Shinshu University HOMEJAPANESEAccess / Campus Map

Shinshu University Researcher DirectoryShinshu University Researcher Directory

Search by Researcher / Research Field
Search by Category

ONO TAKASHI

Academic OrganizationAcademic Assembly School of Humanities and Social Sciences Institute of EducationTEL
Education and Research OrganizationFaculty of Education Music EducationFAX
PositionAssociateProfessorMail Address
AddressWeb site

Modified:01/15/2024

Profile

Assigned Class
Graduate School of Humanities and Social Sciences
Professional Schools for Teacher Education
Research Field
Composition
Theory of Music / Musicology / Aesthetics of music
Music Psychology
Keywords:Conposition , Theory of Music , Musicology / Aesthetics of music , Music Psychology
Current Subject
Composition of Contemporary music

Education of Musical creation

Psychology of music

Musicology
Keywords:Musical aesthetics
Academic Background
Graduate School
Tokyo Gakugei University , (音楽教育専攻総合音楽講座(作曲) , Graduate School, Division of Education) , 2000

College
Tokyo Gakugei University , (Faculty of Education) , 1995

Degree
Master of Education , Tokyo Gakugei University
Awards
2011 , Utrecht Wind Ensemble International Cal for Scores , 入選作品:“Rota-multiple”for Wind Ensemble
2008 , 第24回名古屋文化振興賞受賞 , 受賞論文:「澁澤龍彦と音楽-その知られざる音楽観の深層-」
2000 , 第69回日本音楽コンクール作曲部門第1位・安田賞 , 受賞対象:“Active Sonar”for Piano and Orchestra
1999 , 文化庁舞台芸術創作奨励第2回国立劇場作曲コンクール入選・佳作入賞 , 受賞対象:「トランス・モード」-五つの雅楽器のための-
1998 , 日本交響楽振興財団第20回作曲賞最上位入選・日本財団奨励賞 , 受賞対象:「光とともに西へこそ行け」-ヴィオラ・ソロパートを伴うオーケストラのための-
Research Career
Research Career
2007- , 信州大学教育学部 准教授
2004-2007 , 信州大学教育学部 助教授
2003-2004 , 信州大学教育学部 講師
2002-2003 , 鶴見大学短期大学部 講師
2000-2002 , 鶴見大学短期大学部 助手

Research

Books, Articles, etc.
Books
教育保育の方法と技術~第6章第6節「マルチメディアを使った音楽表現力の育成」, 122-126
北大路書房 2009(Jun.)
Author:北野幸子、角尾和子、荒木紫乃、小野貴史 他29名


音・音楽の表現力を探る, 29-47頁
文化書房博文社 2003(Jun.)
Author:荒木紫乃、小野貴史、中村滋延、濱田豊彦、他9名


Articles
Developmental Connections between Creation and Notation Using ICT Applications in Music Education -From CHROME MUSIC LAB to Music Notation Software-
教育実践研究,(21):41-50 2022(Dec.)
Author:須田直之,山口星香,小野貴史


Analysis of the Perceptual and Perceived Aspects of Music Appreciation Education through Free Writing -Based on Multiple Practices of Appreciation Classes Using Text Mining Tools-
教育実践研究,(21):31-40 2022(Dec.)
Author:志村泉,山口星香,小野貴史


Affected areas in Reproducibility of Musical Works Listening-Analysis of the Quasi-Hearing Domain in Professional Musicians-
信州大学教育学部研究論集,(16):17-37 2022(Mar.)
Author:小野貴史、山口星香


“Words, Physical actions, and Music” in Kindergarten and Elementary School Education -Cultivation of Music Literacy in “Expression” and “Music”-
教育実践研究,(20):71-80 2021(Dec.)
Author:山口星香、須田直之、小野貴史


Correspondence between distance and discomfort to approaching sounds from the front and behind.
信州大学教育学部研究論集,(15):33-49 2021(Mar. 31)
Author:山口星香、小野貴史


Artistic Deviance and Noise:ーOn the Situation Surrounding the Creation and Reproduction of Musical Worksー
音楽音響芸術研究会研究論集,(1):pp.70-81 2020(Aug. 31)
Author:Takashi ONo


Analysis of measured time sense at music listening.
信州大学教育学部研究論集,(14):230-248 2020(Mar. 31)
Author:山口星香、小野貴史


Time structure and the function of ‘“narrator” and “substitute speaker”’ in music.
信州大学教育学部研究論集,(14):1-20 2020(Mar. 31)
Author:Takashi Ono


Analysis on T he T reatment of 2/2 M etre and 4/4 M etre in S chool M usic Education
『教育実践研究』第18号,(18):21-30 2019(Dec. 25)
Author:Takashi Ono, Naoyuki Suda, Seika Yamaguchi


ポストモダンの終焉とネオ・アヴァンギャルドの時代 : 表現者としての戸川純から見る日本ポピュラー音楽受容構造の転換
信州大学教育学部研究論集,(11):21-40 2017(Sep. 28)
Author:小野貴史


ポリリズムの類型における楽理的分析
信州大学教育学部研究論集,9:169-188 2016(Mar. 31)
Author:依田 翔、小野 貴史
Keywords:音楽, リズム, ポリメトリック, 拍節法


高柳昌行とアクション・ダイレクト : “前衛”の終焉
信州大学教育学部研究論集,9:9-25 2016(Mar. 31)
Author:小野貴史
Keywords:前衛音楽, 制度化, フリージャズ, アクション・ダイレクト


音楽、あるいは虚構としての時間
信州大学教育学部研究論集,6:129-142 2013(Jul.)
Author:小野貴史
Keywords:音楽的時間, フィクション, レゾー


音楽聴取時の心理的指標と生理的指標の比較
日本感性工学会論文誌,11(3):427 - 434 2012(Jun.)
Author:齊藤忠彦、小野貴史


音楽におけるパラテクスト性
信州大学教育学部研究論集,5:109-122 2012(Mar.)
Author:小野貴史
Keywords:音楽, パラテクスト, ジェラール, ジュネット


機能和声概念とジャズ和声における現象的な類似
信州大学教育学部研究論集,4:113-126 2011(Mar.)
Author:山本理人、小野貴史
Keywords:和声, ジャズ, ヨーロッパ近代音楽


ヨーロッパ近代音楽とジャズ和声における相互関係の研究
2010(Aug.)
Author:山本理人、小野貴史


澁澤龍彦の小説における音楽の扱いをめぐって
信州大学教育学部紀要,121:31-39 2008(Aug.)
Author:小野貴史
Keywords:澁澤龍彦, 小説, 音楽


澁澤龍彦と音楽-その知られざる音楽観の深層-
学術文献刊行会『平成20年度版国文学年次別論文集(近代4)』(朋文出版),4:537-544 2008(May)
Author:小野貴史


小学校音楽科教育における創作カリキュラムの構築
信州大学教育学部紀要,120:59-70 2008(Mar.)
Author:小野貴史、酒井美千代、志村泉、藤森沙枝子
Keywords:小学校音楽科教育, 作曲, 創作, カリキュラム


学校音楽教育における鑑賞と創作の関連
信州大学教育学部紀要,119:49-55 2007(Mar.)
Author:小野貴史、月岡朝香、林舞、山本由紀子
Keywords:音楽鑑賞, 音楽創作教育, 学校教育


アントン・ブルックナーの交響曲における管弦楽法の変遷・各論(2) : 交響曲第3番, 第4番における改訂と管弦楽技法分析
信州大学教育学部紀要,118:63-74 2006(Aug.)
Author:小野貴史
Keywords:アントン・ブッルクナー, 中期交響曲, 管弦楽法, 改訂


シャコンヌとパッサカリアにおける作曲技法の変遷(人文・社会)
信州大学教育学部紀要,117:141-151 2006(Mar.)
Author:小野貴史、山本由紀子
Keywords:シャコンヌ, パッサカリア, 音楽的変遷


アントン・ブルックナーの交響曲における管弦楽法の変遷・各論(1) : 初期交響曲における技法発展プロセス(人文・社会)
信州大学教育学部紀要,116:159-168 2005(Dec.)
Author:小野貴史
Keywords:アントン・ブルックナー, 初期交響曲, 管弦楽法


音楽科創作領域への現代音楽理論の援用(教科教育)
信州大学教育学部紀要,116:93-102 2005(Dec.)
Author:小野貴史、神田典子、北原弘嗣、小島奈緒、永井知可子
Keywords:音楽科教育, 現代音楽理論, 創作領域


ルイス・フロイスの記述における中世日本の音楽観(人文・社会)
信州大学教育学部紀要,115:99-106 2005(Aug.)
Author:小野貴史
Keywords:ルイス・フロス, 日欧文化比較, 日本音楽


作曲過程研究 (3) : スキーマの操作/分析による作曲方法論(人文・社会)
信州大学教育学部紀要,115:107-118 2005(Aug.)
Author:小野貴史
Keywords:音楽的スキーマ, メタ認知,自作のプロセス・モデル


アントン・ブルックナーの交響曲における管弦楽法の変遷・総論 : 時代考証によるスキーマ構成分析(人文・社会)
信州大学教育学部紀要,114:101-111 2005(Mar.)
Author:小野貴史
Keywords:アントン・ブルックナー, 交響曲, 管弦楽法, スキーマ構成


音楽科教育における創作領域の現状 : 教科書の分析を中心とした考察
信州大学教育学部紀要,113:31-42 2004(Dec.)
Author:小野貴史,手塚綾,渡辺亜希子,平林幸子,金美花
Keywords:音楽科教科教育, 創作, 教科書分析, 現代音楽理論


作曲過程研究(2) : 作曲におけるオリジナリティー生成プロセスの分析
信州大学教育学部紀要,112:41-52 2004(Aug.)
Author:小野貴史
Keywords:作曲家分析, 作曲データ分析, 音響想起


作曲過程研究(1) : 認知心理学を援用した作曲過程分析
信州大学教育学部紀要,110:33-44 2003(Mar.)
Author:小野貴史


Presentations
音楽の楽理的構造と主観的時間
音楽音響芸術研究会2023年度研究大会 2023(Sep. 09)
Presenter:山口星香、小野貴史、大西仁


音楽における意図の所在について
音楽音響芸術研究会2023年度研究大会 2023(Sep. 09)
Presenter:小野貴史


音と音楽の相違点について論証する
日本学校音楽教育実践学会東京・関東支部例会 2023(Feb. 18)
Presenter:小野貴史


Failed-artの概念を音楽芸術に適用することは可能か
Association of Music and Sound Arts 2022 2022(Sep. 11)
Presenter:小野貴史


音楽を共有すること-美学からの懐疑主義的見解
音楽音響芸術研究会学術横断シンポジウム「人はなぜ音楽を求めるのか?」第2回 2022(Jul. 10)
Presenter:小野貴史


現代音楽を聴く/考える
立科町教育委員会生涯学習講座(信州大学令和3年度出前講座) 2021(Dec. 19)
Presenter:小野貴史


理想的演奏者説の学説的展開可能性
音楽音響芸術研究会2021年度研究大会 2021(Sep. 19)
Presenter:小野貴史


音楽の起源についての認識的差異
音楽音響芸術研究会学術横断シンポジウム「人はなぜ音楽を求めるのか?」 2021(Aug. 01)
Presenter:小野貴史


芸術的逸脱及び芸術的ノイズの認識構造と心理音響評価量との関連性
音楽音響芸術研究会2020年度研究大会 2020(Aug. 29)
Presenter:小野貴史


現場における若手教員育成の現状と課題・教員養成大学における現状と課題
日本学校音楽教育実践学会2020年東京・関東支部例会 2020(Feb. 23)
Presenter:小野貴史


共感覚における音高知覚と色彩明度の関連
音楽音響芸術研究会2019年度研究大会 2019(Sep. 21)
Presenter:山本由紀子、小野貴史


音楽演奏における真正性問題の検証-ジェロルド・レヴィンソンのオーセンティシティー論を中心にー
音楽音響芸術研究会2019年度研究大会 2019(Sep. 21)
Presenter:小野貴史


音楽における共感覚とは何か
音楽音響芸術研究会2018年度研究大会 2018(Sep. 15)
Presenter:山本由紀子,小野貴史


俳句及び川柳を読む際の潜在的拍子感―音楽家を対象としたアンケート調査を通して―
音楽音響芸術研究会2018年度研究大会 2018(Sep. 15)
Presenter:依田翔,小野貴史


近現代音楽学における中心的理論の変遷-フーゴー・リーマンとグイド・アドラー以降-
音楽音響芸術研究会2018年度研究大会 2018(Sep. 15)
Presenter:小野貴史


音楽文化におけるポストモダンの終焉-音楽語法とテクノロジー両面からの考察-
音楽音響芸術研究会2017年度研究大会 2017(Sep. 16)
Presenter:小野貴史


三和音を刺激とする聴覚的協和感の測定の報告
音楽音響芸術研究会2016年度研究大会 2016(Sep. 18)
Presenter:山本由紀子、大西仁、仁科エミ、小野貴史


音楽作品における“語り手”と“代理話者”
音楽音響芸術研究会2016年度研究大会 2016(Sep. 18)
Presenter:小野貴史


アントン・ブルックナーの第8交響曲における1890年稿の比較研究
音楽音響芸術研究会2015年度研究大会 2015(Sep. 19)
Presenter:小野貴史


アルバン・ベルクの『3つの管弦楽小品』~「行進曲」における構造方程式モデリングによる分析
音楽音響芸術研究会2014年度研究大会 2014(Sep. 20)
Presenter:小野貴史


音楽における“前衛”の存在論-高柳昌行のスタンスから-
音楽音響芸術研究会2013年度研究大会 2013(Sep. 08)
Presenter:小野貴史


音楽における時間論と虚構性の問題
音楽音響芸術研究会2012年度研究大会 2012(Sep. 23)
Presenter:小野貴史


音楽フレージングの構造分析試論
音楽音響芸術研究会2011年度研究大会 2011(Sep. 23)
Presenter:山本理人、小野貴史、小松美緒


音楽とイメージの領域を考える-スキーマとパラテクストによる音楽認知の構造-
音楽音響芸術研究会2010年度研究大会 2010(Sep.)
Presenter:小野貴史


「音楽的スキーマ構築過程における聴取馴化測定-SD法を援用した親和性因子と構造把握因子の分析-」
日本学校音楽教育実践学会第14回全国大会 2009(Aug.)
Presenter:小野貴史


MISC
Researcher Interviews "How can sounds express emotions like happiness and sadness, etc?"
Shinshu University-Innovative Research & Liaison Organization 2020(Oct. 27)
Author:Takashi Ono


創作をどう行なっていくか(新教育課程に向けて)
第2回長野市中音楽教科研究会,1(1):1 2010(Aug.)
Author:小野貴史


「教員を目指す学生の音楽表現と指導法の学び 「はじめに」
日本学校音楽教育実践学会 研究紀要『学校音楽教育研究』第13巻 2009(Mar.)
Author:小野貴史


遠隔演奏システムの実用化モデルの構築に関する研究
科研 基盤研究B 研究報告書 2008(May)
Author:齊藤忠彦、小野貴史

Arts, Fieldwork, etc
Arts
La dissymétrie
J.S.バッハ“幻想曲とフーガ”BWV.906 (補筆完成版)
“Megalopa” for 5 Instrumentalists , 後援:日本作曲家協議会
J.S. Bach "Ciaccona" BWV.1004 (Reduction for Chamber ensemble) , 後援:日本作曲家協議会
“Theory of Prose”for Piano , 甲南大学、武蔵野美術大学、信州大学合同開催、協力:一般社団法人草月会
“Corded Shell” for 5 Players , 後援:日本作曲家協議会
Robert Schumann "Andante und Variationen" reduction for Piano and 4 Instruments , 後援:日本作曲家協議会
"Densities on SOM" for Flute Solo , 甲南大学、武蔵野美術大学、信州大学合同開催、協力:一般社団法人草月会
Anon. Takashi Ono (Reduction) "Upon La, Mi, Re" , 甲南大学、武蔵野美術大学、信州大学合同開催、協力:一般社団法人草月会
"Stop Distance" for Piano , 日本作曲家協議会後援
C. Debussy "Khamma" Reduction fof 5 Instruments (reduction for chamber ensemble) , 後援:日本作曲家協議会
"Quasi una marcia" for 5 Instruments , - 20200910
Franz Schubert / Takashi Ono "Quartettsatz" D.703 (Reduction for Flute, Tenor Saxophone, Marimba and Piano) , - 20200910
Johann Sebastian Bach / Takashi Ono (Reduction) "3 Choral Transcriptions" , - 20200910
"Under Isometric Manners" for Piano , - 202006
Johann Sebastian Bach / Takashi Ono "Das alte Jahr vergangen ist" BWV. 614 , - 202006
Prime Meridian for 4 Instruments with Obbligato Percussion , - 201908
Cromatismo della Listacollezione II per 4 strumenti , - 201908
"Zoea" for Percussion and Piano , - 201906 , 信州大学創立70周年・旧制松本高等学校100周年記念事業
“For Your Ears Only” - Set of Three Projections‐ , - 201902
"Met / Stop" for 4 Instruments , - 201808
J.S. Bach "Es Ist Genug (Reduction for Chamber Ensemble) , - 201808
"Vintage Time Machine" for Piano and Live electronics , - 201806
"Duo V" for Flute and Tenor Saxophone , - 201708
"Israeli's Type ε" for Steel guitar, Percussion and Piano , - 201708
J.S. Bach "Alla breve" BWV.589 Reduction for Chamber ensemble , - 201708
Schoenberg "Piano Concerto" Reduction for Piano and Chamber ensenble , - 2017
"Alley" for Piano , - 201608
"Traced Segments" for 7 Players and Live electronics , - 201608
Wagner "Tristan und Isolde" Vorspiel und Isoldens Liebestodfür Kammerensemble (Reduction for Chamber enseble) , - 201608
Scriabin "Vers la flame" op. 72 (Reduction for Chamber ensemble) , - 201608
"Have a good night" for Piano and Orchestra , - 201509
"Monologue" for Piano , - 201508
"Tele-proxy Ib" for Keyboard Instruments , - 201508
W.F.Bach "Concerto for 2 Harpsicords" F-duu (Reduction for Chamber ensemble) , - 201508
Mauricio Kagel "Rrrrrrr..." (Reduction for Chamber Ensemble) , - 201508
"Cromatismo della Lista" for Chamber Orchestra , - 201504 , シアターオーケストラトーキョー委嘱作品
"Scherzo - Trio" for 5 Instruments , - 201408
In Nomine I/II by Thomas Tallis (Reduction) , - 201408
"Omnia tempus habent" for Tabletop Guitars and Live electronics , - 201311 , まつしろ現代美術フェスティヴァル<サウンドアート>部門招待作品
Variation on the Theme of Inaho for Realtime Computer System , - 201311 , まつしろ現代美術フェスティヴァル<サウンドアート>部門招待作品
"Zero tolerance for Multi-collinearity" for 2 Electric Guitars and Drums , - 201311 , まつしろ現代美術フェスティヴァル<サウンドアート>部門招待作品
La tentation d'exister , - 201308
Beethoven "Grosse Fuga" (Reduction for Flute, Altosax, Marimba and Piano) , - 201308
"Strange attractor" for Violin and Piano , - 201306
"Locus Solus" for Piano Solo , - 201208
Robert Schumann "6 Studies in the Form of Canons" Op.56 (Reduction) for Flute, Alto saxophone and Piano , - 201208
"Duo Concertante" for 2 Percussionists , - 201208 , PercuDuo (France) 委嘱作品
What the hand dare seize the fire ? , - 201207 , まつしろ現代美術フェスティバル実行委員会招待参加作品
"120610" for Electric Sitar, Electric Guitar and Drums , - 201206
"Analemma" for Electroacoustic media , - 201108
"Concertante"for Piano and 6 Instruments , - 201108
"Remember Sonny Sharrock" for 2 Players and Live electronics , - 201107 , まつしろ現代美術祭<サウンドアート>部門招待作品
"Cassation" for Wind Orchestra , - 201105
"Dub Multitude" for Double Orchestras , - 201104 , Commissioned by Theater Orchestra Tokyo&Katsuhiro Ida
"Rota-multiple" for Wind Ensemble , - 201101 , ユトレヒト管楽アンサンブル創立30周年記念国際作品公募入選
"Trans-mode Ib" Western Instrumental version , - 201008
"Support vector machine" for 6 Instrumentalists , - 201008
"Codex Matsushiro" , - 201007 , まつしろ現代美術祭<サウンドアート>部門招待作品
"What is the word" , - 201007
"Begininngs of Day" for Chikuzen-biwa and Piano , - 201007
"Triple Triad" for Chamber Orchestra , - 200911
“Marchant sur les flots II”pour Trompette, Cor et Trombone  , - 200908 , 日本現代音楽祭
モーツァルト“トリオヘ長調Kv.497”編曲 , - 200907 , 第25回<東京の夏音楽祭> 関連公演
"Axis" for 4 Instruments , - 200907 , 第25回<東京の夏音楽祭> 関連公演
"Bi-Consort" for Obbligato Guitar and 5 Instruments , - 200810
"Let us sleep now…" for a Percussionist , - 200807 , 第24回<東京の夏音楽祭> 関連公演
"Imaginaria" for Piano and Percussion , - 200807 , 第24回<東京の夏音楽祭> 関連公演
J.S.バッハ『大王のテーマによるリチェルカーレと様々なカノン』BWV.10879(編曲/再構成) , - 200807 , 第24回<東京の夏音楽祭> 関連公演
Aldo Clementi "B.A.C.H. / Replica / Variazioni" (Reduction) , - 200807 , 第24回<東京の夏音楽祭> 関連公演
"Quartet" for Flute, Guitar, Piano and Drums , - 200707 , 第23回<東京の夏音楽祭> 関連公演
"Rota" for Vibraphone and Piano , - 200705
"Flecto" for Piano , - 200607 , 第22回<東京の夏>音楽祭 関連公演
"Unit Structures Ⅰ" for Flute,Piano and Electric sitar , - 200607 , 第22回<東京の夏>音楽祭 関連公演
"Neuro-electro" for Electroacoustic media , - 200607
"Interaction" for Guitar , - 200606
“Marchant sur les flots Ⅱb” pour Piano , - 200509
"Vilamcico" after Antonio Marques Lesbio , - 200509
"Triple Quad" for a Percussionist , - 200504
Chamber Concerto for Pianoand 5 instrumentalists , - 200408
Vierzenn Kanons , - 200408
Duo Ⅳ-尺八と筑前琵琶のための- , - 200406 , KAZE2004 委嘱作品
Fanfare a 8 , - 200402
Requiescat , - 200311
Oldham Five , - 200308 , Ensemble sans-limite 委嘱作品
Duo Ⅲ-for Piano and Vibraphone- , - 200210
Tip-of thetongue , - 200210
Trans-mode Ⅱ-for Electroacoustic tape- , - 200206 , ブールジュ国際電子音楽祭参加作品
Buffalo Bill's , - 200203 , Duo Sacre 委嘱作品
Salamandra , - 200111
Prefix for Violin , - 200111
Fanfare for the 21st , - 200101
Marchant sur les flots , - 200011
Active Soner-for Piano and Orchestra- , - 200010 , 第69回日本音楽コンクール作曲部門第1位・安田賞受賞
APO-TELYT Ⅱ-for Guitar- , - 200009 , 西村正秀 委嘱初演
Discours-Synthesis for Trumpet and Live-electronics , - 199911
Pas de bourree pour Mandoline , - 199911
Trans-mode-for five instruments of Gagaku- , - 199906 , 文化庁舞台芸術創作奨励第20回国立劇場作曲コンクール入選・佳作入賞
Etoile Variable for Piano , - 199810
Toward the West with a gleam-for Orchestra (accompanied with Viola solo part) , - 199807 , 日本交響楽振興財団第20回作曲賞最上位入選・日本財団奨励賞受賞
Duo Ⅱ-for Violin and Contrabass- , - 199712
Duo Ⅰ-for Flute and Piano- , - 199707
For the restless night , - 199612
Research Grants
Joint Research
2023 - , 音楽の楽曲構造が主観的時間に与える影響(放送大学大学院文化科学研究科)

Grants‐in‐aid for Scientific Research(Research Representative)
2021 - 2023 , 音楽芸術と言語芸術におけるフィクション的時間構造の理論的統合 , 基盤研究C
2015 - 2017 , 音楽と文学における虚構理論の美学的関連性の検証 , 基盤研究C
2012 - 2014 , 楽曲構造における確率系の構造方程式モデリングとパス解析による視覚化の研究 , 基盤研究C
2009 - 2011 , 図形楽譜における音楽音響想起と音楽的スキーマのコレスポンデンス分析 , 若手研究B

Grants‐in‐aid for Scientific Research(Researcher)
2011 - 2013 , 文学と音楽の理論的協同にもとづく近現代日本文学の音楽表象に関する分析と検証
2011 - 2013 , 音カメラを用いた新しい音楽実技指導法の開発とその成果の脳生理学的検証 , 挑戦的萌芽研究
2011 - 2013 , 子どもの心を動かす音楽科教育のあり方についての脳科学を基盤とした検証と授業実証 , 基盤研究B
2007 - 2009 , 遠隔演奏システムを活用した遠隔音楽教育カリキュラムの開発と教育効果の検証 , 基盤研究B
2005 - 2007 , 心を癒す音楽鑑賞授業モデルの考案と脳波測定による生理学的検証 , 萌芽研究
2004 - 2006 , 遠隔演奏システムの実用化モデルの構築に関する研究 , 基盤研究(B)
Research Activities
Journal Editorial Board
2019-2020 , 音楽音響芸術研究会設立10周年記念研究論集編集委員

Overseas Research Fellowship
2020-2021 , 私学研修員(早稲田大学高等学院) 受け入れ

Social Activities

Social Activitie
Extension Courses
20231119 - 20231119 , 善光寺平前衛派 合同エキシビション , 甲南大学(友田義行)、武蔵野美術大学(間島秀徳)、信州大学(小野貴史)合同開催 , 協力: 太陽企画株式会社 TECARAT
20221009 - 20221009 , 善光寺平前衛派 合同エキシビション 甲南大学(友田義行)、武蔵野美術大学(間島秀徳)、信州大学(小野貴史)合同開催 , 協力:一般社団法人草月会
20211120 - 20211120 , 善光寺平前衛派 合同エキシビション 甲南大学(友田義行)、武蔵野美術大学(間島秀徳)、信州大学(小野貴史)合同開催 , 協力:一般社団法人草月会
20200614 - 20200614 , 善光寺平前衛派 合同エキシビション 甲南大学(友田義行)、武蔵野美術大学(間島秀徳)、信州大学(小野貴史)合同開催 , 協力:一般社団法人草月会
20190622 - 20190622 , 善光寺平前衛派 合同エキシビション 甲南大学(友田義行)、武蔵野美術大学(間島秀徳)、信州大学(小野貴史)合同開催 , 信州大学創立70周年・旧制松本高等学校100周年記念事業
20180616 - 20180616 , 善光寺平前衛派 合同エキシビション 甲南大学(友田義行)、武蔵野美術大学(間島秀徳)、信州大学(小野貴史)合同開催 , 協力:一般社団法人草月会

Public Programs for Local Citizens
信州大学令和3年度出前講座「現代音楽を聴く/考える」

Organization of Conferences and/or Symposia
2010 - , 毎年研究大会を開催(2010-現在) , 音楽音響芸術研究会 , 事務局
学術横断シンポジウム「音楽を他者と共有することは可能か?」(2022) , 音楽音響芸術研究 , シンポジスト
学術横断シンポジウム「人はなぜ音楽を求めるのか?」(2021) , 音楽音響芸術研究会 , コーディネーター、ディスカッサント