信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

松原雅春  マツバラ マサハル

教員組織学術研究院(工学系)電話番号
教育組織工学部 機械システム工学科 熱流体システムFAX番号
職名教授メールアドレスmmatsu@shinshu-u.ac.jp
住所〒380-8553 長野県長野市若里4-17-1ホームページURLhttp://www.mech.shinshu-u.ac.jp/laboratories/q/index.html

更新日:2020/07/07

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院工学系研究科
大学院総合工学系研究科
研究分野
乱流
流体工学(流れの安定性と乱流遷移)
現在の研究課題
流れの層流から乱流への遷移とその制御に関する研究
キーワード:遷移
境界層遷移におけるストリーク構造とNon-modal Growth
キーワード:ストリーク構造
高主流乱れ条件下での境界層遷移の予測法
キーワード:遷移
せん断流の線形不安定性
キーワード:線形不安定性
乱流チャンネル流中の大規模構造について
キーワード:チャンネル流 , 乱流 , 大規模構造
所属学会
所属学会
日本機械学会
日本流体力学会
可視化情報学会
アメリカ物理学会

所属学会役職担当
2008- , 日本流体力学会 , 代議員
2006- , 日本流体力学会 , 中部支部役員
2010-2011 , 日本機械学会 , 学生員委員会
2010-2011 , 日本機械学会 , 北陸信越支部学生会担当幹事
2010-2011 , 日本機械学会 , 北陸信越学生会 第40回学生員卒業研究発表講演会実行委員幹事
学歴
出身大学院
1993 , 慶應義塾大学 , 理工学研究科 , 機械工学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1988 , 慶應義塾大学 , 理工学部

取得学位
博士(工学) , 慶應義塾大学
受賞学術賞
2005 , 日本流体力学会 論文賞
研究職歴等
研究職歴
2014- , 信州大学 教授
2007-2014 , 信州大学 准教授
2002-2007 , 信州大学 助教授
2000-2002 , 信州大学 助手
1997-2000 , 東北大学 日本学術振興会特別研究員
1996-1997 , 慶應義塾大学 日本学術振興会特別研究員
1995-1996 , 慶應義塾大学 訪問研究員
1993-1995 , Royal Institute of Technology(Sweden) ポストドクター

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
Very Large-Scale Feature of Transitional and Turbulent Channel Flows: Dependenceon Facilities
Progress in Turbulence VII,:89-195 2017
Author:Shun Horii, Yoshiyuki Sagawa, Makoto Miyazaki, Masaharu Matsubara


Very-large-scale fluctuations in turbulent channel flow at low Reynolds number
International Journal of Heat and Fluid Flow,62:593–597 2016
Author:Masaharu Matsubara, Shun Horii, Yoshiyuki Sagawa, Yuta Takahashi, Daisuke Saito


Experimental investigation of relaminarizing and transitional channel flows
PHYSICS OF FLUIDS,24(12):124102 2012(Dec.)
Author:Seki, D; Matsubara, M


Direct total skin-friction measurement of a flat plate in zero-pressure-gradient boundary layers
Fluid Dyn. Res.,41(2):021406 2009(Mar.)
Author:Kiyoto Mori, Hiroki Imanishi, Yoshiyuki Tsuji, Tomohiro Hattori, Masaharu Matsubara, Shinsuke Mochizuki, Masaru Inada and Tadashi Kasiwagi


Lattice Kinetic スキームを用いた二次元チャンネル乱流の再層流化現象の解析
計算数理工学論文集,7(2):255-260 2008(Mar.)
Author:吉野正人; 関大輔; 田中義人; 松原雅春


Laminar Turbulent Transition in a Boundary Layer Subjected to Weak Free Stream Turbulence
Journal of Fluid Science and Technology,3(1):56-67 2008(Feb.)
Author:Toshiaki Kenchi, Masaharu. Matsubara and Toshihiko Ikeda


メルトブローイング法によるセラミック繊維の生成
,74(737):74-80 2008(Jan.)
Author:松原 雅春,竹 内祐輔,小野 博生,佐々木 篤史


変曲点型速度分布を持つ剪断流の線形不安定性に対するスケーリング則について
計算数理工学論文集,7(1):57-60 2007(Apr.)
Author:松原 雅春1


LBMを用いたコーナーベーン形状の最適化について
計算数理工学論文集,6(1):45-48 2006(Jun.)
Author:吉野正人; 木村竜也; 松原雅春


Vortex behavior of pulsating jets from a redangular nozzle
JSME INTERNATIONAL JOURNAL SERIES B-FLUIDS AND THERMAL ENGINEERING,49(4):988-994 2006
Author:Ilo, S; Kawamura, T; Matsubara, M; Yoshida, T; Ikeda, T


Transition induced by free-stream turbulence
Journal of Fluid Mechanics,527:1-25 2005
Author:J. H. M. FRANSSON, M. MATSUBARA, P. H. ALFREDSSON


Velocity statistics and flow structures observed in bypass transition using stereo PTV
Experiments in Fluids,34:242-252 2003(Feb. 01)
Author:A. Inasawa, F. Lundell, M. Matsubara, Y. Kohama, P. H. Alfredsson


Disturbance growth in boundary layers subjected to free stream turbulence
Journal of Fluid Mechanics,430:149-168 2001
Author:M. Matsubara and P. H. Alfredsson


Free-stream turbulence, streaky structures and transition in boundary layer flows
AIAA-paper,2000(2534):1-9 2000
Author:P. H. Alfredsson and M. Matsubara


Boundary layer transition at high levels of free stream turbulence
ASME Paper,:98-GT-248, pp.1-6 1998
Author:Masaharu Matsubara, P. Henrik alfredsson, K. Johan A. Westin


Secondary instability in rotating channel flow
Journal of Fluid Mechanics,368:27-50 1998
Author:Matsubara and P. H. Alfredsson


Experimental study of heat and momentum transfer in rotating channel flow
Physics of Fluids,8(11):2964-2973 1996
Author:M. Matsubara and P. H. Alfredsson


学会発表
Development of a linear mode in a turbulent boundary layer
Proceedings of the iTi Conference in Turbulence 2018 , iTi Conference in Turbulence 2018 , :704-705 2018
Author:Kazuya Hirose, Jun Takahashi, Masaharu Matsubara


Experimental investigation of a turbulent spot in channel flow of a polymer solution
IFS , he 14th International Conference on Flow Dynamics , :440-441 2017(Nov. 03)
Author:Masaya Otsu, Satoshi Shimizu, Muhammad Azmeer, Masaharu Matsubara


Experimental investigation of a turbulent spot in channel flow of a polymer solution
IFS , he 14th International Conference on Flow Dynamics , :436-437 2017(Nov. 03)
Author:Masaya Otsu, Satoshi Shimizu, Muhammad Azmeer, Masaharu Matsubara


Experimental investigation of a turbulent spot in channel flow of a polymer solution
Euromech , the 16th European Turbulence Conference , F6- 29837 2017(Aug. 24)
Author:Sattaya Yimprasert, Horii Shun1, Makoto Miyazaki, Masaharu Matsubara


Similarity of a coherent structure extracted by an artificial disturbance in a turbulent boundary layer
Euromech , the 16th European Turbulence Conference , C2- 29649 2017(Aug. 23)
Author:Iori Horiuchi, Tomohiro Nonobe, Masaharu Matsubara


平板前縁に突入した渦輪による境界層内での撹乱の発達について
日本流体力学会 , 年会2013 2016
Author:岩谷芳拓, 松原雅春


遷移二次元チャンネル流に対するナノファイバーセルロース懸濁液濃度の影響
日本流体力学会 , 年会2013 2015
Author:宮崎誠, 松原雅春, Mathias Kvick, 渡辺健太, Fredrik Lundell, Daniel Söderberg


低レイノルズ数における二次元チャンネル乱流の構造
日本流体力学会 , 年会2013 2014
Author:齊藤大輔, 関大輔, 松原雅春


Influence of tripping on spatiotemporal correlation between velocity and wall pressure in a turbulent boundary layer
Springer , Springer Proceedings in Physics 149 , :103 2014
Author:M. Matsubara, Y. Sendai, K. Matsumoto and T. Mishiba


Influence of tripping on spatiotemporal correlation between velocity and wall pressure in a turbulent boundary layer
ICJWSF , 4th Int. Conf. on Jets, Wakes and Separated Flows , :ICJWSF2013-1149 2013
Author:T. Mishiba, Y. Sendai, K. Matsumoto, K. Ienaka and M. Matsubara


Comparison of linear disturbance in a two-dimensional turbulent jet with a linear stability theory
ICJWSF , 4th Int. Conf. on Jets, Wakes and Separated Flows , :ICJWSF2013-1217 2013
Author:S. Shirosaki, D. Saito, S. Tazoe, S. Aruga and M. Matsubara


Linear-disturbance structure in a turbulent boundary layer
ICJWSF , 4th Int. Conf. on Jets, Wakes and Separated Flows , :ICJWSF2013-1211 2013
Author:M. Matsubara, M. Nagasaki, K. Matsumoto and T. Mishiba


Effect of nano-fibrillated cellulose suspension on transitional two-dimensional channel flow
ICJWSF , 4th Int. Conf. on Jets, Wakes and Separated Flows , :ICJWSF2013-1222 2013
Author:M. Matsubara, M. Miyazaki, K. Watanabe, M. Kvick, F. Lundell and D. Söderberg


平板境界層における Non-modal 成長に対する 主流乱れの強さとスケールの影響
日本機械学会北陸信越支部第49期総会講演会 2011(Mar.)
Author:.


再層流化チャンネル流の可視化実験
日本機械学会北陸信越支部第48期総会講演会 2011(Mar.)
Author:.


Relation between disturbance of boundary layer and free stream turbulence component
ASME , Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011 2011


Experimental extraction of linear disturbance in a two-dimensional turbulent jet and comparison to a linear stability theory
ASME , Proceedings of ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011 , :AJK2011-16028 2011
Author:S. Tazoe, A. Kawanishi and M. Matsubara


Experimental Investigation of a Relaminarizing Channel Flow
Seventh International Conference on Flow Dynamics 2010(Nov.)
Author:.


Influence of Free Stream Turbulence Intensity on Non-Modal Growth in a FlatPlate Boundary Layer
Seventh International Conference on Flow Dynamics 2010(Nov.)
Author:.


二次元乱流噴流における線形撹乱の 乱流統計量について
日本流体力学会2010 2010(Sep.)
Author:.


平板乱流境界層におけるトリッヒンクの影響
日本流体力学会2010 2010(Sep.)
Author:.


再層流化チャンネル流の大規模構造について
日本流体力学会2010 2010(Sep.)
Author:.


弱い主流乱れにおける境界層遷移について
第47回「乱流遷移の解明と制御」研究会 2010(Sep.)
Author:.


Experimental study of linear properties of the _uttering in a two-dimensional turbulent jet
ICJWSF-2010 2010(Sep.)
Author:.


二次元乱流噴流における線形撹乱成長について,
日本流体力学会,年会2009 2009(Sep.)
Author:.


平板境界層における遷移過程に対する主流乱れ成分の影響
日本流体力学会,年会2009 2009(Sep.)
Author:.


二次元チャンネル流の再層流化過程における間欠性について, 日本流体力学会
日本流体力学会,年会2009 2009(Sep.)
Author:.


Global stability of a plane liquid jet surrounded by gas
Seventh IUTAM Symposium on Laminar-Turbulent Transition 2009(Jun.)
Author:.


Numerical and experimental investigations of relaminarizing plane channel flow
Seventh IUTAM Symposium on Laminar-Turbulent Transition 2009(Jun.)
Author:.


Experimental study of boundary layer transition subjected to weak free stream turbulence
SeventhIUTAM Symposium on Laminar-Turbulent Transition 2009(Jun.)
Author:.


Road map for a general prediction method of boundary layer transition
ICEAE 2009 2009(May)
Author:Masaharu Matubara, Toshiaki Kenchi


乱流境界層における撹乱構造の成長過程について
日本機械学会,東海支部第59期総会講演会 2009(Mar.)
Author:.


境界層遷移過程に対する主流撹乱の乱れ強さとスケールの影響について
日本機械学会,東海支部第59期総会講演会 2009(Mar.)
Author:.


二次元チャンネル流における乱流を維持できる限界レイノルズ数について
日本機械学会,東海支部第59期総会講演会 2009(Mar.)
Author:.


二次元チャンネル流における限界レイノルズ数付近の撹乱構造について
日本機械学会,東海支部第59期総会講演会 2009(Mar.)
Author:.


周期パルス加熱式熱線流速計を用いた乱流計測
日本機械学会,第87期流体工学部門講演会 2008(Nov.)
Author:.


平板乱流境界層における壁面圧力変動の時空間分布計測と流れ方向流速との相関について,
日本機械学会,第87期流体工学部門講演会 2008(Nov.)
Author:.


LBMによる三次元Rayleigh-Taylor不安定性の安定性解析
日本機械学会,第87期流体工学部門講演会 2008(Nov.)
Author:.


高Re数におけるKarman-Schoenherr摩擦抵抗係数式の再考察
日本流体力学会,年会2008 2008(Sep.)
Author:.


Experimental study of the relaminarization in a two-dimensional channel flow
The 7th EUROMECH Fluid Mechanics Conference 2008(Sep.)
Author:.


二次元チャンネル乱流の再層流化過程における撹乱の減衰について
日本流体力学会,年会2008 2008(Sep.)
Author:.


二次元チャンネル流の再層流遷移程に見られる撹乱構造の可視化およびLDVによる測定
日本流体力学会,年会2008 2008(Sep.)
Author:.


Numerical and experimental study of wavelength selection of G_rtler vortices
The 7th EUROMECH Fluid Mechanics Conference 2008(Sep.)
Author:.


チャンネル流における再層流遷移過程におけるエネルギ減衰について
日本機械学会,北陸信越支部第44期総会・講演会 2007(Mar.)
Author:.


曳航水槽を用いた平板境界層の遷移過程の可視化実験
日本機械学会,北陸信越支部第44期総会・講演会 2007(Mar.)
Author:.


二次元チャンネル流における逆遷移中に発生する撹乱について
日本機械学会,北陸信越支部第44期総会・講演会 2007(Mar.)
Author:.


風洞内流速計測のためのポータブルLDVの開発
日本機械学会,北陸信越支部第44期総会・講演会 2007(Mar.)
Author:.


直接数値計算による凹面境界層におけるゲルトラー渦の波数選択性
日本機械学会,北陸信越支部第44期総会・講演会 2007(Mar.)
Author:.


金メッキ膜を用いたナノスケールの微小熱線センサの開発
日本機械学会,北陸信越支部第44期総会・講演会 2007(Mar.)
Author:.


二次元噴流におけるフラッタリング周波数のレイノルズ数依存性について
日本機械学会,北陸信越支部第44期総会・講演会 2007(Mar.)
Author:.


光学的計測を用いたブローイング法によるセラミック繊維生成過程の解明
日本機械学会,流体工学部門講演会 2006(Oct.)
Author:.


フラッタリングを伴う二次元噴流における生成項について
日本機械学会,流体工学部門講演会 2006(Oct.)
Author:.


チャンネル流におけるLDV計測と可視化実験による限界レイノルズ数に関する実験
日本機械学会,流体工学部門講演会 2006(Oct.)
Author:.


主流乱れの非等方性が境界層内撹乱の成長および構造に及ぼす影響
日本機械学会,流体工学部門講演会 2006(Oct.)
Author:.


Experimental study of laminar turbulent boundary layer transition influenced by anisotropic free stream turbulence
IUTAM Symposium on Computational Physics and New Perspectives in Turbulence 2006(Sep.)
Author:.


G_rtler vorticies in an asymptotic suction boundary layer on a concave wall
The sixth Euromech Fluid Mechanics Conference 2006(Jun.)
Author:.


Disturbance growth in boundary layer subjected to anisotropic free turbulence
The sixth Euromech Fluid Mechanics Conference 2006(Jun.)
Author:.


Flow visualization of relaminarization in a two-dimensional channel flow
The sixth Euromech Fluid Mechanics Conference 2006(Jun.)
Author:.

共同研究等希望テーマ
流体機械,熱的センサー,自動計測 , 流体力学
研究費
共同研究
2007 - 2010 , 無機繊維の製造に関する研究
2007 - 2007 , 真空ポンプの開発 , 国内共同研究
2005 - 2007 , 低ロス逆流防止装置の研究開発 , 国内共同研究

科学研究費補助金(研究代表者)
2010 - 2012 , 壁せん断乱流実験での線形撹乱モードの探索とそれに基づく構造と統計量の橋渡し , 基盤研究(C)
2005 - 2007 , 主流乱れによるバイパス乱流遷移における乱流スケールの影響 , 基盤研究(C)

奨学寄附金
2006

教育活動実績

授業等
2010 , 前期 , 機械システム工学実験
2010 , 前期 , 機械システム応用数学
2010 , 前期 , 乱流輸送現象特論
2010 , 前期 , 固体熱流体応用解析特論
2010 , 前期 , 乱  流
2010 , 前期 , 特別演習Ⅰ
2010 , 前期 , 特別演習Ⅱ
2010 , 後期 , 流体機械
2010 , 後期 , 流体力学1
2010 , 通年 , 熱流体システム特別実験第1
2010 , 通年 , 熱流体システム特別実験第2
2010 , 通年 , 熱流体システム演習第1
2010 , 通年 , 熱流体システム演習第2