信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

山本洋  ヤマモト ヒロシ

教員組織学術研究院(医学系)電話番号
教育組織医学部 医学科 内科学第一FAX番号
職名准教授メールアドレス
住所ホームページURL

プロフィール

研究分野
呼吸器内科
現在の研究課題
間質性肺炎
キーワード:間質性肺炎
IgG4関連疾患

学歴
取得学位
医学博士 , 信州大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
Comparison of the chemokine profiles in the bronchoalveolar lavage fluid between IgG4-related respiratory disease and sarcoidosis: CC-chemokine ligand 1 might be involved in the pathogenesis of sarcoidosis
CYTOKINE,120:125-129 2019(Aug.)
Author:Yamamoto, Hiroshi; Yasuo, Masanori; Komatsu, Masamichi; Ushiki, Atsuhito; Hamano, Hideaki; Hori, Atsushi; Nakajima, Tomoyuki; Uehara, Takeshi; Fujinaga, Yasunari; Matsui, Shoko; Hanaoka, Masayuki;


局所麻酔下軟性気管支鏡で摘出し得た長期介在気管支異物(歯冠補綴物)の1例
気管支学,41(2):127-132 2019
Author:所 弥生;安尾 将法;吾妻 俊彦;山本 洋;谷 直樹;小池 剛史;花岡 正幸
Abstract:

背景.長期介在気管支異物は,気管支鏡的な摘出に難渋することが多い.症例.76歳男性.脳出血後遺症で意識障害があり,永久気管切開後であった.3カ月前に他院にて肺炎と診断され,治療を受けた.今回,膿性痰と発熱を主訴に他院で肺炎と診断された.胸部X線写真で右下肺野に気管支異物を認め,処置目的に当院へ転院した.3カ月前の胸部X線写真で既に異物を認め,長期介在気管支異物と判断した.気管支鏡検査で異物およびその周辺に著明な肉芽を認めたが,肺膿瘍による膿性分泌物のため視野確保困難であった.抗菌薬投与後に膿性分泌物は減り,肉芽は縮小し,アルゴンプラズマ凝固(argon plasma coagulation:APC)併用により局所麻酔下軟性気管支鏡で合併症なく異物(歯冠補綴物)を摘出した.結論.長期介在気管支異物で著明な肉芽を認めた場合でも,抗菌薬の使用,APCによる肉芽の焼灼,凝固による止血の併用により軟性鏡でも安全に除去し得る症例がある.


Keywords:気管支異物;軟性気管支鏡;長期介在異物;アルゴンプラズマ凝固;歯冠補綴物


Virtual bronchoscopic navigation as an aid to CT-guided transbronchial biopsy improves the diagnostic yield for small peripheral pulmonary lesions
RESPIROLOGY,23(11):1049-1054 2018(Nov.)
Author:Kato, Akane; Yasuo, Masanori; Tokoro, Yayoi; Kobayashi, Takashi; Ichiyama, Takashi; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Urushihata, Kazuhisa; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki;


CLINICAL PROGNOSIS OF ACUTE EXACERBATION OF COMBINED PULMONARY FIBROSIS AND EMPHYSEMA
RESPIROLOGY,23:272-272 2018(Nov.)
Author:Ikuyama, Yuichi; Ushiki, Atsuhito; Kosaka, Makoto; Jumpei, Akahane; Kitaguchi, Yoshiaki; Tateishi, Kazunari; Urushihata, Kazuhisa; Yasuo, Masanori; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki;


RISK FACTORS OF DISCONTINUATION OF MULTIPLE DRUGS TREATMENT OF MAC LUNG DISEASE
RESPIROLOGY,23:187-187 2018(Nov.)
Author:Ushiki, Atsuhito; Akahane, Junpei; Ikuyama, Yuichi; Kosaka, Makoto; Kitaguchi, Yoshiaki; Tateishi, Kazunari; Urushihata, Kazuhisa; Yasuo, Masanori; Yamamoto, Hiroshi; Hanaoka, Masayuki;


Rapid point-of-care testing for epidermal growth factor receptor gene mutations in patients with lung cancer using cell-free DNA from cytology specimen supernatants
INTERNATIONAL JOURNAL OF ONCOLOGY,52(6):2110-2118 2018(Jun.)
Author:Asaka, Shiho; Yoshizawa, Akihiko; Saito, Kazusa; Kobayashi, Yukihiro; Yamamoto, Hiroshi; Negishi, Tatsuya; Nakata, Rie; Matsuda, Kazuyuki; Yamaguchi, Akemi; Honda, Takayuki;


Utility of bronchial lavage fluids for epithelial growth factor receptor mutation assay in lung cancer patients: Comparison between cell pellets, cell blocks and matching tissue specimens
ONCOLOGY LETTERS,15(2):1469-1474 2018(Feb.)
Author:Asaka, Shiho; Yoshizawa, Akihiko; Nakata, Rie; Negishi, Tatsuya; Yamamoto, Hiroshi; Shiina, Takayuki; Shigeto, Shohei; Matsuda, Kazuyuki; Kobayashi, Yukihiro; Honda, Takayuki;


Bevacizumab-induced tracheoesophageal fistula in a patient suffering from lung cancer with bulky subcarinal lymph node: a case report
NAGOYA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE,80(1):129-134 2018(Feb.)
Author:Nishie, Kenichi; Yasuo, Masanori; Kitaguchi, Yoshiaki; Kobayashi, Nobumitsu; Tateishi, Kazunari; Ushiki, Atsuhito; Urushihata, Kazuhisa; Yamamoto, Hiroshi; Ideura, Gen; Hanaoka, Masayuki;


Serum soluble interleukin-2 receptor as a biomarker in immunoglobulin G4-related disease
MODERN RHEUMATOLOGY,28(5):838-844 2018
Author:Handa, Tomohiro; Matsui, Shoko; Yoshifuji, Hajime; Kodama, Yuzo; Yamamoto, Hiroshi; Minamoto, Seijiro; Waseda, Yuko; Sato, Yasuharu; Kubo, Keishi; Mimori, Tsuneyo; Chiba, Tsutomu; Hirai, Toyohiro; Mishima, Michiaki;


High vaccination coverage is associated with low epidemic level of seasonal influenza in elementary schools: an observational study in Matsumoto City, Japan
BMC INFECTIOUS DISEASES,18:- 2018
Author:Uchida, Mitsuo; Kaneko, Minoru; Hidaka, Yoshihiko; Yamamoto, Hiroshi; Honda, Takayuki; Takeuchi, Shouhei; Saito, Masaya; Kawa, Shigeyuki;


高周波スネアにより切除した気管支内神経鞘腫の1例
気管支学,40(3):206-210 2018
Author:曽根原 圭;安尾 将法;堀内 俊道;加藤 あかね;小林 信光;牛木 淳人;山本 洋;花岡 正幸
Abstract:

背景.気管支原発の神経鞘腫は稀な良性腫瘍である.近年,本邦では気管支鏡下に高周波スネアを用いて切除する報告例が増えてきている.症例.47歳,女性.咳嗽,発熱を主訴に前医を受診し,閉塞性肺炎と診断された.胸部CTで右主気管支に腫瘤を認め,気管支鏡検査で右主気管支から気管分岐部にかけて表面平滑な有茎性の腫瘤を認めた.組織診で悪性細胞を認めず,気管支鏡下切除の適応と判断された.高周波スネアを用いて切離し,残存腫瘤に対してはAPC(argon plasma coagulation)焼灼を追加した.生検検体で神経鞘腫と診断した.切除10カ月後の気管支鏡検査で再発は認めていない.結論.気管支原発良性腫瘍に対する高周波スネアを用いた切除術は,安全性や侵襲性の観点からも有用である.今後さらに適応が拡大していくと考えられる.


Keywords:気管支腫瘍;神経鞘腫;高周波スネア


Lack of Association of Serotonin 2A Receptor Gene in Japanese Patients with Obstructive Sleep Apnea Syndrome
信州医学雑誌,65(3):153-162 2017(Jun. 10)
Author:Ikegawa K, Ota M, Kobayashi N, Droma Yunden, Yaegashi H, Nishizawa M, Yasuo M, Urushihata K, Yamamoto H, Hanaoka M


IgG4関連呼吸器疾患
信州医学雑誌,65(2):81-91 2017(Apr. 10)
Author:山本洋


A novel, rapid point-of-care test for lung cancer patients to detect epidermal growth factor receptor gene mutations by using real-time droplet-PCR and fresh liquid cytology specimens
ONCOLOGY REPORTS,37(2):1020-1026 2017(Feb.)
Author:Asaka, Shiho; Yoshizawa, Akihiko; Matsuda, Kazuyuki; Yamaguchi, Akemi; Yamamoto, Hiroshi; Shiina, Takayuki; Nakata, Rie; Ogawa, Kaoru; Zhang, Meng; Honda, Takayuki;


A novel, rapid point-of-care test for lung cancer patients to detect epidermal growth factor receptor gene mutations by using real-time droplet-PCR and fresh liquid cytology specimens.
Oncol Rep,37(2):1020-1026 2017(Feb.)
Author:Asaka S, Yoshizawa A, Matsuda K, Yamaguchi A, Yamamoto H, Shiina T, Nakata R, Ogawa K, Zhang M, Honda T.


Associations between the distance covered in the incremental shuttle walk test and lung function and health status in patients with chronic obstructive pulmonary disease.
Respir Investig,55(1):33-38 2017(Jan.)
Author:Ushiki A, Nozawa S, Yasuo M, Urushihata K, Yamamoto H, Hanaoka M, Fujimoto K.


The usefulness of monomeric periostin as a biomarker for idiopathic pulmonary fibrosis
PLOS ONE,12(3):- 2017
Author:Ohta, Shoichiro; Okamoto, Masaki; Fujimoto, Kiminori; Sakamoto, Noriho; Takahashi, Koichiro; Yamamoto, Hiroshi; Kushima, Hisako; Ishii, Hiroshi; Akasaka, Keiichi; Ono, Junya; Kamei, Ayami; Azuma, Yoshinori; Matsumoto, Hisako; Yamaguchi, Yukie; Aihara, Michiko; Johkoh, Takeshi; Kawaguchi, Atsushi; Ichiki, Masao; Sagara, Hironori; Kadota, Jun-ichi; Hanaoka, Masayuki; Hayashi, Shin-ichiro; Kohno, Shigeru; Hoshino, Tomoaki; Izuhara, Kenji; Consortium Dev Diagnost Pulm Fibro;


IgG4関連呼吸器疾患
信州医学雑誌,65(2):81-91 2017
Author:山本 洋
Keywords:IgG4関連呼吸器疾患;リンパ路;サルコイドーシス;肺癌;間質性肺炎


IgG4関連呼吸器疾患
信州医学雑誌,65(2):81-91 2017
Author:山本 洋
Keywords:IgG4関連呼吸器疾患;リンパ路;サルコイドーシス;肺癌;間質性肺炎


Effectiveness of vaccination and wearing masks on seasonal influenza in Matsumoto City, Japan, in the 2014/2015 season: An observational study among all elementary schoolchildren.
Prev Med Rep,5:86-91 2016(Dec.)
Author:Uchida M, Kaneko M, Hidaka Y, Yamamoto H, Honda T, Takeuchi S, Saito M, Kawa S.


Clinical Course and Changes in High-Resolution Computed Tomography Findings in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis without Honeycombing.
PLoS One,11(11):e0166168 2016(Nov.)
Author:Yamauchi H, Bando M, Baba T, Kataoka K, Yamada Y, Yamamoto H, Miyamoto A, Ikushima S, Johkoh T, Sakai F, Terasaki Y, Hebisawa A, Kawabata Y, Sugiyama Y, Ogura T.


【IgG4関連疾患:全身から肝胆膵の病態に迫る】 知っておくべき他臓器病変と鑑別疾患 肺病変はどこまで明らかになったのか?
肝・胆・膵,73(4):567-576 2016(Oct.)
Author:山本洋, 浅香志穂, 上原剛, 川上聡, 浜野英明, 川茂幸


The histological characteristics and clinical outcomes of lung cancer in patients with combined pulmonary fibrosis and emphysema.
Cancer Med,5(10):2721-2730 2016(Oct.)
Author:Zhang M, Yoshizawa A, Kawakami S, Asaka S, Yamamoto H, Yasuo M, Agatsuma H, Toishi M, Shiina T, Yoshida K, Honda T, Ito KI.


Combination of virtual bronchoscopic navigation with conventional transbronchial needle aspiration in the diagnosis of peribronchial pulmonary lesions located in the middle third of the lungs.
Respir Investig,54(5):355-63 2016(Sep.)
Author:Yasuo M, Kobayashi T, Hama M, Ichiyama T, Horiuchi T, Yamamoto H, Kawakami S, Hamanaka K, Honda T, Hanaoka M.


Prospective epidemiological evaluation of seasonal influenza in all elementary schoolchildren in Matsumoto City, Japan, in 2014/2015.
Jpn J Infect Dis,in press 2016(Aug.)
Author:Uchida M, Kaneko M, Hidaka Y, Yamamoto H, Honda T, Takeuchi S, Saito M, Kawa S.


A case of pulmonary Mycobacterium avium infection in an immunocompetent patient who showed a huge consolidation with a high FDG uptake on PET/CT.
Respir Med Case Rep,19:49-52 2016(Jul.)
Author:Kato A, Yamamoto H, Ikeda M, Tateishi K, Ushiki A, Yasuo M, Kawakami S, Asaka S, Oguchi K, Hanaoka M.


Proposed diagnostic criteria for IgG4-related respiratory disease.
Respir Investig,54(2):130-2 2016(Mar.)
Author:Matsui S, Yamamoto H, Minamoto S, Waseda Y, Mishima M, Kubo K.


Nivolumab-induced organizing pneumonia in a melanoma patient.
Jpn J Clin Oncol,46(3):270-2 2016(Mar.)
Author:Sano T, Uhara H, Mikoshiba Y, Kobayashi A, Uchiyama R, Tateishi K, Yamamoto H, Okuyama R.


Clinical Course and Changes in High Resolution Computed Tomography Findings in Patients with Idiopathic Pulmonary Fibrosis without Honeycombing
PLOS ONE,11(11):- 2016
Author:Yamauchi, Hiroyoshi; Bando, Masashi; Baba, Tomohisa; Kataoka, Kensuke; Yamada, Yoshihito; Yamamoto, Hiroshi; Miyamoto, Atsushi; Ikushima, Soichiro; Johkoh, Takeshi; Sakai, Fumikazu; Terasaki, Yasuhiro; Hebisawa, Akira; Kawabata, Yoshinori; Sugiyama, Yukihiko; Ogura, Takashi;


Cytokine profiles in the BAL fluid of IgG(4)-related respiratory disease compared with sarcoidosis.
ERJ Open Res,1(2):00009-2015 2015(Oct.)
Author:Yamamoto H, Yasuo M, Ichiyama T, Ushiki A, Hanaoka M, Hamano H, Uehara T, Kawakami S, Matsui S, Kubo K.


IgG4関連疾患における最近の進歩 IgG4関連呼吸器疾患
日本内科学会雑誌,104(9):1848-1852 2015(Sep.)
Author:久保惠嗣, 松井祥子, 山本洋


【ARDS】 ARDSの診断
呼吸器内科,28(2):92-96 2015(Aug.)
Author:山本洋, 花岡正幸


IgG4関連呼吸器疾患の診断基準
日本呼吸器学会誌,4(1):129-132 2015(Jan.)
Author:松井祥子, 山本洋, 源誠二郎, 早稲田優子, 三嶋理晃, 久保惠嗣


【間質性肺炎-診断検査の進歩-】 特発性間質性肺炎の臨床
臨床化学,44(1):5-9 2015(Jan.)
Author:山本洋


気管支結核加療後、長期経過を経て気管支狭窄をきたした1例
気管支学,37(1):28-32 2015(Jan.)
Author:小松雅宙, 安尾将法, 濱峰幸, 立石一成, 伊東理子, 牛木淳人, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸


気管支結核加療後,長期経過を経て気管支狭窄をきたした1例
気管支学,37(1):28-32 2015
Author:小松 雅宙;安尾 将法;濱 峰幸;立石 一成;伊東 理子;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸
Abstract:背景.気管支結核加療後の長期経過は不明である.症例. 71歳,女性. 25歳時に気管支結核と診断され抗結核薬による治療を受けた. 57歳時に喘鳴を主訴に前医を受診し,胸部CTで左主気管支狭窄を指摘された. 59歳時に他院で気道拡張術を受け,その後経過観察されていたが,再狭窄をきたし紹介となった.精査中に左閉塞性肺炎となり入院した.気管支鏡検査にて,左主気管支はほぼ完全閉塞しており,気管支結核後の瘢痕型狭窄と考えた.閉塞部位は同定可能で薄い膜状の閉塞であり,高周波ナイフ,バルーン,アルゴンプラズマ凝固法による拡張術を施行して改善した.術後,半年の経過で再狭窄は認めていない.結論.気管支結核治療後,長期経過を経て気道狭窄をきたすことがある.喘鳴の鑑別診断として気管支結核の既往を考慮すべきである.
Keywords:気管支結核;気管支狭窄;気管支鏡


14. 経皮的心肺補助(PCPS)を併用し硬性気管支鏡下に腫瘍切除・シリコンステント挿入を行った腎細胞癌気管転移の1例(第152回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(3):- 2015
Author:小松 雅宙;安尾 将法;市山 崇史;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


O14-3 ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)で陰影が同定不能であった場合の診断法の工夫(末梢小型腫瘤の診断率向上のための戦略,Oralセッション14,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,37:- 2015
Author:安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小松 雅宙;濱 峰幸;市山 崇史;小林 孝至;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿


9. ラリンジアルマスク下に摘出した小児声門下気道異物の1例(第153回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(5):- 2015
Author:小坂 充;安尾 将法;市山 崇史;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


5.びまん性に中枢気道の狭窄を認めた多発血管炎性肉芽腫症の1例(第154回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(6):693-694 2015
Author:濱 峰幸;町田 良亮;立石 一成;牛木 淳人;安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸


IgG4 関連疾患とサルコイドーシスにおける FDG-PET 所見の比較検討
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,35(1):64-2-64-2 2015
Author:山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;久保 惠嗣;川上 聡;浅香 志穂;浜野 英明;川 茂幸;矢崎 善一;小口 和浩;松井 祥子;小松 雅宙;小澤 陽子;安尾 将法;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人
Abstract:これまで我々は、Sarcoidosis(Sa)と類似した CT 所見を呈する IgG4 関連疾患(IgG4-RD)について報告してきた。本研究では、 IgG4-RD と Sa の PET/CT 所見について後方視的に比較検討を行 った。 対象は 2004 年から 2015 年の期間に当科を受診し、臨床診断が確 定した症例。PET/CT を施行して両側肺門〜縦隔リンパ節腫脹 (BHL)が認められた、連続した IgG4-RD:23 例(中央値 69(43 〜82)歳、男:女=19:4)と Sa:22 例(60(24〜80)歳、4:18)。 IgG4-RD の主病変は膵:15 例、呼吸器:4 例、唾液腺:3 例、尿 道周囲:1 例であった。IgG4-RD の方が高齢で、男性が多かった。 FDG 集積の有無についてχ2検定を行い、p<0.05 を有意とした。 IgG4-RD では涙腺、顎下線、膵、後腹膜、動脈周囲に、Sa では 鎖骨上リンパ節、鼠径リンパ節、軟部組織に、有意に高率の FDG 集積が認められた。なお、本研究では心臓に異常集積がみられた 症例はなかった。PET/CT の FDG 集積分布パターンは、BHL を 呈する IgG4-RD と Sa の鑑別に有用であると考えられた。


4)IgG4関連呼吸器疾患
日本内科学会雑誌,104(9):1848-1852 2015
Author:久保 惠嗣;松井 祥子;山本 洋
Keywords:IgG4関連疾患;IgG4関連呼吸器疾患;診断基準


気管支結核加療後,長期経過を経て気管支狭窄をきたした1例
気管支学,37(1):28-32 2015
Author:小松 雅宙;安尾 将法;濱 峰幸;立石 一成;伊東 理子;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸
Abstract:背景.気管支結核加療後の長期経過は不明である.症例. 71歳,女性. 25歳時に気管支結核と診断され抗結核薬による治療を受けた. 57歳時に喘鳴を主訴に前医を受診し,胸部CTで左主気管支狭窄を指摘された. 59歳時に他院で気道拡張術を受け,その後経過観察されていたが,再狭窄をきたし紹介となった.精査中に左閉塞性肺炎となり入院した.気管支鏡検査にて,左主気管支はほぼ完全閉塞しており,気管支結核後の瘢痕型狭窄と考えた.閉塞部位は同定可能で薄い膜状の閉塞であり,高周波ナイフ,バルーン,アルゴンプラズマ凝固法による拡張術を施行して改善した.術後,半年の経過で再狭窄は認めていない.結論.気管支結核治療後,長期経過を経て気道狭窄をきたすことがある.喘鳴の鑑別診断として気管支結核の既往を考慮すべきである.
Keywords:気管支結核;気管支狭窄;気管支鏡


14. 経皮的心肺補助(PCPS)を併用し硬性気管支鏡下に腫瘍切除・シリコンステント挿入を行った腎細胞癌気管転移の1例(第152回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(3):- 2015
Author:小松 雅宙;安尾 将法;市山 崇史;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


O14-3 ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)で陰影が同定不能であった場合の診断法の工夫(末梢小型腫瘤の診断率向上のための戦略,Oralセッション14,第38回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,37:- 2015
Author:安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小松 雅宙;濱 峰幸;市山 崇史;小林 孝至;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿


9. ラリンジアルマスク下に摘出した小児声門下気道異物の1例(第153回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(5):- 2015
Author:小坂 充;安尾 将法;市山 崇史;小林 信光;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


5.びまん性に中枢気道の狭窄を認めた多発血管炎性肉芽腫症の1例(第154回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,37(6):693-694 2015
Author:濱 峰幸;町田 良亮;立石 一成;牛木 淳人;安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸


IgG4 関連疾患とサルコイドーシスにおける FDG-PET 所見の比較検討
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,35(1):64-2-64-2 2015
Author:山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;久保 惠嗣;川上 聡;浅香 志穂;浜野 英明;川 茂幸;矢崎 善一;小口 和浩;松井 祥子;小松 雅宙;小澤 陽子;安尾 将法;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人
Abstract:これまで我々は、Sarcoidosis(Sa)と類似した CT 所見を呈する IgG4 関連疾患(IgG4-RD)について報告してきた。本研究では、 IgG4-RD と Sa の PET/CT 所見について後方視的に比較検討を行 った。 対象は 2004 年から 2015 年の期間に当科を受診し、臨床診断が確 定した症例。PET/CT を施行して両側肺門〜縦隔リンパ節腫脹 (BHL)が認められた、連続した IgG4-RD:23 例(中央値 69(43 〜82)歳、男:女=19:4)と Sa:22 例(60(24〜80)歳、4:18)。 IgG4-RD の主病変は膵:15 例、呼吸器:4 例、唾液腺:3 例、尿 道周囲:1 例であった。IgG4-RD の方が高齢で、男性が多かった。 FDG 集積の有無についてχ2検定を行い、p<0.05 を有意とした。 IgG4-RD では涙腺、顎下線、膵、後腹膜、動脈周囲に、Sa では 鎖骨上リンパ節、鼠径リンパ節、軟部組織に、有意に高率の FDG 集積が認められた。なお、本研究では心臓に異常集積がみられた 症例はなかった。PET/CT の FDG 集積分布パターンは、BHL を 呈する IgG4-RD と Sa の鑑別に有用であると考えられた。


4)IgG4関連呼吸器疾患
日本内科学会雑誌,104(9):1848-1852 2015
Author:久保 惠嗣;松井 祥子;山本 洋
Keywords:IgG4関連疾患;IgG4関連呼吸器疾患;診断基準


Hypertrophic Pulmonary Osteoarthropathy in Anaplastic Lymphoma Kinase (ALK)-positive Lung Cancer.
Intern Med,54(16):2045-9 2015
Author:Komatsu M, Yasuo M, Kobayashi N, Tateishi K, Ushiki A, Urushihata K, Yamamoto H, Hanaoka M, Matoba H, Honda T, Ichikawa K.


P2-9-6 気管支結核の治療から長期経過を経て発症した気道狭窄の2例(気道狭窄,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,36:- 2014
Author:小松 雅宙;安尾 将法;濱 峰幸;立石 一成;伊東 理子;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


33.硬性鏡下気道拡張術による気道確保後に放射線化学療法を行った気管支原発腺様嚢胞癌の1例(第150回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,36(6):- 2014
Author:鈴木 祐介;濱 峰幸;安尾 将法;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


IgG4関連疾患の呼吸器病変とBAL液中サイトカイン濃度:sarcoidosisとの比較
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,34(1):51-1-51-1 2014
Author:山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣;川上 聡;吉澤 明彦;浜野 英明;川 茂幸;松井 祥子;安尾 将法;堀内 俊道;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人;漆畑 一寿


P2-9-6 気管支結核の治療から長期経過を経て発症した気道狭窄の2例(気道狭窄,一般演題(ポスター),第37回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,36:- 2014
Author:小松 雅宙;安尾 将法;濱 峰幸;立石 一成;伊東 理子;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


33.硬性鏡下気道拡張術による気道確保後に放射線化学療法を行った気管支原発腺様嚢胞癌の1例(第150回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,36(6):- 2014
Author:鈴木 祐介;濱 峰幸;安尾 将法;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸


IgG4関連疾患の呼吸器病変とBAL液中サイトカイン濃度:sarcoidosisとの比較
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会雑誌,34(1):51-1-51-1 2014
Author:山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣;川上 聡;吉澤 明彦;浜野 英明;川 茂幸;松井 祥子;安尾 将法;堀内 俊道;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;小林 信光;牛木 淳人;漆畑 一寿


MALDI-TOF MSによる気管支肺胞洗浄液中ホスファチジルコリン・リゾホスファチジルコリンの分析
臨床化学,43:313-319 2014
Author:木戸口周平,堀敦詞,山本洋,菅野光俊,本郷実,本田孝行,日高宏哉


Epithelial-mesenchymal transition of A549 cells is enhanced by co-cultured with THP-1 macrophages under hypoxic conditions
Biochemical and Biophysical Research Communications,453:804-809 2014
Author:Sueki A, Matsuda K, Iwashita C, Taira C, Ishimine N, Shigeto S, Kawasaki K, Sugano M, Yamamoto H, Honda T


Late-onset Rejection of a Unilateral Donor Lung with Vascular C4d Deposition in Bilateral Living-donor Lobar Lung Transplantation: An Autopsy Case Report
Intern Med,53:1645-1650 2014
Author:Yamamoto H, Yoshida K, Koizumi T, Tokoro Y, Fukushima T, Tateishi K, Ushiki A, Yokoyama T, Yasuo M, Urushihata K, Hanaoka M, Shingu K, Shimojo H, Kanno H, Yoshizawa A, Kawakami S, Miyagawa-Hayashino A, Date H, Kubo K


SY2-4 当院で施行したCTガイド下気管支鏡254件の検討(呼吸器内視鏡が目指すもの(気管支鏡,胸腔鏡,縦隔鏡,バーチャルナビゲーション),シンポジウム2,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:小林 孝至;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣;安尾 将法;市山 崇史;濱 峰幸;所 弥生;堀内 俊道;西澤 理子;立石 一成;牛木 淳人


O14-2 バーチャル気管支鏡ナビゲーション併用/非併用CTガイド下気管支鏡の前向き研究(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣;小林 孝至;所 弥生;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋


O14-4 肺野中間領域の病変に対するバーチャル気管支鏡ナビゲーションを併用した穿刺吸引細胞診の試み(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣;小林 孝至;所 弥生;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋


わが国におけるインフルエンザ(H1N1)2009に対する学校閉鎖の効果
日本衛生学雑誌,68(2):103-117 2013
Author:内田 満夫;金子 稔;山本 洋;本田 孝行;川 茂幸
Abstract:Schools were closed worldwide during the 2009 influenza A/H1N1 pandemic to prevent the viral spread; however, to date, there has been insufficient evidence to conclude that the closures were beneficial. Therefore, in the present review, we evaluated the effects of school closure during the 2009 influenza A/H1N1 pandemic in Japan. A search of PubMed and Japanese journals identified 24 articles that evaluated the effects of school closure using the following methods: descriptive epidemiology, changes in absenteeism rate, a simulation model, and reproductive number. Almost all of the retrieved studies showed that school closure effectively reduced the number of new infections and thus subsequently suppressed the epidemic. On the other hand, two major sets of confounding variables were identified. First, the effect of school closure was confounded by the methods used to measure, viral infectivity, subject characteristics, increased immunization rates, nonpharmaceutical interventions, antiviral administration, student contact patterns during school closure, and individual household environments. Secondly, school closure implementation was affected by differences between proactive and reactive closures, differences between seasonal and pandemic influenza, decision factors regarding school closure, socioeconomic cost, and ethics of imposing restrictions on individuals. Therefore, a comprehensive, longitudinal study is necessary to clarify the effects of school closure during viral pandemics.

Keywords:インフルエンザ(H1N1)2009;パンデミック;学校閉鎖;文献レビュー


SY2-4 当院で施行したCTガイド下気管支鏡254件の検討(呼吸器内視鏡が目指すもの(気管支鏡,胸腔鏡,縦隔鏡,バーチャルナビゲーション),シンポジウム2,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:小林 孝至;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣;安尾 将法;市山 崇史;濱 峰幸;所 弥生;堀内 俊道;西澤 理子;立石 一成;牛木 淳人


O14-2 バーチャル気管支鏡ナビゲーション併用/非併用CTガイド下気管支鏡の前向き研究(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣;小林 孝至;所 弥生;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋


O14-4 肺野中間領域の病変に対するバーチャル気管支鏡ナビゲーションを併用した穿刺吸引細胞診の試み(仮想気管支鏡-1,一般演題口演,第36回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,35:- 2013
Author:安尾 将法;花岡 正幸;久保 惠嗣;小林 孝至;所 弥生;濱 峰幸;市山 崇史;立石 一成;牛木 淳人;漆畑 一寿;山本 洋


わが国におけるインフルエンザ(H1N1)2009に対する学校閉鎖の効果
日本衛生学雑誌,68(2):103-117 2013
Author:内田 満夫;金子 稔;山本 洋;本田 孝行;川 茂幸
Abstract:Schools were closed worldwide during the 2009 influenza A/H1N1 pandemic to prevent the viral spread; however, to date, there has been insufficient evidence to conclude that the closures were beneficial. Therefore, in the present review, we evaluated the effects of school closure during the 2009 influenza A/H1N1 pandemic in Japan. A search of PubMed and Japanese journals identified 24 articles that evaluated the effects of school closure using the following methods: descriptive epidemiology, changes in absenteeism rate, a simulation model, and reproductive number. Almost all of the retrieved studies showed that school closure effectively reduced the number of new infections and thus subsequently suppressed the epidemic. On the other hand, two major sets of confounding variables were identified. First, the effect of school closure was confounded by the methods used to measure, viral infectivity, subject characteristics, increased immunization rates, nonpharmaceutical interventions, antiviral administration, student contact patterns during school closure, and individual household environments. Secondly, school closure implementation was affected by differences between proactive and reactive closures, differences between seasonal and pandemic influenza, decision factors regarding school closure, socioeconomic cost, and ethics of imposing restrictions on individuals. Therefore, a comprehensive, longitudinal study is necessary to clarify the effects of school closure during viral pandemics.

Keywords:インフルエンザ(H1N1)2009;パンデミック;学校閉鎖;文献レビュー


Primary Malignant Sarcomatoid Mesothelioma in the Pericardium
INTERNAL MEDICINE,52(2):249-253 2013
Author:Tateishi, K; Ikeda, M; Yokoyama, T; Urushihata, K; Yamamoto, H; Hanaoka, M; Kubo, K; Sakai, Y; Nakayama, J; Koizumi, T


Clinical characteristics and outcomes of patients with small cell lung cancer detected by CT screening
MEDICAL ONCOLOGY,30(3):623 2013
Author:Fukushima, T; Tateishi, K; Yamamoto, H; Hanaoka, M; Kubo, K; Koizumi, T


わが国におけるインフルエンザ(H1N1)2009に対する学校閉鎖の効果
日本衛生学雑誌,68(2):103-117 2013
Author:内田, 満夫; 金子, 稔; 山本, 洋; 本田, 孝行; 川, 茂幸


「一目瞭然! 目で診る症例」問題
日本内科学会雑誌,101(2):517-519 2012(Feb. 10)
Author:山本 洋;藤本 圭作;藤田 顕;川上 聡
Keywords:腹部大動脈瘤;腸腰筋内穿破;肺気腫


「一目瞭然! 目で診る症例」問題
日本内科学会雑誌,101(2):517-519 2012(Feb. 10)
Author:山本 洋;藤本 圭作;藤田 顕;川上 聡
Keywords:腹部大動脈瘤;腸腰筋内穿破;肺気腫


P014 ブデソニド/ホルモテロール配合薬の呼吸機能とQOLにおける効果(成人気管支喘息,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会)
アレルギー,61(3):- 2012
Author:池川 香代子;花岡 正幸;久保 惠嗣;濱 峰幸;小林 信光;牛木 淳人;安尾 将法;小松 佳道;倉石 博;平山 二郎;山本 洋


W2-5 診断確定目的に施行したEBUS-TBNAの検討(EBUS-TBNA,ワークショップ2,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,34:- 2012
Author:安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣;野村 弥生;池川 香代子;小林 信光;堀内 俊道;牛木 淳人;伊東 理子;小林 孝至;漆畑 一寿


診断および治療経過を観察できた肺腺癌小腸転移の1例
肺癌,52(3):310-314 2012
Author:立石 一成;小泉 知展;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣
Abstract:背景.生前中に肺癌患者の転移性小腸腫瘍の診断は困難であるが,ダブルバルーン小腸内視鏡によって診断される報告が散見される.症例.62歳男性.黒色便と貧血を主訴に受診された.胸部単純X線写真で異常影を認め,肺癌が疑われた.出血源の検索に上部・下部消化管内視鏡,腹部造影CTを行ったが,出血源は特定できなかった.カプセル内視鏡およびダブルバルーン小腸内視鏡を施行し,上部空腸に潰瘍を伴う隆起性病変を認めた.空腸組織の組織診断で異型細胞を認め,免疫染色でthyroid transcription factor-1(TTF-1)およびPE10が陽性であった.肺原発の低分化型腺癌および転移性小腸腫瘍と診断した.化学療法としてcisplatinおよびpemetrexed併用療法を4コース施行した.経過中に腹部症状は認めなかった.肺野病変は不変であった.化学療法後,ダブルバルーン小腸内視鏡を再検したところ潰瘍は瘢痕化し,輸血を施行せずに貧血は改善した.結語.肺癌からの転移性小腸腫瘍における化学療法の治療効果を内視鏡的に観察した報告はないため,報告した.

Keywords:肺腺癌;小腸転移;ダブルバルーン小腸内視鏡;カプセル内視鏡;化学療法


P014 ブデソニド/ホルモテロール配合薬の呼吸機能とQOLにおける効果(成人気管支喘息,ポスターセッション,第24回日本アレルギー学会春季臨床大会)
アレルギー,61(3):- 2012
Author:池川 香代子;花岡 正幸;久保 惠嗣;濱 峰幸;小林 信光;牛木 淳人;安尾 将法;小松 佳道;倉石 博;平山 二郎;山本 洋


W2-5 診断確定目的に施行したEBUS-TBNAの検討(EBUS-TBNA,ワークショップ2,第35回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,34:- 2012
Author:安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣;野村 弥生;池川 香代子;小林 信光;堀内 俊道;牛木 淳人;伊東 理子;小林 孝至;漆畑 一寿


診断および治療経過を観察できた肺腺癌小腸転移の1例
肺癌,52(3):310-314 2012
Author:立石 一成;小泉 知展;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣
Abstract:背景.生前中に肺癌患者の転移性小腸腫瘍の診断は困難であるが,ダブルバルーン小腸内視鏡によって診断される報告が散見される.症例.62歳男性.黒色便と貧血を主訴に受診された.胸部単純X線写真で異常影を認め,肺癌が疑われた.出血源の検索に上部・下部消化管内視鏡,腹部造影CTを行ったが,出血源は特定できなかった.カプセル内視鏡およびダブルバルーン小腸内視鏡を施行し,上部空腸に潰瘍を伴う隆起性病変を認めた.空腸組織の組織診断で異型細胞を認め,免疫染色でthyroid transcription factor-1(TTF-1)およびPE10が陽性であった.肺原発の低分化型腺癌および転移性小腸腫瘍と診断した.化学療法としてcisplatinおよびpemetrexed併用療法を4コース施行した.経過中に腹部症状は認めなかった.肺野病変は不変であった.化学療法後,ダブルバルーン小腸内視鏡を再検したところ潰瘍は瘢痕化し,輸血を施行せずに貧血は改善した.結語.肺癌からの転移性小腸腫瘍における化学療法の治療効果を内視鏡的に観察した報告はないため,報告した.

Keywords:肺腺癌;小腸転移;ダブルバルーン小腸内視鏡;カプセル内視鏡;化学療法


Synchronous Gastrointestinal Stromal Tumor and Primary Lung Adenocarcinoma
INTERNAL MEDICINE,51(17):2407-2410 2012
Author:Wada, Y; Koizumi, T; Yokoyama, T; Urushihata, K; Yamamoto, H; Hanaoka, M; Kubo, K


Increased Interleukin-8 in Epithelial Lining Fluid of Collapsed Lungs During One-Lung Ventilation for Thoracotomy
Inflammation,35(6):1844-1850 2012
Author:Komatsu Y, Yamamoto H, Tsushima K, Furuya S, Yoshikawa S, Yasuo M, Kubo K,Yamazaki Y, Hasegawa J, Eguchi T, Kondo R, Yoshida K, Koizumi T


13.growing teratoma syndromeを呈し,集学的治療を要した縦隔胚細胞腫瘍の1例(第135回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(2):- 2011
Author:和田 洋典;茂木 英明;工 穣;齊藤 学;吉田 和夫;伊藤 研一;吾妻 俊彦;神田 慎太郎;伊東 理子;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 恵嗣;小泉 知展


19.摘出に難渋した長期間介在気道異物(歯冠)の1例(第138回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(6):- 2011
Author:野村 弥生;横山 俊樹;吾妻 俊彦;山本 洋;花岡 正幸;久保 恵嗣;安尾 将法;金子 一明;谷 直樹


29.食道癌による気管狭窄に対してステント留置を施行した3症例(第138回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(6):- 2011
Author:濱 峰幸;安尾 将法;和田 洋典;池川 香代子;野村 弥生;横山 俊樹;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 恵嗣


長野県内おける呼吸器内科医の勤務状況に関する調査―特に上小地域と他地域との比較―
信州医学雑誌,59(6):419-422 2011
Author:山本 洋;小野 百合子;安尾 将法;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣
Abstract:A shortage of doctors is now an urgent problem on the medical scene in Japan. The current situation of pulmonary doctors in Nagano was analyzed by a questionnaire survey, in which we also estimated the present state of pulmonary medicine in the Jo-Sho region.
We sent out a questionnaire asking about the number of pulmonary physicians, the number of sickbeds, and the types of pulmonary disease patients in nineteen institutions affiliated with our institution. We also evaluated the relative status of pulmonary medicine at the Shinshu-Ueda Medical Center (formerly the National Nagano Hospital).
Thirteen institutions responded to the survey. Ten out of the thirteen institutions felt there is a shortage of pulmonary physicians. The number of patients with pulmonary disease was significantly larger in large institutions (with more than 300 sickbeds). Although the pulmonary division of Shinshu-Ueda Medical Center specializes in pulmonary medicine (95% of inpatients in this division had pulmonary problems), the doctorpatient ratio was the highest among all the large institutions.
Keywords:医師不足;呼吸器内科;上小地区;長野


間質性肺炎に対する急性期人工呼吸管理
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,21(3):220-225 2011
Author:横山 俊樹;津島 健司;山本 洋;久保 惠嗣
Abstract:近年,日本から間質性肺炎についてNIVの有効性を示唆する複数の報告が示されている.自施設でも最近6年間に36例の間質性肺炎急性増悪患者(うちIPF急性増悪15例)に対してNIVを施行し,1ヵ月生存率68.6%,生存退院率51.4%と過去の報告と比べて良好であり,特に早期導入症例において予後が良好であった.また,一部に挿管症例でも生存例を認めており,さらなる検討が必要と考えられる.
Keywords:特発性肺線維症;急性増悪;非侵襲的人工呼吸;急性呼吸不全;気管内挿管


13.growing teratoma syndromeを呈し,集学的治療を要した縦隔胚細胞腫瘍の1例(第135回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(2):- 2011
Author:和田 洋典;茂木 英明;工 穣;齊藤 学;吉田 和夫;伊藤 研一;吾妻 俊彦;神田 慎太郎;伊東 理子;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 恵嗣;小泉 知展


19.摘出に難渋した長期間介在気道異物(歯冠)の1例(第138回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(6):- 2011
Author:野村 弥生;横山 俊樹;吾妻 俊彦;山本 洋;花岡 正幸;久保 恵嗣;安尾 将法;金子 一明;谷 直樹


29.食道癌による気管狭窄に対してステント留置を施行した3症例(第138回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,33(6):- 2011
Author:濱 峰幸;安尾 将法;和田 洋典;池川 香代子;野村 弥生;横山 俊樹;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 恵嗣


長野県内おける呼吸器内科医の勤務状況に関する調査―特に上小地域と他地域との比較―
信州医学雑誌,59(6):419-422 2011
Author:山本 洋;小野 百合子;安尾 将法;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣
Abstract:A shortage of doctors is now an urgent problem on the medical scene in Japan. The current situation of pulmonary doctors in Nagano was analyzed by a questionnaire survey, in which we also estimated the present state of pulmonary medicine in the Jo-Sho region.
We sent out a questionnaire asking about the number of pulmonary physicians, the number of sickbeds, and the types of pulmonary disease patients in nineteen institutions affiliated with our institution. We also evaluated the relative status of pulmonary medicine at the Shinshu-Ueda Medical Center (formerly the National Nagano Hospital).
Thirteen institutions responded to the survey. Ten out of the thirteen institutions felt there is a shortage of pulmonary physicians. The number of patients with pulmonary disease was significantly larger in large institutions (with more than 300 sickbeds). Although the pulmonary division of Shinshu-Ueda Medical Center specializes in pulmonary medicine (95% of inpatients in this division had pulmonary problems), the doctorpatient ratio was the highest among all the large institutions.
Keywords:医師不足;呼吸器内科;上小地区;長野


間質性肺炎に対する急性期人工呼吸管理
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,21(3):220-225 2011
Author:横山 俊樹;津島 健司;山本 洋;久保 惠嗣
Abstract:近年,日本から間質性肺炎についてNIVの有効性を示唆する複数の報告が示されている.自施設でも最近6年間に36例の間質性肺炎急性増悪患者(うちIPF急性増悪15例)に対してNIVを施行し,1ヵ月生存率68.6%,生存退院率51.4%と過去の報告と比べて良好であり,特に早期導入症例において予後が良好であった.また,一部に挿管症例でも生存例を認めており,さらなる検討が必要と考えられる.
Keywords:特発性肺線維症;急性増悪;非侵襲的人工呼吸;急性呼吸不全;気管内挿管


IgG4-related airway involvement which developed in a patient receiving corticosteroid therapy for autoimmune pancreatitis.
Intern Med,50(24):3023-3026 2011
Author:Yamamoto H, Yasuo M, Nomura Y, Agatsuma T, Ushiki A, Yokoyama T, Urushihata K, Hanaoka M, Koizumi T, Iwaya M, Yoshizawa A, Kawakami S, Hamano H, Kawa S, Kubo K


IgG4-related pleural disease diagnosed by a re-evaluation of chronic bilateral pleuritis in apatient who experienced occasional acute left bacterial pleuritis.
Intern Med,50(8):893-897 2011
Author:Yamamoto H, Suzuki T, Yasuo M, Kobayashi O, Tsushima K, Ito M, Urushihata K, Yamazaki Y, Hanaoka M, Koizumi T, Uehara T, Kawakami S, Hamano H, Kawa S, Kubo K


A case of organizing pneumonia induced by tocilizumab.
Intern Med 50,(19):2191-2193 2011
Author:Ikegawa K, Hanaoka M, Ushiki A, Yamamoto H, Kubo K


持続する発熱を契機に発見され, 化学療法が奏効した肺多形癌の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,48(3):214-218 2010(Mar. 10)
Author:市山 崇史;田名部 毅;吾妻 俊彦;山本 洋;小泉 知展;久保 惠嗣
Keywords:肺多形癌;発熱;化学療法;ドセタキセル;ジェムシタビン


持続する発熱を契機に発見され, 化学療法が奏効した肺多形癌の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,48(3):214-218 2010(Mar. 10)
Author:市山 崇史;田名部 毅;吾妻 俊彦;山本 洋;小泉 知展;久保 惠嗣
Keywords:肺多形癌;発熱;化学療法;ドセタキセル;ジェムシタビン


31.気管支鏡検査で診断し得た気管支粘表皮癌の1例(第133回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,32(5):- 2010
Author:海口 陽子;安尾 将法;小林 孝至;小泉 知展;吾妻 俊彦;牛木 淳人;伊東 理子;神田 慎太郎;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣


31.気管支鏡検査で診断し得た気管支粘表皮癌の1例(第133回 日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,32(5):- 2010
Author:海口 陽子;安尾 将法;小林 孝至;小泉 知展;吾妻 俊彦;牛木 淳人;伊東 理子;神田 慎太郎;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;久保 惠嗣


Salvage chemotherapy with amrubicin and platinum for relapsed thymic carcinoma: experience in six cases
Med Oncol,27:392 2010


Successful Salvage Chemotherapy with Gemcitabine and Vinorelbine in a MalignantPleural Mesothelioma Patient Previously Treated with Pemetrexed
Jpn J Clin Oncol,40:1180 2010


エタネルセプト使用中に発症した間質性肺炎の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,47(10):870-874 2009(Oct. 10)
Author:横山 俊樹;山本 洋;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;牛木 淳人;松原 美佳子;小林 孝至;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣
Keywords:薬剤性肺障害;エタネルセプト;非侵襲的陽圧換気法;関節リウマチ


エタネルセプト使用中に発症した間質性肺炎の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,47(10):870-874 2009(Oct. 10)
Author:横山 俊樹;山本 洋;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;牛木 淳人;松原 美佳子;小林 孝至;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣
Keywords:薬剤性肺障害;エタネルセプト;非侵襲的陽圧換気法;関節リウマチ


7.集学的治療により気道の開存が得られた腎細胞癌肺転移気管支浸潤の1例(第127回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,31(2):- 2009
Author:塩井 蘭;藤本 圭作;久保 惠嗣;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;津島 健司;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展


OR23-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法によるニューモシスティス肺炎の診断(炎症2,一般口演23,第32回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,31:- 2009
Author:牛木 淳人;山崎 善隆;田名部 毅;漆畑 一寿;津島 健司;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣


通院治療室利用患者における化学療法中断例の実態調査
信州医学雑誌,57(1):19-24 2009
Author:鈴木 幸二;吾妻 俊彦;山本 洋;久保 惠嗣;小泉 知展
Abstract:The feasibility of outpatient chemotherapy in patients with lung cancer is important, because of its toxicity and efficacy. We evaluated the frequency of discontinuation of scheduled chemotherapy in the department pf Respiratory Medicine and the reasons for it.
The records of patients treated from March 2005 to March 2008 were studied. The treatment regimens, the treatment lines (1st, 2nd, 3rd, or 4th), the total occasions of chemotherapy, the number at the time of discontinuation,and the reason for the latter were extracted. The planned schedule of chemotherapy was given every two weeks. Discontinuation here means having postponed or stopped the scheduled treatment because of toxicity, etc.
The records of 50 patients (41 men, 9 women) were used for the evaluation. Sixty-four treatment regimens were carried out in a total of 447 occasions of chemotherapy. Fifty-six of the 64 regimens were completed during the first four periods of treatment, giving a rate of completion of 88% (56/64 cases). There were 58 discontinuation episodes among the 447 occasions, thus the rate of discontinuation was 13% (58/447 times). The main reason for discontinuation was a reduction in leukocyte count, comprising 52% of all the discontinuations. The next most common reasons were patient's circumstances (12%), drug-induced skin rash (5%), and bad general condition (5%).
The overall frequency of discontinuation, 13%, seems not inappropriate in a clinical setting, considering both safety and efficacy.
Keywords:外来化学療法;血液毒性;白血球減少


人工呼吸器併用の運動療法が有効であった急性間質性肺炎の1例
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,19(2):171-174 2009
Author:山田 かおり;横山 俊樹;山本 洋;小池 康志;池川 香代子;中野 和美;塩原 まゆみ;藤本 圭作;久保 惠嗣
Abstract:

重症急性呼吸不全では,急性期治療後にも肺の線維化による低肺機能のため回復が困難なことがある.今回われわれは回復期において人工呼吸器下歩行訓練を施行した患者を経験した.症例は65歳,男性.薬剤性の急性間質性肺炎として集中治療を行ったが,回復後に低肺機能を残した.通常のリハビリテーションでは呼吸困難感が強く回復困難だったため気管切開口より人工呼吸器を装着し歩行訓練を施行し,人工呼吸器離脱,独歩退院した.


Keywords:間質性肺炎;リハビリテーション;人工呼吸器;チーム医療


7.集学的治療により気道の開存が得られた腎細胞癌肺転移気管支浸潤の1例(第127回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,31(2):- 2009
Author:塩井 蘭;藤本 圭作;久保 惠嗣;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;津島 健司;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展


OR23-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法によるニューモシスティス肺炎の診断(炎症2,一般口演23,第32回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,31:- 2009
Author:牛木 淳人;山崎 善隆;田名部 毅;漆畑 一寿;津島 健司;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣


通院治療室利用患者における化学療法中断例の実態調査
信州医学雑誌,57(1):19-24 2009
Author:鈴木 幸二;吾妻 俊彦;山本 洋;久保 惠嗣;小泉 知展
Abstract:The feasibility of outpatient chemotherapy in patients with lung cancer is important, because of its toxicity and efficacy. We evaluated the frequency of discontinuation of scheduled chemotherapy in the department pf Respiratory Medicine and the reasons for it.
The records of patients treated from March 2005 to March 2008 were studied. The treatment regimens, the treatment lines (1st, 2nd, 3rd, or 4th), the total occasions of chemotherapy, the number at the time of discontinuation,and the reason for the latter were extracted. The planned schedule of chemotherapy was given every two weeks. Discontinuation here means having postponed or stopped the scheduled treatment because of toxicity, etc.
The records of 50 patients (41 men, 9 women) were used for the evaluation. Sixty-four treatment regimens were carried out in a total of 447 occasions of chemotherapy. Fifty-six of the 64 regimens were completed during the first four periods of treatment, giving a rate of completion of 88% (56/64 cases). There were 58 discontinuation episodes among the 447 occasions, thus the rate of discontinuation was 13% (58/447 times). The main reason for discontinuation was a reduction in leukocyte count, comprising 52% of all the discontinuations. The next most common reasons were patient's circumstances (12%), drug-induced skin rash (5%), and bad general condition (5%).
The overall frequency of discontinuation, 13%, seems not inappropriate in a clinical setting, considering both safety and efficacy.
Keywords:外来化学療法;血液毒性;白血球減少


人工呼吸器併用の運動療法が有効であった急性間質性肺炎の1例
日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌,19(2):171-174 2009
Author:山田 かおり;横山 俊樹;山本 洋;小池 康志;池川 香代子;中野 和美;塩原 まゆみ;藤本 圭作;久保 惠嗣
Abstract:

重症急性呼吸不全では,急性期治療後にも肺の線維化による低肺機能のため回復が困難なことがある.今回われわれは回復期において人工呼吸器下歩行訓練を施行した患者を経験した.症例は65歳,男性.薬剤性の急性間質性肺炎として集中治療を行ったが,回復後に低肺機能を残した.通常のリハビリテーションでは呼吸困難感が強く回復困難だったため気管切開口より人工呼吸器を装着し歩行訓練を施行し,人工呼吸器離脱,独歩退院した.


Keywords:間質性肺炎;リハビリテーション;人工呼吸器;チーム医療


13.集学的治療により長期生存が得られている非小細胞肺癌の二重癌の1例(第93回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動)
肺癌,48(7):- 2008(Dec. 20)
Author:松原 美佳子;小泉 知展;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 恵嗣;兵庫谷 章;椎名 隆之;近藤 竜一;吉田 和夫


13.集学的治療により長期生存が得られている非小細胞肺癌の二重癌の1例(第93回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動)
肺癌,48(7):- 2008(Dec. 20)
Author:松原 美佳子;小泉 知展;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 恵嗣;兵庫谷 章;椎名 隆之;近藤 竜一;吉田 和夫


P-126 既治療進行非小細胞肺癌に対するTS-1+biweekly CPT-11併用化学療法第I相試験(化学療法2,第49回日本肺癌学会総会号)
肺癌,48(5):- 2008(Oct. 05)
Author:吾妻 俊彦;小泉 知展;松原 美佳子;小松 佳道;呉屋 裕樹;小林 孝至;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 恵嗣


P-453 gefitinib投与前後のEGFR遺伝子変異を検索しえた肺多形癌の1剖検例(分子標的治療4,第49回日本肺癌学会総会号)
肺癌,48(5):- 2008(Oct. 05)
Author:牛木 淳人;小泉 知展;小林 信光;吾妻 俊彦;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 惠嗣;山崎 善隆


P-126 既治療進行非小細胞肺癌に対するTS-1+biweekly CPT-11併用化学療法第I相試験(化学療法2,第49回日本肺癌学会総会号)
肺癌,48(5):- 2008(Oct. 05)
Author:吾妻 俊彦;小泉 知展;松原 美佳子;小松 佳道;呉屋 裕樹;小林 孝至;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 恵嗣


P-453 gefitinib投与前後のEGFR遺伝子変異を検索しえた肺多形癌の1剖検例(分子標的治療4,第49回日本肺癌学会総会号)
肺癌,48(5):- 2008(Oct. 05)
Author:牛木 淳人;小泉 知展;小林 信光;吾妻 俊彦;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 惠嗣;山崎 善隆


22.初回化学放射線療法の著効直後に,急速な腹腔内転移を来した肺腺癌の1例(第92回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動)
肺癌,48(2):- 2008(Apr. 20)
Author:小林 幸至;小泉 知展;安尾 将法;山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 惠嗣;角田 敏行


22.初回化学放射線療法の著効直後に,急速な腹腔内転移を来した肺腺癌の1例(第92回日本肺癌学会中部支部会,中部支部,支部活動)
肺癌,48(2):- 2008(Apr. 20)
Author:小林 幸至;小泉 知展;安尾 将法;山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;藤本 圭作;久保 惠嗣;角田 敏行


17. COPD経過観察中に無症状で発見されたfibroepithelial polypの1例(第123回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,30(2):107-108 2008
Author:牛木 淳人;小林 孝至;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣;池川 香代子;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;松原 美佳子;横山 俊樹;伊東 理子;小松 佳道;吉川 純子


W6-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法を用いた肺Mycobacterium avium complex (MAC)症の病態解析(気道病変における内視鏡下での分子生物学的アプローチ,ワークショップ6,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,30:- 2008
Author:山崎 善隆;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;久保 惠嗣


P13-4 びまん性に気管支壁浸潤をきたしか転移性乳癌の一例(肺がん症例2,ポスター13,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,30:- 2008
Author:小林 信光;小泉 知展;神田 慎太郎;安尾 将法;田名部 毅;山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;久保 惠嗣


IgG4関連疾患の肺病変
信州医学雑誌,56(4):201-202 2008
Author:山本 洋


孤立性肺腫瘤陰影を呈しCA19-9が高値を示した非結核性抗酸菌症の1例
信州医学雑誌,56(6):365-370 2008
Author:中川 佐和子;藤本 圭作;久保 惠嗣;椎名 隆之;近藤 竜一;吉田 和夫;浅野 功治;山崎 善隆;吾妻 俊彦;横山 俊樹;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展
Abstract:A 56-year-old woman was found to have a solitary mass shadow on chest radiograph in a health examination. Transbronchial examination on two occasions did not yield any diagnostic findings. Both the high level of CA19-9 and the increasingly large shadow were suspected to be indicative of lung cancer, so we performed left lower lobectomy. The pathological examination of the resected lung revealed a granulomatous lesion without malignant findings. A few colonies grew on a liquid medium, and were identified as Mycobacterium avium by PCR. After operation, the increased CA19-9 leval normalized gradually. There are few reports presenting a solitary pulmonary mass shadow and high CA19-9 level due to nontuberculous mycobacterial disease.
Keywords:孤立性肺腫瘤影;非結核性抗酸菌症


17. COPD経過観察中に無症状で発見されたfibroepithelial polypの1例(第123回日本呼吸器内視鏡学会関東支部会)
気管支学,30(2):107-108 2008
Author:牛木 淳人;小林 孝至;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣;池川 香代子;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;松原 美佳子;横山 俊樹;伊東 理子;小松 佳道;吉川 純子


W6-4 気管支鏡下マイクロサンプリング法を用いた肺Mycobacterium avium complex (MAC)症の病態解析(気道病変における内視鏡下での分子生物学的アプローチ,ワークショップ6,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,30:- 2008
Author:山崎 善隆;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;久保 惠嗣


P13-4 びまん性に気管支壁浸潤をきたしか転移性乳癌の一例(肺がん症例2,ポスター13,第31回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,30:- 2008
Author:小林 信光;小泉 知展;神田 慎太郎;安尾 将法;田名部 毅;山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;久保 惠嗣


IgG4関連疾患の肺病変
信州医学雑誌,56(4):201-202 2008
Author:山本 洋


孤立性肺腫瘤陰影を呈しCA19-9が高値を示した非結核性抗酸菌症の1例
信州医学雑誌,56(6):365-370 2008
Author:中川 佐和子;藤本 圭作;久保 惠嗣;椎名 隆之;近藤 竜一;吉田 和夫;浅野 功治;山崎 善隆;吾妻 俊彦;横山 俊樹;牛木 淳人;田名部 毅;安尾 将法;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展
Abstract:A 56-year-old woman was found to have a solitary mass shadow on chest radiograph in a health examination. Transbronchial examination on two occasions did not yield any diagnostic findings. Both the high level of CA19-9 and the increasingly large shadow were suspected to be indicative of lung cancer, so we performed left lower lobectomy. The pathological examination of the resected lung revealed a granulomatous lesion without malignant findings. A few colonies grew on a liquid medium, and were identified as Mycobacterium avium by PCR. After operation, the increased CA19-9 leval normalized gradually. There are few reports presenting a solitary pulmonary mass shadow and high CA19-9 level due to nontuberculous mycobacterial disease.
Keywords:孤立性肺腫瘤影;非結核性抗酸菌症


非小細胞肺癌患者に対する gefitinib 再投与例の臨床的検討
肺癌,47(6):689-694 2007(Oct. 20)
Author:草間 由紀子;小泉 知展;伊東 理子;神田 慎太郎;山本 洋;久保 恵嗣;野村 洋;江田 清一郎;早坂 宗治;五味 英一
Abstract:背景.Gefitinibは肺癌に対する分子標的治療薬で,有用性が高い患者群が明らかになってきている.Gefitinib有効例に対する再投与の臨床的有用性や意義は不明である.目的・方法.今回,当科および長野県内の関連病院においてgefitinibの再投与を試みた症例についてretrospectiveにその臨床的解析を行った.対象.Gefitinib初回投与が有効と判断され,その耐性獲得後に他の化学療法が施行され,その後gefitinib再投与が行われた症例を対象とした.結果.症例は49歳から77歳までの女性9例で全例組織型は腺癌であった.病期はIIIA~IV期,performance status(PS)は0~1であった.喫煙歴は1例(Brinkmann index:B. I. 100)に認められた.Gefitinibの初回投与は1st~4th lineで施行され,3rd~6th lineでgefitinibが再投与された.再投与時のpartial response(PR)は9例中3例(奏効率33.3%;95%信頼区間7.5~70.1%)でいずれも初回投与時PRが得られた症例で,再投与までの休薬期間は,6.5~11ヶ月であった.全生存期間は13.5~50ヶ月,生存期間中央値は24.6ヶ月で再投与後の生存期間中央値は7.4ヶ月であった.結論.Gefitinib初回治療で特にPRが得られた症例においては,一定の期間後のgefitinibの再投与は治療選択肢のひとつになると考えられる.

Keywords:Gefitinib;耐性;非小細胞肺癌;再投与


非小細胞肺癌患者に対する gefitinib 再投与例の臨床的検討
肺癌,47(6):689-694 2007(Oct. 20)
Author:草間 由紀子;小泉 知展;伊東 理子;神田 慎太郎;山本 洋;久保 恵嗣;野村 洋;江田 清一郎;早坂 宗治;五味 英一
Abstract:背景.Gefitinibは肺癌に対する分子標的治療薬で,有用性が高い患者群が明らかになってきている.Gefitinib有効例に対する再投与の臨床的有用性や意義は不明である.目的・方法.今回,当科および長野県内の関連病院においてgefitinibの再投与を試みた症例についてretrospectiveにその臨床的解析を行った.対象.Gefitinib初回投与が有効と判断され,その耐性獲得後に他の化学療法が施行され,その後gefitinib再投与が行われた症例を対象とした.結果.症例は49歳から77歳までの女性9例で全例組織型は腺癌であった.病期はIIIA~IV期,performance status(PS)は0~1であった.喫煙歴は1例(Brinkmann index:B. I. 100)に認められた.Gefitinibの初回投与は1st~4th lineで施行され,3rd~6th lineでgefitinibが再投与された.再投与時のpartial response(PR)は9例中3例(奏効率33.3%;95%信頼区間7.5~70.1%)でいずれも初回投与時PRが得られた症例で,再投与までの休薬期間は,6.5~11ヶ月であった.全生存期間は13.5~50ヶ月,生存期間中央値は24.6ヶ月で再投与後の生存期間中央値は7.4ヶ月であった.結論.Gefitinib初回治療で特にPRが得られた症例においては,一定の期間後のgefitinibの再投与は治療選択肢のひとつになると考えられる.

Keywords:Gefitinib;耐性;非小細胞肺癌;再投与


P-532 アスベスト非暴露者で,肺腺癌と悪性胸膜中皮腫を同時合併した一例(一般演題(ポスター) 胸膜中皮腫2,第48回日本肺癌学会総会号)
肺癌,47(5):- 2007(Oct. 10)
Author:小林 孝至;池川 香代子;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;牛木 淳人;松原 美佳子;横山 俊樹;小松 佳道;伊東 理子;吉川 純子;田名部 毅;安尾 将法;山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 惠嗣


P-532 アスベスト非暴露者で,肺腺癌と悪性胸膜中皮腫を同時合併した一例(一般演題(ポスター) 胸膜中皮腫2,第48回日本肺癌学会総会号)
肺癌,47(5):- 2007(Oct. 10)
Author:小林 孝至;池川 香代子;福嶋 敏郎;吾妻 俊彦;牛木 淳人;松原 美佳子;横山 俊樹;小松 佳道;伊東 理子;吉川 純子;田名部 毅;安尾 将法;山本 洋;漆畑 一寿;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 惠嗣


S1-1 マイクロサンプリング法(BMS)の呼吸器感染症への応用(気道上皮被覆液の各種解析法, 第30回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,29:- 2007
Author:山崎 善隆;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣


OR14-4 気管腺様嚢胞癌再発例に対するアルゴンプラズマ凝固法の有用性(GGO・経気管支鏡治療, 第30回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,29:- 2007
Author:安尾 将法;若松 俊秀;山崎 善隆;田名部 毅;津島 健司;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 惠嗣


10 小児喘息の既往を有する大学生の誘発喀痰におけるIL-13遺伝子発現についての検討(気管支喘息-病態生理2,一般演題(デジタルポスター),第57回日本アレルギー学会秋季学術大会)
アレルギー,56(8):- 2007
Author:小松 佳道;藤本 圭作;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣


S1-1 マイクロサンプリング法(BMS)の呼吸器感染症への応用(気道上皮被覆液の各種解析法, 第30回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,29:- 2007
Author:山崎 善隆;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣


OR14-4 気管腺様嚢胞癌再発例に対するアルゴンプラズマ凝固法の有用性(GGO・経気管支鏡治療, 第30回日本呼吸器内視鏡学会学術集会)
気管支学,29:- 2007
Author:安尾 将法;若松 俊秀;山崎 善隆;田名部 毅;津島 健司;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;藤本 圭作;久保 惠嗣


10 小児喘息の既往を有する大学生の誘発喀痰におけるIL-13遺伝子発現についての検討(気管支喘息-病態生理2,一般演題(デジタルポスター),第57回日本アレルギー学会秋季学術大会)
アレルギー,56(8):- 2007
Author:小松 佳道;藤本 圭作;田名部 毅;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;花岡 正幸;小泉 知展;久保 惠嗣


家族内発症したオウム病の2例
日本呼吸器学会雑誌, 45(3),:253 2007
Author:神田慎太郎, 山本 洋, 堀内俊道, 原田卓治, 市川卓郎, 丸山雄一郎


O-62 当科における胸腺癌患者の臨床的検討(縦隔腫瘍, 第47回日本肺癌学会総会)
肺癌,46(5):- 2006(Nov. 05)
Author:小泉 知展;神田 慎太郎;小松 佳道;畑山 織江;安尾 将法;山本 洋;藤本 圭作;久保 惠嗣


P-137 当科における Gefitinib 再投与例の臨床的検討(分子標的治療2, 第47回日本肺癌学会総会)
肺癌,46(5):- 2006(Nov. 05)
Author:草間 由紀子;小泉 知展;神田 慎太郎;北口 良晃;伊東 理子;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;藤本 圭作;久保 惠嗣;五味 英一


O-62 当科における胸腺癌患者の臨床的検討(縦隔腫瘍, 第47回日本肺癌学会総会)
肺癌,46(5):- 2006(Nov. 05)
Author:小泉 知展;神田 慎太郎;小松 佳道;畑山 織江;安尾 将法;山本 洋;藤本 圭作;久保 惠嗣


P-137 当科における Gefitinib 再投与例の臨床的検討(分子標的治療2, 第47回日本肺癌学会総会)
肺癌,46(5):- 2006(Nov. 05)
Author:草間 由紀子;小泉 知展;神田 慎太郎;北口 良晃;伊東 理子;安尾 将法;漆畑 一寿;山本 洋;藤本 圭作;久保 惠嗣;五味 英一


CTガイド下経皮的ドレナージが奏効した多発性肺膿瘍の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,44(8):573-577 2006(Aug. 10)
Author:島田 健太郎;山本 洋;堀内 俊道;原田 卓志;市川 卓郎;丸山 雄一郎;小泉 知展
Keywords:肺膿瘍;経皮的ドレナージ;アルコール多飲


CTガイド下経皮的ドレナージが奏効した多発性肺膿瘍の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,44(8):573-577 2006(Aug. 10)
Author:島田 健太郎;山本 洋;堀内 俊道;原田 卓志;市川 卓郎;丸山 雄一郎;小泉 知展
Keywords:肺膿瘍;経皮的ドレナージ;アルコール多飲


挿管後気管狭窄5症例の内視鏡的治療経験
気管支学,28(7):509-515 2006
Author:安尾 将法;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣;田名部 毅;津島 健司;中村 勝;小松 佳道;古屋 志野;堀田 順一;漆畑 一寿;山本 洋
Abstract:背景.挿管後気管狭窄は挿管時の気道損傷や高いカフ圧が原因で発症するとされ,挿管チューブの改良が進んだ現在でも起こりうる病態である.治療の第一選択は狭窄部外科的切除,気管端々吻合とされているが,患者の病状や希望により外科的治療の適応外となる症例が存在する.近年様々な内視鏡的治療が気道病変に施行され,良好な成績が報告されている.目的.当科において内視鏡治療を行った5例の挿管後気管狭窄症例の臨床経過,治療を検証し,内視鏡的治療の有用性を検討する.対象.2003年3月から2006年3月までに当科で経験した5例の挿管後気管狭窄症例.手術を拒否した1例を除き,いずれも基礎疾患として心不全や慢性呼吸不全を伴っており,手術不能と判断した.結果.2例にデュモンステントを留置,1例に気管カニューレを留置,1例はアルゴンプラズマ凝固法(APC)と凝固組織の生検鉗子による除去を反復し気道を確保した.残る1例はAPCと生検鉗子を用いた内腔確保が困難であり,再狭窄病変に対しデュモンステント留置を行った.結論.挿管後気管狭窄に対する内視鏡的治療は有効であり,初期治療としての有用性と全身状態の劣悪な症例に対する安全性が示唆された.
Keywords:挿管後気管狭窄;気管支鏡;アルゴンプラズマ凝固法;デュモンステント


挿管後気管狭窄5症例の内視鏡的治療経験
気管支学,28(7):509-515 2006
Author:安尾 将法;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣;田名部 毅;津島 健司;中村 勝;小松 佳道;古屋 志野;堀田 順一;漆畑 一寿;山本 洋
Abstract:背景.挿管後気管狭窄は挿管時の気道損傷や高いカフ圧が原因で発症するとされ,挿管チューブの改良が進んだ現在でも起こりうる病態である.治療の第一選択は狭窄部外科的切除,気管端々吻合とされているが,患者の病状や希望により外科的治療の適応外となる症例が存在する.近年様々な内視鏡的治療が気道病変に施行され,良好な成績が報告されている.目的.当科において内視鏡治療を行った5例の挿管後気管狭窄症例の臨床経過,治療を検証し,内視鏡的治療の有用性を検討する.対象.2003年3月から2006年3月までに当科で経験した5例の挿管後気管狭窄症例.手術を拒否した1例を除き,いずれも基礎疾患として心不全や慢性呼吸不全を伴っており,手術不能と判断した.結果.2例にデュモンステントを留置,1例に気管カニューレを留置,1例はアルゴンプラズマ凝固法(APC)と凝固組織の生検鉗子による除去を反復し気道を確保した.残る1例はAPCと生検鉗子を用いた内腔確保が困難であり,再狭窄病変に対しデュモンステント留置を行った.結論.挿管後気管狭窄に対する内視鏡的治療は有効であり,初期治療としての有用性と全身状態の劣悪な症例に対する安全性が示唆された.
Keywords:挿管後気管狭窄;気管支鏡;アルゴンプラズマ凝固法;デュモンステント


12. 化学療法中に胃転移を伴った肺腺癌の1例(第85回肺癌学会中部支部会)
肺癌,44(7):- 2004(Dec. 20)
Author:島田 健太郎;山本 洋;本田 孝行


12. 化学療法中に胃転移を伴った肺腺癌の1例(第85回肺癌学会中部支部会)
肺癌,44(7):- 2004(Dec. 20)
Author:島田 健太郎;山本 洋;本田 孝行


約30年来喀血と気道感染を繰り返していたと思われる食道気管支瘻の1例
気管支学,25(5):339-343 2003
Author:五野 ひかり;山本 洋;金木 利通;山口 伸二;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣
Abstract:症例.76歳,男性.47歳時(1968年)に喀血が出現し,肺化膿症と診断され治療されたが,その後も血痰,喀血を繰り返し十数回の入院歴があった.1991年に胃潰瘍で近医に入院した時,上部消化管造影検査を施行され食道気管支瘻を指摘されたが放置された.1998年に大量喀血をきたし当科に入院した.食道および気管支内視鏡検査,血管造影により食道気管支瘻と診断され,瘻孔の閉鎖術が行われた.結論.臨床経過より,呼吸器感染症に伴う成人発症の後天性食道気管支瘻と考えられた.約30年近くに及び,喀血と気道感染を繰り返していた症例は稀と思われた.
Keywords:喀血;肺化膿症;食道気管支瘻


約30年来喀血と気道感染を繰り返していたと思われる食道気管支瘻の1例
気管支学,25(5):339-343 2003
Author:五野 ひかり;山本 洋;金木 利通;山口 伸二;小泉 知展;藤本 圭作;久保 恵嗣
Abstract:症例.76歳,男性.47歳時(1968年)に喀血が出現し,肺化膿症と診断され治療されたが,その後も血痰,喀血を繰り返し十数回の入院歴があった.1991年に胃潰瘍で近医に入院した時,上部消化管造影検査を施行され食道気管支瘻を指摘されたが放置された.1998年に大量喀血をきたし当科に入院した.食道および気管支内視鏡検査,血管造影により食道気管支瘻と診断され,瘻孔の閉鎖術が行われた.結論.臨床経過より,呼吸器感染症に伴う成人発症の後天性食道気管支瘻と考えられた.約30年近くに及び,喀血と気道感染を繰り返していた症例は稀と思われた.
Keywords:喀血;肺化膿症;食道気管支瘻


肺動脈原発の平滑筋肉腫の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,39(10):744-747 2001(Oct. 10)
Author:柴 祐司;小泉 知展;山本 洋;西澤 夏子;高師 修治;山口 伸二;蜂谷 勤;久保 惠嗣;本田 孝行;天野 純
Keywords:平滑筋肉腫;肺血栓塞栓症;胸部MRI


肺動脈原発の平滑筋肉腫の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,39(10):744-747 2001(Oct. 10)
Author:柴 祐司;小泉 知展;山本 洋;西澤 夏子;高師 修治;山口 伸二;蜂谷 勤;久保 惠嗣;本田 孝行;天野 純
Keywords:平滑筋肉腫;肺血栓塞栓症;胸部MRI


高齢発症の抗セントロメア抗体陽性肺腎症候群の1剖検例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,39(7):498-503 2001(Jul. 10)
Author:大出 貴士;岩村 文彦;山本 洋;相澤 万象;井上 憲昭;伊藤 信夫;池田 修一
Keywords:肺腎症候群;肺胞出血;急速進行性糸球体腎炎;抗セントロメア抗体;血管炎


高齢発症の抗セントロメア抗体陽性肺腎症候群の1剖検例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,39(7):498-503 2001(Jul. 10)
Author:大出 貴士;岩村 文彦;山本 洋;相澤 万象;井上 憲昭;伊藤 信夫;池田 修一
Keywords:肺腎症候群;肺胞出血;急速進行性糸球体腎炎;抗セントロメア抗体;血管炎


p-ANCA 陽性肺腎症候群の2剖検例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,39(4):250-255 2001(Apr. 10)
Author:津島 健司;高師 修治;五野 ひかり;塚平 晃弘;山本 洋;金木 利通;高林 康樹;山口 伸二;小泉 知展;藤本 圭作;大久保 善雄;久保 惠嗣
Keywords:抗好中球細胞質抗体;肺出血;間質性肺炎;サイクロフォスファマイド;プレドニゾロン


p-ANCA 陽性肺腎症候群の2剖検例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,39(4):250-255 2001(Apr. 10)
Author:津島 健司;高師 修治;五野 ひかり;塚平 晃弘;山本 洋;金木 利通;高林 康樹;山口 伸二;小泉 知展;藤本 圭作;大久保 善雄;久保 惠嗣
Keywords:抗好中球細胞質抗体;肺出血;間質性肺炎;サイクロフォスファマイド;プレドニゾロン


好酸球増多を伴った Limited Wegener 肉芽腫症の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,38(12):937-942 2000(Dec. 10)
Author:津島 健司;田中 宏和;漆畑 一寿;小笠原 仁;五野 ひかり;高師 修治;塚平 晃弘;山本 洋;金木 利通;山口 伸二;小泉 知展;藤本 圭作;大久保 喜雄;久保 惠嗣;宮原 隆成
Keywords:Limited Wegener 肉芽腫症;好酸球増多症;抗好中球細胞質抗体 (c-ANCA)


好酸球増多を伴った Limited Wegener 肉芽腫症の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,38(12):937-942 2000(Dec. 10)
Author:津島 健司;田中 宏和;漆畑 一寿;小笠原 仁;五野 ひかり;高師 修治;塚平 晃弘;山本 洋;金木 利通;山口 伸二;小泉 知展;藤本 圭作;大久保 喜雄;久保 惠嗣;宮原 隆成
Keywords:Limited Wegener 肉芽腫症;好酸球増多症;抗好中球細胞質抗体 (c-ANCA)


胸腺癌に対するADOC化学療法の治療経験
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,37(12):970-973 1999(Dec. 10)
Author:小泉 知展;高林 康樹;山岸 哲;津島 健司;高見沢 明美;高師 修治;塚平 晃弘;増淵 雄;山本 洋;金木 利通;山口 伸二;蜂谷 勤;早坂 宗治;藤本 圭作;久保 恵嗣
Keywords:切除不能胸腺癌;化学療法;放射線療法;ADOC療法


胸腺癌に対するADOC化学療法の治療経験
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,37(12):970-973 1999(Dec. 10)
Author:小泉 知展;高林 康樹;山岸 哲;津島 健司;高見沢 明美;高師 修治;塚平 晃弘;増淵 雄;山本 洋;金木 利通;山口 伸二;蜂谷 勤;早坂 宗治;藤本 圭作;久保 恵嗣
Keywords:切除不能胸腺癌;化学療法;放射線療法;ADOC療法


肺気腫患者における最大換気量測定手技の検討
日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology,29(6):321-325 1999(Dec. 01)
Author:松沢 幸範;藤本 圭作;小泉 知展;山口 伸二;花岡 正幸;山崎 善隆;山本 洋;高見沢 明美;増淵 雄;久保 恵嗣;小林 俊夫;関口 守衛


肺気腫患者における最大換気量測定手技の検討
日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology,29(6):321-325 1999(Dec. 01)
Author:松沢 幸範;藤本 圭作;小泉 知展;山口 伸二;花岡 正幸;山崎 善隆;山本 洋;高見沢 明美;増淵 雄;久保 恵嗣;小林 俊夫;関口 守衛


生体部分肺移植の適応となったprimary ciliary dyskinesiaの1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,37(9):739-742 1999(Sep. 10)
Author:山本 洋;久保 惠嗣;西澤 夏子;柴 祐司;金木 利通;小泉 知展;関口 守衛;江田 清一郎;折井 恭子
Keywords:Primary ciliary dyskinesia;気管支拡張症;緑膿菌;ヘリコプタ-搬送;生体部分肺移植


生体部分肺移植の適応となったprimary ciliary dyskinesiaの1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,37(9):739-742 1999(Sep. 10)
Author:山本 洋;久保 惠嗣;西澤 夏子;柴 祐司;金木 利通;小泉 知展;関口 守衛;江田 清一郎;折井 恭子
Keywords:Primary ciliary dyskinesia;気管支拡張症;緑膿菌;ヘリコプタ-搬送;生体部分肺移植


ウエステルマン肺吸虫症の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,36(7):623-626 1998(Jul. 25)
Author:金木 利通;久保 惠嗣;田中 直樹;山本 洋;山崎 善隆;本田 孝行;蜂谷 勤;大久保 喜雄;小林 俊夫;関口 守衛
Keywords:ラェステルマン肺吸虫症;プラジカンテル;サワガニ


ウエステルマン肺吸虫症の1例
日本呼吸器学会雑誌 = The journal of the Japanese Respiratory Society,36(7):623-626 1998(Jul. 25)
Author:金木 利通;久保 惠嗣;田中 直樹;山本 洋;山崎 善隆;本田 孝行;蜂谷 勤;大久保 喜雄;小林 俊夫;関口 守衛
Keywords:ラェステルマン肺吸虫症;プラジカンテル;サワガニ


COPD (2)
日本胸部疾患学会雑誌,35(5):318-319 1997
Author:西村 浩一;山本 洋;山田 浩一;井上 雅樹;安藤 守秀;姫野 友美


COPD (2)
日本胸部疾患学会雑誌,35(5):318-319 1997
Author:西村 浩一;山本 洋;山田 浩一;井上 雅樹;安藤 守秀;姫野 友美


学会発表
重症肺高血圧症を合併した間質性肺炎の1例
呼吸と循環 , 64(5):S42-S43 2016(May)
Author:加藤あかね, 山本洋, 濱峰幸, 市山崇史, 立石一成, 牛木淳一, 安尾将法, 漆畑一寿, 花岡正幸


中枢気道病変に対する治療前後の評価における強制オシレーション法の有用性
気管支学 , 38(Suppl.):S211 2016(May)
Author:安尾将法, 北口良晃, 小坂充, 西江健一, 市山崇史, 濱峰幸, 小林信光, 立石一成, 漆畑一寿, 牛木淳人, 山本洋, 花岡正幸


IgG4関連疾患の呼吸器病変について
気管支学 , 38(Suppl.):S219 2016(May)
Author:山本洋, 安尾将法, 市山崇史, 小坂充, 立石一成, 牛木淳人, 漆畑一寿, 小林信光, 北口良晃, 花岡正幸


転移性肺腫瘍、細菌性肺炎との鑑別を要した多発血管炎性肉芽腫症の1例
長野県医学会雑誌 , 46:26-27 2016(Mar.)
Author:深澤寛明, 町田良亮, 濱峰幸, 立石一成, 牛木淳人, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


非HIV患者におけるニューモシスチス肺炎(非HIV-PCP)に対するTrimethoprim-Sulfamethoxazole(ST合剤)投与量の検討
感染症学雑誌 , 90(臨増):296 2016(Mar.)
Author:小坂充, 牛木淳人, 濱峰幸, 立石一成, 安尾将法, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸


Asthma-COPD overlap syndrome(ACOS)と閉塞性障害を伴った喘息の呼吸機能の比較
日本呼吸器学会誌 , 5(増刊):250 2016(Mar.)
Author:北口良晃, 安尾将法, 小林信光, 立石一成, 漆畑一寿, 牛木淳人, 山本洋, 花岡正幸


気腫合併肺線維症の急性増悪の検討 特発性肺線維症の急性増悪と比較して
日本呼吸器学会誌 , 5(増刊):272 2016(Mar.)
Author:向井雄一, 牛木淳人, 北口良晃, 小林信光, 立石一成, 漆畑一寿, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


ACOS患者に対するICS/LABA治療前後のQOL、呼吸機能の比較検討
日本呼吸器学会誌 , 5(増刊):295 2016(Mar.)
Author:西江健一, 安尾将法, 北口良晃, 小林信光, 立石一成, 牛木淳人, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸


閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者のCPAP6時間使用のアドヒーランスの調査と降圧効果の関係
日本呼吸器学会誌 , 5(増刊):343 2016(Mar.)
Author:和田洋典, 漆畑一寿, 牛木淳人, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


IgG4関連疾患とサルコイドーシスにおけるFDG-PET所見の比較検討
日本内科学会雑誌 , 105(Suppl.):179 2016(Feb.)
Author:小沢陽子, 山本洋, 小松雅宙, 安尾将法, 花岡正幸, 久保惠嗣, 川上聡, 浅香志穂, 濱野英明, 小口和浩


IgG4関連疾患(IgG4-RD)とサルコイドーシスのBAL液中サイトカイン濃度の比較検討
日本内科学会雑誌 , 105(Suppl.):180 2016(Feb.)
Author:山本洋, 安尾将法, 市山崇史, 立石一成, 牛木淳人, 花岡正幸, 久保惠嗣, 本田孝行, 川茂幸, 松井祥子


非扁平上皮非小細胞肺癌におけるpemetrexed療法の後方視的検討
日本内科学会雑誌 , 105(Suppl.):192 2016(Feb.)
Author:高橋秀和, 立石一成, 北口良晃, 小林信光, 牛木淳人, 漆畑一寿, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


気管支内視鏡及び放射線治療で救命しえた気管粘表皮癌の1例
気管支学 , 38(1):65 2016(Jan.)
Author:西江健一, 安尾将法, 北口良晃, 小林信光, 立石一成, 牛木淳人, 漆畑一寿, 山本洋, 本田孝行, 花岡正幸


転移性肺腫瘍、細菌性肺炎との鑑別を要した多発血管炎性肉芽腫症の1例
結核 , 90(11-12):746 2015(Nov.)
Author:深澤寛明, 町田良亮, 濱峰幸, 立石一成, 牛木淳人, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


びまん性に中枢気道の狭窄を認めた多発血管炎性肉芽腫症の1例
気管支学 , 37(6):693-694 2015(Nov.)
Author:濱峰幸, 町田良亮, 立石一成, 牛木淳人, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


長野県中信地区におけるHIV感染症診断にいたるまでの病歴の検討
日本エイズ学会誌 , 17(4):468 2015(Nov.)
Author:牛木淳人, 金井信一郎, 北野喜良, 小林裕子, 小堀福子, 小林和代, 長谷川直子, 山本理沙, 柘植洋子, 土屋広行, 山崎明美, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


ヒト気管支肺胞洗浄液中リゾリン脂質の質量分析
臨床化学 , 44(Suppl.1):223 2015(Oct.)
Author:山浦洵, 堀敦詞, 山本洋, 木戸口周平, 本田孝行, 日高宏哉


子宮頸がんワクチン接種後に片眼性の視野狭窄を来した1例
神経眼科 , 32(増補1):69 2015(Oct.)
Author:黒川徹, 山本洋, 福島和広, 村田敏規


ラリンジアルマスク下に摘出した小児声門下気道異物の1例
気管支学 , 37(5):599 2015(Sep.)
Author:小坂充, 安尾将法, 市山崇史, 小林信光, 立石一成, 牛木淳人, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸


Swyer-James症候群に合併した重症肺高血圧症の1例
呼吸と循環 , 63(8):S46 2015(Aug.)
Author:鈴木祐介, 木野田文也, 濱峰幸, 立石一成, 小林信光, 牛木淳人, 漆畑一寿, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


ガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)で陰影が同定不能であった場合の診断法の工夫
気管支学 , 37(Suppl.):S197 2015(May)
Author:安尾将法, 小松雅宙, 濱峰幸, 市山崇史, 小林孝至, 小林信光, 立石一成, 牛木淳人, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸


経皮的心肺補助(PCPS)を併用し硬性気管支鏡下に腫瘍切除・シリコンステント挿入を行った腎細胞癌気管転移の1例
気管支学 , 37(3):355 2015(May)
Author:小松雅宙, 安尾将法, 市山崇史, 小林信光, 立石一成, 牛木淳人, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸


妊娠23週に発症したprimary mediastinal large-B-cell lymphomaの1例
長野県医学会雑誌 , 45:81-82 2015(Mar.)
Author:加藤あかね, 赤羽順平, 山本洋, 花岡正幸, 妹尾紀子, 伊藤俊朗, 川上聡, 黒住昌弘, 元木博彦, 小林愛子, 菊地範彦


肺疾患に伴う肺高血圧症と右心カテーテル検査の現況について
長野県医学会雑誌 , 45:111-112 2015(Mar.)
Author:後藤憲彦, 木野田文也, 小林信光, 立石一成, 牛木淳人, 安尾将法, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸


CAM、LVFXなどの多剤併用療法が有効であった免疫正常者に発症した播種性MAC症の1例
感染症学雑誌 , 89(2):325-326 2015(Mar.)
Author:牛木淳人, 小坂充, 濱峰幸, 立石一成, 漆畑一寿, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


既治療非小細胞肺癌に対するcarboplatin、paclitaxelをベースとした化学療法の後方視的検討
日本呼吸器学会誌 , 4(増刊):171 2015(Mar.)
Author:後藤憲彦, 立石一成, 小林信光, 牛木淳人, 漆畑一寿, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


高地肺水腫における血清中の血管作動性物質の検討
日本呼吸器学会誌 , 4(増刊):179 2015(Mar.)
Author:鈴木祐介, 小林信光, 木野田文也, 立石一成, 牛木淳人, 漆畑一寿, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


気腫合併肺線維症(CPFE)の急性増悪症例の検討
日本呼吸器学会誌 , 4(増刊):194 2015(Mar.)
Author:荒木太亮, 牛木淳人, 立石一成, 小林信光, 安尾将法, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸


肺結節に対して肺切除術を施行されたIgG4関連疾患の臨床画像病理学的検討
日本呼吸器学会誌 , 4(増刊):235 2015(Mar.)
Author:野沢修平, 山本洋, 立石一成, 小林信光, 牛木淳人, 漆畑一寿, 安尾将法, 花岡正幸, 吉田和夫, 川上聡, 吉澤明彦, 上原剛


当科における閉塞性睡眠時無呼吸症候群患者のCPAPアドヒアランスと降圧効果の関係
日本内科学会雑誌 , 104(Suppl.):174 2015(Feb.)
Author:鈴木祐介, 漆畑一寿, 牛木淳人, 安尾将法, 山本洋, 花岡正幸


喘息 COPDオーバーラップ症候群(ACOS)の後方視的検討
日本内科学会雑誌 , 104(Suppl.):221 2015(Feb.)
Author:小松雅宙, 安尾将法, 立石一成, 小林信光, 牛木淳人, 漆畑一寿, 山本洋, 花岡正幸