信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

泉山茂之  イズミヤマ シゲユキ

教員組織学術研究院(農学系)電話番号
教育組織先鋭領域融合研究群 山岳科学研究所FAX番号
職名教授メールアドレス
住所ホームページURL

プロフィール

兼担研究科・学部
大学院総合工学系研究科
研究分野
動物生態学
現在の研究課題
中部山岳地域に生息する大型哺乳類の生態学的研究
キーワード:ツキノワグマ、ニホンザル、ニホンカモシカ、個体群動態
長野県に生息するツキノワグマの保護管理に関する研究
キーワード:長野県、ツキノワグマ、保護管理
中部山岳地域の高山帯・亜高山帯に生息するニホンジカの保護管理に関する研究
キーワード:南アルプス、霧ヶ峰、ニホンジカ、保護管理
野生鳥獣による農林業被害の防除技術の普及に関する研究
キーワード:野生鳥獣、農林業被害、防除技術、普及
キルギス共和国における野生生物保護区の保全に関する研究
キーワード:キルギス共和国、野生生物保護区、アルガリ、GPS collar
所属学会
所属学会
日本生態学会
日本哺乳類学会
日本霊長類学会
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
昭和59 , 京都大学霊長類研究所 研究林 教務補佐員
昭和56 , 京都大学霊長類研究所 社会部門 研究員
昭和56 , 麻布獣医科大学 獣医学部 環境畜産学科

取得学位
博士(農学) , 岐阜大学大学院 連合農学研究科
受賞学術賞
2013 , 日本哺乳類学会 Mammal study 論文賞
2009 , 北アルプス功労賞
2003 , 日本生態学会Ecokogical Research 論文賞
研究職歴等
研究職歴
平成26- , 信州大学先鋭領域融合研究群山岳科学研究所
平成22-平成26 , 信州大学農学部 附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター 技術交流・普及部
平成18-平成22 , 信州大学農学部 附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター

研究職歴以外の職歴
昭和63-平成18 , 株式会社 野生動物保護管理事務所

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
北アルプスの野生動物
一草舎出版 , 「北アルプス大紀行」第11章 , :181-192 2008(Jul.)


緑と環境 III 生物多様性と森林、農地 3森林と野生動物、動物生息域の変動
信濃毎日新聞社 , 「食と緑の環境科学」 , :160-168 2006(Apr.)
Author:唐澤豊ほか


雲上の楽園のツキノワグマ-北アルプスに生息するツキノワグマの生態-
エヌ・テー・エス , 遺伝 , 61(1):21-26 2006


論文
長野県伊那市小黒川および信州大学農学部附属AFC西駒演習林における糞虫相
信州大学農学部AFC報告,16:47-54 2018(Mar. 29)
Author:上木岳・泉山茂之
Keywords:糞虫, 指標種, 採集記録, 山岳地域


Season-Specific Habitat Restriction in Asiatic Black Bears, Japan
The Journal of Wildlife Management,81(7):1254–1265 2017(Sep. 01)
Author:C. TAKAHATA, A. TAKII and Shigeyuki IZUMIYAMA


信州大学手良沢山演習林におけるREM 法を用いたニホンジカ(Cervus nippon)の生息密度推定
信州大学農学部AFC報告,15:55-60 2017(Mar. 27)
Author:田中 竜太・高畠 千尋・瀧井 暁子・泉山 茂之
Keywords:カメラトラップ, ニホンジカ, Random Encounter Model, 生息密度推定


2014年長野県大町市におけるツキノワグマの捕獲状況と捕獲個体の人里依存度
信州大学農学部AFC報告,14:51-62 2016(Mar. 30)
Author:中下 留美子・橋本 操・岸元 良輔・瀧井 暁子・鈴木 彌生子・林 秀剛・泉山 茂之
Keywords:大町市, ツキノワグマ, 大量出没, 安定同位体比, 人里依存度


長野県塩尻市における過去10年間のツキノワグマ捕獲状況と捕獲個体の人里依存度
信州大学農学部AFC報告,13:89-98 2015(Mar. 31)
Author:泉山, 茂之; 中下, 留美子; 岸元, 良輔; 瀧井, 暁子; 橋本, 操; 鈴木, 彌生子; 林, 秀剛; 泉山, 茂之; 荒瀬, 輝夫


大量出没年に長野県松本市で捕殺されたツキノワグマ成獣オスの環境利用の変化
信州大学農学部AFC報告,13:99-105 2015(Mar. 31)
Author:瀧井, 暁子; 泉山, 茂之
Keywords:環境利用, 行動圏, GPSテレメトリー, ツキノワグマ, 長野県


Socio-economic potential of co-management policy in protected areas of Bangladesh.
2014(Oct.)
Author:Mohammad Shaheed Hussain Chowdhury, Koike, M. and Shigeyuki Izumiyama


Dietetic use of wild animals and traditional cultural beliefs in the Mro community of Bangladesh: an insight into biodiversity conservation.
,:1-16 2014(Jun.)
Author:Mohammad Shaheed Hussain Chowdhury, Shigeyuki Izumiyama, N.Nazia, N.Muhammed and M. Koike


Community attitudes toward forest cnservation programs through collaborative protected area management in Bangladesh.
2014(Jun.)
Author:Mohammad Shaheed Hussain Chowdhury,C. Gudmundsson, Shigeyuki Izumiyama, M. Koike, N.Nazia, M.P. Rana, S. A. Mukul, N.Muhammed and M. Redowan


Potential threats, their patterns and extent to the protected areas of Bangladesh: A red flag to conservation efforts.
IUCN 2014(Apr.)
Author:Mohammad Shaheed Hussain Chowdhury, Nazia, N., Shigeyuki Izumiyama, Muhammed, N. and Koike, M.


Habitat selection of a large carnivore along human-Wildlife boundaries in a highly modified landscape.
PLOS ONE,9(1):1-12 2014(Apr.)
Author:Chihiro Takahata, S. Nielsen, A. Takii and Shigeyuki Izumiyama


電気柵設置によるツキノワグマの行動の変化
信州大学農学部AFC報告,12:25-32 2014(Mar.)
Author:瀧井暁子・泉山茂之・日吉晶子・細川勇記・小平廣幸・奥原由孝
Keywords:行動追跡, GPS テレメトリー, ツキノワグマ, 電気柵, 被害対策


長野県塩尻市における閉鎖牛舎での捕獲ツキノワグマの家畜飼料依存度
信州大学農学部AFC報告,12:85-90 2014(Mar.)
Author:中下留美子・林秀剛・岸元良輔・鈴木彌生子・瀧井暁子・泉山茂之
Keywords:安定同位対比, 家畜飼料, 食性履歴, ツキノワグマ, 被害


An evaluation of habitat selection of Asiatic black bear in a season of prevalent conflicts.
,24(1):16-26 2013(Oct.)
Author:Takahata C.,S. Nishino,K. Kido and S .Izumiyama


Seasonal and altitudinal migration of Japanese macaque in the Northern Japan Alps.
Gursky-Doyen et al. (eds.),「High altitude Primates」Chapter No.9 2013(Jul.)
Author:Shigeyuki Izumiyama


Place names as an Ecotourism Resource for the Alai Valley of the Kyrgyz Pamir.
,88(2):102-116 2013(Apr.)
Author:Teiji WATANABE, Maksat ANARBAEV, Yang LIU, Takanobu SAWAGAKI, Shigeyuki Izumiyama, Ikuko MIYAHARA and Tetsuya KOMATSU


Alpine steppe vegetation patterns in the Koyondu Valley, Kyrgyz Republic.
,88(2):51-59 2013(Apr.)
Author:Teruo ARASE, Shigeyuki Izumiyama, Maksat ANARBAEV and Alexander VERESCHAGIN


上高地に生息するニホンザルの積雪期における生息環境の温度観測
信州大学農学部AFC報告,11:29-36 2013(Mar.)
Author:泉山茂之
Keywords:上高地, ニホンザル, Macaca fuscata, 積雪期, 温度測定


長野県霧ヶ峰高原におけるニホンジカの草原の利用と電気柵の影響
信州大学農学部AFC報告,11:17-24 2013(Mar.)
Author:瀧井暁子・泉山茂之・奥村忠誠・望月敬史
Keywords:ニホンジカ, 霧ヶ峰, 草原, GPS首輪, 電気柵


長野市街地に出没したツキノワグマは人里に依存していたか?—安定同位体比分析による食性解析.
信州大学農学部AFC報告,11:25-28 2013(Mar.)
Author:泉山茂之・瀧井暁子・中下留美子・岸元良輔・鈴木彌生子・林秀剛


Partial migration and effects of climate on migratory movements of sika deer in Kirigamine Highland, central Japan
MAMMAL STUDY,37(4):331-340 2012(Dec.)
Author:Takii, A; Izumiyama, S; Taguehi, M


Seasonal migration of sika deer in the Oku-Chichibu Mountains, central Japan
Mammal study,37(2):127-137 2012(Jun.)
Author:Akiko Takii, Shigeyuki Izumiyama


塩尻市における牛舎周辺の捕獲ツキノワグマの食性解析
信州大学農学部AFC報告,10:139-144 2012(Mar.)
Keywords:Asiatic black bear, ツキノワグマ, conflict, stable isotope, 食性履歴, food habit


山ノ内町におけるツキノワグマ人身事故の検証
信州大学農学部AFC報告,10:133-138 2012(Mar.)
Keywords:Asiatic black bear, ツキノワグマ, conflict, stable isotope, 人身事故, accident


上高地に生息するニホンザルの積雪期における泊り場の環境選択
信州大学農学部AFC報告,10:75-84 2012(Mar.)
Keywords:積雪期, Snowy, 上高地, Kamikochi, ニホンザル, Japanese macaque, Macaca fuscata, 泊り場, sleeping site, 環境選択


南アルプスのニホンジカはなぜ「お花畑」を目指すのか
「森林サイエンス2」,:124-137 2011(Mar.)
Author:小池正雄ほか


里地・里山に生息するツキノワグマの耕作地への移動経路と利用パターン
信州大学農学部AFC報告,9:27-32 2011(Mar.)
Keywords:ツキノワグマ, Ursus thibetanus, 里地・里山, Satochi-satoyama, 農作物被害, crop damage, 行動追跡, behavior, GPS 首輪, GPS telemetry


中央アルプス北部に生息するニホンザル自然群の季節的環境利用
信州大学農学部AFC報告,9:21-26 2011(Mar.)
Keywords:ニホンザル, Japanese macaque, GPS首輪, GPS collar, 行動追跡, Tracking, 展葉前線, Phenology, ニセアカシア, Locust tree


北アルプスに生息するツキノワグマの生態 -高山帯・亜高山帯の利用-
「日本のクマ-ヒグマとツキノワグマの生物学-」,:209-240 2011(Feb.)


The effect of hunting on the behavior and habitat utilization of sika deer
Mammal study,35:235-241 2010(Jun.)
Author:Toshikatsu Kamei, Shigeyuki Izumiyama


有害鳥獣駆除による捕殺がニホンザル個体群に与える影響
信州大学農学部AFC報告,8:51-56 2010(Mar.)
Keywords:有害捕殺, ニホンザル, Macaca fuscata, 北アルプス, 個体群


大町市周辺に生息するニホンザル自然群の分布の変遷
信州大学農学部AFC報告,8:57-62 2010(Mar.)
Keywords:分布, ニホンザル, Macaca fuscata, 個体群動態, 大町市


Inhabitation of larger mammals in the Alay Valley of the Kyrgyz Republic
Geographical Studies,84:14-21 2009(Jul.)


南アルプス北部の亜高山帯に生息するニホンジカ (Cervus nippon) のGPSテレメトリーによる行動追跡
信州大学農学部AFC報告,7:63-71 2009(Mar.)
Keywords:南アルプス,ニホンジカ,GPSテレメトリー,行動追跡,季節移動


北アルプスに生息するツキノワグマ (Ursus thibetanus) の季節的環境利用
信州大学農学部AFC報告,7:55-62 2009(Mar.)
Keywords:北アルプス,ツキノワグマ,Ursus thibetanus,行動追跡,季節的環境利用


長野県におけるツキノワグマ(Ursus thibetanus)の里地への出没時期と年齢査定による大量出没要因の解明
信州大学農学部AFC報告,6:19-24 2008(Mar.)
Keywords:長野県,ツキノワグマ,年齢分析,大量出没,出没要因


南アルプス北部の亜高山帯に生息するニホンジカ(Cervus nippon)の季節的環境利用
信州大学農学部AFC報告,6:25-32 2008(Mar.)
Keywords:亜高山帯,越冬地,季節移動,ニホンジカ,南アルプス


窒素・炭素安定同位体によるツキノワグマ捕獲個体の養魚場ニジマス加害履歴の推定
哺乳類科学,47(1):19-23 2007(Jun.)


ニホンザルはなぜ槍ヶ岳をめざすのか
「山の世界」第2章、山の環境,:155-164 2004(Jul.)


Seasonal habitat use of the Asiatic black bear(Ursus thibetanus) in the Northern Japan Alps
Mammal study,28(2):1-10 2004(Jan.)


森林限界を越えて-槍ヶ岳のニホンザル-
「ニホンザルの自然誌」,:63-77 2002(Apr.)


Troop size, home range area and seasonal range use of the Japanese macaque in the Northern Japan Alps
Ecological Research,18(5):465-474 2002(Mar.)


上高地におけるニホンザル自然群の遊動の季節性と積雪期の気象条件の影響
霊長類研究,15:343-352 1999(Dec.)


学会発表
GPS tracking of Argali (Ovis ammon) in the Sarychat- Ertash State Reserve of the Kyrgyz Republic: Addressing problem in wildlife management.
National committee of Japan for IGU (International Geographical Union) , 2013 Kyoto regional conference 2013(Aug.)
Author:Shigeyuki Izumiyama

社会活動実績

社会活動等
その他社会活動
平成18年4月 - , 特定非営利活動法人 信州ツキノワグマ研究会 , 理事長