信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

大橋 俊夫  オオハシ トシオ

教員組織電話番号0263-31-3071
教育組織医学部 医学科 メディカル・ヘルスイノベーション(寄附講座)FAX番号0263-31-3702
職名特任教授メールアドレスohhashi@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-1seiri/physiology/index.html

更新日:2020/10/26

プロフィール

研究分野
微小循環とリンパ循環
現在の研究課題
基礎ならびに臨床発汗学
キーワード:温熱性発汗 手掌部発汗 発汗異常 , 1980-
健康評価のための新しい医療機器の開発
キーワード:健康科学 医用電子と生体工学 , 1974-
癌転移とリンパ系の病態生理学的研究
キーワード:癌転移 リンパ管内皮細胞 リンパ節 , 1974-
細動脈の機能的構築に関する研究
キーワード:細動脈 血管平滑筋 内皮細胞 , 1974-
所属学会
所属学会役職担当
日本リンパ学会 , 理事長
日本発汗学会 , 名誉理事長
日本脈管学会 , 名誉会員
日本微小循環学会 , 理事
日本自律神経学会 , 評議員
日本生理学会 , 評議員
日本ME学会 , 評議員
アメリカ生理学会
欧州微小循環学会
アメリカ微小循環学会
学歴
出身学校・専攻等(大学院を除く)
1974 , 信州大学 , 医学部

取得学位
医学博士 , 信州大学
受賞学術賞
1991 , 医科学応用研究財団研究奨励賞
1989 , かなえ医学研究奨励賞
1987 , 大和ヘルス財団研究奨励賞
1986 , 明治生命厚生事業団研究奨励賞
1984 , Travel Award of European Society for Microcirculation
1984 , かなえ医学研究奨励賞
1984 , 昭和58年度内藤記念科学振興財団海外研究交流賞
1982 , 昭和57年度山田科学振興財団海外派遣援助賞
1981 , 第7回日本心臓財団研究奨励賞
1977 , 長野県科学振興会研究奨励賞
1976 , 長野県科学振興会研究奨励賞
研究職歴等
研究職歴
2001- , 信州大学 評議員
2000- , 信州大学大学院医学研究科 教授
2000- , 株式会社スキノス 取締役(研究成果活用兼業)
1985- , 信州大学医学部 教授
1980- , 信州大学医学部 助教授
1977- , 信州大学医学部 講師
1974- , 信州大学医学部 助手
2003-2008 , 信州大学医学部 医学部長
1979-1981 , ベルファストクイーンズ大学 講師

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
第35章 血液循環 C.リンパ循環
医学書院 , 標準生理学 , 第9版:613-622 2019
Author:河合佳子,大橋俊夫


第35章 血液循環 B.微小循環
医学書院 , 標準生理学 , 第9版:601-613 2019
Author:大橋俊夫,河合佳子


生きている しくみがわかる 生理学
医学書院 2016
Author:大橋俊夫,河合佳子


間質とリンパ学
医学ジャーナル社 , 浮腫 , :38-45 2014
Author:大橋俊夫,河合佳子


腸のリンパを流せば、病気が逃げ出す
PHP研究所 2014
Author:大橋俊夫


リンパ管の生理
メディカルトリビューン社 , リンパ浮腫診断治療方針 , 2013:9-11 2013
Author:河合佳子,大橋俊夫


第9章 血液、第10章 循環
医学書院 , 標準生理学 , 第8版 2013
Author:大橋俊夫


生理学項目
メヂカルフレンド社 , 看護学大辞典 , 第6版 2013
Author:大橋俊夫,河合佳子


第1章 リンパ管内皮細胞、第6章 リンパ浮腫
朝倉書店 , 血管生物医学事典 , :13-15,446-448 2011
Author:大橋俊夫,河合佳子


3. リンパ管の生理-リンパ浮腫との関連から-
永井書店 , よくわかるリンパ浮腫のすべて , :34-39 2011
Author:大橋俊夫,河合佳子


第5章 脈管疾患の病態生理と血行動態D.リンパ管疾患リンパ浮腫
メディカルトリビューン , 脈管専門医のための臨床脈管学 , :48-49 2010
Author:大橋俊夫,河合佳子


リンパを流すと健康になる
PHP研究所 2010
Author:大橋俊夫


Sweat gland control
Springer , Encyclopedia of Neuroscience , Part19:3911-3914 2009
Author:Ohhashi T, Kawai Y


リンパと免疫
南江堂 , みえる人体 構造・機能・病態 , :154-169 2009
Author:河合佳子,大橋俊夫


リンパ管内酸素分圧
朝倉書店 , からだと酸素の事典 , :282-284 2009
Author:大橋俊夫,河合佳子


第8章 血液、第9章 循環、第12章 消化と吸収
医学書院 , 標準生理学 , 第7版 2009
Author:大橋俊夫


イグナーロ,ウーサイ,エイマンス,大通り毛細血管,間質液,機能的細動脈,ギルマン[2],クロー,繋留線維,血管緊張,血管透過性,血漿膠質浸透圧,細静脈,細動脈,ザクマン,軸集中,自発性収縮,収縮期血圧,周辺血漿層,スターリングの仮説,成長停止ホルモン,組織液膠質浸透圧,内部環境,ニュートンの粘性法則,ネーアー,微小血管床,微小循環,ファーチゴット,ファレウス-リンドクヴィスト効果,浮腫液,ブラック,ベルイストレーム,マクラウド,ムラード,メタ細動脈,リンパ液,リンパ循環,リンパ漿,リンパ生成,ロッドベル
医学書院 , 医学大辞典 , 第2版 2009
Author:大橋俊夫


自律神経系と発汗調節
新興医学出版 , 最新自律神経学 , :85-93 2007
Author:大橋俊夫


温熱性・精神性 発汗試験
文光堂 , 自立神経機能検査 , 第4版:224-229 2007
Author:大橋俊夫


リンパ浮腫 −診療の手引き−
メディカ出版 , リンパ浮腫 −診療の手引き− , :1-55 2007
Author:大橋俊夫


論文
換気カプセル式デジタル発汗計を用いた定位反応の検討 : 刺激の反復提示による馴化とその回復について
信州大学人文科学論集,7(2):125-133 2020(Mar.)
Author:今井 章, 新堂 光太郎, 大橋 俊夫


Evaluating Lymph Flow through the Thoracic Duct using Urine Osmolarity in Human Subjects.
Lymphatic Res Biol,18(4):351-356 2020
Author:Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Maejima D, Nagashio S, Kajihara R, Amari K, Yokoyama Y, Kaidoh M, Sugano M, Honda T, Kawai Y, Ohhashi T


Water intake increases mesenteric lymph flow and the total flux of albumin, long-chain fatty acids, and IL-22 in rats: New concept of absorption in jejunum.
Am J Physiol Gastrointestinal and Liver Physiology,316:G155-G165 2019
Author:Nagashio S, Ajima K, Maejima D, Sanjo H, Kajihara R, Hayashi M, Watanabe-Asaka T, Kaidoh M, Yokoyama Y, Taki S, Kawai Y, Ohhashi T


Lymph drainage from the chylocyst-induced hemodilution in an in vivo rabbit study.
Lymatic Res Biol,16(2):154-159 2018
Author:Ajima K, Kawai Y, Maejima D, Suzuki S, Yano S, Hayashi M, Katsumata A, kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T


CO2 gas exchange in lungs.
Lungs and Brething,2(3):1 2018
Author:Ohhashi T, Kawai Y


模擬運動テストの危険予測場面でみられる視線動作と手掌部発汗・脳血流反応
発汗学,24(1):16-18 2017(Apr.)
Author:小林 正義, 岩波 潤, 佐賀里 昭, 百瀬 英哉, 大橋 俊夫


【未知なるリンパ 全身にはり巡らされた循環・免疫・がん転移の新たなネットワーク】 腸と四肢のリンパ循環の違いに依存したリンパ機能特性
実験医学,35(3):403-408 2017(Feb.)
Author:大橋 俊夫, 河合 佳子, 前島 大輔


高齢者の認知機能と模擬運転時の手掌部発汗反応との関連
発汗学,23(2):27-32 2016(Dec.)
Author:高橋 理沙, 小林 正義, 佐々木 努, 百瀬 英哉, 大橋 俊夫


自動車模擬運転における危険予測場面のブレーキ応答と手掌発汗反応 高齢者と若年者の比較
発汗学,23(2):41-43 2016(Dec.)
Author:岩波 潤, 小林 正義, 佐賀里 昭, 百瀬 英哉, 大橋 俊夫


ドライブシミュレータ操作時の手掌部発汗と脳血流量の変動
発汗学,23(2):33-35 2016(Dec.)
Author:小林 正義, 藤井 恭平, 佐々木 努, 百瀬 英哉, 大橋 俊夫


【浮腫-そのむくみ、放っておいて大丈夫?-】 浮腫の生理学
診断と治療,104(8):979-985 2016(Aug.)
Author:大橋 俊夫, 河合 佳子


【メカノバイオロジーからメカノメディシンへ】 メカノメディシン 流れに関係する呼吸生理学と癌転移
医学のあゆみ,257(10):1070-1078 2016(Jun.)
Author:大橋 俊夫, 河合 佳子


In vivo support for the new concept of pulmonary blood flow-mediated CO2 gas excretion in the lungs.
Am J Physiol.,308(12):L1224-L1236 2015
Author:Kawai Y, Ajima K, Kaidoh M, Sakaguchi M, Tanaka S, Kawamata M, Kimura H, Ohhanshi T


Abdominal respiration induces hemodilution and related reduction of blood.
Lymphat Res Biol.,13(3):202-207 2015
Author:Kawai Y, Ajima K, Nagai T, Yokoyama Y, Kaidoh M, Seto E, Honda T, Ohhashi T.


Proposed new lymphology combined with lymphatic physiology, innate immunology, and oncology(Review).
J Physiol Sci.,65(1):51-66 2015
Author:Ohhashi T, Kawai Y


手掌部発汗計測装置を応用した情動測定装置の開発
発汗学,22(2):87-90 2015
Author:濱信治,百瀬英哉,森光紀匡,坂口正雄,大橋俊夫


癌原発巣の酸性微小環境形成に及ぼす流れ刺激の効果
リンパ学,38(2):71-73 2015
Author:河合佳子,大橋俊夫


超音波造影剤を用いたリンパ管系の可視化
月刊細胞,47(13):12-14 2015
Author:河合佳子,大橋俊夫


集合リンパ管壁透過性に関するリンパ管内皮細胞の機能について
リンパ学,38(1):11-14 2015
Author:河合佳子,大橋俊夫


循環生理学・免疫学・腫瘍学を連携した新しいリンパ学の提唱
リンパ学,38(1):15-18 2015
Author:大橋俊夫,河合佳子


New lymphology combined with lymphatic physiology, innate immunology, and oncology.
J Blood & Lymph.,4:126 2014
Author:Ohhashi T, Kawai Y


Pivotal roles of lymphatic endothelial cell layers in the permeability to hydrophilic substances through collecting lymph vessel walls: Effects of inflammatory cytokines.
Lymphat Res Biol,12(3):124-135 2014
Author:Kawai Y, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T


発汗量と皮膚表面温湿度の計測
発汗学,21:31-33 2014
Author:坂口正雄,百瀬英哉,森下春雄,大橋俊夫


循環器病学・免疫学・腫瘍学を連結した新しいリンパ学~リンパ疾患の病態理解のために~
Skin Cancer,29:137-139 2014
Author:大橋俊夫,河合佳子


New concept of flow-mediated CO2 gas excretion from human pulmonary arteriolar endothelial cells.
J. Physiol. Sci.,63(1):S219 2013
Author:Kawai Y, Ohhashi T


Tumour PDGF-BB expression levels determine dual effects of anti-PDGF drugs on vascular remodelling and metastasis.
Nat. Comm.,4:2129 2013
Author:Hosaka K, Yang Y, Seki T, Nakamura M, Andersson P, Rouhi P, Yang X, Jensen L, Lim S, Feng N, Xue Y, Li X, Larsson O, Ohhashi T, Cao Y


Cell surface F1/FO ATP synthase contributes to interstitial flow-mediated development of the acidic microenvironment in tumor tissues.
Am. J. Physiol. Cell Physiol.,305(11):C1139-1150 2013
Author:Kawai Y, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T


Sphingosine 1-phosphate (S1P) induces S1P2 receptor-dependent tonic contraction in murine iliac lymph vessels.
Microcirculation,20(1):1-16 2013
Author:Kimizuka K, Kawai Y, Maejima D, Ajima K, Kaidoh M, Ohhashi T


自動車模擬運転時と実車運転時の手掌部発汗反応比較
発汗学,20(1):37-39 2013
Author:百瀬英哉,高橋理沙,小林正義,佐々木努,大橋俊夫


改良型自動車運転認知評価装置の試験-手掌部発汗比較
発汗学,20(1):40-42 2013
Author:高橋理沙,百瀬英哉,小林正義,佐々木努,大橋俊夫


リンパ管の解剖・生理学の最近のトピックス
Angiology Frontier,12(2):45-56 2013
Author:河合佳子,大橋俊夫


日本発汗学会20年のあゆみと将来展望-自らの手掌部発汗研究のあゆみと照らし合わせて-
発汗学,20(1):2-11 2013
Author:大橋俊夫


Pivotal roles of shear stress in the microenvironmental changes that occur within sentinel lymph nodes
CANCER SCIENCE,103(7):1245-1252 2012(Jul.)
Author:Kawai, Y; Kaidoh, M; Yokoyama, Y; Ohhashi, T


The establishment of new lympholgy: overview
Annals of Vascular Diseases,5(3):247-248 2012
Author:Ohhashi, T


Shear stress-mediated F1/FO ATP synthase-dependent CO2 gas excretion from human pulmonary arteriolar endothelial cells.
J Cell Physiol.,227(5):2059-2068 2012
Author:Kawai Y, Yoshida K, Kaidoh M, Yokoyama Y, Ohhashi T.


Platelet-derived growth factor (PDGF)-BB produces NO-mediated relaxation and PDGF receptor β-dependent tonic contraction in murine iliac lymph vessels.
Microcirculation,18(6):474-486 2011
Author:Maejima D, Kawai Y, Ajima K, Ohhashi T.


Real-time imaging of the lymphatic channels and sentinel lymph nodes of the stomach using contrast-enhanced ultrasonography with Sonazoid in a porcine model.
Cancer Sci.,102(11):2073-2081 2011
Author:Kawai Y, Ajima K, Nagai T, Kaidoh M, Ohhashi T.


リンパ循環学から視た皮膚の美しさと健康
日本香粧品学会誌,34(4):292-296 2010(Feb.)
Author:大橋 俊夫, 河合 佳子


Shear stress-induced ATP-mediated endothelial constitutive nitric oxide synthase expression in human lymphatic endothelial cells.
Am J Physiol Cell Physiol,298(3):C647-C655 2010
Author:Kawai Y, Yokoyama Y, Kaidoh M, Ohhashi T.


Chemokine CCL2 facilitates ICAM-1-mediated interactions of cancer cells and lymphatic endothelial cells in sentinel lymph nodes.
Cancer Sci,100(3):419-428 2009
Author:Kawai Y, Kaidoh M, Yokoyama Y, Sano K, Ohhashi T.


Critical role for GATA3 in mediating Tie2 expression and function in large vessel endothelial cells.
J Biol Chem,284(42):29109-29124 2009
Author:Song H, Suehiro J, Kanki Y, Kawai Y, Inoue K, Daida H, Yano K, Ohhashi T, Oettgen P, Aird WC, Kodama T, Minami T.


Topics of physiological and pathophysiological functions of lymphatics.
Curr Mol Med,9(8):942-953 2009
Author:Kawai Y, Ohhashi T.


Significance of tumor-associated stroma in promotion of intratumoral lymphangiogenesis: pivotal role of a hyaluronan-rich tumor microenvironment.
Am J Pathol,172(1):179-193 2008
Author:Koyama H, Kobayashi N, Harada M, Takeoka M, Kawai Y, Sano K, Fujimori M, Amano J, Ohhashi T, Kannagi R, Kimata K, Taniguchi S, Itano N.


In situ lymph dynamic characterization through lymph nodes in rabbit hind leg: special reference to nodal inflammation.
J Physiol Sci,58(2):123-132 2008
Author:Nagai T, Ikomi F, Suzuki S, Ohhashi T.


Heterogeneity in immunohistochemical, genomic, and biological properties of human lymphatic endothelial cells between initial and collecting lymph vessels.
Lymphat Res Biol,6(1):15-27 2008
Author:Kawai Y, Hosaka K, Kaidoh M, Minami T, Kodama T, Ohhashi T.


NT-702, a selective phosphodiesterase 3 inhibitor, dilates rabbit spinal arterioles via endothelium-dependent and endothelium-independent mechanisms.
J Physiol Sci,58(4):229-237 2008
Author:Mizuno R, Watanabe S, Ohhashi T.


Glucose and glucose transporters regulate lymphatic pump activity through activation of the mitochondrial ATP-sensitive K+ channel.
J Physiol Sci,58(4):249-261 2008
Author:Li X, Mizuno R, Ono N, Ohhashi T.


MDA-MB-231 produces ATP-mediated ICAM-1-dependent facilitation of the attachment of carcinoma cells to human lymphatic endothelial cells.
Am J Physiol Cell Physiol,295(5):C1123-C1132 2008
Author:Kawai Y, Kaidoh M, Ohhashi T.


Head-down tilt posture elicits transient lymphocyte mobilization from the iliac, but not mesenteric, lymph nodes of rats.
J Appl Physiol,105(5):1595-1601 2008
Author:Suzuki S, Mizuno R, Ikomi F, Ohhashi T.


Critical roles of VEGF-C-VEGF receptor 3 in reconnection of the collecting lymph vessels in mice.
Microcirculation,15(7):591-603 2008
Author:Ikomi F, Kawai Y, Nakayama J, Ogiwara N, Sasaki K, Mizuno R, Ohhashi T.


Immunohistochemical demonstration of proliferating lymphatic vessels in colorectal carcinoma and its clinicopathological significance.
Cancer Lett,246(1-2):167-172 2007
Author:Omachi T, Kawai Y, Mizuno R, Nomiyama T, Miyagawa S, Ohhashi T, Nakayama J.


High oxygen tension constricts epineurial arterioles of the rat sciatic nerve via reactive oxygen species.
Am J Physiol Heart Circ Physiol,293(3):H1498-H1507 2007
Author:Sakai N, Mizuno R, Ono N, Kato H, Ohhashi T.


Characterization and microarray analysis of genes in human lymphatic endothelial cells from patients with breast cancer.
Lymphat Res Biol,5(2):115-126 2007
Author:Kawai, Y; Minami, T; Fujimori, M; Hosaka, K; Mizuno, R; Ikomi, F; Kodama, T; Ohhashi, T


学会発表
Water intake accelerates mesenteric lymph flow and the total flux of long-chain fatty acids in rats.
Lymphatic Forum 2019 2019(May)
Author:Ohhashi T, Kawai Y


ナノ粒子生体イメージングおよび生体安全性評価法確立を目指した摘出リンパ管灌流システムの構築
日本DDS学会学術集会プログラム予稿集 , 33:177 2017(Jun.)
Author:安嶋 久美子, 黒田 千佳, 大橋 俊夫, 齋藤 直人


ナノ粒子生体イメージングのための摘出リンパ管灌流システムの構築
JSMI Report , 10(2):180 2017(May)
Author:安嶋 久美子, 黒田 千佳, 大橋 俊夫, 齋藤 直人


模擬運転における危険予測場面のブレーキ応答 高齢者と若年者の比較
日本作業療法学会抄録集 , 50:PJ-7-4B 2016(Sep.)
Author:岩波 潤, 小林 正義, 佐々木 努, 百瀬 英哉, 大橋 俊夫


危険認知を評価する模擬運転テストの開発研究 高齢ドライバーの応答特性
日本作業療法学会抄録集 , 50:PK-3-1A 2016(Sep.)
Author:小林 正義, 岩波 潤, 佐々木 努, 百瀬 英哉, 大橋 俊夫


ヒトリンパ流量測定法の開発
人間ドック , 31(2):285 2016(Jul.)
Author:大橋 俊夫, 河合 佳子


模擬運転テストの危険予測場面でみられる視線動作と手掌部発汗・脳血流反応
日本発汗学会総会プログラム・抄録集 , 24:36 2016(Jul.)
Author:小林 正義, 岩波 潤, 佐賀里 昭, 百瀬 英哉, 大橋 俊夫


MISC
疾患によって浮腫の出方が異なる理由は? 臓器による循環血液量の違いなどによる
日本医事新報,(4851):63-64 2017(Apr.)
Author:大橋 俊夫


Proposed new lymphology combined with lymph physiology, immunology and oncology.
Adaptation Biology and Medicine,8:419-428 2016
Author:Ohhashi T


むくみを深く知るための生理学
臨床看護,36(7):850-854 2010
Author:大橋 俊夫, 河合 佳子

特許等知的財産
登録済特許
骨内微小循環障害に起因する疾患の予防及び/又は治療剤
リンパ系の細胞接着物質、リンパ系薬物輸送剤およびそれを含有する薬剤
ヒトリンパ管由来細胞株およびそれを用いた診断キット
研究費
受託研究
2007 - 2011 , 内視鏡的超音波イメージングによるセンチネルリンパ節可視化及び転移診断技術の開発
2006 - 2007 , 消化管免疫特性に対する重力変動の影響
2006 - 2007 , センチネルリンパ節に特異的に発現する分子プロファイリングの探査とその臨床研究
2005 - 2006 , リンパ節循環動態に関する重力変動の影響
2004 - 2005 , 平成16年度地域新生コンソーシアム研究開発事業 乳ガン・消化器ガンの低侵襲治療を可能とする診断システムの開発

科学研究費補助金(研究代表者)
2012 - 2013 , 消化器癌転移時のセンチネルリンパ節微小環境変化を可視化評価するための基礎研究 , 挑戦的萌芽研究
2010 - 2013 , 臨床的応用に視点を置いたリンパ行性微小癌転移機構解明の体系的研究 , 基盤研究(A)
2007 - 2010 , リンパ行性微小癌転移機構解明のためのリンパ学を基盤とした体系的研究 , 基盤研究(A)
2005 - 2006 , 前哨リンパ節(SLN)への癌転移因子解析のリンパ学的研究 , 萌芽研究
2003 - 2004 , 前哨リンパ節への癌転移因子解明のリンパ生理学的研究 , 萌芽研究

教育活動実績

授業等
2011 , 前期 , 生理学(器官系)演習・実習(学部専門科目)
2011 , 前期 , ヒト生物学Ⅰ(学部専門科目)
2011 , 前期 , 健康科学概論(修士課程)
2011 , 前期 , 医科学研究遂行特論(博士課程)

社会活動実績

社会活動等
学会・研究会の主催
2012年3月29日 - 2012年3月31日 , 第89回日本生理学会大会 , 大会長