信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

伊藤広幸  イトウ ヒロユキ

教員組織電話番号
教育組織学術研究・産学官連携推進機構 リサーチアドミニストレーション室FAX番号
職名助教(URA)メールアドレス
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURL

プロフィール

研究分野
産学連携、プロジェクトマネジメント、神経内分泌
所属学会
所属学会
日本神経科学学会
学歴
出身大学院
2010 , 早稲田大学 , 人間科学研究科 , 人間科学専攻

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2008 , 早稲田大学 , 人間科学部

取得学位
博士(人間科学) , 早稲田大学
研究職歴等
研究職歴
2018- , 学術研究・産学官連携推進機構 助教(URA)
2013- , 産学官連携推進本部 助教(特定有期雇用)
2011- , 産学官連携推進本部 研究員
2016-2018 , 経済産業省 関東経済産業局産業技術課 技術企画第一係長
2013-2016 , 科学技術振興機構産学連携展開部 調査員

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
産学連携に関する日中比較
科学技術振興機構中国総合研究交流センター 2015
Author:永野博、森本茂雄、単谷、柳珺、伊藤広幸、細川洋治、木村千恵子、佐藤暢、須佐太樹、李哲、孫福全、康琪、年猛、張少華、陳強、林嫻嵐、余偉


論文
セロトニン神経の性差と生殖制御における役割
人間科学研究,28(1):147-148 2015(Mar. 25)
Author:伊藤 広幸;


Inhibitory role of the serotonergic system on estrogen receptor α expression in the female rat hypothalamus
Neuroscience Letters,583:194-198 2014
Author:Ito, Hiroyuki; Shimogawa, Yuji; Kohagura, Daisuke; Moriizumi, Tetsuji; Yamanouchi, Korehito;


Postnatal changes in the number of serotonin-immunoreactive cells in midbrain raphe nuclei of male rats
Anatomical science international,89(4):199-206 2014
Author:Ito, Hiroyuki; Moriizumi, Tetsuji; Shimogawa, Yuji; Yamanouchi, Korehito;


Sex and regional differences in decrease of serotonin-immunoreactive cells by parachlorophenylalanine in rat raphe nuclei
Neuroscience research,67(1):33-39 2010
Author:Ito, Hiroyuki; Yamanouchi, Korehito;


Sex and regional differences in decrease of estrogen receptor α-immunoreactive cells by estrogen in rat hypothalamus and midbrain
Neuroscience letters,463(2):135-139 2009(Oct. 02)
Author:Shunji Yamada, Daisuke Noguchi, Hiroyuki Ito, Korehito Yamanouchi


学会発表
海外有力大学と比較した教員と職員の割合に関する考察
RA協議会 , RA協議会第5回年次大会 , P-2-7 2019(Sep. 03)
Author:土田 拓, 伊藤 広幸, 垣田 満, 井川 由貴


科研費ステップアップを後押しする科研費分析を目指して - 基盤研究(A)採択者の科研費採択履歴調査とその活用 -
RA協議会 , RA協議会第5回年次大会 , P‐2‐8 2019(Sep. 03)
Author:久保 琢也, 伊藤 広幸


次世代の研究力マップ -博士人材育成を起源とする研究力指標-
RA協議会 , RA協議会第5回年次大会 , P‐5‐5 2019(Sep. 03)
Author:伊藤 広幸, 佐野 恵利子, 二歩 裕


大学経営力向上と地方創生
RA協議会 , RA協議会第4回年次大会 , :pp43 2018(Sep. 20)
Author:伊藤広幸


主要国における分野別論⽂数の動向-2つの書誌データベースの特⻑を知り、活かして、上⼿に活⽤するには-
RA協議会 , RA協議会第4回年次大会 , P-5-1 2018(Sep. 19)
Author:二歩裕, 伊藤広幸, 佐野恵利子


雌ラット脳内エストロゲン受容体 α 発現に対するセロトニン神経系の役割
日本動物学会 , 第85回日本動物学会大会 2014(Sep. 11)
Author:伊藤広幸,下川 雄二,古波蔵 大祐,山内 兄人


Effects of serotonin-synthesis inhibitor, parachlorophenylalanine, on number of estrogen receptor α immunoreactive cells in gonadectomized female and male rats
The 7th International Congress of Neuroendocrinology , :P1-45 2010(Jul. 11)
Author:Hiroyuki Ito, Yuji Shimogawa, Korehito Yamanouchi


セロトニン合成阻害剤投与ラットにおける縫線核セロトニン免疫陽性細胞数の性差
日本動物学会 , 第80回日本動物学会大会 2009(Sep. 17)
Author:伊藤広幸,山内兄人


縫線核セロトニン免疫陽性細胞数に対するp-chlorophenylalaninin投与効果の性差
日本神経科学学会 , 第32回日本神経科学学会大会 2009(Sep. 16)
Author:伊藤広幸,山内兄人


Sex difference of p-chlorophenylalanine-sensitivity in serotonin-immunoreactive cells in rat raphe nuclei
International Congress of Comparative Endocrinology , 16th International Congress of Comparative Endocrinology 2009(Jun. 22)
Author:Hiroyuki Ito, Korehito Yamanouchi


雄ラット中脳縫線核におけるセロトニン免疫陽性細胞数の出生後変化
日本動物学会 , 第79回日本動物学会大会 2008(Sep. 05)
Author:伊藤広幸,山内兄人


Sex and regional differences in number of estrogen receptor alpha immunoreactive cells in the rat brain
Society for Behavioral Neuroendocrinology , 12th annual meeting of Society for Behavioral Neuroendocrinology , :Supple.-P2-51 2008(Jul. 07)
Author:Hiroyuki Ito, Shunji Yamada, Daisuke Noguchi, Korehito Yamanouchi


ラット脳におけるエストロゲンα受容体免疫陽性細胞数の部位差と雌雄差
日本動物学会 , 第78回日本動物学会大会 2007(Sep. 20)
Author:伊藤広幸,野口大輔,山田俊児,山内兄人


その他
セロトニン神経の性差とエストロゲン受容体発現への影響
早稲田大学 , 第20回「性と生殖」公開シンポジウム 人間科学における神経内分泌研究からの展開 2014(Dec. 20)
Author:伊藤広幸