疫性膵炎のマネジメントのポイントは? 自己免疫性膵炎患者の維持療法は? 再燃をどのように予測し,治療するのか?
Medicina,46(3):466-469 2009(Mar.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 新倉則和
Abstract:<ポイント>●経口プレドニゾロンによる初期投与後,維持量まで時間をかけてゆっくり漸減する.●初期投与後は維持投与施行が望ましい.●IgG,IgG4,補体の血清値変化などで活動性を評価しながら継続する.●IgG4の定期的測定が再燃予測に最も有用であるが,現状ではIgGで代用する.(著者抄録)


Central airway stenosis in a patient with autoimmune pancreatitis
EUROPEAN RESPIRATORY JOURNAL,33(3):680-683 2009(Mar.)
Author:Ito, M.; Yasuo, M.; Yamamoto, H.; Tsushima, K.; Tanabe, T.; Yokoyama, T.; Hamano, H.; Kawa, S.; Uehara, T.; Honda, T.; Kawakami, S.; Kubo, K.


Missed appendiceal adenocarcinoma diagnosed preoperatively by endoscopy with an attached transparent hood
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,69(3):761-762 2009(Mar.)
Author:Shinji, Akihiro; Mukawa, Kenji; Nokubi, Motonari; Ohta, Hiroshi; Mochizuki, Taro; Okiyama, Wataru; Yamamura, Nobuyoshi; Oguchi, Hisao; Nakamura, Toshitsugu; Hamano, Hideaki


【臓器線維症 IgG4関連硬化性疾患を中心に】 IgG4関連硬化性疾患 肝胆病変
病理と臨床,27(1):31-34 2009(Jan.)
Author:上原剛, 浜野英明, 太田浩良


【臓器線維症 IgG4関連硬化性疾患を中心に】 IgG4関連硬化性疾患の臨床
病理と臨床,27(1):10-16 2009(Jan.)
Author:浜野英明


Abscess of the Round Ligament of the Liver Associated with Acute Obstructive Cholangitis and Septic Thrombosis
INTERNAL MEDICINE,48(21):1885-1888 2009
Author:Arakura N, Ozaki Y, Yamazaki S, Ueda K, Maruyama M, Chou Y, Kodama R, Takayama M, Hamano H Tanaka E, Kawa S


Pancreaticobiliary Fistula Evident after ESWL Treatment of Pancreatolithiasis
INTERNAL MEDICINE,48(7):545-549 2009
Author:Arakura Norikazu,Ozaki Yayoi,Maruyama Masafumi,Chou Yoshimi,Kodama Ryou,Takayama Mari,Hamano Hideaki,Tanaka Eiji,Kawa Shigeyuki
Abstract:Here we report a patient with a pancreaticobiliary fistula that was possibly associated with pancreatolithiasis. He was admitted due to mild pancreatitis. Pancreatolithiasis was revealed in the parenchyma of the head region and in the main pancreatic duct of the pancreas body with distal dilatation. Extracorporeal shock wave lithotripsy (ESWL) effectively eliminated the pancreatic stones; however, an apparent internal fistula from the middle portion of the common bile duct (CBD) to the main pancreatic duct was revealed where the parenchymal stones had been located. The patient was considered to be in the same condition as pancreato-biliary malunion without CBD dilatation, and was treated with laparoscopic cholecystectomy.


当科における腸管術後症例に対する処置用ダブルバルーン小腸内視鏡を用いたERCPの経験
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,24(2):139 2008(Nov.)


【自己免疫性疾患における画像診断 IgG4関連疾患およびCNSループスについて】 自己免疫性膵炎の画像診断
日独医報,53(3-4):338-346 2008(Oct.)
Author:藤永康成, 角谷眞澄, 上田和彦, 黒住昌弘, 川茂幸, 浜野英明


【自己免疫性疾患における画像診断 IgG4関連疾患およびCNSループスについて】 IgG4関連疾患 各疾患の歴史的変遷とその概要
日独医報,53(3-4):317-325 2008(Oct.)
Author:浜野英明


CLINICAL SIGNIFICANCE OF IMMUNOGLOBULIN G4-ASSOCIATED AUTOIMMUNE HEPATITIS IN JAPAN
HEPATOLOGY,48(4):1090A 2008(Oct.)
Author:Umemuro, Takeji; Zen, Yoh; Hamano, Hideaki; Ichijo, Tetsuyo; Yoshizawa, Kaname; Ota, Msao; Kawa, Shigeyuki; Nakanuma, Yasuni; Kiyosawa, Kendo; Tanaka, Eiji


硬化性胆管病変の診断と治療 原発性硬化性胆管炎、自己免疫性膵炎関連硬化性胆管炎、肝門部胆管癌の鑑別に関する検討
日本消化器病学会雑誌,105(臨増大会):A564 2008(Sep.)


自己免疫性膵炎の診断・治療 ステロイド投与の意義 自己免疫性膵炎のステロイド治療適応基準と再燃増悪ハイリスク群の検討
日本消化器病学会雑誌,105(臨増大会):A490 2008(Sep.)


自己免疫性膵炎・胆管炎診療に果たす内視鏡の役割り 自己免疫性膵炎診断におけるERC、胆管IDUS、胆管生検・IgG4免疫染色の有用性 胆管生検のコツ
Gastroenterological Endoscopy,50(Suppl.2):2206 2008(Sep.)


肝内&肝門部胆管癌の診断と治療 直面する問題を如何に克服すべきか 肝門部胆管癌における効率的な診断治療体系を目指して
Gastroenterological Endoscopy,50(Suppl.2):2168 2008(Sep.)


IgG4関連自己免疫疾患に伴うリンパ節腫脹が考えられた1症例
臨床血液,49(9):1046 2008(Sep.)


胆道へのアプローチ困難例に対する工夫 選択的胆管挿管困難例におけるpapillotomeを用いたprecut法と膵管guidewire法の安全性と有用性について
胆道,22(3):367 2008(Aug.)


自己免疫関連性胆管炎の病態と治療 原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎の臨床病理学的特徴とIgG4関連硬化性胆管炎の臨床像の検討
胆道,22(3):358 2008(Aug.)


【膵炎診療をめぐる最近の動向 ガイドライン、診断基準を含めて】 自己免疫性膵炎と膵外病変 病因と疾患概念
臨床消化器内科,23(10):1467-1473 2008(Aug.)
Author:浜野英明, 新倉則和, 高山真理, 上原剛, 川茂幸, 田中榮司
Abstract:自己免疫性膵炎(AIP)は血清IgG4高値とリンパ球や形質細胞の多数浸潤を認める硬化性膵炎(LPSP)とIgG4陽性形質細胞の多数浸潤を病理学的特徴に有する特殊な慢性膵炎である.これまで涙腺・唾液腺,胆管,肺門リンパ節,後腹膜,前立腺など多彩な膵外病変が報告されてきた.このため,AIPは全身の炎症性疾患として認識すべきかもしれない.(著者抄録)


Serological markers for the diagnosis of autoimmune pancreatitis
PANCREAS,37(1):117 2008(Jul.)
Author:Kawa, Shigeyuki; Hamano, Hideaki


下垂体・涙唾液腺・肺・腎・後腹膜・前立腺・リンパ節と多発病変を伴う自己免疫性膵炎
膵臓,23(3):419 2008(Jun.)


肝門部胆管癌に対する術前内視鏡的胆道ドレナージ術の有用性
Gastroenterological Endoscopy,50(Suppl.1):857 2008(Apr.)


胆管造影困難例におけるpre-cut法と膵管guide wire法の安全性と有用性について ERCP後膵炎を中心に
Gastroenterological Endoscopy,50(Suppl.1):819 2008(Apr.)


自己免疫性肝疾患研究に創流を求めて IgG4関連硬化性胆管炎(IgG4-related sclerosing cholangitis)
肝臓,49(Suppl.1):A19 2008(Apr.)


自己免疫性肝胆膵疾患の胆管病変をめぐって 原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎の血清学的鑑別、並びにIgG4関連硬化性胆管炎の臨床病理学的検討
日本消化器病学会雑誌,105(臨増総会):A161 2008(Mar.)


自己免疫性膵炎に関連する前立腺炎の検討
日本病理学会会誌,97(1):346 2008(Mar.)


Association of autoimmune pancreatitis with cytotoxic t-lymphocyte antigen 4 gene polymorphisms in Japanese patients
AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,103(3):588-594 2008(Mar.)
Author:UMEMURA T,Ota M,Hamano H,Katsuyama Y,Muraki T,Arakura N,Kawa S,Kiyosawa K


【自己免疫性膵炎の最近の進展】 自己免疫性膵炎の自然経過(再発と膵石形成)と膵外病変
肝・胆・膵,56(2):293-299 2008(Feb.)
Author:川茂幸, 北原桂, 浜野英明, 高山真理, 新倉則和


【自己免疫性膵炎の最近の進展】 AIPの診断におけるIgG4の有用性と限界
肝・胆・膵,56(2):179-185 2008(Feb.)
Author:浜野英明, 新倉則和, 高山真理, 尾崎弥生, 児玉亮, 張淑美, 川茂幸, 田中榮司


A Novel Immunoglobulin-Immunoglobulin Interaction in Autoimmunity
PLOS ONE,3(2):e1637 2008(Feb.)
Author:Kawa S, Kitahara K, Hamano H, et al.


Autoimmune pancreatitis-associated prostatitis: Distinct clinicopathological entity
PATHOLOGY INTERNATIONAL,58(2):118-125 2008(Feb.)
Author:Uehara, Takeshi; Hamano, Hideaki; Kawakami, Masako; Koyama, Masamichi; Kawa, Shigeyuki; Sano, Kenji; Honda, Takayuki; Oki, Keiko; Ota, Hiroyoshi


【胆道狭窄に対するステンティングの標準化】 肝門部悪性胆道狭窄に対する内視鏡的胆道ドレナージ方法
消化器科,46(1):110-116 2008(Jan.)


A distinct clinicopathological entity - Autoimmune pancreatitis associated prostatitis
MODERN PATHOLOGY,21:186A 2008(Jan.)
Author:Uehara, T.; Hamano, H.; Kawakami, M.; Koyama, M.; Kama, S.; Sano, K.; Honda, T.; Oki, K.; Ota, H.


Mediastinal Seminoma in a Patient with Multiple Endocrine Neoplasia Type 1
INTERNAL MEDICINE,47(18):1615-1619 2008
Author:Tanabe Tsuyoshi,Yasuo Masanori,Tsushima Kenji,Urushihata Kazuhisa,Yamamoto Hiroshi,Hanaoka Masayuki,Koizumi Tomonobu,Fujimoto Keisaku,Yamazaki Yoshitaka,Hirose Yoshiki,Hamano Hideaki,Sakurai Akihiro,Kubo Keishi
Abstract:A patient with multiple endocrine neoplasia type 1 (MEN1) developed a mediastinal seminoma. The patient was a 46-year-old man who presented with respiratory symptoms. A diagnosis of mediastinal seminoma was pathologically confirmed and a complete remission was achieved by chemotherapy. During his hospital stay, hyperparathyroidism and multiple pancreatic tumors associated with hypergastrinemia were found. A diagnosis of MEN1 was made genetically. Although patients with MEN1 manifest a variety of neoplastic disorders, no cases of concurrent seminoma and MEN1 have previously been reported. In addition, no etiological relationship between seminoma and MEN1 has yet been reported.


Small Cell Carcinoma of the Extrahepatic Bile Duct Diagnosed with EUS-FNA and Effectively Treated with Chemoradiation
INTERNAL MEDICINE,47(7):621-625 2008
Author:Arakura Norikazu,Muraki Takashi,Komatsu Kenichi,Ozaki Yayoi,Hamano Hideaki,Tanaka Eiji,Kawa Shigeyuki
Abstract:Small cell carcinoma of the bile duct system is extremely rare, and surgical procedures have been complicated by early hematogenous dissemination. In this study, we report a patient with small cell carcinoma of the bile duct system presenting with jaundice. The diagnosis was made early by endoscopic ultrasonography-guided fine needle aspiration biopsy (EUS-FNA). We performed radiation therapy of a total of 30 Gy, resulting in a marked decrease of serum neuron specific enolase levels and amelioration of jaundice, which had been resistant to drainage procedures. The patient was then treated with combined chemotherapy of cisplatin and CPT-11, which resulted in the disappearance of the tumor mass by image tests.


Differentiation of autoimmune pancreatitis from suspected pancreatic cancer by fluorine-18 fluorodeoxyglucose positron emission tomography
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,43(2):144-151 2008
Author:Ozaki, Yayoi; Oguchi, Kazuhiro; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Muraki, Takashi; Kiyosawa, Kenio; Momose, Mitsuhiro; Kadoya, Masumi; Miyata, Kazunobu; Aizawa, Takao; Kawa, Shigeyuki


【自己免疫性膵炎 最前線】 自己免疫性膵炎臨床診断基準2006の解説 血清学的診断
膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society,22(6):641-645 2007(Dec.)
Author:川 茂幸,浜野 英明
Abstract:「自己免疫性膵炎臨床診断基準2006」に血清IgG4が血清学的診断項目として採用された。IgG4の本疾患に対する感度は80%程度、膵癌を対象とした特異度は98%と非常に高い。しかし、IgG4陽性膵癌例も存在し疾患特異的ではない。IgGは感度70%、特異度75%であった。非特異的自己抗体、抗核抗体、リューマチ因子の陽性率はそれぞれ60%、20%~30%程度であるが、疾患特異的自己抗体、抗SS-A抗体、抗SS-B抗体、抗ミトコンドリア抗体はほとんど陽性となることはなかった。各血清マーカーの同一検体による比較検討ではIgG4の診断能が最も優れていた。抗核抗体、リューマチ因子を追加測定することにより診断能はさらに向上したが、IgGを追加しても向上を認めなかった。しかしIgG4が保険適応されていない現状ではIgGが測定される機会が多く、抗核抗体、リューマチ因子を追加測定することが現実的と考えられる。(著者抄録)


【自己免疫性膵炎の新しい臨床診断基準2006をめぐって】 自己免疫性膵炎の血液生化学的診断
胆と膵,28(11):945-950 2007(Nov.)
Author:川茂幸, 浜野英明
Abstract:「日本膵臓学会自己免疫性膵炎診断基準2002年」以後血清IgG4の有用性が広く認められ、これを含んだ改訂版「自己免疫性膵炎臨床診断基準2006」が作成された。IgG4の本疾患に対する診断能は種々の検討で、感度は80%程度、膵癌を対象とした特異度は98%と良好である。しかし、IgG4陽性膵癌例も存在し疾患特異的ではない。IgGは感度70%、特異度75%であった。非特異的自己抗体、抗核抗体、リューマチ因子の陽性率はそれぞれ60%、20~30%程度であるが、疾患特異的自己抗体、抗SS-A抗体、抗SS-B抗体、抗ミトコンドリア抗体はほとんど陽性となることはなかった。各血清マーカーの同一検体による比較検討ではIgG4の診断能が最も優れており、抗核抗体、リューマチ因子を同時測定することによりさらに向上した。IgGについても抗核抗体、リューマチ因子を同時測定すると診断能が向上した。IgG4が保険適応されていない現状ではIgG測定が一般的であり、これに抗核抗体、リューマチ因子を同時測定することが現実的と考えられる。(著者抄録)


Autoimmune pancreatitis and complement activation system
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,22:A246 2007(Oct.)
Author:Hamano, Hideaki; Kitahara, Kei; Ozaki, Yayoi; Muraki, Takashi; Takayama, Mari; Arakura, Norikazu; Yoshizawa, Kaname; Kawa, Shigeyuki


IgG4 associated autoimmune hepatitis: adifferential diagnosis for classical autoimmune hepatitis
GUT,56(10):1471-1472 2007(Oct.)
Author:Umemura T, Zen Y, Hamano H, et al.


【自己免疫性膵炎】 自己免疫性膵炎の免疫遺伝学的解析
BIO Clinica,22(11):963-967 2007(Oct.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 梅村武司, 太田正穂
Abstract:自己免疫性膵炎は多因子性遺伝子疾患と考えられ、発症には複数の疾患感受性遺伝子の関与が考えられる。HLA領域ではDRB1*0405とDQB1*0401が有意に高頻度で認められ、これらのHLA分子が何らかのペプチド抗原をT細胞に呈示して発症の引き金になることが予想される。その他、ABCF1(ATP-binding cassette,sub-family F)遺伝子の異常、FCRL3(Fc receptor-like 3)遺伝子のプロモータ領域の多型、CTLA4(cytotoxic T lymphocyte antigen 4)遺伝子も自己免疫性膵炎の発症に関与をしている可能性がある。(著者抄録)


Autoimmune pancreatitis - clinicopathological features and differentiation from pancreatic cancer
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,22:A106 2007(Oct.)
Author:Kawa, Shigeyuki; Hamano, Hideaki


Extra-pancreatic lesions and long-term prognosis of autoimmune pancreatitis
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY,22:A106 2007(Oct.)
Author:Kawa, Shigeyuki; Hamano, Hideaki


Sclerosing cholangitis associated with autoimmune pancreatitis
HEPATOLOGY RESEARCH,37:S487-S495 2007(Oct.)
Author:Kawa, Shigeyuki; Hamano, Hideaki; Umemura, Takeji; Kiyosawa, Kendo; Uehara, Takeshi


【膵炎 病態と治療指針】 自己免疫性膵炎 自己免疫性膵炎におけるIgG4と補体系の役割
最新医学,62(9):1919-1924 2007(Sep.)
Author:川 茂幸,浜野 英明,村木 崇
Abstract:自己免疫性膵炎では血清IgG4が特異的,高率に上昇し,病態に関与していると考えられる.また活動期にC3,C4の低下例を36%に認め,補体活性化の関与も考えられる.補体活性化機序については,C4の低下も認めるので副経路の関与は考えにくく,またマンノース結合レクチン経路の関与は否定的であった.C1q法で測定した免疫複合体高値群と正常群を比較すると,高値群で血清IgG1値が有意に高く,C4値が有意に低く,C3値が低値の傾向を認めた.IgG4はC1qと結合性がないので補体活性化経路にIgG4の直接的な関与は否定的で,むしろIgG1による古典的経路の関与が考えられた.(著者抄録)


術前診断可能であった胆管原発小細胞癌の3例
胆道,21(3):442 2007(Aug.)


Immunoglobin G4-hepatopathy: Association of immunoglobin G4-bearing plasma cells in liver with autoimmune pancreatitis
HEPATOLOGY,46(2):463-471 2007(Aug.)
Author:Umemura, Takeji; Zen, Yoh; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigevuki; Nakanuma, Yasuni; Kiyosawa, Kendo


Pathological evaluation of advanced pancreaticcancer after genicitabine treatment
PANCREAS,35(1):85 2007(Jul.)
Author:Ozaki, Yayoi; Inoue, Katsuaki; Muraki, Takashi; Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Ochi, Yasuhide; Kawa, Shigeyuki; Kiyosawa, Kendou; Miyagawa, Shinichi; Sano, Kenji


IgG4関連前立腺炎と多彩な肺病変を合併し、ステロイド治療が著効した自己免疫性膵炎の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,23(1):93 2007(Jun.)


骨髄中にMott cellを認め再発を繰り返したMALT lymphomaの1例
日本検査血液学会雑誌,8(学術集会):S62 2007(Jun.)


Clinical features of autoimmune pancreatitis
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,42(18):9-14 2007(May)
Author:KAWA SHIGEYUKI,HAMANO HIDEAKI


慢性膵炎関連遺伝子のゲノムワイド検索
膵臓,22(3):323 2007(May)


膵癌に随伴する組織学的変化は、自己免疫性膵炎に類似していることがある
膵臓,22(3):316 2007(May)


自己免疫性膵炎の長期予後 自己免疫性膵炎51症例の長期予後の検討
膵臓,22(3):265 2007(May)


Inflammatory lesions of the lung, submandibular gland, bile duct and prostate in a patient with IgG4-associated multifocal systemic fibrosclerosis
RESPIROLOGY,12(3):455-457 2007(May)
Author:Hamed G, Tsushima K, Yasuo M, Kubo K, Yamazaki S, Kawa S, Hamano H, Yamamoto H


【非切除悪性胆道閉塞に対するステンティング 病態に応じた治療戦略を考える】 肝門部胆管閉塞例に対するステンティング 長期開存を目指した挿入法の工夫
胆と膵,28(4):259-265 2007(Apr.)
Author:越知泰英, 長谷部修, 新倉則和, 立岩伸之, 丸山雅史, 児玉亮, 尾崎弥生, 村木崇, 高山真理, 浜野英明
Abstract:肝門部胆管閉塞例では複数の胆管枝に閉塞が及ぶため、最適なステンティングのためには事前に部位と方法を検討する必要がある。当施設では拡大半肝切除を根治切除の標準術式としているため、初診時より各種画像診断にて暫定的な手術適応や術式を検討し、初期減黄は残肝のみの片葉ドレナージを基本にしている。非切除例でのステンティングもこの方針を踏襲し、初期減黄を行った部位への留置を基本にしている。ステントに関してはチューブステント(TS)とメタリックステント(MS)とがあり、両者の治療成績を比較した。MS留置例の方が、早期偶発症が少なくステント開存期間は長く、生存期間には差がなかったが死亡時までステントトラブルを認めない例が多かった。なお、片葉ステンティング例と両葉ステンティング例の治療成績の比較では両者に差を認めなかった。初期減黄が有効であった部位にMSを用いた片葉ステンティングを基本とするのが妥当と考えられたが、手術適応や併用療法の有無は施設により異なるため、今後は統一された治療方針や条件の下での共同研究を行うことが望ましい。(著者抄録)


Igg4-hepatopathy: Association of Igg4-bearing plasma cells in liver with autoimmune pancreatitis
GASTROENTEROLOGY,132(4):A45-A46 2007(Apr.)
Author:Umemura, Takeji; Zen, Yoh; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki; Nakanuma, Yasuni; Kiyosawa, Kendo


Association of autoimmune pancreatitis with cytotoxic T-lymphocyte antigen 4 gene polymorphism in Japanese patients
GASTROENTEROLOGY,132(4):A464 2007(Apr.)
Author:Umemura, Takeji; Ota, Masao; Hamano, Hideaki; Katsuyama, Yoshihko; Muraki, Takashi; Arakura, Norikazu.; Kawa, Shigeyuki; Kiyosawa, Kendo


FDG-PETによる自己免疫性膵炎と膵癌の鑑別について
日本消化器病学会雑誌,104(臨増総会):A117 2007(Mar.)


【身近にある胆・膵疾患】 自己免疫性膵炎
診断と治療,95(3):467-471 2007(Mar.)
Author:川 茂幸,浜野 英明


Pancreatic ductal carcinoma-associated changes may histologically simulate autoimmune pancreatitis
MODERN PATHOLOGY,20:289A-289A 2007(Mar.)
Author:Notohara, K.; Kojima, M.; Ban, S.; Hamano, H.; Uehara, T.; Fujisawa, M.; Nose, S.; Omonishi, K.; Wani, Y.; Tsukayama, C.; Shimizu, M.


IgG4-related sclerosing cholangitis should be included as an exclusion criterion for the diagnosis of primary sclerosing cholangitis
AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,102(3):691-692 2007(Mar.)
Author:Hamano, Hideaki; Umemura, Takeji; Uehara, Takeshi; Kawa, Shigeyuki; Kiyosawa, Kendo


FDG-PETによる自己免疫性と膵癌との鑑別診断
日本医学放射線学会学術集会抄録集,66回:S356 2007(Feb.)


【自己免疫性膵炎(AIP)の胆管病変と原発性硬化性胆管炎(PSC)】 病態 膵病変を有さないIgG4関連硬化性胆管炎
肝・胆・膵,54(2):193-197 2007(Feb.)
Author:浜野英明, 上原剛, 藤永康成, 上田和彦, 新倉則和, 村木崇, 尾崎弥生, 川茂幸, 角谷眞澄, 清澤研道


【硬化性胆管病変の診断と問題点】 原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎の血清学的、病理組織学的鑑別
消化器科,44(2):218-221 2007(Feb.)
Author:浜野英明, 上原剛, 川茂幸, 新倉則和, 村木崇, 尾崎弥生, 清澤研道


IgG4高値を示したMulticentric Castleman's diseaseの1例
信州医学雑誌,55(1):50-51 2007(Feb.)


IgG4-associated multifocal systemic fibrosis presenting with fever of unknown origin
QJM-AN INTERNATIONAL JOURNAL OF MEDICINE,100(2):141-142 2007(Feb.)
Author:Tsushima, K.; Kubo, K.; Kawa, S.; Hamano, H.


Seronegative Sjogren syndrome with asymptomatic autoimmune sclerosing pancreatitis
CLINICAL RHEUMATOLOGY,26(1):117-119 2007(Jan.)
Author:Matsuda, Masayuki; Hamano, Hideaki; Yoshida, Takuhiro; Gono, Takahisa; Uehara, Takeshi; Kawa, Shigeyuki; Ikeda, Shu-ichi


Two critical genes (HLA-DRB1 and ABCF1) in the HLA region are associated with the susceptibility to autoimmune pancreatitis
IMMUNOGENETICS,59(1):45-52 2007(Jan.)
Author:Ota, Masao; Katsuyama, Yoshihiko; Hamano, Hideaki; Umemura, Takeji; Kimura, Akinori; Yoshizawa, Kaname; Kiyosawa, Kendo; Fukushima, Hirofumi; Bahram, Seiamak; Inoko, Hidetoshi; Kawa, Shigeyuki


IgG4-related Autoimmune Prostatitis: Two Cases with or without Autoimmune Pancreatitis
INTERNAL MEDICINE,46(24):1983-1990 2007
Author:Nishimori Isao,Kohsaki Takuhiro,Onishi Saburo,Shuin Taro,Kohsaki Shino,Ogawa Yasuhiro,Matsumoto Manabu,Hiroi Makoto,Hamano Hideaki,Kawa Shigeyuki
Abstract:Recently, autoimmune pancreatitis (AIP) has been reported with a variety of extra-pancreatic manifestations and infiltration of IgG4-positive cells into the affected organs. We report herein two cases with prostatitis. One was seen in a patient with typical AIP, and the other was observed without any clinical manifestation of AIP. Serum IgG4 levels were elevated in both cases. Histological examination of the prostates showed that parenchymal cells were partially or totally replaced with fibrosis and abundant infiltration of IgG4-positive cells. Significant uptake of [18F]fluorodeoxyglucose by the prostate was seen in both cases. In the case with AIP, the uptake completely disappeared after steroid therapy. The findings observed in these cases suggest that the pathological mechanism for prostatitis is similar to the mechanism previously implicated in AIP, namely IgG4-related autoimmune prostatitis.


妊娠21週時に劇症1型糖尿病を発症し重症急性膵炎を合併した1例
信州医学雑誌,54(6):395-399 2006(Dec.)
Author:丸山雅史, 小松健一, 浜野英明, 越知泰英, 宮林秀晴, 青木雄次, 吉澤要, 川茂幸, 清澤研道
Abstract:30歳女。妊娠20週に口渇・多尿・嘔吐が出現し緊急入院となり、胎児死亡が確認された。児は娩出され、以後経過観察されていたが、妊娠21週に意識混迷状態となり、諸検査にて急性膵炎、糖尿病性ケトアシドーシス、膵の腫大、膵周囲の液体貯留を認め転院となった。血液検査では白血球数上昇と血小板減少を認め、生化学検査では肝・腎機能障害、膵外分泌酵素の著明な上昇、高ナトリウム血症と低カリウム血症を認めた。X線では左肺野に胸水貯留を認め、CTでは膵頭部腫大や辺縁の不明瞭化、膵周囲の侵出液を認め、grade 4の急性膵炎像を呈した。重症急性膵炎および汎発性血管内凝固症候群と診断し、メシル酸ナファモスタットとウリナスタチンを投与した。著明な高血糖にも関わらず、HbA1cは軽度上昇、血中CRPは極低値とインスリンが枯渇していた。自己抗体陰性、眼底所見は正常で、劇症I型糖尿病と考えられた。インスリンによる血糖のコントロール、リン酸二カリウムによる低カリウム血症の補正、大量輸液により意識は改善し、その後は強化インスリン療法導入し軽快退院となった。第16病日のCTで膵腫大の著明な改善を認めた。


Prevalence and distribution of extrapancreatic lesions complicating autoimmune pancreatitis
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,41(12):1197-1205 2006(Dec.)
Author:Hamano, Hideaki; Arakura, Norikazu; Muraki, Takashi; Ozaki, Yayoi; Kiyosawa, Kendo; Kawa, Shigeyuki


【膵炎 進む病態解明と治療の進歩】 自己免疫性膵炎 自己免疫性膵炎の治療
治療学,40(10):1107-1110 2006(Oct.)
Author:浜野英明, 川茂幸, 新倉則和, 村木崇, 尾崎弥生, 清澤研道


Genetic association of Fc receptor-like 3 polymorphisms with autoimmune pancreatitis in Japanese patients
GUT,55(9):1367-1368 2006(Sep.)
Author:UMEMURA T,Ota M,Hamano H,Katsuyama Y,Kiyosawa K,Kawa S


血清IgG4高値を示したMulticentric Castleman's diseaseの1例
日本医学放射線学会秋季臨床大会抄録集,42回:S501-S502 2006(Sep.)


自己免疫性膵炎におけるFc receptor-like 3(FCRL3)遺伝子多型の臨床的意義の検討
日本消化器病学会雑誌,103(臨増大会):A976 2006(Sep.)


自己免疫性膵炎の新局面 自己免疫性膵炎における補体活性化機序の検討
日本消化器病学会雑誌,103(臨増大会):A676 2006(Sep.)


【自己免疫疾患】 自己免疫性膵炎
BIO Clinica,21(10):896-900 2006(Sep.)
Author:川茂幸, 浜野英明
Abstract:自己免疫性膵炎は,発症に自己免疫学的機序が関与していると考えられ,膵管の不整狭細像,膵腫大,閉塞性黄疸を高率に呈し,ステロイドに良好に反応する.IgG4上昇を約90%に認め,病変局所にIgG4陽性形質細胞の著明な浸潤を認める.IgG4は診断,活動性の指標として有用であるが病因的意義は不明である.自己免疫性膵炎は硬化性唾液腺炎,硬化性胆管炎,後腹膜線維症など多彩な膵外病変の合併を認め,膵外病変組織においてもIgG4陽性形質細胞の著明な浸潤を認め,IgG4関連の全身性疾患が想定されるようになってきた(著者抄録)


HLA領域内における自己免疫性膵炎感受性遺伝子の解析
MHC: Major Histocompatibility Complex,13(2):111 2006(Aug.)


Gemcitabine投与進行膵癌症例の臨床経過と剖検所見の検討
膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society,21(4):346-352 2006(Aug.)
Author:尾崎 弥生,井上 勝朗,村木 崇,浜野 英明,新倉 則和,越知 泰英,川 茂幸,清澤 研道,宮川 眞一,佐野 健司
Abstract:77歳男性.患者は胆石膵炎で前医にて乳頭切開術を受け,その際のCTで膵鈎部に腫瘤が認められたが診断に至らなかった.しかし,その4ヵ月後,肝S7に転移巣,上腸間膜静脈へ浸潤が認められ,膵癌(Stage IVb)と診断された.化学療法目的に著者らの施設へ紹介入院となったが,CT・血管造影では膵頭部腫瘤は軽度増大傾向で,肝S7にリング状の濃染する転移巣がみられ,ERPではSantorini管の途絶を認めた.一方,FDG-PETでは膵頭部腫瘤に一致した集積と肝に集積が確認された.治療としてGemcitabineの投与を行い,数ヵ月間は良好であったが,肝転移巣には無効であり,その後は徐々に全身状態不良となり,全経過9ヵ月で患者は死亡となった.剖検所見では,膵原発巣の約1/3に壊死,空胞化,壊死部にマクロファージの貪食像,一部線維化を認め,Grade 1aの治療効果と診断し,残る2/3と肝転移巣は高分化型管状腺癌で,内部に壊死が認められた


6年間の経時変化を追えた自己免疫性膵胆管炎の一例
膵臓,21(3):285 2006(Jun.)


自己免疫性膵炎関連遺伝子のゲノムワイド検索
膵臓,21(3):228 2006(Jun.)


【非切除肝門部悪性胆管閉塞における胆道ドレナージ up-to-date】 肝門部悪性胆管閉塞に対する内視鏡的胆管ステンティング 片側ドレナージの意義
胆と膵,27(6):367-372 2006(Jun.)
Author:越知泰英, 新倉則和, 浜野英明, 村木崇, 尾崎弥生, 赤松泰次
Abstract:当院では,肝門部悪性胆管閉塞疾患に対する根治切除として拡大半肝切除を標準術式としているため,胆道ドレナージは温存予定肝のみの片葉ドレナージが基本であり,非切除例のステンティングにおいてもそれを踏襲している.今回,片葉ステンティングの妥当性の評価のため,両葉ステンティング施行例と治療成績を比較した.結果は,両群で患者および疾患背景に差を認めず,経過観察中の減黄効果,早期偶発症,ステント開存期間,症例の生存期間,死亡時まで偶発症を認めなかった症例数のいずれも両者で差を認めなかった.これより,非切除例においても一律の両葉ステンティングは不要で,片葉ステンティングでも十分であると考えられた(著者抄録)


自己免疫性膵炎と補体活性化経路
日本消化器病学会雑誌,103(臨増総会):A226 2006(Mar.)


硬化性胆管病変の診断と問題点 原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎の血清学的,病理組織学的鑑別
日本消化器病学会雑誌,103(臨増総会):A037 2006(Mar.)
Author:浜野英明


自己免疫性膵炎における胸部CT所見の検討
日本医学放射線学会学術集会抄録集,65回:S150-S151 2006(Feb.)


Q&A サルコイドーシスが疑われ,2年後に閉塞性黄疸を呈した症例
日本消化器病学会雑誌,103(2):200203 2006(Feb.)


Autoimmune pancreatitis and complement activation system
PANCREAS,32(1):16-21 2006(Jan.)
Author:Muraki, T; Hamano, H; Ochi, Y; Komatsu, K; Komiyama, Y; Arakura, N; Yoshizawa, K; Ota, M; Kawa, S; Kiyosawa, K


IgG4-associated multifocal systemic fibrosis complicating sclerosing sialadenitis, hypophysitis, and retroperitoneal fibrosis, but lacking pancreatic involvement
INTERNAL MEDICINE,45(21):1243-1247 2006
Author:Tanabe, Tsuyoshi; Tsushima, Kenji; Yasuo, Masanori; Urushihata, Kazuhisa; Hanaoka, Masayuki; Koizumi, Tomonobu; Fujimoto, Keisaku; Kubo, Keishi; Uehara, Takeshi; Shigematsu, Satoshi; Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki


Are there any other organs in which autoimmune pancreatitis-associated lesions remain to be identified?
INTERNAL MEDICINE,45(15):883-884 2006
Author:Hamano, Hideaki; Kawa, Shigeyuki


慢性膵炎に合併した膵仮性嚢胞に対する内視鏡的ドレナージ術の成績と長期予後
日本消化器病学会雑誌,102(臨増大会):A863 2005(Sep.)


自己免疫性膵炎とその周辺疾患 病態解明へのアプローチ 自己免疫性膵炎再燃増悪例・膵外病変合併例における疾患活動性マーカーの検討
日本消化器病学会雑誌,102(臨増大会):A501 2005(Sep.)


自己免疫性膵炎における甲状腺機能低下症の合併
日本内分泌学会雑誌,81(2):333 2005(Sep.)


自己免疫性膵炎とその周辺疾患 病態解明へのアプローチ 自己免疫性膵炎 再燃増悪例・膵外病変合併例における疾患活動性マーカーの検討
Gastroenterological Endoscopy,47(Suppl.2):1835 2005(Sep.)


【自己免疫性膵炎】 自己免疫性膵炎の膵外病変
消化器科,41(3):295-300 2005(Sep.)


【自己免疫性膵炎 最近の進歩】 自己免疫性膵炎の発生機序
胆と膵,26(9):729-736 2005(Sep.)
Author:浜野英明, 川茂幸, 越知泰英, 新倉則和, 村木崇, 尾崎弥生, 清澤研道
Abstract:自己免疫性膵炎が新しい疾患群として注目されている.しかし,世界的には多様な病態や病像が報告されており,自己免疫性膵炎という疾患名がheterogeneous diseases(均一の病態ではない疾患群)の総称として使われているのが現状である.Clinical entityとして真に認められるにはこの問題を解決する必要がある.本邦では血清IgG4の上昇と組織学的にIgG4陽性形質細胞の多数浸潤が自己免疫性膵炎の特徴として認識されつつあり,自己免疫性膵炎がIgG4関連全身性(自己免疫)疾患の一病型とも提唱されている.IgG4が病態にどう関与するのかは今後の検討課題だが,自己免疫性膵炎と類似の病像を呈する原発性硬化性胆管炎,シェーグレン症候群などとの鑑別にIgG4は有用である.また欧米を中心に自己免疫性膵炎と呼称される潰瘍性大腸炎に合併する膵病変ではIgG4の上昇を認めないこともわかってきた.現在のheterogeneousな自己免疫性膵炎の疾患概念の整理と統一に向けて,IgG4が一助となる可能性がある(著者抄録)


【体外式超音波検査による胆膵疾患の拾い上げから診断まで このエコー所見を見逃すな】 自己免疫性膵炎
胆と膵,26(8):711-716 2005(Aug.)
Author:村木崇, 尾崎弥生, 浜野英明, 新倉則和, 越知泰英, 川茂幸, 清澤研道, 岡庭信司
Abstract:典型的な自己免疫性膵炎の超音波所見では,膵実質はび漫性に著明に腫大し,著明な低エコーを呈することからsausage-like appearanceと称される.症例によっては腫大した膵実質内に点状高エコーを,膵辺縁に被膜様の低エコー帯を認めることもある.膵管が病変部内に描出される所見(duct penetrating sign)を認めることもあり,膵癌との鑑別に有用である.さらに,自己免疫性膵炎では高頻度に胆管病変を伴い,狭窄部より肝側の拡張胆管においても内側から高低高の三層構造を呈する壁肥厚を認める.これらの所見は自己免疫性膵炎の拾い上げに有用であるが,膵癌を含めた腫瘍性病変の可能性を常に念頭に置く必要がある.したがって,他のmodalityを併用した十分な精密検査を速やかにすすめることが重要である(著者抄録)


Distinct clinicopathological entity'autoimmune pancreatitis-associated sclerosing cholangitis'
PATHOLOGY INTERNATIONAL,55(7):405-411 2005(Jul. 01)
Author:UEHARA Takeshi,HAMANO Hideaki,KAWA Shigeyuki,SANO Kenji,HONDA Takayuki,OTA Hiroyoshi


Corticosteroid-responsive pancreatic cyst found in autoimmune pancreatitis
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,40(7):761-766 2005(Jul.)
Author:MURAKI TAKASHI,HAMANO HIDEAKI,OCHI YASUHIDE,ARAKURA NORIKAZU,TAKAYAMA MARI,KOMATSU KENICHI,KOMIYAMA YUICHI,KAWA SHIGEYUKI,UEHARA TAKESHI,KIYOSAWA KENDO


Immunoglobulin G4-related lymphoplasmacytic sclerosing cholangitis that mimics infiltrating hilar cholangiocarcinoma: part of a spectrum of autoimmune pancreatitis?
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,62(1):152-157 2005(Jul.)
Author:Hamano, H; Kawa, S; Uehara, T; Ochi, Y; Takayama, M; Komatsu, K; Muraki, T; Umino, J; Kiyosawa, K; Miyagawa, S


High prevalence of hypothyroidism in patients with autoimmune pancreatitis
DIGESTIVE DISEASES AND SCIENCES,50(6):1052-1057 2005(Jun.)
Author:Komatsu K,Hamano H,Ochi Y;,Takayama M,Muraki T,Yoshizawa K,Sakurai A,Ota M,Kawa S


血清IgG4値は正常だが,膵にIgG4陽性形質細胞の著明浸潤を認めた自己免疫性膵炎
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,21(1):91 2005(Jun.)


経肝静脈的肝腫瘍生検が診断に有用だった肝内胆管癌の1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,21(1):88 2005(Jun.)


化学療法が著効した直腸悪性リンパ腫の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,21(1):80 2005(Jun.)


自己免疫性膵炎とMannose-Binding Lectin
膵臓,20(3):251 2005(Jun.)


内視鏡的胆管結石截石処置に続発した胆道出血に対し経カテーテル的動脈塞栓術が有用であった1例
日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy,47(5):1114-1120 2005(May)
Author:三枝 久能,越知 泰英,赤松 泰次,浜野 英明,高山 真理,小松 健一,清澤 研道
Abstract:66歳女.患者は腹部CTにて胆嚢総胆管結石を認め,内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)による結石除去を行った.しかし,膵内胆管上部でバスケット鉗子が嵌頓し除去不能になったため,経鼻胆汁ドレナージ(ENBD)を留置し,一旦処置を終了した.翌日,内視鏡的結石破砕器具(EML)を用いて,バスケット鉗子と共に嵌頓した結石を破砕しようと試みたが,バスケット鉗子のワイヤーが破断し,結石を破砕できなかった.待機的に外科手術を行うこととし,ENBDを再留置して手技を終了した.その後,著明な低蛋白血症と黄疸,肝機能異常を認めた.腹部CTでは右前腎傍腔に気腫を認め,EMLの操作によると考えられる後腹膜穿孔を合併していた.第2回目のTAEを行った.完全に止血が得られ,全身状態は徐々に改善した.その後,腹腔鏡下胆嚢摘出術を行い,以後経過良好で退院した


【原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎の最前線】 自己免疫性膵炎の胆管病変
消化器画像,7(3):353-362 2005(May)
Author:浜野英明, 川茂幸,越知泰英, 新倉則和, 小松健一, 村木崇, 清澤研道


【自己免疫性膵炎の新たな展開】 自己免疫性膵炎の自然経過(再発と膵石形成)
肝・胆・膵,50(4):611-617 2005(Apr.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 越知泰英, 新倉則和, 小松健一, 村木崇, 今井康晴, 長谷部修


自己免疫性消化器疾患の病態と診断と治療の新しい展開 膵外病変に注目した,自己免疫性膵炎の診断能向上に関する検討
日本消化器病学会雑誌,102(臨増総会):A132 2005(Mar.)


【自己免疫性膵炎のトピックス】 自己免疫性膵炎とIgG4
日本消化器病学会雑誌,102(3):296-302 2005(Mar.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 越知泰英, 新倉則和, 小松健一, 村木崇
Abstract:自己免疫性膵炎は当初,特異な膵管像を呈する膵炎として報告され,臨床像の検討より免疫学的機序の関与が推測された.本邦を中心に報告例が集積し,臨床像の詳細が明らかとなってきた.本症の大きな特徴は,病態にIgG4という特殊なIgGサブクラスが関与していることである.約90%の症例で血症IgG4値の上昇を認め,関連する他疾患ではほとんど上昇を認めず,特異性に優れ,診断に有用である.特に膵癌との鑑別に有用である.IgG4はまた疾患活動性を反映しており,病態の把握にも有用である.本症のもう一つの特徴として多彩な膵彩な膵外病変の合併がある.IgG4免疫染色などの病理学的検討により,これらの膵外病変も膵病変と同様の病態が背景に存在することが明らかになってきた(著者抄録)


【胆・膵疾患 日常診療に役立つ基本知識とその活用】 自己免疫性膵炎とIgG4
Medical Practice,22(2):287-289 2005(Feb.)
Author:浜野英明, 川茂幸


【EST困難例の解決策】 乳頭到達困難例 Billroth II法胃切除後
胆と膵,26(1):7-10 2005(Jan.)
Author:村木崇, 小松健一, 浜野英明, 新倉則和, 越知泰英, 清澤研道, 赤松泰次, 宮田和信
Abstract:B-II症例における内視鏡的総胆管結石除去の治療成績と残胃症例の治療成績を比較検討した.B-II症例において十二指腸乳頭部まで挿入可能であったのは73例中63例(86.3%).胆管造影は59例(80.8%)で可能であった.ESTによる結石除去を試みたものは53例であり,45例(84.9%)でESTが成功,43例で(81.8%)で結石除去可能であった.B-II症例における偶発症は計7例(9.6%)に認め,内視鏡挿入時輸入脚穿孔を2例,EST施行例では2例で出血,3例で十二指腸穿孔を認めた.B-II症例におけるESTは,正常胃症例と比較すると偶発症の頻度は高く,十分な配慮を必要とする.しかし,種々の工夫により結石除去は十分可能であるため,正常胃症例と同様に積極的に試みる意義は大きいと考えられた(著者抄録)


クリップによる穿孔部閉鎖術にて保存的に治癒しえた内視鏡挿入時の大腸穿孔の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,20(2):184 2004(Nov.)


胃MALT lymphoma除菌治療完治後の経過観察中に発症した十二指腸follicular lymphomaの一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,20(2):178 2004(Nov.)


【肝胆膵領域における腫瘍性病変の画像と病理】 腫瘤形成性非腫瘍病変 膵臓 自己免疫性膵炎と鑑別困難であった膵癌症例
肝・胆・膵,49(5):873-875 2004(Nov.)
Author:越知泰英, 川茂幸, 浜野英明, 関仁誌, 荒井正彦


【慢性膵炎のすべて どう診断し,どう治療するのか】 自己免疫性膵炎の長期経過
消化器内視鏡,16(10):1541-1547 2004(Oct.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 越知泰英, 新倉則和, 高山真理, 三枝久能, 小松健一, 村木崇, 小見山祐一, 今井康晴, 長谷部修
Abstract:自己免疫性膵炎は膵管の狭細像と膵腫大,高γグロブリン血症と自己抗体陽性,リンパ球・形質細胞を中心とした著明な細胞浸潤と線維化が特徴であり,ステロイド治療に良好に反応する特殊な膵炎である.通常の慢性膵炎の診断基準は適応できず,独自の診断基準が呈示された.しかし,診断基準に示された本疾患の特徴的な臨床像は活動期を反映したものであり,慢性期の病態・長期経過については不明である.自己免疫性膵炎患者42例について13~111ヵ月間(中央値54.5ヵ月)経過観察した結果,11例(26.2%)で再燃を認めた.血清IgG4低値例では再燃を認めなかった.膵石灰化を8例に認めたが,再燃11例中6例(54.5%),非再燃31例中2例(6.5%)であり,再燃例で有意に頻度が高かった.したがって,本疾患は基本的には通常の慢性膵炎と同様に,再燃を繰り返すことにより膵石灰化を生じる不可逆性の病態であると考えられる(著者抄録)


自己免疫性膵炎の長期経過における再燃と膵石形成
日本消化器病学会雑誌,101(臨増大会):A466 2004(Sep.)


膵仮性嚢胞に対する内視鏡的ドレナージ術の成績とその後の経過
Gastroenterological Endoscopy,46(Suppl.2):2005 2004(Sep.)


自己免疫性膵炎をめぐる新しい展開 自己免疫性膵炎54症例の膵外病変の検討
Gastroenterological Endoscopy,46(Suppl.2):1772 2004(Sep.)


慢性膵炎の診断治療とその後の経過 自己免疫性膵炎の長期経過における再燃と膵石形成
Gastroenterological Endoscopy,46(Suppl.2):1758 2004(Sep.)


自己免疫性膵炎をめぐる新しい展開 自己免疫性膵炎54症例の膵外病変の検討
日本消化器病学会雑誌,101(臨増大会):A494 2004(Sep.)
Author:浜野英明


IgG4-associated sclerosing cholangitis(IgG4関連硬化性胆管炎)の3例
日本消化器病学会雑誌,101(臨増大会):A373 2004(Sep.)
Author:浜野英明


【原発性硬化性胆管炎の診断】 典型的原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎の血清学的鑑別 血清IgG4測定の有用性
消化器科,39(1):99-102 2004(Jul.)
Author:浜野英明, 川茂幸, 越知泰英, 新倉則和, 小松健一, 村木崇, 小見山祐一, 清澤研道


Recurrent attacks of autoimmune pancreatitis result in pancreatic stone formation
AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,99(5):932-937 2004(May)
Author:Takayama, M; Hamano, H; Ochi, Y; Saegusa, H; Komatsu, K; Muraki, T; Arakura, N; Imai, Y; Hasebe, O; Kawa, S


慢性膵炎に対する内視鏡的膵管ドレナージ術の検討
Gastroenterological Endoscopy,46(Suppl.1):673 2004(Apr.)


Autoimmune pancreatitis is closely associated with gastric ulcer presenting with abundant IgG4-bearing plasma cell infiltration
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,59(4):506-511 2004(Apr.)
Author:Shinji, A; Sano, K; Hamano, H; Unno, H; Fukushima, M; Nakamura, N; Akamatsu, T; Kawa, S; Kiyosawa, K


ESWLによる慢性膵炎治療の長期的有用性の検討
日本消化器病学会雑誌,101(臨増総会):A249 2004(Mar.)


【胆膵疾患診療のガイドライン2004年】 自己免疫性膵炎臨床診断基準
胆と膵,25(2):89-95 2004(Feb.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 越知泰英, 高山真理, 小松健一, 村木崇, 清澤研道
Abstract:自己免疫性膵炎の診断基準では膵癌との鑑別が重視され,多少の取りこぼしがあっても,確実な症例が診断されるように考慮されている.したがって診断基準を満たさないが,自己免疫性膵炎と考えられる症例をどのように扱っていくか,考慮する必要がある.また本疾患では多様な膵外病変を認め,今後全身性疾患としての視点から疾患概念を再構築する必要性がある


【示唆に富む肝・胆・膵腫瘍症例】 膵臓 膵尾部癌との鑑別が困難であった自己免疫性膵炎の1症例
肝・胆・膵,47(6):985-991 2003(Dec.)
Author:小松健一, 浜野英明, 越知泰英, 三枝久能, 高山真理, 横山太郎, 村木崇, 津金永二, 宮田和信, 五十嵐亨, 川茂幸, 清澤研道
Abstract:51歳男.主訴は左側腹部痛,微熱.CTにて膵尾部の腫大が認められ,急性膵炎として保存的過量を受けたが,経過観察中に腫大が増悪してきた.単純CTでは腫大は更に増悪して腫瘤様に認められ,周囲脂肪織は毛羽立ち状の変化を伴っていた.造影早期相では腫瘤内部に一部造影される部位が認められた.EUSでは膵尾部は境界が不明瞭な腫瘤様に描出され,辺縁は不整,膵体部側との境界は不明瞭で,実質はやや低エコーに描出され内部には高エコー領域が混在していた.MRIでは,脂肪抑制T1強調像では腫瘤中心部に体部膵実質と同様の信号強度を示す部位が残存して認められた.血清IgG,IgG4値が上昇し,更に口唇生検にて,著明なリンパ球ならびに形質細胞浸潤が認められたことより,自己免疫性膵炎である可能性を考え,40mg/dayのプレドニン投与を開始した.治療後,左側腹部痛等の自覚症状は軽快し,血清IgG,IgG4値も低下した.CTでは膵尾部の腫大は著明に改善した.以後プレドニンを5mgまで減量し1年経過したが,再燃の所見はなく経過良好である


自己免疫性膵炎患者における肺門部と膵臓へのガリウム集積に関する検討
膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society,18(6):730-732 2003(Dec.)
Author:三枝 久能,百瀬 充浩,川 茂幸,浜野 英明,越知 泰英,高山 真理,清澤 研道,角谷 眞澄


クローン病の消化管狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術の検討
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,19(2):253 2003(Nov.)


妊娠末期に発症したS状結腸捻転症に対して内視鏡的整復術を施行した1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,19(2):251 2003(Nov.)


Crohn病の良性狭窄病変に対する内視鏡的バルーン拡張術の検討
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,19(2):167-172 2003(Nov.)
Author:村木崇, 赤松泰次, 横澤秀一, 三澤倫子, 立岩伸之, 進士明宏, 小松健一, 川村葉子, 高山真理, 浜野英明, 越知泰英, 中村直, 吉澤要, 田中英司, 清澤研道


自己免疫性膵炎の臨床
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,19(2):149-157 2003(Nov.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 越知泰英, 三枝久能, 高山真理, 小松健一, 村木崇, 清澤研道


自己免疫性膵炎における肺門部および膵へのガリウム67集積
日本消化器病学会雑誌,100(臨増大会):A783 2003(Sep.)


原発性胆汁性肝硬変におけるIgGサブクラスの検討
日本消化器病学会雑誌,100(臨増大会):A726 2003(Sep.)


原発性硬化性胆管炎の診断をめぐって IgGサブクラスと間接蛍光抗体法ANCA(抗好中球細胞質抗体)による,典型的原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎の血清学的鑑別
日本消化器病学会雑誌,100(臨増大会):A509 2003(Sep.)


IgGサブクラスと間接蛍光抗体法ANCA(抗好中球細胞質抗体)による,典型的原発性硬化性胆管炎と自己免疫性膵炎に伴う硬化性胆管炎の血清学的鑑別
Gastroenterological Endoscopy,45(Suppl.2):1617 2003(Sep.)


肝門部悪性胆道狭窄におけるメタリックステントの有用性
Gastroenterological Endoscopy,45(Suppl.2):1589 2003(Sep.)


自己免疫性膵炎の診断と治療
日本医事新報,(4143):8-13 2003(Sep.)
Author:川 茂幸,浜野 英明,越知 泰英
Abstract:自己免疫性膵炎は膵管のび漫性狭細像,膵腫大を特徴とし,臨床的には膵癌との鑑別が問題となる.血清IgG4上昇という特異な病態が存在し,疾患活動性を反映している.膵病変部にはリンパ球・形質細胞浸潤,線維化,閉塞性静脈炎を認め,病理学的にはlymphoplasmacytic sclerosing pancreatitisと呼称される.そこで,本疾患における,1)疾患概念,2)臨床像,3)IgG4との関連,4)HLA抗原との関連,5)診断基準,6)今後の展望について述べた


再燃により膵石灰化と嚢胞を認めたと考えられる自己免疫性膵炎2例
日本消化器病学会雑誌,100(臨増大会):A773 2003(Sep.)


自己免疫性膵炎の経過観察中に膵管内結石を発症し体外衝撃波破砕療法を施行した1例
膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society,18(4):489-494 2003(Aug.)
Author:小松健一,川 茂幸,越知 泰英,浜野 英明,三枝 久能,高山 真理,清澤 研道,長谷部 修
Abstract:70歳男性.患者は4年前より自己免疫性膵炎(AIP)および糖尿病との診断でステロイドとインスリン治療を受けていた.今回,糖尿病の悪化でAIPの再燃を疑い精査したが,膵腫大や膵管の狭細化は認めず,膵頭部主膵管内に結石の出現と尾側膵管の拡張を認め入院した.所見ではIgG 4と免疫複合体の上昇を認め,ERCPでは頭部主膵管内に嵌頓した結石様の透亮像を認めただけで,尾側膵管は全く造影されなかった.しかし,糖尿病悪化の原因が膵管内結石と主膵管狭窄による膵液流出障害と考え,ESWLによる結石破砕を行った.その結果,結石の消失により尾側膵管は容易に描出され,頭部主膵管狭窄部に膵管ステントを留置することで,糖尿病は改善,膵液鬱滞が解除され膵機能も改善した


Hilar and Pancreatic Gallium-67 Accumulation is Characteristic Feature of Autoimmune Pancreatitis
PANCREAS,27(1):20-25 2003(Jul. 01)
Author:SAEGUSA Hisanobu,MOMOSE Mitsuhiro,KAWA Shigeyuki,HAMANO Hideaki,OCHI Yasuhide,TAKAYAMA Mari,KIYOSAWA Kendo,KADOYA Masumi


内視鏡的十二指腸乳頭切開術後の胆道出血に対しヒストアクリルによる経カテーテル的動脈塞栓術が有用であった一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,19(1):121 2003(Jun.)


自己免疫性膵炎の免疫遺伝学的検討
膵臓,18(3):393 2003(Jun.)


自己免疫性膵炎47症例における膵外病変と予後
膵臓,18(3):359 2003(Jun.)


【慢性膵炎の発症と進展】 自己免疫性膵炎の発症と進展に関する要因 IgG4の関与を中心に
消化器科,36(5):523-530 2003(May)
Author:浜野英明, 川茂幸, 越知泰英, 三枝久能, 高山真理, 小松健一, 村木崇, 清澤研道


膵石症に対する体外衝撃波療法の有用性
日本消化器病学会雑誌,100(臨増総会):A200 2003(Mar.)


自己免疫性膵炎 概念の整理と我が国における実態 自己免疫性膵炎の再燃症例と膵外病変の検討
日本消化器病学会雑誌,100(臨増総会):A139 2003(Mar.)


自己免疫性膵炎の臨床的検討と血清IgG4測定の診断的有用性
長野県医学会雑誌,33:39-40 2003(Mar.)


自己免疫性膵炎47症例における膵外病変と予後 (抄録)
膵臓,18:359 2003
Author:浜野英明


Autoimmune pancreatitis and bile duct lesions
JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,38(12):1201-1203 2003
Author:Kawa, S; Hamano, H


【自己免疫性膵炎の診断と治療】 自己免疫性膵炎診断基準の解説 血清学的診断
膵臓 = The Journal of Japan Pancreas Society,17(6):607-610 2002(Dec.)
Author:川 茂幸,浜野 英明
Abstract:自己免疫性膵炎における診断基準の血清学的所見の有用性について述べた.血清γグロブリン,IgGの陽性率は59.1%と70.5%であった.各種自己抗体の陽性率は,抗核抗体はカットオフ値を40倍とすると54.5%,80倍とすると38.6%で,リウマチ因子は29.5%であった.いずれかの自己抗体が陽性であるとした場合は70%以上となるが,個々の既存の自己抗体の陽性率は10~30%程度で,シェーグレン症候群関連のSS-A,SS-B抗体の陽性者は認められなかった.IgG正常13症例のうち9例(69.2%)がIgG4高値であり,IgG4の陽性率は90.9%であった.これは血清γグロブリン,IgG,各種自己抗体全てを同時に測定した場合と同じで,本疾患の血清学的診断にはIgG4測定が最も有用であった


Usefulness of endoscopic observation of the main duodenal papilla in the diagnosis of sclerosing pancreatitis
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,56(6):880-884 2002(Dec.)
Author:Unno, H; Saegusa, H; Fukushima, M; Hamano, H


分節型で発症しステロイド減量中に硬化性胆管炎様の所見にて再発した自己免疫性膵炎の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,18(2):257 2002(Nov.)


自己免疫性膵炎 自己免疫性膵炎における血清IgG4測定の有用性
膵臓,17(4):348 2002(Aug.)


膵管狭細型慢性膵炎(自己免疫性膵炎)とIgG4
信州医学雑誌,50(4):205-206 2002(Aug.)
Author:浜野英明


再燃を繰り返した自己免疫性膵炎の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,18(1):90 2002(Jun.)


CT,MRI,血管造影にて存在診断に苦慮した機能性ランゲルハンス島腫瘍の1例
日独医報,46(3~4):335 2002(May)


膵管狭細型慢性膵炎の病態と診断 膵癌との鑑別を含めて IgG4,免疫複合体(mRF法),HLAによる膵管狭細型慢性膵炎診断の有用性の検討
日本消化器病学会雑誌,99(臨増総会):A97 2002(Mar.)


自己免疫性膵炎(IgG4関連膵炎)41症例の臨床的検討
日本消化器病学会雑誌,99(臨増総会):A202 2002(Mar.)


Does a lack of reactivity to alphafodrin indicate the existence of primary autoimmune pancreatitis?
AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,97(5):1275-1277 2002
Author:HORIUCHI A,Kawa S,Hamano H,Hayashi Y,Kiyosawa K


HLA DRB1*0405-DQB1*0401 haplotype is associated with autoimmune pancreatitis in the Japanese population
GASTROENTEROLOGY,122(5):1264-1269 2002
Author:Kawa, S; Ota, M; Yoshizawa, K; Horiuchi, A; Hamano, H; Ochi, Y; Nakayama, K; Tokutake, Y; Katsuyama, Y; Saito, S; Hasebe, O; Kiyosawa, K


Hydronephrosis associated with retroperitoneal fibrosis and sclerosing pancreatitis
LANCET,359(9315):1403-1404 2002
Author:Hamano, H; Kawa, S; Ochi, Y; Unno, H; Shiba, N; Wajiki, M; Nakazawa, K; Shimojo, H; Kiyosawa, K


ERCP features in 27 patients with autoimmune pancreatitis
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,55(4):494-499 2002
Author:Horiuchi, A; Kawa, S; Hamano, H; Hayama, M; Ota, H; Kiyosawa, K


超音波内視鏡が診断に有用であったインスリノーマの一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,17(2):211 2001(Nov.)


膵管狭細型膵炎とHLA
MHC: Major Histocompatibility Complex,8(2):133 2001(Sep.)


自然消褪した若年性ポリポーシスの1例
胃と腸,36(10):1307-1314 2001(Sep.)
Author:菅智明, 赤松泰次, 中村直, 坂口みほ,浜野英明, 保坂成俊, 松澤正浩, 清澤研道, 勝山努, 太田浩良
Abstract:29歳女.18歳時に近医で胃内の多数隆起性病変を指摘され経過中,低蛋白血症が出現した.上部消化管内視鏡所見で胃,大腸に多発性ポリープを認め,内視鏡的粘膜切除術を行い,病理組織学的に胃腸管型若年性ポリポーシスと診断した.無治療にて経過観察したところ,8ヵ月後の画像所見にてポリープの著明な消退がみられたが,幽門輪上に0 I型早期胃癌を発見し,幽門側胃切除術を施行した.病理組織学的に癌は粘膜内に限局し,脈管侵襲はなく,リンパ節転移も認めなかった


【自己免疫性膵炎をめぐる最近の話題】 免疫生化学検査
肝・胆・膵,43(2):225-231 2001(Aug.)
Author:浜野英明, 川茂幸, 越知泰英, 海野洋, 三枝久能, 高山真理, 堀内朗, 清澤研道


【安全なESTのために】 Billroth-II再建胃症例における安全な内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)
胆と膵,22(8):671-675 2001(Aug.)
Author:宮林秀晴, 越知泰英, 浜野英明, 海野洋, 三枝久能, 清澤研道, 赤松泰次, 古屋直行, 宮田和信, 中村喜行
Abstract:Billroth II再建胃症例における内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)の手技を呈示して,その安全性と治療成績について解説した.手技としては後方斜視鏡か前方斜視鏡を用い,最初に胆管ステント(EBD)チューブか経鼻胆管ドレナージ(ENBD)チューブを挿入し,通常とは逆の5時から6時方向に向かって口側隆起をチューブに沿って針状パピロトームかポリペクトミースネアを用いてESTを行った.治療成績では,本法によりESTを行った42症例中,総胆管結症例は35例であり,このうち初回結石の除去は平均施行回数1.4回で31例の完全除去が可能であった.このうち1例でEST後出血をきたし輸血・内視鏡的止血を要し,2例でEST後バスケット操作によると考えられる十二指腸穿孔を認めたがENBDチューブ再留置で保存的に治癒した.胆道ステンティングはEST後,太径のEBMチューブの留置が9例中7例で可能であった.胆道ドレナージチューブを用いたESTにより合併症は減少するので,正常胃症例同様に試みるべきであると考えられた


High serum IgG4 concentrations in patients with sclerosing pancreatitis. Reply
NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE,345(2):148-148 2001(Jul. 12)
Author:Kawa, S; Hamano, H; Kiyosawa, K


【いわゆる自己免疫性膵炎をめぐって】 膵管狭細型慢性膵炎における免疫学的検討 IgG4の関与を中心として
胆と膵,22(7):603-608 2001(Jul.)
Author:川茂幸, 浜野英明, 海野洋, 三枝久能,越知泰英, 堀内朗
Abstract:膵管狭細型慢性膵炎について,IgG4の関連という観点から病態を考察した.本症の蛋白電気泳動所見でβ-γブリッジングを認め,血清IgG4の増加に起因することが明らかとなった.膵癌,通常の慢性膵炎,原発性胆汁性肝硬変,原発性硬化性胆管炎,シェーグレン症候群の患者では血清IgG4の増加は殆ど認められず,本疾患に特異的と考えられた.本疾患ではまた血清中の免疫複合体,IgG4型免疫複合体が上昇しており,IgG4と同様に疾患の活動性を反映していた.以上より本疾患の背景に存在する免疫異常にIgG4やIgG4型免疫複合体の関与が考えられた


【総胆管結石に対する最新の治療戦略】 Billroth II再建胃症例におけるEST
臨床消化器内科,16(9):1277-1281 2001(Jul.)
Author:越知泰英, 浜野英明, 海野洋, 三枝久能, 清澤研道, 赤松泰次, 古屋直行, 宮林秀晴, 宮田和信
Abstract:過去約3年間に,総胆管結石が疑われた67例(Billroth II再建胃(B-II))に,内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)を行い,治療成績について検討した.十二指腸乳頭部への内視鏡挿入が可能であったのは58例(86.6%)で,結石除去は,ESTを試みた45例中35例(77.8%)で可能であった.偶発症は,内視鏡挿入時の輸入脚穿孔2例であった.EST後の早期偶発症は,5例(13.5%)に認めた.B-II症例に対するESTは偶発症に対する配慮が重要であるが,種々の工夫により結石除去は可能であり,正常胃症例と同様に積極的に試みる意義は大きいと考えられた


著明な自然軽快を認め,I型早期胃癌を合併した若年性ポリポーシスの1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,17(1):91 2001(Jun.)


【膵仮性嚢胞の治療戦略】 膵仮性嚢胞の非観血的治療法の実際と成績 内視鏡的経乳頭的ドレナージ術
胆と膵,22(4):331-336 2001(Apr.)
Author:古屋直行, 越知泰英, 浜野英明, 海野洋, 三枝久能, 武川建二, 川茂幸, 清澤研道, 赤松泰次
Abstract:膵管系に交通を有する膵仮性嚢胞に対する経乳頭的ドレナージ術は,安全で有効な治療手技である.経乳頭的ドレナージ術の実際と成績を中心に述べた.経乳頭的ドレナージ術を試みたのは7例で,全ての症例で下流膵管の狭窄を伴っていた.ドレナージ術に成功したのは4例で,全例において嚢胞の消失を認めた.グルカゴノーマの合併を認め手術を行った症例を除き,いずれの症例も嚢胞の再発を認めていない.本手技に伴う合併症は特に認めなかった


High serum IgG4 concentrations in patients with sclerosing pancreatitis.
NEW ENGLAND JOURNAL OF MEDICINE,344(10):732-738 2001(Mar. 08)
Author:Hamano, H; Kawa, S; Horiuchi, A; Unno, H; Furuya, N; Akamatsu, T; Fukushima, M; Nikaido, T; Nakayama, K; Usuda, N; Kiyosawa, K


膵石症(24症例)に対する体外衝撃波結石破砕療法(ESWL)の検討
長野県医学会雑誌,31:63-64 2001(Mar.)


【内視鏡的膵管ドレナージ】 内視鏡的経鼻膵管ドレナージ
胆と膵,22(2):113-119 2001(Feb.)
Author:越知泰英, 浜野英明, 海野洋, 三枝久能, 川茂幸, 清澤研道, 赤松泰次, 古屋直行, 宮林秀晴, 武川建二
Abstract:各種膵疾患に対する内視鏡的経鼻膵管ドレナージ(ENPD)の手技と適応,有用性について述べた.ENPDの主な目的は膵管系の減圧と嚢胞内容の経乳頭的ドレナージであり,適応としては,1)膵石症に対する体外式衝撃波結石除去術施行時,2)膵管内圧上昇が原因と考えられる腹痛を有する慢性膵炎症例,3)再発性の急性膵炎を有する膵管非癒合症例,4)膵管と交通を有する膵仮性嚢胞に対する経乳頭的嚢胞ドレナージ,が挙げられる.経験した9例ではいずれも満足できる治療効果が得られた.又,合併症は軽度の膵炎を1例認めたのみであった


Sclerosing pancreato-cholangitis responsive to corticosteroid therapy: report of 2 case reports and review
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,53(4):518-522 2001
Author:Horiuchi, A; Kawa, S; Hamano, H; Ochi, Y; Kiyosawa, K


短期間に形成され内視鏡的摘出術を行った柿胃石の1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,16(2):182 2000(Nov.)


食道MALTリンパ腫の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,16(2):180 2000(Nov.)


短期間に形成された柿胃石に内視鏡下電気水圧破砕法が有効であった1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,16(2):126-130 2000(Nov.)
Author:川村葉子, 古屋直行, 三枝久能, 望月太郎, 海野洋, 横山太郎, 浜野英明, 菅智明, 松澤正浩, 保坂成俊, 新倉則和, 金児泰明, 藤沢亨, 清澤研道, 中村直, 赤松泰次
Abstract:48歳男.心窩部痛を主訴とした.胃潰瘍と診断され,cimetidineおよびrebamipideの投与で症状は改善した.その後の内視鏡検査で胃潰瘍は瘢痕化し,長径約3cmの胃石を認めたが,経過観察とされ,さらに半年後の内視鏡検査で胃石は6cmに増大した.水浸下に電気水圧破砕法で硬い外殻を破砕した後,把持鉗子およびスネアを用いて機械的に砕石し,砕いた胃石はポリープ回収用ネットにてすべて回収した.回収した胃石の赤外線吸収スペクトル分析を行った結果,柿に大量に含まれるタンニン酸の標準物質とほぼ同様の波形を示し,成分分析でもタンニン酸を98%以上含有していたことから,柿胃石と診断した.その後,胃石の再形成は認めず,経過は良好である.胃石の形成において柿の大量摂取だけでなくH2-blockerの関与が示唆され,電気水圧破砕法は硬い外殻を有する胃石の破砕に有用であった


膵管狭細型慢性膵炎22症例の免疫学的検討
膵臓,15(4):362 2000(Sep.)


内視鏡的粘膜切除術(EMR)後の鉗子生検にて診断し得た食道癌の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,16(1):84 2000(Jun.)


びまん浸潤を認めた胃形質細胞腫の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,16(1):82 2000(Jun.)


自己免疫性膵炎における膵管像の検討
Gastroenterological Endoscopy,42(Suppl.1):655 2000(Apr.)


Clinicopathological features of 22 Japanese patients with autoimmune pancreatitis.
GASTROENTEROLOGY,118(4):A422 2000(Apr.)
Author:Horiuchi, A; Kawa, S; Hamano, H; Akamatsu, T; Fujii, H; Kiyosawa, K


大腸粘膜内癌(carcinoma in situ)におけるp53蛋白発現の検討
日本消化器病学会雑誌,97(臨増総会):A182 2000(Mar.)


Glucagonoma presenting with pancreatitis and a pseudocyst-like lesion communicating with a main pancreatic duct
GASTROINTESTINAL ENDOSCOPY,51(1):80-82 2000(Jan.)
Author:Hamano, H; Kawa, S; Mukawa, K; Usui, T; Shinji, A; Shimada, R; Miyagawa, S; Kawasaki, S; Kiyosawa, K


肝門部胆管癌に対する経乳頭的金属ステントside by side留置法の経験
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,15(2):246 1999(Nov.)


Gastric antral vascular ectasia(GAVE)に対するアルゴンプラズマ凝固療法(APC)の使用経験
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,15(2):242 1999(Nov.)


早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除(EMR)の適応拡大
Gastroenterological Endoscopy,41(Suppl.2):1911 1999(Sep.)


自己免疫性膵炎の免疫学的検討
膵臓,14(4):344 1999(Sep.)


Pancreatic panniculitisの1例
西日本皮膚科,61(3):390 1999(Jun.)


ランソプラゾールによる胃潰瘍治療の成績 S2移行率とそれに及ぼす背景因子の検討
信州医学雑誌,47(3):221-224 1999(Jun.)
Author:保坂成俊, 後藤暁, 金児泰明, 下平和久, 堀内朗, 新倉則和, 武川建二, 浜野英明, 松澤正浩, 清澤研道, 中村直, 赤松泰次
Abstract:ランソプラゾールのS2ステージ移行率を検討し,68.5%と高い移行率が得られた.S2ステージ移行率に影響する背景因子を検討すると,X2検定或いはFisherの直接法では年齢と大きさに有意差がみられたが,多変量解析では年齢のみに有意差がみられた


膵石症治療における内視鏡的膵管口バルーン拡張術の有用性
Gastroenterological Endoscopy,41(Suppl.1):763 1999(Apr.)


自己免疫性膵炎の臨床病理学的検討
Gastroenterological Endoscopy,41(Suppl.1):757 1999(Apr.)


A clinicopathological study of autoimmune pancreatitis
GASTROENTEROLOGY,116(4):A1134 1999(Apr.)
Author:Horiuchi, A; Kawa, S; Hamano, H


硬化性胆管炎を合併した自己免疫性膵炎の3例
日本消化器病学会雑誌,96(臨増総会):A251 1999(Mar.)


十二指腸原発悪性リンパ腫の1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,14(2):210 1998(Nov.)


【胆膵悪性疾患精査法の最新情報】 胆道悪性腫瘍の治療方針決定におけるERCPの役割
消化器科,27(2):194-201 1998(Aug.)
Author:武川建二, 前島信也, 宮林秀晴, 堀内朗, 新倉則和, 浜野英明, 黒河内明子, 清澤研道, 中村直, 赤松泰次, 宮田和信


胆石イレウスの1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,14(1):86 1998(Jun.)


下血にて発見されたvon Recklinghausen病に合併した十二指腸神経線維腫の一例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,14(1):85 1998(Jun.)


ステロイド治療が奏効した自己免疫性膵炎(瀰漫性膵管狭細型膵炎)の一症例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,13(2):231 1997(Nov.)


covered Strecker stentにより軽快した術後bile leakの1例
ENDOSCOPIC FORUM for digestive disease,13(2):230 1997(Nov.)


マウス肝臓の発生・加齢に関するレクチン組織化学
解剖学雑誌,67(4):471 1992(Aug.)


学会発表
Healthcare Network using HumanBridge EHR
インドネシア保健省セミナー 2015(Dec. 17)
Author:Hamano Hideaki


大学病院が地域医療ネットワークを導入できたわけ
第11回電子カルテフォーラム利用の達人&地域医療ネットワーク研究会合同企画 導入/運用ノウハウ事例発表会 2015(Sep. 06)
Author:濱野 英明


HumanBridge EHRを用いた医療連携について
平成27年度医療技術・サービス  拠点化促進事業 インドネシアにおけるICTを利用した日本式医療連携推進センター設立  プロジェクトキックオフ会議 2015(Aug. 14)
Author:濱野 英明


ICTを活用した地域医療連携 信州メディカルネットの場合
平成27年度全国自治体病院協議会神奈川支部定例総会 2015(May 08)
Author:濱野 英明


信州メディカルネット 明日の医療のために
在宅障がい者〈児〉宅の暗線療  養環境を創出する病-宅連携型高度ICT総合ケアシステムプロジェクトセミナー 2014(Dec. 13)
Author:濱野 英明


地域医療連携ネットワークシステムの現状と課題 信州メディカルネットの場 合
地域がん医療フォーラム in AKITA 2014(Jun. 08)
Author:濱野 英明


医療情報連携ネットワークの全国展開 夢を追い求めるか、現実をとるか
第12回名古屋医療センター医療連携交流会 2014(Feb. 01)
Author:濱野 英明


電子カルテ業務担当外閲覧阻止を目指す試み、地域医療連携・信州メディカルネットのセキュリティ対策との比較
シルバー&ヘルスケア戦略特別セミナー 電子カルテシステムにおける個人情報取扱い基本ルールと安全管理 2013(Oct. 10)
Author:濱野 英明


全国対応の医療連携システム 夢・実現へのストラテジー、費用対効果に秀でた方法を目指す!
平成25年度厚労科研「地域医療連携の全国普及を目指した地理的境界や職種の境界を超えた安全な情報連携に関する研究」第1回班会議 2013(Sep. 20)
Author:濱野 英明


全国対応の医療連携システムHumanBridge版について、都市型医療連携システムの検討
地域医療ネットワーク研究会 第3回運用ノウハウ・ビジネスモデルWG 2013(Sep. 08)
Author:濱野 英明


長野県における地域医療連携の現状と課題
Densanソリューションセミナー2013 2013(Jul. 12)
Author:濱野 英明


長野県地域医療連携システム・信州メディカルネットの現況について
日本私立医科大学協会平成25年度第2回情報処理研究会 2013(Jul. 04)
Author:濱野 英明


信州メディカルネットにおける二次医療圏を越えた地域医療連携---異なるネットワーク間の接続---
厚労科研 圏域連携分科会 2012(Nov. 23)
Author:濱野 英明


信州メディカルネットにおける異なるネットワーク間の医療連携について
第3回全国ID-Link研究大会 第1回庄内地域医療情報ネットワーク研究大会合同研究会 2012(Jul. 07)
Author:濱野 英明


長野県地域医療連携構想 信州メディカルネット
第1回二次医療圏を超えた地域連携における標準的アーキテクチャ作業部会 2011(Oct. 28)
Author:濱野 英明


長野県地域医療連携構想/信州メディカルネットについて
第760回松本市医師会障害教育講座 2011(Oct. 13)
Author:濱野 英明


長野県地域医療構想、信州メディカルネットについて
平成23年度長野市医師会・医療連携のつどい 2011(Aug. 19)
Author:濱野 英明


長野県地域医療連携構想について
第2回あじさいネット研究会/第2回全国ID-Link研究大会 地域医療ネットワーク研究会合同研究会 2011(May 04)
Author:濱野 英明