Shinshu University HOMEJAPANESEAccess / Campus Map

Shinshu University Researcher DirectoryShinshu University Researcher Directory

Search by Researcher / Research Field
Search by Category

ITO KANAKO

Academic OrganizationAcademic Assembly School of Humanities and Social Sciences Institute of ArtsTEL
Education and Research OrganizationFaculty of Arts "Comparative Studies in Language and Literature, Department of Arts"FAX
PositionAssociate ProfessorMail Address
AddressWeb site

Modified:07/24/2019

Profile

Research Field
Modern Chinese linguistics
Academic Background
Graduate School
Ochanomizu University , (Graduate School, Doctral Research Course in Human Culture) , 1997
Ochanomizu University , (Graduate School, Division of Humanities) , 1994

College
Ochanomizu University , (Faculty of Letters and Education) , 1992

Degree
Master of Literature

Research

Books, Articles, etc.
Books
「TECC完全体験模試パック」
好文出版 1999(May 12)
Author:相原茂/彭広陸/郭雲輝/安藤好恵解答/解説執筆


「講談社中日辞典」
講談社 1998(Nov. 20)
Author:長谷川良一/相原茂/小峯王親/文法・類義語項目執筆共同執筆


Articles
“ 著名” の日中比較 : 高倉健は「有名」俳優なのか?
信州大学人文科学論集,6:143-167 2019(Mar. 15)
Author:伊藤加奈子


“家”の日中比較 : 「家」と「実家」をめぐって
信州大学人文科学論集,5:93-118 2018(Mar. 15)
Author:伊藤加奈子


親族名称の他称用法に関する現代中日対照比較 : “她妈”が「妻」となるときとは?
信州大学人文科学論集,4:155-173 2017(Mar. 15)
Author:伊藤加奈子


“其他”と「その他」
信州大学人文科学論集,3:113-133 2016(Mar. 15)
Author:伊藤加奈子


時間詞”当时”についてのノート
信州大学人文科学論集,2:131-143 2015(Mar. 15)
Author:伊藤加奈子


“还好”の副詞的用法について
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編,47:31-43 2013(Mar. 15)
Author:伊藤 加奈子


“替~”を用いる中国語の感情表現について
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編,46:31-47 2012(Mar. 15)
Author:伊藤加奈子


可能表現の使用に関する日中比較
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編,45:19-33 2011(Mar. 15)
Author:伊藤加奈子


“突然”の意外性
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編,44:41-54 2010(Mar. 15)
Author:伊藤加奈子


「相談」のかたち -動詞 “商量” “談話” について-
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編,43:49-60 2009(Mar.)
Keywords:“商量” ,“談話”,動詞,類義語,日中比較


"正"の表す「ちょうど」とは何か?-"正想VP₁的时候VP₂"の訳し方をめぐって-
人文科学論集. 文化コミュニケーション学科編,42:69-81 2008(Mar.)
Keywords:副詞,接続表現,動作性,偶然性,日中比較


中国語の“偶然”に関するノート(研究ノート)
人文科学論集文化コミュニケーション学科編,40:103-110 2006(Mar.)
Author:伊藤加奈子
Keywords:偶然性,動作行為,結果補語,特定指示,可能表現


接続詞“因為”の特徴
信州大学人文科学論集<文化コミュニケーション学科編>,(33):207-224 1999(Mar. 25)
Author:伊藤加奈子


“有”の談話的機能
中国語学,245:62-71 1998(Oct. 23)
Author:伊藤加奈子