信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

泉谷恭男  イズタニ ヤスオ

教員組織電話番号
教育組織工学部FAX番号
職名名誉教授メールアドレス
住所長野市若里4-17-1 信州大学工学部ホームページURL

更新日:2019/07/19

プロフィール

研究分野
地震学
地震工学
現在の研究課題
地震動に対する震源の影響,伝播経路の影響,地盤の影響についての研究

大地震の発生に伴う強震動の予測手法に関する研究

震源パラメターの即時的推定に関する研究

地震波動エネルギーの推定と震源メカニズムに関する研究

所属学会
所属学会
日本地震学会
Seismological Society of America
American Geophysical Union
学歴
出身大学院
1975 , 東北大学 , 理学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
1973 , 東北大学 , 理学部

取得学位
理学博士 , 東北大学
研究職歴等
研究職歴
1996- , 信州大学工学部 教授
1988-1996 , 信州大学工学部 助教授
1975-1988 , 信州大学工学部 助手

留学歴
2000-2001 , カリフォルニア工科大学

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
論文
地震予知と地震科学コミュニティの責任
日本地震学会モノグラフ,(2):54-60 2013
Author:泉谷恭男


地震学と地震津波防災
日本地震学会モノグラフ,(1):135-140 2012
Author:泉谷恭男,武村雅之,西村裕一


Fault extent of the largest aftershock of the 1968 Tokachi-Oki, Japan, earthquake and an interpretation of the normal faulting focal mechanism
Earth Planet and Space,63(12):1213-1216 2011
Author:Yasuo Izutani


Radiated energy from the Noto Hanto, Japan, earthquake of March 25, 2007, and its aftershock
Earth Planet and Space,60(2):145-150 2008
Author:Yasuo Izutani


Scaling of short-period source spectrum for earthquakes in mid Niigata, Japan
Earth Planet and Space,59(4):301-305 2007
Author:Yasuo Izutani


Radiated energy from the mid Niigata,Japan, earthquake of October 23, 2004, and its aftershocks
Geophys. Res. Lett.,32(21) 2005
Author:Yasuo Izutani


日本内陸で発生する浅い地震に関する震源スペクトルの相似性についての考察
土木学会論文集,(780/I-70):241-246 2005
Author:泉谷恭男


Nonlinear response of surface layers at KiK-net stations in Japan
Proc. 13th World Conf. Earthq. Eng.,CD-ROM 2004
Author:Yasuo Izutani


Spatial variation of Qs value estimated from double spectral ratio of strong motion records
Struct. Eng./ Earthq. Eng.,20(1):81s-85s 2003
Author:Yasuo Izutani, Daisuke Ikegaya


長野県の震度計設置点における相対的な揺れ易さ
第11回日本地震工学シンポジウム論文集(CD-ROM),:39-42 2002
Author:泉谷恭男,金子雅子


強震動の二重スペクトル比を用いた Qs 値の空間的変動の推定
土木学会論文集,(710/I-60):479-484 2002
Author:泉谷恭男,池谷大輔


Scale-dependence of seismic energy-to-moment ratio for strike-slip earthquakes in Japan
Geophys. Res. Lett.,28(20):4007-4010 2001
Author:Yasuo Izutani, Hiroo Kanamori


強震動の二重スペクトル比から推定した九州南部におけるQs値
土木学会論文集,(640/Ⅰ-50):225-230 2000
Author:泉谷恭男


High-frequency source spectral ratio between large and small earthquakes
Proc. 10 th. Japan Earthq. Eng. Symp.,1:697-702 1998
Author:Yasuo Izutani


震源近傍における加速度応答スペクトルの距離減衰について
第10回日本地震工学シンポジウム論文集,1:139-144 1998
Author:村口英之/泉谷恭男


確率論的グリーン関数を用いた強震動の波形合成法とその検証例による震源パラメータの考察
応用力学論文集,1:595-606 1998
Author:大角恒雄/原田隆典/泉谷恭男


Predominant direction of strong motion S-waves and its spatial variation at Chiba array site
Struct. Eng./ Earthq. Eng.,14(1):111s-116s 1997
Author:Yasuo Izutani


千葉アレーにおけるS波の震動卓越方向とその空間的変動
土木学会論文集,(531/I-34):87-92 1996
Author:泉谷恭男


強震動卓越方向の震源依存性と観測点依存性 ---千葉アレーにおける 8~10 Hz 地震動の主軸解析---
地震第2輯,46(1):35-44 1993
Author:泉谷恭男,寺田彰


FAULT LENGTH AND DIRECTION OF RUPTURE PROPAGATION FOR THE 1993 KUSHIRO-OKI EARTHQUAKE AS DERIVED FROM STRONG-MOTION DURATION
JOURNAL OF PHYSICS OF THE EARTH,41(5):319-325 1993
Author:IZUTANI, Y


EMPIRICAL GREEN-FUNCTION CORRECTED FOR SOURCE EFFECT
EARTHQUAKE ENGINEERING&STRUCTURAL DYNAMICS,21(4):341-349 1992
Author:IZUTANI, Y; KATAGIRI, F


断層パラメータ即時的推定法による津波数値予報の精度 ---1944年東南海地震を例とした応力降下量に違いのある2枚の断層の場合---
地震第2輯,44(3):211-219 1991
Author:今村文彦,泉谷恭男,首藤伸夫


Source characteristics of the largest three aftershocks of the 1983 Japan Sea earthquake
Tohoku Geophysical Journal,33(1):83-95 1990
Author:Yasuo Izutani, Tomowo Hirasawa


SEISMIC EXCITATION AND DIRECTIVITY OF SHORT-PERIOD BODY WAVES FROM A STOCHASTIC FAULT MODEL
TECTONOPHYSICS,175(1-3):67-79 1990
Author:KOYAMA, J; IZUTANI, Y


最大加速度・rms加速度の方位依存性 ---ランダム位相の短周期地震---
地震第2輯,41(1):79-87 1988
Author:小山順二,泉谷恭男


Use of strong motion duration for rapid evaluation of fault parameters
J. Phys. Earth,35(2):179-190 1987
Author:Yasuo Izutani, Tomowo Hirasawa


Rapid estimation of fault parameters for near-field tsunami warning
Natural Disaster Sci.,9(1):99-113 1987
Author:Yasuo Izutani, Tomowo Hirasawa


Source parameters relevant to heterogeneity of a fault plane
J. Phys. Earth,32(6):511-529 1984
Author:Yasuo Izutani


常時微動測定による地すべり地盤調査の一手法
土木学会論文報告集,(309):159-162 1981
Author:泉谷恭男,島坦


A statistical model for prediction of quasi-realistic strong ground motion
J. Phys. Earth,29(6):537-557 1981
Author:Yasuo Izutani


Source characteristics of shallow earthquakes in the northern part of Sanriku-Oki region, Japan
J. Phys. Earth,26(3):275-297 1978
Author:Yasuo Izutani, Tomowo Hirasawa


その他
浜田信生「原発の基準地震動と超過確率」に関連して考えたこと
日本地震学会 , 日本地震学会ニュースレター , 25(4):19-21 2013
Author:泉谷恭男


「常識破り」と「常識外れ」
日本地震学会 , 日本地震学会ニュースレター , 21(5):34 2010
Author:泉谷恭男


2007年新潟県中越沖地震の強震動を放出した断層面は本当に南東傾斜なのか?
日本地震学会 , 日本地震学会ニュースレター , 20(2):25-26 2008
Author:泉谷恭男

教育活動実績

授業等
2010 , 地震と防災
2010 , 基礎物理学
2010 , 地震工学
2010 , 社会環境工学
2010 , 防災システム論
2010 , 地震工学特論