Shinshu University HOMEJAPANESEAccess / Campus Map

Shinshu University Researcher DirectoryShinshu University Researcher Directory

Search by Researcher / Research Field
Search by Category

ISHIBASHI Keisuke

Academic OrganizationAcademic Assembly School of Humanities and Social Sciences Institute of Social SciencesTEL
Education and Research OrganizationFaculty of Economics and Law Department of EconomicsFAX
PositionAssociate ProfessorMail Address
Address3-1-1, Asahi, Matsumoto City 390-8621Web site

Profile

Research Field
Business administration
Commerce
Keywords:マーケティング・サイエンス , マーケティング・リサーチ , 流通政策
Academic Societies
Academic Societies
日本商業学会
日本フードシステム学会
日本行動計量学会
日本マーケティング・サイエンス学会
Academic Background
Degree
Ph.D , University of Tsukuba
Awards
2022 , 茗渓会賞
2022 , 研究科長表彰
2022 , 日本マーケティング・サイエンス学会合同部会 令和3年度データ解析コンペティション 優勝
2019 , JIMSベストプラクティス賞
2018 , 研究奨励賞
Research Career
Research Career
2023- , Faculty of Economics and Law, Shinshu University
2013-2023 , 流通経済研究所

Research

Books, Articles, etc.
Articles
ソーシャルメディア上での再投稿を促進する他者の反応-Q&Aサイトにおける質問投稿の場合-
行動計量学,50(2):81-95 2023(Sep.)
Author:佐々木 舞香; 石橋 敬介; 尾崎 幸謙


農産物ECにおける品目の分類と品目別販売方策
流通情報,54(2):12-18 2022
Author:石橋敬介


新型コロナウィルス禍における農水産業に対する応援消費
JATAFFジャーナル,10(9):32-36 2022
Author:石橋敬介


福島県産品の価格の状況と消費者の購買に関わる要因の分析
流通情報,53(2):23-33 2021
Author:佐々木 舞香; 石橋 敬介


農産物契約取引における成功要因の分析 : 食品製造業者へのアンケート調査から
流通情報,52(2):15-25 2020
Author:石橋 敬介


Consumer Heterogeneity Analysis Considering the Stage of Purchase Decision Making:Application of Hurdle Model to Consumer Price Response Analysis
Kodo Keiryogaku (The Japanese Journal of Behaviormetrics),47(2):89-97 2020
Author:ISHIBASHI Keisuke; BAN Masataka; OZAKI Koken
Abstract:

We propose a model that consider the stage of purchase decision making by dividing it into deciding whether to purchase and deciding how many products to purchase. For this purpose, we used a hurdle model that combines a binomial logit model and a Poisson regression model. The hurdle model is suitable for analyzing zero-inflated data. In our analysis, we incorporated marketing variables in each model and compared which stage the marketing variables affect more. We compare several models using WAIC and show that the proposed model is superior. Results from the proposed model can be used for sales promotion activities targeted at individual consumers.




商品異質性を考慮した価格反応の消費者異質性分析
マーケティング・サイエンス,26(1):65-81 2019(Jun.)
Author:石橋 敬介
Abstract:

本研究では,購買確率を説明するモデルとID付POSデータから,消費者ごとの価格弾力性を算出する。適用するモデルは,商品別の販売力と,消費者別の購買力という 2 種類の異質性を組み込んだものである。 2 種類の異質性を組み込んだモデルは, 1 種類のみを組み込んだモデルと比べて情報量基準の観点で優れていた。このようにして求めた消費者ごとの価格弾力性は,小売業が価格プロモーションを企画したり,メーカーが小売業に価格プロモーションを提案したりする際に対象とする消費者の絞り込みに利用できる。また,同時に推定された商品パラメータは,値引きの影響を除いた販売力として,商品評価と品ぞろえの検討に利用できる。




POSデータと階層ベイズモデルによる品目レベルのコメの価格弾力性推定
フードシステム研究,25(4):187-192 2019(Mar.)
Author:石橋 敬介


階層モデルによる非計画購買率の推定と生鮮売場づくりの提案
流通情報,50(2):44-50 2018
Author:石橋 敬介


生鮮食品流通の変化と産地側の対応策 : スーパーマーケットのバイヤーアンケート調査から
流通情報,48(4):26-33 2016
Author:石橋 敬介


スーパーマーケットにおけるショッパーの時間に対する意識と購買行動
流通情報,46(4):40-47 2014
Author:石橋 敬介


Presentations
商品カテゴリーの分類と消費者異質性を考慮した非計画購買率の推定
日本行動計量学会大会 2023(Aug.)
Presenter:石橋 敬介; 佐々木 舞香; 尾崎 幸謙


農産物のブランド力尺度の開発
日本マーケティング・サイエンス学会研究大会 2023(Jun.)
Presenter:石橋 敬介, 佐々木 舞香, 久保田 進彦, 鶴見 裕之, 菊地 昌弥, 尾崎 幸謙


大量の商品の購買履歴データからの商品特性と消費者特性の推定
日本マーケティング・サイエンス学会研究大会 2022(Dec.)
Presenter:石橋 敬介; 五十嵐 未来; 尾崎 幸謙


マイナーカテゴリーの非計画購買率の推定
日本行動計量学会大会 2022(Aug.)
Presenter:石橋敬介; 佐々木舞香; 尾崎幸謙


An Analysis Of Activating Communication On Website Between Users By The Propensity Score Considering The Heterogeneity Of The Questioner
ISMS Marketing Science Conference 2022(Jun.)
Presenter:Maika Sasaki, Keisuke Ishibashi, Koken Ozaki


An Analysis of Activating Communication on Website Between Users by the Propensity Score Considering the Heterogeneity of the Questioner
日本商業学会関東部会 2022(Apr.)
Presenter:Maika Sasaki; Keisuke Ishibashi; Koken Ozaki


傾向スコアを用いた参加者間コミュニケーションの活性化に関する分析
日本マーケティング・サイエンス学会合同部会 2022(Feb.)
Presenter:佐々木舞香; 石橋敬介; 尾崎幸謙


Web 調査による非計画購買率の推定精度の改良
日本商業学会全国研究報告会 2021(Dec.)
Presenter:石橋敬介


階層化した項⽬反応モデルによる計画・非計画購買率の推定
日本マーケティング・サイエンス学会研究大会 2019(Dec.)
Presenter:石橋敬介; 山崎泰弘; 鈴木雄高; 尾崎幸謙


購買履歴データを用いた商品特性の付与と消費者特性の推定
日本行動計量学会大会 2019(Sep.)
Presenter:石橋敬介; 尾崎幸謙


機械学習による Web 調査の不適切回答者抽出
日本行動計量学会大会 2019(Sep.)
Presenter:尾崎幸謙; 石橋敬介; 鈴木貴士; 前田忠彦


Consumer Heterogeneity Analysis Considering the Stage of Purchase Decision Making and Product Heterogeneity
ISMS Marketing Science Conference 2019(Jun.)
Presenter:Keisuke Ishibashi, Masataka Ban, Koken Ozaki


購買の段階と商品異質性を考慮した価格反応の消費者異質性分析
日本マーケティング学会消費者行動と価格戦略研究会 2019(May)
Presenter:石橋敬介


階層化した項目反応モデルによる計画・非計画購買率の推定
日本商業学会関東部会 2019(Apr.)
Presenter:石橋敬介


項目反応理論の応用による消費者異質性と商品異質性の同時分析
日本行動計量学会大会 2018(Sep.)
Presenter:石橋敬介; 伴正隆; 尾崎幸謙


POSデータと階層ベイズモデルを用いたコメ需要の価格弾力性の推定
日本フードシステム学会大会 2018(Jun.)
Presenter:石橋敬介


商品異質性を考慮した価格反応の消費者異質性分析~切片を2つ持つモデルを使用して~
日本マーケティング・サイエンス学会研究大会 2018(Jun.)
Presenter:石橋敬介


項目反応理論を用いた消費者別価格反応度の推定
日本行動計量学会大会 2017(Sep.)
Presenter:石橋敬介; 尾崎幸謙


項目反応理論を用いた多様な価格反応パターンの分析
日本マーケティング・サイエンス学会合同部会 2017(Feb.)


MISC
座談会 農産物流通の潮流と課題
流通情報,49(2):33-43 2017