信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

栁澤大輔  ヤナギサワ ダイスケ

教員組織電話番号
教育組織医学部附属病院 形成外科FAX番号
職名助教(特定雇用)メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
頭頸部再建
所属学会
所属学会
日本形成外科学会
日本手外科学会
日本熱傷学会
日本マイクロサージャリー学会
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会
日本頭頸部癌学会
日本頭蓋顎顔面外科学会
日本形成外科手術手技学会
日本褥瘡学会
日本創傷外科学会

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
口蓋裂術後の哺乳におけるシリコンゴム製飲み口(Kiss® 2)の有用性
日本口蓋裂学会雑誌,38(1):86-89 2013
Author:藤田 研也; 杠 俊介; 大坪 美穂; 栁澤 大輔; 戸澤 ゆき; 大畑 えりか; 高清水 一慶; 松尾 清;
Abstract:【目的】口蓋裂手術後の哺乳瓶使用は口蓋裂手術創を圧迫し,創離開を生じる危険性があるため,哺乳瓶使用は制限されることが多く,術後経管栄養を推奨する報告も多い。今回我々は先端の短い形状の飲み口である「シリコンマルチキャップペットボトル用Kiss®2」(ICIデザイン研究所)(以下Kiss2)を口蓋裂術後の経口哺乳に利用した。
【対象と方法】口蓋裂術後の1歳児12人を対象とした。内訳は口蓋裂単独(ICP)6例,片側唇顎口蓋裂(UCLP)5例,両側唇顎口蓋裂(BCLP)1例であった。口蓋裂形成手術翌日よりKiss2,あるいはスプーン,コップによる哺乳を許可した。
【結果】12例中5例では手術翌日よりKiss2による哺乳が可能であった。他の7例については,Kiss2よりもスプーン,コップでの哺乳を好んだ。Kiss2が利用できなかったのは術前に十分な練習ができなかった症例であった。Kiss2使用の成否は,術後の口蓋瘻孔発生,補液必要日数,入院期間に影響を与えなかった。
【考察】口蓋裂手術の縫合創は,哺乳の際に口蓋裂用乳首でちょうど圧迫される位置にある。Kiss2は先端が短い形状であるため,縫合部を直接圧迫しない。口唇で押す力の加減で,出る水分の量を微調整できるため,吸啜力の弱い口蓋裂児でも術前から哺乳が可能であった。使用には若干の慣れが必要であり,術前の練習が必要である。ただし,術後管理としての哺乳制限の必要性については,検討の余地がある。
Keywords:口蓋裂; 哺乳; 術後管理;


口蓋裂術後の哺乳におけるシリコンゴム製のみ口(Kiss R2)の有用性
日本口蓋裂学会雑誌,38:86-89 2013
Author:藤田研也,杠俊介,大坪美穂,栁澤大輔,戸澤ゆき,大畑えりか,高清水一慶,松尾清


アルギン酸塩創傷被覆材を併用した網状植皮術.
熱傷,38:121-126 2012
Author:柳澤大輔、岩澤幹直、加藤浩康、柴 将人


指腹組織を減量した指動脈のみ吻合する指尖部再接着.
日本マイクロ会誌,25:59-64 2012
Author:加藤浩康、岩澤幹直、柳澤大輔、川村達哉、柴 將人


指動脈背側枝皮弁による母指指尖損傷の治療.
日手会誌,28:369-372 2012
Author:加藤浩康、岩澤幹直、柳澤大輔、川村達哉、永井史緒


学会発表
顔面表情筋の遅筋は 収縮すると発熱する ~しかめ面筋と口輪筋での検討~
第107回関西形成外科学会・第49回中部形成外科学会合同学術集会 2014( 月1)
Author:栁澤大輔、松尾清、伴緑也、常川主裕、大畑えりか、金城勇人、杠俊介


瞬目時の閉瞼不全は 涙道閉塞の原因となりうる
第57回日本形成外科学会総会・学術集会 2014( 月9)
Author:栁澤大輔、松尾清、大畑えりか、藤田研也、杠俊介


側頭筋が収縮すると同上部の皮膚温はサーモグラフィ画像で有意に上昇する
第32回日本頭蓋顎顔面外科学会 2014( 1月)
Author:栁澤大輔、松尾清、伴緑也、常川主裕、大畑えりか、金城勇人、杠俊介


顔面表情筋の遅筋は収縮すると発熱する ~しかめ面筋と口輪筋での検討~
第23回日本形成外科学会基礎学術集会 2014( 0月)
Author:栁澤大輔、松尾清、伴緑也、常川主裕、大畑えりか、金城勇人、杠俊介


第13因子欠乏のため術後出血性ショックをきたした腹直筋皮弁再建の1例
第40回日本マイクロサージャリー学会学術集会 2013( 月2)
Author:柳澤大輔、安永能周、戸澤ゆき、杠俊介、松尾清


第13因子欠乏のため術後出血性ショックをきたした腹直筋皮弁再建の1例
第48回日本形成外科学会中部支部学術集会 2013( 月6)
Author:柳澤大輔、安永能周、戸澤ゆき、杠俊介、松尾清


赤外線サーモグラフィを用いた局所感染の評価
第48回日本形成外科学会中部支部学術集会 2013( 月6)
Author:栁澤大輔、松尾清、常川主裕、安永能周、戸澤ゆき


眼瞼形成手術の術後腫脹・血腫の軽減のための生食ガーゼを用いた圧迫ドレッシング
第5回日本創傷外科学会総会・学術集会 2013( 月1)
Author:栁澤大輔、松尾清、伴緑也、伴碧、戸澤ゆき、杠俊介


光刺激瞬目反射は光刺激で瞼を閉じてしまわない人でも起きている。
第47回日本形成外科学会中部支部学術集会 2012( 月7)
Author:常川主裕、松尾 清、藤田研也、矢野志春、伴 緑也、大坪美穂、栁澤大輔、戸澤ゆき


強い閉瞼・しかめ面もミュラー筋機械受容器を引いて、青斑核を刺激して手掌発汗を増やす。
第47回日本形成外科学会中部支部学術集会 2012( 月7)
Author:戸澤ゆき、松尾 清、藤田研也、矢野志春、伴 緑也、大坪美穂、栁澤大輔


顔面神経二重支配側の側頭筋や顔面表情筋の温度は高く、手の温度は冷たい.
第64回日本形成外科学会中部支部信州地方会 2012( 月9)
Author:栁澤大輔、大畑えりか、戸澤ゆき、伴 緑也、伴 碧、矢野志春、松尾 清


口蓋裂術後の経口哺乳、水分摂取における シリコンゴム製飲み口(KissⅡ(R))の 使用経験
.第36回日本口蓋裂学会 2012( 月2)
Author:藤田研也、杠 俊介、松尾 清、大坪美穂、栁澤大輔、戸澤ゆき、大畑えりか、高清水一慶


爪部切断の治療.
第55回日本手外科学会 2012( 月1)
Author:栁澤大輔、岩澤幹直、加藤浩康


腱膜性眼瞼下垂症で顔面表情筋の緊張亢進が原因と考えられる更年期障害の一症状としてのホットフラッシュ.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012( 月1)
Author:栁澤大輔、松尾 清、伴 緑也、伴 碧、柴 將人、大坪美穂、大畑えりか、金城勇人


指動脈背側枝を利用した皮弁再建術.
第55回日本形成外科学会学術集会 2012( 月1)
Author:栁澤大輔、岩澤幹直、加藤浩康


手部再接着後の検討
第55回日本形成外科学会学術集会 2012( 月1)
Author:加藤浩康、岩澤幹直、栁澤大輔、川村達哉


手への遊離皮弁移植例の検討.
第109回信州整形外科懇談会 2012( 月1)
Author:栁澤大輔、岩澤幹直、加藤浩康


努力性開瞼を続けて青斑核のノルアドレナリンが枯渇すると手掌発汗しなくなる.
第30回日本頭蓋顎顔面外科学会 2012( 1月)
Author:戸澤ゆき、松尾 清、伴 緑也、栁澤大輔、大坪美穂、大畑えりか、高清水一慶


涙道閉塞治療における涙道造影CTの活用.
第30回日本頭蓋顎顔面外科学会 2012( 1月)
Author:藤田研也、大坪美穂、栁澤大輔、戸澤ゆき、大畑えりか、高清水一慶、松尾 清


SCIP皮弁と遊離腸骨移植、顎義歯を組み合わせて良好な顔貌を再現し得た上顎全摘後再建の経験.
第30回日本頭蓋顎顔面外科学会 2012( 1月)
Author:安永能周、大畑えりか、戸澤ゆき、栁澤大輔、大坪美穂、松尾 清


顔面表情筋、側頭筋の連続的筋収縮による温度上昇の赤外線サーモグラフィでの動画撮影による評価.
第21回日本形成外科学会基礎学術 2012( 0月)
Author:栁澤大輔、松尾 清、高清水一慶、大畑えりか、大坪美穂、伴 碧、伴 緑也、矢野志春


術者はしかめ面して強く覚醒して手術するので精神発汗・交感神経性発汗と呼ばれる手掌発汗する.
第21回日本形成外科学会基礎学術 2012( 0月)
Author:戸澤ゆき、松尾 清、伴 緑也、栁澤大輔、大坪美穂、大畑えりか、高清水一慶


睫毛反射は睫毛周囲皮膚のTRPV1を刺激することでR2が出る.
第21回日本形成外科学会基礎学術 2012( 0月)
Author:矢野志春、松尾 清、伴 緑也、栁澤大輔、高清水一慶、杠 俊介


顔面表情筋の随意的速筋収縮と不随意的反射的遅筋収縮の分離筋電図学的試み.
第21回日本形成外科学会基礎学術 2012( 0月)
Author:柴 將人、松尾 清、杠 俊介、藤田研也、伴 緑也、栁澤大輔


[シンポジウム2 “まなざし”の科学]まなざしの神経生理学.
第21回日本形成外科学会基礎学術 2012( 0月)
Author:松尾 清、藤田研也、矢野志春、伴 緑也、伴 碧、安永能周、常川主裕大坪美穂、栁澤大輔、戸澤ゆき、大畑えりか、高清水一慶