信州大学HOMEENGLISH交通・キャンパス案内

研究者総覧研究者総覧

研究者、研究内容などで検索
項目別検索はこちら

山田 慎一  ヤマダ シンイチ

教員組織学術研究院(医学系(附属病院))電話番号0263-37-2675
教育組織医学部附属病院 特殊歯科・口腔外科FAX番号0263-37-2676
職名准教授メールアドレスyshinshin@shinshu-u.ac.jp
住所〒390-8621 長野県松本市旭3-1-1ホームページURLhttp://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/medicine/chair/i-shika/

プロフィール

研究分野
歯科口腔外科
現在の研究課題
歯槽骨再生
キーワード:歯槽骨 , 再生
口腔癌の分子標的治療
キーワード:分子標的
口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移の被膜外浸潤の進展度
キーワード:頸部リンパ節転移 , 口腔扁平上皮癌 , 被膜外浸潤
有病者歯科治療
キーワード:有病者 , 歯科治療
所属学会
所属学会
欧州臨床腫瘍学会
日本口腔外科学会
日本口腔科学会
アジア口腔学顔面外科学会
国際口腔顎顔面外科学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本口腔腫瘍学会
日本口腔診断学会
日本顎変形症学会
日本口腔感染症学会
日本有病者歯科学会
日本口腔インプラント学会
日本顎顔面インプラント学会
信州医学会
International Association of Dental Research
日本頭頸部癌学会
学歴
出身大学院
2004 , 長崎大学大学院 歯学研究科

出身学校・専攻等(大学院を除く)
2000 , 長崎大学 , 歯学科

取得学位
博士(歯学) , 長崎大学(日本)(2004年3月31日)

免許・資格等
20190601 , 日本口腔科学会 暫定指導医
20190301 , (一社)日本有病者歯科医療学会専門医
20190301 , (一社)日本有病者歯科医療学会認定医
20180401 , 日本口腔ケア学会 4級
20170915 , 日本口腔腫瘍学会 口腔がん専門医 指導医
20170601 , 日本口腔科学会認定医
20150730 , 日本口腔診断学会 認定医
20150401 , 日本口腔外科学会指導医
20110101 , インフェクションコントロールドクター
20100801 , 日本がん治療認定医機構 暫定教育医(歯科口腔外科)
20100401 , 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医(歯科口腔外科)
20071001 , 日本口腔外科学会専門医
20000510 , 歯科医師免許
受賞学術賞
2017 , 第35回日本口腔腫瘍学会学術大会優秀ポスター賞
2015 , 2015年度日本口腔腫瘍学会賞
2014 , 第32回日本口腔腫瘍学会学術大会優秀ポスター賞
研究職歴等
研究職歴
2009-2015 , 長崎大学病院 講師
2007-2009 , 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科口腔顎顔面外科学分野 助教
2006-2007 , 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科口腔顎顔面外科学分野 助手
2004-2006 , 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科口腔顎顔面部病態・外科制御学分野 助手
2004-2004 , 長崎大学歯学部附属病院 助手

研究職歴以外の職歴
2020- , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会実行委員長
2017- , 日本口腔外科学会 口腔癌診療ガイドライン改定委員会 協力委員
2017- , 日本有病者歯科医療学会 調査・企画・ガイドライン推進委員会 委員
2017- , 日本口腔インプラント学会関東・甲信越支部 学術シンポジウム委員会 委員
2017- , 日本有病者歯科医療学会抗血栓療法ガイドライン改定システマティックレビューチーム(SRチーム)委員会委員
2015- , 日本口腔外科学会代議員
2020-2021 , 公益社団法人日本口腔外科学会 新型コロナウィルス対策委員会 システマティックレビュー担当委員

留学歴
2011-2011 , カロリンスカ研究所

研究活動業績

研究業績(著書・
発表論文等)
著書
第2章周術期等口腔機能管理の実際 7がん薬物療法と口腔管理.
クインテッセンス出版株式会社 , 周術期等口腔機能管理の実際がよくわかる本 デンタル&メディカルで取り組む 患者サポート実践ガイド. 2020(Sep. 10)
Author:山田慎一, 栗田 浩.


CHAPTER2 周術期口腔機能管理のシステム 2歯科口腔外科で実施している例
医歯薬出版株式会社 , エビデンスに基づいた周術期口腔機能管理 , :11-15 2018(Oct. 25)
Author:山田慎一, 栗田 浩


10 神経麻痺 顔面神経麻痺
クインテッセンス出版株式会社, 東京 , 全国医学部附属病院歯科口腔外科科長会議編.口の中がわかる ビジュアル 歯科口腔科学読本 , :162-163 2017
Author:山田慎一, 栗田 浩.


論文
The effects of perioperative oral management on perioperative serum albumin levels in patients treated surgically under general anesthesia: A multicenter retrospective analysis in Japan.
Medicine (Baltimore),100(10):e25119 2021(Mar. 21)
Author:Yamada S, Koike K, Isomura Tanaka E. Chikazu D, Yamagata K, Iikubo M, Hino S, Hibi H, Katsura K, Nakamura S, Nomura T, Mori Y, Tojyo I, Kanamura N, Yamamori I, Aota K, Fujita S, Tanzawa H, Kurita H.


Association between Dental Extraction After Radiotherapy and Osteoradionecrosis: A Multi-center Retrospective Study.
Oral Diseases 2021(Feb. 17)
Author:Saito I, Hasegawa T, Kawashita Y, Kato S, Yamada S, Kojima Y, Ueda N, Umeda M, Shibuya Y, Kurita H, Kirita T, Akashi M.


Relationship between dry mouth and hypertension.
Clinical Oral Invetigations 2021(Feb. 04)
Author:Kawamoto M, Yamada S, Gibo T, Kajihara R, Nagashio S, Tanaka H, Yajima J, Takizawa A, Kondo E, Sakai H, Kaneko T, Uehara T, Kurita H.


Accuracy of a salivary examination kit for the screening of periodontal disease in a group medical check-up (Japanese-specific health check-up).
Medicine (Baltimore) 2021(Jan. 12)
Author:Sakurai A, Yamada S, Karasawa I, Kondo E, Kurita H.


Awareness of Complications of Dental Treatment in Patients Treated with Drugs Affecting the Immune System: A Nationwide Questionnaire Survey of Dental Practitioners in Japan.
Acta Med Okayama,75(2):115-123 2021
Author:Nishizaki H, Morimoto Y, Yamada S, Kurita H, Tanaka A, Yamaguchi A, Miyata M, Yoshikawa H, Yanamoto S, Imai Y.


Correlations between the properties of saliva and metabolic syndrome: A prospective observational study.
Medicine (Baltimore),99(51):e23688 2020(Dec. 18)
Author:Suzuki D, Yamada S, Sakurai A, Karasawa I, Kondo E, Sakai H, Tanaka H, Shimane T, Kutita H.


総説 高齢口腔癌患者の健康余命の延伸を目的とした高齢者機能評価の臨床的検討.
日本口腔腫瘍学会誌,32(4):180-185 2020(Nov. 13)
Author:山田慎一, 栗田 浩.


抗血栓薬内服患者の外来での抜歯を可能とする基準は?:評価シートの作成とその妥当性の検討.
有病者歯科医療 2020(Sep. 28)
Author:近藤英司, 吉村伸彦, 横関真理, 鎌田孝広, 山田慎一, 栗田 浩.


A retrospective investigation of minor risk factors as prognostic predictors and treatment indications in oral squamous cell carcinoma.
Journal of Dental Sciences 2020(Sep. 24)
Author:Yamada S, Kondo E, Hashidume M, Sakurai A, Otagiri H, Matsumura N, Kubo K, Hakoyama Y, Yajima J, Morioka M, Akahane Y, Anzai K, Goto K, Uehara T, Sakai H, Kurita H.


Fanconi貧血に合併した進行下顎歯肉癌の1例.
日口外誌,66(8):360-365 2020(Aug. 20)
Author:柴田哲伸, 山田慎一, 太田亮輔, 横井 啓, 近藤英司, 栗田 浩.


Detection of swallowing disorders using a multiple channel surface electromyography sheet; a preliminary study.
Journal of Dental Sciences 2020(Jun. 06)
Author:Koyama Y, Ohmori N, Momose H, Kondo E, Yamada S, Kurita H.


Immunohistochemical investigation of predictive biomarkers for mandibular bone invasion in oral squamous cell carcinoma.
Pathology & Oncology Research 2020(May 20)
Author:Gibo T, Yamada S, Kawamoto M, Uehara T, Kurita H.


Oral Candida mannan concentrations correlate with symptoms/signs of ill health and the immune status.
Mycopathologia 2020(May 14)
Author:Hakoyama Y, Yamada S, Nishimaki F, Hayashi K, Koizumi T, Kurita H.


Clinical investigation on sarcoma in oral and maxillofacial regions: a multicenter retrospective analysis in Japan.
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol 2020(Apr. 28)
Author:Itoh R, Yamada S, Hasegawa T, Yamakawa N, Denda Y, Otagiri H, Okura M, Yanamoto S, Akashi M, Kirita T, Ota Y, Umeda, Kurita H.


Anterior relapse or posterior drift after intraoral vertical ramus osteotomy.
Scientific Reports,:in press 2020(Feb. 19)
Author:Rokutanda S, Yamada S, Yanamoto S, Sakamoto H, Furukawa K, Rokutanda H, Yoshimi T, Nakamura T, Morita Y, Yoshida N, Umeda M.


Questionnaire survey of angiogenesis inhibitor-related oral complications based on a nation-wide study in Japan.
Journal of Dental Sciences,:in press 2020(Jan. 31)
Author:Yamada S, Kurita H, Tanaka A, Miyata M, Morimoto Y, Yamaguchi A, Yanamoto S, Yoshikawa H, Imai Y.


長野県病院歯科・歯科口腔外科における 有病者歯科診療に関する実態調査.
日本有病者歯科医療学会誌,28(1):1-7 2020(Jan. 30)
Author:山田慎一, 栗田 浩, 田中 彰, 宮田 勝, 森 佳 成, 山口 晃, 柳本惣市, 吉川博政, 今井 裕.


Treatment outcomes of adjunctive teriparatide therapy for medication-related osteonecrosis of the jaw (MRONJ): A multicenter retrospective analysis in Japan
Journal of Orthopaedic Science,:in press 2020(Jan. 27)
Author:MorishitaK, Yamada S, Kawakita A, Hashidume M, Tachibana A, Takeuchi N, Ohbayashi Y, Kanno T, Yoshiga D, Narai T, Sasaki N, Shinohara H, Uzawa N, Miyake M, Tominaga K, Kodani I, Umeda M, Kurita H.


A clinical investigation of the association between perioperative oral management and prognostic nutritional index in digestive and urinary cancer patients.
Current Oncology,:in press 2020(Jan. 17)
Author:Otagiri H, Yamada S, Hashidume M, Sakurai A, Morioka M, Kondo E, Sakai H, Kurita H.


A multicenter retrospective investigation on the efficacy of perioperative oral management in cancer patients.
Medicine,:in press 2020(Jan. 14)
Author:Yamada S, Soutome S, Hasegawa T, Tojyo I, Nakahara H, Kawakami M, Hirose M, Fujita S, Komori T, Kirita T, Shibuya Y, Umeda M, Kurita H.


下顎枝矢状分割術術後に下腿急性コンパートメント症候群を生じた1例.
日口外誌,66(3):162-166 2020(Jan. 14)
Author:岩井恵理華, 山田慎一, 秋田大輔, 横井 啓, 長汐沙千穂, 栗田 浩.


Chondroblastoma arising in temporal bone: A case report and literature review.
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology,:in press 2020(Jan. 08)
Author:Tomioka T, Yamada S, Yoshimura N, Gibo T, Otagiri H, Itoh R, Kakizawa Y, Suzuki H, Takumi Y, Yasunaga Y, Kurita H.


Postoperative adjuvant therapy for patients with locoregionally advanced oral squamous cell carcinoma who are at high risk of recurrence.
International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery,:in press 2019(Nov. 27)
Author:Yanamoto S, Denda Y, Ota Y, Hasegawa T, Akashi M, Okura M, Yamada S, Kurita H, Yamakawa N, Kirita T, Ueda M, Umeda M, the Japan Oral Oncology Group (JOOG).


Treatment strategies for and outcomes of elderly oral squamous cell carcinoma patients.
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology and Oral Radiology,:in press 2019(Oct. 09)
Author:Yamada S, Kurita H, Nakano R, Ota R, Akita D, Hashidume M, Morishita K, Kondo E, Sakai H.


Prevalence of and risk factors for postoperative hemorrhage after lower third molar extraction on warfarin therapy: A multicenter retrospective study in Japan
Odontology,:in press 2019(Sep. 27)
Author:Yamada S, Hasegawa T, Soutome S, Yoshimura H, Miyakoshi M, Ueda N, Okamoto K, Hishida S, Rokutanda S, Nakahara H, Fujita S, Akashi M, Kitagawa Y, Kirita T, Shibuya Y, Umeda M, Kurita H


[総説]口腔・中咽頭がん患者の放射線性顎骨壊死発症リスク因子について:多施設共同後ろ向き研究の結果より
日本口腔腫瘍学会誌,31(3):117-120 2019(Sep. 15)
Author:兒島由桂, 河岡有美, 川下由美子, 山田慎一, 栗田 浩, 長谷川巧実, 古森孝英, 明石昌也, 上田順宏, 桐田忠昭, 高島裕之, 渋谷恭之, 梅田正博


Effects of changes in condylar long axis angle and condylar position on temporomandibular symptoms after intraoral vertical ramus osteotomy: a preliminary study.
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol,:in press 2019(Aug. 27)
Author:Rokutanda S, Yamada S, Yanamoto S, Sakamoto H, Morita Y, Rokutanda H, Kohara H, Yoshimatsu M, Yoshimi T, Nakamura T, Ino A, Moriuchi E, Umeda M.


Clinical significance of the G8 screening tool in elderly patients with oral squamous cell carcinoma.
Clin Oral Investig,:in press 2019(Aug. 06)
Author:Yamada S, Hasegawa T, Okuyama K, Yamakawa N, Okura M, Hashidume M, Yanamoto, S, Akashi M, Kirita T, Umeda M, Kurita H.


[総説]がん支持療法としての口腔機能管理の有効性
信州医学雑誌,67(5):279-288 2019(Jun. 25)
Author:山田慎一


Targeted therapy with trastuzumab for epidermal growth factor receptor 2 (HER2)‑positive advanced salivary duct carcinoma: A case report
Molecular and Clinical Oncology,11(2):111-115 2019(Jun. 18)
Author:Gibo T, Sekiguchi D,o Noguchi T, Fukushima T, Kobayashi T,Ozawa T, Yamada S, Koizumi T


Nuclear protein of the testis midline carcinoma in the oral cavity: retrospective review of those initially diagnosed as poorly differentiated squamous cell carcinoma using an anti-C52B1 antibody.
Intrnational Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,:in press 2019(Mar. 12)
Author:Aizawa H, Yamada S, Sakai H, Otakiri H, Akita D, Gibo T, Kurita H.


Relationship between the quantity of oral Candida and systemic condition/diseases of the host: Oral Candida increases with advancing age and anemia
Mycopathologia,184(2):251-260 2019(Mar. 01)
Author:Nishimaki F, Yamada S, Kawamoto M, Sakurai A, Hayashi K, Kurita H


Effects of perioperative oral care on prevention of postoperative pneumonia after lung resection: Multicenter retrospective study with propensity score matching analysis
Surgery,165(5):1003-1007 2019(Feb. 21)
Author:Iwata E, Hasegawa T, Umeda M, Hokka D, Yamada S, Kawashita Y, Yoshimatsu M, Mizutani T, Nakahara H, Mori K, Horinouchi M, Yamaguchi T, Yanamoto S, Shibuya Y, Kurita H, Tachibana A, Maniwa Y, Komori T.


A longitudinal study on the relationship between dental health and metabolic syndrome in Japan
Journal of Perodontology 2019(Feb. 15)
Author:Sakurai S, Yamada S, Karasawa I, Sakurai A, Kurita H.


Immunohistochemical study of PD-1/PD-L1 axis expression in oral tongue squamous cell carcinomas: effect of neoadjuvant chemotherapy on local recurrence.
Pathol Oncol Res 2019(Feb. 14)
Author:Naruse T, Yanamoto S, Tsuchihashi H, Okuyama K, Furukawa K, Omori K, Yamada S, Umeda M.


A retrospective analysis of the prevalence of dental diseases in patients with digestive system cancers
Medicine,98(13):e14771 2019(Feb. 13)
Author:Sakai H, Yamada S, Gibo T, Yoshimura N, Nishimaki F, Kondo E, Kamata T, Kurita H


骨吸収抑制薬関連顎骨壊死の頻度および発症要因に関する検討 -長野県内20病院における発症例の検討-
診断と治療,107(2):237-241 2019(Feb. 01)
Author:近藤英司, 栗田 浩, 宮澤英樹, 酒井洋徳, 秋田大輔, 清水 武, 西澤理史歩, 小池剛史, 鎌田孝広, 山田慎一


Multi-center retrospective study of the prognosis and treatment outcomes of Japanese oral squamous cell carcinoma patients with level IV/V metastasis
Head & Neck,41(7):2256-2263 2019(Feb. 01)
Author:Hasegawa T, Yanamoto S, Otsuru M, Kakei, Y, Okura M, Yamakawa N, Yamada S, Ota Y, Umeda M, Kirita T, Kurita H, Ueda M, Komori T, and the Japan Oral Oncology Group (JOOG)


A Cross-sectional Multivariate Analysis of the Relationship Between Dental Health and Metabolic Syndrome
Shinshu Medical Journal,67(3):167-181 2019(Jan. 21)
Author:Karasawa I, Yamada S, Sakurai A, Kurita H.


Glycogen metabolism in an oral dysplastic/cancerous (iodine-negative) epithelium: glycogen was consumed in the pentose phosphate pathway, not in glycolysis.
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol,31:288-294 2019(Jan. 17)
Author:Yoshimura N, Yamada S, Aizawa H, Xiao T, Nishimaki F, Kurita H.


Effect of micro-thread at implant neck on securing quantity and quality of bone formation around implant
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine and Pathology,in press(1):13-19 2019
Author:Yinghui Li, Shin-ichi Yamada, Hitoshi Aizawa Fangfang Qi, Tetsu Shimane, Masafumi Morioka, Hiroshi Kurita


Tumor budding and adjacent tissue at the invasive front correlate with delayed neck metastasis in clinical early‐stage tongue squamous cell carcinoma
Jourmal of Surgical Oncology,119(370-378) 2018(Dec.)
Author:Yamakawa N,Kirita T, Umeda M, Yanamoto S, Ota Y, Otsuru M, Okura M, Kurita H, Yamada S, Hasegawa T, Aikawa T, Komori T, Ueda M, Japan Oral Oncology Group (JOOG)


肝細胞癌の下顎骨転移に対し根治的切除を行いQOLの維持・改善が得られた1例
日本口腔腫瘍学会誌,30(4):173-178 2018(Dec.)
Author:小山吉人, 上原 忍, 鎌田孝広, 山田慎一, 栗田 浩


Treatment outcomes and prognostic factors of medication-related osteonecrosis of the jaw: a case- and literature-based review
Clinical Oral Investigations,23(8):3203-3211 2018(Nov. 08)
Author:Shin-ichi Yamada, Hiroshi Kurita, Eiji Kondo, Shigeru Suzuki, Fumihiro Nishimaki, Nobuhiko Yoshimura, Masafumi Morioka, Shutaro Ishii , Takahiro Kamata.


Medication-related osteonecrosis of the jaw after tooth extraction in cancer patients: A multicenter retrospective study
Osteoporosis International,30(1):231-239 2018(Oct.)
Author:Hasegawa T, Hayashida S, Kondou E, Takeda Y, Miyamoto H, Kawaoka Y, Ueda N, Iwata E,Nakahara H, Kobayashi M, Soutome S, Yamada S, Tojo I, Kojima Y, Umeda M, Fujita S, Kurita H, Shibuya Y, Kirita T, Komori T, and Japanese Study Group of Co-operative Dentistry with Medicine (JCDM)


肺癌術後肺炎に対する周術期口腔機能管理の有効性に関する後ろ向き観察研究
信州医学雑誌,66(4):249-256 2018(Aug. 10)
Author:梶原 稜, 山田 慎一, 西牧 史洋, 近藤 英司, 鎌田 孝広, 小山 力, 松岡 峻一郎, 竹田 哲, 三浦 健太郎, 山田 響子, 濱中 一敏, 伊藤 研一, 栗田 浩


薬剤関連顎骨壊死の術後に腓骨皮弁および歯科インプラントにより機能的再建を行った1例
日本口腔インプラント学会誌,31(2):42-49 2018(Jun. 30)
Author:寺本祐二, 上原 忍, 安永能周, 吉村伸彦, 西牧史洋, 相澤仁志, 小山吉人, 鈴木大介, 高本 愛, 高見澤一伸, 山田慎一, 栗田 浩


Multi-center retrospective study of the prognosis and treatment outcomes of Japanese oral squamous cell carcinoma patients with single lymph node metastasis and extra nodal extension.
J Surg Oncol.,117(8):1736-1743 2018(Jun.)
Author:Hasegawa T, Yanamoto S, Otsuru M, Kakei Y, Okura M, Yamakawa N, Yamada SI, Ota Y, Umeda M, Kirita T, Kurita H, Ueda M, Komori T; Japan Oral Oncology Group (JOOG).


Comparison of osseous healing after sagittal split ramus osteotomy and intraoral vertical ramus osteotomy.
Int J Oral Maxillofac Surg,18:30185-30191 2018(May 26)
Author:Rokutanda S, Yamada S, Yanamoto S, Omori K, Fujimura Y, Morita Y, Rokutanda H, Kohara H, Fujishita A, Nakamura T, Yoshimi T, Yoshida N, Umeda M.


Mechanical Properties and Histological Evaluation of Bone Grafting Materials Containing Different Ratios of Calcium Phosphate Cement and Porous β-tricalcium Phosphate Granules
信州医学雑誌,66(2):139-150 2018(Apr. 10)
Author:Tanaka H, Yamada S, Aizawa H, Hayashi K, Shimane T, Karasawa I, Yoshimura N, Nishimaki F, Arakawa Y, Kurita H


Risk factors in securing successful surgical resection of oral squamous cell carcinoma
Oral Science International,15(2):56-60 2018(Jan.)
Author:Nakanishi Y, Yamada S, Nishizawa R, Shimane T, Kamata T, Koike T, Uehara S, Kurita H


Treatment outcomes after articular eminectomy in patients with long-standing/habitual temporomandibular joint dislocation
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine and Pathology,in press 2017(Dec.)
Author:Outa R, Yamada S, Nrase T, Yshimura H, Sakurai A, Ishii S, Tomioka T, Sano K, Umeda M. Shibahara T, Kurita H.


Treatment modalities and risk factors associated with refractory neurosensory disturbances of the inferior alveolar nerve following oral surgery: a multicentre retrospective study
International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,in press 2017(Dec.)
Author:T. Hasegawa, S. Yamada, N. Ueda, S. Soutome, M. Funahara, M. Akashi, S. Furuno, H. Miyamoto, S. Hayashida, R. Amano, K. Mori, Y. Kojima, H. Kurita, T. Kirita, M. Umeda, Y. Shibuya, S. Fujita, T. Komori Japanese Study Group of Cooperative Dentistry with Medicine (JCDM)


サルコイドーシス患者の咬筋部に生じた節外型末梢性T細胞リンパ腫の1例
日口外誌,63(11):564-569 2017(Nov.)
Author:小山吉人, 近藤英司, 鎌田孝広, 山田慎一, 栗田 浩


Progression level of extracapsular spread and tumor budding for cervical lymph node metastasis of OSCC.
Clin Oral Investig. 2017(Oct. 06)
Author:Yamada S, Otsuru M, Yanamoto S, Hasegawa T, Aizawa H, Kamata T, Yamakawa N, Kohgo T, Ito A, Noda Y, Hirai C, Kitamura T, Okura M, Kirita T, Ueda M, Yamashita T, Ota Y, Komori T, Umeda M, Kurita H.


術前化学療法により扁平上皮癌から形質転換が疑われた舌紡錘細胞癌の1例
日本口腔診断学会雑誌,30(3):289-294 2017(Oct.)
Author:山本 翼, 近藤英司, 山田慎一


Significant prognostic factors affecting treatment outcomes of salivary gland carcinoma: a multicenter retrospective analysis.
Odontology.,106(1):96-102 2017(Sep. 11)
Author:Yamada S, Kurita H, Kamata T, Kirita T, Ueda M, Yamashita T, Ota Y, Otsuru M, Yamakawa N, Okura M, Aikawa T, Umeda M.


Difference in glycogen metabolism (glycogen synthesis and glycolysis) between normal and dysplastic/malignant oral epithelium.
Arch Oral Biol.,83:340-347 2017(Sep. 02)
Author:Aizawa H, Yamada S, Xiao T, Shimane T, Hayashi K, Qi F, Tanaka H, Kurita H.


Clinical investigation of 38 cases of oral mucosal melanoma: A multicentre retrospective analysis in Japan.
Australas J Dermatol.,58(4):e223-e227 2017(Aug. 15)
Author:Yamada S, Kurita H, Kamata T, Kirita T, Ueda M, Yamashita T, Ota Y, Otsuru M, Yamakawa N, Okura M, Aikawa T, Yanamoto S, Umeda M.


Natriuretic peptide receptor A is related to the expression of vascular endothelial growth factors A and C, and is associated with the invasion potential of tongue squamous cell carcinoma.
Int J Oral Maxillofac Surg.,46(10):1237-1242 2017(May 15)
Author:Nakao Y, Yamada S, Yanamoto S, Tomioka T, Naruse T, Ikeda T, Kurita H, Umeda M.


Relationship between dental status and development of osteoradionecrosis of the jaw: a multicenter retrospective study.
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol.,124(2):139-145 2017(May 04)
Author:Kojima Y, Yanamoto S, Umeda M, Kawashita Y, Saito I, Hasegawa T, Komori T, Ueda N, Kirita T, Yamada S, Kurita H, Senga Y, Shibuya Y, Iwai H.


Relationship between the quantity of oral Candida and immunological vigor.
J Oral Maxillofac Surg Med Pathol,29(1):65-70 2017
Author:Hayashi K, Toyama H, Tanaka H, Aizawa H, Shimane T, Kurashina K, Yamada S, Kurita H.


下顎枝矢状分割術と下顎枝垂直骨切り術における骨性治癒過程の比較:予備的研究.
日本口腔診断学会誌,30:157-167 2017
Author:六反田 賢, 山田慎一, 柳本 惣市, 川北 晃子, 藤村 裕治, 森田 幸子, 六反田 裕美, 吉田 教明, 梅田 正博.


Effect of Perioperative Oral Care on Prevention of Postoperative Pneumonia Associated with Esophageal Cancer Surgery: A Multicenter Case-control Study with Propensity Score Matching Analysis.
Medicine,96(33):e7436 2017
Author:Soutome S, Yanamoto S, Funahara M, Hasegawa T, Komori T, Yamada S, Kurita H, Yamauchi C, Shibuya S, Kojima Y, Nakahara H, Oho T, Umeda M.


Healthy life expectancy of oral squamous cell carcinoma patients aged 75 years and older
Oral Oncology,64:22-26 2017
Author:Yamada S, Kurita H, Tomioka T, Ohta R, Yoshimura N, Nishimaki F, Koyama Y, Kondo E , Kamata T


Retrospective study of treatment outcomes after postoperative chemoradiotherapy in Japanese oral squamous cell carcinoma patients with risk factors of recurrence
Oral Surgery, Oral Medicine, Oral Pathology, Oral Radiology,123(5):524-530 2016(Nov. 07)
Author:Hasegawa T, Yanamoto S, Otsuru M, Yamada S, Minamiawa T, Shigeta T, Naruse T, Suzuki T, Sasaki M, Ota Y, Umeda M, Komori T


インプラント治療における病診連携に関する後ろ向き検討:長野県歯科インプラントネットワーク解説による効果
日本口腔インプラント学会誌,29(3):28-33 2016(Sep. 30)
Author:西牧史洋, 栗田 浩, 寺本祐二, 吉村伸彦, 相澤仁志, 山田慎一, 植田章夫


顎関節症の概念と顎関節内障の臨床病態の理解 顎関節内障の臨床病態の理解(解説)
日本顎咬合学会誌 咬み合わせの科学,36(1-2):91-96 2016(Apr.)
Author:栗田 浩, 山田慎一.


Subjective and qualitative assessment of neural disturbance after inferior alveolar nerve transposition for dental implant placement.
Int J Implant Dent.,2(1) 2016
Author:Nishimaki F, Kurita H, Tozawa S, Teramoto Y, Nishizawa R, Yamada SI.


A New Strategy for Surgical Intervention of Bisphosphonate-Related Osteonecrosis of the jaw: A retrospective study
Acta Med. Nagasaki,60:97-102 2016
Author:Yamada S, Hayashida S, Yanamoto S, Naruse T, Matsushita Y, Uda A, Rokutanda S, Kakehashi H, Ikeda H, Asahina H, Umeda M


食道がん術後肺炎予防に対する周術期口腔機能管理の有効性 多施設共同後ろ向き研究による検証.
日本口腔科学会誌,65:324-329 2016
Author:五月女さき子, 船原まどか, 於保孝彦, 山田慎一, 栗田 浩, 山内千佳, 渋谷恭之, 兒島由佳, 長谷川巧実, 古森孝英, 梅田正博.


Clinicopathological Study of Primary Intraosseous Squamous Cell Carcinoma of the Jaw and a Review of the Literature.
J Oral Maxillofac Surg.,S0278-2391(16):30153-30157 2016
Author:Naruse T, Yanamoto S, Sakamoto Y, Ikeda T, Yamada SI, Umeda M.


ワルファリンによる抗血栓療法下に抜歯を行った患者におけるアジスロマイシンがPT-INRに及ぼす影響
日本有病者歯科医療学会雑誌,25(1):2-8 2016
Author:森下廣太, 柳本惣市, 今山直美, 林田咲, 鳴瀬智史, 山田慎一, 梅田正博


口腔扁平上皮癌の原発巣再発症例の検討
日本口腔診断学会雑誌,29(1):1-7 2016
Author:山田慎一, 柳本惣市, 高橋英哲, 鳴瀬智史, 白石剛士, 池田久住, 朝比奈泉, 梅田正博


Acute Septic Arthritis of the Temporomandibular Joint: A Case Report
日本口腔診断学会雑誌,29(3):168-172 2016
Author:鳴瀬智史, 山田慎一, 柳本惣市, 林田咲, 中尾祐仁, 梅田正博


Primary Xanthoma of the mandible: a case report
Acta Med. Nagaaki,60:161-164 2016
Author:Yamada S, Hayashida S, Fujita S, Ikeda T, Kurita H, Umeda M


Estimation of the width of free margin with a significant impact on local recurrence in surgical resection of oral squamous cell carcinoma.
Int J Oral Maxillofac Surg.,45(2):147-152 2016
Author:Yamada S, Kurita H, Shimane T, Kamata T, Uehara S, Tanaka H, Yamamoto T


Cetuximab for the treatment of locally advanced and recurrent/metastatic oral cancer: An investigation of distant metastasis.
Mol Clin Oncol.,5(2):246-252 2016
Author:Naruse T, Yanamoto S, Matsushita Y, Sakamoto Y, Morishita K, Ohba S, Shiraishi T, Yamada SI, Asahina I, Umeda M.


Denosumab-associated osteonecrosis of the jaw affects osteoclast formation and differentiation: Pathological features of two cases.
Mol Clin Oncol.,4(2):191-194 2016
Author:Matsushita Y, Hayashida S, Morishita K, Sakamoto H, Naruse T, Sakamoto Y, Yamada SI, Yanamoto S, Fujita S, Ikeda T, Umeda M.


Risk factors of distant metastasis in patients with squamous cell carcinoma of the oral cavity.
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol.,121(5):474-480 2016
Author:Sakamoto Y, Matsushita Y, Yamada S, Yanamoto S, Shiraishi T, Asahina I, Umeda M.


Spindle cell variant of ameloblastic carcinoma: a case report and literature review.
Oral Surg Oral Med Oral Pathol Oral Radiol.,121(3):e54-61 2016
Author:Matsushita Y, Fujita S, Yanamoto S, Yamada S, Rokutanda S, Yamashita K, Ikeda T, Umeda M.


Evaluation of the level of progression of extracapsular spread for cervical lymph node metastasis in oral squamous cell carcinoma.
Int J Oral Maxillofac Surg.,45(2):141-146 2016
Author:Yamada S, Yanamoto S, Otani S, Hasegawa T, Miyakoshi M, Minamikawa T, Ohga N, Kamata T, Komori T, Kitagawa Y, Kurita H, Umeda M.


Construction and characterization of human oral mucosa equivalent using hyper-dry amniotic membrane as a matrix.
Arch Oral Biol.,65:26-34 2016
Author:Qi F, Yoshida T, Koike T, Aizawa H, Shimane T, Li Y, Yamada S, Okabe M, Nikaido T, Kurita H.


Skp2 Regulates the Expression of MMP-2 and MMP-9, and Enhances the Invasion Potential of Oral Squamous Cell Carcinoma.
Pathol Oncol Res.,22(3):625-632 2016
Author:Yamada S, Yanamoto S, Naruse T, Matsushita Y, Takahashi H, Umeda M, Nemoto TK, Kurita H.


顎関節症の概念と顎関節内障の臨床病態の理解 顎関節症の疾患概念(解説)
日本顎咬合学会誌 咬み合わせの科学,35(3):229-232 2015(Nov.)
Author:栗田 浩, 山田慎一.


口腔癌におけるp16, EGFRvIII発現およびセツキシマブ併用療法の治療効果との関連に関する検討
日本口腔腫瘍学会誌,27(3):67-74 2015
Author:山田慎一, 柳本惣市, 鳴瀬智史, 松下祐樹, 高橋英哲, 近藤英司, 鎌田孝広, 梅田正博, 栗田浩


Immunohistochemical study of vascular endothelial growth factor-C/vascular endothelial growth factor receptor-3 expression in oral tongue squamous cell carcinoma: Correlation with the induction of lymphangiogenesis.
Oncol Lett.,10(4):2027-2034 2015
Author:Naruse T, Yanamoto S, Yamada SI, Takahashi H, Matsushita Y, Imayama N, Ikeda H, Shiraishi T, Fujita S, Ikeda T, Asahina I, Umeda M.


Application of polyglycolic acid sheets and fibrin glue spray to bone surfaces during oral surgery: a case series.
J Oral Maxillofac Surg.,73(5):1017.e1-6 2015
Author:Rokutanda S, Yanamoto S, Yamada S, Naruse T, Inokuchi S, Umeda M.


A clinicopathological study of perineural invasion and vascular invasion in oral tongue squamous cell carcinoma.
Int J Oral Maxillofac Surg.,44(5):543-548 2015
Author:Matsushita Y, Yanamoto S, Takahashi H, Yamada S, Naruse T, Sakamoto Y, Ikeda H, Shiraishi T, Fujita S, Ikeda T, Asahina I, Umeda M.


FOXC2 expression is associated with tumor proliferation and invasion potential in oral tongue squamous cell carcinoma.
Pathol Oncol Res.,21(3):783-791 2015
Author:Imayama N, Yamada S, Yanamoto S, Naruse T, Matsushita Y, Takahashi H, Seki S, Fujita S, Ikeda T, Umeda M.


Anti-tumor effect of the mammalian target of rapamycin inhibitor everolimus in oral squamous cell carcinoma.
,21(3):765-773 2015
Author:Naruse T, Yanamoto S, Yamada S, Rokutanda S, Kawakita A, Kawasaki G, Umeda M.


Lipomas of the oral cavity: clinicopathological and immunohistochemical study of 24 cases and review of the literature.
Indian J Otolaryngol Head Neck Surg.,67(suppl1):67-73 2015
Author:Naruse T, Yanamoto S, Yamada S, Rokutanda S, Kawakita A, Takahashi H, Matsushita Y, Hayashida S, Imayama N, Morishita K, Yamashita K, Kawasaki G, Umeda M.


Predictability of staged localized alveolar ridge augmentation using a micro titanium mesh.
Oral Maxillofac Surg.,19(4):411-416 2015
Author:Uehara S, Kurita H, Shimane T, Sakai H, Kamata T, Teramoto Y, Yamada S.


口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移における被膜外浸潤の進展度分類の検討.
頭頸部癌,(40):437-442 2014
Author:山田慎一,柳本惣市,高橋英哲,松下祐樹,鳴瀬智史,白石剛士,池田久住,藤田修一,池田 通,朝比奈 泉,梅田正博.


Lemierre症候群の病態を呈し治療に難渋した重症歯性感染症の1例.
日本口腔外科学会雑誌,60:234-239 2014
Author:鳴瀬智史,山田慎一,柳本惣市,川北晃子,松下祐樹,梅田正博.


重度糖尿病と慢性腎不全を有する患者にみられたガス産生Clostridium菌による頬部蜂窩織炎の1例.
有病者歯科医療学会雑誌,22:223-228 2014
Author:鳴瀬智史,山田慎一,林田 咲,柳本惣市,宮腰昌明,梅田正博


口腔癌患者におけるFDG-PETおよび上部消化管内視鏡による重複癌の検出.
日本口腔診断学会雑誌,27:211-215 2014
Author:池田久住,今山直美,白石剛士,柳本惣市,大場誠悟,山下裕美,山田慎一,川﨑五郎,梅田正博,朝比奈 泉.


ビスフォスフォネート関連顎骨壊死(BRONJ)に対する治療法の検討.ステージ2に対する外科的治療の適応と術式について.
日本口腔科学会雑誌,64(1):18-27 2014
Author:田 咲,宇田晃子,山田慎一,柳本惣市,川﨑五郎,梯 裕恵,朝比奈 泉,梅田正博.


当科における再発・進行口腔癌に対するセツキシマブ療法の治療経験-特に重篤な有害事象を認めた症例の検討-.
日本口腔腫瘍学会誌,26:177-186 2014
Author:山田慎一,柳本惣市,鳴瀬智史,松下祐樹,高橋英哲,白石剛士,池田久住,朝比奈 泉,梅田正博.


Soft masses occurring simultaneously in the upper and lower lips.
Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology and Endodontology,117:147-152 2014
Author:Kawasaki G, Yanamoto S, Kawano T, Yoshitomi I, Yamada S, Rokutanda S, Fujita S, Ikeda, T, UmedaM.


口腔癌局所・頸部再発例に対する治療の現状と今後の展望.
日本口腔腫瘍学会誌,26:140-146 2014
Author:梅田正博,柳本惣市,山田慎一,南川 勉,渋谷恭之,古森孝英.


Expression of the cancer stem cell markers CD44v6 and ABCG2 in tongue cancer: effect of neoadjuvant chemotherapy on local recurrence.
International Journal of Oncology,44:1153-1162 2014
Author:Yanamoto S, Yamada S, Takahashi H, Naruse T, Matsushita Y, Ikeda H, Shiraishi T, Seki S, Fujita S, Ikeda T, Asahina I, Umeda M.


Benefits of maxillectomy with internal dissection of the masticator space by transmandibular approach in the surgical management of malignant tumours of the upper gingiva and hard palate: a clinical review of 10 cases.
International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,43:1319-1325 2014
Author:Yanamoto S, Yamada S, Takahashi H, Naruse T, Shigeta T, Minamikawa T, Shibuya Y, Komori T, Umeda M.


Effects of postoperative chemotherapy and radiotherapy on patients with squamous cell carcinoma of the oral cavity and multiple regional lymph node metastases.
International Journal of Oral Maxillofacial Surgery,43:680-685 2014
Author:Takahashi H, Yanamoto S, Yamada S, Umeda M, Shigeta T, Minamikawa T, Shibuya Y, Komori T, Shiraishi T, Asahina I, Yokoo S, Ri S.


Co-overexpression of cortactin and CRKII increases migration and invasive potential in oral squamous cell carcinoma.
Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology,26:14-11 2014
Author:Yamada S, Yanamoto S, Rokutanda S, Miyakoshi M, Naruse T, Kawakita A, Kawasaki G, Nemoto T.K, Umeda M.


MicroRNA-21 promotes oral cancer invasion via the Wnt/β-catenin pathway by targeting DKK2.
Pathology & Oncology Research,20:253-261 2014
Author:Kawakita A, Yanamoto S, Yamada S, Naruse T, Takahashi H, Kawasaki G, Umeda M.


Overexpression of CRKII increases migration and invasive potential in oral squamous cell carcinoma
Cancer Letters,303(2):84-91 2011
Author:Shin-ichi Yamada, Souichi Yanamoto, Goro Kawasaki, Satoshi Rokutanda, Hisanobu Yonezawa, Akiko Kawakita, Takayuki K. Nemoto


最近10年間に口腔顎顔面外科領域に生じた悪性リンパ腫の臨床的検討
日本口腔診断学会雑誌 2010
Author:川崎五郎, 吉冨泉, 柳本惣市, 山田慎一, 水野明夫


UFTが著効した口腔扁平上皮癌症例におけるThymidylate Synthase, Dihydropyrimidine DehydrogenaseおよびOrotate Phosphoribosyl Transferaseの発現に関する免疫組織化学的ならびに臨床病理学的検討
癌と化学療法 2010
Author:川崎五郎,吉冨 泉,柳本惣市,山田慎一,河野俊広,水野明夫


下顎前歯部に生じた周辺性歯原性線維腫の1例
日本口腔診断学会雑誌,23(1):55-57 2010
Author:吉冨 泉,山田慎一,川崎五郎,水野明夫


RNAi-mediated down-regulation of α-actinin-4 decreases invasion potential in oral squamous cell carcinoma.
International Journal of Oral & Maxillofacial Surgery,39(1):61-67 2010
Author:Shin-ichi Yamada,Souichi Yanamoto, ajime Yoshida,Izumi Yoshitomi,Goro Kawasaki,Akio Mizuno, Takayuki K. Nemoto.


Overexpression of cortactin increases invasion potential in oral squamous cell carcinoma.
Pathology & Oncology Research,16(4):523-531 2010
Author:Yamada, S., Yanamoto, S., Kawasaki, G., Mizuno, A., Nemoto, T. K.


Osteoblastoma in the maxilla: Report of a case.
Oral Med Pathol,14(1):37-40 2009
Author:Yamada, S., Kawasaki, G., Shiraishi, N., Kawano, T.,Rokutanda, S., Baba, N., Fujita, S., Ikeda, T., Mizuno, A.


Ribonucleotide reductase small subunit p53R2 promotes oral cancer invasion via the E-cadherin/β-catenin pathway
Oral Oncology,25 2009
Author:Yanamoto, S., Kawasaki, G., Yamada, S., Yoshitomi, I., Yoshida, H., Mizuno, A.


若年者両側性筋突起過形成の1例
日本口腔外科学会雑誌,54(8):498-502 2008
Author:川崎五郎, 山田慎一, 平田一成, 吉冨 泉, 水野明夫, 藤田修一


Synchronous double basal cell adenoma of the parotid gland: report of a case
Oral Medicine & Pathology,13(1):21-24 2008
Author:Yamada, S., Kawasaki, G., Baba, N., Shiraishi, N., Kawano, T., Yoshida, H., Mizuno, A.


Overexpression of metastasis-associated MTA1 in oral squamous cell carcinomas: correlation with metastasis and invasion,
International Journal of Oral and Maxillofacial Surgeruy,37(11):1039-1046 2008
Author:Kawasaki, G., Yanamoto, S., Yoshitomi, I., Yamada, S., Mizuno, A.


Substitution of only two residues of human Hsp90α causes impeded dimerization of Hsp90β
Cell Stress and Chaperones,13:97-104 2008
Author:Kobayakawa, T., Yamada, S., Mizuno, A., Nemoto,T.K.


Single nucleotide polymorphism that accompanies a missense mutation (Gln488His) impedes the dimerization of Hsp90.
The Protein Journal,28:24-28 2008
Author:Kobayakawa, T., Yamada, S., Mizuno, A., Ohara-Nemoto, Y., Baba, T.T., Nemoto, T.K.


A detectable silicon obturator fitted after bilateral maxillectomy:a clinical report.
International Chinese Journal of Dentistry,7:75-77 2007
Author:Taira, Y., Yanamoto, S., Kawasaki, G., Yamada, S., Atsuta, M.


Articular eminectomy for chronic bilateral dislocation of the temporomandibular joint in
Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,19:48-53 2007
Author:Yamada, S., Kawasaki, G., Baba, N., Yanamoto, S., Shiraishi, N., Yoshitomi, I., Mizuno, A.


Giant cell fibroma of the buccal mucosa:a case report
日本口腔診断学会雑誌,20(2):444-447 2007
Author:Yamada, S., Kawasaki, G., Yanamoto, S., Yoshida, H., Mizuno, A.


Intraductal papilloma of buccal mucosa: a report of case
Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,19:113-117 2007
Author:Yamada, S., Yanamoto, S., Kawasaki, G., Mizuno, G., Fujita, S., Ikeda, T.


下顎歯肉腺様扁平上皮癌と食道扁平上皮癌の同時性重複癌の一例
日本口腔外科学会雑誌,53(2):93-97 2007
Author:山田慎一, 平田一成, 馬場信行, 川崎五郎, 水野明夫、藤田修一


High-grade papillary cystadenocarcinoma of the sublingual gland: A case report
Journal of Oral Oral and Maxilofacial Surgery,65(6):1223-1227 2007
Author:Shin-ichi Yamada, Takemitsu Matsuo, Nobuyuki Baba, Satoshi Rokutanda, Goro Kawasaki, Akio Mizuno, and Shuichi Fujita.


唾液腺腫瘍の臨床統計的検討
日本口腔診断学会雑誌,9(1):42-49 2006
Author:山田慎一,松尾長光,柳本惣市,白石直之,平田一成,馬場信行,六反田 賢,河野俊広,吉冨 泉,川崎五郎,水野明夫


顎矯正手術症例の臨床統計的検討
日本口腔診断学会雑誌,19(2):1-7 2006
Author:山田慎一, 川崎五郎, 馬場信行, 柳本惣市, 白石直之, 平田一成, 吉冨泉, 河野俊広, 岸本潤, 吉田一, 六反田賢, 水野明夫, 松尾長光


顎顔面骨折に関する臨床統計的検討
日本口腔診断学会雑誌,18(1):1-7 2005
Author:山田慎一, 松尾長光, 馬場信行, 白石直之, 川崎五郎,水野明夫


Letter to the Editor(Peripheral ameloblastoma of the buccal submucosa:A case report).
Pathology International ,55(2):92-94 2005
Author:Yamada S., Matsuo T.,Yanamoto S., Suyama S.,Mizuno A.,and Fujita S.


The region, adjacent to the highly immunogenic site and shielded by the middle domain, is responsible for self-oligomerization/client binding of HSP90 molecular chaperone.
Biochemistry,43(23):7628-7636 2004
Author:Nemoto T. K., Fukuma Y., Yamada S., Kobayakawa T., Ono T., and Ohara-Nemoto Y.


A hydrophobic segment within the C-terminal domain is essential for both client-binding and dimer formation of the HSP90-family molecular chaperone
European Journal of Biochemistry,270(1):146-154 2003
Author:Yamada S., Ono T., Mizuno A., Nemoto T.K


Mucoepidermoid carcinoma arising in Warthin’s tumor of the parotid gland.
Yamada,S., Matsuo,T., Fujita,S., Suyama, K., Pathol.int 653-656,2002,52:653-656 2002
Author:Yamada,S., Matsuo,T., Fujita,S., Suyama, K., Yamaguchi, A., Mizuno, A.


学会発表
Exploration of correlation of oral hygiene and condition with influenza infection.
日本口腔ケア学会 , The 1st Annual Meeting of the International Society of Oral Care and The 18th Annual Meeting of the Japanese Society of Oral Care 2021(Apr. 17)
Author:Tanaka H, Yamada S, Kawamoto M, Sakurai A, Otagiri H, Karasawa I, Kurita H.


心臓血管外科手術患者における周術期口腔機能管理の効果に関する検討 -口腔内衛生状態は術後感染に影響を及ぼす-.
日本口腔ケア学会 , 第18回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2021(Apr. 17)
Author:岩田千史, 高橋 絢, 髙本, 愛, 宮崎詠里, 東本珠佳, 酒井洋徳, 山田慎一, 栗田 浩.


臨床研究オーディション 高齢口腔癌患者における高齢者機能評価の有効性に関する多施設共同前向き観察研究.
日本口腔腫瘍学会 , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021(Jan. 28)
Author:山田慎一, 上田倫弘, 栗田 浩.


がん術後患者の在宅療養支援病院「慈泉会・相澤東病院」としての取組に関して.
日本口腔腫瘍学会 , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021(Jan. 28)
Author:安齋 和憲, 吉村 伸彦, 山田 慎一, 栗田 浩.


長期経過をたどった巨大な分葉状甲状舌管囊胞の1例.
日本口腔腫瘍学会 , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021(Jan. 28)
Author:矢島 淳一, 飯島 響, 山田 慎一, 栗田 浩.


ビデオセッション 頸部郭清術の理論と勘どころ −下手だけど、確実に行う頸部郭清術−.
日本口腔腫瘍学会 , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021(Jan. 28)
Author:栗田 浩, 酒井 洋徳, 近藤 英司, 山田 慎一.


口腔底に生じた線維脂肪腫の1例.
日本口腔腫瘍学会 , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021(Jan. 28)
Author:秋田 大輔, 山田 慎一, 橋詰 正夫, 後藤 弘一, 栗田 浩.


FDG-PETによる口腔扁平上皮癌の頚部リンパ節転移診断の検討.
日本口腔腫瘍学会 , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021(Jan. 28)
Author:福田 浩信, 近藤 英司, 小田切 宏樹, 久保 紀莉子, 橋詰 正夫, 盛岡 昌史, 酒井 洋徳, 山田慎一, 栗田 浩.


口腔扁平上皮癌におけるminor risk factorの予後因子ならびに治療指標としての後ろ向き観察研究.
日本口腔腫瘍学会 , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2021(Jan. 28)
Author:山田 慎一, 近藤 英司, 橋詰 正夫, 盛岡 昌史, 田中 宏和1, 久保 紀莉子, 小田切 宏樹, 櫻井 精斉, 松村 直樹, 後藤 弘一, 赤羽 由紀子, 安齋 和憲, 酒井 洋徳, 栗田 浩.


顎顔面の広範囲に動静脈奇形を有する患者の抜歯経験.
日本口腔外科学会 , 第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 2020(Nov. 13)
Author:安齋和憲, 酒井洋徳, 櫻井精斉, 小田切宏樹, 久保紀莉子, 橋詰正夫, 盛岡昌史, 近藤英司, 山田慎一, 栗田 浩.


周術期口腔ケアを行なった全身麻酔患者の臨床的および細菌学的評価の検討.
日本口腔外科学会 , 第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 2020(Nov. 13)
Author:小田切宏樹, 栗田 浩, 山田慎一, 酒井洋徳, 近藤英司, 江口 徹, 戸畑温子, 犬伏順也, 溝口奈菜, 松原佳耶.


当科における顎放線菌症の臨床学的検討.
日本口腔外科学会 , 第65回日本口腔外科学会総会・学術大会 2020(Nov. 13)
Author:矢島淳一, 飯島 響, 山田慎一, 栗田 浩.


導入化学療法後に非閉塞性腸間膜虚血を発症した1例.
日本癌治療学会 , 第58回日本癌治療学会総会学術集会 2020(Oct. 22)
Author:櫻井精斉, 近藤英司, 上條瑠美, 小田切宏樹, 盛岡昌史, 酒井洋徳, 山田慎一, 栗田 浩.


高次脳機能障害患者の口唇咬傷治療および口腔衛生管理にオプトラゲートが有効であった1例.
日本口腔科学会 , 第63回日本口腔科学会中部地方部会学術集会 2020(Oct. 11)
Author:宮下佳歩, 近藤英司, 荒川裕子, 川本真貴子, 赤羽由紀子, 櫻井精斉, 盛岡昌史, 酒井洋徳, 山田慎一, 栗田 浩.


口腔嚥下ケアチームにおける嚥下内視鏡検査に関する検討.
日本口腔科学会 , 第63回日本口腔科学会中部地方部会学術集会 2020(Oct. 11)
Author:湯本恵理, 近藤英司, 荒川裕子, 櫻井精斉, 川本真貴子, 赤羽由紀子, 盛岡昌史, 酒井洋徳, 山田慎一, 栗田 浩.


信州大学医学部附属病院および長野県における新型コロナウィルス感染対策における歯科口腔外科医療体制.
(公社)日本口腔外科学会 , 第45回(公社)日本口腔外科学会中部支部学術集会 緊急シンポジウム「新型コロナウィルス感染拡大!その時口腔外科はどう対応したか!」 2020(Oct. 10)
Author:酒井洋徳, 山田慎一, 近藤英司, 盛岡昌史, 栗田 浩.


膵頭十二指腸切除術における周術期口腔機能管理の 術後合併症予防効果.
第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2020(Sep. 03)
Author:山口泰平, 高島裕之, 渋谷恭之, 森田麻希, 五月女さき子, 林田 咲, 村田真穂, 梅田正博, 延原 浩, 長谷川巧実, 明石昌也, 兒島由香 , 中原寛和, 小西尚晃, 山田慎一, 栗田 浩 , 森 和代, 於保孝彦


大腸癌術後合併症に対する 周術期口腔機能管理の予防効果に関する 多施設共同研究.
第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2020(Sep. 03)
Author:延原 浩, 五月女さき子, 林田 咲, 村田真穂, 梅田正博, 長谷川巧実, 明石昌也, 山田慎一, 栗田 浩, 中原寛和, 小西尚晃, 上田順宏, 下辻寛子, 桐田忠昭, 中村知寿, 渋谷恭之, 山口泰平, 森 和代.


消化器がん患者の喪失歯数ならびに義歯未装着に関する研究.
第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2020(Sep. 03)
Author:酒井洋徳, 高橋 絢, 高本 愛, 宮崎詠里, 東本珠佳, 岩田千史, 盛岡昌史, 近藤英司, 山田慎一, 栗田 浩.


周術期口腔ケアによる胃癌術後合併症予防効果に関する臨床的検討.
第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2020(Sep. 03)
Author:高島裕之, 五月女さき子, 林田 咲, 村田真穂, 梅田正博, 延原 浩, 長谷川巧実, 明石昌也, 上田順宏, 下辻寛子, 桐田忠昭, 小西尚晃, 中原寛和, 山田慎一, 栗田 浩, 山口泰平, 森 和代, 渋谷恭之.


化学療法治療中の患者における口腔カンジダ菌数と宿主の全身状態との関連.
第17回日本口腔ケア学会総会・学術大会 2020(Sep. 02)
Author:箱山友祐, 栗田 浩, 川本真貴子, 櫻井精斉, 吉村伸彦, 山田慎一


国保特定健診受診者における顎関節症状の有無と特定健診結果(質問項目)との関連.
日本顎関節学会 , 第33回日本顎関節学会学術大会 2020(Jul. 03)
Author:近藤英司, 栗田 浩, 吉村伸彦, 小田切宏樹, 酒井洋徳, 山田慎一.


特定健診への歯科健診導入の試み〜信州大学の取り組み〜.
日本口腔科学会 , 第74回日本口腔科学会総会 2020(Apr. 16)
Author:櫻井精斉, 唐澤今人, 草深佑児, 山田慎一,栗田 浩.


口蓋裂治療後で甲状腺癌術後に生じた嚥下障害に対して嚥下訓練により改善を認めた1例.
日本有病者歯科医療学会 , 第29回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2020(Mar. 01)
Author:中田彩水, 近藤英司, 荒川裕子, 山田慎一, 酒井洋徳, 上條瑠美, 橋詰正夫, 櫻井精斉, 山田憲司, 戸澤信也, 栗田 浩.


「長野県病院歯科・歯科口腔外科における有病者歯科診療に関する実態調査」の調査報告.
日本有病者歯科医療学会 , 第29回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2020(Feb. 29)
Author:山田慎一, 栗田 浩, 田中 彰, 宮田 勝, 森本佳成, 山口 晃, 柳本惣市, 吉川博政, 今井 裕.


「血管新生阻害薬による歯科診療への影響に関するアンケート調査(歯科医師対象)」の調査報告.
日本有病者歯科医療学会 , 第29回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2020(Feb. 29)
Author:山田慎一, 栗田 浩, 田中 彰, 宮田 勝, 森本佳成, 山口 晃, 柳本惣市, 吉川博政, 今井 裕.


後天性血友病A患者の抜歯経験.
日本有病者歯科医療学会 , 第29回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2020(Feb. 29)
Author:山田憲司, 近藤英司, 山田慎一, 酒井洋徳, 上條瑠美, 橋詰正夫, 戸澤信也, 櫻井精斉, 中田彩水, 梅垣里沙, 栗田 浩.


補助人工心臓装着患者における抜歯経験.
日本有病者歯科医療学会 , 第29回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2020(Feb. 29)
Author:梅垣里沙, 近藤英司, 山田慎一, 酒井洋徳, 上條瑠美, 橋詰正夫, 櫻井精斉, 中田彩水, 山田憲司, 栗田 浩.


ミニレクチャー 高齢口腔がん患者の治療方針の決定において考慮すべきことは?
日本口腔腫瘍学会 , 第39回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020(Jan. 28)
Author:山田慎一, 栗田 浩.


高齢口腔癌患者の健康余命の延伸を目的とした高齢者機能評価の臨床的検討.
日本口腔腫瘍学会 , 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020(Jan. 24)
Author:山田慎一, 栗田 浩.


口腔扁平上皮癌の浸潤予見因子の検討 3. 口腔扁平上皮癌の顎骨浸潤に関する臨床的・病理学的検討.
日本口腔腫瘍学会 , 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020(Jan. 24)
Author:宜保隆彦, 栗田 浩, 川本真貴子, 近藤英司, 酒井洋徳, 盛岡昌史, 山田慎一.


口腔扁平上皮癌の脂肪浸潤予見因子の検討 3. 口腔扁平上皮癌の脂肪浸潤に関する免疫組織化学的検討.
日本口腔腫瘍学会 , 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020(Jan. 24)
Author:川本真貴子, 栗田 浩, 宜保隆彦, 盛岡昌史, 近藤英司, 酒井洋徳, 山田慎一.


ステロイドおよび免疫抑制剤長期投与患者に発症した口腔癌患者に関する疾患別サブグループ解析.
日本口腔腫瘍学会 , 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020(Jan. 24)
Author:清村慶子, 古川浩平, 鳴瀬智史, 柳本惣市, 土橋宏輝, 宜保隆彦, 山田慎一, 栗田 浩, 梅田正博.


口腔顎顔面領域における肉腫に関する多施設共同後ろ向き観察研究.
日本口腔腫瘍学会 , 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020(Jan. 23)
Author:小田切宏樹, 山田慎一, 長谷川巧実, 柚鳥宏和, 山川延宏, 傳田祐也, 大倉正也, 柳本惣市, 明石昌也, 桐田忠昭, 太田嘉英,梅田 正博,栗田 浩 .


口腔外科手術周術期における抗血栓療法患者に対するヘパリンブリッジの有効性に関する多施設共同後ろ向き観察研究.
日本口腔腫瘍学会 , 第38回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2020(Jan. 23)
Author:後藤弘一, 山田慎一, 長谷川巧実, 吉村仁志, 五月女さき子, 冨原 圭, 長谷川 温, 菱田純代, 上田順宏, 傳田祐也, 岡本健二朗, 明石昌也, 近津大地, 野口 誠, 太田嘉英, 藤田茂之, 渋谷恭之, 桐田忠昭, 梅田正博, 栗田 浩.


Clinical and Bacteriological Comparison of Antibacterial Agents on Perioperative Oral-management.
IADR , 4th Meeting of the International Association for Dental Research Asia Pacific Region 2019(Nov. 28)
Author:Otagiri H, Kurita H, Yamada S, Sakai H, Kondo E, Eguchi T, Tobata H, Inubushi J, Mizoguchi N, Matsubara K.


舌癌頸部後発リンパ節転移に対し4科合同で手術を施行した一例
長野県歯科口腔外科協議会 , 第20回長野県歯科口腔外科協議会 2019(Nov. 16)
Author:上條瑠美, 櫻井精斉, 小田切宏樹, 橋詰正夫, 盛岡昌史, 近藤英司, 酒井洋徳, 山田慎一, 栗田 浩


下唇癌に対して切除, V-Yフラップ同時再建を行った1例.
長野県歯科口腔外科協議会 , 第20回長野県歯科口腔外科協議会 2019(Nov. 16)
Author:石井秀太郎, 山田慎一, 今井哲郎, 大塚 聡, 奥山秀樹


SR3:cN +口腔癌患者に選択的頸部郭清術を行うべきか.
(公社)日本口腔外科学会 , 第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 2019(Oct. 26)
Author:武田大介, 足立雅利, 湯浅秀道, 佐藤春樹, 山田慎一, 莇生田整治.


周術期口腔ケアを行った全身麻酔患者の口腔内細 菌叢の変化について .
(公社)日本口腔外科学会 , 第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 2019(Oct. 26)
Author:小田切宏樹, 栗田 浩, 山田慎一, 酒井洋徳, 近藤英司, 江口 徹, 戸畑温子, 犬伏順也, 溝口奈菜, 松原佳耶.


舌両側に発生した筋肉内脂肪腫の一例 .
第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 , (公社)日本口腔外科学会 2019(Oct. 25)
Author:櫻井精斉, 近藤英司, 小田切宏樹, 橋詰正夫, 秋田大輔, 盛岡昌史, 酒井洋徳, 山田慎一, 栗田 浩


臓器あるいは造血幹細胞移植後に発症した口腔癌 患者に関する多施設共同後ろ向き研究 .
第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 , (公社)日本口腔外科学会 2019(Oct. 25)
Author:鳴瀬智史, 柳本惣市, 土橋宏輝, 古川浩平, 宜保隆彦, 山田慎一, 栗田 浩, 梅田正博.


術前の静注用脂肪乳剤(イントラリポス)経口摂 取による術中リンパ管損傷に対する効果 .
(公社)日本口腔外科学会 , 第64回(公社)日本口腔外科学会総会・学術大会 2019(Oct. 25)
Author:秋田大輔, 近藤英司, 山田慎一, 酒井洋徳, 盛岡昌史, 上條瑠美, 橋詰正夫・横井 啓, 栗田 浩.


上顎に発生したエナメル上皮癌の1例
第62回NPO法人日本口腔科学会中部地方部会学術集会 2019(Oct. 06)
Author:稲吉克仁, 近藤英司, 山田慎一,鎌田孝広, 盛岡昌史, 上條瑠美, 秋田大輔, 吉村伸彦, 橋詰正夫, 横井 啓, 小田切宏樹, 今井哲郎, 櫻井精斉, 後藤弘一, 中田彩水, 山田憲司, 栗田 浩


周術期口腔機能管理の問題点: 智歯抜歯後に放射線性顎骨壊死を生じた2例
第62回NPO法人日本口腔科学会中部地方部会学術集会 2019(Oct. 06)
Author:今井哲郎, 近藤英司, 山田慎一, 酒井洋徳, 盛岡昌史, 秋田大輔, 上條瑠美, 橋詰正夫, 横井 啓, 小田切宏樹, 櫻井精斉, 稲吉克仁, 後藤弘一, 中田彩水, 山田憲司, 栗田 浩 


Postoperative adjuvant therapy for locally advanced oral squamous cell carcinoma with recurrence high risk factor.
The International Academy of Oral Oncology , 7th World Congress of the International Academy of Oral Oncology 2019(Aug. 31)
Author:Yanamoto S, Umeda M, Denda Y, Ota Y, Hasegawa T, Okura M, Yamada S, Kurita H, Yamakawa N, Kirita T, Ueda M.


The Effects of Hypertention on Salivary Gland: Histological Analysis.
International Association of Dental research , The 2019 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2019 2019(Jun. 23)
Author:Kawamoto T, kurita H, Gibo T, Kajihara R, Koyama S, Yamada S.


Postoperative hemorrhage after lower third molar extraction on antithrombotic therapy.
International Association of Dental Research , The 2019 IADR/AADR/CADR General Session & Exhibition 2019(Jun. 20)
Author:Yamada S, Hasegawa T, Soutome S, Yoshimura H, Miyakoshi M, Ueda N, Okamoto k, Hishida S, Yokoseki M, Nakahara H, Fujita S, Komori T, Sano K, Kitagawa Y, Shibuya Y, Kirita T, Umeda M, Kuria H.


口腔扁平上皮癌の浸潤予見因子の検討(2)口腔扁平上皮癌の顎骨浸潤に関する免疫組織化学的検討
日本頭頸部癌学会 , 第43回日本頭頸部癌学会 2019(Jun. 14)
Author:宜保隆彦, 栗田 浩, 川本真貴子, 近藤英司, 酒井洋徳, 盛岡昌史, 山田慎一


消化器癌患者の歯周病罹患率に関する検討
日本頭頸部癌学会 , 第43回日本頭頸部癌学会 2019(Jun. 13)
Author:酒井洋徳, 近藤英司, 山田慎一, 栗田 浩


当科におけるニボルマブ使用症例と効果, 有害事象について.
日本口腔外科学会 , 第44回日本口腔外科学会中部支部学術集会 ワークショップ2「免疫チェックポイント阻害剤の適用と効果」 2019(May 11)
Author:近藤英司, 山田慎一, 酒井洋徳, 盛岡昌史, 秋田大輔, 上條瑠美, 橋詰正夫, 櫻井精斉, 中田彩水, 稲吉克仁, 栗田 浩.


舌に発生した腺扁平上皮癌の1例.
日本口腔外科学会 , 第44回日本口腔外科学会中部支部学術集会 2019(May 11)
Author:中田彩水, 近藤英司, 宜保隆彦, 山田慎一, 酒井洋徳, 盛岡昌史, 秋田大輔, 上條瑠美, 橋詰正夫, 櫻井精斉, 鈴木大介, 小田切宏樹, 川本真貴子, 梶原 稜, 稲吉克仁, 栗田 浩.


歯周病とメタボリックシンドロームとの関 連についての検討 特定健診対象者における横断的検討
日本口腔科学会 , 第73回日本口腔科学会学術集会 2019(Apr. 21)
Author:稲吉 克仁,山田 慎一,櫻井 伸一,櫻井 精斉, 岩井 恵理華,宜保 隆彦,橋詰 正夫,梅原 亜矢子, 森下 廣太,栗田 浩


口腔カンジダ菌量とホストの全身状態との 関連:特定健診結果との関連
日本口腔科学会 , 第73回日本口腔科学会学術集会 2019(Apr. 20)
Author:栗田 浩,西牧 史洋,箱山 友祐,櫻井 精斉, 宜保 隆彦,川本 真貴子,山田 慎一


歯周病とメタボリックシンドロームとの関 連についての検討~特定健診対象者における横断的検討~
日本口腔科学会 , 第73回日本口腔科学会学術集会 2019(Apr. 20)
Author:山田 憲司,山田 慎一,唐沢 今人,櫻井 精斉, 川本 真理子,橋詰 正夫,森下 廣太,横関 麻里, 都丸 怜奈子,栗田 浩


Ehlers-Danlos症候群患者の全身麻酔下での歯科治療経験
日本有病者歯科医療学会 , 第28回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2019(Mar. 03)
Author:中田彩水, 近藤英司, 山田慎一, 酒井洋徳, 秋田大輔, 森下廣太, 櫻井精斉, 岩井恵里華, 横関麻里, 栗田 浩


抗凝固薬内服患者における下顎智歯抜去後の後出血発症に関する多施設共同後ろ向き観察研究
日本有病者歯科医療学会 , 第28回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2019(Mar. 03)
Author:高田 亮, 山田慎一, 長谷川巧実, 五月女さき子, 吉村仁志, 宮腰昌明, 上田順宏, 岡本健二朗, 菱田純代, 横関麻里, 中原寛和, 藤田茂之, 古森孝英, 佐野和生, 北川善政, 渋谷恭之, 桐田忠昭, 梅田正博, 栗田 浩


下顎枝矢状分割術術後に下腿コンパートメント症候群を発症した1例
日本有病者歯科医療学会 , 第28回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2019(Mar. 02)
Author:岩井恵理華, 山田慎一, 森下廣太, 橋詰正夫, 秋田大輔, 酒井洋徳, 宮澤英樹, 栗田 浩


抗血栓薬内服患者の外来抜歯可否を評価するチェックシートの妥当性の検討
日本有病者歯科医療学会 , 第28回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 2019(Mar. 02)
Author:横関麻里, 吉村伸彦, 盛岡昌史, 近藤英司, 山田慎一, 栗田 浩


口腔扁平上皮癌の浸潤予見因子の検討 1.口腔扁平上皮癌の顎骨浸潤に関する臨床的・病理学的検討
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019(Jan. 25)
Author:宜保隆彦, 栗田 浩, 川本真貴子, 近藤英司, 酒井洋徳, 盛岡昌史, 山田慎一


肺転移を認めた顎下腺原発筋上皮癌のニボルマブを用いた治療経験~文献レビューによる筋上皮癌の再発・転移, 予後について
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 公募ワークショップ4「Unusualな再発をする症例とは?」 2019(Jan. 25)
Author:近藤英司, 山田慎一, 鎌田孝広, 盛岡昌史, 秋田大輔, 橋詰正夫, 森下廣太, 柴田哲伸, 栗田 浩


当科における癌患者の口腔機能管理に関する後ろ向き観察研究
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019(Jan. 25)
Author:中沢侑香, 山田慎一, 横関麻里, 川本真貴子, 梶原 稜, 森下廣太, 太田亮輔, 矢谷実英, 鈴木大介, 小田切宏樹, 柴田哲伸, 高橋絢, 宮林明衣, 宮﨑詠里, 東本珠佳, 近藤英司, 盛岡昌史, 酒井洋徳, 栗田 浩.


翼突筋静脈叢からの出血におけるヒトトロンビン含有止血剤「フロシール」の使用経験
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019(Jan. 24)
Author:秋田大輔, 近藤英司, 山田慎一, 酒井洋徳, 盛岡昌史, 橋詰正夫, 森下廣太, 栗田 浩


口腔扁平上皮癌の両側・対側リンパ節転移に関する多施設共同研究:対側の予防廓清は予後を改善するか?
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019(Jan. 24)
Author:坂本由紀, 柳本惣市, 山田慎一, 長谷川巧実, 大倉正也, 山川延広, 梅田正博


舌に初発症状を呈した皮膚γδT細胞リンパ腫の1例
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019(Jan. 24)
Author:小田切宏樹, 近藤英司, 森下廣太, 橋詰正夫, 秋田大輔, 盛岡昌史, 酒井洋徳, 山田慎一, 栗田 浩


早期舌扁平上皮癌における頸部後発転移に対する新規予測因子の検討
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 シンポジウム1「どのような多施設共同研究が行れているのか?」 2019(Jan. 24)
Author:山川延宏, 桐田忠昭, 梅田正博, 柳本惣市, 大倉正也, 相川友直, 太田嘉英, 大鶴光信, 栗田 浩, 山田慎一, 古森孝英, 長谷川巧実, 上田倫弘


口腔癌頸部リンパ節転移の様相と術後補助療法に関する多施設共同研究
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 シンポジウム1「どのような多施設共同研究が行れているのか?」 2019(Jan. 24)
Author:長谷川巧実, 柳本惣市, 大鶴光信, 大倉正也, 山川延宏, 山田慎一, 古森孝英


口腔扁平上皮癌を有する高齢者に対するG8スクリーニングツールの臨床的意義
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2019(Jan. 24)
Author:箱山友祐, 山田慎一, 横関麻里, 田中宏和, 長谷川 巧実, 奥山紘平, 山川延宏, 大倉正也, 柳本惣市, 古森孝英, 桐田 忠昭, 梅田 正博, 栗田 浩.


唾液腺癌に対するTS-1術後補助化学療法の有効性に関する多施設共同試験の現状と課題
第37回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 シンポジウム1「どのような多施設共同研究が行れているのか?」 2019(Jan. 24)
Author:山田慎一,梅田正博, 桐田忠昭, 栗田 浩.


Clinical significance of G8 screening tool in geriatric patients with oral squamous cell carcinoma.
Asian Congress on Oral & Maxillofacial Surgery , he 13th Asian Congress on Oral & Maxillofacial Surgery 2018(Nov. 08)
Author:Yokoseki M, Yamada S, Hasegawa T, Okuyama H, Yamakawa N, Okura M, Yanamoto S, Komori T, Kirita T, Umeda M, Kurita H.


A multicenter retrospective investigation on the efficacy of perioperative oral management in cancer patients
ESMO , the ESMO 2018 Congress, 19-23 October, Munich, Germany 2018(Oct. 11)
Author:Yamada S, Soutome S, Hasegawa T, Tojyo I, Nakahara H, Kawakami M, Hirose M, Fujita S, Komori T, Kirita T, Shibuya Y, Umeda M, Kurita H.


Investigation on the efficacy of perioperative oral management in cancer patients.
2018 IADR/PER General Session 2018(Jul. 25)
Author:Yamada S, Soutome S, Hasegawa T, Tojyo I, Nakahara H, Kawakami M, Hirose M, Fujita S, Komori T, Kirita T, Shibuya Y, Umeda M, Kurita H.


Does the fluorodeoxyglucose positron-emission tomography help early detection of medication-related osteonecrosis of the jaw and a judgment of the curative effect?
International association of Dental Research , 2018 IADR/PER General Session, 2018(Jul. 25)
Author:Tanaka H, Yamada S, Kurashina K, Hakoyama Y, Kurita H.


Patients with digestive system cancer were associated with less teeth and less denture wearer.
MASCC/ISOO , 2018 MASCC/ISOO Annual Meeting, 2018(Jun. 28)
Author:Sakai H, Gibo T, Yoshimura N, Yamada S, Kurita H.


Perioperative oral management has a positive effect in maintaining serum albumin and lymphocyte count through cancer surgery.
MASCC/ISOO , 2018 MASCC/ISOO Annual Meeting 2018(Jun. 28)
Author:Gibo T, Otagiri H, Hakoyama Y, Yamada S, Kurita H.


癌患者の口腔機能管理の基準に関する多施設共同後ろ向き観察研究.
第15回日本口腔ケア学会総会・学術大会ワークショップ「がん口腔管理ガイドライン」 2018(Apr. 29)
Author:山田慎一, 五月女さき子, 長谷川巧実, 東條 格, 中原寛和, 河上真緒, 宮本大模, 藤田茂之,古森孝英, 桐田忠昭, 渋谷恭之, 梅田正博, 栗田 浩.


「科学的根拠に基づく 抗血栓療法患者の抜歯に関するガイドライン(2015年改訂版)」の使用に関するアンケート調査
日本有病者歯科医療学会 , 第27回日本有病者歯科医療学会総会・学術大会 ワークショップ 「抗血栓療法患者の抜歯ガイドライン」改訂に向けて 2015年度版の自己評価 2018(Mar. 24)
Author:山田慎一, 栗田 浩, 田中 彰, 宮田 勝, 森本佳成, 山口 晃, 吉川博政, 柳本惣市, 今井 裕.


後期高齢口腔癌患者の治療方針を左右する因子の検討.
第55回日本癌治療学会学術集会 2017(Oct. 20)
Author:川本真貴子, 栗田 浩, 中野僚子, 太田亮輔, 近藤英司, 鎌田孝広, 山田慎一.


高齢口腔癌患者の評価および治療に関する研究1.後期高齢口腔癌患者の高齢者機能評価結果.
第55回日本癌治療学会学術集会 2017(Oct. 20)
Author:太田亮輔, 栗田浩, 中野僚子, 矢谷実英, 森下廣太, 近藤英司, 鎌田孝広, 山田慎一.


高齢口腔癌患者の評価および治療に関する研究3.G8等の評価指標とOSとの関係.
第62回日本口腔外科学会総会・学術大会 2017(Oct. 20)
Author:太田亮輔, 栗田浩, 中野僚子, 矢谷実英, 西牧史洋, 近藤英司, 鎌田孝広, 山田慎一.


高齢口腔癌患者の評価および治療に関する研究1、後期高齢口腔癌患者の機能評価結果.
第55回日本癌治療学会学術集会 2017(Oct. 20)
Author:太田亮輔,栗田 浩,中野僚子,川本真貴子,矢谷実英,森下廣太,近藤英司,鎌田孝広,山田慎一.


配合比を変えたリン酸カルシウムセメントとβ-TCP混和骨補填材料の物性評価と生体内評価.
第47回日本口腔インプラント学会 学術大会 2017(Sep. 22)
Author:田中宏和,山田慎一,相澤仁志,西牧史洋,吉村伸彦,栗田 浩.


顎下腺悪性腫瘍が疑われた巨大な多形腺腫の1例.
第60回 日本口腔科学会中部地方部会 2017(Sep. 10)
Author:櫻井精斉, 吉村伸彦, 矢谷実英,宜保隆彦, 石井秀太郎, 盛岡昌史, 近藤英司, 鎌田孝広, 山田慎一, 栗田 浩.


口腔扁平上皮がん細胞のメタボロミクス〜アミノ酸代謝を中心に〜.
第41回日本頭頸部癌学会総会 2017(Sep. 08)
Author:西牧史洋,栗田 浩,吉村伸彦,相澤仁志,近藤英司,鎌田孝広,山田慎一.


Use of glucose in glycogen metabolism in iodine non-stained (oral dysplastic/malignant) epithelium.
6th International Academy of Oral Oncology World Oral Cancer Congress 2017(May 19)
Author:Yoshimura N, Kurita H, Nishimaki F, Aizawa H, Kondo E, Yamada S.


Emergence of GGT4, GGTLA1 vs. loss of GGT7 in proliferative tissue of oral squamous cell carcinoma and normal oral mucosa.
6th International Academy of Oral Oncology World Oral Cancer Congress 2017(May 19)
Author:Kondo E, Shimane T, Yoshimura N, Yamada S, Kurita H.


分子標的治療薬併用放射線療法が奏功した上顎歯肉癌の1例.
第42回日本口腔外科学会中部支部学術集会 2017(May 13)
Author:櫻井精斉, 吉村伸彦, 中野僚子, 近藤英司, 鎌田孝広, 山田慎一, 栗田 浩.


造血幹細胞移植後の慢性GVHD患者に発症した口腔扁平上皮癌の3例.
第42回日本口腔外科学会中部支部学術集会 2017(May 13)
Author:中野僚子, 鎌田孝広, 久保紀莉子, 山田慎一、栗田浩.


右側頬粘膜に発生した限局性アミロイドーシスの一例.
第71回日本口腔科学会学術集会 2017(Apr. 26)
Author:川本真貴子, 吉村伸彦, 近藤英司, 鎌田孝広, 山田慎一, 栗田 浩.


MATERIALOGICAL PROPERTIES OF BONE GRAFTING MATERIALS CONTAINING DIFFERENT RATIO OF CALCIUM PHOSPHATE CEMENT AND β- TRICALCIUM PHOSPHATE.
23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgeons 2017(Mar. 31)
Author:Tanaka H, Yamada S, Aizawa H, Li Y, Karasawa I, Yoshimura N, Nishimaki F, Kurita H.


Outcome of articular eminectomy in elderly patients with long-standing/habitual dislocation of temporomandibular joint.
2017(Mar. 31)
Author:23rd International Conference on Oral and Maxillofacial Surgeons,


Progression level of extracapsular spread and tumor budding for cervical lymph node metastasis of oral squamous cell carcinoma.
The 23th Conference of International Association of Oral and Maxillofacial Surgeons 2017(Mar. 31)
Author:Yamada S, Otsuru M, Yanamoto S, Hasegawa T, Aizawa H, Kamata T, Yamakawa N, Kohgo T, Ito A, Noda Y, Hirai C, Kitamura T, Okura M, Kirita T, Ueda M, Yamashita T, Ota Y, Komori T, Umeda M, Kurita H.


ソラフェニブ内服患者における歯肉からの自然出血の止血に難渋した一例.
第26回日本有病者歯科医療学会総会 2017(Mar. 03)
Author:箱山友祐,鎌田孝広,櫻井精斉,矢谷実英,吉村伸彦, 西牧史洋,小山吉人,近藤英司, 山田慎一, 栗田 浩.


放射線照射後抜歯による放射線性顎骨壊死の検討~多施設共同後ろ向き研究~.
第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2017(Jan. 27)
Author:齊藤 泉,長谷川巧実,柳本惣市,川下由美子,千賀靖子,山田慎一,兒島由佳,上田順宏,梅田正博,渋谷恭之,栗田 浩,桐田忠昭,古森孝英.


口腔扁平上皮癌診断におけるFDG-PETのSUVmaxを用いた臨床的検討.
第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2017(Jan. 27)
Author:近藤英司, 山田慎一, 鎌田孝広, 田中宏和, 小山吉人, 西牧史洋, 中尾祐仁, 栗田 浩.


cT1-2N0舌癌に対する予防的頸部郭清術の非ランダム化前向き観察研究の提案.
第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2017(Jan. 26)
Author:柳本惣市,梅田正博,太田嘉英,大鶴光信,栗田 浩,山田慎一,桐田忠昭,山川延宏,大倉正也,相川友直,上田倫弘.


「口腔癌取扱い規約」改定についてのコンセンサスミーティング.骨髄・下顎管浸潤を考慮した口腔癌のMC分類(多施設共同後ろ向き研究JOOGRA-1601).
第35回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2017(Jan. 26)
Author:大倉正也,太田嘉英,大鶴光信,柳本惣市,梅田正博,山川延宏,桐田忠昭,山田慎一,栗田浩,長谷川巧実,古森孝英,上田倫弘,相川友直.


口腔扁平上皮癌の脂肪浸潤予測因子の検討1. 口腔扁平上皮癌の脂肪浸潤に関する臨床的・病理学的検討
日本頭頸部癌学会 , 第43回日本頭頸部癌学会 2016(Jun. 14)
Author:川本真貴子, 栗田 浩, 宜保隆彦, 盛岡昌史, 近藤英司, 酒井洋徳, 山田慎一


Successful treatment outcomes of adjunctive teriparatide therapy in ARONJ patients.
International asociation of Dental Research , 2018 IADR/PER General Session 2015(Jul. 25)
Author:Morishita K, Yamada S, Kawakita A, Hayashida S, Tachibana A, Takeuchi N, Uzawa N, Ohbayashi Y, Miyake M, Yoshino A, Sekine J, Yoshiga D, Tominaga K, Narai T, Kodani I, Sasaki N, Shinohara H, Kurita H.


下顎歯肉癌における病理組織学的骨髄浸潤と予後との関連.
47回日本口腔科学会九州地方部会 2014(Nov. 22)
Author:足立真基,松下祐樹,柳本惣市,山田慎一,高橋英哲,鳴瀬智史,森ひとみ,池田久住,白石剛士,藤田修一,池田 通,朝比奈 泉,梅田正博


口腔癌術後挿管患者に対するSSI予防のための口腔管理方法の検討-口腔咽頭貯留液中の細菌数の推移および抗菌薬局所投与の有効性について-.
第23回口腔感染症学会 2014(Oct. 25)
Author:船原まどか,林田 咲,坂本由紀,高橋英哲,山田慎一,柳本惣市,梅田正博.


BRONJの新しい治療戦略:早期の手術療法の有効性と術式について.
第23回日本口腔感染症学会総会・学術大会 2014(Oct. 25)
Author:林田 咲,坂本由紀,高橋英哲,船原まどか,山田慎一,柳本惣市,梅田正博


口腔癌術後感染症に関する臨床的検討-術後感染の予測因子と対策について-.
第23回口腔感染症学会総会・学術大会 2014(Oct. 25)
Author:高橋英哲,船原まどか,林田 咲,坂本由紀,松下祐樹,山田慎一,柳本惣市,梅田正博.


角化嚢胞性歯原性腫瘍に対する臨床的検討.
59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014(Oct. 17)
Author:山下健太郎,鳴瀬智史,柳本惣市,山田慎一,高橋英哲,松下祐樹,川﨑五郎,池田久住,朝比奈 泉,梅田正博.


ビスフォスフォネート関連顎骨壊死(BRONJ)ステージ2に対する手術適応拡大の臨床検討.
第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014(Oct. 17)
Author:林田 咲,宇田晃子,山田慎一,柳本惣市,川﨑五郎,梯 裕恵,朝比奈 泉,梅田正博


下顎に発生した顎骨中心性紡錘細胞癌の1例.
第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014(Oct. 17)
Author:松下祐樹,柳本惣市,山田慎一,山下健太郎,市川陽子,藤田修一,池田 通,梅田正博


39個の頸部後発転移を来した下顎歯肉癌の1例:細胞生物学的特性についての検討.
第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014(Oct. 17)
Author:高橋英哲,柳本惣市,川﨑五郎,山田慎一,六反田 賢, 松下祐樹,宇田晃子,中尾祐仁,池田 通,梅田正博.


口腔扁平上皮癌におけるmTORC2-SGK1経路の発現とmTOR阻害薬による抗腫瘍効果について.
第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014(Oct. 17)
Author:鳴瀬智史,柳本惣市,山田慎一,高橋英哲,川北晃子,今山直美,山下健太郎,池田 通,梅田正博.


当科における切除不能進行・再発口腔癌におけるセツキシマブの使用経験.
第59回日本口腔外科学会総会・学術大会 2014(Oct. 17)
Author:山田慎一,柳本惣市,鳴瀬智史,高橋英哲,松下祐樹,六反田賢,白石剛士,池田久住,朝比奈泉,梅田正博.


抗血小板薬内服患者の口腔出血:腎障害との関連を中心に.
第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会合同学術大会 2014(Sep. 18)
Author:宇田晃子,今山直美,六反田 賢,山田慎一,柳本惣市,梅田正博.


当初良性疾患が疑われた顎骨中心性癌の3例.
第24回日本口腔内科学会・第27回日本口腔診断学会合同学術大会 2014(Sep. 18)
Author:六反田賢, 柳本惣市,山田慎一, 松下祐樹, 宇田晃子, 梅田正博.


舌癌頸部再発および肺遠隔転移に対するホウ素中性子捕捉療法の使用経験
第11回日本中性子捕捉療法学会総会・学術大会 2014(Jul. 05)
Author:鳴瀬智史,柳本惣市,山田慎一,川北晃子,梅田正博,加藤逸郎,由良義明,大前政利


StageI・II舌扁平上皮癌の後発転移リンパ節における免疫組織学的解析.
38回日本頭頸部癌学会 2014(Jun. 12)
Author:高橋英哲,柳本惣市,山田慎一,松下祐樹, 白石剛士, 池田久住,朝比奈 泉,池田 通,梅田正博


口腔扁平上皮癌の頸部リンパ節転移における被膜外浸潤の進展度分類の検討.
第38回日本頭頸部癌学会 2014(Jun. 12)
Author:山田慎一,柳本惣市,高橋英哲,松下祐樹,鳴瀬智史,六反田賢,白石剛士,池田久住,藤田修一,池田 通,朝比奈泉,梅田正博


化膿性顎関節炎の2例.
第82回口腔外科学会・九州支部学術集会 2014(Jun. 07)
Author:中尾祐仁,鳴瀬智史,山田慎一,柳本惣市,林田 咲,梅田正博


下顎歯肉癌における骨浸潤と予後との関連.
第68回日本口腔科学会学術集会 2014(May 07)
Author:松下祐樹,森ひとみ,柳本惣市,高橋英哲,鳴瀬智史,山田慎一,池田久住,白石剛士,南川 勉,渋谷恭之,古森孝英,朝比奈 泉,梅田正博.


口腔癌における頸部郭清術後の機能およびQOLに関する検討.
第68回日本口腔科学会学術集会 2014(May 07)
Author:柳本惣市,山田慎一,高橋英哲,鳴瀬智史,六反田 賢,松下祐樹,川北晃子,今山直美,池田久住,白石剛士,井 隆司,朝比奈 泉,梅田正博.


口腔癌術後感染予防のための口腔管理方法の検討.口腔ケアの効果持続時間と抗菌薬局所投与の有効性について.
第23回有病者歯科医療学会総会・学術大会 2014(Mar. 21)
Author:船原まどか,林田 咲,今山直美,川北晃子,山田慎一,柳本惣市,梅田正博


当科における口腔癌血管柄付き遊離皮弁再建後の気道合併症に関する検討.
第32回口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014(Jan. 23)
Author:白石剛士,池田久住,南里篤太郎,田島暢崇,鳴瀬智史,高橋英哲,山田慎一,柳本惣市,梅田正博,朝比奈 泉


口腔扁平上皮癌における術前CRPおよびNLRと予後との関係.
第32回口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014(Jan. 23)
Author:品川兼一,柳本惣市,山田慎一,高橋英哲,鳴瀬智史,松下祐樹,池田久住,白石剛士,朝比奈 泉,梅田正博


唾液中細菌数を指標にした口腔癌術後感染予防のための口腔管理~抗菌薬局所塗布の効果~.
32回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014(Jan. 23)
Author:船原まどか,林田 咲,品川謙一,今山直美,松下祐樹,高橋英哲,鳴瀬智史,河野俊広,山田慎一,柳本惣市,川下由美子,斎藤俊行,梅田正博


舌扁平上皮癌におけるFOXC2発現の意義-浸潤能について-.
第32回口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014(Jan. 23)
Author:今山直美,山田慎一,柳本惣市,鳴瀬智史,川北晃子,池田 通,梅田正博


舌扁平上皮癌の予後予測因子-Podoplanin (D2-40)の高発現は頸部リンパ節転移と相関する-
第32回口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014(Jan. 23)
Author:高橋英哲,柳本惣市,山田慎一,松下祐樹, 白石剛士, 池田久住,朝比奈 泉,池田 通,梅田正博.


口腔扁平上皮癌におけるmTORC2の発現に関する免疫組織化学的検討.
第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2014(Jan. 23)
Author:鳴瀬智史,川﨑五郎,柳本惣市,山田慎一,高橋英哲,川北晃子,今山直美,池田 通,梅田正博


悪性転化が疑われた多形腺腫の1例.
第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2014(Jan. 23)
Author:河野俊広,鳴瀬智史,六反田 賢,山田慎一,川北晃子,柳本惣市,川﨑五郎,池田 通,梅田正博.


治癒切除不能な進行・再発の口腔癌におけるセツキシマブの使用経験-重篤なIR症例2例を含めて-
第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2014(Jan. 23)
Author:山田慎一,柳本惣市,白石剛士,鳴瀬智史,松下祐樹,高橋英哲,川北晃子,六反田賢,川崎五郎,池田久住,朝比奈泉,梅田正博


口腔扁平上皮癌浸潤能におけるSkp2によるSp1を介してのMMP-2,MMP-9の発現制御.
第32回日本口腔腫瘍学会総会・学術集会 2014(Jan. 23)
Author:山田慎一,柳本惣市,今山直美,川北晃子,高橋英哲,鳴瀬智史,六反田賢,川﨑五郎,梅田正博


口腔扁平上皮癌におけるmTORC1およびmTORC2の発現に関する免疫組織化学的研究.
32回口腔腫瘍学会総会・学術大会 2014(Jan. 23)
Author:川﨑五郎,鳴瀬智史,柳本惣市,山田慎一,河野俊広,六反田 賢,高橋英哲,池田 通,梅田正博


口腔扁平上皮癌浸潤能におけるシグナル伝達アダプター因子CRKの発現の意義
第55回(社)日本口腔外科学会総会学術集会 2010


舌部分切除後の創面に対するPGAシートおよびフィブリン糊の使用経験
第14回九州地区口腔癌研究会 2010


上顎肉芽腫性病変
第21回日本口腔病理学会総会・学術大会 2010


T1・T2口腔扁平上皮癌における頸部リンパ節後発転移に関する臨床病理組織学的検討
第64回(NPO)日本口腔科学会学術集会 2010


上顎洞内に増大した歯根嚢胞に隣接して隣接して発生していた神経線維腫の一症例
第42回日本口腔科学会九州地方部会 2009


口腔癌に対するS-1/CDDP併用術前化学療法の効果について
第47回日本癌治療学会学術集会 2009


口腔癌における癌幹細胞様side population細胞の分離
第54回(社)日本口腔外科学会総会・学術大会 2009


扁平上皮癌におけるEMS1/cortactinの発現の意義
第54回(社)日本口腔外科学会総会・学術大会 2009


Efficiancy of the S-1/cisplatin preoperative chemotherapy for patients with oral carcinoma
2nd World Congress of the International Academy of Oral Oncology 2009


Characterisitics of cancer stem like side population cell in oral squamous cell carcinoma.
19th International Conference on Oral and Maxillofacial Surgery 2009


口腔扁平上皮癌におけるEMS1の発現の意義
第63回日本口腔科学会学術集会 2009


過去10年間の当科における悪性リンパ腫症例の臨床的検討
第63回日本口腔科学会学術集会 2009


口腔癌における癌幹細胞様side population細胞の分離とその性質
第27回日本口腔腫瘍学会学術集会 2009


当科における矯正用アンカースクリューインプラントの臨床的検討
第53回(社)日本口腔外科学会総会 2008


UFT®術前単独投与により原発巣の消失を見た口腔癌症例
第53回(社)日本口腔外科学会総会 2008


口腔扁平上皮癌におけるactinin4の発現の意義
第62回日本口腔科学会学術集会 2008


エナメル上皮腫の臨床統計的ならびに病理組織学的検討
第61回日本口腔科学会学術集会 2008


舌扁平上皮癌におけるTap63およびΔp63の発現
第26回日本口腔腫瘍学会総会・学術大会 2008


ヒトhsp90α SNP Glu488>His 変異によるHsp90ダイマー形成能の低下
第30回日本分子生物学会総会 2007


口腔扁平上皮癌におけるp53R2発現 癌細胞浸潤との関連
第52回(社)日本口腔外科学会総会 2007


Expression of p53R2 in oral squamous cell carcinoma: relationship with invasion potential of cancer cell.
American Association of Oral and Maxillofacial surgeons 89th Annual Meeting Scientific Sessions and Exhibition 2007


開口障害をきたした若年者両側筋突起過形成の一例
第75回日本口腔外科学会九州地方会 2007


Amino acid substitutions observed in human Hsp90 isoforms that impede the dimeric interaction.
2nd World Conference of Stress, including 3rd Cell Stress Society International Congress on Stress Responses in Biology and Medicine 2007


Expression of p53R2 affects invasion of oral squamous cell carcinoma.
First World Congress of the International Academy of Oral Oncology 2007


頬粘膜に発生した導管内乳頭腫の一例
第39回日本口腔科外学会九州地方会 2006


Hsp90ダイマーのモノマーへの解離とHsp90βの低ダイマー化低下傾向を担うアミノ酸置換
第48回歯科基礎医学会学術大会 2006


若年性難治性下顎骨骨髄炎の2例
第51回(社)日本口腔外科学会総会 2006


顎矯正手術症例の臨床統計的検討
第51回(社)日本口腔外科学会総会 2006


舌下腺に発生した乳頭状嚢腺癌の一症例
第73回日本口腔外科学会九州地方会 2005


唾液腺腫瘍に関する臨床統計的検討
第50回日本口腔外科学会総会 2005


Peripheral ameloblastoma of the buccal submucosa.-Report of a case-.
6th Asian Congress on Oral and maxillofacial Surgery 2004


Essential amino acids in the N-terminal domain of human HSP90
第76回日本生化学会 2003


過去15年間の関節突起骨折症例の臨床統計的検討
第48回日本口腔外科学会総会 2003


過去15年間の顎顔面骨骨折症例の臨床統計的検討
第48回日本口腔外科学会総会 2003


HSP90ファミリータンパク質C末ドメインのダイマー形成とクライアント結合能の同一性
第75回日本生化学会大会 2002


90-kDa熱ショックタンパク質HSP90のドメインおよびサブドメイン構造と分子シャペロン機構
第56回日本口腔科学会総会 2002


口腔扁平苔癬における酸性スフィンゴ糖脂質の発現様式
第55回日本口腔科学会総会 2001


Prevention of the death of the rat axotomized hypogkossal nerve and promotion of its regeneration by the stellate ganglion block or polarized light therapy irradiation near the stellate ganglion.
15th International Conference on oral & Maxillofacial Surgery, 2001


耳下腺ワルシン腫瘍から粘表皮癌が発生した一症例
第69回日本口腔外科学会九州地方部会 2001


口腔粘膜扁平上皮癌におけるメタロネオチン(MT)の発現と臨床統計学的検討
第19回日本口腔腫瘍学会総会 2001


ラット舌下神経切断後の神経軸索伸長に対するオリゴ糖およびセラミド投与効果について
第45回日本口腔外科学会総会 2000


ラット舌下神経切断後の神経軸索伸長に対するオリゴ糖およびセラミド投与効果について
第54回(社)日本口腔外科学会総会 2000


舌下神経における酸性糖脂質ガングリオシドの解析
神経組織の成長・再生・移植研究会 第15回学術集会 2000


MISC
歯周病とメタボリックシンドロームとの関連について、特定検診対象における縦断的検討
第70回長野県医学会 2019(Jul. 28)
Author:鈴木大介, 山田慎一, 稲吉克仁, 櫻井精斉, 栗田 浩


予後栄養指数を用いた周術期口腔機能管理の有用性の検討
第125回中信医学会 2019(Jun. 01)
Author:小田切宏樹, 山田慎一, 盛岡昌史, 近藤英司, 酒井洋徳, 栗田 浩, 箱山友佑.


健康に貢献する歯科・口腔外科の推進と発信を目指して.
愛媛大学大学院医学系研究科 口腔顎顔面外科学講座教授候補者選考に係る公開セミナー 2017(Dec. 18)
Author:山田慎一


高齢口腔癌患者の機能評価に関する検討.
第18回長野県歯科口腔外科協議会 2017(Nov. 08)
Author:梶原 稜, 太田亮輔, 中野僚子, 矢谷実英, 西牧史洋, 近藤英司, 鎌田孝広, 山田慎一, 栗田 浩.


口腔癌とその治療について.
諏訪市歯科医師会学術講演会 2017(Oct. 21)
Author:山田慎一


お口の中にできるがん-歯科治療と健康との関わり-.
上伊那歯科医師会コデンタル講習会(信州大学出前講座) 2017(Oct. 18)
Author:山田慎一


口腔癌皮弁再建後の経口摂取開始時期に関連する因子の検討.
第28回頭頸部腫瘍研究会 2017(Feb. 07)
Author:川本真貴子, 小山吉人, 近藤英司,中野僚子,箱山友祐,櫻井精斉,矢谷実英,中尾祐仁,太田亮輔,吉村伸彦,西牧史洋,鈴木 滋, 鎌田孝広, 山田慎一, 栗田 浩.


口腔癌術後再発ハイリスク因子を規定する被膜外浸潤の進展度分類.
第14回関東地区口腔腫瘍研究会 2014(Jul. 07)
Author:山田慎一,柳本惣市,松下祐樹,坂本由紀,長谷川巧実,宮腰昌明,南川勉,大賀則孝,鎌田孝広,古森孝英,北川善政,栗田浩,梅田正博.


90歳以上で頸部郭清術を伴う口腔癌手術を行った4例.
第14回関東地区口腔腫瘍研究会 2014(Jul. 02)
Author:坂本由紀,柳本惣市,山田慎一,松下祐樹,梅田正博.


舌部分切除後におけるポリグリコール酸シートおよびフィブリン糊スプレーの有用性.
九州地区口腔癌研究会第18回学術講演会 2014(Jun. 06)
Author:六反田賢, 井口聡, 柳本惣市,山田慎一,梅田正博.


口底癌に対する根治的頸部郭清術の臨床的検討-頸部転移様相を根拠に郭清範囲を縮小できるのか?-.
九州地区口腔癌研究会第18回学術講演会 2014(Jun. 06)
Author:柳本惣市,山田慎一,高橋英哲,鳴瀬智史,六反田 賢,松下祐樹,池田久住,白石剛士,南里篤太郎,井 隆司,朝比奈 泉,梅田正博.

共同研究等希望テーマ
口腔癌の臨床研究
口腔癌の基礎研究
有病者歯科医療の臨床研究
医科歯科連携 , 医科歯科連携
研究費
科学研究費補助金(研究代表者)
2021 - 2023 , 口腔扁平上皮癌頸部リンパ節転移被膜外浸潤メカニズムの分子生物学的検討. , 基盤研究(C)
2018 - 2020 , 口腔癌頸部リンパ節転移被膜外浸潤進展度分類と進展メカニズムの分子細胞生物学的研究 , 基盤研究(C)
2012 - 2014 , 口腔扁平上皮癌におけるHSP90αとHIF-1αに対する分子標的治療の基礎的研究 , 若手研究(B)
2009 - 2011 , ゲルダナマイシンを用いた口腔癌における分子標的治療ならびに免疫療法の基礎的研究 , 若手研究(B)
2006 - 2008 , 口腔癌に対するゲルダナマイシンを用いての分子標的治療についての基礎的研究 , 若手研究(B)

科学研究費補助金(研究分担者)
2020 - 2022 , 低濃度フッ化物を用いた放射線性う蝕予防に関する多施設共同第Ⅲ相試験 , 基盤研究(C)
2020 - 2022 , ステロイド軟膏による放射線性口腔粘膜炎予防と口腔内細菌叢変化に関する第Ⅲ相試験 , 基盤研究(C)
2017 - 2019 , 放射線性多発う蝕の発生機序の解明と予防法に関する多施設共同ランダム化比較試験 , 基盤研究(C)
2016 - 2018 , 放射線性顎骨壊死の病態と発症リスク因子の解明に関する多施設共同研究 , 基盤研究(C)
2006 - 2007 , 癌治療ターゲット分子シャペロンの機能の解明と応用. , 基盤研究(C)

社会活動実績

社会活動等
公開講座
20180901 - 20180901 , 長野県歯科医師会 県民公開講座「がん治療を支える歯科医療」

出前講座
20201210 - 20201210 , 保健福祉学習 「お口の健康は健康寿命を延伸する―歯科治療と健康との関わり―」
20171018 - 20171018 , 上伊那歯科医師会コデンタル講習会

講演会
20191110 - 20191110 , 福井県歯科口腔外科フォーラム「「希少がん」である口腔癌の理解のために-診断から治療・機能回復まで-」 」 , 講師
20191105 - 20191105 , 松本市歯科医師会11月例会病院便り「周術期口腔機能管理の有効性を科学的に確認する」 , 講師
20190613 - 20190613 , 開院60周年記念連続講演会「お口の中にできる「がん」について」 , 講師
20171121 - 20171121 , 諏訪市歯科医師会学術講演会 , 講師
20160903 - 20190603 , 佐久市三師会講演会 「薬剤関連顎骨壊死について-密接な医科歯科連携、三師会連携の必要性-」 , 講師
20160518 - 20160518 , 第1回臨床座談会  , 講師
20150912 - 20150912 , 松本市歯科医師会地域医療連携研修会 「大学病院における有病者歯科治療―抗血栓療法と歯科観血的処置ならびにビスフォスフォネート関連顎骨壊死について― , 講師

管理運営実績

管理運営実績
学部内委員会等
2020 - , 入学試験委員会 , 委員